セッション情報

ウォーロックマガジン パグマイアの情報満載!開拓者必見のTRPG専門誌です!

ウォーロックマガジン パグマイアの情報満載!

ビアンカ
ビアンカ
海外TRPGを全面的にサポートする「ウォーロック・マガジン」
パグマイアもサポートしてくださっています!
日本語版の今後の展開の情報などもチェックできます。
次号の告知からわくわくします!
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
各号の記事の案内や感想などを紹介していければと思います。

目次

ウォーロックマガジンとは

ウォーロックマガジンは、グループSNEが発行する海外RPG紹介雑誌です。

『AFF 第2版』『T&T 完全版』『パグマイア』の最新情報や、サポート記事が掲載されています。

ウォーロックマガジンの入手方法

ウォーロックマガジンは、は注文配本(読者から注文してもらって手に入る)という本になります。
通販サイトで購入されるか、お近くの本屋でご購入下さい。

ウォーロックマガジンは、日本図書コードの分類コードc0076で、諸芸・娯楽の専門書扱いなので在庫有るかぎりはバックナンバーも手に入れやすいと思います。

楽しい記事ばかりです!

ウォーロックマガジンvol.5 パグマイア情報

『パグマイア』『AFF第2版』『T&T完全版』を強力サポート!

海外TRPGを全面的にサポートする「ウォーロック・マガジン」に新タイトルが登場!
ヒトのいなくなった地球で二足歩行の犬たちが活躍するファンタジーTRPG『パグマイア』がいよいよ始動です!今号にはキャラクター作成、リプレイ、ソロアドベンチャーなどに加えて、世界観のよくわかる短編小説を掲載。さらに付録として、初プレイにぴったりのフルカラーシナリオ小冊子付き!これであなたもパグマイア王国の一員に。
もちろん、『アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)』と『トンネルズ&トロールズ完全版(T&T)』のサポートも充実!
『AFF2e』については、この冬発売の『ヒーロー・コンパニオン』の先出し情報や、モンスターにスポットを当てた新リプレイの開幕などに注目!
『T&T』ではさまざまな異種族呪文をテーマにした4本のミニシナリオや、罠だらけの迷宮の冒険を描いたコミックなどを掲載。
その他コラムなどお役立ち記事と合わせて、たっぷりとお楽しみください!

ビアンカ
ビアンカ
記念すべきパグマイア情報初掲載号です!
入門記事に、デザイナーさんインタビューと本当に豪華です。
個人的には、小説「ヒトの冬」がとても参考になりました。
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
サクラちゃんがヨーシャ様LOVEになったきっかけの作品ね。
そうなの!ヨーシャ様とパンさんのやりとりがすばらしい!
開拓者の立ち位置や、ヒトの遺産や猫などとの関係などもわかってよかったです。
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
精霊のあつかいもパグマイアらしくて参考になりました。
パグマイアの発売に勢いつけてくれた1冊でした。

P004 紹介記事「善き犬作成のすゝめ」

実際にキャラメイクを進めながら、パグマイアのキャラメイク方法を案内してくださっている記事です。
こちらで作ったキャラクターがソロアドベンチャーの主人公です。

P010 デザイナーインタビュー

パグマイアのデザイナーエディ・ウェブ先生に、翻訳のベーテ・有理・黒崎 先生がインタビューされています。
なぜ犬をテーマにTRPGを作られたのか、どう世界観を構築されていかれたのかなどお話を聞くことができます。
D&D5eをもとに引き算でシステムを作られた話など興味深かったです。

P014 リプレイ「消えたダルメシアン」

ベーテ先生ガイドによるリプレイです。
実際のプレイの様子を知ることができます。
次に行動するキャラを指定するパグマイアならではの遊び方はこのリプレイでまず確認するといいかもです。

P026 ソロアドベンチャー「王立開拓団の一員になった日」

パグマイアの遊び方を紹介したソロアドベンチャーです。
ゲームブックのようにパラグラフを進めていくと、パグマイアのゲームシステムや世界観にふれることができます。
パラグラフは72もあり、戦闘も体験できます。

P160 小説「ヒトの冬」

ヨーシャ様はじめルールブックに掲載されたキャラクターが活躍する小説です。
内容も面白く、パグマイアの世界観を知るのに最適です。
ガイドをする際にとても参考になりました。

付録 パグマイア 1レベルシナリオ「ヴィッセン王の墳墓の秘密」

別冊子という形です。
すごく丁寧なつくりで、シナリオ自作の参考にもなると思います。
手ごたえあるので、基本ルールブックのシナリオ遊んで、そこで成長したキャラで挑戦という遊び方も楽しいかもです。

ウォーロックマガジンvol.6 パグマイア情報

海外TRPGを全面的にサポートする「ウォーロック・マガジンVol.6」の特集は“3大RPG新作情報”! パグマイア、アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版(AFF2e)、トンネルズ&トロールズ完全版(T&T)について、これから登場する作品&海外の情報をいち早くお届けします!
各タイトルの新作にまつわる記事もたっぷり。二足歩行の犬たちが活躍するパグマイアからは、キャンペーンシナリオ『パンの新米開拓者への手引書』冒頭の数章を紹介。またリプレイの名手秋田みやびも初登場します。
AFF2eからは『ヒーロー・コンパニオン』を大々的にピックアップ!
またT&Tアドベンチャー『コッロールの恐怖』の面白さを伝えるコミックと導入シナリオも掲載しています。 付録はセッションで重宝するパグマイアのガイドスクリーンとイチシアチブカード!
コラムに噺家の三遊亭楽天さんが初登場するなど、バラエティ豊かな記事をお楽しみください。

ビアンカ
ビアンカ
今回もパグマイアの情報充実していました!

ベーテ先生の書かれた巻頭のプレイガイド「善き犬の更なる開拓への手引書」は必見ね!
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
パグマイアを遊ぶ人たちへの素晴らしい応援メッセージでしたね
合間に入るヨーシャ様のコメントも最高です!
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
これからの商品展開情報も多くて、安心してどんどん遊んでいこうと思いました!

公式事前情報

告知動画


動画で分かった情報。
三遊亭楽天さんがパグマイアのリプレイでプレイヤーをされている。

P004 プレイガイド「善き犬の更なる開拓への手引書」

ベーテ先生の記事です。パグマイアをもっと深く、楽しく、円滑に遊ぶためのコツを紹介してくれています。
わかりやすく判定やロールのアドバイスをしてくれているだけでなく、楽しく遊ぶために参加者みんなのコンセンサスをとって遊ぼうなどのアドバイスもあり、とても素敵な記事です。

途中サーシャ様のコメントが入るのですが、公式動画の仲間の行動に突っ込みいれていて面白かったです。

P012 パグマイア最新情報

パグマイア関連商品の展開情報など紹介されていました。

パンの新米開拓者への手引書

ルールブックの中でも開拓者の必須テキストとして紹介されています。

パンが新米開拓者に心得を教えるという形で、実際にパグマイアを遊ぶコツなどが紹介されています。

Pan’s Guide for New Pioneersという原書を読んでいたのすが、とても面白かったので日本語版の発売本当にうれしいです。

動画も公開されています。

パンは絶対膝に矢を受けてレベル下がったんだと思うんですよね。

フィッチクエスト

パグマイアを題材にしたカードゲームです。

ヨーシャ様など開拓者になり様々なミッションに挑戦していきます。
動画見ながら遊んでみたいと思っていたので、日本での展開うれしいです!

モナーキーズ・オブ・マウTRPGルールブック

みんな大好き猫で遊べるルールブック。
洋書で読み進めていたのですが、日本での展開が決まりました!わーい!
マウはスパイものぽさもある楽しいシステムです。

パグマイアで猫を出すときのデータ作成にも役立ちそうで今から楽しみです!

本国での展開

パグマイアの本国の展開紹介されています。

Roll Of Good Dogs and Excellent Catsは私も読みましたが、とてもわくわくしました。
1レベルだけでなく4レベルのデータも掲載されているのがいいです。

パグマイアの物語

パグマイアは小説もあります。
世界観を知るのに小説はやはりいいです。
こちらも日本での展開あるようで楽しみです!

P014 リプレイ「古き口伝の謎を追え」

秋田みやび先生によるリプレイ。
昔話などを題材にしたパグマイアらしいリプレイです。

SNEさんのリプレイということでプレイヤーさんは非公開。
ゲン・ダックスフンドのプレイヤーさんは誰だろう(棒)

P026 ソロアドベンチャー「恐怖の宿屋」

ゼサン先生によるパグマイアのソロアドベンチャー。
ゲームとして面白いのはもちろんですが、リプレイの前日譚を描かれているので合わせて読むとさらにたのしいです。
お坊ちゃまに執事は大事ですね。

P038 プレイコラム「レッツ・プレイ『パグマイア』」

三遊亭楽天さんによるコラムです。
落語家さんなのでお話は当然上手なのですが、文章も読みやすく面白いです。
TRPG落語のCDを持っていて聴いていたので、楽天さんの声で脳内再生余裕でした。

P040 プレイコラム「D&Dを使ってプレイ・フィールを広げよう」

HobbyJapanの上田明さんによるパグマイアにD&Dの要素や知識を取り入れてさらに楽しく粗暴という記事です。
パンダポルタで素敵記事を書かれている上田さんこちらの記事もとても興味深かったです。

こちらのサイトではオンセでパグマイアを遊んできますが、主催の私はいまオフセでD&Dのキャンペーンを遊んでいます。
最近D&Dに関する本を参考にシナリオ書いていたのですが、どちらの経験も活かしてこれからも遊んでいきたいです。

Return of the Lazy Dungeon Master GMする際のノウハウ満載!

P042 コミック「英雄犬ポメロスくん」

ゼサン先生によるコミック。
ポメロスくんのかわいらしさはもちろんですが、ルールを活かした展開が楽しいです。

P044 シナリオ「パンの新米開拓者への手引書」

パンの新米開拓者への手引書からシナリオ6作が先行掲載されています。
判定のタイミングなど自作シナリオの参考にもなります。

付録 パグマイア ガイドスクリーン イニシチブカード

付録もパグマイアでした。
ガイドスクリーンとイニシチブカード。
イニシチブカードはラミネートしました。
パグマイアの戦闘は次の行動者を指定したり、それに対する割り込みなどもあるので便利に使えそうです。

ウォーロックマガジンvol.7 パグマイア情報

『パグマイア』『AFF第2版』『T&T完全版』を強力サポート!
海外TRPGを全面的にサポートする「ウォーロック・マガジンVol.7」は20ページ増の特大号!
特集は“アナログゲームカフェ&バーに行ってみよう”。東京・関西でボードゲームやTRPG、今流行りのマーダーミステリーが遊べる店を取り上げ、実際に訪れた様子をレポートします。これを読めば、初体験の読者も未知の扉を叩く勇気が出るはず。
3大PRGの記事も満載! パグマイア、アドバンスト・ファイティング・ファンタジー第2版、トンネルズ&トロールズ完全版について、これから登場する作品&海外の情報をいち早くお届けします!
今号からは新たに3本のコラムもスタート。いろいろなアプローチで“ゲーム”を取り上げます。
さらに“遊べる記事”にも力を入れました。ゲームデザイナー中村誠さんによるゲーム「私をTRPGカフェに連れてって」を掲載する他、付録の小冊子は3人で遊べるゲームブックになっています。
ソロアドベンチャーコンテスト開催にも注目!

ビアンカ
ビアンカ
今回もパグマイア情報充実していました。
2レベル対応でしかもマウが舞台のシナリオなんて使い勝手ありすぎます!
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
フェッチクエストが出るもの嬉しいですね。
ヨーシャ様で遊びます!
サクラ
サクラ

公式事前情報

P024 プレイガイド「犬の手記と猫の述懐」

『パンの新米開拓者ガイド』をもっと活用する方法から、発売間近の猫族を主役とした新作ルールブック『マウ連合君主国』の世界観をたっぷりと紹介されています。
『パンの新米開拓者ガイド』案内役はパン、『マウ連合君主国』の案内はヨーシャ様に代わって猫サビアンが担当しています。

パンの新米開拓者ガイドについては、こちらでも記事にまとめているのでご覧ください、

パンの新米開拓者ガイド ガイドだけでなく、すべての開拓者に おすすめの1冊です!

『マウ連合君主国』は新情報多めで興味深かったです。

「マウの国訓」「君主家と家訓」という『マウ連合君主国』の根幹をなす要素が紹介されていました。

マウのPCは各家に仕えるという要素が紹介されていてよかったです。

P030 パグマイア2レベル対応シナリオ「猫の王国と囚われた宣教師」

『パンの新米開拓者ガイド』と続けて遊ぶことができる2レベル対応シナリオです。
舞台はマウ連合君主国!
マウ連合君主国側をパグマイア側から描いたシナリオは洋書でもあまりないので貴重です。
パグマイアの犬ぽさ、マウ連合君主国の猫ぽさが表現されたとてもいいシナリオです。

P042 コミック「英雄犬ポメロスくん」

ゼサン先生によるコミック。
ポメロスくんあいかわらずかわいい。
エネミーのデータ知っていたのでニヤッとしてしまいました。

P046 パグマイア『フェッチクエスト』リプレイ

エディ・ウェブ作のデック構築型ゲーム『パグマイア フェッチクエスト』の紹介リプレイです。
プレイヤーとしてヨーシャ姫、パン、ピカサ、スパイクの4犬が自分のキャラを担当する形で紹介されています。
セリフや戦術もキャラとして遊ばれていたとても面白かったです。
そして本当にパンはいいやつです。
個人的にスパイクのキャラ像もつかめて大満足でした。

フェッチクエストは絶対買うと思います。
動画も見て予習しておこうと思います。

P182 パグマイア小説「ありがとう、ダーシー・キャット」

パグマイアアンソロジー『善き犬の物語』収録のエディ・ウェブ自らが執筆した一篇「ありがとう、ダーシー・キャット」が、柘植めぐみ先生の翻訳で収録されています。
名家の魔術師ダーシーと猫の執事ダーシーの奇妙な主従が王国を脅かす陰謀に立ち向かいます。

Tales of Good Dogsは、洋書で読んでいたのですが、やはり柘植めぐみ先生の翻訳で日本語で読めるのは最高ですね。
メンバーさんとも話しやすくなりそうです。

ウォーロックマガジンvol.8 パグマイア情報

海外TRPGを全面的にサポートする『ウォーロック・マガジンVol.8』の巻頭特集は「ファンタジーの動物たち」! 古今東西、動物たちが活躍するフィクションを紹介する他、看板3大RPGそれぞれについて動物にちなんだ記事(シナリオやソロアドベンチャーなど)を掲載します。
目玉は近日発売予定の『マウ連合君主国』ルールブック! そのガイドスクリーンを付録に、プレイヤーが今すぐ“猫になって"冒険できるよう、キャラクター作成ガイドとすぐに遊べるシナリオを用意しました。
さらに「アーロックを越えて」と題し、未訳のFF(ファイティング・ファンタジー)ゲームブック35冊を書影とともに一挙紹介! 永久保存版です。
その他、AFF、T&Tともにコミック&シナリオやお役立ち記事などをたっぷり掲載。連載コラムもさらにパワーアップ! またソロアドベンチャーコンテスト結果発表にも注目です!

ビアンカ
ビアンカ
『ウォーロック・マガジンVol.8』の巻頭特集は「ファンタジーの動物たち」です。
私たちの時代がきたわね。
近日発売予定の『マウ連合君主国』ルールブックのガイドスクリーンを付録に、プレイヤーが今すぐ“猫になって"冒険できるよう、キャラクター作成ガイドとすぐに遊べるシナリオなども掲載されているそうです。
サクラ
サクラ
ビアンカ
ビアンカ
こちらのサイトでもベーテ先生のインタビューを掲載させていただきましたが、『マウ連合君主国』ルールブック待ち遠しいですね!

善き犬であれ!常に本能を信じろ!ベーテ先生にパグマイアとマウの魅力をお聞きしました!

公式事前情報

マウ連合君主国の情報満載でした!

マウ連合君主国 RPGルールブック

P008 『知性のある種族について』

ベーテ先生の記事。パグマイアの世界の犬と猫以外の知性化した種族4つについて紹介されています。

ヨーシャ様とマウからサビアンが参加して掛け合いで紹介されています。

紹介されているのは、ネズミ族、アナグマ族、トカゲ族、鳥族です。

トカゲ族、鳥族は、Pirates of Pugmireでデータ化されています。

Pirates of Pugmire

アナグマは、クズリやカワウソなども含み多様です。
良きアナグマも存在するので、単純な悪役種族出ない部分を感じられてシナリオのネタになります。

P030 『素晴らしき猫作成のすすめ』

ベーテ先生の記事。マウ連合君主国のPC作成をキャラの掛け合いという形で紹介されています。
クラスや種族にあたる「主家」、パグマイアの芸にあたる「奥義」が分かりやすく解説されています。
口述するリプレイのPCを作成されているので実際の活躍もご覧いただけます。

P036 マウ連合君主国リプレイ『ポート・マシュー・イントリーグ』

ベーテ先生の記事。犬も参加してのマウ連合君主国リプレイです。

リプレイとしてとても面白いのですが、パグマイアと裁定の違う「フォーチュン」や「二刀流」にも触れられていて実プレイの参考になるのではないでしょうか。

私もマウ連合君主国リプレイを書こうと思っていたので参考になりました。

P050 マウ連合君主国シナリオ『最も卑劣な殺し』

ゼサン先生の記事。1レベル対応シナリオです。

マウ連合君主国シナリオのシナリオ集「Adventures for Curious Cats」に収録されているシナリオです。

Adventures for Curious Cats

公式サイトでは、シナリオ「最も卑劣な殺し」のガイドリングガイド、エネミーデータも公開されています。

ガイドリングガイドすごいです!

ぜひご覧ください。

P066 コミック「英雄犬ポメロスくん」

ゼサン先生によるコミック。
ポメロスくんあいかわらずかわいい。
『知性のある種族について』でうさぎはネズミ族かもとあったのでタイムリーなネタでした。

P070 「パグマイア最新情報」

パグマイアやマウにまつわる日本や海外の情報満載でした。

記事中で紹介されていた「Buried Bones」は本当にいい本です!

Buried Bones『パグマイア』のクリエイターである エディ・ウェブさんがパグマイアの世界や RPGデザインについて語った本

サポート

Posted by たぐっちゃん