セッション情報

セッションリスト

導入

トーマの研究の成果として、干支の石の力を引き出す腕輪が完成した。

干支の石に関わる事件に関しては、対抗するためこの腕輪が開拓者たちに貸し出されることも決まった。

もともとこの技術は、干支の石が見つかった遺跡でみつかった2つのベルトの技術を応用したものらしい。

そのベルトは干支の石が強奪された際に、ともに行方がわからなくなったらしい。

そんな ...

開拓村にできた放送局。
その放送に耳を傾ける犬たちから助けを求める女性の声が聞こえてくるという報告が多く寄せられていた。
原因を調べると、10面体の氏族からその声が送られていることが分かった。
10面体の氏族はいま2つに分かれて争いをしているらしい。
その仲を修復するため、氏族に伝わる伝統の儀式を復活させたいと助けてくれる人がいないかと声を送り続けていたらしい ...

岬の塔で発掘されたマスターワーク。
そのなかには修理すれば使えるものがいくつかあった。

しかしヒトの時代の失われた技術。
修理できる技術者を探すことは困難と思われたが、一人の天才アーティザンの噂を聞きつける。

その天才アーティザン、トーマ・シェルティは完成間際の研究がうまくいったら協力できる。
開拓者たちにもその研究を手伝ってもらえないかと打診 ...

導入

開拓者ギルドでの集まりの帰り道、ブランカと開拓者仲間は、慌てた様子のビション・フリーゼ の女性の女性と出会う。
必死にあちこちを走り回りながら
「娘をみませんでしたか?」
と聞いて回っているその姿はずっと走り回っていたようで、白い毛並みは薄汚れてしまっていた。

その女性はブランカたちにも声をかけてきた。
そのとき女性がブランカの鞭に気付く。 ...

 

導入

就任式も無事終わり、村の二つの塔の活用が開拓村の方針として挙がっていた。

村の拠点となる「岬の塔」

村を支える力を秘めた「八角塔」

さらなる開拓の礎となるはずだ。

掲示板URL
今回の依頼

村の2つの塔に関わるPBWの依頼3つと、通常の依頼1つになります。

初回で皆さんすばらしいコメントくださったの ...

導入

開拓者の寮の管理人でもあるヒトの時代の精霊キキーモラ。
寮母としての役割もこなし、開拓者のサポート役にと活動していたのだが、ここ数日体調の不調を訴えていた。

ヒトの時代の精霊であるキキーモラの治療法がみつからないままどんどん症状は悪化していた。

コレクタ・パグがキキーモラを見つけた場所の情報を得た開拓者たちは、そのヒトの時代の施設を訪ねることにした。

全種族同盟を目指すヨーシャ姫。

猫至上主義者の狂信的カルト教団「タンタラス」の妨害で一時はマウ連合諸王国との会談が中断されていたが、マウからの使者を密かに王都に迎える形で進展を迎えようとしていた。

しかしその会談を妨害しようとする勢力もまた動き出していた。

緊張が高まるそんななかゴライアスは、迷子の子猫と出会う。

アークという名のつくヒトの遺産の情報を得た開拓者たち。

アークの遺産と知識を守る6面体を司る氏族の情報を得て、その氏族が住むという場所を目指す。

目指すは北の山脈。

近隣の村に伝わる伝説では、その山には仙人が住むとも、巨大な何かが飛んでいるとも言われているらしい。

開拓者たちを待ち受けるものは何か。

サウスロードでネズミによる襲撃が続いていた。

先日も行商人が襲われ命からがら逃げてきたらしい。
襲われた行商人の馬車は何か強い力で破壊されていた。

アジトだと思われる思われる洞窟で待ち構えるものは何か。

アナグマ襲撃の際にオータムが持ち帰った懐中時計のようなアイテム。
それはヒトの遺産の在り処を指し示すアイテムだった。

キキーモラに残されていた情報と照らし合わせることでひとつの場所が示された。
恐怖の森のある場所に、ヒトの遺産が残されているらしい。

それはアークと呼ばれるものにつながる物語の発端だった。