フィギュアゲーム「ドラゴンギアス(Dragon Gyas)」クラウドファンディング!装甲タイルを厚紙から木製にまであと一歩!

フィギュアゲーム「ドラゴンギアス(Dragon Gyas)」がクラウドファンディング見事の達成しました!

いまストレットゴールも2つまでクリアして、最後の装甲タイルを厚紙から木製にまであと1歩です!

ドラゴンギアス(Dragon Gyas)のクラウドファンディングプロジェクトは全て連動していて、支援額はこのあとKickstarterでのクラウドファンディングにも引き継がれるそうです。

その上でKickstarterでのストレッチゴール達成は、Makuakeでのご支援者用製品でもアップグレードをさせしてもらえるということで、いまMakuakeで支援しておくとどんどんコンポーネントが豪華になります。

18500円となかなかの額ですが、10回映画に行くつもりで10回以上遊んで元を取りましょう!

フィギュアゲーム「ドラゴンギアス(Dragon Gyas)」とは

サイトの紹介文を引用させていただきます。

ドラゴンギアス(Dragon Gyas)は、世界的に活躍する川崎晋の最新作であり、
非常にユニークなフィギュアゲームです。

最もユニークなのは、1枚の戦場ボードの上で

「相手の行動を読み、プロッティングによってアクションを選択する巨大ロボット(巨大ドラゴン)」
「チェスや将棋のように、相手の行動を見ながら的確な対応が求められる騎士団(ドレーク)」

という2種類のルールでコマたちが動く点です。

このルールは、「強大だが、操作が難しい巨大ロボット」と、
「意図通り動けるものの、非力であり、基本的にサポートに徹する騎士団」という
コマたちの性格を見事の表現しており、他のゲームでは味わえない体験を与えてくれます。

基本的な遊び方は、1対1の対戦ゲームです。
騎士団側とドラゴン側に分かれ、互いに巨大ロボ1体と騎士団7体、
巨大ドラゴン1体とドレーク7体を操って戦います。
巨大ロボか巨大ドラゴンが倒されれば、倒した側の勝利となります。

巨大ロボたちのアクションは、カードによってプロットされます。
カードには「移動」「攻撃」「スペシャル」の3種類があり、ゲーム前のセットアップで数枚をセレクトすることになります。
この時点で駆け引きは始まっています。騎士団たちには「移動力」と「生命力」というパラメータが設定されているほか、
2種類の固有のアクションを持っています。

これらのカードや騎士団のメンバーたちには、今後たくさんの追加データが発表される予定です。
それらが実装されることで、バリエーション豊かな編成を楽しむことができます。
またゲームには、1人でも複数人(協力プレイ)でも遊べるシナリオモードや、2対2のチーム戦モードも実装されます。

動画もあります。

強力で巨大なロボットとドラゴンをプロットで、騎士団はドレイクは戦況を見て直接操作はとても燃えるシステムです。

フィギュア組み立て動画もわくわくします

フィギュア組み立て動画も公開されています。

世界観も魅力的でいろいろ妄想してしまいます

ドラゴンギアス(Dragon Gyas)は、世界観も魅力的です。

届く前からいろいろ妄想しています。

巨人ヘクスギアスは複座なら魔女は死なないかもというパシヒィックリム的な妄想をして楽しんでいます。
たぶん魔女を助ける手段を探している衛生兵あたりが幼馴染そんな妄想です。

フィギュアゲーム「ドラゴンギアス(Dragon Gyas)」情報に、エンゼルギア 天使大戦TRPG The 2nd Editionの電子書籍化!ロボット好きには幸せな日でした。

いいものはちゃんと買って応援しようが伝わります。

Makuakeは仕事でランディングページなどサポートさせていただくときがありますが、ドラゴンギアス(Dragon Gyas)は、顧客単価が18500円というのもありますが、動画の再生数から逆算して 応援購入総額がすごいです。
お客さんがみたらうらやましがりそうです。

ターゲティングがいいんでしょうね。
いいものはちゃんと買って応援しようという感じはいいですね。

さすがに2個は頼めませんでしたが、到着楽しみです。