トップ≫ TRPGとは?TRPG入門記事

TRPGとは?目次

TRPGって何?
どうやって遊ぶの?
私の地元ではメンバーが集まりません!
などなど、こちらのカテゴリーでは、TRPGとはどんなものか、遊ぶにはどんなものが必要か、といったTRPGの入門記事を書いています。

TRPGとは
プレイ風景いろいろ

鹿児島TRPG倶楽部、鹿児島でTRPGを遊んでみたい!またTRPGを遊んでみたいという方、ぜひご参加ください!

鹿児島TRPG倶楽部

『鹿児島TRPG倶楽部』という、鹿児島のTRPG好きの方のためのサークル活動始めました。

月1回の定期例会の開催を中心に、オンやオフでの突発セッション、TRPG関連の同人誌や動画制作などの創作活動など楽しんでいます。

鹿児島TRPG倶楽部参加案内

オンラインセッションTRPG倶楽部、ネット上でTRPGを遊んでみたい!またTRPGを遊んでみたいという方、ぜひご参加ください!

オンラインセッションTRPG倶楽部

『オンラインセッションTRPG倶楽部』という、TRPG好きの方のためのサークル活動始めました。
インターネットを利用してTRPGを楽しんでいます!

TRPGを遊んでみたいけど近くに遊べる場所がない。社会人になってTRPGが遊べなくなったという方、インターネットを利用して、オンラインセッションというTRPGの遊び方でTRPGをぜひ遊んでみてください!

SW2.0オンラインセッション『始まりの街 アンファング』、レーゼルドーンで冒険や開拓しませんか?SW2.0 オンラインセッション参加者募集中!

オンラインセッションTRPG倶楽部

「気軽に遊べる」「情報や思いを共有し、セッションや交流を楽しむ」をテーマに活動しています。

GM役をPLさんの一人が担当し、シナリオが無くても遊べる「チャートミニミッション」や、「フラグ管理シナリオ」や「レベルキャップ解放シナリオ」などの取り組みを行っていています。

2016年5月に動き出したばかりの企画なので、これからいろいろ内容を決めて遊んでいければと思います。
詳しくはこちらをご覧ください!

TRPGってなに?

こちらのブログは、TRPGとボードゲームに関する話題を書いています。

「ボードゲームは、すごろくやモノポリーみたいなものだよね。TRPGってなんだろう?」


という方がほとんどだと思うので、少しTRPGについて説明させてもらいます。
TRPG(テーブルトーク・アールピージー)は、ゲーム機などのコンピューターを使わずに、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を用いて、人間同士の会話とルールブックに記載されたルールに従って遊ぶ"対話型"のロールプレイングゲーム(RPG)を指す言葉です。

集まる予定のメンバーの中で一人が『ゲームマスター(以下GM)』と呼ばれる役割を担当します。
このGMが『シナリオ(事件を解決する。敵を倒すというようなあらすじ)』を作っておき、当日、集まったプレイヤー(以下PC)はGMが作ってきたシナリオの目的の達成を目指します。

GMがPCなどの状況を説明し、敵を含むPC以外のすべてのキャラクターを演じます。
PCは他のPCと相談し協力しながら、ストーリーを進めていきます。

TRPGのルールはタイトルによって様々ですが、基本的には行動が成功した攻撃が当たったなどの判定にはダイス(さいころ)を利用します。
これによってランダムな要素が加わり、よりスリリングで戦略性のあるプレイ、ストーリーが楽しめます。

TRPGの唯一の弱点は、メンバーと場所が確保できないとなかなかプレイできないという点です。
学生時代なら友人を誘っていくらでも遊べますが、社会人になるとそうも行きません。

自然とプレイしなくなり、今はやっていないという方も多いのではないでしょうか。

私の場合もそんな感じで、10年ほど未プレイでした。社会人になると小銭だけはあるのでルールは買い続けていたそんな状態でした。

いまは地元鹿児島で、鹿児島TRPG倶楽部というサークルを運営していてそちらでTRPGを遊んでいます。

オンラインセッションに関しては、こちらの「オンラインセッションを始めよう!」もご覧ください。

 

実際のプレイ風景

TRPGは、GM(ゲームマスター)が、シチュエーションを説明し、敵を含むPC以外のすべてのキャラクターを演じます。
PCは他のPCと相談し協力しながら、ストーリーを進めていきます。

実際のプレイの様子をまとめたリプレイというものが各出版社、各システム販売されていますので、TRPGに興味をもたれた方は、リプレイを読んでみてもいいかもしれません。

WEBの世界でも多くの方がリプレイを発表されているので、「システム名 リプレイ」などと検索してみると素敵な作品に出会えるかもしれません。

実際のリプレイは下記のような脚本のような形態のものになります。

アル:どうせ時間を戻すなら、なぜ大晦日の9時に戻さないんだ!俺は見損ねたガキの使いをみたいんだ!
  ジャン:・・・
  ルカ:・・・
  アル:9時に戻せ!俺は間違ってK-1をみてしまったんだ!
  GM:えーダイスを振ってください。
  アル:あっ、はい。3です。
  GM:3ですか・・・3人で集まっている状況で時間は昼です。そういえば宝くじを持っていたことを、あなたは思い出します。
  アル:何でそんな俗っぽいものを?
  ルカ:ギャンブラーはうけがいいですよ。勝てばですが。
  アル:いやギャンブラーではないのですが・・・・
  GM:当選発表をネット上で確認できますが。
  アル:では愛用のパソコンで調べます。
  GM:するとですね。1等前後賞1000万円が当たっています。
  アル:本当にこれ買っていたのか?いつ買ったのか?思い出すことできますか?
  GM:理知で判定してください。
  アル:(サイコロを振る)・・・9です。
  GM:買ったような買わなかったような、貰ったような貰わなかったような。
  華菜葉:ナンパした人にもらった。
  アル:さらに思い返して、前回の1月1日には、こんなことありましたか?
  GM:見てもいなかった気がします。
  アル:つまり少しづつ、繰り返す時間にもずれが生じているわけですね。
  ジャン:3人が合流するのも始めてですしね。
  ルカ:状況は変わってきてますね。
  GM:微妙に状況はずれてきてますね。
  アル:次の1月1日になれば番号が変わっているかもしれないし、とりあえず寝るか(笑)
  華菜葉:別の意味に聞こえる(笑)
GM:
知覚で判定してください。
アル:(サイコロを振る)・・・14です。
GM:少女の声が聞こえたとき、立ち去るような足音を聞いた気がします。

こういった感じです。
    GMと書かれている人以外は、PCが演じるそれぞれのキャラクターです。

GMが説明したシチュエーションに対してPCはリアクションを行うわけですが、その判定にはサイコロやトランプなどを使用します。
そのルールはシステムごとにそれぞれ存在しますが、サイコロなどのランダムな要素を導入することによって、よりスリリングな展開、ストーリーが楽しめます。

実際のプレイ音声

実際のプレイの様子紹介した音声データです。

甥っ子姪っ子とゆうやけこやけというシステムで遊んだ時の様子を、音声で案内しています。
遊んでいるシナリオはルールブックに掲載されているシナリオなので、未プレイの方はネタバレにご留意されたうえでご視聴ください。

ごく一部ですが、雰囲気が少しでも伝われば幸いです。
  BGMはあとで足しました。

こちら長めの音声です。

ゆうやけこやけ
ゆうやけこやけ
posted with amazlet at 15.03.14
サンセットゲームズ
売り上げランキング: 1,090



TRPGをプレイするためには、必要なものがいくつかあります。

こちらではTRPGをプレイするために必要なものを紹介しています。

ルールブック

TRPGを遊ぶためにはルールブックが必要です。ルールブックは書店や専門点で手に入れることができます。
  いまはネットでも購入できるので、本当に便利な時代になりました。
ファンタジーやSF、現代退魔物など様々なジャンルのものが販売されていますので、自分の好みの物からはじめてみてもいいかもしれませんし、参加するメンバーの意見をきいてみるのもいいかもしれません。


ダイスなどの小物

ダイスTRPGではゲーム上の判定などにサイコロを使用します。
すごろくなどでよくみる6面体のほか10面体などの特殊なサイコロを使用する場合もあります。遊ぶシステムにあわせてそろえてください。
システムによっては判定にトランプなどを使用するものもあります。

6面体などのダイスは100円ショップや近所のおもちゃ屋さんホームセンターなどでも取り扱っていますが、10面体や20面体といったダイスは、取り扱っているお店が少ないと思いますので、メンバーの分通販で購入するのもいいかもしれません。

プレイスペース広島さんのダイスコーナーは、色と形を写真や表で紹介してくださっていてわかりやすいです。


キャラクターシートや筆記用具

自分たちの分身となるキャラクターのデータを書き込むためのキャラシートを準備しなければいません。
  ルールブックに記載されていますのでコピーして利用します。
参加するメンバーの人数分+α用意しておくといいかもしれません。

公式サイトでキャラシートのデータをPDFなどで公開されていることも多いのでそちらを印刷すると楽です。
公式サイトは、『ソードワールド2.0』などシステム名で検索すると見つかるかと思います。

筆記用具やセッション中にメモをとる為のノートなどもあると便利です。

シナリオ

今回のセッションではどんな事件があるのか、敵が待ち構えているのかなどを考えたシナリオを準備しなければいけません。
ルールブックやシナリオ集という形でシナリオが用意してある場合もあるので、慣れないうちはそれをプレイしてもいいかもしれません。
その場合はGMだけ見て、プレイヤーの方はシナリオを見ないようにしましょう。

その日遊んだシナリオの展開をもとに次回もまたセッションを行う『キャンペーン』という遊び方もあります。
ほとんどのTRPGには、キャラクターを成長させるシステムがあるので、自分のキャラクターが成長したり、他のプライヤーのキャラクターやGMがあやつるその世界のキャラクター(NPCといいます)と人間関係を気づいていいたりと楽しい遊び方ができるので、ぜひキャンペーンにも挑戦してみてください。

参加メンバー

TRPGはひとりでは遊べません。ストーリーテラー兼審判役ともいえるGMと、キャラクターを演じるプレイヤーが必要です。
システムやシナリオにあわせた適切なメンバーを集めてください。

『TRPG 自分の住んでいる都道府県の名前』で検索すると、自分の近所で活動されているTRPGサークルさんやコンベンションの情報が見つかるかもしれません。

『遊びたいシステム名 オンラインセッション』検索すると、インターネット上でTRPG遊べるオンラインセッションを開催されているサイトもあるかとおもいます。

TRPGに関するSNS『TRPGSNS』などに登録して、TRPGに関する知り合いや情報探してみるのもオススメです。

場所と時間

メンバーが集まって遊ぶには、それなりに広い場所が必要です。
みんなが顔をそろえ、キャラシートなどを広げられるだけの大きさのテーブルなども必要かもしれません。
セッション時間をきちんと決めることも大切です。盛り上がってくると時間のことなど忘れがちです。
場所によっては迷惑をかけてしまう場合もあるので、終了時間は守るようにしましょう。

インターネットで遊ぶには当然ネット環境が必要です。

遊ぶ場所はどこ?

TRPGをプレイする場所はどこがあるのでしょうか。
ある程度の人数が集まって、会話を重ねながら遊ぶゲームなので、遊ぶ環境には気を配る必要があります。
サイコロを振っている姿も場所によっては怪しまれる可能性があります(笑)

メンバーの家

メンバーの事情が許されるなら理想の場所かもしれません。
時間なども気にせずに遊ぶことができますし、飲食物を持ち込んで遊ぶことも可能でしょう。
ただ家族の方や近隣の方への配慮は必要です。

行き帰りのご家族への挨拶や、終了時間などには時に気を使いましょう。

教室や部室

昼休みや放課後の教室、サークルの部室などで遊ぶ場合もあるでしょう。メンバーがそろいやすいという利点もありますが、先生などに怒られる可能性があります。
サークルに関しては、TRPG部という物自体は少ないとは思いますが、文科系のサークルなどで遊んでいる場合もあるので、それっぽいところを見学してみるのも手かもしれません。
自己紹介で「趣味はTRPGです」と言ってみるのもいいかもしれません。

教室でリプレイ読んでいると声をかけられた知り合いもいました。

公共施設

公民館などの公共施設を借りて遊んでいる場合も多いです。地元のサークルさんも月1回公共施設でセッションを行っています。
施設を借りる方法などは、地域によって様々だと思うので、まずはご確認ください。
集団でサイコロを振っている姿は、一般の方には奇異にみえるかもしれません。
場合によっては施設へ説明しておいたほうがいいかもしれません。

カラオケボックスやプレイスペースなど

金銭的な面を気にしなければ、カラオケボックスなどでも快適に遊べます。
防音ですから周りを気にせずに済みますし、食べ物や飲み物にも困りません。マイクなどを使った演出も面白いかもしれません。
東京や大阪などにはTRPGを遊ぶための有料スペースも存在します。
以下にいくつか紹介させていただきます。

インターネット

IRCなどのチャットや、スカイプなどを使って、日本中の方と遊ぶこともできます。
ネットを探せばいろいろなサークルさんが見つかるはずです。
『遊びたいシステム名 オンラインセッション』検索するといくつか見つかるかと思います。
気が合いそうなサークルさんをみつけてください。

私が参加させていただいているサークルさんは、mixi主体のTRPG倶楽部「アナタのハートにクリティカル!」さんです。

TRPGオフセサークル、オンセサークル、コンベンション、TRPG関連サイトリンクまとめ

#TRPGlink のハッシュタグをつけて、つぶやいていただいた、TRPGサークル情報やTRPGサイト情報のリンクをまとめてあります。

実際にサークルさん探すときなどにご活用ください。

どうやって参加する?

TRPGはひとりでは遊べません。メンバー探しは大きな問題です。

友人を誘う

これが一番簡単な方法です。学生さんなら興味のありそうな友人を誘ってすぐにでもTRPGを遊ぶことができます。
ライトノベルやリプレイ本など用いた勧誘も有効かもしれません。
気心のあった友人なら楽しいセッションができると思います。

ただ社会人になるとそうはいきません。
  昔遊んでいた仲間も仕事の都合でばらばらになってしまった。同僚の中に興味ありそうな人はいないなどの問題が出てきます。
 そういう場合は、遊ぶ場をインターネット上に移して時間調整をしながら遊ぶというのもいいかもしれません。
TRPGを通じて友情が続くと言うのも素敵ですね。

サークルに入る

学校や地域のサークルに入ることでもTRPGは遊べます。
TRPGを遊ぶという共通の目的をもって集まった人とのセッションは楽しいものになると思います。
最近はホームページを運営されているサークルさんも多いので、「地元名 TRPG」などで検索してみるのもいいかもしれません。

コンベンション

メーカーや有志の方が主催するTRPGイベントです。
参加者は公募されることがほとんどですが、参加方法はそれぞれのコンベンションによって違いますのでホームページなどをご覧ください。
毎月発売されているTRPG情報誌「Role&Roll」にもコンベンション情報掲載されていますので、そちらを確認するのもいいかと思います。

基本的には見ず知らずの方と卓を囲むことになります。馴れないうちは緊張するかもしれませんが、TRPGを楽しもうと集まった人ばかりなので、ためしに参加してみてください。

TRPG情報誌『Role & Roll』でもメンバー募集中のサークル情報やコンベンション情報取り扱っています。

サークルにしろコンベンションにしろサイトを作られて運営されているところが多いので、サイトの情報や雰囲気から自分に合いそうなサークル探してみるのをオススメします。

TRPG Event Calendar(仮)さんなどで情報探していみるのもいいかもしれません。

 TRPG Event Calendar(仮) TRPG Event Calendar(仮)
コンベンションなど、TRPGイベント情報の集積所「TRPGイベントカレンダー(仮)」さんのサイトです。
コンベンションやイベントの主催者さんはご自身で情報投稿することができます。

インターネット

インターネットを用いたオンラインセッションも盛んに行われています。
IRCというものを用いてチャットという形で行われたいるものがほとんどですが、最近ではスカイプなどを用いて実際に会話を交わしながら行われるセッションもあります。
日本中、世界中の誰とでもTRPGを楽しむことができるのが一番の魅力ですが、通常のセッションよりは時間がかかります。
それさえ気にしなければ、TRPGを楽しむ機会の増えるすばらしい環境です。雑談なども楽しい時間です。
私はmixi内のサークル「AHC」さんにお世話になっています。

TRPGSNSでも盛んにセッション開催されています。
  TRPGSNSについてはこちらをご覧ください。

オンセサークルさんごとに参加方法など異なりますので、各サイトの案内ご覧ください。

カジュアルプレイ

友人などと気軽にセッションすることをカジュアルプレイといいます。

いいところ

友人などとプレイすることがほとんどなので、メンバーの家などでプレイすることがほとんどです。
決まったメンバーとセッションすることになるので、キャンペーンといった長めの話を数回に分けて遊ぶやり方も可能です。
キャンペーンは自分のキャラクターやその周辺の人物たちや背景を、時間をかけて構築し演出することができます。
気心の知れたメンバーならではの連携や、かけあいはセッションを大いに盛り上げます。
イラストの得意な友人にキャラ絵を描いてもらったりすることもあるかもしれません。

わるいところ

カジュアルセッションでは、新しいメンバーを探しにくい。就職や進学、転勤などの環境の変化に弱いというデメリットもあります。
学生時代に比べ社会人になるとみんなで集まってセッションとはなかなか行きません。学生時代は遊んでいたんだけど社会人になってやめたという人も多いのではないでしょうか。
そういう場合は、遊ぶ場をインターネット上にうつして時間調整をしながら遊ぶというのもいいかもしれません。
TRPGを通じて友情が続くと言うのも素敵ですね。

決まったメンバーで遊ぶためにある特定の人がGMをすることになり、その人の負担が増えてくるといったこともありえます。キャンペーンなどの場合はしかたありませんが、シナリオを準備したりとGMはそれなりに大変な作業です。できるだけGMは分担して行うようにしたほうがいいかと思います。
セッション場所が特定のメンバーの家になる場合も、家族の方にきちんと挨拶する、お菓子は持参する、ごみは持ち帰るなどの気遣いをしましょう。

 

TRPGサークル

しばらくTRPGを遊んでいない。周りにメンバーがいないという方は、地元のサークルに入ってみるもの手です。

サークルを探そう

まずは自分の参加したいサークルさんを見つけないといけません。
いまはインターネットなどで探すことができるので便利です。
「地元名 TRPG」などのキーワードで探すと地元のサークルさんのHPがみつかるかもしれません。

HPを持っていない場合は、TRPGを扱っている本屋さんやおもちゃ屋さんなどにサークル告知のチラシなどがおいてあることもあるので確認してみてください。

サークルに参加しよう

サークルをみつけたら実際に参加してみましょう。
参加方法などはサークルさん毎に違います、HPやチラシなどにかいてあるはずなのでご確認ください。

初めて参加する際にはきちんと挨拶もしましょう。好きなシステムなどいうと盛り上がるかもしれません。
メンバーの方の自己紹介もあるかもしれません。一度に覚えるのは難しいかもしれませんが、一緒にセッションした場合など、その卓のかたから覚えていくのもいいかもしれません。

サークルを楽しもう

実際に参加したらセッションなど大いに楽しみましょう!
TRPGが好きでサークルに入られている方ばかりなはずなので、楽しい時間がすごせるはずです。
いろいろなシステムで遊べるのもサークルの楽しさのひとつです。自分のプレイしたことのないシステムも積極的に参加してみてはどうでしょうか?

オリジナルシステムのテストプレイなど行っているサークルさんもあるかもしれません。こういった活動もサークルの楽しさのひとつです。

サークルの弱点

サークルにも弱点といえるものがあるかもしれません。
メンバーが固定されているサークルさんなどは、新規参加者の方に疎外感をあたえるかもしれません。
新規参加者の勧誘はサークルにとっても重要事項なので、こういったことは少ないとは思いますが、TRPGは時間を共有して遊ぶゲームなので、この点は心を配っていただけるとありがたいです。
やはり相性はあるので、もしもそのサークルさんが何か違うなと思ったら、他のサークルさんにお邪魔してみるのもいいかと思います。

鹿児島のTRPG好きの方、鹿児島TRPG倶楽部をよろしくお願いいたします。

私は地元鹿児島で、鹿児島TRPG倶楽部というサークルを運営していて、そちらでTRPGを遊んでいます。

TRPGは、遊ぶ相手が必要なので、はじめの一歩を踏み出すのがドキドキするものですが、メンバーさんはTRPG好きな良い方ばかりなので、鹿児島でTRPGに興味のある方鹿児島TRPG倶楽部をよろしくお願いいたします。

コンベンション参加
メーカーや有志の方が主催するTRPGイベントです。

コンベンションに参加しよう

まずはコンベンションの情報を探さないといけません。

「TRPG SNS」さんのトップページで各地のコンベンション情報を紹介してくださっているのでそちらもご参照ください。
基本的には見ず知らずの方と卓を囲むことになります。馴れないうちは緊張するかもしれませんが、TRPGを楽しもうと集まった人ばかりなので、ためしに参加してみてください。

参加者は公募されることがほとんどですが、参加方法はそれぞれのコンベンションによって違いますのでホームページなどをご覧ください。

毎月発売されているTRPG情報誌「Role&Roll」にもコンベンション情報掲載されていますので、そちらを確認するのもいいかと思います。

TRPG Event Calendar(仮)さんなどで情報探していみるのもいいかもしれません。

 TRPG Event Calendar(仮) TRPG Event Calendar(仮)
コンベンションなど、TRPGイベント情報の集積所「TRPGイベントカレンダー(仮)」さんのサイトです。
コンベンションやイベントの主催者さんはご自身で情報投稿することができます。

自分で開催

もし地元でなければ自分たちでやってみるという手もあります。

メンバーを集めて、会場を手配してと大変な作業ですが、未来のTRPG仲間をみつけられるかもしれません。


TRPGの楽しみ方のひとつ、遊び方のひとつにIRCなどを用いたオンラインセッションがあります。
TRPGは、基本的にメンバーが揃わなければ遊べないゲームですが、インターネット上でなら遠い場所の方ともプレイすることができます。
プレイ自体はチャットを使って進めますが、キーボードを打つスピードなどにもよりますが、やはり目の前の方と会話を交わすスピードでセッションを進めることは難しい部分があります。メンバーの時間の都合によりセッションが中断したりする場合もあります。

掲示板やチャット

掲示板やチャットなどを用いてセッションを行います。
判定のサイコロが振れるチャットなどが便利です。

掲示板では、メンバー募集やセッション前の事前打ち合わせなどを行います。

ブラウザが使える環境にあればすぐにでも遊べるのが利点ですが、判定方法などが大変なシステムを遊ぶとなったら専用のシステムを用意する必要があります。

ローカル環境でサイコロを振って自己申告する遊び方もありますが、メンバー同士の信頼関係が重要です。

IRC

IRCを用いたセッションも盛んです。
TRPG関連のチャンネルはいっぱいあるので、「TRPG.NET IRC情報」などご参照ください。

日本中、世界中の誰とでもTRPGを楽しむことができるのが一番の魅力ですが、通常のセッションよりは時間がかかります。
それさえ気にしなければ、TRPGを楽しむ機会の増えるすばらしい環境です。雑談なども楽しい時間です。

私はmixi内のサークル「AHC」さんにお世話になっています。

TRPGに関するSNS『TRPGSNS』もオンラインセッションに関する募集や情報満載でオススメです。

スカイプ

スカイプなどを用いて実際に会話を交わしながら行われるセッションもあります。

スカイプセッションは、世界中どこへでも無料コールが今すぐお楽しみいただける、操作が簡単な無料のソフトウェアSkypeを利用したセッションです。
会議機能を使うと何人かの人と集まって、同時に音声通話を楽しむことができます。

ダイスを振る機能はないので、IRCなどを併用してセッションを行う場合がほとんどです。

どどんとふ

「どどんとふ」は、オンラインセッションをお手軽に遊ぶためのツールです。
ツールと言ってもソフトのダウンロードやインストール等は基本的には不要です。ブラウザとFlashPlayerがインストールされていれば遊ぶことができます。

チャット、ダイス、マップ、カード、イニシアティブ管理シートなど、オンラインでTRPG遊ぶために必要なものがすべて揃っています。
立ち絵機能やカットイン機能などセッションをより楽しくさせる仕組みも満載です。

開発者さんが公式サイトを立ち上げ、自由に遊べる場所を提供してくださっているので、まずはそちらをご覧ください。

どどんとふは、自分のサーバにいれてプレイすることもできます。
こちらのさくらのレンタルサーバ を利用されている方が多いようです。

オンラインセッションTRPG倶楽部、ネット上でTRPGを遊んでみたい!またTRPGを遊んでみたいという方、ぜひご参加ください!

オンラインセッションTRPG倶楽部

『オンラインセッションTRPG倶楽部』という、TRPG好きの方のためのサークル活動始めました。
インターネットを利用してTRPGを楽しんでいます!

TRPGを遊んでみたいけど近くに遊べる場所がない。社会人になってTRPGが遊べなくなったという方、インターネットを利用して、オンラインセッションというTRPGの遊び方でTRPGをぜひ遊んでみてください!

毎月最終金曜日開催!初心者対応定期募集卓、ソードワールド2.0の改訂版ルールブック1だけで参加できます!

毎月最終金曜日に開催!オンラインセッションTRPG倶楽部の、初心者対応定期募集卓です。
ソードワールド2.0の改訂版ルールブック1だけで参加できます。
オンラインセッションに興味のある方、ソードワールド2.0遊んでみたい方、お気軽にご参加ください。

人形がいっぱい体験卓

「お願いします!私を助けてください!」
冒険者の宿で声をかけてきた少し変わった依頼人。
宝石でできたサイコロを大事そうに抱えたその姿は、20cmほどの少女人形だった。
ソードワールド2.0初心者対応定期募集卓『人形がいっぱい!?』
剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!