セッション情報

ガイド10回以上やってみた! パグマイアは面白い! 善き犬、善きプレイヤーのススメ!

ガイド10回以上やってみた! パグマイアは面白い! 善き犬、善きプレイヤーのススメ!

こちらの企画を始めて半年が経ちました。

おかげさまで楽しくパグマイアをプレイしています。

パグマイアは本当に楽しいです。
半年遊んでガイド10回以上したので感想書いてみました。

パグマイアとは

パグマイアRPGルールブック

「善き犬であれ。家を守るべし……これぞ“ヒトの規範"」
“ヒトの時代"が終わり、地球を受け継いだのは、なんと犬!知性化された犬の子孫である彼らは道具を使い、言葉をあやつり、“パグマイア王国"を築きました。
プレイヤーの分身である犬たちは、ハンターやガーディアンといった天命(コーリング)(RPGでのクラス)に従い、愛玩犬、猟犬といった血統(ブリード)(RPGでの種)に属します。彼らが操る芸(トリック)(RPGでの特殊技能)は実にさまざま。鎧を着こなし、武器を振るい、“ヒト"に祈りを捧げて奇跡を起こし、魔法だって使います。
ライバルとして登場するのは、猫やアナグマ、そして危険な魔物――“見えざる者"たち。
さあ、わくわくの犬たちの冒険に旅立ちましょう!
『D&D5e』のd20システムをベースにしたオープンライセンス作品。この1冊でルールを含み、すべてを存分に楽しむことができます。

パグマイアのルールブックは、全ページカラーで挿絵もかわいいです。
ワクワクして読み進められました。

基本ルールブックだけで最高レベルにできるので、とてもコストパフォーマンスはいいと思います。

ゲームは「D&D5e」のd20をベースにした オープンライセンス作品。この1冊で王道ファンタジーが楽しめます!

D&D5eは、長い歴史を誇るTRPGです。
豊富な設定と世界観を、それを再現するデータ類が支える名作TRPGです。
歴史を重ねながら、より楽しく遊びやすく進化しています。

パグワイアはこのD&D5eにもちいられているd20システムをベースにしたオープンライセンス作品です。

犬のキャラクターとなり遊べるを見事に再現し、データ類も整理され。この1冊で王道ファンタジーが楽しめる作品となっております。

HPにあたるSPは各天命(クラス)レベルアップの際に最大値上がっていく、魔法の使用の自由度を高くしたスロットの扱いなど、いいところは残しつつ遊びやすくしてくれる部分だと思います。
パーティ共通のリソースで、割り込みや振りなおしに使えるフォーチュンも面白く便利です。使用する際にはパーティみんなの承認がいるのですが、一致団結して遊んでいる感じが強くなります。

血統(ブリード)(RPGでの種族)は、愛玩犬、猟犬などグループ単位。どんな犬でもできます!

パグマイアでは、他のRPGで「種族」に相当するものは、「血統」というもので再現されています。
「血統」は「犬種」ではなく「犬種グループ」に近い概念で表現されています。
愛玩犬なら、チワワ、パグ、シーズーなどが含まれる感じです。

この「血統」のおかげで、どんな犬でもできます!
自分の愛犬を再現して遊んだりといった楽しみ方もできます。

私も愛犬さくらをモデルにPCを作り遊んでいます。

愛犬をモデルにキャラメイク!  サクラ・ボーダーコリー

ポストアポカリトスの世界観が魅力的。公式さんが動画などでガンガンやっているので私もいろいろ挑戦しています。

挿絵の中にはジャイアントロボのシズマドライブのようなものもありました。
正当ファンタジー物としても、ポストアポカリプスとしても遊べるパグマイアの世界観はとても奥深く楽しいです。

公式さんが動画などでガンガンやっているので私もいろいろ挑戦しています。

セッションはユドナリウムでおこなっているのですが、遊び方から工夫できるツールなので楽しいです。

翻訳を手掛けているグループSNEさんのサポートも心強いです。

翻訳を手掛けているグループSNEさんのサポートも心強いです。
TRPG専門誌ウォーロックマガジンでのサポートや記事の充実さに加えて、公式サイトでの動画やシナリオの公開、エネミーがもう少し多ければというユーザーさんの声に応えて、脅威度別エネミーリストや、1レベル冒険用ボスエネミーの作り方などのコンテンツなども公開されています。

  • パグマイア公式サイト

ウォーロックマガジンの記事もまとめています。

ウォーロックマガジン パグマイアの情報満載!開拓者必見のTRPG専門誌です!

開拓者名簿を企画の主軸に。設定やシナリオフックを参考にしながらのセッション楽しいです!

キャラクターの設定やシナリオフックを投稿していただく「開拓者名簿」という企画もしています。

開拓者名簿

キャラシートを案内したり、タグ機能を使って過去に参加したセッションも確認できるようにしています。
過去のセッションは全てログを公開しているので、はじめて一緒に遊ぶPCでも確認できるようにしている感じです。

設定やシナリオフックを参考にシナリオ考える作業も楽しいです。

クロニクルという遊び方をパグマイアは教えてくれました。

キャンペーンが昔から好きでしたが、パグマイアはクロニクルという遊び方を教えてくれました。

キャンペーンの一種ですが、こちらの企画はGM持ち回りで遊んでいるので、GMさんごとのキャンペーンという意味で使用しています。

最近オンラインセッションは、長くても3時間で2回、そのぶん短めのキャンペーン形式で大きな話をあつかうという形でGMをしていたのですが、こういう遊び方がこの本の中で「スパイラルキャンペーン」という名で、キャラクターの開始位置からキャンペーンを構築し、キャラクターやプレイヤー、または次のセッションで登場する可能性のあるキャラクターや情報を構築していく手法としてこちらの本で紹介されていました。

Return of the Lazy Dungeon Master GMする際のノウハウ満載!

こちらの企画をけん引していけるように、まめにGMをしていこうと決めたのでインプットの機会もふやしています。
TRPGプレイヤーとして経験値を稼げている感じがありありがたいです。

「八角塔」シナリオメイキング

善き犬、善きプレイヤー。パグマイアプレイヤーさんとのセッションはとても楽しいです!

実際にオンラインセッションサークルという形で半年パグマイアを遊んでいますが、パグマイアを遊んでみようという方たちとのセッションは楽しいです。
自分の愛犬をモデルにしたPCを作成されたりと、パグマイアならではの楽しさがあります。

レベルが上がるにつれ、それぞれのPCの個性も出しやすくなり、味方に指示を出して再行動させる前衛役など、次の行動相手を指定するパグマイアの戦闘とあわさって様々なシチュエーションが楽しめています。

パグマイアには成長に必要な経験点や、依頼の報酬としてのお金というものがありません。
演出上お礼の気持ちでプレスチック貨(パグマイアの世界でのお金は貴重なものになっているプラスチックです)などがもらえることはありますが、キャラクターの成長や演出をしていく中で、経験点や報酬を気にしなくていいというのは、PCの性格などを重視したロールや行動がしやすく遊びやすく感じます。

魅力的な世界観と、それを遊びやすく再現し体感できるシステム。
パグマイアは本当に楽しいので、犬派の人はもちろん猫派の人も遊んでみてください!

コラム・特集

Posted by たぐっちゃん