TRPGの説明とその先

ペテン師の戯言。さんで面白い記事発見。

お子さんの学校の先生にTRPGの説明をしたという話。

学生時代学校でセッションして、同じように先生に説明した遠い昔を思い出しました(笑)

スカイプオンセをいろいろ考えていたころ、TRPG関連のスカイプキャストを何度か立てたことがありました。

スカイプキャストは、Skype上でユーザが主催する大人数での会話です。

興味のあるテーマに参加して自由に話することができます。最高100人だったかな。

たまにTRPGを知らない方が来られることがあって、そのたびにTRPGの説明をするのが大変でした。

この記事のように上手く説明できないので、他に入室していた方の協力を得て説明していました。

そういうこともあり自分のサイト上にTRPGの説明をするためのコンテンツを作りました。

TRPGの説明をうまくできたとして興味を持っていただいた場合も、それがIRCやスカイプ上だった場合は、実際に遊ぶことができなにのがほとんどでした。はじめてTRPGに触れたのでルルブなどもってないはずだから当然です。これがオフセだったらルルブを見せ合って実際にセッションということも可能なのでしょうが、オンセだときついものがあります。

最近考えているのは、簡単なオリジナルシステムとサンプルキャラを公開しておき、興味があるならこのゲームで遊びませんか?という流れを作れないかということです。

オリジナルシステムを考え出すと妄想が膨らみ結局完成できないということが多かったので、ごくごくシンプルなものを作ってみたいなと考えています。