セッション情報

開拓者名簿

開拓者名簿

ビアンカ
ビアンカ
冒険を共にする 開拓者を紹介しています!
参加者さんのキャラクターを紹介。 設定やそれをもとにしたシナリオフック。
プレイヤーのコメントも案内しています。
サクラ
サクラ
目次

投稿していただく情報

参加者さんのキャラクター情報の投稿お待ちしております。

チャットの名簿部屋に以下の情報を投稿してください。

  • 名前:キャラクターの名前
  • 天命:キャラクターの天命
  • 血統:キャラクターの血統
  • セリフ:キャラクターの決め台詞
  • PL:プレイヤーさんのお名前
  • 設定:キャラクターの設定を投稿してください(400文字以内)
  • シナリオフック:キャラクターのシナリオフックを投稿してください(400文字以内、シナリオフックの区分も案内してください
  • プレイヤーコメント:プレイヤーコメントを投稿してください(400文字以内)
  • 外観情報かイラストデータ:外観情報を描いてください。順番にユドナリムで使えるコマとしてキャラクターの絵を描いていければと思います。
    イラストの描ける方や知り合いにイラスト頼める方などはイラストのデータの投稿も大歓迎です。
    全身描いていただき透明pngでおくってくださったらこちらで記事用の画像を作成いたします。

イラストのサイズについて

イラストは横1038ピクセル×460ピクセルのものを配置しております。

イラストは横1038ピクセル×460ピクセル
イラストは横1038ピクセル×460ピクセル

投稿していただくイラストは1500×1500くらいあると画像があれずに案内できると思います。
セリフやトリミングはこちらでおこないます。

投稿していただくイラストは1500×1500
投稿していただくイラストは1500×1500

シナリオフックの区分について

シナリオフックについては投稿してくださった方の思いなどあると思います。
こういうつもりじゃなかった。そういうキャラじゃない!というトラブルを避けるためシナリオフックには以下の三段階を設けられればと思います。

  1. フリー GMさんが自由にこの題材でシナリオフックを扱っていただいていいシナリオフックです。
  2. 要相談 投稿者さんに確認のうえシナリオ化していいシナリオフックです。
  3. GM予定 投稿者さん自らGM予定のシナリオフックです。

PC

たぐっちゃん

こちらの企画の主催者です。パグマイア楽しんでおります!

サクラ・ボーダーコリー/アーティザン/牧羊犬

サクラ・ボーダーコリー アーティザン 牧羊犬

サクラデータ

  • 名前:サクラ・ボーダーコリー
  • 天命:アーティザン
  • 血統:牧羊犬
  • セリフ:「いい情報があるの。  調べにいきましょう」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • キャラシート

サクラ設定

昔から好奇心旺盛な女の子だったが、おばさんから焦点具をもらい、アーティザンとしての道を歩み始める。
より大きなヒトの秘密を知る機会に出会えるように、情報を得やすい開拓者ギルドの世話役見習いとしても活動している。
かわいらしいボーダーコリーで、スマートフォン型の焦点具を使いこなす。

シナリオフック「おばさんの焦点具と謎の通信」(要相談)

サクラがアーティザンになったきっかけであるおばさんからもらった焦点具は、片手で持てる小さな箱のような形をしていて、ガラスの面には焦点魔法を使う際にはその名が浮かびあがったり、未知の物や敵を前にしたときなど、ときにその情報を掲示してくれる便利な“ヒトの遺産”だ。

その焦点具に、ある日今まで見たことの無いものが表示された。
そこにはおばさんの助けを求める言葉と、おばさんのいるところまでの道のりを案内した地図が表示されていた。

サクラに道を示してくれていた焦点具。今度はどこにさくらを導くのか。

プレイヤーたぐっちゃんコメント

我が家の愛犬さくらをモデルにしたキャラクターです。
設定はアーティザンの特殊な状況で得た焦点具から広げてみました。
私の好きな海外ドラマに、GRIMM/グリムという作品があります。
主人公はおばさんの遺志を継いで、魔物と戦うのですが、その中でおばさんの残したトレーラーで敵について調べたり、そこに残してくれた装備で敵に敵に立ち向うという描写があります。
サクラの焦点具もそのトレーラーのように演出できればと思っています。
背景は賢者にしたので<ご近所の生き字引>の演出にも使えればと思います。

アルフ・ライカ/ガーディアン/作業犬

アルフ・ライカ/ガーディアン/頑犬

  • 名前:アルフ・ライカ
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:作業犬
  • セリフ:「ぼくたちは兄弟だ」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • シート

設定

王国の近衛兵だった父のようになるのが目標だったアルフは、心の優しい知性と教養があり勇敢な性格の少年。
アルフが12歳の年に父はマウ連合君主国に使者の護衛として旅立ったが、愛用していた装備だけを残し帰ってくることはなかった。
母も心労により亡くなり、父のことを卑怯者や弱虫など呼ぶ周りの声もきこえてくるなか、真実を確かめるため家を出ることを決意する。
家を出た後は、リヴァーウォール地区の孤児の子どもたちと仲良くなり、頼れるリーダー役として過ごしながら父の死の謎を探している。
父が残してくれ盾は、何か強い力で殴られたのか大きくへこんでいる。いつか父の名誉が取り戻せたら自分の手で盾を修復したいと考えている。
そのため鍛冶屋に足しげく通っているのだが、鍛冶の仕事自体への興味を強くなっている。
開拓者をするなかでヨーシャ姫と再会し、それをきっかけに開拓村の仮の領主をひきうけることになる。

シナリオフック「へこんだ盾と父の真実」(自分GM)

父の汚名を晴らすために家を出奔。孤児たちと暮らしながら猫区で情報を集めているアルフ。
マウ連合君主国には素手ですさまじい攻撃力を誇る求道者という天命のものがいるらしい。
へこんだ盾とそこに隠された真実にたどりつけるか。

プレイヤーコメント

孤児たちのリーダー。性格もよく誠実。
名作アニメ「ロミオの青い空にでてくるアルフフレッドをモデルにしていました。
ロードス島戦記のパーンの聖騎士の鎧ネタが好きなので、傷んでいる装備から、いつか鍛冶屋になりたいという設定もつけてみました。

ビアンカ/シェパード/雑種

  • 名前:ビアンカ
  • 天命:シェパード
  • 血統:雑種
  • セリフ:「「ヒト様!みんなを助けて!」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • シート

設定

生まれ育った教会が謎の襲撃を受けて、それ依頼身を隠すように孤児の子どもたちと暮らしている。
孤児たちのしっかりもののお姉さん。
右手に聖印としての力を持つ宝石が埋まっていて、生まれながらにヒト様の奇跡をおこせる。

シナリオフック「白い宝玉(ビアンカ)と純血種(オリアーナ)」(自分GM)

ビアンカが育った教会で、ビアンカは姉妹と暮らしていた。自分にそっくりな姉妹たち。ずっと一緒と約束していたけど、あの襲撃の夜にその約束は破られてしまった。
開拓者となり、新しい兄妹や姉妹と暮らすビアンカの前に、ビアンカそっくりの少女が現れる。
右手に金色の宝玉を埋め込まれた少女はオリアーナと名乗った。

プレイヤーコメント

シェパードの聖変化の儀はSFぽくてかっこいいなと、リフトアップをクローンなどとからめてSFぽい感じのシナリオができないか考えてみました。

サフィール/ラッター/競争犬

サフィール/ラッター/競争犬

  • 名前:サフィール・アフガン
  • 天命:ラッター
  • 血統:競争犬
  • セリフ:「戦います!命ある限り!」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • シート

設定

王都育ちで姉御肌のラッター。
昔から正義感が強く、トラブルにまきこまれていた。
見かねた元開拓者から剣の技や隠密の技を習い開拓者の道を歩みはじめる。
開拓者としての依頼が無い時は、王の鞍でホステスもしている。

シナリオフック「王都の青い流星」(フリー)

王都の青い流星というヒーローがうわさになっている。
困っている人の依頼を受けて、悪者退治や人探しなど行っているらしい。
王都の青い流星に依頼を頼みたいときは、ホステスのチップに青い花を添えて渡せばいいらしい。

プレイヤーコメント

モデルはリボンの騎士。やりたいことはシティハンター。
頼み事はことわれないキャラができればと思います。

ウルスラ/ハンター/牧羊犬

ウルスラ/ハンター/牧羊犬

  • 名前:ウルスラ・コモンドール
  • 天命:ハンター
  • 血統:頑犬
  • セリフ:「ソラいくよ!連携攻撃だ!」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • シート

設定

幼いころに森で魔物に襲われ家族は亡くなり、森で動物たちと育つ。 近隣の村に自宅はあったが、ほとんど森ですごしていた。 飢饉で村が困っていたので、王都にでて開拓者になり仕送りしようとでてきた。 兄弟のように育ったメスの熊「ソラ」との連携で戦う。

シナリオフック「オウルベアキング」(フリー)

羽毛と毛皮が入り混じって密生した体毛の生えた胴体は熊のようだが、大きく丸い目と鋭いクチバシのついた鳥のような頭はフクロウに見える。

オウルベアは、森にウルサが住んでいた頃から死闘を繰り広げてきた相手だ。

またあいつが恐怖の森で暴れているようだ。

目撃犬から聞いた情報では、あいつも成長しオウルベアキングというべき存在に育っているらしい。

プレイヤーコメント

ハンターは弓使いが多いと思ったので、獣使いを活かすビルドを考えてみました。
イメージは最初金太郎だったのですが、コモンドールが思いつき、河了貂的な感じに。

グラン・ドーベルマン/ストレイ/頑犬

グラン・ドーベルマン/ストレイ/頑犬

  • 名前:グラン・ドーベルマン
  • 天命:ストレイ
  • 血統:頑犬
  • セリフ:「開拓者はいい。ドーベルマンでなく、グランとして生きられる」
  • PL:たぐっちゃん
  • 登場回
  • シート

設定

ドーベルマン家の一族だったが、権力ばかりを求める家風に嫌気がさし兵士の道へ。
より民に近いところで自分の力を震えればと開拓者となる。

シナリオフック「ブルードーベルマンの戦士」(フリー)

パグマイアで絶大な権力を誇るドーベルマン家。
ドーベルマン家はその毛色により3つの血脈が存在する。
財政界に勢力を持つするブラックドーベルマン。
軍に入り将軍職になることもあるレッドドーベルマン。
最後に政治や社交界のパトロンを務めるブルードーベルマンだ。
ブルードーベルマンでありながら、ストレイとなったグランにはときにドーベルマン家から刺客が送られることもある。

プレイヤーコメント

悪役として描かれることが多いドーベルマンで正義の味方ができないかながコンセプトです。
裸一貫闘い続けるので、裸の蛮犬持ちにしてみました。

キンターさんPC

バウマン/ガーディアン/頑犬

バウマン/ガーディアン/頑犬

  • 名前:バウエン・ピレニーズ
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:頑犬
  • セリフ:「そういえば隊長が言っていた。」
  • PL:キンター
  • 登場回
  • キャラシート

バウエン設定

ヴィンセン・パグの物語に憧れて近衛団に入隊。そこで「隊長」(名前不明)と知り合い、色々な事を学ぶ。特にパグマイア王国の素晴らしさを学び、王国へ忠誠を誓う。その「隊長」は、とある“見えざる者”との戦いで死亡。バウエンは大好きな「隊長」のおかげで助かった。バウエンは隊長を殺した“見えざる者”を決して許す事はないだろう。
生き残ったバウエンは心に空白が出来たが、開拓団に入る事で王国に貢献し、人生をやり直す事に決めた。
近衛団時代から伊達メガネをかけている。曰く「“見えざる敵”が見えるようになる気がする」からだそうだ。

シナリオフック「鍛冶屋の親父」(フリー)

鍛冶屋の親父とは互助関係にある。バウエンの装備を整備してもらう代わりに、色々な頼み事を引き受けているのだ。素材の調達や商品輸送の護衛、鍛冶仕事の手伝い、酒場で酔っぱらった親父を家まで連れ帰るってのもあった。
バウエンはこの親父の頼み事をまだ断った事が無い。

プレイヤーコメント

隊長大好き犬。今はリハビリ中。

外観情報かイラストデータ

伊達メガネをかけている。パグアイア王家の紋章のついた盾を持つ。毛はちょっと長めでボサボサ。

ブラッドレイ(ブラッド)=ビーグル/アーティザン/猟犬

ブラッドレイ(ブラッド)=ビーグル/アーティザン/猟犬

  • 名前:ブラッドレイ(ブラッド)=ビーグル
  • 天命:アーティザン
  • 血統:猟犬
  • セリフ:火はいい。心が和む
  • PL:キンター
  • シート
  • 登場回

設定

炎の魔術師-小さい頃から火が好きで、火を自在に操れないかと色々と「努力」してきた。
彼の知識は火をコントロールする事に重点を置いている。
ご近所では「火に関する事ならブラッドに聞け」と言われるくらいである。
胡散臭い商犬から購入した魔工師焦点具を手にした時、それまでの「努力」がアーティザンとして華開く。が、その知識はかなり「火」に偏っている。
開拓団に入ったのは、最終的には火をうまくコントロールした文明であったと言われるヒトの文明を、その「遺産」を知った方がいいと思ったため。
なお、あまり人の話を聞かない。

シナリオフック火の用心棒(オープン)

ブラッドは火を雑に扱う犬を嫌う。火を広がるに任せて制御もしない犬を無責任だと憎んでいる。
ブラッドは火のあるところ、火事の起こりそうなところは、頼まれもしないのに必ず監視して回っている。
そのためしばしばトラブルに巻き込まれる事も多い。火のあるところ、ブラッドあり。

プレイヤーコメント

ただただファイアーボールを投げたい一心で作りました。
マジックミサイル?そんな便利呪文は知りません。比較的大技ばかりなので、あまり呪文は使わないかもしれません。エレメンタル・レイを使うかもです。
「このすば」の「めぐみん」が最初のモデルでしたが、火を扱うキャラとして作っていくとだんだん「め組の大吾」が心の中で優勢になり、このような形で落ち着きました。

パットマン・ザッシュ/ラッター/雑種(競争犬ベース)

  • 名前:パットマン・ザッシュ
  • 天命:ラッター
  • 血統:雑種(競争犬ベース)
  • セリフ:にょほほほほほほ。ぱっと現れぱっと消えるラッター、パットマン参上。
  • PL:キンター
  • シート
  • 登場回

小さい頃から『正義の味方』に憧れ、『正義の味方』になろうと努力していたパットマンだったが、自分の天命がラッターと知り、あまりにも『正義の味方』からほど遠い天命と失望し、泥棒となる。
だが、従兄弟の細工師ゴールド・ザッシュはそんなパットマンが立ち直る事を信じ、彼のために鼠捕りの七つ道具を作る。
その事を知ったパットマンは心を入れ替え、子供の頃の志を思い出し、正義のラッターとなるべく開拓団の門を叩き、『正義の味方』を目指して努力するのであった。

シナリオフック:発明好きの従兄弟ゴールド・ザッシュ(オープン)

ゴールドは、パットマンが『正義の味方』になるための道具を色々と考える。ヒトの遺跡で見つかる様々なアイテムは彼のインスピレーションをくすぐって仕方ないらしい。
代表作:扇風機を使った紙吹雪発生装置、滑り終わる頃には着替えが完了する滑り台
ただ、アイディアを実現するためには実験が必要。パットマンが基本その役割を担うが、彼が不在の時、開拓団に実験助手をお願いする事もある。そして今日も新たな犠牲者が・・・。
使用上の注意:命にかかわるような発明品は決して無い様にお願いします。

プレイヤーコメント

元ネタは、名前は故ジョージ秋山先生のヒーロー、パットマンX。設定は衛宮士郎。そして笑い声はルパ~ン3世。そんな感じでプレイしたい、軽いけど重いキャラです。うまく扱えるといいなあと思っています。

デザイン

マスクをしたような体の柄とマントがシンボル。そのうち描く予定です。

ルマンドさん

グスタフ/ストレイ/雑種犬(ボーダーコリー)

グスタフ/ストレイ/雑種犬(ボーダーコリー)

  • 名前:グスタフ
  • 天命:ストレイ
  • 血統:雑種犬(ボーダーコリー)
  • セリフ:知っているのなら今すぐ言え、わが妻の行方を!
  • PL:ルマンド
  • 登場回
  • シート

設定

グスタフは、もともとは城壁の外で妻と農場を営む農夫であった。しかし、ある日、彼が王都に農作物を売りに行き、農場に戻ると、そこには燃えて灰となった家屋の残骸と、すっかり荒らされてしまった農地が残されていた。そして、なにより、彼の妻の姿が見当たらない。
グスタフは、数日間、周辺の沼地で妻を探し続けたが、どこを探しても彼女は見つからなかった。
落胆して、農場に戻った彼は、農地にアナグマとおぼしき足跡を見つけ、これは奴らの仕業であると確信した。
彼が開拓者を目指したのは、農場を襲った奴らを探し出し、復讐を果たすためのちからが欲しかったから。そして、もしもまだ生きているのなら、いなくなってしまった妻を探したいと思っている。

シナリオフック「不逞の輩」(要相談)

王都で開拓者になったグスタフは、最近、沼地の農場を荒らしまわっているアナグマの一団についてのうわさを耳にした。そのような輩、野放しにはできない。なにより、その者たちには聞きたいことがある……。

実際に遊びました。

不逞の輩 GM:ルマンドさん

プレイヤーコメント

映画「ベイブ」に登場する牧羊犬(レックス)をイメージしました。すこしやさぐれた感じですね。どのような結末を迎えるにしろ、グスタフには幸せになって欲しいものです。

アーロン/ラッター/競争犬

アーロン/ラッター/競争犬

  • 名前:アーロン
  • 天命:ラッター
  • 血統:シバ(黒柴)
  • セリフ:その依頼、報酬次第では受けてもいいぜ
  • PL:ルマンド
  • シート
  • 登場回

設定

王都の孤児。生きるため、盗みなどの犯罪に手を染めてきたが、彼の妹はそのことを知らない。大金を稼いで、妹を王都の上流階級にすることが彼の夢であり、それが彼を冒険へと駆り立てる。

シナリオフック

通りすがりの紳士から盗んだ鞄。中にはある陰謀が記された文書が入っていた。(フリー)

実際に遊びました。

パグマイア秘史2「Dの秘密の館」 GM:ルマンドさん

プレイヤーコメント

犯罪者属性のキャラクターにヒーロー性を持たせるにはどうすれば良いかを考えたとき、妹という設定を思いつきました。妹の存在は彼の生きる原動力であるとともに、彼の弱点でもあります。

アーロンの妹、ドナ
アーロンの妹、ドナ

アルマ・ボーダー=コリー/シェパード/牧羊犬

アルマ・ボーダー=コリー/シェパード/牧羊犬

  • 名前:アルマ・ボーダー=コリー
  • 天命:シェパード
  • 血統:牧羊犬
  • セリフ:今度はわたしが貴方を探す番ね……
  • PL:ルマンド
  • シート

設定

グスタフの妻。元貴族令嬢。父親の反対を押し切って結婚したため、勘当された。
農場で夫と暮らしていたが、アナグマの襲撃に遭う。アナグマから逃げるために河に飛び込むが溺れてしまい、その時に記憶を失ってしまう。幸い通りかかりの村人に助けられ、記憶を失ったままその村の教会で暮らしていた。
そして、ある出来事をきっかけに、失った記憶を取り戻すが……。

シナリオフック

記憶を取り戻し、すぐさま夫のもとへ向かうが、アルマはそこでグスタフ失踪の事実を知る。(GM予定)

プレイヤーコメント

グスタフの妻です。ついに記憶を取り戻しましたが、彼女には大きな試練が待ち受けています。

アルマ・ボーダー=コリー NPC登場時

クリストファー・グレイハウンド/ハンター/競争犬

クリストファー・グレイハウンド/ハンター/競争犬

  • 名前:クリストファー・グレイハウンド
  • 天命:ハンター
  • 血統:競争犬
  • セリフ:それは重畳
  • PL:ルマンド
  • シート

設定

老犬。元兵士で犬猫戦争にも従軍した。ある事件をきっかけに除隊し、開拓者となった。

シナリオフック

かつての戦友との確執がテーマになる予定です。(GM予定)

プレイヤーコメント

グスタフやアーロンの良き理解者といった立ち位置のキャラクターです。

ブラッドフォード・ワイマラナー/アーティザン/雑種

ブラッドフォード・ワイマラナー/アーティザン/雑種

  • 名前:ブラッドフォード・ワイマラナー
  • 天命:アーティザン
  • 血統:雑種
  • セリフ:ふむ、実に興味深い
  • PL:ルマンド
  • シート
  • 登場回

設定

大学教授の肩書を持つ貴族。貴族令嬢の母が音楽教師と関係を持ち、彼を身籠ったため、生まれるとすぐに王都の下町にある召使いの家に預けられた。そこで平民として育つが、一人娘の母が急逝すると、跡取りとして呼び戻された。

シナリオフック

思案中(GM予定)

プレイヤーコメント

アーロンを陰で操る黒幕的な存在です。"古き者"の秘密を解き明かすことを第一に考え、行動します。

エドマンド・ピレニーズ/ガーディアン/頑犬

エドマンド・ピレニーズ/ガーディアン/頑犬

  • 名前:エドマンド・ピレニーズ
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:頑犬
  • セリフ:僕は皆を護る盾だ!
  • PL:ルマンド
  • シート
  • 登場回

設定

とある農場で、平凡な日々を送っていた夢見がちな青年。
ある日、納屋で祖父の鎧を見つける。
父の話では、祖父は生前、王都の聖騎士であったという。
エドマンドは父の制止を振り切り、聖騎士になることを夢見て王都へと旅立つ。
だが、かつて興隆を極めた聖騎士団も、今は解体されて久しく、彼は途方に暮れるのであった。

シナリオフック

エドマンドは、かつて聖騎士であった犬たちを訪ね歩くうちに、祖父の死の原因について疑問を持つようになる。

プレイヤーコメント

レリック前提のキャラクタービルドです。(レリックが手に入らなければ、それもまた良しです)
ルールブックには聖騎士団という組織は登場しませんが、ヒトの教会の護衛兵というイメージで創作しました。

 

にごりゆきさんPC

ヨーイズミ/ラッター/雑種

ヨーイズミ/ラッター/雑種

  • 名前:ヨーイズミ
  • 天命:ラッター
  • 血統:雑種
  • セリフ:「良かった……、今回も生きてた……」
  • PL:にごりゆき
  • 外見:昔のリーゼントを模した髪型に、金属製のリングを頭に装備している。
    手足、胸周りが体毛に覆われている。毛の色は白よりのグレー。
    背中にはシミターとショートソードを背負っている。
  • キャラシート
  • 登場回

設定

元々は食うに困り、食料を盗んではその日の空腹をしのいでいた雑種。
ある日窃盗の罪で殺されそうになった所を、二刀流の剣士に命を救われる。これをきっかけに自分も「あの剣士のようになりたい」と我流ながら、二刀流を扱う。
同時期に、故郷を飛び出し、仲間たちと共に遺跡のお宝を探しに一攫千金を目指す。
ただし、ヨーイズミは道中で立ち寄る街や村にもすべて目新しさを感じていた。
「外の世界がこんな場所があったんだな」
故に、猫種には嫌悪を抱くほどの偏見はない一方、仲間の一人がヨーイズミを庇って
冷たくなっていくのを目の当たりにし、自身が彼(彼女)を殺してしまったと
思い悩んでいる時がある。
失意の中、ヨーイズミは開拓者ギルドの扉を開ける。

シナリオフック「相棒(とも)の亡霊」(フリー)

開拓者ギルドに馴染んできたヨーイズミはある日、自分の目の前でこと切れた相棒の姿を
見かける。「あいつはおいらを庇って死んだはずだ!あいつはまだおいらの事を恨んでいるに違いない……!」ヨーイズミはこの日以来夜な夜なうなされる日々が続いている。彼の相棒に似た犬は一体何者なのだろう……?

プレーヤーコメント

昔のテレビのコントに出ていたプードル(+α)を連想して作成しました。二刀流なのは、自分が某洋ゲーでローグの二刀流キャラで遊ぶ比率が多かった名残です。シナリオフックはフリーにさせていただきました。
とりあえず、キャラ作成時に決めていた、とぼけてる、何を考えているか分からない感はブレないようにロールしていきたいです。

 

銀目猫さんPC

ズージェス/シェパード/猟犬

ズージェス/シェパード/猟犬

  • 名前:ズージェス
  • 天命:シェパード
  • 血統:猟犬
  • セリフ:「ヒトの遺産を受け継ぎ次代へ託す、それが僕たちの使命です」
  • PL:銀目猫
  • 登場回
  • キャラシート

設定

白を基調とした体毛のシェパード。
修道院育ちで寝物語にヒトの偉業を聞いて育ったため、ヒトへの憧れと古い時代への興味が強い。
まだ知られていないヒトの遺産を見つけたいという思いから大急ぎで聖変化の儀を通過し牧師の資格と成人としての権利を手に入れた、開拓団の扉を叩いた。
その後手に入れたショートクロスボウを分解したり組み立てたりするのが趣味となっている。

シナリオフック:
ヒトの教会では規範の一つとしてヒトの遺産を持ち帰ることを推奨している。
しかしそれは多くの困難が伴い、また直接的な力が必要になることもある。
そういった場合、多くは王立開拓団に依頼の形で協力を求めることもあるのだ。(フリー)

プレイヤーコメント:
初のパグマイアPCということであまり設定に縛られないキャラにしました。
ぼんやりと《邪霊退散》を強化するコースに進めればいいなぁと思っています。

ソルファーネ/ガーディンアン/雑種

ソルファーネ/ガーディンアン/雑種

  • 名前:ソルファーネ
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:雑種
  • セリフ:「失ったものは、また取り戻せるだろうか」
  • PL:銀目猫
  • シート
  • 登場回

設定

貴族の子として生まれたが、両親の死と共に家宝のマスターワークを奪われ貴族位を失う。
その後は縁のあったヒトの教会のシスターのもとで見習い仕事をしていたが、祖父の死を契機に開拓団を目指すことになる。
マスターワークを手に入れ、再び貴族家として認められること。それが祖父や両親への餞になると信じて。

着用している板金鎧は祖父の形見となったもの。まだ「鎧に着られている」ようにも見える。
籠手の部分は壊れていたので皮の手袋で代用している。

シナリオフック:「何でも知ってるエルザ婆ちゃん」(要相談)

見習いをしていたころに知り合ったエルザという老犬。犬嫌いで気難しいという話だったが、長年付き合いがあれば多少は話をするようになるものだ(個犬差があります)。
開拓団に入ってからもたまに顔を見せていたのだが、ある時こう切り出してきた。
「そうだ、あんたならこんなアーティファクトを知ってるだろう?」
知っているも何もない、それはかつての"家宝"だった――

プレイヤーコメント:

火力に自信がある人に頑張ってもらおうがコンセプトです。ガントレット・オブ・オーガパワーが手に入れば自分でも攻撃できるかなぁ……。
両親の死についての事情を知りたいのでかつての家宝についても関心を持っていますが、取り戻したいと思てるわけではないです。
特に設定していないですが、使ったら終わりなタイプのアーティファクトとか?
設定全般が後ろ向きですが頑張りますー。

外観情報かイラストデータ:

アプリコットカラーのプードル犬。フェイスガードの下せるタイプのヘルム、籠手以外は板金鎧、盾は円形。
また時間かかるでしょうけどイラストはおいおい……

ナフランゼ/ラッター/愛玩犬

ナフランゼ/ラッター/愛玩犬

  • 名前:ナフランゼ
  • 天命:ラッター
  • 血統:愛玩犬
  • セリフ:「わかったわよ、やればいいんでしょ!」
  • PL:銀目猫
  • キャラシート

設定

犬不信気味の子犬のラッター。体格は歳を鑑みても小柄の方。
ハウンドトンに住み着いていたが、騒動に巻き込まれる形で都市を逃げ出し王都にたどり着いた。

シナリオフック:(自由)

ハウンドトンを出るときに持ち出したたったひとつの宝物。
ハウンドトンにいたころには2つと見なかったし、それは王都でも見たことも聞いたこともなかった。
しかし最近、それとよく似たものを探している犬がいるという。

プレイヤーコメント:

ストリートチルドレン的なものを目指す予定です。あんまりやらないのでどこまで表現できるのやら……
反抗しつつ話に参加するというか、とりあえず反抗してみるというか、ちょっとめんどくさい感じのロールになりそうですがよろしくお願いします。

外観情報かイラストデータ:

ドーキアプソ(チベタンテリア)系統で黒と白の長毛。
ハウンドトンでのごたごたで長い体毛が一部切られて片目だけ見れるとかどうだろう。

aiuaさん

オータム/ハンター/作業犬

オータム/ハンター/作業犬

  • 名前:オータム
  • 天命:ハンター
  • 血統:作業犬
  • セリフ:「ポチ、コロ!オラはやるべー!。」
  • PL:aiua
  • 登場回
  • キャラシート

設定
茶と白の毛色をした秋田犬の男。
パグマイア王国から東北に離れた辺鄙な田舎村の出身。
性格は温和だが、幼い頃から狩人の家で育って来たので勇敢さや慎重さも併せ持っている。
父が熊に襲われて急死し、病気がちの母と幼い弟妹たちを養うために都会に出て開拓団としてはたらくことを決意した。

シナリオフック「悪い子はいねか」(フリー)
オータムの故郷には古来よりある伝承がある。
冬の季節に二本の角が付いた怪物がやってきて子供を攫っていってしまうというものだ。
無論今時そんな御伽話を信じるのなど誰もいなかった。
ある時、パグマイア王国で働くオータムに一通の手紙が来た。
その内容は本当に二本角の怪物が現れて村の子供達を拐っていったとの報だった。
その中には彼の弟と妹も含まれていたという。
オータムは居ても立っても居られず荷物をまとめて故郷に急行した。
開拓団本部も大規模な誘拐事件として団員達に捜査を依頼。
かくして一行は東北のアキタの村へと急ぐのであった。

プレイヤーコメント
aiuaです、遅くなりましたがパグマイア初PCの名簿を作ってみました。
純朴な田舎者の彼が最後に手にするのは何なのか楽しみです。

ゴライアス/アーティザン/愛玩犬

ゴライアス/アーティザン/愛玩犬

  • 名前:ゴライアス
  • 天命:アーティザン
  • 血統:愛玩犬
  • セリフ:「僕をバカにする奴はぶっ飛ばしてやる!」
  • PL:aiua
  • 登場回
  • キャラシート

設定
パグマイア王国で男爵位を持つポメラニアン家出身の元貴族の少年。
小柄ながら口が悪い性格と高い魔法の才覚により、周りと衝突ばかり起こし喧嘩に明け暮れる日々を送っていた。
ある日、位の高い公爵家の次男と揉めてマジックミサイルを撃ち込み怪我をさせたことをきっかけに父親から勘当されてしまう。
放逐されたことにより仕方なく開拓団に身を置くことになる。
プライドが非常に高く他者を小馬鹿にする傾向があるが真に弱い者には手を出さない高潔さも持ち合わせている。焦点具は首輪状のリングでヒトの時代には「ばうりんがる」と呼ばれていたらしく彼の声に反応して作動する。

シナリオフック「怪盗マウス小僧」(フリー)
怪盗マウス小僧は最近パグマイアで影の噂になっている泥棒だ。
種族がネズミということ以外は一切不明だが、彼はパグマイアの貴族や大金持ちの家に度々予告状を出し、価値の高い物を華麗な手口で盗んでいくという。
そして先日ポメラニアン家にも予告状が届いた。
『3日後の深夜0時にマスターワークを頂戴に馳せ参じる byマウス小僧』
貴族の証たるマスターワークを盗まれるというのは一族の名誉に関わる問題だ。
その話を聞いたゴライアスは父に連絡を取る。
「もし、僕がマウス小僧を捕まえたら復縁させてくれる?」
と、答えは渋々ながらOKの返事が返ってきた。
開拓団達も警備としてポメラニアン家に配備されることになった。果たしてゴライアスはマウス小僧を捕らえることが出来るのか、そして彼は果たして何者なのか、それは怪盗ショーの幕を開けてのお楽しみ。

プレイヤーコメント
近所のよく吠える小型犬がモデルの彼ですが、根はツンデレな少年です。
多少口が悪いのはご愛嬌ということでお願いします。

外観情報かイラストデータ
ベージュ色のポメラニアン、貴族らしいタキシードを見に纏い、首にはバウリンガルがぶら下がっています。

サロル/ガーディアン/作業犬

サロル/ガーディアン/作業犬

  • 名前:サロル
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:作業犬
  • セリフ:「騎士として皆さんの命、お守りします!」
  • キャラシート
  • 登場回

設定:

銀色の毛並みをしたハスキーの雌犬、パグマイア王国の騎士であるが現在は開拓団に派遣されている。
心優しい性格だが、戦闘の時は勇敢になる。
騎士道を重要視し、弱気を助け強きを挫くことを信条としている。

シナリオフック:(フリー)

実は彼女には以前忠誠を誓っていた犬がいる。
孤児だった自分を拾ってくれた辺境の女領主だ。
彼女の庇護の下で騎士位を得るほどの剣の才覚に目覚めたのだが
何者かの襲撃で女領主は殺されてしまう。
サロルはいつか犯人を見つけて仇を討つつもりだ。

プレイヤーコメント:

いつも別システムで使っているPCをパグマイアにコンバートしたキャラクターです。
可愛らしくも勇ましく動かせたらなと思っています

拓ちゃんさんPC

ベルダー/アーティザン/猟犬

ベルダー/アーティザン/猟犬

  • 名前:ベルダー・バセンジー
  • 天命:アーティザン
  • 血統:猟犬
  • セリフ:「私が知りたいのは“神話”ではなく、“真実”なのです!」
  • PL:拓ちゃん
  • 外観情報:赤茶と白の毛で父親の形見のメガネをかけているが、レンズは入っていない。サイズが合ってないのかすぐにずり落ちるのでよく位置を直している。
  • 登場回
  • キャラシート

設定:

代々“ヒト”について調べていた家系の生まれ。生まれ落ちた場所も遺跡の中で、両親と共に遺跡を探して旅しながら、神話とされている“太古の世界”のことを、言うなれば考古学と科学的視点で探ろうとしている。
両親が調査中の事故で亡くなった後、自分が調査を続けるため開拓団に入り、冒険者となる。
性格は、些細な間違いでも正したがる。それ故、小さな疑問でも深く考え込んでしまいがち。
また、“ヒトの遺産(マスターワーク)”のことになると、目の色と犬が変わって、偏執的になってしまう。
魔工士焦点具は、生まれ落ちた際に両親が調べていた遺跡で発見した「キューブパズル」で長考の際は無意識にカシャカシャと動かしている。

シナリオフック:「大事な父親の研究レポート」(レポート個々はフリー/黒幕に関しては要相談)

亡くなった父親は探索した遺跡について様々な記録をたくさんの羊皮紙に書いて残していた。
しかし、事故にあった際、一部のレポートだけを回収できた(今はベルダーのリュックサックに保管されている)が、そのほとんどは失われてしまった。
両親の死は事故が原因であるはずだが、不審な点もあって、ベルダーは犬為的な何者かの仕業で、研究レポートを狙ったのではないかと疑っている。
その証拠に、灰色闇市でレポートの切れ端が「ヒトが遺した貴重な遺跡の手掛かり」として売られているのを見つけたことがあるのだ。
大事な父親のレポートは、どうやら散り散りにばらまかれているようだ……

プレイヤーコメント

パグマイアの世界観に全力で浸るつもりで、ベルダーは生まれてきました。
犬を飼ったことはありませんし、犬についてもそんなに詳しくもありませんが、あの世界に住む犬となることが楽しみで仕方がありません。
そして、ヒトの秘密を追いかけるのは、パグマイアを遊ぶ中での醍醐味の一つだと思うので、思いっきり楽しむべくプレイしようと思っています。

ゼロ/ラッター/雑種

ゼロ/ラッター/雑種

  • 名前:ゼロ(「それ以上でもそれ以下でもない」と言って、“ザッシュ”は名乗らない)
  • 天命:ラッター
  • 血統:雑種(カナーンの特徴が一番目立つ、全身黒の毛並みで首元に白いワンポイント有)
  • セリフ:「へへっ、俺は商犬(あきんど)だ! “こんなこともあろうかと”、ちゃーんと用意してるぜ」
  • PL:拓ちゃん
  • シート
  • 登場回

設定

ある貴族に暗殺犬になるべく育てられ、その初任務として、ある老商犬に刃を向けたが、逆に捕まった。
本当なら始末されるところを、「お前は一度死んだ。“ゼロ”からやり直せ」と言われ、その老商犬の下で今度は(暗殺犬の修練もかくやと言う程の)商犬としての修業を積まされた。
結局悪意に倒れる老商犬は、今際の際に『鼠捕りの七つ道具』を渡して告げる。
「ワシも尻尾に傷持つ犬だったから、お前さんの事を放っておけなかった。
復讐など考えず、商犬として大成しておくれ─」
老商犬の言葉を胸に新天地である開拓村へ旅立つことにした。

シナリオフック:『昔馴染みからの無茶な注文』(フリー)

老商犬は、生前信頼に足る顧客には「ゼロのことも贔屓にしてやってくれ」と頼んでいたらしい。
そのせいか、たまに昔馴染みの顧客から無茶な注文を頼まれることもある。
「じーさまだったら、それこそ“こんなこともあろうかと”…とか言ってすぐに出してくれたぜ」と嘯く。
しかし、そうまで言われては商犬としての沽券に関わる。是が非でも仕入れないわけにはいかないな。

プレイヤーコメント

開拓村でプレイするってことで商犬を作りたくなり、商犬だとラッターが一番合ってるかな…で作った次第。
設定部分の老商犬については具体的なことは何も書いてない感じなので、フリーのフックはそれこそ自由に拾っていただいてOKです。

デイジー/ストレイ/作業犬

  • 名前:デイジー(犬種:サモエド)
  • 天命:ストレイ
  • 血統:作業犬
  • セリフ:「ぼやぼやしてっと、アタイのメガトンハンマーでぺしゃんこだよ!」
  • PL:拓ちゃん
  • キャラシート
  • 登場回

設定

原野で集落を作っていたサモエド氏族の族長の娘。幼少時より鍛え抜かれた女子力(物理)で傭兵稼業に。
楽しい時でも苦しい時でも豪胆に笑顔を見せる姉御肌。
とある雇われ戦で槌を交え認め合ったストレイの自由犬の相棒が居たが、邪霊退治の任務の最中に邪霊にとり憑かれ、已む無く相棒を手にかけてしまう。これをきっかけに邪霊─“見えざる者”に過剰な敵愾心を持つようになった。
(より詳しい設定はキャラシートで)

シナリオフック:(フリー)

今現在、彼女自身に邪霊と戦うのに有効な手立てがない。いつしか自分の手で邪霊を退治できる力・武器を探し求めていた。
そんなある日、対抗できる可能性があるマスターワークの情報を少々胡散臭いネズミが持ち掛けてきた。これは信頼できる情報なのだろうか?

外観情報

普段は毛並みが汚れて灰色がかって見えるが、水浴びをしたりすると生来の綺麗なピュアホワイトになる。
トレードマークは巨大な木製のメガトンハンマー(“100t”という古代文字が!)

プレイヤーコメント

デイジーは元々CD&Dの時代に行っていたキャンペーンの際に生まれたハンマー使いのクレリックでした。
今回パグマイアで生まれ変わってもらうことにした際に、よりタフでパワフルなハンマー(データはモールw)使いに特化しようと考えまして、大型犬でのストレイを目指しました。
クレリックだった痕跡は、見えざる者を宿敵とするところですね。
姉御肌の彼女でプレイする日が楽しみです。

カトレア・シーズー/シェパード/愛玩犬

  • 名前:カトレア・シーズー
  • 天命:シェパード
  • 血統:愛玩犬
  • セリフ:「あなた、わたくしとお友達になりましょう。よろしくて?」
  • PL:拓ちゃん
  • キャラシート

設定

由緒あるシーズー家の四犬姉妹の末娘。
ある日どうやって手に入れたかわからないメダリオンが“ヒトの教会”のご神体の前で突然震えたことをきっかけに教会で学ぶことになり、瞬く間に修めて若干12歳の若さでシェパードとなった。
ただ、小さい頃から屋敷と教会でばかり過ごして来たためか同い年くらいの友達がいなかった為、開拓者となった今ではどんな相手とも仲良くなりたがる。
(より詳しい設定はキャラシートで)

シナリオフック:(要相談)

カトレアはたまに“あの日”─メダリオンを手に入れた日─のことを夢に見ます。
ただ、薄ぼんやりとしているのですが、自分と同い年くらいの仔犬?仔猫?それとも全く別の種族の誰か?のシルエットと、「リィィィーン」という甲高い音が聴こえたことしかわかりません。
あのシルエットは一体誰なのでしょう?何故カトレアにメダリオンを渡したのでしょう?

外観情報

オーソドックスな白・茶の毛並み。頭の天辺を一房、赤いリボンで結んでいる。

プレイヤーコメント

血統で愛玩犬を選ぼうと考えた時点で「みんなと仲良くなりたい」がテーマとなり、技能や芸も仲良くなることを目的としたものを選んでいます。
ただ、貴族としての務めと矜持も併せ持つことから呪文に「コマンド」を持たせてみました。
性格的にはいい娘なのですが、ナチュラルに慇懃無礼なところが玉に瑕な感じです。

ポール・ブリッツさんPC

ブラッキー・ザッシュ/ガーディアン/雑種

ブラッキー・ザッシュ/ガーディアン/雑種

  • 名前:ブラッキー・ザッシュ
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:雑種
  • セリフ「戦場は怖い。だが敗走の汚名を着ることは本職にはもっと恥辱なのだ!」
  • シート
  • 登場回

設定

猛犬聯隊と異名を取った第13雑種歩兵部隊のわずかな生き残り。部隊は交通の要所を巡る死守命令を受け、数において十数倍する敵の猫軍に対して勇戦敢闘、隊長のブル大佐はじめ部隊の75パーセントを死傷により失いながらも死守に成功した。この戦いで自分が軽度の戦争恐怖症にかかったことを悟ったブラッキーは、恩賜の武器防具をもらって陸軍を辞し、開拓団に入った。

シナリオフック「あの麗猫はいずこへ」(フリー)

戦争でブラッキーが殺した猫兵には、両親はとうにいないけど、看護学校に通う可愛い妹が一人いて、妹さんはつて(どんなつてだかは誰も知らないが……)を頼りに外務省つきのメイドになったそうな。バカなことを考えての事でなければいいけれど……いや、後ろめたい理由などないとは思うけど……

プレイヤーコメント

猛犬聯隊の忠勇無双な陸軍軍人ブラッキー・ザッシュ……要するに「のらくろ」である(笑)
「猛犬聯隊」は通称で、「第13雑種歩兵部隊」が所属していた部隊ですから、そのへんはよろしくお願いします。普通に連隊っていったら何千人規模なので、パグマイアの世界に換算するとどうなるか自分でもよく……。
タンク兼アタッカーとして、パーティの戦線を支えますのでよろしくお願いします!

ソニー/アーティザン/雑種

  • 名前:ソニー
  • 天命:アーティザン
  • 血統:愛玩犬
  • セリフ「では英雄伝を一節」
  • PL:ポール・ブリッツ
  • シート
  • 登場回

設定

自称・吟遊詩人。幼少時より音楽と詩に優れ、英雄叙事詩に耽溺して過ごす。どこで拾ってきたかわからぬ妙な楽器(カリンバ)を鳴らしながら歌っているうちにいつの間にか名人の域に達した。とにかく好奇心旺盛。食道楽で、酒食のたびにうんちくを垂れる悪癖があるが、どんなものでもがつがつ食べ、食べ物にはいやしい。

シナリオフック:「幻の『年代記外伝3巻』」 

ソニーが王国の本という本を読破にかかっていたときに、どうしても見つからなかったいくつもの本のうちで、もっとも重要かつ面白いことが書いてある本……と思われる。内容は、「犬外の種族の英雄譚」らしい。どうもそれが犬族優越主義者の気に入らなかったのか、現在はどこにも存在しない。それが入手できるなら、ソニーは自分の両手でも差し出してしまうのだが……。(フリー)

プレイヤーコメント

後衛として作った詩人です。趣味からいえば、むしろ浪曲師か講釈師かもしれません(笑) 未体験の本と食い物さえちらつかせれば南極へでも行くようなやつとしてプレイしたいなあ。

アレクセイ・ボルゾイ/ラッター/競争犬

  • 名前:アレクセイ・ボルゾイ
  • 天命:ラッター
  • 血統:競争犬
  • セリフ「うう、退屈の虫がうずく」
  • シート
  • 登場回

設定

パグマイアでも指折りの貴族の3男で、誰もが認めるドラ息子。
酒は一滴も飲まないが、かわりにひどいギャンブル中毒で、日がな一日居酒屋でバックギャモンをして遊んでいる。
しかしそれは仮の姿なのだ。
夜になると漆黒の鎧にマントを身につけ、仮面をかぶり、得意のレイピアで、酒場で漏れ聞いた庶民を泣かせる悪党を退治しては動かぬ証拠と共にさらしものにしていた、正義の味方「ザ・ハングドッグ(絞首犬)」。
だが、ロリコン男爵を仕置きしていたところをヨーシャ姫に目撃され、半ば脅迫同然に開拓団に加わらせられた。
あろうことか開拓団には悪党がいないので退屈で仕方がない。
愛称はアリョーシャ。

シナリオフック:「鉄の爪」(オープン)

師匠である引退したラッター「ナイトハウンド」が、20年前死闘を尽くしたものの正体すらつかめずに終わってしまった謎の悪党。
死んだのか生きているのかもはっきりしない。
パグマイアの社交界のかなり上層部にいるらしいのだが。
20年間なんの動きもなかったので師匠もなにもしてこなかったが、ロリコン男爵の書斎から、封書と共に一本の鉄の爪が見つかった。
もしや……と思ったものの、開拓団にいては調査するすべもない。
いや、もしかしたら相手はアレクセイの存在に気づいているのかもしれない。
もし、あの悪党が本気になったら、開拓地をどれだけの災厄が襲うだろうか……

プレイヤーコメント

こっちはすぐにイメージが固まったw
真っ白くつややかな毛並みをした、碧眼のボルゾイの優男。
普段は悪趣味な服を着てグータラしているが、いざ仕事にかかるとなると、レイピアを携え、地味で実用的な革鎧に身を固める。
もちろんイメージは、映画「奇傑ゾロ」と「黒いチューリップ」ですw
それぞれダグラス・フェアバンクスとアラン・ドロンが演じてるやつですねw

たますけさんPC

ピエロ・ジャンブル/ラッター/雑種

ピエロ・ジャンブル/ラッター/雑種

  • 名前:ピエロ・ジャンブル
  • 天命:ラッター
  • 血統:雑種
  • セリフ:さあ、幕を開けよう♪
  • PL:たますけ
  • シート
  • 登場回

設定:

パピヨン家に生まれるが片親の遺伝で体格が大きかったため馴染めず幼少期に家を飛び出してしまった。

その後は多種族混合の移動サーカス団「ジャンブル」の前座長(猫族)に拾われ弟子として手品や芸を仕込まれた。
弟子になったときにパピヨン家としての名は捨て前座長にもらったピエロを名乗っている
前座長の死後はその跡を継ぎ座長としてジャンブルサーカス団を率いているが、他種族混合なためなかなか受け入れてもらえず経営に苦労している。

普段は城壁の外で団員たち馬車で生活しているが、新たな団員探し兼演出に使えるヒトの遺産を手に入れる為開拓者として依頼を受けている

シナリオフック:フリー

ジャンブルサーカス団は犬以外にも猫やネズミさらにはアナグマ族まで所属しているためいろいろな貴族から警戒されているうえマウ連合君主国でも公演を行っているためスパイではないのかと疑われたりもしている

プレイヤーコメント:

胡散臭い道化の手品師みたいなキャラで作らせていただきました
でも性格は善い犬なので仲良くしてやってください

外観情報:外見は顔はパピヨンだが長身
シルクハットをかぶり道化師の衣装を身にまとい右の目の周りを紫のハート形の化粧をしている

ティアナ・ジャンブル/ハンター/牧羊犬

  • 名前:ティアナ・ジャンブル
  • 天命:ハンター
  • 血統:牧羊犬
  • セリフ:ハドレ‥ここ‥どこ?
  • PL:たますけ
  • シート
  • 参加回

設定

平民の普通の家系に生まれたが幼少期に出会ったハドレを追って森に入り迷子で家に帰れなくなりそのまま数年間ハドレと森で暮らしていた3年前にピエロに拾われその虫や動物と仲良くできるスキルを買われジャンブルサーカス団に入団くぁいらしい見た目も相まって看板犬となっている

シナリオフック:(フリー)

ピエロが目を離すとすぐにあたらしい友達を探しに森へとふらふらと行ってしまい自分でもきずかないうちに迷子になっている基本は相棒のハドレの助けを借りて数日後には帰ってくるのだがたまに大きなトラブルに巻き込まれて迎えに行かないと帰ってこないこともあり座長兼保護者のピエロにとっては悩みの種である

プレイヤーコメント:

先日のPBWに出させていただいた猛虫使いのティアナを作りました
コンセプトとしてはかわいらしいけど天然でやらかす子です

外観情報:

真っ黒でカワイイ小柄なスキッパーキの女の子
いつも相棒のハドレと一緒にいる

NPC

王都のNPC

無邪気なお姫様 ヨーシャ・パグ

無邪気なお姫様 ヨーシャ・パグ

パッキントン・パグ王の娘にして、駆け出しのアーティザン。
魔法や遺物、そして読書が大好き。

礼儀正しく、正直者で、無邪気な女の子。

全種族同盟を目指している。

その第1歩として今回猫との交渉に挑む。

パグマイア王国の牧師たる シスター・ピカサ・コリー

シスター・ピカサ・コリー

パグ家に仕える元セレブ商犬の牧師(シェパード)

依頼を持ってきてくれたり、世話役的な役回りをしてくれます。

ベテランハンター パン・ダックスフント

ベテランハンター パン・ダックスフント

ベテランハンターにして開拓者。
後輩開拓者のサポートをすることもある。

  • 公式のキャラ P37
  • 登場回

鍛冶屋のシュペーア・ライカ

鍛冶屋のシュペーア・ライカ

サウスゲート地区で「鉄槌公房」という鍛冶屋を開いている。
その腕は確かだが、もと開拓者で気に入った仕事しかしないらしい。

片耳が開拓者時代の戦闘でかけている。

開拓村に領主として赴任することになったアルフを助けるため開拓村の職犬ギルドの代表を引き受ける。

開拓者バウエンとは古くからの知り合い。

開拓者寮のメイド精霊(AI) キキーモラ

キキーモラ

開拓者寮のメイド精霊(AI)で実体はなくホログラムとして現れる。

メンテ用のゴーレム「ブラウニー」とともに、開拓者寮の火事とメンテナンスを担当している。

開拓者寮は先代の所有者のアーティザンが集めたヒトの遺産と資料であふれている。
遺産の一部は寮の家具としても活用されている。

犬とは違う外観を隠すため普段は柴犬のお面をかぶっている。

商犬ギルド代表 インディ

商犬ギルド代表 インディ

考古学者にして商犬。若いころは開拓者をしていた。
開拓者をしていたころの実績やコネクションなどを活かし商犬として大成した。
いまは開拓者へ依頼を出すことでヒトの時代の研究を続けている。
ヒトの遺跡の多い恐怖の森に近い開拓村での商犬ギルドの仕事は、実益と知識好奇心を満たす良い仕事だとおもっている。

民兵代表 フィダン

民兵代表 フィダン

アナグマとの防衛戦で開拓者を知り合ったアキタの青年。
開拓村に家族で越してきた。

新婚で奥さんのアデルと仲が良い。

民兵の代表で責任会が強い。

八角塔の妖精 コチハチルア

塔の妖精 コチハチルア

八角塔の管理妖精。入植者が来たことで意識が再起動した。
村の住民のために働くのが好きな妖精。
様々なロボットを操る
キキーモラの下位妖精。
八の氏族の知り合い。

王都外のNPC

イエローヘッド

イエローヘッド

黄布族というアナグマの集団を率いるアナグマの戦士。
自分がより強くなるため、より強いものとの戦いを求めている。

l※こちらのキャラは倒しても逃亡扱いになります。
成長しつつ何回も開拓者の前に現れる敵役になります。

ココ・チャトラ・フォン・レックス

ココ・チャトラ・フォン・レックス

  • レベル1
  • 天命:ミンスター
  • ハウス:レックス
  • 背景:貴族
  • 習熟度ボーナス:+2
  • スタミナダイス:1d6
  • スタミナポイント:8
  • 防御力:10
  • イニシアチブ:-1
  • スピード:30/35
  • スペルスロット:4
  • 能力:筋力+1(12)、敏捷力-1(8)、耐久力+2(14)、知力+1(13)、判断力+0(12)、魅力+3(17)
  • スキル:文化知識、説得、魔法学知識、治療
  • 秘密:単純武器の適性、軽装甲の適性、Good Memory、家の育成(レックス)Perfect Balance
    呪文:Command, Thaumaturgy, Vicious Mockery, Charm Person, Healing Word

レックス家のお嬢様。
歌がうまい。
ゴライアスと仲良し。

トゥーラ・フォン・コラート

トゥーラ・フォン・マウ

  • レベル3
  • 天命:チャンピオン
  • ハウス:コラート
  • 背景:兵士
  • 習熟度ボーナス:+3
  • スタミナダイス:3d10
  • スタミナポイント:36
  • DC:16
  • イニシアチブ:+1
  • スピード:25/30
  • スペルスロット:0
  • 能力:筋力+3(17)、敏捷力+1(13)、耐久力+2(14)、知力-1(8)、判断力+0(10)、魅力+1(12)
  • 技能:威圧、感知、生存、追跡
  • 秘密:単純武器の適性、軍用武器の適性、軽装甲の適性、中装甲の適性、重装甲の適性、盾適性、戦闘スタイル:決闘者、戦闘スタイル:守り手、ハウス育成(コラート)、Brute Strength、Mighty Thews

歴史:レックス家に使える女性兵士。主人家族とは兵士になりたてのころからの付き合いで、ココを妹のように慕っている。
ぶっきらぼうなものいいだが、悪気はなく真面目で優しい性格

引退開拓者

アンデンさんPC

シーザー/ストレイ/作業犬

シーザー/ストレイ/作業犬

  • 名前:シーザー・シベリアンハスキー
  • 天命:ストレイ
  • 血統:作業犬
  • セリフ:「オレはやるぜ!」
  • PL:アンデン
  • 外見:白とグレーの毛色、瞳はオッドアイ(青、黄)
  • 登場回
  • キャラシート

シーザー設定

遊牧民一族の戦士。
かつてシーザーの一族はヒトの遺跡において遺産(マスターワーク)を守護する防人であったが、現在ではその役割は失われ、定住地を持たず転々とする移民に成り下がっている。
ある日、シーザーは一族の倉庫の中から12面体の水晶を見つける。それは失われたはずの防人の戦士の証であり、この事により運命的なものを感じたシーザーは族長の許しを得てマスターワークを探す旅に出ることとなる。
非常にやる気がありポジティブな性格であるが、悪く言えば無神経でやかましい。毛色は白とグレー、ハスキーの一族に見られるオッドアイ(青、黄)の特徴を受け継いでいる。
あまり手入れはしていないためか毛並みはボサボサである。
口癖は「オレはやるぜ」。

シナリオフック「奪われたマスターワーク」(フリー)

シーザーの元を顔なじみのハスキーが訪れた。彼(彼女)はシーザーと同じ部族の出身であり、現在は審問官として働いている。
そのハスキーの話によると、最近マスターワークを利用して悪さをしている連中がいるらしい。
しかも、そのマスターワークはかつてシーザーの一族が守護していたものだということだ。
彼(彼女)は悪事を働く連中を退治し、そのマスターワークを取り戻して欲しいと依頼してくる。もちろん、シーザーは乗り気だ。
そのマスターワークは一体どんな力を秘めているのだろう?
そして、悪用している連中の正体は?

プレイヤーコメント

30年近く前にはやった漫画「動物のお医者さん」に出てくるシベリアンハスキーのシーザーをモチーフに作ったキャラクターです。
自分自身は犬を飼った経験は無いですが、子どもの頃近所の人がシベリアンハスキーを飼っていてよく遊んでいたので、そういった意味でも思い入れのある犬種です。
キャラクター的にはモチーフとなっているシーザーのようにやる気はあるけど無駄にやかましい的な感じでやれたらと考えます。
天命がストレイでかつ火力特化型ビルドであるので、戦闘では貢献しつつ倒れないように頑張りたいです!

魚介類さんPC

ブランカ/ハンター/競争犬

ブランカ/ハンター/競争犬

  • 名前:ブランカ・ボルゾイ
  • 天命:ハンター
  • 血統:競争犬
  • セリフ:「それ手伝ったらうれしい?ほめてくれる?」
  • PL:魚介類
  • 登場回
  • シート

設定

平民一家の末っ子。働き者の兄たちの陰に隠れて、要領よく仕事をさぼって暮らしていた。
気まぐれに両親の仕事を手伝って街の外についていった時、魔物に襲われてしまうが、彼のとっさの判断によって偶然にも魔物は退けられ、家族は命拾いした。
両親からの感謝に気を良くした彼は「魔物を退けることこそが自分の天命である」と軽率に思い立ち、意気揚々とギルドにやってきた。
まともに働いたこともないため、世間知らずで礼儀知らず。
2m近い巨体だが、手足の細さと緊張感のないオーラのおかげか、威圧感はない。

シナリオフック:「母親の、愛の……?」(要相談)

開拓者になるためギルドを訪ねていくその日の朝、母親がくれた一本の鞭(ウィップ)。
彼女が若いころ、開拓者として働いていたときに使っていた武器だという。そんな話は初耳だ。
「この鞭の出所は、誰にも話してはいけないよ」
なぜかそう言い含められて渡されたウィップは良く使い込まれており、手になじんだ。
母のお下がりを手に開拓ギルドへ向かうブランカは、リヴァーウォール地区で一犬の飲んだくれとぶつかり、喧嘩を売られてしまう。
殴られる…――!
咄嗟に顔を守ったブランカの手に握られていた母親の鞭を見て、飲んだくれは血相を変え、何も言わずに逃げるように去っていった。
母は、一体何者なんだろう…………  まあ、何者でもいいか。

実際に遊びました。

干支の石2「母親の、愛の……?」 GM:たぐっちゃん

プレイヤーコメント

賑やかし要員のようなキャラクターを目指しました。
うざったがられない程度にわいわいしながら冒険に出られたらうれしいです!よろしくお願いします!

ブランカとキキーモラ
ブランカとキキーモラ
「開拓者寮の夜」
「開拓者寮の夜」
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画
「母親の、愛の……?」設定画

イゾルデ・ドーベルマン/ガーディアン/頑犬

イゾルデ・ドーベルマン/ガーディアン/頑犬

  • 名前:イゾルデ・ドーベルマン
  • 天命:ガーディアン
  • 血統:頑犬
  • セリフ:「構いませんわ!手あたり次第にブチかましますわよ!」
  • PL:魚介類
  • シート
  • 登場回

設定

王都警備隊員の娘。立派な警察犬になるための修行中の身。
その一環として、実務経験を身に着けるために開拓者ギルドの門を叩いた。
「強く気高く美しく」がモットーで、全てを兼ね備えたレディを目指しているが、生来の粗雑さはなかなか隠しきれない様子。
負けず嫌いで、他犬からのやさしさを素直に受け取れないことも。

シナリオフック:「いつかわたくしも青い衣を」(要相談)

一歩家を出た瞬間から、イゾルデの修行は始まっていた。
誰の庇護も受けず、頼みは己の腕のみ。
そう意気込み、そうあろうとする彼女であったが、それでもくじけそうになる日はあった。
そんなとき思い起こされるのは、王都警備隊員である敬愛する従兄の姿。
いつか彼と肩を並べて青い衣をまとい、この国のために働く。そんな未来を思い描くと、不思議と心が軽くなる。
トリスタン・ドーベルマンは、彼女の心の支えだった。

…それはそれとして。
近頃、リヴァーウォール地区のある酒場では、ひそかにこんな噂がささやかれている。
「とある犯罪組織に頻繁に出入りしているレッドドーベルマンがいる」と。

プレイヤーコメント

自分が戦闘で上手に立ち回れないのなら、他PCにいっぱい動いてもらえる芸を取ればいいのでは?!という他力本願の心からうまれたPCです。
それはそれで使いどころが難しそうですが……PLもPCもいろいろ学ばせていただきます!
(「トリスタンとイゾルデ」からPCの名前を取っていますが、元ネタとの関連はありません(?ω?))

開拓者名簿

Posted by たぐっちゃん