討伐「妖精使いの少女」 GM:たぐっちゃん

討伐「妖精使いの少女」 GM:たぐっちゃん

2019年6月21日 4 投稿者: たぐっちゃん

討伐「妖精使いの少女」 GM:たぐっちゃん

導入

“導きの港”ハーヴェス王国の首都、“風と雨の女神”フルシルに守護された水の都・ハーヴェスのはずれに開店した冒険者の宿「導きの星亭」

魔動列車の新規路線の工事関係者などが移り住み、人も増え日増しに活気が増すエリアだが、その分冒険者への依頼や、依頼を目当てにやってくる冒険者であふれてた。

導きの星亭の主人で、自身も冒険者であるニコラウスは続々来る依頼や、新人冒険者の対応に追われていてた。

ニコラウス

今日もまた新たな冒険者が宿を訪ねてきた。

エルフの少女。
その胸元には様々な色の宝石が輝いていた。
妖精使いのようだ。

「人にやさしくしよう・・・」

そんなことをつぶやきながら、ニコラウスのいるカウンターに近づいてくる。

また新たな出会いと冒険が生まれる。

概要

新PCベリト = ベルクシュトレームの登場回になります。
PLさんの都合のいい日21日にあわせて開催できればと思います。

  • 募集人数:3~5人
  • 開催日6月21日
  • 募集締め切り:6月18日までにコメントください。
シナリオレスセッションを試せればと思います。

依頼で遊べるシナリオレスセッションを考えていければと思っております。

今回そちらを一部試させてください。

  1. 導入の冒険者の宿で「あなたがあなたに気づく表」を用いたPC同士のかけあい。
  2. 討伐相手をランダム表で選ぶ。
  3. 敵までの道中をカルゾラル魔動天使の「踏破」で行う。
  4. 討伐相手と戦う。

という流れになります。

今回はエントリー時にこちらの「あなたがあなたに気づく表」から一つ選んでそちらのタイトルを添えてエントリーしてください。導入でPCにそれを語ってもらえればと思います。
振ってもいいですし、なれるまでは選んでもいいです。

例:ニコラウス「あなたがあなたに気づく表」座右の銘は?

「私が座右の銘にしているのは、『極星のように人を導ける人になれ』です。」

「ハルーラの神殿で修行していたころに先輩から頂いた言葉なのですが、神官として冒険者の宿の主人としてこの言葉は大事にしています。

初登場のキャラは長めの自己紹介用意してもらえるとありがたいです。

討伐表や踏破はセッション時に案内します。

参加PC

ログ

GM:ではよろしくおねがいします
マキナ:お願いします
GM:今夜はベリトさんの登場回と
Kagura:よろしくお願いします
リゼリント:よろしくお願いします。
GM:シナリオレスセッションを試せればと思います
ベリト:よろしくお願いします
GM:宿から始めたいと思います
GM:ベリトさんは訪ねてきてくださる感じでお願いしていいですか
GM:他の方は最初からいてもいいですし
ベリト:じゃ、頑張って書いた文出しますね
GM:ベリトさん登場後にたずねてきてもOKです
GM:たのしみです
GM:では導入から
ベリト:ハードルあげないでw

導入

GM:“導きの港”ハーヴェス王国の首都、“風と雨の女神”フルシルに守護された水の都・ハーヴェスのはずれに開店した冒険者の宿「導きの星亭」
GM:魔動列車の新規路線の工事関係者などが移り住み、人も増え日増しに活気が増すエリアだが、その分冒険者への依頼や、依頼を目当てにやってくる冒険者であふれてた。
GM:導きの星亭の主人で、自身も冒険者であるニコラウスは続々来る依頼や、新人冒険者の対応に追われていてた。
ニコラウス:「依頼が多いのはありがたいんですけどね」
ニコラウス:新しく依頼書を貼りだします
GM:今ここのいる方ロールどうぞ
マキナ:メイドなので給仕を手伝っています
マキナ:「働いてないと落ち着かないので」
ニコラウス:「利用者さんなのにすみません」
ニコラウス:ありがたいです
リゼリント:「えーっと、こうやってキットから所定の動作で引き抜くとカードの魔力が発動する、っと……」腰につけたアルケミーキットの動きを確認
ニコラウス:「新しい依頼書もぜひ確認しておいてください」
クレア:「うーん、このお酒ってのはおいしいわね」と薄いお酒をちびちび飲んでます
GM:いいですね。最近復活したロール
GM:こんな感じ過ごしている皆さんですが
GM:そろそろ登場お願いしていいでしょうか。主役登場!

ベリト登場

ベリト:【4-3ずっと抜けないクセ】
魔導列車の汽笛が遠くに聞こえる。
痛む頭を抱え、冒険者の宿に続く道を歩くエルフが一人。

「いつっ」

また昨日もやってしまった。記憶がなくなるまで飲んでしまった。
自分からこうなるまで飲むわけではないが、勧められると飲んでしまう。
一旦飲み始めれば、もう最後(記憶が無くなる)まで飲み続けてしまう。
悪いクセだ。

初めて酒を飲み、飲み続け、そして生死の境をさまよった。
そんな時に出会った、ドワーフの言葉が思い出される。
『死ぬまで飲み続けるなんて!あんたの前世はドワーフだよ!あっはっは』
ドワーフに気に入られても1ガメルの得にもならない。

あれ以来、何かと付き纏われるあのドワーフ。
酔った勢いで結婚まで申し込まれたりもした。
「よりによって、なんでドワーフ、しかもアイツは・・・」

痛みを増してきた頭を抱えながら歩く。
行く先に「導きの星亭」の明かりが見えてきた。
素養のある人間にしか見えない”風の精霊”からの小言を聞き流しながら、
私は扉を押し開けた・・・。
GM:かっこいい!
ベリト:「こんにちは、もうこんばんわかな?」
GM:まだ午前中ですね
ニコラウス:「いらっしゃいませ」対応してくれるのはドワーフですね
ニコラウス:びっくりされるかも
ニコラウス:告白した人ではないですw
ベリト:「(またドワーフ・・・)はじめまして!わたしベリトといいます」
ニコラウス:冒険者の主人らしく首元の宝石とかに気づきますね
ニコラウス:「妖精使いさんですかね。冒険者の方大歓迎ですよ」
マキナ:「随分と飲まれたご様子ですね、サービスにお水はいかがですか?」
ベリト:「ありがとうございます」と出された水を素直に飲む
ニコラウス:ニコラウスの首元には導きの神ハルーラの聖印がゆれています
ニコラウス:教義と実益をかねて冒険者の宿やっています
ベリト:客に飲ませすぎない店だといいんだけど・・・
GM:「お名前きいてもいいですか。あと年齢もエルフの方は実際の年齢がわからなくて」
GM:自己紹介あればどうぞ
ベリト:「ごめんなさい、名前はベリト、髪で隠れてるけど、一応エルフよ」
ベリト:「年齢は成人したばかりと言っておくわ」
GM:いいですね
ニコラウス:「私はこの宿の主人でニコラウスといいます。冒険者もしているのでいつか一緒に事件にあたることもあるかもしれませんね」
ニコラウス:無理やりお酒を飲ますことはないです
ベリト:「そ、そうね。楽しみにしてるわ(ドワーフは懲り懲りなんだけど)」
ベリト:ドワーフはきらってるわけではなく、ちょっとニガテ程度です
ニコラウス:「初めての来店できんちょうされているかもしれませんが、皆さんいい方ばかりですよ」緊張の理由を誤解
ベリト:「他の冒険者も紹介していただけると嬉しいかな」
GM:メンバーさんに表の内容ふっていきやすくするために
GM:プロポーズ騒動に触れてもいい?
ベリト:どうぞw
ニコラウス:「もしかしてドワーフが苦手だったりします?」ちょっと遠慮気味にきいてきます
ベリト:「え?顔にでちゃってた?嫌いじゃないのよ?だた、ちょっと前に、色々あって」
GM:かくかくしかじかでいいですよ
ベリト:「カクカクシカジカマルマルウマウマ」
GM:ばっちりですw
ニコラウス:「それはドワーフ警戒してしまいますね。ここにはいろいろな方がいますが、こちらのクレアさんは最近まで祠で眠っていたんですよ」とクレアさん紹介
GM:うまく「もっともつらかった思い出は?」につなげてもらえるとありがたく

クレア「もっともつらかった思い出は?」

GM:これはクレアさんの語りですね
クレア:はーい
クレア:「えーと、私はクレア、らしいわ。最近まで祠で眠っていたんですけど、目を覚ましてみたら名前以外はほとんど覚えていないの。
クレア:目を覚まして、何も覚えてないことと……元の私を知らない人ばかりだったのは辛かったけど、なんとかやっていくしかないから」
ベリト:目を覚まして・・・あなたはティエンスですか?」
GM:良い反応
クレア:「ええ。今はこの時代で生きていくために、冒険者をやろうかなって」
ベリト:「一人は辛いものね」
クレア:「店の外に、かわいい相棒がいるの。一人と一頭なら、頑張れる」
GM:クレアさんは宝玉はどこに浮かんでいますか?
クレア:額と右手に、青井のは
クレア:ミス、青いのがあります・
GM:了解です
GM:ベリトさんにそう答えるクレアさんの額には確かにティエンスの証の宝玉が浮かんでいますね
GM:みごとな「あなたがあなたに気づく表」ありがとうございます

マキナ「未来の自分に残したい言葉」

GM:起きたら未来だったというとこで、マキナさんの「未来の自分に残したい言葉」につなげられますかね
マキナ:やってみましょう
GM:お願いします
マキナ:「未来ですか、我々ルーンフォークはいつ機能停止するか分からぬ身、一日一日を大切にしたいですね」
マキナ:「その前に、もう一度お嬢様にお逢いしたいのです」
ベリト:「過去がない人と未来を心配する人か・・・」
GM:いい感じにつながりそう
マキナ:「出来れば、私はカタンお嬢様を看取るまで生きて欲しい・・・贅沢な願いですけどね」
クレア:「未来か、そのうち考えないとね…」
マキナ:これが未来の自分へ残したい言葉かな
GM:了解です

リゼリント「もっとも影響を受けた物語の名は」で

ベリト:「未来は台本のない物語みたいなものですからね」
GM:良いパス来た
ニコラウス:「私達がこなしている依頼ひとつひとつもいつかまとめられてものがたりになるのかもですね」
ニコラウス:「リゼリントさんはなにか影響を受けた物語やエピソードはありますか」
リゼリント:「影響受けた物語、っていうと、『シュトゥルム・カイザーリッター(嵐の皇帝騎士)』かなあ、やっぱり」
GM:かっこよさそうな物語来た!
クレア:響きがもうかっこいい!
ベリト:シュバってるね!
リゼリント:「名君と言われる皇帝が騎士の三男坊になりすまして市井に繰り出して悪を退治するって物語なんだけど、その立ち回りがすごくてね……」
ベリト:読んだことあるかも・・・紋章みせるんだよね?
リゼリント:「うちの実家は剣術やってるんだけど、ひたすらパワー重視で野暮ったいというか……非力な私には全く向いてなくて」
GM:それはあばれていそうだw
マキナ:「たしか仕えている屋敷の書斎にもありましたね」
クレア:「へえ、そういうものがあるのね」
マキナ:「そんなお話だったのですか、殿方はそういう話がお好きですよね」
リゼリント:「皇帝騎士みたいに華麗、とまではいかなくても力に頼らない立ち回りはできたらいいな、って思ってるかな」
マキナ:「女性でもそれはおなじということですか」
ベリト:「確かに大タチまわりがウリみたいなところありますもんね」
ニコラウス:「戦闘中のリゼリントさんは充分頼りになしますよ」
ベリト:いつの間にか距離が近づいているとw
ニコラウス:なりますよだ
リゼリント:「堅い相手だとちょっとあれだけどね……特に魔動機系とか苦手」
GM:いい感じ。みなさん「あなたがあなたに気づく表」ありがとうございます

踏破

GM:で本編なのですが、シナリオレスは本来参加人数やレベル平均でランダムにきめるのですが
GM:choice[ダガーフッド×2,アローフッド×2,ゴブリン,サーベルフッド,フーグル,グレムリン]
<BCDice:GMレス蛮族森>:SwordWorld2.5 : (CHOICE[ダガーフッド×2,アローフッド×2,ゴブリン,サーベルフッド,フーグル,グレムリン]) → ダガーフッド×2
GM:こんな感じ
GM:今回は事前に決めています
GM:先ほど張り出された依頼書ですね
GM:近隣の森で蛮族をみかけたので対峙してほしいという内容のものです
ベリト:「あら、今日は剥ぎ取らないでいいのね」
GM:詳細を読みますか?
ベリト:手にとって声にだして読んでみます
GM:良い人だ
GM:みなさんで情報を共有できる感じで
GM:森に狩りに出ていた人が見かけたみたい
GM:人より小さな蛮族と、トカゲのような顔をした蛮族をみかけたそうです
GM:トカゲは杖ももっていたみたい
ベリト:まもちきふれますか?
リゼリント:「トカゲっぽい蛮族……?」
マキナ:「お掃除の依頼ですね、お受けしましょう」(銃を持ちだしながら
クレア:「とかげ…?」
GM:依頼人がいないのでこの情報だけの判定になります
GM:-1で判定をどうぞ
ベリト:2d6+1+4-1 魔物知識判定
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+1+4-1) → 7[2,5]+1+4-1 → 11
マキナ:2d6+2+1-1 魔物知識
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+2+1-1) → 8[6,2]+2+1-1 → 10
クレア:2d6-1 魔物知識
<BCDice:クレア>:DiceBot : (2D6-1) → 4[1,3]-1 → 3
マキナ:2d6+2+1-1 魔物知識 小さいほう
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+2+1-1) → 8[3,5]+2+1-1 → 10
GM:2回お願いします
クレア:2d6-1
<BCDice:クレア>:DiceBot : (2D6-1) → 4[2,2]-1 → 3
ベリト:2d6+1+4-1 魔物知識判定
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+1+4-1) → 8[6,2]+1+4-1 → 12
GM:どちらも有名だ
リゼリント:2d6-1 平目魔物知識 トカゲ?
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6-1) → 4[2,2]-1 → 3
ベリト:「これは・・・」
GM:小さい方はゴブリンみたい
GM:弱点も分かります。魔法ダメ+2
GM:トカゲの方はフーグルマンサー
GM:こちらは弱点はわかりませんね
GM:実際にあったら再判定OKです
GM:「依頼書みてくれたのかい。村に近い場所のようでね。心配して以来持ち込まれたんだよ」
ベリト:「できれば、倒しておきたいわね」
GM:「さっそくいそがしくなってしまうね」依頼受けてもらえるとありがたいです
リゼリント:「空飛ぶトカゲかー……しかも魔法も使うあたり、かなり厄介そう」
ニコラウス:「森の中を探索してもらう感じだから、依頼人から人数分×3日分の保存食ずかっているよ」
マキナ:「お嬢様とは関係なさそうですが、村の平穏のためにお受けいたしましょう」
クレア:「あ、ありがたいわね」
ニコラウス:「報酬は800ガメルということだ。どうだい」
ベリト:「私の今月の標語は「人にやさしく」なのよ!」
GM:あれ標語だったのかw
ベリト:そうですw
GM:かわるのかw
ベリト:かえようかな?w
ベリト:「私は受けるは、メイドさんも受けるし、あとの二人は?」
リゼリント:「あご付きは助かるなあ。色々出費が嵩んじゃって……」
クレア:「もちろん受けるわ。何かを思い出すきっかけになるかもしれないし」
GM:ありがとうございます
GM:ではテーブルかえます
GM:探索部分を『踏破」というルールで処理します
GM:朝、昼、夜、谷中と4回ランダムイベントを処理して踏破ポイントをためていくかんじです
GM:この4回のうち1回を睡眠と食事にあててください
GM:じゃないとペナが起きます
リゼリント:ふむふむ
GM:GMコマで進行を管理しますね
GM:いま午前中で進行度0です
ベリト:大、大、大、大、ってみんな知らんわなw
GM:で各時間帯で魔法使ったり薬草つかったり
GM:みなさん各1回行動できます
GM:あっフェアリーつかっておいていいですよ
ベリト:フェアリーウィッシュですか?
GM:ですね
ベリト:フェアリーウィッシュいきます
ベリト:2d6+2+4 フェアリーテイマー魔法
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+4) → 6[1,5]+2+4 → 12
GM:1日の魔法や種族特技は朝リセットされます
ベリト:MPも1日で全開ですか_?
GM:寝ればですね
GM:では1日目朝
GM:choice[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]
<BCDice:GMレス蛮族森>:SwordWorld2.5 : (CHOICE[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]) → 妖精のいたずら
GM:妖精のいたずら
GM:妖精たちが森の中で踊っています。一緒に踊ろうと誘ってきます。
GM:精神抵抗12の判定をしてください。
GM:成功すると無事断れて、踏破度+1D
GM:失敗したら一緒に踊ることになり、時間だけ経過します。
GM:これは全員成功が条件です
ベリト:2d6++3+1 精神抵抗
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6++3+1) → 7[4,3]+3+1 → 11
リゼリント:2d6+3+2 精神抵抗
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+2) → 10[4,6]+3+2 → 15
クレア:2d6++3 精神抵抗
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6++3) → 11[6,5]+3 → 14
マキナ:2d6+4 精神抵抗
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+4) → 4[1,3]+4 → 8
GM:お2人は踊りだします
ベリト:妖精語で説得できないかしら
GM:どんな踊りかは決めてOKです
ベリト:「やめて?やめて?」
GM:いいですね。
マキナ:妖精見えないんだけどなんか雰囲気で踊りだします
GM:説得してくれて妖精魔法判定次第で状況変えてみます
リゼリント:「わっ、ふたりとも大丈夫?」
GM:そうかルーンフォーク
ベリト:とりあえず、説得を試みよう
GM:妖精「楽しいよ!一緒に踊ろうよ!」
ベリト:「今いそがしいの?」
ベリト:2d6+2+4 フェアリーテイマー魔法
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+4) → 10[6,4]+2+4 → 16
GM:おー高い
GM:見事!
クレア:「あらあら、いたずらっ子ね」
GM:妖精「楽しいのに」といいつつも踊りやめてくれます
GM:見事だったので半分振ってもらおう
GM:ここはベリトさんだな。
ベリト:「やれやれだわ」
GM:1d3を
ベリト:1d3
<BCDice:ベリト>:DiceBot : (1D3) → 2
GM:妖精「また遊ぼうね」
マキナ:「なんかよく分かりませんが先に進みましょう」
GM:では朝何かしたい方いますか
GM:基本探索など出来る場所は案内しますので
マキナ:特になし
GM:魔法か薬草と考えてください
GM:何もなければ無しでコメントください
クレア:なしです
ベリト:朝はないわね
GM:大丈夫かな
リゼリント:特にないです
GM:ではお昼
GM:choice[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]
<BCDice:GMレス蛮族森>:SwordWorld2.5 : (CHOICE[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]) → 泉の森
GM:泉の森
GM:綺麗な泉が沸く場所を見つけました。身体を休めることができそうです。薬草も生えています。
GM:薬草の採集に挑戦できます。
GM:探索判定達成値10で救命草3本、探索判定達成値12で追加で魔香草1本手にはいります。
GM:奥への道も見つかり、踏破度+1D
GM:レンジャーかスカウトさんだけ挑戦できます
クレア:挑戦します!
GM:どうぞ
ベリト:探索判定はってないや
GM:あっすみません
リゼリント:「蛮族がいなきゃ泳いでみたいところだけど……ここは我慢して」
リゼリント:と気持ち切り替えて探索します
ベリト:2D6+5 探索判定
<BCDice:ベリト>:DiceBot : (2D6+5) → 10[6,4]+5 → 15
GM:追記しておきました
GM:ベリトさんやりて
リゼリント:2d6+3+2  探索
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+2) → 3[1,2]+3+2 → 8
クレア:2d6+1+3 探索
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6+1+3) → 5[3,2]+1+3 → 9
ベリト:戦闘で見ててwファンブルしまくるからw
GM:おしい
リゼリント:一番低かった……
GM:救命草3本か魔香草1本選んでいいです
ベリト:「レンジャーだもの、森は得意よ」
GM:エルフぽくていい感じ
ベリト:救命草にします。命あってのものだね
リゼリント:「おっかしいなあ……勘が鈍っちゃったかなあ」
GM:踏破度はダイス振る機会なかったマキナさんで
GM:1d6です
マキナ:1d6
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (1D6) → 6
GM:案内してなかった
ベリト:ベネ!
クレア:「うーん、植物の感じもなんか違う…」
GM:今回村近くの森なので目標Aです
GM:リーチ
ベリト:そう移動するのか、個別かとおもちゃった
ベリト:たいまつに火をつけよう
GM:達成したら時間帯関係なく昼間に見つけたと処理します
マキナ:「あちらに道がありますね」
GM:睡眠などの処理は飛ばしてOKdす
クレア:「すごい!」
ベリト:「さすが、できるメイドは違いますね」
GM:うまくいけば今度で決まる!
GM:choice[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]
<BCDice:GMレス蛮族森>:SwordWorld2.5 : (CHOICE[迷いの森,動物の小道,泉の森,行き止まり,蜂の巣,妖精のいたずら]) → 蜂の巣
GM:あっ
ベリト:戻りたくないw
GM:蜂の巣
GM:森の中では虫の音もいっぱい聞えます。うっそうとした森を進んでいると蜂の巣が上から落ちてきました。
マキナ:出たな
リゼリント:アンファングで猛威を振るった蜂の巣だ
GM:冒険者レベル+敏捷で、目標10の判定をしてください。
GM:成功すると無事逃げられて、踏破度+1D
GM:失敗したら蜂に刺されて2d6の物理ダメージ。時間も経過します。
GM:がんばれー
ベリト:2d6+2+2
<BCDice:ベリト>:DiceBot : (2D6+2+2) → 8[2,6]+2+2 → 12
GM:各人です
マキナ:2d6+3+2
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+2) → 6[3,3]+3+2 → 11
クレア:2d6++2
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6++2) → 9[6,3]+2 → 11
リゼリント:2d6+3+3 回避ー
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+3) → 9[6,3]+3+3 → 15
GM:おーおみごと
ベリト:[
GM:蜂は明後日にいきました
ベリト:「キャーハチー」
GM:これ殺意高めのイベントなのにお見事!
クレア:「わっちょっ、あっち行ってあっちっ」
GM:1で踏破なので
ベリト:未来に行ったw
リゼリント:「噂ではそこらの蛮族より恐ろしいという蜂……助かったー」
GM:花を探して未来へ

蛮族戦

GM:時間軸がおかしくなるのですがシナリオレスは遊びやすさがうりなので
GM:明るいうちに蛮族をみつけられます
GM:小さいのが2匹、トカゲみたいのが1匹いますね
GM:トカゲはもう一度魔物OKです
ベリト:「あの、とかげは」
ベリト:2d6+1+4 魔物知識判定
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+1+4) → 7[3,4]+1+4 → 12
ベリト:「とかげね」
GM:おしい
マキナ:2d6+2+1 魔物知識
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+2+1) → 9[6,3]+2+1 → 12
GM:おしい2
クレア:2d6+1+3 ライダーでの判定
<BCDice:クレア>:DiceBot : (2D6+1+3) → 12[6,6]+1+3 → 16
クレア:みゃああああああああああああああああああああ
GM:弱点はライダー関係ないですね
マキナ:ライダーでは看破出来ない悲しみ
クレア:かなしい
GM:汎用蛮族語など分かる人います?
マキナ:話せますね
ベリト:私もノシ
GM:ならすこしきこえるようにしよう
GM:「まだいろいろしらべるのですか」「ここは村も近いしいい拠点ができそう」とかいってますね
GM:斥候的な立ち回りなのかも
GM:フーグルマンサーがリーダーみたい
ベリト:「ここに蛮族の拠点を作る予定みたいね。」
GM:基本シナリオレスは不意打ちとか無しで処理するので
GM:良いセリフとか言っていいですよ
マキナ:「残念ながら、それは無理ですね」
GM:「だれゴブ!」
クレア:「さくっと、止めさせてもらうわ!」
ベリト:「「やさしい月間」に蛮族は含まれないのよ!」
GM:「命令は完遂させてもらうグル」
マキナ:「お掃除に来たしがないメイドです」
GM:「丁寧にどうもゴブ」
リゼリント:「何を言っているかわからないけど、放ってはおけない……かな」
GM:ということで先制おねがいします
マキナ:「掃除されるのはあなた達ですけどね」
クレア:2d6+1+2 先制
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6+1+2) → 6[3,3]+1+2 → 9
ベリト:「ちょっと、マキナさんしゃべれないのに名刺交換しないでw」
GM:先制は11
ベリト:2d6 平目
<BCDice:ベリト>:DiceBot : (2D6) → 4[1,3] → 4
リゼリント:2d6+3+3  先制
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+3) → 7[6,1]+3+3 → 13
GM:おみごと!
ベリト:だんだんダイス目悪くなってきてるであろ?
GM:みなさんの先制です
GM:配置どうぞ
GM:騎獣いたら本人と同じタイミングで動かしてくださいね
クレア:はーい
GM:敵は全固定
リゼリント:「トカゲを早くなんとかしたいところだけど、ゴブリンが壁になってるかー……」
GM:真語3持ち
GM:まだとんでないです
マキナ:乱戦形成前なので後衛に攻撃出来ますよね?
GM:あータカの目的な意味で
GM:射程は足りてる?
ベリト:「炎の妖精ではとどかないわね」
マキナ:30mなので足りてるはず
GM:射程が足りているならOKです
GM:なら行動順は相談したほうがいいですね
マキナ:出来れば回復に回る前に、フーグルマンサーに一発撃ちこみたいのですがどうでしょう?
ベリト:自分はリゼさんにストーンガードを
GM:いまならできますね
GM:前衛より先に動けばOKとします
GM:クレアさん馬は連れてきていない?
クレア:
クレア:うーん、どうしよう。連れてきていたことにすることってできますか…?
クレア:完全に言うのを忘れてました
GM:いいですよ
クレア:ありがとうございます
GM:導入でそとにいるといわれていたので
GM:コマ作りますよね
GM:休憩入れますか
GM:5分くらい
マキナ:いいですよー
クレア:すみません
GM:45分再開とさせてください
リゼリント:わかりましたー
ベリト:
GM:時間になりました
GM:再開させていただきます
ベリト:ラストスパートです
GM:馬もいつという方向で再作戦立ててください
マキナ:あと、ゴブリンにパラミスもかけたいので先に動いてしまってよろしいですか?
クレア:はい!
クレア:どうぞ!
リゼリント:わかりましたー
ベリト:
マキナ:ありがとうございます
マキナ:では
GM:欠片埋めてないからダメこわい
マキナ:補助動作でターゲットサイトとキャッツアイを宣言
マキナ:さらにパラミスをゴブリンAに
GM:いろいろできる
マキナ:クリティカルバレットを宣言、フーグルマンサーに射撃攻撃
マキナ:2d6+6+1+1 命中
<BCDice:マキナ>:DiceBot : (2D6+6+1+1) → 5[3,2]+6+1+1 → 13
GM:あたり
マキナ:k20+2+2+1@9
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : KeyNo.20c[9]+5 → 2D:[6,1]=7 → 5+5 → 10
GM:魔法ダメめ!
GM:痛い
GM:次の方どうぞ
マキナ:「仕留め損ねましたか」
ベリト:じゃ、次私で
マキナ:おわり
ベリト:アヴェルスにストーンガードを!「人<馬」
ベリト:2d6+2+4 フェアリーテイマー魔法
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+4) → 2[1,1]+2+4 → 8
GM:ゴブリンAは回避減少中
ベリト:ちょw
GM:あら
リゼリント:予告通り出目が徐々に…・・
ベリト:「調子が上がってきたわ・・・」
ベリト:終了
GM:あれは予言だった
GM:次の方どうぞ
GM:どんどんいきましょう。残り1時間
リゼリント:射程10mのダガーでは追い打ち無理か、無念
ベリト:クレアとアヴェルスは今魂抜けてるから
リゼリント:では
リゼリント:補助動作でガゼルフットを発動し、10m前進して接敵
GM:きたな
リゼリント:ゴブリンAに囮攻撃仕掛けます
リゼリント:2d6+3+3-2 レイピア囮攻撃命中
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+3-2) → 8[4,4]+3+3-2 → 12
GM:命中
リゼリント:k8[9]+3+2+2 レイピア囮攻撃ダメージ
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : KeyNo.8c[9]+7 → 2D:[1,2]=3 → 0+7 → 7
GM:まだ大丈夫
リゼリント:「大振りのせいか、当たり所が……」
リゼリント:以上です
GM:クレアさんどうぞ
クレア:はーい。アヴェルスに乗って前線に移動します
GM:どうぞ
クレア:あ、違う。これ、乗って終了…?
GM:のっていたことにしていいです
GM:ライダー慣れてないから
クレア:ありがとうございます。では、馬に乗って【高所攻撃】をゴブリンAへ!
リゼリント:ライダー技能持ちなら、補助動作で1回乗るか降りるかできたかな
クレア:2d6+4
<BCDice:クレア>:DiceBot : (2D6+4) → 8[3,5]+4 → 12
GM:あたり
クレア:K20@10+4+1+1
クレア:K20@10+4+1+1
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : KeyNo.20c[10]+6 → 2D:[4,4]=8 → 6+6 → 12
GM:おちた
ベリト:そっちかw
GM:さすがに位置が違うBへの馬の攻撃はできません
ベリト:先入観でB攻撃だとおもってたw
GM:こちらいきます
クレア:弱ってるのから潰したかった
GM:BはAの仇とクレア攻撃
GM:回避をどうぞ
クレア:2d6+1+2
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6+1+2) → 5[3,2]+1+2 → 8
GM:あたり
ゴブリンB:2d+2 体当たりダメージ
<BCDice:ゴブリンB>:SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 10[5,5]+2 → 12
GM:がんばった
ベリト:「クレアァァァ!」
クレア:「だ、だいぶ痛いんだけど!?」5点弾いて7点通します
GM:マンサー飛んで
GM:ランダムで行こう
GM:1d4
<BCDice:GM>:DiceBot : (1D4) → 1
GM:リゼさん
GM:精神抵抗どうぞ
リゼリント:こ、こい
GM:エネルギーボルト
GM:杖から魔法の矢が飛びます
リゼリント:2d6+3+2 精神抵抗
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+2) → 7[5,2]+3+2 → 12
GM:半減
フーグルマンサー:k10[13]+3 エネルギーボルト
<BCDice:フーグルマンサー>:SwordWorld2.5 : KeyNo.10+3 → 2D:[3,6]=9 → 5+3 → 8
GM:4ダメです
GM:そちらどうぞ
GM:乱戦なので銃は使えません
リゼリント:「いったあ……鎧で防げないから魔法は厄介だなあ、ほんと」
GM:Bおとせば奥にも送り込めるし銃も打てますね
ベリト:ふぇ?ターゲティングあっても?B狙えない?
GM:順番大事!
マキナ:ターゲッティングありますよ
GM:マンサーですねねらえないのは
クレア:物理担当のクレアが先に行こうか?
ベリト:じゃ、魔法弱いコブに私からがいいかも
GM:先ほどの戦術はダメという感じ
マキナ:マンサー狙うには鷹の目必要ですね
クレア:あ、そっかお願いします
GM:弱点抜いてますね
ベリト:ファイヤボルトでゴブBを
ベリト:2d6+2+4 フェアリーテイマー魔法
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+4) → 9[5,4]+2+4 → 15
ベリト:うし
ベリト:ダメふっていいかな?
GM:ぬけました
GM:どうぞ
ベリト:「炎の精霊さんGO!」
ベリト:k10[10]+2+4 ファイアボルト
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+6 → 2D:[5,2]=7 → 3+6 → 9
GM:痛い
GM:追加のって9
GM:いたい
GM:前衛のどちらかにおとしてもらって
GM:銃でマンサーもいいかもですね
クレア:リゼリントさんお願いしてもいいですか?
ベリト:ですね
GM:死にかけB
GM:手数が多いクレアさんはいいかもですね
リゼリント:わかりました
GM:リゼリントさんは確実にあててくれそう
ベリト:(フリだからね)
リゼリント:ではゴブリンBへ通常攻撃を
リゼリント:2d6+3+3 レイピア命中
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6+3+3) → 9[3,6]+3+3 → 15
GM:あたり
リゼリント:k8[9]+3+2 レイピアダメージ
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : KeyNo.8c[9]+5 → 2D:[1,5]=6 → 2+5 → 7
GM:落ちました!
GM:お見事!
リゼリント:「これで塞ぐものは排除できたかな。あとは……」
マキナ:ここは攻めた方が良さそうですね
ベリト:「とかげだけね」
クレア:「よし、じゃあ行ってくる!」
クレア:アヴェルスに乗ったまま前進!
GM:こい
GM:飛んで回避上っているんだぞ!
クレア:いけっ、私のスピアーっ!
クレア:高所だからちょうどいい位置にいるんじゃー!
ベリト:「落ちろカトンボ」
クレア:2d6+4+1+1-1 (スピアの命中―1忘れてました恥ずかしい)
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6+4+1+1-1) → 3[2,1]+4+1+1-1 → 8
GM:違う世界の人だw
クレア:出目えええええええええええ!
GM:よけた
クレア:行けー、アヴェルス! ひづめでなぐるだ!
アヴェルス:2d6+3 命中
<BCDice:アヴェルス>:SwordWorld2.5 : (2D6+3) → 5[2,3]+3 → 8
GM:落ちないかトンボ
GM:よけた
ベリト:だめだ、マキバオー思い出すw
GM:これで銃よければブラストタイム
リゼリント:「空飛ぶだけあって、あのトカゲ素早いなあ……」
GM:1ラウンドだけですがw
マキナ:撃ちますかー
GM:奇跡よ!
マキナ:ターゲットサイトを発動
マキナ:クリティカルバレットでマンサーを射撃
ベリト:「あの子ならやってくれる」
GM:飛んでいるの相殺された
マキナ:2d6+8 命中
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6+8) → 6[3,3]+8 → 14
GM:あたり
GM:ダメで1ゾロ
ベリト:回せ?
マキナ:k20+2+2+1@9
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : KeyNo.20c[9]+5 → 2D:[5,5 3,1]=10,4 → 8,2+5 → 1回転 → 15
ベリト:よし1
クレア:いぇええええええいいい!
GM:
GM:落ちました
マキナ:宙を舞うフーグルにヘッドショット
リゼリント:吹き飛んだ
GM:憧れのブラスト
ベリト:「さすができるメイドさんね」
GM:空に閃光が走ったレベルで落ちました
マキナ:「二度は討ち漏らしませんよ」
GM:お見事でした

エンディング

GM:会話でもわかる通り他に蛮族はいなさそうです
GM:依頼達成という感じ
ベリト:「偵察・・・ということかしらね」
GM:ひろって次のシナリオとかもありという感じで
マキナ:「まだ頭領がいそうな感じですが、また同じことをするだけですよ」
GM:回した人のセリフは怖い
GM:ではこういう報告も宿でしていただいた感じで
ベリト:「あの子、銃もつと性格かわるわね」
クレア:「あれは…かっこいいね」
ニコラウス:「おつかれさまです」
リゼリント:「銃は威力あるなあ、やっぱり」
ニコラウス:「うまくいったようですね」
ベリト:「馬店内にいれちゃだめよ?」
マキナ:「はい、これで森もきれいさっぱりになりました」
ベリト:「そこのメイドさんがね・・・もうね・・・」
クレア:「あの子は外でおいしい草を食べさせてるところ」
ニコラウス:「ベリトさんはじめての冒険どうでした?」
ベリト:「本日の教訓《メイドには手をだすな》かしら」
マキナ:「お嬢様のお部屋の掃除よりは楽でしたよ」
ベリト:「なかなか刺激的な冒険だったわ」
ニコラウス:「よかったです。あなたの妖精魔法これからも役立ててくださいね」
GM:ギルドへの登録もしてくださったみたい
ベリト:「任せて頂戴!(1回ファンブルしたのは隠し)」
GM:ベリトさんの今後がどうなるか、ドワーフとの恋の行方はというところで今夜は終了です
GM:ありがとうございました
ベリト:おつかれさまでした
マキナ:お疲れさまでした
リゼリント:お疲れ様でした
GM:戦利品はゴブが2回、マンサー1回
ベリト:「恋」じゃないんだなぁこれがw
GM:それぞれトドメの人にお願いしていいですか
GM:埋め込んでいなかったのですが落ちていたということで
GM:ベリトさんは名誉点を3D6おねがいします
GM:剣の欠片です
ベリト:3D6
<BCDice:ベリト>:DiceBot : (3D6) → 9[1,4,4] → 9
GM:名誉点9
リゼリント:2d6 ゴブBはぎ取り
<BCDice:リゼリント>:SwordWorld2.5 : (2D6) → 4[3,1] → 4
マキナ:2d6 フーグル剥ぎ取り
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : (2D6) → 7[6,1] → 7
GM:武器30
GM:鱗30
クレア:2d6 ゴブA剥ぎ取り
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : (2D6) → 6[1,5] → 6
GM:武器30
GM:みなさん成長もどうぞ
マキナ:gr
<BCDice:マキナ>:SwordWorld2.5 : [1,1]->(器用度)
クレア:gr
<BCDice:クレア>:SwordWorld2.5 : [3,2]->(筋力 or 敏捷度)
マキナ:器用
クレア:筋力で
ベリト:Gr
<BCDice:ベリト>:SwordWorld2.5 : [1,1]->(器用度)
リゼリント:むう、どっちも重要だなあ……ここは生命力で
ベリト:き・・・器用度で(選べない
GM:ではみなさんコマ保存したら終了といってください
GM:保存してログ取ります
ベリト:コマ保存とは_
クレア:保存!
マキナ:保存しました
GM:コマを右クリック
ベリト:はい
GM:詳細で保存です
ベリト:zipがおちてきました
リゼリント:保存できました
GM:次遊ぶときはそのデータを部屋にドロップするとキャラが現れますので
GM:みなさん保存OKですね
GM:では部屋もログ取ります
GM:ありがとうございました
ベリト:おつかれさまでした
GM:導入みなさんお見事でした!

経験値と報酬

  • 経験値:1070点
  • 報酬:900ガメル(調整ボーナス込み)
  • 名誉点:9点