2018年10月14日、討伐「望まれざる隣人」 GM:はったさん

2018年10月14日、討伐「望まれざる隣人」 GM:はったさん

2018年10月14日 5 投稿者: たぐっちゃん

2018年10月14日、討伐「望まれざる隣人」 GM:はったさん

導入

ハーヴェスの外れにある冒険者の宿『導きの星亭』
今回の依頼人はなんとこの宿の隣人だ。
名をハー・ヤーイ・ハシリーヤ、グラスランナー、男性、牧場経営者、兼ライダーギルド関係者。
彼の牧場では様々な家畜が飼われている(その中にはいずれ冒険者に騎乗動物として販売される予定の動物もいる)が、最近家畜が何者かに襲われているのだという。
おとといは行方不明になり、昨夜は変死体が発見された。
至急、原因を究明してほしい、とのこと。
提示された金額は一人あたり1000Gだ。
依頼もさることながら、冒険者の宿の隣でそのような事件が起こっている。何とかしなければ。

基本情報

討伐の募集をいたします。

  • GM名:はった(推奨レベル:初期~3)
  • シナリオ名:望まれざる隣人
  • 対応人数:3~5
  • 開催日時:10/14(日)21~24時
  • 募集締め切り:10/13(土)

討伐なので探索などはほぼしません。(判定1、2回くらいするかもしれない)
戦闘はテンキー戦闘にいたします。

リプレイ

依頼人 ハー・ヤーイ・ハシリーヤ

GM:それではセッションを開始します。よろしくおねがいします。
GM:シナリオタイトルは望まれざる隣人です
ニコラウス:お願いします
ルアン:よろしくお願いします
リゼリント:よろしくお願いします。
GM:現在の時刻は夕方です。
キミたちは『導きの星亭』で、思い思いに雑談をしていたり、夕食をとっていたり、遊んでいたりしています。
そんなおり、導きの星亭の扉が荒々しく開かれます。
フィロ:お願いします
ホロケー:よろしくおねがいしますー
ニコラウス:「いらっしゃいませ」入口を見ます
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「てやんでぃ! 依頼だ、コンチキショー!」
GM:そう叫びながら入ってきたのは子供くらいの体躯で、カウボーイ風の身なりをした男性です。
種族はグラスランナーです。
ニコラウス(それとこのグラスランナーを知っていてもいいと思う方)は彼がこの宿の隣の敷地で牧場を経営しているハー・ヤーイ・ハシリーヤ氏だとわかります。
べらんめえ口調ですが根はいい人です。
彼はヅカヅカと宿のカウンターまで歩いてきて、頑張ってカウンターの席に上ります(背が低いので)。
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「よっこいせっと……ふぅ。というわけで依頼だ、ニコラウスの旦那。あ、あと酒をなんかくれ。エールでいいから。これが飲まずにやってられるかってんでぃ!」
ニコラウス:グラスランナーさんたち用の椅子も揃えないととおもいつつ水出します
フィロ:「うっわ、面倒くさいそうな客!」
ホロケー:「んー……」
ニコラウス:「そうか成人されてますもんね。つい」エール出します
ルアン:「(すやぁ・・・)」お昼寝中
ニコラウス:個人的に何にのってきたか気になる
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「おう、嬢ちゃん、ご挨拶じゃねえか。これでもオレは若かりし頃はそりゃもう女の子にモテてなぁ」(面倒くさいロール)
ニコラウス:ルルブ3の前だけどw
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「おう、あんがとよ」エールに手を付けます
フィロ:「はいはい・・・」(適当に聞き流そうとする
リゼリント:「……(本当にめんどくさそうだなあ)」と無言でダガーを磨いてよう
ニコラウス:「フィロさんそんなはっきりと…」
ホロケー:「(ああいうのって絡むと面倒な奴だね、絡むのだけは気をつけよ)」
ニコラウス:多部いい人なのに
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「って、そうじゃねえ、依頼だ依頼」
ニコラウス:騎獣とかかわいがっているだろうにw
GM:では、ハシリーヤは経緯を話してくれます。
「実は、ここ数日、牧場にいる家畜たちが減っているんだ。最初にいなくなったのは、とびっきりやんちゃなヤツだったから、てっきり柵から逃げ出していなくなっちまったのかと思っていたが、そうではないらしい。外部から何かがやってきて家畜を襲っているんだ。目当ては家畜たちの肉だろう。昨日は盛大に食い荒らされてたからな……(そう言って酒を煽る)」
ニコラウス:荒れている理由がわかって「それは大変でしたね」魚料理を今日は出そう
GM:ハシリーヤはグラスを置くと、懐からガマ口を取り出しました。ガマ口からガメル金貨をカウンターにじゃらじゃらと出します。
フィロ:「ふーん、狼かなにかかしら?」
ルアン:「・・・はっ!お金の音!」(覚醒
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「魚とは気が効いてるぜ旦那。……というわけで冒険者、お前たちに依頼だ。家畜たちを襲っている奴を倒してくれぃ。報酬は一人1000G。……もし生きた家畜を見つけて救出できたら全体に追加で1000Gのボーナスを払おう」
ニコラウス:「もちろん正式な依頼としてお引き受けしますよ」
ホロケー:「おー、依頼だ依頼」
リゼリント:「依頼かー」
ニコラウス:「ああ早めに捜索すれば助けられる子たちもいつかもですね」
ルアン:「依頼ー!うけるうける!」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:どうだ? と目くばせして確認します
ホロケー:「おいさん、私も受けるー」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「おお、いいね。ガン使いか。強そうだ」
フィロ:「最近金欠だったのよね、受けちゃおうかしら」
ニコラウス:いまから向かう感じですかね?
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「家畜たちが襲われたのは深夜だ。深夜に牧場を見張っていてくれれば何かわかるかもしれん」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「早めの方が嬉しいな。今日も襲われる可能性があるし」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「それに隣だぜ? ここから数十メートル徒歩で歩いたとこだ」
ニコラウス:「宿の方は妻もいますしどうにかなるとおもいます」と言って皆さん見渡す
ニコラウス:「私も同行しますよ」
リゼリント:「そんなに近いんだ……」
GM:ハシリーヤ氏が自ら提供する情報はこの程度ですが、氏に何か質問があるならリアルタイムで3分間受け付けます。返答は3分後に一斉にするのでそれまでお待ちください。
GM:というわけで21:13まで待機します
ルアン:「お、マスターも行くんだね」
ニコラウス:足跡とかのこっているといいのだけど
ニコラウス:セージとった
ホロケー:「ねーねー、おいさん。食い散らかされてた肉塊とかに痕とかあった?詳しく見てない?」
ニコラウス:暗視持ちじゃない方だれですかね
ニコラウス:種族的に
ホロケー:
ニコラウス:光源を用意しないと
フィロ:暗視ないです(ナイトメア
リゼリント:人間なので暗いところがダメです
ルアン:ルアンとニコさん以外必要ですよね
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「そうだな、なにか溶けたような跡があったぜ。醜悪な食い方ってヤツだ。おお、おれのカワイイベコちゃん……(グラスを煽る)」
ホロケー:「……ん?溶けた?」
ルアン:「何それ怖い・・・いなくなった家畜の種類と数は?」
ニコラウス:青森の人だw
リゼリント:「溶けたような跡……普通の肉食獣じゃなさそうだね」
GM:では、魔物知識判定をしてもいいです。
ホロケー:「溶け痕?……んー、やっぱりそれ自分の目で見ないとダメぽい」
ニコラウス:2d6+1+2 魔物知識判定 → 9[6,3]+1+2 → 12
GM:この情報からだと-2修正つけますね
ニコラウス:がんばった方
ホロケー:頭の中ぐるぐるしてまもちき
ホロケー:2D6+1+4-2 魔物知識/見識 → 11[6,5]+1+4-2 → 14
GM:知名度抜きましたね
ニコラウス:ひいて14かすごいな
フィロ:2d6+3+1 魔物知識→ 6[4,2]+3+1 → 10
GM:基本ルールブック1、451ページのパープルアントの可能性が高いです
ホロケー:知力B4ですからねぇ
GM:紫色の甲殻を持った巨大アリ
ホロケー:「んー……割と情報少なくて混乱したけどパープルアントの可能性が一番かなぁ。でっかい紫のアリさん」
ニコラウス:蟻酸か
リゼリント:「えっ、そんなアリンコいるんだ……」
GM:過去に奈落の魔域があった場所に巣をつくる生物です
ニコラウス:なら巣に持ちかえって無事な子もいそう
ルアン:「うわぁ・・・虫かぁ」
フィロ:「アリねえ、じゃあ結構数がいるんじゃないの?」
GM:要件としてはたしかに辻褄があいますね
GM:1話で魔域になっていたし
ニコラウス:過去回をいかせてもらえてうれしい
GM:「なるほど、虫どもか! てやんでぇ、そんな虫けらなんざぶっ潰してきてくれ!」
ホロケー:「確かにあのアリ、かなり獰猛だからなぁ」
GM:もう顔は真っ赤でまともな話ができそうにありません>ハーヤーイ氏
ニコラウス:「ベコちゃんの仇取りますね!」現場まででいいので案内できるかな
ルアン:「まぁまぁ、ハーヤーイさんエールでも飲んで」
フィロ:「酔っぱらいの相手はしたくないから早くいきましょ」
GM:イケますね。じゃあ、シーンを変えますか
ニコラウス:お願いします
ホロケー:そして、そこでクリティカルしないで……
ニコラウス:動物好きとしては助けたい
ニコラウス:牧羊犬とかかっていてほしいな
ニコラウス:ボーダーコリー

牧場へ

GM:はい、牧場です
GM:キミたちが深夜の牧場で見張りをしているその時……
さて、聞き耳判定(目標値8)をしてください。知力+レンジャーorスカウトです
ニコラウス:夜目聞きますがランタン用意しておきますね
ニコラウス:落とすとわれるからどなたか松明も
ルアン:2D6+1+2 スカウト+知力B 足跡/聞き耳/危険感知/探索/地図作製/天候/宝物鑑定/罠感知→ 2[1,1]+1+2 → 5
GM:50点!
ルアン:ゴジッテーンww
リゼリント:2D6+2+2 スカウト+知力B 足跡/異常感知/聞き耳/危険感知/見識/探索/地図作製/天候/病気知識/文献/文明鑑定/宝物鑑定/罠回避 → 3[2,1]+2+2 → 7
ニコラウス:あっ魔法で光れる人もいつのかな
フィロ:ライト使えます
ニコラウス:やはりくらかったか
GM:マギテックなら光出せますね
GM:ライトもか
ホロケー:フラッシュライトがあるねー
ニコラウス:マギスフィアを使わないライトがいいかもですね
リゼリント:あぶなかった
フィロ:ではライトの判定行きます
GM:そうですね、先どうぞ
フィロ:2d6+3+2 ライト→ 4[1,3]+3+2 → 9
GM:ライトの光が牧場を照らしています。
フィロ:杖から光が灯る
フィロ:あと自分が牛糞踏んでることに気づきますw
リゼリント:あ、聞き耳1足りなかった……
GM:それはそれとして聞き耳はみなさん失敗?ほかにするかたいます?
ニコラウス:「何か形跡があるといいのですが」
GM:
ホロケー:「そうだねー、光ありがとー」
ニコラウス:レンジャーはとっておきたいな
リゼリント:「助かるよ」
ニコラウス:いまはない
フィロ:「うえっ、あとで靴洗濯しなくちゃ・・・」
ホロケー:後は平目なんだよねぇ
ルアン:「やっちゃったねー、フィロちゃん」
GM:素目でもいいですよ
ルアン:なお何も聞こえんなかった模様
ホロケー:2D6>=8 平目→ 6[4,2] → 6 → 失敗
ホロケー:うっへぇ
フィロ:こちらも平目で挑戦
リゼリント:「……特に異常はないかな」
フィロ:2d6→ 7[5,2] → 7
GM:誰も聞こえないなら、しばらくの後に牛舎の奥から牛の叫び声が聞こえます。
GM:そこにはいける
ニコラウス:あー襲われる前に防げたかのうせいがあったのかも
ニコラウス:しかたなし
ホロケー:しかたないね
ニコラウス:のしのし向かおう
GM:そのとおりですねw
ルアン:「え、牛ちゃん!?」慌ててます
ホロケー:叫び声を聞いてダッシュする
リゼリント:「……しまったーっ!」
フィロ:「出遅れちゃったみたいね」
GM:じゃあ、暴れている牛と、それに群がる3匹のアリにキミたちは気づきます
ニコラウス:追い払いましょう!
ニコラウス:牛と比べてどのくらいのサイズ?
GM:体長1m以上なので、比べると小さいですね。
リゼリント:アリ1mもあるのか……でかい
ルアン:十分でかい
ホロケー:「やっぱりアリか!」
GM:3匹で蟻酸吹きかけながらいくので牛はつらい。もう足が全治二か月くらいに溶けてる
ニコラウス:かわいそう
ルアン:「牛ちゃんを放せーーーー」
GM:追い払えます
ニコラウス:百姓貴族愛読してるから
フィロ:「さあて害虫駆除、いっちゃいおうか」
ニコラウス:戦闘になります?
GM:すごすごとアリたちは巣穴へと戻りますね
リゼリント:牛が食肉ルートに入りかけてる
GM:巣穴はすぐそこにあり、入り口の時点で人が立って歩ける程度の大きさがあります。
巣穴からはひんやりとした冷気が感じられます。
リゼリント:「巣穴がこんな近くに……」
GM:(討伐なので戦闘一回なのだ)
ニコラウス:追い払えばそこから突入できそうですね
フィロ:「どうする?入らきゃダメよね?」
リゼリント:「攫われた牛がいないなら、塞いじゃってもいいけど……」
ニコラウス:追いかけましょう。へった牛とかいないか確認できます?
フィロ:「アリなら掘り返しちゃうでしょ」
GM:減ってはいないようです。今日の被害は牛一頭の脚全治二か月
ホロケー:「入らなきゃダメっしょ!ああいうの、後々にすると面倒くさいから!」
ルアン:「退治しないとだめだよー」
リゼリント:「そうだよねえ、やっぱり……」

洞窟へ

GM:では、洞窟を覗き込むと、けっこう奥まで続いていますね
ニコラウス:牛の足はMPに余裕あればあとで回復してあげよう
GM:入り口からは松明の光が届ききらないです
ニコラウス:唾液で固めたりしてるのかな
ニコラウス:あまり壁にに触らないように進もう
GM:土壁が崩れないのはそのせいでしょう
フィロ:じゃあ光源持ってるフィロちゃんが先頭に行こう
GM:入り口からだんだん広くなっていきます。
30mも奥に行くと、横幅10mほどの巨大空間となりました。
リゼリント:「堅牢だなあ……水攻めしても崩れなさそう」

巣穴での戦闘

アリ:そして奥からヨタヨタと一匹のアリが来ます。このアリはなぜか腹部を潰されており、キミたちに襲い掛かる寸前に息絶えます。
『ピギィ……』
ルアン:「あ、あれ・・?」
ニコラウス:「あり以外にも何かいる?」
アリ:同じように、さっき逃げていった3匹のアリたちも巣の奥からUターンして戻ってきました。
アリたちにとって不足の事態がここで起こっているようです。
リゼリント:「わっ……」
ホロケー:「……」
アリ:『ピギィピギィ!(もうこの巣はお終いだ!)』
『ピギー!?(ゲッ、冒険者!?)
『ピギピギッ。ピギ!(挟み撃ちにあっちまった。やっちまうぞ!)』
ニコラウス:良い蟻画像だ
ホロケー:その潰された腹部の痕を見たかったが無理そうだ
ニコラウス:何だろう気持ちもつたわる
ニコラウス:グラランでもないのにw
アリ:3匹のアリはキミたちに気が付き、逃走から臨戦態勢に入ります。
そして、アリが逃げる原因も、アリの背後からやってきます。
白い冷気を身に纏った恐竜がゾンビになったかのような風体……魔物知識判定をしてください。
ニコラウス:2d6+1+2 魔物知識判定→ 7[5,2]+1+2 → 10
ホロケー:2D6+1+4 魔物知識→ 8[6,2]+1+4 → 13
フィロ:2d6+3+1 魔物知識判定→ 5[4,1]+3+1 → 9
リゼリント:「なんか出てきたーっ」
ルアン:「なにあれーーーー!?」
ホロケー:「…!」
アリ:8以上でわかります
アリ:やつはレヴナント化したディノスです
ホロケー:「なんでこんな所にディノスがいるの!?しかもレヴナント化してない!?」
アリ:レヴナントは456p
フィロ:「あーもう、面倒くさい!こんな依頼受けるんじゃなかったわ!」
アリ:ディノスは453pを参照してください
ニコラウス:「またあいつが十分あばれられる広さがありますね」メイスかまえます
GM:最初に牧場からいなくなったやんちゃな奴とはコイツのことさ! ハーヤーイのドヤ顔が夜空に浮かびます
ニコラウス:もっとはなしきいておけばよかったw
ニコラウス:やんちゃがすぎるw
ルアン:何を飼育してるんだw
リゼリント:「もしかして、あれが牧場から逃げたしたっていう……」
GM:騎獣にしたら強そうかなって
ニコラウス:GMさんのいい顔が浮かぶw
GM:
さらに追加の情報です。恐竜のはらわたからキラキラと何かが輝いています。その輝いているのは剣の欠片です。数にして5個、胴体に入っています。
また、恐竜はレヴナント化の際に胴体の攻撃障害+4が+2に減じています。そのため常に俯きながら動いています。(この巣の天井が低いせいもあるかもしれません)
また恐竜は巣の奥でアリを蹴散らす際に反撃を受けたのか、ある程度HPが減っています。
これより、敵のコマの詳細閲覧を許可します。HPなどは確認可能です。
ニコラウス:こいつの画像もカッコいい
GM:どちらもフリー素材を拾ってきました
ニコラウス:フィープロしましょうか
GM:PCたちは123のどれかにはいちしてください
GM:今回の戦闘はテンキー戦闘でやるほか、特殊なルールが3つあります。
ルール1:恐竜はアリも敵として狙う。恐竜はランダムに対象を決定しながら行動する。なお恐竜は判定の際、ダイスを振る。
ルール2:アリは恐竜には敵わないと分かったので冒険者しか狙わない。なおアリは判定の際、固定値で処理される。
ルール3:アリは隙あらば逃走しようと思っている。冒険者たちの後衛エリア内にたどり着き、かつそこに冒険者が1人もいない場合、主動作で逃走を宣言する。その時点でアリは成功し、冒険者に支払われる報酬が30%減る。この報酬減額は逃走に成功した1体ごとに行われる。
リゼリント:アリ逃がすと報酬がー
ルアン:逃がすことはできない
ニコラウス:なるほどフィープロ後は123に分かれるの大前提ですね
GM:理解しましたか?それでは戦闘に移ります。
こちらで最も早いのはアリたちの先制10です。10を目標値に先制判定をしてください。
ルアン:2D6+1+3 スカウト+敏捷B 先制/受身/隠密/軽業/尾行 → 6[3,3]+1+3 → 10
ニコラウス:スカウトさんおねがい
リゼリント:2D6+2+3 スカウト+敏捷B 受身/隠密/軽業/先制/登攀/尾行→ 4[1,3]+2+3 → 9
GM:成功したようだ
ニコラウス:やった
ホロケー:よしよし
ルアン:ギリギリッ
リゼリント:よかった(1足りないが続くダメスカウト

1ラウンド目

ニコラウス:ではフィープロいきますね
ルアン:おねがいします
ニコラウス:2d6+3+2 プリースト魔法→ 11[6,5]+3+2 → 16
GM:成功ですね
ニコラウス:ハルーラの導きを!
ニコラウス:かけた
ニコラウス:おわり
GM:防護の魔法が冒険者たちを包んだ。
リゼリント:助かりますー
ホロケー:わーい
GM:ニコラウス氏の行動は以上ですね。次は誰でしょう?
ニコラウス:リゼリントさんが6に突入、他の人が1に移動はいいのかも
ニコラウス:ありをふせげるかも
ニコラウス:フィロさんは前衛技能をおもちでしたっけ?
フィロ:フィロちゃんファイター持ちで防護5点です、前に出れます
ニコラウス:それ次第で4にいってもらうのもいいのかな
リゼリント:頑丈だなあ(防護2
GM:蟻は敵じゃなさそう
ニコラウス:5のが2にきてもわたしがいるので
フィロ:では私が4に行きましょう、そのターンは魔法撃てないけど
ニコラウス:ありがとうございます
ニコラウス:後衛さんは1か3にいどうしてくださいね
ルアン:3にいきますー
ニコラウス:制限で行けるので魔法も使えます
ホロケー:じゃぁ1かな?
リゼリント:では6に
ルアン:じゃあアリ攻撃しますかね
GM:主動作もやって手番を行っていってくださいね。
GM:まず誰からでしょう?
リゼリント:射撃の援護があるなら囮攻撃しよう
ニコラウス:キャラごとに処理しましょう
ルアン:では私から 3に制限移動して6のアリにソリッドバレットで攻撃します
ニコラウス:いけー
ルアン:2d+3+2 トラドール 2H命中→ 6[1,5]+3+2 → 11
アリ:回避3(固定値)防護点4
GM:あたるわい
ルアン:k20[10]+2+2 ソリッドバレット ダメージ→ 2D:[4,4]=8 → 6+4 → 10
アリ:残り4点
ニコラウス:次の方どうぞ
アリ:バスンッ、と銃弾が貫きます。
フィロ:では私が
ルアン:「逃がさないよ!」
フィロ:2から4へ通常移動
フィロ:一応メイジスタッフでアリに攻撃
ニコラウス:逃さないシフト完成
アリ:あっ、回避固定値は10だった。それでもあたります
フィロ:2d6+1+1 命中→ 9[5,4]+1+1 → 11
アリ:回避10(固定値)防護点4
ニコラウス:あたる
アリ:当たるんだってばw
アリ:ダメージどうぞ
フィロ:k11+1+3@12 ダメージ→ 3+4 → 7
アリ:3点
ニコラウス:固いな
リゼリント:アリ硬いなあ
ニコラウス:ありだからな
ホロケー:次行くよ!
フィロ:「私はねえ、ただ後ろでグチグチ呪文を唱えてるだけの魔法使いじゃないの」
ニコラウス:さきに6にこうげきしてもらいませんか
ニコラウス:あのリゼリントさんに
リゼリント:わかりました
ニコラウス:それからホロケーさんがよさそう
ホロケー:あ、了解!
リゼリント:では6へ通常移動して攻撃を
ニコラウス:お願いします
ルアン:がんばれー!!
アリ:うまい配置
リゼリント:2d+3+2 エペ命中 → 3[1,2]+3+2 → 8
リゼリント:外したー
ニコラウス:ホロケーさん保険が活きそう
アリ:ダイス目がしかたない
ニコラウス:ありやさしいw
ニコラウス:ホロケーさん6からおとしましょうか
リゼリント:「くっ、あたしの剣がかわされた……」囮攻撃ならかわされる前提なのにー
ホロケー:1から届くっけジェザイル
ホロケー:トラドールだわ
ニコラウス:前のエリアへは射程1扱いです
アリ:射程2あればとどきますね
ホロケー:あるね!行きます!
ホロケー:宣言:1に制限移動 6にいるアリに対してソリッドバレットをぶち込みます
ホロケー:2d6+2+1 命中/トラドール → 10[6,4]+2+1 → 13
アリ:回避10(固定値)防護点4
アリ:あたりました
ニコラウス:きた
アリ:ダメージどうぞ
ホロケー:k20[10]+1+4 ソリッドバレット/ダメージ → 2D:[6,1]=7 → 5+5 → 10
アリ:スパァン!と頭部が破裂します
ホロケー:「お前の命、殺させてもらう」
リゼリント:吹き飛んだ
ニコラウス:やった
ルアン:「ナーイス!」
ニコラウス:かわいいのにいっていることこわいw
リゼリント:「わっ……やっぱりガンの攻撃はすごいなあ」
アリ:かっこいいw
アリ:では、敵の番ですね
ニコラウス:ベストはやんちゃくんが5を乱戦化してくれることなのだけど
ホロケー:戦闘中になると怖い事言うのはルフ君と同じなんで・・・
アリ:恐竜から行動します
ニコラウス:やんちゃくんは味方じゃないかw
アリ:まぁ、そのようになりますけど、攻撃対象はまた別です
ニコラウス:射程攻撃があるのか
リゼリント:あ、ブレスがあった
ニコラウス:こえー
フィロ:魔法攻撃かあ
アリ:1D7 123456はそこにいるPCか敵へ、7は4のアリへ→ 1
アリ:ホロケー
ニコラウス:柔らかそうな子へ
恐竜:ホロケーに向かって氷のブレスが放たれる
ホロケー:ひぃ
リゼリント:脅威だと判断したのかもしれない
恐竜:2d+5 冷気のブレスによる攻撃(射程20射撃)の命中 抵抗は生命抵抗力です。成功すると半減できます → 6[3,3]+5 → 11
ニコラウス:抵抗がんばれ!
ホロケー:2D6+2+1>=11 冒険者Lv+生命B/生命抵抗 → 10[6,4]+2+1 → 13 → 成功
恐竜:2d+2 氷属性魔法ダメージ→ 11[5,6]+2 → 13
恐竜:半減して7
ニコラウス:この位置で戦闘が続くならニコラウスは回復にまわりますね
ホロケー:「くぅっ…!?」
ホロケー:なお、HP半分の模様
恐竜:辺りに涼しい風が吹いたかと思った次の瞬間、氷のブレスがホロケーにむかって照射される
ルアン:「ホロくん!?」
リゼリント:「あんな飛び道具まで持ってるんだ……」
恐竜:パキパキと洞窟内が氷結化していく
フィロ:「大丈夫、まだ生きてるみたい」
ニコラウス:やんちゃすぎる
恐竜:胴部の行動、下にいるのを踏み潰す
恐竜:2d+9 命中 → 6[3,3]+9 → 15
恐竜:2d+7 ダメージ→ 6[5,1]+7 → 13
ニコラウス:痛い
リゼリント:潰れかけてる
ルアン:あ、アリー!!
アリ:9点くらいました(瀕死
ニコラウス:レブナントになってダメが上がってる
アリ:恐竜行動終了
アリ:フィロの目の前にいるアリの行動
リゼリント:「あんなの見たら、アリンコも逃げ出して当然だなあ……」
アリ:1d6 偶数なら酸 奇数なら殴り → 6
アリ:酸をフィロへ
アリ:蟻酸による攻撃 生命抵抗目標値11をしてください。失敗すると蟻酸を受けます。
ニコラウス:抵抗すれば!
フィロ:2d6+5 生命抵抗→ 12[6,6]+5 → 17
ルアン:すごい
アリ:避けました
ニコラウス:すごくさんが嫌だったみたいw
アリ:5のアリ。追いつかれたのでディノスを攻撃
フィロ:「角付きの生命力、甘く見ないで欲しいわね」
ニコラウス:かっこいい
アリ:したいけど特殊ルール上できない。おびえるしかない。
アリ:蟻は行動終了。そちらの番です
フィロ:かわいそうなアリ
ホロケー:アリェ・・・
ニコラウス:GMが自分のレギュで苦しんでいるw
ルアン:アリちゃん・・・
アリ:格付けは終わっている……。アリは弱者なのだ……
アリ:PCの番です!
アリ:ちなみに、レヴナントディノスを倒さなくても救った対象にはなりません(生きた家畜ではないので)。この巣の奥にまだ救出可能な家畜がいるかもしれないだけです。
ニコラウス:女王アリもカチンコチンなのかな
アリ:たぶんそうでしょう。データなかったし。

2ラウンド目

ニコラウス:私は回復でいいかな
ルアン:お願いします
ニコラウス:攻撃に銃メンバーはまわってほしい
リゼリント:まあ、レブナント化したのを連れ帰られても困るだろうし……
ニコラウス:2d6+3+2 プリースト魔法→ 7[2,5]+3+2 → 12
ニコラウス:k10[13]+3+2  キュアウーンズ→ 2D:[4,6]=10 → 5+5 → 10
ニコラウス:10点回復
アリ:ホロケーさんを回復ですかね?
ニコラウス:ホロケーさんです
ニコラウス:おわり
アリ:では、ホロケーの肉体が元に戻ります
ニコラウス:「耐えてください。連続では飛んでこないはずです!」
ニコラウス:次の方どうぞ
ルアン:恐竜の下のアリちゃんつぶしますかね
ホロケー:「うん…次も殺らないとね」
ニコラウス:リゼリントさんは難しいとりまわしですね
ニコラウス:先に魔法組さんに蟻かな
ルアン:じゃあフィロさん?
ニコラウス:ぐりっとまわって4はいけないですよね?
ニコラウス:移動26いるか
アリ:さすがに制限移動では無理ですけど、通常ならいいかな
ニコラウス:おーうれしい
ニコラウス:なら4にいくのはいいですね
ニコラウス:4の蟻さんおとしてもらえたらやんちゃに魔法3回いける
ルアン:なるなる
ニコラウス:5のありくんはもう噛まれて死ぬ
ニコラウス:どう壊せば回復追いつくと思うんですよね
ニコラウス:2撃くる今の現状はこわい
ニコラウス:リゼリントさんをおくりこめない
ニコラウス:グレイさんの笑顔が浮かぶ
リゼリント:フェンサーゆえ撃たれ弱いですからねえ……
ニコラウス:ありなぐってもらう。落ちなければどなたか魔法組がいいかと
ホロケー:んですからねぇ
フィロ:それでいいですね
アリ:じゃあ、リゼリントさんは通常移動で4にいって蟻を殴れますぜ
リゼリント:では
リゼリント:通常移動で4へ走り込み攻撃を
リゼリント:2d+3+2 エペ命中→ 6[4,2]+3+2 → 11
アリ:回避10(固定値)防護点4
アリ:あたりました
リゼリント:k6[9]+2+2 エペ ダメージ→ 2D:[3,5]=8 → 3+4 → 7
ニコラウス:胴は元気だ。銃組さん頭狙うのはきついですよね?
ニコラウス:あっフィロさんはあたまにペナないのか
フィロ:バイオレントキャストがあるので期待は出来ます
ルアン:狙撃取得したんですがいけますかね、あたま
ニコラウス:銃組さんにあり、フィロさん頭がいいですかね
アリ:3点受けました
リゼリント:うーん、硬い
アリ:頭狙えますよ
アリ:特に障害はありません。
ニコラウス:そうか射撃か
アリ:近接攻撃だけ、+2で頭は回避します
ニコラウス:ならあり殺して後衛さんの体制ととのえば
リゼリント:射撃は攻撃阻害受けないから狙いやすそう
フィロ:このPTやんちゃに相性いい
アリ:ただ、レヴナント化でー2で相殺しあっているので、頭はそのままです
ニコラウス:5へは私が突っ込んで足止めも考えますね
ニコラウス:4の蟻は落としましょう
ニコラウス:うごきやすくなる
アリ:次は誰でしょう?
ニコラウス:魔法組のどなたかおねがいします
ホロケー:自分行こうか
フィロ:どぞ
ホロケー:宣言:5にいるアリに向かってソリッドバレットをぶち込みます
ニコラウス:いけー
ホロケー:2d6+2+1 命中/トラドール→ 6[4,2]+2+1 → 9
ニコラウス:おしい
アリ:回避しました
ホロケー:「なっ」
アリ:タビットは器用低いのがネックですよね
ルアン:じゃあ5のアリ落しちゃいますかねえ
アリ:5でいいんですか?
ニコラウス:4です
ルアン:そうだった失礼間違えました
ニコラウス:5はこのらうんどのティノスあしどめくん
ホロケー:ああ、5にやってたすまない
アリ:ひどいw
ルアン:4のアリにソリッドバレットぶち込みます
アリ:どうぞ
ルアン:2d+3+2 トラドール 2H命中→ 7[6,1]+3+2 → 12
ニコラウス:甘いもの大好き蟻次郎
ニコラウス:きた
アリ:回避10(固定値)防護点4
アリ:あたりますよ
ルアン:k20[10]+2+2 ソリッドバレット ダメージ → 3+4 → 7
ニコラウス:おちたはず
アリ:1たりんない
ルアン:いちたりない!
ニコラウス:うわ
アリ:意外ともつなぁ
リゼリント:タフなアリめー
ニコラウス:これは1かいくらってもフィロさんに頭削ってもらいたいところ?
ルアン:「あ、くそ!落しきれない」
フィロ:1発くらいなら平気でしょう
ニコラウス:フィロさん1にさがります?
アリ:下がれないのでは
ニコラウス:楚歌制限じゃむりか
ニコラウス:ならやはり5にいくつもりでいよう
フィロ:では行動しますね
ニコラウス:あたまお願いします
ニコラウス:射撃持ち多いの活かしましょう
フィロ:補助動作で異貌化を宣言
ニコラウス:きた
フィロ:帽子を突き破って角が生える
アリ:穴が!
フィロ:バイオレントキャストを宣言、攻撃魔法の行使判定+2
フィロ:恐竜の頭にエネルギーボルトを撃ちます
アリ:強いよね、バイオレントキャスト……
フィロ:2d6+2+3+2 行使判定→ 11[5,6]+2+3+2 → 18
ニコラウス:初期キャラの数字じゃないw
アリ:2d6+5 抵抗 → 12[6,6]+5 → 17
アリ:すごい頑張ったのに
リゼリント:おおー
ホロケー:クリティカルなのでは?
ニコラウス:やんちゃやるな
ルアン:恐竜つよい
フィロ:k10+2+3@13 ダメージ → 2D:[4,6]=10 → 5+5 → 10
アリ:威力表以外クリティカルはないのでは
アリ:すごい、痛い
ニコラウス:自動成功ですね
ニコラウス:クリというか
ニコラウス:おしいまわっていたのに
フィロ:「めっちゃタフねこいつ」
フィロ:おわり
ニコラウス:「でもすごいまほうでした。これなら」前に出る準備
ホロケー:「むむっ」
アリ:敵も自動成功するんですね、了解です。では半減したということで
アリ:では、敵の番ですね
恐竜:ディノスから
ニコラウス:蟻を殺しに来るマン
恐竜:まぁ、足の下にいるの噛もう。邪魔だし
恐竜:2d+8 命中 → 12[6,6]+8 → 20
恐竜:死ぬほど充てる
恐竜:2d+8 ダメージ→ 9[5,4]+8 → 17
ニコラウス:この数字避けられる気がしないw
ルアン:恐竜怖すぎない
恐竜:殺した
リゼリント:完全に潰れてる
ニコラウス:私が5に行くと多分回復足りないので
フィロ:こいつやんちゃすぎる
ホロケー:や、やんちゃだなぁ
恐竜:胴体は死んだ蟻をぺちゃってして終わりです
ニコラウス:ヒーリングバレットもよろしくです
ルアン:うい
恐竜:1残ってるアリ
アリ:1d6 奇数でフィロ 偶数でリゼリンと) → 5
アリ:フィロへ
アリ:1d6 奇数でなぐり、偶数で酸 → 3
アリ:なぐり
アリ:命中11(固定値)
アリ:フィロに噛みつく
フィロ:2d6+1+2 回避 → 9[5,4]+1+2 → 12
ニコラウス:おー
ニコラウス:たよれるな
アリ:しょぼん、避けられてしまった

3ラウンド目

ニコラウス:こちらですかね
アリ:そうです、PCの番
ニコラウス:「すすませんぞ!」といいつつ5に
ニコラウス:胴殴っておこう
ニコラウス:2d6+3+3+1 シェルブレイカー命中 → 3[2,1]+3+3+1 → 10
恐竜:2d+3 回避 防護点4→ 10
恐竜:よけた
ニコラウス:回避は下がっておるレブナントなのに
ニコラウス:おわり
ニコラウス:リゼリントさんがまずありかな
リゼリント:では
恐竜:ニコラウスがレヴナントディノスと接敵、乱戦を形成
リゼリント:アリに攻撃を
リゼリント:2d+3+2 エペ命中→ 11[6,5]+3+2 → 16
ニコラウス:銃使いさんはターゲットサイトの使用も考えて頭かな
ニコラウス:きた
恐竜:あたるw
リゼリント:k6[9]+2+2 エペ ダメージ→ 2D:[3,3]=6 → 2+4 → 6
恐竜:さすがに堕ちます
ニコラウス:やった
リゼリント:「や、やっと倒せた……パワー不足を実感するなあ」
ニコラウス:部位が1個になったら、リゼリントさんにもきてもらおう
アリ:『ピギィ~~』
ニコラウス:いまはこわい
ニコラウス:魔法組さん頭でお願いします
プレイヤー:コアは頭なので壊すと死にますよ
ニコラウス:あっレブナントもそうなのですね
ニコラウス:やった
ルアン:やったね!
リゼリント:レブナントだと頭破壊されても動き回りそうなイメージ
ニコラウス:そうおもってドキドキしてました
ニコラウス:みなさんがんばれー
ニコラウス:私は耐える
恐竜:ああ、なるほど、でもその想定だとちょっと強すぎるのでw
ニコラウス:がんばって倒して家畜捜索もしましょう!
ルアン:では頭にタゲサ混みのソリッドバレットで
ニコラウス:いけー
ルアン:2d+3+2+1 トラドール 2H命中 タゲサ込み→ 6[2,4]+3+2+1 → 12
恐竜:2d+2 氷属性魔法ダメージ→ 10[5,5]+2 → 12
恐竜:まちがえた
恐竜:2d+3 回避 防護点3→ 8[6,2]+3 → 11
ニコラウス:よし
恐竜:あたる
ルアン:k20[10]+2+2 ソリッドバレット ダメージ→ 2D:[1,6]=7 → 5+4 → 9
ニコラウス:タゲサありがとう
恐竜:痛い痛い
ルアン:タゲサに感謝
ニコラウス:これは押しきれそうな気配も出てきた!
恐竜:早く自分の番来て…
恐竜:次はだれです?
恐竜:残るはホロケーかフィロ?
ルアン:ですね
ホロケー:どうしよっか
ニコラウス:ホロケーさんからがいいかも
ホロケー:おっけー
ニコラウス:フィロさんは半減でもダメはいくから
恐竜:たしかに
ホロケー:補助行動宣言:ターゲットサイト
ニコラウス:タゲサしてね
ニコラウス:いけー
ホロケー:行動宣言:恐竜に向かってソリッドバレット
ホロケー:2d6+2+1+1 命中/トラドール タゲサ込→ 9[3,6]+2+1+1 → 13
ニコラウス:ドキドキする
恐竜:2d+3 回避 防護点3→ 7[3,4]+3 → 10
ニコラウス:きた
恐竜:あたった
ホロケー:k20[10]+1+4 ソリッドバレット/ダメージ→ 2D:[6,5 6,6 1,6]=11,12,7 → 9,10,5+5 → 2回転 → 29
ニコラウス:おー
リゼリント:吹き飛んだー
ルアン:まわったああああああ」
恐竜:えっ、死んだ…
ニコラウス:あるんだなー
恐竜:そんな、早すぎる・・・w
フィロ:ヘッドショット!
恐竜:あっけなさすぎる・・・w
ニコラウス:凍らされたのがいやだったのだろうw
恐竜:脳髄を穿たれてレヴナントディノスは倒れます。
リゼリント:「ひゃー、こりゃすごいや」
ホロケー:「だから言ったでしょ?お前の命を殺すってさっきのブレスの分も一緒にね」
ニコラウス:付臭溢れる肉を浴びておこう
ニコラウス:「ナイスショット!」
ルアン:「すごい威力だったね!ホロ君すごい!」
ニコラウス:2回転は凄い
恐竜:最後に胴体だけがニコラウスを襲おうとしましたが、頭部の真の死に引きづられるように膝をつき、動かなくなりました。
ニコラウス:良い演出
フィロ:「随分派手ねえ、私も見習わなくちゃ」
ニコラウス:知り合いの大事にしていた子なので、祈りのこっとばをささげよう

巣穴の奥へ

恐竜:それでは、戦闘終了です。戦利品などはあとでやりましょう。
ルアン:わーい
リゼリント:「これ見たらうちのパワー偏重親父も考え変えそうだなあ……」
恐竜:では、ニコラウスの聖句のあとで、魂らしきものが天にのぼったようです
ホロケー:めっちゃ片目だけ光の残像が残ってそう
ニコラウス:フィロさんとの2段階か前ならもしかしたらとおもっていたら回るとは
ニコラウス:構え
ニコラウス:「無事な子もいるかもしれません。奥も探しましょう」
GM:さて、洞窟の奥にいくと繭のようなものがいくつか残っています。
リゼリント:「これはアリンコの繭……?」
ルアン:「一つ壊してみる?」
GM:3つありますね
ニコラウス:一応中から襲われないように警戒しておこう
GM:ABCあります
GM:どれにします?
GM:違いはみてわからない
ニコラウス:サイズはどのくらいですか?
ホロケー:「……」
GM:どれも2mくらい
リゼリント:「うーん……攫われた牛が入ってたら」
ニコラウス:ならカンだ
ホロケー:Cの方に冒険者セットにはいってる小型ナイフで切り裂いてみます
GM:1D6を振ってください
ホロケー:1D6 → 3
GM:3個のアビスシャードを見つけました
ホロケー:「これ、アビスシャード」
GM:このアリ、アビスシャードを貯め込む性質があるようです
リゼリント:「なんか禍々しい感じの物が……」
ルアン:「アビスシャードため込むとか趣味悪いアリだね」
ニコラウス:おー
フィロ:「あっ、これ奈落の結晶じゃない!色々使い道があるのよね」
リゼリント:「そ、そうなんだ……」
ルアン:「他のも割いてみていい?」
GM:どうぞ
ルアン:ではBを小型ナイフで」
GM:生きたグレイリンクスが出てきます
ルアン:「なんでーーーーーーーーー」
GM:452P でも首輪ついてますね
ニコラウス:「彼は何を飼っているんだ」
GM:ルアンをみてなつきます
リゼリント:「わぁ! ……って、これ飼い狼?」
ルアン:「え///」
GM:ベロンと感謝の舌舐め
ルアン:「やだかわいい」
ニコラウス:蟻に対面で勝てそうだけど箱入りなのかなw
ニコラウス:数がいるか
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:(色々騎乗動物の実験をだな……家畜化できたら一大産業になるしな)
フィロ:「あの酔っぱらい凄かったのね・・・」
ホロケー:Aも切り裂いてみる
GM:死んだ牛が出てきました。
GM:死亡原因は餓死のようです
リゼリント:「こっちは手遅れみたいだね……」
GM:蟻的には保存食のようですね
ルアン:「ガリガリだね・・・」
ニコラウス:「まにあわなかったですね」
ニコラウス:「この子だけでも」グレイリンクスはルアンさんにおとなしくついてきてくれそう
ホロケー:「というわけで、これ以上は大丈夫そうかな?」
ニコラウス:帰りますか
GM:グレイリンクスは生きた家畜として計上されます。
GM:追加1000G
ルアン:「にゃんにゃーん、おうちかえろうね~」
ニコラウス:家畜…
GM:「にゃーご」尻尾をふりふりついていきます
フィロ:「今帰ったわよ。」(ドアガラガラ
GM:「おおっ、帰ってきたか、で、どうだった?」
リゼリント:「ペット同伴いいのかな……?」
ニコラウス:グレイリンクスちゃんをすすっと
ルアン:「この子がいきてたよ」グレイリンクス指差し
フィロ:「あなたとんでものないもの飼ってるのね、大変だったわよ」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「おおっ、でかしたぞ!」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「他のは手遅れだったか・・・」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「アリたちは退治してくれたんだろうな?」
ニコラウス:やんちゃくんは私たちと一緒に蟻と戦って倒れてと言おう(嘘ではない)
ホロケー:「牛は手遅れ。アリもそうだけど、レヴナント化されたディノスがいたのは本当に謎なんだよね」
ニコラウス:【少なくともこの穴から通じる巣は安全です」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「そうか、あのディノス、やんちゃがすぎてどうしたものかと思っていたが」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「まさかそんなことになっているとは」
リゼリント:「やんちゃしすぎだよ、ほんと……」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「(ディノスがいなくなった時点で依頼しようかと思っていたのだが、渋っているうちに被害が拡大したのは黙っておこう)」
ルアン:「えらい目にあったんだよほんと・・・」グレイリンクスなでなで
ホロケー:「本当よ、まったくー」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「魔物と言われているが、家畜化できるものもいる。わしはその可能性を追い求めたくてな……っと、報酬だったな」
フィロ:「そうそう!それが一番大事よ!」
ニコラウス:「応援したい理想ですが、新規の生き物きたら今度から教えてくださいね」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「冒険者5人、追加ボーナス一頭、締めて6000Gだ。もってけドロボー!」
ニコラウス:1200なかなか
ルアン:「んふふー報酬報酬♪」リンクスなでー
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「わかったよ旦那。あんたたちが頼れる隣人だってことも分かったしな。これからは相談させてもらうぜ」
リゼリント:「泥棒じゃないけど持ってくねー」と受け散り
ホロケー:「報酬ありがとー!」
フィロ:「はい、まいどあり」
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「これからもよろしくな!」 というわけで『望まれざる隣人』セッション終了です。

セッション後処理

GM:お疲れ様でした!
ルアン:「リンクスちゃん大事にしてあげてねーーー!」
ルアン:お疲れさまでした!
ハー・ヤーイ・ハシリーヤ:「あたぼうよ!」
リゼリント:お疲れ様でした
GM:では、戦利品などを振ってみましょう
ホロケー:お疲れ様でしたー
フィロ:お疲れさまでした
GM:アリ3匹、ディノス2部位で計5回ふってください
リゼリント:ディノスの出目13、初期では無理だなあ……
ニコラウス:ありふります
ニコラウス:2d→ 8[3,5] → 8
ホロケー:アリ振りますー
フィロ:アリ振る
ホロケー:2D6 平目 → 8[5,3] → 8
フィロ:2d6 アリ剥ぎ取り→ 6[2,4] → 6
ルアン:では胴体を
GM:甲虫の殻が三つ
ルアン:2D6→ 6[1,5] → 6
リゼリント:では頭を
ニコラウス:踏まれてぐちゃぐちゃ疑惑な戦利品
リゼリント:2d6 ディノスはぎ取り → 8[3,5] → 8
ニコラウス:鱗出た
リゼリント:鱗取れた
GM:亜竜鱗1つ
GM:440G
GM:続いて、剣の欠片5個
GM:1人1D6振ってください
ルアン:1d6 → 5
リゼリント:1d6 剣の欠片→ 4
フィロ:1d6 かけら→ 2
ニコラウス:1d6→ 5
ホロケー:1D6→ 5
ニコラウス:中々の名誉
GM:名誉点21点
GM:アビスシャード3個
GM:あとはみなさん成長どうぞ
GM:選択した能力値の申告もしてください
ニコラウス:gr [3,3]->(筋力)
ホロケー:GR[1,5]->(器用度 or 知力)
リゼリント:Gr  [3,3]->(筋力)
ニコラウス:筋力
ホロケー:器用度!
ルアン:Gr[4,1]->(生命力 or 器用度)
ルアン:器用!
ニコラウス:これで腕輪なしで持てる
リゼリント:筋力
フィロ:gr[2,5]->(敏捷度 or 知力)
フィロ:知力
GM:あとは経験点か、少々お待ちください
GM:1人あたり1160点かな
GM:以上となります
ホロケー:ありがとうございますー
リゼリント:ありがとうございます

経験点と報酬

  • 経験点:1160
  • 報酬+戦利品(1人当たり):1288G
  • 名誉点:21
  • 奈落の欠片:3