セッション情報

アークの遺産5 「今、話したい誰かがいる」

導入

開拓村にできた放送局。
その放送に耳を傾ける犬たちから助けを求める女性の声が聞こえてくるという報告が多く寄せられていた。
原因を調べると、10面体の氏族からその声が送られていることが分かった。
10面体の氏族はいま2つに分かれて争いをしているらしい。
その仲を修復するため、氏族に伝わる伝統の儀式を復活させたいと助けてくれる人がいないかと声を送り続けていたらしい。
姉妹のように育ったナナミとナナセ。
彼女たちの声は届くのだろうか。

募集詳細

  • GM名:たぐっちゃん
  • シナリオ名:Dの秘密の館
  • 対応人数:2~4人
  • レベル:2~3
  • 開催日時 :3日予定、6/11は22時、6/12と6/14は21時開催
  • 伝助 https://densuke.biz/list?cd=vkbmne7UZ6F5hfWb

2~3レベルのキャラで遊べればと思います。
セッション内で演劇のようなことができればと思っています
ふたつのSで口伝でのみ伝わる儀式の情報を集めていく感じのものです。

参考回と参考動画

アークの遺産

ヒトの時代のアークというマスターワークに関わる物語

参加希望・不参加のリアクションおねがいいたします。

伝助での調整の場合は参加希望のコメントとともに伝助の記入もお願いいたします。
※伝助の調整の場合は、ガイドさんの案内する日程に参加できる方のみ参加コメントお願いします。

ここでのエントリーはプレイヤーのエントリーになります。

エントリーの際に、ご自身のハンドルネームと抽選の基準となる「開拓者ポイントのPL参加分」を案内してください。
「開拓者ポイントのPL参加分」はこちらで確認できます。

たぐっちゃんです。「開拓者ポイントのPL参加分」は、2です

不参加の場合も案内を見たとわかるようにチャットの案内にリアクションおねがいします。

募集を見てくださっているアクティブユーザーさんの確認とさせていただきます。
このリアクションマークでおねがいします。

困り顔

今回の参加者さん

案内した順に使用キャラをコメントしてください。できるだけ天命かぶらないようにしていただけるとありがたいです。
シナリオを参加PCに合わせて調整したいので6/6までに使用PCを決めてください。

  1. 魚鎚さん パグスロット/ガーディアン/愛玩犬
  2. たますけさん
  3. テオドシアスさん
  4. aiuaさん

次回優先参加枠

  1. 魚介類さん
  2. キンターさん
  3. 拓ちゃんさん

パグマイア オンラインサンドボックス「善き犬の都の開拓者」の追加サンドボックス「ふたつのS」

パグマイア オンラインサンドボックス「善き犬の都の開拓者」の追加サンドボックス「ふたつのS」を今回も用います。

情報収集を見える化したサンドボックスとなります。

「進行度」と「真相度」のふたつで情報収集シーンを管理していきます。

今回のマップは10面体の氏族の物を作ります。

ふたつのS

事件の進行を表す「進行度」と、事件の真相に迫る「真相度」を使って管理していきます。

事件の進行を表す「進行度」と、事件の真相に迫る「真相度」を使って管理していきます。

事件の進行を表す「進行度」

事件の時間的な進行をあらわします。
進行度が蓄積することでイベントが起きる場合もありますが、敵に有利になることが多いので、できるだけ進行度は上げずに情報収集することになります。

事件の真相に迫る「真相度」

事件の真相に迫ることを表します。
真相度が累積することでイベントが起きることがあります。味方に有利になることが多いので、真相度をどんどんためていく方向で情報収集していただければとおもいます。
また真相度を消費することで、セッション中に案内された真相カードをオープンすることができます。
蓄積した進行度の数値はのこります。

情報収集できる場所は、獲得できる「進行度」と「真相度」を持ちます。

セッションが進んでいくと、行ける場所が増えます。

情報収集できる場所は、獲得できる「進行度」と「真相度」を持ちます。

、獲得できる「進行度」と「真相度」を持ちます。

おとずれてシーンが進行することで、そこに案内された「進行度」と「真相度」を獲得します。

「or」と案内されている場所は判定で獲得する「進行度」と「真相度」が変わります。

「進行度」と「真相度」には「1or3」という感じに案内されている場所があります。
そちらでは判定があり、その結果で獲得できる「進行度」と「真相度」が変わるという事がわかるようにしてあります。

  • 進行度に「or」がある場合は、真相を得るために時間がかかってします可能性があることがわかります。
  • 真相度に「or」がある場合は、判定に失敗すると得られる情報量が下がってしまうことがわかります。

「進行度」と「真相度」はインベントリでも確認できます。

「進行度」と「真相度」はインベントリでも確認できます。
相談の際などの活用ください。

「進行度」と「真相度」はインベントリでも確認できます。

「真相度」は、「真相カード」のオープンにも使えます。

セッションが進むと「真相カード」が案内されます。
「真相カード」は事件の真相は案内されているカードです。

「真相カード」

「真相度」消費することで真相カードがオープンされ、あらたに「真相カード」が案内される場合があります。

真相カード解説

真相カード解説

  • 真相名:真相の名まえです。
  • 真相オープンコスト:真相をオープンするのに必要な「真相度」です。
  • 真相リンク:こちらのマークがある場合は、オープンされた際にあらたな「真相カード」が案内されます。
  • 真相内容:どのような真相がわかるのか案内されています。
  • 真相オープン情報:オープンされることで分かる情報が案内されています。

実際に遊んだこちらの卓が参考になると思います。

「母親の、愛の……?」 GM:たぐっちゃん

 

 

パグマイア秘史2「Dの秘密の館」 GM:ルマンド

導入

北の村から開拓団へある依頼が持ち込まれた。
最近、その村では、狩猟や薪の採取のために山に入った村人が、行方不明になる事件が多発している。行方不明となったのはいずれも付近の地理に精通した者たちであり、遭難したとは考えられない。また、村人の中には、山中で不気味な叫び声を聴いたものや、夜空を飛行する何かを見たという者もいる。
そのため村では、何か得体の知れない魔物が原因だとする意見が大勢を占めている。しかし、その正体を探るために山中へ赴く村人はいない。
そこで、上記事件の原因究明と、可能であればその原因を排除して欲しいというものであった。

募集詳細

GM名:ルマンド
シナリオ名:Dの秘密の館
対応人数:2~3人
レベル:2~3
今回、ガイド2回目です。
まだまだ、不慣れな点多々あると思いますが、よろしくお願い致します。

開催日時 :平日夜 3夜(うち予備日1日)21時~23時 (伝助で調整)
伝助(パスワード:pg)
https://densuke.biz/list?cd=VEx9sTzas9eyXQvR
募集締め切り:5月22日(金)18:00

参加希望・不参加のリアクションおねがいいたします。

伝助での調整の場合は参加希望のコメントとともに伝助の記入もお願いいたします。
※伝助の調整の場合は、ガイドさんの案内する日程に参加できる方のみ参加コメントお願いします。

ここでのエントリーはプレイヤーのエントリーになります。

エントリーの際に、ご自身のハンドルネームと抽選の基準となる「開拓者ポイントのPL参加分」を案内してください。
「開拓者ポイントのPL参加分」はこちらで確認できます。

たぐっちゃんです。「開拓者ポイントのPL参加分」は、2です

不参加の場合も案内を見たとわかるようにチャットの案内にリアクションおねがいします。

募集を見てくださっているアクティブユーザーさんの確認とさせていただきます。
このリアクションマークでおねがいします。

困り顔

主な内容

ダンジョンの探索がメインのシナリオです。
グリッドマップ戦闘を採用しております。

パグマイア秘史2「Dの秘密の館」

今回の参加者

  1. 魚鎚さん パグスロット/ガーディアン/愛玩犬
  2. たますけさん ピエロ・ジャンブル/ラッター/雑種
  3. たぐっちゃん ビアンカ/シェパード/雑種

次回優先参加権

  • テオドシアスさん
  • aiuaさん

リプレイ

ガイド:では始めます
ビアンカ:おねがいします
ピエロ:よろしくお願いします
ガイド:よろしくお願いします。
パグスロット:よろしくですわん
ガイド:では、早速導入です

プロローグ

ガイド:君たちは今、開拓団に持ち込まれたある依頼により、王都パグマイアを出発し、目的 地を目指して街道を北上している。
ガイド:街道の両側には沼地(マイア)が広がっており、水辺での生育が可能な湿地性の樹木や葦が沼地のいたるところに群生している。それらの間には、沼地を開墾して造り上げられた田畑が点在しており、農作業をする農民もちらほら見受けられる。
ビアンカ:のどか
ガイド:また、君たちはごくたまに、街道を南下してくる荷馬車の一団とすれ違うことがあった。荷馬車は武装した数名の兵士で護衛されており、荷馬車の幌には貴族の紋章が大きく描かれている。
君たちはその紋章がD大公のものであることを知っている。北の山脈には大公の鉄鉱山があり、積み荷はおそらく、そこで採れた鉄鉱石だろう。
ガイド:君たちが請け負った依頼は、北の山脈の麓にある小さな村から持ち込まれたものだった。依頼の内容は、次のとおりだ。
ビアンカ:はい
ガイド:最近、狩猟や薪の採取のために山に入った村人が、行方不明となる事件が多発している。行方不明となったのはいずれも付近の地理に精通した者たちであり、道に迷うなどして遭難したとは考えられない。また、村人の中には、山中で不気味な叫び声を聴いたものや、夜空を飛行する何かを見たという者もいる。
ガイド:そのため村では、何か得体の知れない魔物の仕業だとする意見が大勢を占めている。しかし、その正体を探るために山中へ赴く村人はいない。
そこで、北の村から開拓団へ持ち込まれた依頼は、上記事件の原因究明と、可能であればその原因を排除して欲しいというものであった。
ガイド:目的地までは徒歩で6日ほどだ。道すがら、互いのことを知る時間は十分にあるだろう。
ガイド:各PCの自己紹介などお願いします
ビアンカ:はい
ピエロ:はーい
ビアンカ:だれからかいってください
パグスロット:おうけい
ピエロ:わたしいってもよいです?
ビアンカ:どうぞ
ピエロ:(大げさにお辞儀をして)
「こんにちわさ~はじめましてか~たははじめましてさ♪わた~くしは誇り高きジャンブルサーカス団二代目座長
ピエ~ロ・ジャンブルさ~♪」
「せんじ~つはショーも開かせていただいたがみ~てくれたかなさ♪?」
パグスロット:「おー、うわさにきくサーカス団の御仁か!」
ビアンカ:「子どもたちと拝見しました」
ピエロ:「み~てくれていたのなら~うれし~さ~♪」
ピエロ:「こんかいはよろしく~たのむさ~♪」
ビアンカ:おねがいします
パグスロット:「たのむさ〜、はははは」
ビアンカ:犬みしりなのでさいごがいいな
パグスロット:「では、わたしが・・」
ピエロ:「きみらのこと~もおしえてほしいさ~♪」
パグスロット:「ききたいか!?」
パグスロット:しっぽは小刻みにふるえている
ピエロ:「もちろんさ~かっこの良いごじんよさ~♪」
パグスロット:「ははは、私は
パグスロット:「円卓のパグ パグスロットだ。」
パグスロット:「見ての通り、良き騎士をめざしている!」
パグスロット:「まだまだ修行たりないゆえ、ご指導ご鞭撻をたまわりたい」
ビアンカ:「騎士様」
ピエロ:「円卓‼実にロマンのあ~るひびきさ~」
パグスロット:「私の力はひと犬ではまだたりぬゆえ、円卓のパグを集めているところだ」
ビアンカ:ぶれないですねw
パグスロット:「だれもがなれるわけではないぞ!」
パグスロット:↑うそ
ビアンカ:「立派な犬がなれるんですね」真に受けている
ピエロ:「お~わた~くしもサーカス団員を探してるところさ♪
おたがいがんばるさ~♪」
パグスロット:「なんと、かしこき犬であるか、、してそなたについてももそろそろおしえてくださらんか?」
ビアンカ:「わたしですか」照れくさそうに
ビアンカ:「よろしくお願いします。シェパードのビアンカです」
おとなしそうなコーギーの雑種ですね。
ビアンカ:最近会った方ばかりなので緊張している様子であいさつを続けます。
ビアンカ:「普段は開拓村で孤児院の院長と学校の校長先生をしています」
ビアンカ:手の甲の宝石をもじもじいじりながら続けます。
ビアンカ:「実は開拓者としての仕事は初めてなのです。お役に立てるように頑張ります!」
ビアンカ:3レベルまでのシェパード魔法が使えます。
ビアンカ:回復役はもちろんですが、ブレスでのサポート。
いざとなればヘイストで2回行動させることもできるので頑張ります。
パグスロット:「おお、なんと善き犬になることと、騎士道はにておると、私はおもっておる!」
ピエロ:「孤児院の~せんせい様でしたか~今度うちの虫使いの子犬に勉学をおしえてやってはくれまいかさ♪」
ビアンカ:「私もなれますか!」うれしそう
ビアンカ:「ぜひぜひ。みんな良い子なのでなかよくしてください」
ビアンカ:こんなかんじです
パグスロット:「二人とも、騎士として称賛を惜しむことはない!」
ガイド:ありがとうございます
ガイド:すばらしいRPでした
ガイド:ありがとうございます、フォーチュン1差し上げます
パグスロット:わーい
ビアンカ:ありがとうございます
ガイド:では、続けますね

北の村

ガイド:君たちは6日後の夕刻、目的の村に到着する。
依頼主である村の村長が君たちを出迎えるが、その顔は憔悴しきっている。
「実は、私どものひとり娘が昨日から行方知れずで……」村長は君たちに訴える。
ガイド:「娘には山には近づくなと言い含めておったのですが、昨日の昼に山に入ったようでして。ああ、長旅でお疲れのところ恐縮なのですが、どうか今すぐ山に入り、娘を探して頂けないでしょうか? もう手遅れかも知れませんが……。お礼は当初お話ししていた額の2倍お支払いいたします」村長は涙を流して請い願った。
ビアンカ:「それは心配ですね」ここまで6日。依頼者さんも片道6日。半月くらい前から事件が起きている?
ガイド:「ええ、そうです」
ピエロ:「もちろんさ~レディーをたすけるのは紳士の~たしなみのひとつさ♪」
ビアンカ:「何の用で山に行ったかなど普段の様子からわかりますか?」
パグスロット:「騎士道大原則ひとーつ、騎士は、困った犬を助けなければならない」
ガイド:そして、村長は言います。「ああ、ありがとう。どうかよろしくお願いいたします」村長は礼を言った。そして、こうつけ加える。
ガイド:「この村は北、西、東にある山々に囲まれておるのですが、西の山の中腹あたりに大きなお屋敷があるのです。こんな田舎に不釣り合いなほどの立派なお屋敷で、聞くところによると、なんでもD大公様の別荘だとか」村長は少し声をひそめる。
ガイド:「実は行方不明になったのは、いずれも西の山に入った者たちでして……。もしかしたら、そのお屋敷に住む方が何かを知っているのではないかと、私どもは考えておるのです。ただ、これは憶測に過ぎませんし、貴族さま相手にこのようなことを申し上げれば、あとでどのようなお叱りを受けることか。それで開拓団へ依頼する際には、この話は伏せておりました。そこで、もしよろしければ、そのお屋敷を中心に調査をして頂けないでしょうか」
ビアンカ:問い合わせていない?
パグスロット:「ドーベルマンは苦手ではある、、が、話をとおしたほうがよいのでは?」
ガイド:村人は大公を恐れて、お屋敷には近づかないようです。
ビアンカ:なるほど
パグスロット:「恐れる理由があるようだな」
ビアンカ:開拓者ギルドに来た依頼というのはどのくらい捜査権をもつのかな
パグスロット:「何をいってもわれわれは口が硬い、いってみてはもらえぬか?」
ガイド:捜査権は微妙かなと思います
パグスロット:捜査権というか信頼度ってかんじですかね?
パグスロット:悪い開拓者がいれば、きいてくれなくなるでしょうね
ガイド:パワーバランス的な感じ?
パグスロット:おお
ガイド:王家に次ぐ家柄ですので
ピエロ:「貴族はい~つも身勝手さ~特にドーベルマン家はわた~くしも好かないさ♪
怪しいうわ~さがたえないからねさ♪」」
ビアンカ:最初から訪ねていいのかな
ビアンカ:もう少しいなくなった状況などきいたほうがいいか
ガイド:まあ、ガイド的には行って欲しいところです
ビアンカ:何匹かとか
パグスロット:ドーベルマンの評判はどんなものか
ビアンカ:犠牲者がいるとかもかかわすもんね
ビアンカ:最初のから寺家列で教えてもらえると嬉しい
ビアンカ:最初は身体の丈夫そうなオスだったとか
ビアンカ:推理にもつながる
ビアンカ:時系列
ガイド:まあ、山に入るのは体の丈夫なものですから
ピエロ:「貴族をおそれても仕方ないさ~こうしてる今もレディーが怖い思いをしているならたすけるしかないさ~♪」
ガイド:その辺は、バラバラですね
ガイド:老人はいない感じでしょうか
ビアンカ:何匹いなくなったもわからない。この村い以外でも被害が出てるのかな
ビアンカ:もういく?
パグスロット:「娘さんは特に心配であろうな」
ピエロ:「まずは屋敷ではな~く屋敷の周辺をさが~すのはどうさ~?」
ガイド:この近辺は、村はここだけですね
ピエロ:ピエロは子供を助けることで頭がいっぱいの為聞き込みとかをするならピエロをたしなめていただきたいですじゃないと飛び出していきそうです
ガイド:ちなみに10頭くらいは居なくなってます
ビアンカ:ドーベルマンの仕業と分かっていて依頼したのか、捜索メインなのかがわからず
ガイド:一日1頭ペースですね
パグスロット:「おそらく行方不明者がみつかれば、何らかの知らせがあるだろう、もしD大公の屋敷のものがなにやら良からぬ企てをしているのであれば、見つかる前に見つけ出したいな」
ビアンカ:向かえばいいかな
ガイド:では、向かうで良いですか?
ビアンカ:はい
ピエロ:おふたりが良ければ私は大丈夫です
パグスロット:「高貴なものが、悪い企てをしているとは思いたくないが・・、行こうじゃないか」
ガイド:D大公を怪しいとは思ってるかもですね
ガイド:※ここで、ガイドからのお知らせです。
「D大公」という言葉については、この物語の演出上の伏字であり、実際には何かしらの固有名詞が入っているものとしております。(「D坂の殺人事件」という江戸川乱歩の小説がありますが、そんな感じです)それでは、引き続きお楽しみください。
パグスロット:ドーベルマンだけの意味ではないってことか!
ビアンカ:村の犬で屋敷に勤めている犬がいて、みかけたとかがあればなとPL的には動きやすいなとかおもったとこでした
ビアンカ:向かっていいならむかいますか
ガイド:村に屋敷勤めの犬はいないですね
ガイド:交流はまったくありません
パグスロット:ふむふむ
パグスロット:「いなくなった、事実をしらない可能性もあるか」
ビアンカ:大公は屋敷に普段いるかとかもわからない?
ビアンカ:そうなんです。そういわれたらそうですか。と帰るしかなくて
ガイド:普段、大公は王都の屋敷に居ます
ガイド:ここは別荘ですね
ビアンカ:すみません、停滞させているかも
ビアンカ:いきましょう
ピエロ:じゃあいきましょうか
ガイド:了解です

山道

ガイド:夕闇の迫る中、君たちは村長の言に従い、西の山の中腹にある屋敷を目指す。
※ここからは、松明やランタンなどの光源が必要となりますので、光源の持ち手などを決めておいてください。
ビアンカ:武器を持たない私が
パグスロット:おお
パグスロット:始まったら落としてもいいかと
ピエロ:せんとうはピエロがシャッター付きランタンを左手にもってすすみますよ
ビアンカ:はい
ピエロ:右手には鞭を握っておきます
パグスロット:いいものをおもちで
パグスロット:いきましょう
ピエロ:「こうも暗いと見つけられるかしんぱいさ~♪」
パグスロット:「まことにまことに、闇は人のこころを曇らせる」
ガイド:では、続けますね

ガイド:山中は木々が鬱蒼と茂り、君たちは真っ暗な中、ランタンを頼りに進んでいく。
しばらく進むと、目の前に馬車がかろうじて通るほどの道が現れる。村長の話では、この道を登っていけば、目指す屋敷に辿り着けるとのことだった。
ビアンカ:これは夜にたずねる忍び込む?お二人的にどちら?
パグスロット:「道は警戒されてる可能性があるが、せめて襲われんようには気をつけよう
ビアンカ:方向性おしえていただきたく
パグスロット:しのびこみたいですけど、得意ではないが、
ピエロ:最初はたづねてみて反応がわるかったらしのびこむかんじではどうでしょう?
パグスロット:それでいきましょう
ビアンカ:尋ねたら警戒されるからどうしようかとおもったところでした
ビアンカ:了解
ガイド:ここで君たちは【生存】判定を行うことができる。
ピエロ:はーい
パグスロット:1d20+1 パグスロットの生存ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1) → 7[7]+1 → 8
ビアンカ:1d20+3 ビアンカの生存ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 15[15]+3 → 18
ピエロ:1d20+0 ピエロの生存ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 14[14]+0 → 14
パグスロット:わふぅ
ビアンカ:パグさん重い鎧はつかれる
ガイド:まず、ピエロとビアンカは次のことがわかります
パグスロット:なぜ山道が・・
ガイド:地面に車輪と馬の蹄の跡がうっすらと残っていることがわかる。
ガイド:さらにビアンカは、次の情報を得ます
ビアンカ:はい
ガイド:車輪と蹄の跡は、最近のものであることがわかる。少なくとも2日以内に出来たものだろう。
ガイド:さらに、人型の生物の足跡を見つける。車輪と蹄の上に残っていることから、さらに新しいものだとわかる。
ガイド:以上です
ピエロ:「お~や車輪のあとさ♪」
ビアンカ:くるとき馬車とすれちがいましたよね
ビアンカ:そのあと向かう途中ですれ違ったり、後ろから抜かれたりはしていない?
ガイド:それは無かったかと
ビアンカ:なるほど
ガイド:待てよ、あり得るか
パグスロット:「大公の馬車かもしれないな・・」
ビアンカ:そこなんですよね
ビアンカ:6日前と2日だと
ビアンカ:あわなくて
ガイド:定かではないですが
ビアンカ:すみません。都度推理ものぽいので確認していかないと
パグスロット:蹄のあとでどっちむきかわかるかな
ガイド:ただ、街道は往来が激しいので、特定はできないですね
ガイド:ひづめのあとは、登っています
ガイド:つまり、屋敷があると言われている方角ですね
パグスロット:馬車が1つとは限らない
ビアンカ:そうなんですよ。王都と行き来している以外の馬車がいるのかとかかんがえてしまって
ビアンカ:事件内容的に扱う商品鉄鉱石だけか
ガイド:ただ、この道は街道から分岐した道です
ビアンカ:人身売買かもふくいめて
パグスロット:だれかいるのは間違いないくらいでしょう
パグスロット:「ともかく、なぜ山なんだ・・」ハアハア
ピエロ:でしたらやはり尋ねるのではなく隠密でなかをさいしょからさぐります?
ビアンカ:私たちと出会わないは目的地どこかになるなと
ビアンカ:ラッターのピエロさんがいるならそれもありですよね
ビアンカ:警戒態勢とか見て決めますか
ビアンカ:となると極力光源は抑えたいですね
ピエロ:一人隠密で先行してしらべます?
ビアンカ:ダークヴィジョンは覚えていない
ビアンカ:まさかの事態
ビアンカ:いけるとこまでみんなで
パグスロット:いやーそういうのは、最初からなにもないからね
ビアンカ:そのごはそっといくしか
ガイド:では、進みます?
ピエロ:まあすすんでみましょうか
パグスロット:道それたらしんどいからね
ガイド:了解です
ビアンカ:はい

屋敷の前

ガイド:しばらく道を進むと、やがて周囲に生えていた木々が無くなり、開けた場所にでる。そして、月明かりに照らされ、敷地の奥に大きな屋敷がある。
君たちは、村長が言っていた屋敷に到着したことを確信する。
パグスロット:馬車みっけ
パグスロット:そういう馬車か・・
ガイド:敷地内には一台の馬車が停まっている。また、すぐそばに一頭の馬と1体の人型の生物が倒れているのがわかる。
そして、辺りには血の臭いが漂っている。
パグスロット:いきなり事件や
ビアンカ:本当だ
ピエロ:倒れてる方にかけよります
パグスロット:「たすけないと!」
ガイド:倒れている人型の生物は犬である。全身血だらけでまったく動かず、すでに死んでいるようだ。服装から察するに、この馬車の御者だろう。
ピエロ:「だいじょうぶかさ?」
パグスロット:「話せるか?」
ビアンカ:けが人はみなれているけどさすがにショック
ガイド:また、馬も同様に血だらけで死んでいる。
ピエロ:「なんてひどいことをするさ!だめさなくなっているさ」
ビアンカ:屋敷の目の前?敷地内?
ガイド:目の前ですね
ピエロ:「ビアンカ祈りだけでもしてやってほしいさ」
パグスロット:「話してくれ・・」何にやられたか傷あとをみる
ビアンカ:屋敷が騒ぎになっている様子はない?
ガイド:灯りはついてないです
ビアンカ:なるほど
ビアンカ:医術で死因とか調べられます?
ガイド:そうですね、振ってみますか?
ビアンカ:「これは」とかいってみてみます
ビアンカ:治療か
パグスロット:あと御者以外の血痕とかないですかね・・
ビアンカ:治療でいい?
パグスロット:ピエロさんなら見つけられないかな・・
ビアンカ:探索にしてとかればかえます
ガイド:治療で大丈夫です
ビアンカ:1d20+6 ビアンカの治療ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 17[17]+6 → 23
ビアンカ:がんばった
ガイド:ビアンカは次のことがわかります
ピエロ:いい出目
ガイド:全身に咬みつかれたような傷跡があり、死因は失血によるものと思われる。馬も同様だ。
ビアンカ:なくなっているのも気付くだろうから祈りも
パグスロット:「犬ではないのか?これをやったのは」
ガイド:それから、もう馬車の近くにいるので、
ガイド:馬車の中にもう1体、犬の死体がある。こちらは紳士風の男で、御者と同様に血だらけで死んでいる。
ビアンカ:「これは噛み傷ですね。おそったものがこのへんいまだいるかもです。気をつけてください」
ビアンカ:こちらも噛み傷?
ガイド:獣か犬かは特定できませんね
ガイド:そうですね
パグスロット:「高貴な方がこのような無残な殺され方をなぜせねばならぬ、敵はとるぞ」
ピエロ:紳士の方は家紋とかないです?
ビアンカ:御者さんも地面に置いておくのはかわいそうなので、お二人に力かしてもらって馬車にいれておきたい
ガイド:家紋などはありませんが、馬車の中には、空の酒瓶と黒い鞄があります。
パグスロット:荷物はなにかのってますか?ここにきた目的が知りたいな。
ビアンカ:まら獣に襲われるかもだし
パグスロット:鞄あける!
ビアンカ:はやいw
ビアンカ:とめるまもなくw
ガイド:鞄を調べると、日誌のようなものが出てくる。
パグスロット:とじる!w
ガイド:開けましたがw
ビアンカ:よみなよw
パグスロット:「日誌があるな・・」
パグスロット:読みます
ガイド:はい
パグスロット:だれがいつかいたか、最近?
ガイド:一番新しい記録は次のようなものだ。

ガイド:〈紳士風の男の日誌〉
〇月〇日
なんということだ。D大公よりお預かりした、デクスター卿あての手紙をなくしてしまった。もしかしたら、王都を出発する前に立ち寄った酒場で盗まれたのかも知れない。
こんなことを大公に報告すれば、私はただでは済まないだろう。
ただ、手紙の中身は、十中八九、デクスター卿が定期報告を怠っていることに対するD大公のお叱りの言葉であることに違いないのだから、そのことを口頭で伝えて、手紙は最初から無かったことにしよう。

パグスロット:このひともDか
パグスロット:デクスター卿というのはしってるかな?
ビアンカ:固有名詞だ
ピエロ:「D大公の使いのもののようさ~
ならなぜこん~なところ~で襲われたのさ~?」
ガイド:デクスターという名は、皆さん初めて聞きます
パグスロット:ここまできて襲われたのに関係があるのか、はたまた、たまたま怪物がいて襲われたのか
パグスロット:わからなすぎるので、さっきもこのままにしておけないので
パグスロット:屋敷の人に支援をしてもらいますかね
パグスロット:もう気づかれていないでしょうか?こっそりやってたとして
ビアンカ:たずねていきやすくなったかもですね
ガイド:建物を調べます?
ピエロ:しらべましょう誰もいないかもしれませんが
パグスロット:けものが入った形跡がないかは気にします
ガイド:建物の周囲を調べると、勝手口などはなく、入口は正面にある両開きの扉のみである。窓には鉄格子がはめられており、そこからの侵入は不可能だ。
パグスロット:扉をあけてちまみれのままはいったなら血痕とかないかな
ピエロ:ドアをノックしてみます
パグスロット:紳士だったらきれいに拭いてはいるかもですが
ガイド:ノックしても反応はないようです
ビアンカ:今何時くらいですか>
ガイド:あと、鍵は掛かっていないようだ。
ビアンカ:深夜だからまっくらかとか
ガイド:深夜ですね
ビアンカ:もう少し情報いただけるとありがたく
ビアンカ:了解
パグスロット:一晩の宿を借りる体でどうどうとはいりませんか
ピエロ:とびらをあけて
「おじゃまするさ~だれかいないかさ~」
と聞きます
ガイド:了解です
ガイド:扉辺りに配置してください
ビアンカ:いいですね。迷ってきたていで行きますか
パグスロット:明かりがいりそうですね

玄関ホール

ガイド:君たちが両開きの扉を開くと、そこは広い玄関ホールであった。大理石の床に敷かれた赤い絨毯が、ホール中央にある階段まで続いている。階段を登った先には踊り場があり、左右に分かれた階段の先にはそれぞれ2階へ続く扉がある。
また、ホールの1階の東と西に扉がある。
パグスロット:階段の中程とかにD大公の絵とかありそう
ガイド:そんな感じです
ピエロ:「返事がないさ~すこししらべてみようさ~」
パグスロット:どうどうとこっそり1Fからしらべましょうか
ビアンカ:だれもでてこないならそうするかんじですかね
パグスロット:「騎士道大原則ひとーつ 騎士は隠されたものを見つけ出さねばならない」
ガイド:ひっそりと静まりかえっていますね
ビアンカ:外にしたいがと伝えたかったとか言い訳はできそう
パグスロット:あとパグスロットは新しい場所にくると、トイレしたくなってしまう。
ピエロ:「どこからいくさ?わた~くしはこういう感はにぶくてだめさ~」
パグスロット:もじもじ
パグスロット:「右からいきましょう」
ピエロ:「おふたりに~きめてほしいさ~」
パグスロット:右扉をゆびさす
ガイド:右ですか?
パグスロット:「なぜか?だって? 騎士のカンさ」
ピエロ:そうしましょうか
ピエロ:クラピカ理論
ビアンカ:かんを信じましょう
ガイド:じゃあ、右の扉の前にお願いします
パグスロット:あかんかもしれませんがw
ガイド:ビアンカはどうしますか?そこで良いですか?
ガイド:了解です
ガイド:では、パグスロットが扉を開けるということで、良いですか?
パグスロット:「騎士たるもの、みえざるものから犬をまもらなければならない!」ばばん
パグスロット:扉開ける
パグスロット:ピアノだw

ラウンジ

ガイド:扉を開けて最初に目につくのが、部屋の南側にある黒い調度品である。
また、部屋の奥にはカウンターと椅子があり、カウンターの向こうの棚にはたくさんの瓶が並んでいる。
カウンターの中には、食器類を洗うスペースがあり、金属製の管(蛇口)からは水滴が滴っている。
東側には扉がひとつある。
ピエロ:「パグスロット殿どうさ~?」
パグスロット:酒瓶はここにならんでるものの一つではないか・・
パグスロット:馬車の酒瓶
パグスロット:「だれもいないようだ
パグスロット:入ってみる
ガイド:では、入ってください
ピエロ:ついていきます
パグスロット:あらそった形跡とかもなさそうですかね
パグスロット:だれもかくれてない?
ガイド:そうですね
パグスロット:あの死体が2日前として、ここの使用感がきになる
ガイド:最近まで、
ガイド:使われていた感じはします
パグスロット:ついて死んだのか、でかけようとして死んだのか
パグスロット:ぽろーん
ガイド:部屋の中を調べますか?
パグスロット:調べます
ピエロ:調べます
ビアンカ:はい
ガイド:黒の調度品ですか?
ピエロ:「なにかてがかりはないかさ~」
ガイド:調度品には蓋があり、手前を持ち上げると白と黒の細長い板が無数に並んでいる。
パグスロット:「これは、ヒトのなにかなのか?」
ガイド:【魔法学知識】判定が行えます
パグスロット:1d20+-1 パグスロットの魔法学知識ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 3[3]-1 → 2
ビアンカ:1d20+5 ビアンカの魔法学知識ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+5) → 19[19]+5 → 24
ビアンカ:調べるのとくいだ
ピエロ:1d20+2 ピエロの魔法学知識ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 11[11]+2 → 13
パグスロット:まったくものをしらないパグスロット・・
パグスロット:にしてもひどい出目だ
ガイド:ビアンカとピエロは、これは〈ヒトの時代〉の楽器であることが、わかります。
パグスロット:さっきへんな音がしたぞ
パグスロット:(マーキングしたくてしかたがない)
ガイド:それから、さらにビアンカは、次のことがわかります。
ビアンカ:レディの前でw
ガイド:細い板にはそれぞれ音階が振り分けられており、その組み合わせによっては美しい調べを奏でる。〈ヒトの遺産〉には音の組み合わせを記した書物があり、それがあれば、ヒトの時代の音楽を再現できるだろう。
パグスロット:我慢してます
ピエロ:貴族の邸宅内はまずいでしょww
ビアンカ:鳴らしたいけど今は隠密中がまん
ビアンカ:「きれいな音色がしそうだけど」
パグスロット:おまる、、という用をたすものがあるときいている・・
パグスロット:調律されてるかとか音楽くわしければわかりそうだが・・
パグスロット:「後ろのふたもひらくぞ!」
パグスロット:ぱか
ビアンカ:そうか手入れされていいるか調べられるとよかったですね
ピエロ:「うーむめずらしいがっきさ~わがサーカス団のネズミ楽団にもみせてやりたいさ~」
ガイド:後ろの蓋は開かないようです
パグスロット:「いいかんがえであるな!」
パグスロット:なんで?
パグスロット:「ひらきそうなんだけどな・・ひっかかってるのか?」
ガイド:そうですね、鍵などは掛かっていませんが、開きませんね
パグスロット:何もなさそうなら、次は酒を見にいきますが、、きになる
ガイド:カウンターを調べますか?
パグスロット:カウンターの酒のにおいにふらふら
ビアンカ:どんどんいきますか
ガイド:棚に並べられた瓶のふたをあけると、臭いで中身は酒であることがわかる。この部屋は、屋敷に設けられた酒場のようにも見える。
パグスロット:それだけかな、次の部屋いきましょうか
ピエロ:「う~むあまり変わったものはなさそうさ~♪」
ビアンカ:判定が必要なとこはないのかな
ガイド:もう、これ以上はなさそうです
パグスロット:酒瓶は一本もっていこう・・
ピエロ:奥の扉開けてみます
ガイド:了解です。
パグスロット:名前とかかいてあったりして・・(スナックかよ・・

廊下

ガイド:通路が南北に延びている。南の通路はすぐに扉に突き当たるが、扉は粉々に壊されている。中はトイレのようだ。
北の通路の先は暗くて、ここから確認することはできない。
パグスロット:通路にしかけあって粉砕されたわけではないよな・・
ガイド:トイレを調べますか?
パグスロット:ビアンカさんが来る前にトイレをしらべます
ビアンカ:パグさんw
パグスロット:念入りに
ガイド:水で流すタイプのトイレで、汚物の臭いはしない。
床にメモがあり、次のように書かれている。
「奴がくる 助けてくれ」
ピエロ:つかうのかな?
ビアンカ:みてないふりをしておこうw
パグスロット:マーキング中
パグスロット:調べるとなにかありますか?
パグスロット:奴とは?
ピエロ:「何さ~そのめもはさ~?」
ビアンカ:私はいけないw
パグスロット:「この扉を粉砕するものなのか?」
パグスロット:メモをビアンカにも見せます
ガイド:はい
パグスロット:「こんなものがありましたぞ」
ピエロ:「ビアンカ殿もう来てもだいじょうぶさ~♪」
ビアンカ:てふいたかなと思いつつ見ますw
パグスロット:ぴーぴー←口笛
パグスロット:大ではないので・・
ビアンカ:騎士なのにしっかりしてくださいw
パグスロット:そこは欠点なので・・
パグスロット:いつもだれかに窘められるという
ビアンカ:すばらしいロールだと思いますw
ガイド:RP良いですね、フォーチュン進呈します
パグスロット:わーい
ビアンカ:助けを求めた犬がいた気配はないのか。キョロキョロ
ピエロ:「とりあえず奥のほうもみてみるさ~♪」
ガイド:やはり、静まり返っていますね
パグスロット:もういないか、たべられたか、、
ガイド:では、先に進むで良いですか?
ピエロ:シャッター付きランタンで照らしながら進みます
ビアンカ:より気を付けていきましょう
パグスロット:扉を開ける知恵があるけもの・・
ガイド:ビアンカさんは最後かな
ビアンカ:意外と固いので
ビアンカ:いけるはず
パグスロット:まがりかど
ビアンカ:ピエロより硬く、パグよりSPがあるレディw
パグスロット:こそっ(がちゃがちゃ
ガイド:先頭はパグスロットですか?
ピエロ:そのほうが良いかと
ビアンカ:硬い人たよりになる
ガイド:では、パグスロットは【感知】判定をお願いします
パグスロット:先頭だと敵にすぐきづかれるけどね
パグスロット:1d20+1 パグスロットの感知ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1) → 19[19]+1 → 20
パグスロット:おお
ビアンカ:いいですね!
ガイド:前方で微かな物音がすることに気が付く
ピエロ:おおー
ビアンカ:ここでこの目は主人公
パグスロット:しっ
パグスロット:伝える
ピエロ:「どうしたさ~」小声で
パグスロット:意外と、、ちかい・・
パグスロット:小声で
ガイド:不意は打たれませんでした
ガイド:イニシアチブをお願いします
パグスロット:1d20+3 イニシアチブ
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 9[9]+3 → 12
ピエロ:1d20+3 イニシアチブ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 13[13]+3 → 16
ビアンカ:1d20+0 イニシアチブ
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 13[13]+0 → 13
ゾンビA:1d20+-1 イニシアチブ
<BCDice:ゾンビA>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 2[2]-1 → 1
パグスロット:「「敵だ」」
ビアンカ:この世界のゾンビは犬だからよりこわい
パグスロット:ゾンビ犬か
ガイド:では、ピエロからですね
パグスロット:仲間をとおりぬけるとかどうしていますか?
ピエロ:はーい
ブレスとかしてもらうために攻撃待機します?
ビアンカ:ブレスしつつセイクリッドかな
ビアンカ:そのうほうがいいですね
パグスロット:ブレスもらえるといいですね
ピエロ:了解です
ビアンカ:ロールのおかげで余裕あるから
ビアンカ:相手していしてつなげますか
ピエロ:では一歩前に出て
ピエロ:BAでかくれます
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 10[10]+3 → 13
ガイド:成功ですね
ピエロ:はーいではリアクションを消費してブレスをもらったら攻撃で待機します
パグスロット:パグががちゃがちゃうるさいから簡単そう
ビアンカ:ゾンビ指定していただいてわりこんでみんなにかけましょうか
ピエロ:了解次手番指定ゾンビでターンエンドです
ビアンカ:わりこみます
パグスロット:ふむふむ
ビアンカ:OK?
ガイド:はい
パグスロット:はい
ガイド:フォーチュン減らしました
ピエロ:だいじょうぶ
ビアンカ:「皆さん気を付けて!ヒト様の加護を!」
ガイド:現在のフォーチュン:3
ビアンカ:ブレス!
ビアンカ:+1d4
<BCDice:ビアンカ>:DiceBot : (+1D4) → 4
ビアンカ:ふってしまったw
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは27
ピエロ:反応しちゃったww
ビアンカ:トリガーでピエロうごく>
ビアンカ:指定はパグさんで
ピエロ:待機アクション軌道でゾンビを攻撃で
パグスロット:をを
ピエロ:これ遮蔽入っちゃいます?
ビアンカ:お二人ともリーチ武器だ
パグスロット:かどっこですね
ガイド:そこからだと、無理かもですね
パグスロット:移動はのこってたらつかえない?
ガイド:待機アクションは移動できないと思ってるのですが
ピエロ:かんぜん遮蔽になります?にみえないですか?
ピエロ:角から見えそうですが?
ガイド:鞭の攻撃ですか?
ピエロ:はい
パグスロット:リアクションですね
ガイド:うーん、15-10までゾンビが来たら攻撃できそうですが
ガイド:まあ、今回は当たることにしましょうか
ガイド:鞭なので
パグスロット:ありがたやー
パグスロット:はずれたらパグがからまったロールします
ピエロ:遮蔽が完全じゃなければめいちゅうが不利で判定はできるのですが
ガイド:なるほど、不利で振ります?
ピエロ:不利は隠密しているので有利と相殺で命中判定になります
ピエロ:俺で大丈夫なら鞭で攻撃します
ガイド:ああ、そうでした。では通常ロールしてください
ピエロ:それで
パグスロット:ゾンビはドアからでないで射撃ですね!w
ピエロ:では命中振ります
ガイド:はい
ピエロ:1d20+1d4+3+3 ウィップ命中ブレス
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 10[10]+1[1]+3+3 → 17
ガイド:命中です
ガイド:ダメージどうぞ
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃ウィップダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 1[1]+3[3]+3 → 7
ピエロ:微妙かなー
ガイド:鞭は殴打ですよね
ピエロ:はい
ビアンカ:汁が飛びそう
ガイド:ゾンビは殴打耐性があるので、3ポイントですね
ピエロ:シルはすべてパグスロットどのにあたりますねww
パグスロット:ぶばばばっば
ピエロ:切り上げじゃないでしたっけ?
ガイド:切捨てかと
ピエロ:了解です
パグスロット:では斬撃のグレイブの出番です
ビアンカ:がんばれー
パグスロット:「善き犬にもどしてやる
パグスロット:善き犬は(略
パグスロット:1d20+2+2+1d4 ハルバード命中
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2+2+1D4) → 20[20]+2+2+3[3] → 27
ビアンカ:くりだ
パグスロット:クリティカル〜
ガイド:ダメージどうぞ
ピエロ:おー
パグスロット:2倍?
ガイド:ダイスが2個分です
ビアンカ:武器のダイス分足す感じ
パグスロット:1d10+1d10+2  ハルバードダメージ
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D10+1D10+2) → 8[8]+5[5]+2 → 15
ビアンカ:すばらしい
パグスロット:われながらいい仕事を・・
ガイド:斬撃には耐性がないので、倒れます
パグスロット:ををを
ピエロ:すみません遮蔽間違ってました不利じゃなくてDC+2でした
ガイド:訂正、ありがとうございます。
ガイド:周囲の状況を説明しますね
ビアンカ:はい
ピエロ:はい
パグスロット:はい

画廊

ガイド:通路の両側には絵画が飾ってある。
絵はどれも地獄や悪魔をモチーフとしたものであり、犬たちが悪魔や魔物に苦しめられている姿が描かれている。
ガイド:あと、足元には犬の死体がありますね
パグスロット:「悪霊につかれた犬がほんとにでてきたじゃないか・・」
パグスロット:「彼はのぞんでこうなったのか?」調べる
ピエロ:「こ~れはまた悪趣味な絵さ~♪」
ガイド:死体を調べますか?
ビアンカ:したいとわかる?
ガイド:はい
パグスロット:調べましょう
ガイド:君たちが死体を調べると、首筋に噛まれた傷があることに気が付く。
ピエロ:傷は犬の歯形ですか?
パグスロット:「また噛み跡だ・・けものがいるぞ。知性のあるやつだ。」
ガイド:そのようですね、かなり鋭い牙ですが
ガイド:傷も深いです
ピエロ:「善き犬をおそ~う悪い犬のしわざかもしれないさ~♪」
ピエロ:「そ~れかとりつかれてるかさ~♪」
ビアンカ:退魔系の魔法は取得していないんですよね
ビアンカ:回復に回ろう
パグスロット:「善き犬は取り憑かれることはな、、かろう」
ビアンカ:ゾンビもふくめてしたいそのままにしてすすむしかないか
ガイド:あとは、
ビアンカ:むらのひとにてつだってもらって埋葬かな
ガイド:ここまでは見えますね
ピエロ:「レディの~を安否が最優先さ~♪」
パグスロット:埋葬はあとにして、、したに続く階段があるぞ
ガイド:あと、階段の手前に2つ扉があります
パグスロット:まだ、ここで生きている犬をひといぬもみてないな
ピエロ:先扉のなかみてみますか?
ガイド:パグスロットの目の前と、少し奥ですね
パグスロット:手前からみてみましょうか
ビアンカ:はい
ガイド:では、扉を開ける、で良いですか?
パグスロット:開けてよいか?
ビアンカ:いくしか
ピエロ:OKです
パグスロット:「やあ!」
パグスロット:がちゃ
パグスロット:プール?
パグスロット:風呂?

浴室

ガイド:床は石畳で、奥には水槽のようなものがあり、水が溜まっている。壁には金属製の蓮の実のようなものが取りつけられている。蓮の実の下の方には円形の器具が取り付けられている。
ガイド:部屋の片隅には、ブラシと桶があるほか、緑色の長い管(くだ)がロープのように束ねられている。管は延ばせば40フィートほどになると思われ、金属製の管(蛇口)に取り付けられている。金属製の管には、蓮の実同様、円形の器具が取り付けられている。ブラシや緑色の管は、おそらく、清掃用に置かれているのだろう。
パグスロット:しんちょうにちかづく
パグスロット:はすを回してみるか・・
ガイド:回しますか?
パグスロット:回そう
パグスロット:はふはふはふ
ガイド:では、パグスロットは敏捷力セーブを振ってください
パグスロット:1d20+0 パグスロットの敏捷Sロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 2[2]+0 → 2
ビアンカ:ぐは
パグスロット:見事な・・
ビアンカ:でるものですね
ガイド:では、
ガイド:蓮の実から水が勢いよく吹き出す。
ガイド:パグスロットは水でびしょ濡れになる。
パグスロット:「ぶばっなにがっぶばっ
ビアンカ:問題は温度
ガイド:水です
ビアンカ:よかった
パグスロット:「みてないっでっ
パグスロット:「ぶばっ
ピエロ:「パグスロット殿大丈夫さ~?」
パグスロット:ハスを逆方向にまわすw
ガイド:逆は止まります
パグスロット:「どうやら水を出すしかけのようだ。」ちーん
ビアンカ:「だいじょうぶですか?」ふくもの何かリュックから出そう
パグスロット:「かたじけない・・」
ビアンカ:「ヒト様の時代の技術がいきているんですかね」開拓村にはある
パグスロット:ぽろ〜〜ん あきらかに好感度があがった
ピエロ:「アーティザンがいれば乾かすのも楽だったさ~♪」
ガイド:みなさん、良いロールなので、フォーチュン差し上げます
ビアンカ:ありがとうございます
ピエロ:やたー
パグスロット:浴槽からなにかでないか気をつけて近づいてそこをさらってみる
ビアンカ:せめるなーw
ビアンカ:がんがんいくw
ピエロ:出口前で待機してます
ガイド:浴槽を調べます?
パグスロット:調べますよ?
ガイド:はい
パグスロット:何もなさそうな気もするけど。
ガイド:パグスロットは浴槽を覗きますが、特に何もないですね
ビアンカ:たまっている水はきれい?
ガイド:水が溜まっているだけ
ビアンカ:最近ためたのかな
ガイド:そうですね、比較的きれいです
パグスロット:ここはなにもないと。
パグスロット:次にいきましょうか
ビアンカ:「最近まで犬の営みがあったのかな」いよいよ屋敷の犬たちが心配
ガイド:次、行きます?
ビアンカ:はい
パグスロット:「心配か、、優しいな。」
ガイド:あとは、扉と階段
パグスロット:こっち?
ピエロ:もう片方の部屋行きましょうか
ガイド:それから、ここにも扉があります
ビアンカ:「パグさんも心配ですよ」うちの孤児院の仔犬たちみたいと思ってます
ビアンカ:拭いてあげながら
ガイド:では、近くの扉を開けます?
パグスロット:「え?なんですと?」次の扉に興味しんしんできこえてない。
ピエロ:「パグどのは~騎士だからきっと大丈夫さ~♪」
ビアンカ:順に行きましょう
ビアンカ:とばすより
パグスロット:「騎士ですからな。」
ガイド:了解です。
パグスロット:大きな寝室か
ピエロ:「わた~くしは階段から何か来ないか見張ってるさ~」

大部屋

ガイド:大部屋にはベッドが等間隔に並んでいる。また、それぞれのベッドの横には机と椅子が置いてある。
部屋の奥には机を物色している犬がおり、君たちが扉を開いた音に驚き、レイピアを抜いて身構える。
ピエロ:「みてきてくれさ~♪」
パグスロット:だれもいないならかる、、っているぞ、武器をもった犬が!
ビアンカ:火事場泥棒
ビアンカ:噛みつきそうではないですね
ガイド:「なんだ、あんたたちかい? 奇遇だね」犬はそう言って、レイピアを鞘に納めた。
彼の名はアーロン。君たちと同じ開拓者だ。開拓者ギルドで何回かあったことがある。天命は〈ラッター〉。金や財宝に目がない。
パグスロット:「まてまて、お前たちこの屋敷のものじゃないな?」
ビアンカ:知り合いだった
ビアンカ:「アーロンさんなぜここに」
ピエロ:おふたかたは中はいらないですか?
ビアンカ:したいとか気にしなかったのか
アーロン:「なに、ちょっとこの屋敷に用事があってね。王都からはるばるやって来たのさ。そうしたら、庭で犬は死んでいるわ、屋敷の中を死体が歩き回っているわ、とんでもない事になっているだろう。で、とりあえず、屋敷のあちこちを調べて回っていたところさ。ところであんたたちこそ、なんでこんな所に?」などと言う。
パグスロット:「ここに、村人がいないか?
ビアンカ:「村の犬たちの捜索をたのまれまして、ほかの部屋はもうみられました?」
アーロン:「ふむ、生きた犬は見なかったな」
パグスロット:「鋭い牙のけものが、おそっているようだが、みてはいないか?」
ビアンカ:「この屋敷に来た理由は聞いてもだいじょうぶですか?」
アーロン:「ふむ」
ビアンカ:「手伝えることがあるかもですし、村犬の捜索を手伝ってもらえると嬉しいです」
ガイド:「よし、良いものを見せてやろう」アーロンは、君たちに恩を売っておくことが、自らの得になると踏んだようで、懐から何かを取り出す。
それは手紙だった。
ビアンカ:あーぬすまれたやつか
ビアンカ:拝見しよう

ガイド:〈アーロンが持っていた手紙〉
デクスター卿へ
ここ最近、卿からの定期報告が滞っているが、如何なるわけあってのことか。
使いの者を差し向ける故、この手紙を受け取ったら、至急、現状を報告せよ。
我が覇道を成すためには、卿の研究が不可欠なのだ。
我を失望させるな。     (Ⅾ大公)

アーロン:「数日前、王都の酒場で飲んでいた時、俺のとなりの席にやたら態度のでかい男が居てな。なんでも自分はとある大貴族の腹心だとか言ってよ。酔っぱらって周りの客に絡むわ、酒場の女どもにちょっかいをかけるわで、頭にきてな。そいつが目を離したすきに、腹いせにそいつの鞄を漁ってやったのよ」アーロンは悪びれることなく、話し続ける。
アーロン:「そうしたら、何か立派な箱が入っているじゃないか。これは値打ちものに違いないと思って失敬したのさ。それで持って帰って箱を開けてみると、この手紙が入っていて、最初はただの手紙かとがっかりしたが、読んでみて、これはうまくやれば金になると踏んだのだ」
アーロン:「男はこれから北にある貴族の別荘に向かうと話していた。おそらく、この手紙をデクスターという人物に渡すためにね。それで、俺はD大公が企んでいるだろう陰謀を調べにここまでやってきたというわけだ。で、来てみると、酒場で会った男は馬車の中で死んでいたがね」
ビアンカ:盗みはよくないけど、事情は分かったという微妙な顔をしておきますw
パグスロット:「君らは村にはよらなかったんだな・・」
アーロン:「そうだな」
ビアンカ:「研究とかわかるような資料はいままでの部屋になかったですね」
ピエロ:「どうさ~?なにかわかったさ~」
ドア越しに尋ねます
パグスロット:「デクスターというのが、何らかの研究をしていたようだ・・と、この屋敷で。おそらくは
ビアンカ:「何かあるのも、いるのも確かです。一緒に行動しませんか」
ガイド:「デクスターというのはこの研究所の所長の名だった。研究所というのは……。まあ、いいや。あとは、あんたたちで調べてみることだ」アーロンは部屋にある机を指さした。
アーロン:「おれは他の部屋を調べるから、また、あとでな」そう言い残すと、彼は部屋から出て行った。
ビアンカ:同行しないのか」
ビアンカ:「右側はなにもなかったですよ!」声かえておこう
パグスロット:獣がいるんだ、わかれるのはあぶない・・って、ああ
ピエロ:「おや~今の御仁は村でみたことあるさ~♪」
アーロン:「おう……」
ビアンカ:ここにはなにもないのかな
ビアンカ:アーロンが判定失敗した可能性はあるからしらべますかw
ガイド:部屋を調べます?
ビアンカ:はい
パグスロット:協力しよう
ビアンカ:手記とかあるといいのだけど
ガイド:君たちが部屋の中を調べると、アーロンが指さした机から、日記がでてきた。
ビアンカ:主賓寝室ぽい
ビアンカ:やった
ビアンカ:みます
ガイド:はい、日記の内容は次のとおりです

ガイド:〈ある研究員の日記〉
〇月〇日
この屋敷に来てひと月が過ぎた。私たちは、毎日、屋敷に運び込まれてくる〈ヒトの遺産〉の研究に追われている。ここは、表向きはD大公の別荘となっているが、〈ヒトの遺産〉の研究所という裏の顔があるのだ。
たまには外出して、気分転換がしたい。先日、そのことを所長のデクスター卿に申し出たが、そんな暇があったら早く成果を出せと、取りつくしまもなかった。早く王都に戻りたい。

〇月〇日
相変わらず憂鬱な日々が続いている。
しかし、唯一の救いは、先日持ち込まれた〈ヒトの遺産〉だ。それは大きな黒い楽器だった。白と黒の板を押すことで、楽器に内蔵されている弦を鳴らす仕組みで、鳴らすと実に良い音がするのだ。
楽器といっしょに発掘された本も何冊か持ち込まれており、本には5つの横線やたくさんの記号が書き記されている。記号は、押す板の位置や音の長さなどを表しているようだ。この本(以降、楽譜と呼ぶことにする)を解読できれば、旧世界の音楽を復活させることができるだろう。とても楽しみだ。

〇月〇日
今日、D大公がこの屋敷へお泊りになられた。
晩餐のあと、大公が黒い楽器の演奏を聴きたいとおっしゃられたため、私が楽譜の曲をいくつか弾くことになった。
楽譜の解読は既に終わっており、練習もしていたので、とてもうまく弾けたと思う。
その証拠に、大公からお褒めの言葉を賜り、大公お抱えの楽師にならないかとまで言われた。大変栄誉なことで、私もそうしたい。所長はあまり良い顔をしなかったが。
ただ、私が演奏した曲のなかで、大公がお気に召した一曲については、大公の前以外での演奏を禁じられてしまった。大公は独占欲の強いお方だ。
楽譜は地下の研究室に保管されている。楽譜にはヒトの言葉で「Sonata quasi una Fantasia」と書かれてある。私もこの曲が気に入っていたので、誠に残念だ。また、弾きたい。
パグスロット:なんのことだか、さっぱりだ(弦みてないからなあ
パグスロット:黒いといえば、あのあかない、酒場にあったあれかもしれないが・・

〇月〇日
新たな〈ヒトの遺産〉が運び込まれた。〈棺〉のようなものと、〈指輪〉だ。
〈棺〉の蓋は固く閉ざされ、また非常に硬い物質でできているため、我々の力では開けることができない。
〈指輪〉には深紅の宝石がはまっている。とても美しく、見ていると思わず心奪われてしまう。
我々研究員が〈指輪〉を触ろうとすると、所長自ら調べると言って、自室に持って行ってしまった。あんなに美しい指輪なら、しかたないかもしれない。

〇月〇日
研究所に〈棺〉と〈指輪〉が持ち込まれてからというもの、所長の様子がおかしい。
日中は自室に閉じこもり、食事も満足に取らない。目は赤く血走り、心なしか牙が伸びているようにも思える。また、水に濡れることを極度に嫌い、入浴もしていないようだ。
そのくせ、夜になると外へ出かけ、明け方近くに帰ってくるのだ。
気味が悪い。早く王都に帰りたい。  (日記はここで終わっている)

ビアンカ:日付から最後は何日前かわかります?
ガイド:そうですね、20日くらい前でしょうか?
ビアンカ:りょうかいです
ビアンカ:村で事件が起きる直前くらいですね
ガイド:そうですね
パグスロット:先にプールを見つけているのは、幸運かもしれんな
ピエロ:たたきおとしたいですねw
パグスロット:「安全な場所に間違いないだろう、、水をけものには。
パグスロット:「水をきらうけものには
ビアンカ:1階からぜんへやみてまわりますよね?
パグスロット:回りましょう
ガイド:では、西に行きます?
ピエロ:そうですねとり逃しのないようにしたい
ビアンカ:反時計にいきますか
ガイド:この扉ですね
ガイド:開けますよ?
パグスロット:あけましょう

厨房

パグスロット:厨房か。
ガイド:ここは厨房のようだ。南側の壁には食器棚があり、奥にはかまどや調理器具がある。北側の壁際にはいくつかの木箱がある。
ピエロ:入ります
ガイド:はい
ビアンカ:犬影はない?
ガイド:そうですね
パグスロット:なんとなくニンニクとか食べたくなってきた。深い意味はないが。。
ピエロ:こちらをあけてみます
ガイド:扉を開けます?
ピエロ:はい
ピエロ:とりあえずピエロが入ってみます

大食堂

ガイド:部屋の真ん中には長いテーブルと椅子がある。テーブルの上に燭台や食器が置かれているところから、どうやら、食堂のようだ。
南側にある調度品からカチコチという音が聴こえてくる。
また、部屋の東側には扉がある。
ビアンカ:1階はまわれたかんじですね
パグスロット:あ、厨房で水桶をてにいれておきたいな
ピエロ:音のなる調度品調べてみたいです何かあります?
ガイド:はい、では
ガイド:【魔法学知識】判定をお願いします
ピエロ:はい
ビアンカ:1d20+5 ビアンカの魔法学知識ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+5) → 9[9]+5 → 14
パグスロット:1d20+-1 パグスロットの魔法学知識ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 3[3]-1 → 2
ビアンカ:ふつう
パグスロット:をふ
ピエロ:1d20+{魔法学知識} {name}の魔法学知識ロール
ガイド:スペースの関係かな
ピエロ:1d20+2
<BCDice:ピエロ>:DiceBot : (1D20+2) → 1[1]+2 → 3
ピエロ:あ
パグスロット:音のなるなにかに近づき、
ピエロ:ダメだ
ガイド:えっと、誰も知りませんね
パグスロット:「これがなってるのか?」
ガイド:この調度品のことは
ビアンカ:14でだめならきびしい
ピエロ:まあPLはなんとなくわかりますしあきらめて次行きましょうかw
パグスロット:鼻歌で模倣してみる
ガイド:形状は、丸い円盤になにやら文字が並んでいますね
パグスロット:すると、ひだりみぎになにかうごいてるのでは?
ガイド:次、行きます?
ガイド:そうですね
ビアンカ:いくしか
ピエロ:行きます
ガイド:君たちが扉に向かおうとすると、南にある調度品から「ボーン」という大きな音が鳴る。音は12回鳴り続け、それきり鳴りやむ。
ピエロ:「今度はなんの音さ~‼?」
パグスロット:「ボーンだ、恐ることはないぞ!
パグスロット:どきどきどき
ガイド:えっと、あとは階段でしょうか?
ビアンカ:上の会が研究施設なのかな
ピエロ:そうですね二階行きましょうか
パグスロット:二階からいきますか
ガイド:二階ですね
ビアンカ:いきましょう

2階

ガイド:2階の扉については、鍵が掛かっている。向かって右の扉のドアノブには月のマーク、左の扉のドアノブには太陽のマークが、それぞれ彫られている。
パグスロット:鍵いるのかな?
ビアンカ:下の階にそれらしきものなかったですよね
ピエロ:ではのぶをまわしてみて
「あかないさ~鍵がかかって~いるさ~♪」
ガイド:あと、北に階段がありますね
ピエロ:「おひさ~まのマークがあるさ~
パグスロット:「太陽!
ビアンカ:階段からいきます?
ガイド:浴室の向こうです
パグスロット:上にいけないものね。
ガイド:下りる階段です
ピエロ:では地下ぽいとこ行きましょうか
パグスロット:アーロンもそっちへいったかな
ビアンカ:鍵開けに挑戦できるかわかるかな
ビアンカ:ラッターのピエロなら
ピエロ:どうですガイド?
ガイド:鍵開けしてみます?
ピエロ:やれそうならばやってみます
ガイド:どちらをやります?
ピエロ:どっちのほうがいいと思います?
ビアンカ:縁起がよさそうなのは太陽?
ガイド:どちらの扉も、クリティカルなら開くかな、というところです。
パグスロット:「太陽の騎士といえば・・
パグスロット:語り出し始め
ピエロ:とりあえず太陽の方で試みてみます
ガイド:はい
ビアンカ:がんばれ!
ガイド:窃盗ですね
ピエロ:1d20+3 ピエロの窃盗ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 13[13]+3 → 16
ビアンカ:良い目だけど
ガイド:(内心ほっとしているガイド)
ピエロ:「だめさ~なんだか普通のカギじゃなさそうさ~♪」
パグスロット:「破るか!?」
ビアンカ:戦闘もあったし大きな音立てても問題はなさそうですが>破る
パグスロット:先にいけるとこからいきましょうか
ピエロ:「貴族の別荘だから~やめたほうが~いいとおもうさ~♪」
ピエロ:後々面倒では?
ビアンカ:最後の手段でもいいでしょうな
ピエロ:では地下行きましょうか
パグスロット:地下へ
ガイド:了解です。

地下室

パグスロット:狭いな
ガイド:階段を降りると、すぐ先に両開きの扉が見える。
パグスロット:「ここは慎重にいくべきときかもしれん」
パグスロット:今夜だったね
ピエロ:「戦闘準備はしとくさ~♪」
ビアンカ:アーロンはこちらにきたのかな
ガイド:扉の前まで行きます?
ピエロ:扉の前でブレスお願いできます
パグスロット:扉をすこしあけて中をうかがいたいな
ガイド:鍵は掛かってないです
ガイド:中、見てみます?
ビアンカ:聞き耳とかできるのかな
ガイド:聞き耳ですね、感知振ってみてください
ガイド:【感知】判定です
パグスロット:鍵かかってないなら、ここに村人はいないか
ピエロ:感知ふりますね
ビアンカ:みんないい?代表?
ガイド:はい
ビアンカ:ラッター先行で行こう
ガイド:みんな良いですよ
パグスロット:お願いします
ピエロ:1d20+0 ピエロの感知ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 19[19]+0 → 19
ビアンカ:すばらしい
ピエロ:おっいい出目
ガイド:とても良い出目ですが、とくに何かの気配は感じないです
パグスロット:「さすが、ピエロどの何か気づきましたか?
パグスロット:ズコー
ビアンカ:みるしか
ピエロ:「何も聞こえないさ~一応ブレスもらってからあけたいさ~」
ビアンカ:そうしますか
ビアンカ:スロット消費しない
ガイド:はい
パグスロット:いいな、パグマイア
ビアンカ:「きをつけていきましょう」ブレス
ガイド:では、開けますよ?
ピエロ:ではピエロがあけます
パグスロット:あけてください
ビアンカ:アーロンいないから自分たちだけは管理は楽
パグスロット:これがさっきいっていたあかない棺桶か
ガイド:部屋にはテーブルがあり、〈ヒトの遺産〉が並べられている。なかには黒い筒状の器具があり、その横には、金属の小さな塊が並べられている。
部屋の両側の壁には棚があり、そこには書籍や書類が保管されている。
南側の壁には、赤いつまみの付いた金属製の四角い板がある。
そして、その横には〈棺〉のようなものがある。
ビアンカ:日記の棺だ
ビアンカ:棚は研究資料ですかね
ガイド:棚を調べます?
ビアンカ:棺調べて安全確保してほかかな
ピエロ:「あ~の中に手掛かりがあるさ~?」
パグスロット:棺桶に重石をしてからはじめたいな
ビアンカ:あれあかない!はドリフw
ピエロ:まず棺桶以外の部屋の中を調べたいです
パグスロット:次にはつまみの箱がきになる
ガイド:棚からで良いですか?
ビアンカ:私は棺からがいいかな
ピエロ:なら棺からいきますか
ビアンカ:さがしているときにおそわれたらいや
パグスロット:ビアンカの近くにいよう。
ガイド:では、棺ですね
ビアンカ:「あれこわいですよね」パグさんのうしろにかくれる
ビアンカ:といいつつ前に押し出すw
パグスロット:「う、うむ」
ピエロ:「パグどのたのむさ~♪」
パグスロット:「ちょっとちからつよくないか・・
ガイド:良い感じですね、フォーチュンあげますよ
ピエロ:影に隠れます
ビアンカ:さすがにそばにいようw
ガイド:〈棺〉のようなものは、中型の人型生物が収まるほどの大きさである。
蓋は固く閉ざされており、開けることはできない。
中央部には小さな窪みがある。
また蓋には文字が記してある。
パグスロット:棺のふたをあけてみたい・・がむりと
ビアンカ:読めたらいいのだけど
パグスロット:指輪ないよな
パグスロット:文字はわかるかな?
ガイド:【魔法学知識】判定に成功すれば、文字を読むことができる。
パグスロット:1d20+-1 パグスロットの魔法学知識ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 19[19]-1 → 18
ビアンカ:1d20+5 ビアンカの魔法学知識ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+5) → 16[16]+5 → 21
ピエロ:1d20+2 ピエロの魔法学知識ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 3[3]+2 → 5
パグスロット:文字よむのは好きだ
ガイド:パグスロットとビアンカはわかりました
ビアンカ:調べものつよい校長先生
ガイド:「DRACULA」と書かれている。
ピエロ:あー
ピエロ:「なんてかいてあるさ~?」
ガイド:つづいて【歴史知識】判定お願いします
パグスロット:「嫌な予感しかしないが、
パグスロット:1d20+1 パグスロットの歴史知識ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1) → 8[8]+1 → 9
ピエロ:ピエロもふっていいです?
ガイド:全員大丈夫です
ピエロ:1d20+2 ピエロの歴史知識ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 2[2]+2 → 4
ピエロ:ダメダメですよ
パグスロット:「聞いたことはあるんだが、ドラキュラって音読みすると思うが、いまひとつピンとおもいだせぬ。
ビアンカ:1d20+2 ビアンカの歴史知識ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 20[20]+2 → 22
ピエロ:おー
ビアンカ:おー
パグスロット:大成功w
ガイド:お見事
ガイド:では、
ビアンカ:「たしかあの書物に」
パグスロット:ここぞというところですね
ガイド:「DRACULA」とは、ヒトの伝承に登場する不死の魔人のことである。
ヒトの血を好み、血を吸われたものは不死者(アンデット)となる。
日光、銀製武器、流水が弱点。
パグスロット:今は、夜ということは、弱点のひとつが消えているということか
ビアンカ:来る時間をまちがったw
パグスロット:回りに銀製武器はあるかないか
パグスロット:燭台か
ピエロ:台所にあるのでは?
パグスロット:ありそう
ピエロ:ナイフとかなら
ガイド:さて、あとはどうします?
パグスロット:ちょっといってさがしてくるか
ビアンカ:開かないか見張りつつ他の探索
ビアンカ:銀の物さがしにいきます?
ピエロ:台所だけしらべもどりますか?
パグスロット:もどりましょう
ビアンカ:はい
パグスロット:テーブルの上にも銀燭台あるかもしれない
ガイド:では、探しに戻りますが、銀製武器はありませんでした。
ピエロ:マップ変更手間でしたら判定だけでも良いかと
パグスロット:残念
ピエロ:あらなかったか残念
ガイド:という処理でお願いします
ビアンカ:はい
パグスロット:じゃあここをさがしましょう
パグスロット:手がかりを
ガイド:あとは、棚と金属製の板ですね
パグスロット:棚しらべましょう
ガイド:あと、テーブル
ガイド:棚で良いですか?
ピエロ:OKです
ビアンカ:順にいきましょう
ガイド:ページのいたるところに横線と記号が書かれた本が見つかる。(研究員の日記を読んでいるのなら)そのなかには、「Sonata quasi una Fantasia」と書かれた書物もある。
それから、テーブルに置かれた黒い筒についての研究記録を見つける。
パグスロット:黒い筒?
ガイド:記録を読みますか?
ピエロ:読みましょう

ガイド:〈研究記録〉
これは金属塊を装填し、火薬の力で、装填した金属塊を発射する武器である。
弓やクロスボウと比べると数段高い殺傷能力を持つ。
しかし、造られてから長い年月が経過しているため、この武器を使用する際には暴発の危険を伴う。

パグスロット:「なにごとも手入れが大事ということだな」
ピエロ:あー黒い筒ってそういう
ピエロ:「クロスボウより強いのさ~?これすごいさ~♪」
ビアンカ:使い方の案内もある?
ガイド:芸〈遺産知識〉をもっている犬いますか?
ビアンカ:ないです
ピエロ:ないです
パグスロット:ないです
ガイド:であれば、武器の仕様はわからないです
ビアンカ:いちおうもっていきますか
ガイド:ちなみにテーブルにある金属の塊は、銀製ではないようですね
パグスロット:銀のちいさなものは、、ないか
ピエロ:そうですねむらへもちかえれば研究者のアーティザンたちが喜びそうですし
パグスロット:「喜ばれることができる犬でありたいな。」
ピエロ:金属の塊はどんな形です?
パグスロット:赤いのがきになる
ガイド:そうですね、先端が尖っています
パグスロット:塊も一緒に持っていったほうがいいんじゃないか?いっしょにおいてあったしな
ビアンカ:もちかえりましょうか暴発怖いけど
ガイド:了解です
ガイド:あとは、どうします?
パグスロット:赤いつまみの付いた金属製の四角い板
パグスロット:ですね
ガイド:はい
ガイド:赤いつまみは下に下がっており、上に上げることができそうだ。
パグスロット:カチっ
パグスロット:上に
ピエロ:はやいなー
ガイド:つまみを上げると、部屋に灯りがともり、あたりは急に明るくなる。
パグスロット:ななんあなななん
ピエロ:「パグ殿はやいさ~!!」
パグスロット:「ピエロさん、魔法か?」
ビアンカ:棺のなかこまらせるためにつけっぱなしでいくとか
ガイド:※君たちは、後ほど気が付くことになるが、金属製の板は屋敷中のエネルギーを制御する機械であり、今まではエネルギーの供給が止められていたため、屋敷中の灯りが消えていたのだ。エネルギーが供給されている現在、どの部屋も灯りがついた状態になっており、今後、ランタンや松明などの光源は必要ない。
ピエロ:「わた~くしは魔法はつかえないさ~♪」
ビアンカ:たんさくらくになりますね
ビアンカ:鍵がまだない
パグスロット:鍵じゃなくて、なにか開くようになったとか、いや、これは魔法だろう
ガイド:そうですね、研究員の日記にヒントがあるのですが
ガイド:捜査記録にまとめてあります
パグスロット:明け方にかえってくる
パグスロット:ここにいない!
ガイド:研究員の犬が大公に禁止されていたことがあるのですが
ピエロ:Sonata quasi una Fantasiaをひく?
ガイド:ピエロさんお見事!
パグスロット:音楽わかるの?犬は?
ピエロ:でも楽譜読めないよね私たち
パグスロット:だからむりなのかな、、と
パグスロット:カンでできるのかな
ビアンカ:今回はできるでいくかんじにしますか
ビアンカ:PCで歌う人はいるので
ガイド:芸能で判定します
ピエロ:あ私が頑張る感じか
ピエロ:1d20+4 ピエロの芸能ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 20[20]+4 → 24
ガイド:記号の解読は、研究し終わっているので
ピエロ:おっここぞとばかりにいい出目
パグスロット:「じゃあ、高貴な騎士たるもの、音楽のひとつもできないと!!・・と今回はピエロさんにゆずるとするか。。今回は。。。
ガイド:お、ではラウンジに行きましょうか
ピエロ:あまだはんていはやかったですか?
ガイド:大丈夫です

ラウンジ

ピエロ:じゃあ月光ひきますね
パグスロット:脳内に流れる月光
ガイド:楽器からは、物悲しいが、美しい旋律が流れる。つっかえずに9小節ほど演奏したところで、カチャリと音がして、奏者の反対にある大きな蓋が少しだけ開く。中には無数の金属製の弦が見える。そして、よく見ると蓋の裏側に〈月のマークが彫られた鍵〉がひもで縛り付けてある。
ピエロ:「ネズミたち~にむかしおすわったからひけるさ~♪」
ビアンカ:クリは弾けそう
パグスロット:「すばらしい、すばらしい、、」(とても騒がしい
ビアンカ:「いい曲です」
ピエロ:ピエロがピアノ弾くのはかなり似合いそうなエズラでいいなーw
ビアンカ:いいいですね
パグスロット:「ここは、私も一曲、、ねこふんじゃった、、を
ガイド:そうですね
ガイド:パグスロットも弾きますか?
パグスロット:1d20+3 パグスロットの芸能ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 2[2]+3 → 5
パグスロット:がしゃん
ビアンカ:ロールに応えるダイス目w
ピエロ:いやーもってますねーw
ガイド:はいw
ガイド:フォーチュン進呈します
パグスロット:ひっかかれたわい、とほほ
ピエロ:「さ~かぎがてにはいったからいくさ~♪」
ビアンカ:いきましょうか
ピエロ:「パグ殿も遊んで~るばあいじゃないさ~♪」
パグスロット:「こんど、教えてくだされ〜
ガイド:鍵を使いますか?
ピエロ:「もちろんいいさ~♪」
ピエロ:鍵使います
ガイド:はい
パグスロット:「やった」

月光の間

ガイド:部屋の中央にはテーブルとソファーがある。
正面の壁にはD大公の肖像画が、西側の壁には、鹿、熊、狼などの動物の首のはく製が飾られている。
南側の壁際には戸棚があり、酒の瓶やグラスが入っている。また、その横には鎧兜が飾られている。
東の壁にはガラスケースがあり、金や銀で造られた装飾用の武器が置いてある。
部屋の奥には扉がある。
ビアンカ:銀の武器だ
パグスロット:「銀の武器だ、、これをそのまま残しておくとは、入れなかったということか
ピエロ:銀武器何があります?
ガイド:シミターですね
ビアンカ:あーかざられていそう
パグスロット:シミターは何本かあるのかな
ビアンカ:私は魔法でサポートします
ガイド:一本見えてますね
パグスロット:シミターつかうなら盾もほしいな
ガイド:ガラスケースを調べますか?
パグスロット:ケースにあるのか
パグスロット:ガラスケースにはなにがありますか?
ピエロ:シミター使うなら精緻あるんでピエロのほうが火力出るかな
ビアンカ:調度品らしいです
パグスロット:まかせますよ?
ビアンカ:敏捷大事
パグスロット:こっちは指揮官の資質あるので
ガイド:鍵が掛かっています
ガイド:開けるなら【窃盗】判定ですね
ビアンカ:指揮官とヘイストでピエロに頑張ってもらうかもなのでいいかもですね
ピエロ:窃盗振ります
ガイド:どうぞ
パグスロット:窃盗かー
ピエロ:1d20+3 ピエロの窃盗ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 18[18]+3 → 21
ビアンカ:いいかんじ
ガイド:成功です
ガイド:では、中を調べるということで
ガイド:ケースの中には、次のものが入っている。
金製のショートソード 技巧 軽量 1d6【刺突】ダメージ
銀製のシミター 技巧 軽量 1d6【斬撃】ダメージ
いずれも装飾用であるため、使えるのは1戦闘に限る。(戦闘終了後は壊れ、武器としての価値はなくなる)
ピエロ:「こんな鍵脱出マジックの時にしょっちゅう解いてるさ~♪」
パグスロット:「やはり魔法つかってるようなもんじゃないか、ピエロさんは
ビアンカ:金は意味ない感じかな
ビアンカ:シミターをピエロでいい気が
パグスロット:よろしくっ
ピエロ:一応持っていきましょう金も
ピエロ:シミター持ちますね
ガイド:では、両方持っていくということですね
パグスロット:「金には興味ないなあ、なぜこんなものが・・
ビアンカ:何回も殴って盛るかもしれないパーティだからいいかも
パグスロット:「プラスチックのほうがよほどよいというのに
ガイド:あとは、どうしましょうか?
パグスロット:何もなさそうなら次にいきましょう
ビアンカ:ですね
ピエロ:ほかに調べれそうなものありましたっけ?
ガイド:あとは、鎧兜がおいてあります
パグスロット:「私おもったのだが、この部屋には村人はいないと思うんだ。
ピエロ:あー一応調べてみます
安全確認のためにまず鞭でたたきます
ガイド:光り輝くプレートメールだ。特に不自然なところはない。D大公のものだろうか。
ビアンカ:いいものでも着る気にはならない
パグスロット:太陽の力とかあるのか、、そんなわけないな
パグスロット:効果はどんなものかな?
ピエロ:「特にわな~もなさそうさ~♪」
「おくのへやへいくさ~♪」
ガイド:まあ、鎧はサイズが合わないので、着れないというところです
パグスロット:残念
パグスロット:奥へいきましょう
ガイド:あとは、奥に扉がありますね
ガイド:行きますか?
ビアンカ:いきましょう
パグスロット:風呂つきの部屋?
ガイド:奥の部屋は寝室と浴室であった。
寝室には天蓋付きのベッドがあり、すぐそばに机と椅子がある。
浴室には大理石でできた浴槽があり、水が溜まっている。また、蛇口がふたつ付いており、ひねると湯と水がでるようになっている。
ピエロ:はいりますね
ガイド:どうぞ
ビアンカ:いいせつび
パグスロット:湯がでるぞ
パグスロット:「これはどうなってるんだ?火もないというのに。
パグスロット:捜索
ピエロ:「き~とまじっくあいてむさ~♪」
パグスロット:机をしらべます
ガイド:はい、では
ガイド:机には〈太陽のマークが彫られた鍵〉と日記が入っている。
ピエロ:読みましょう

ガイド:〈何者かの日記〉
〇月〇日
この屋敷に持ち込んで研究させている〈ヒトの時代の武器〉については、暴発等の危険があるものの、研究を重ねることで、その危険は排除できるとの報告を受けた。そのためには、研究資金や研究員を増やす必要があるとも。まあ、それもやむをえまい。
そのためにも、鉄鉱山での採掘量を増やし、今以上に資金を稼がなくてはならないが、奴隷狩りをやらせていたアナグマの一族が開拓者によって壊滅させられた今、鉱山の労働力が不足気味だ。なんとかしなくては。

パグスロット:太陽の鍵、ここにあるとは
パグスロット:どこかの開拓者がやっつけたようなだな、よくやった!
ガイド:あとは、特になさそうですね
パグスロット:「研究するのに、資金がいるので、奴隷が必要・・国の暗部だな
ピエロ:「奴隷なんてやば~んなことはゆるせないさ~♪」
ビアンカ:プレスチック掘り出すほうがいいんでしょうけどね
パグスロット:「同感だよ、ピエロさん
パグスロット:「プラスチックは、鉱物なのかどうか・・
ビアンカ:パグマイアの鉱山はプラスチック掘り出す感じなのです
パグスロット:天蓋つきのベッドにはなにもないかな
ガイド:そうですね、ふかふかしてます
ピエロ:「とにか~く行方不明の~レディを探そうさ~♪」
パグスロット:zzzz
ビアンカ:ねないでw
パグスロット:がばっ
パグスロット:「そうだった
ビアンカ:たくさん村人を閉じ込めておけそうな部屋がいよいよないから心配
パグスロット:太陽の鍵でとなりですな
ガイド:では、となりへ行きますか?
ピエロ:いきましょう
ビアンカ:はい
ガイド:では、鍵を使うということで
パグスロット:あけましょう
ピエロ:はいつかいます
ピエロ:はいりますね

太陽の間

ガイド:部屋の中央にはテーブルがあり、さまざまな実験器具が置かれている。
南側には本棚があり、専門書がならんでいる。
また、部屋の隅には、様々な植物が植えられている鉢がある。
部屋の奥には扉がある。
パグスロット:中に入ると?
パグスロット:専門書を見ればなんの実験かわかるかも
ビアンカ:本当に犬の気配がないな
パグスロット:鍵かかってますからね
ガイド:本棚を調べます?
ピエロ:しらべましょう
パグスロット:本棚の本はなんの本か
ガイド:魔法学、歴史、自然などの本が並んでいる。
パグスロット:「騎士物語の本もあるかもしれないな!」
パグスロット:ワクワク
パグスロット:「ちがうちがう
ピエロ:「ここ~は研究部屋だから物語はなさそうさ~♪」
ガイド:まあ、変わった本はなさそうですね
ビアンカ:技能を指定してそれぞれ判定する必要がある?
パグスロット:「そ、そうだよな
パグスロット:植物は実験につかわれてるのかな?
ガイド:判定するまでもない感じです
ピエロ:植物しらべましょう
ガイド:一般的な書籍ですね
ガイド:はい、植物ですね
ビアンカ:了解
ガイド:【自然知識】判定を行ってください
パグスロット:1d20+-1 パグスロットの自然知識ロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 18[18]-1 → 17
ビアンカ:1d20+2 ビアンカの自然知識ロール
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 1[1]+2 → 3
ピエロ:1d20+2 ピエロの自然知識ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 8[8]+2 → 10
ビアンカ:植物です
ピエロ:あらww
パグスロット:うん
ガイド:そうですねw
ピエロ:パグスロットさんは分かったかな?
ガイド:まず、ピエロとパグスロットは、鉢の植物は、この山岳地帯に自生するものであることがわかる。
パグスロット:「私の昔すんでいた家にも花壇があってね、この植物は・・
ピエロ:「ここへ来る途中はえてたさ~♪」
ガイド:それから、さらにパグスロットは、植物の中に薬草を見つける。すり潰せば回復薬になるだろう。
※回復薬は、テーブルの器具を使って作ることができる。ただし、時間的にも精々1つ作るのが限度だ。
効能は、気絶状態にある者の口に含ませることで、安定化を図ることができる、というもの。
パグスロット:「ちょっとまってくれよ、ここにあるこれでごーりごーりこうだ
ビアンカ:はやいな
パグスロット:「これはよくきくんだよ?
ピエロ:おお回復薬いいですねパグマイアポーション系ないですし
ガイド:安定化の薬を手に入れました。
パグスロット:てれれれ〜ん
ピエロ:誰がもちましょうか?
ビアンカ:まだおぼえていない
ビアンカ:攻撃担当じゃない私が持ちましょうか
パグスロット:ビアンカさんがもってるといいかと
ピエロ:ではそうしましょう
ガイド:了解です
パグスロット:「DIYか・・
ガイド:あとは、どうします?
ピエロ:では次の部屋いきましょうか
パグスロット:いきましょう
ガイド:扉を調べますね?
ビアンカ:はい
ガイド:鍵が掛かっている。ドアノブの下につまみがあり、ひねれば鍵は外れるだろう。
ピエロ:調べます
ピエロ:「おや~そとからのカギさ~」
パグスロット:「中に閉じ込めている?」
ピエロ:「ここに閉じ込めてるのかなさ~?」
ピエロ:あけてみます
ガイド:了解です
ピエロ:中は?
ガイド:部屋にはベッドと机がある。
部屋の隅には誰かがうずくまっている。
ピエロ:駆け寄ります
パグスロット:「安心しろ、われわれが助けに来た
ガイド:それは犬の娘であった。娘は怯えており、君たちが近づくと、ぶるぶると震えだした。
パグスロット:「xx村の娘か?
ビアンカ:女の私がはなしかけよう
ビアンカ:「だいじょうぶですか」
ビアンカ:なまえきいておけばよかった
ピエロ:「も~大丈夫さ~正義の~ヒーローがたすけにきたさ~♪」
ガイド:そうすると、娘は少し落ち着いたようで、
村娘:「わたしはこの近くにある村の村長の娘です。もしや助けに来てくれたのですか?」
パグスロット:「噛まれた傷とかないよな、、怪我してないか?
村娘:「ええ、だいじょうぶです」
ビアンカ:「無事でよかったです」けががないかしらべよう
ピエロ:「もちろんさ~♪こちらのパグ殿は騎士様さ~♪」
パグスロット:エヘン
ビアンカ:話がきける感じかな
ガイド:そして、娘は言います「あいつが戻ってくる前にここからでましょう。さあ、早く!」
パグスロット:君だけのようだが、他のものたちはどうした?
ピエロ:「そうするさ~急いでにげるさ~♪」
ガイド:「ほかに犬はいないわ」
ビアンカ:いっしょではないからききにくいな
パグスロット:「かつごうか?」
ビアンカ:この子だけでも逃がす方向がいいですかね
ピエロ:一人で行かせるのは危険でしょう
パグスロット:そのためにいっかいかえってもいいくらいだ。
ビアンカ:いや他の村犬を探さず同行
ビアンカ:そうしますか
ピエロ:そうしましょう
ビアンカ:期限があるわけじゃないですもんね
パグスロット:つれてでましょう
ガイド:ちなみに、机とか見てみます?
ピエロ:ピエロは銀のシミターを準備しときます
パグスロット:机ちらっ
ガイド:こんな時にあれですがw
ガイド:日記が入っている。

〈デクスターの日記〉

〇月〇日
この指輪の力により、不死身の身体を手に入れた。
もう誰も、この私を止めることはできない。
そう、D大公ですら!

パグスロット:指輪を切り落とせば勝ちかな・・w
ピエロ:「不死身などロマンのかけらもないさ~♪」
パグスロット:日記をもちかえろう・・
ビアンカ:日付は何日まえですかね
ピエロ:「有限だからこそいみがあるさ~♪」
ビアンカ:話もう通じないかな
ガイド:20日前ですね
ビアンカ:所員とあいますね
パグスロット:「脱出だ!
ガイド:では、部屋からでますか?
ピエロ:とりあえず部屋出る前にブレスください
ビアンカ:はい
ビアンカ:「ヒトのご加護を」
ビアンカ:ごめん娘さん外す
ピエロ:むすめさんしっかりステがあるの怖いなー
ビアンカ:娘さんにはビアンカがぴったり同行
パグスロット:でれずに、もし逃げるなら、浴場かも
ガイド:この並びで良いです?
パグスロット:とけいはここきたとき12時だったが・・
ピエロ:大丈夫です
パグスロット:もうかえってきたのか?

玄関ホール

ガイド:娘をつれて部屋から出ると、突然、玄関ホールの扉が開き、月明かりに照らされて、ひとりの男が入ってくる。男の口からは鋭い牙が伸び、手には赤い宝石が輝いている。また、男の後ろには白衣を着た男たち(生ける屍)が立っている。
男は言う「その娘をどこに連れて行く気だ」
ビアンカ:怖がりながらも「この子がいるべきばしょです」
ビアンカ:かばいつつ
パグスロット:「お前はデクスターか、ひどい犬になってしまったようだな。」
ピエロ:「レディを家までエスコートするのは紳士のせきにんさ~♪」
ガイド:「あいにくと、今夜は獲物を見つけることができなくてねえ。したがって、その娘は今夜の晩餐に必要なのだよ」
パグスロット:「お前まちがいなく呪われている!心を入れ替えるんだ、この子はわたさん」
ピエロ:「帰らせてくれ~ないのならどいてもらうさ~♪」
パグスロット:「もし、晩餐できないとどうなるっていうんだ?」
男:「失礼なやつらだ」
ビアンカ:夜明けはまだ先がんばるしか
パグスロット:ここで頑張るか
ガイド:そして彼は言います。「私はデクスター。やがて、この王国の主となる男だ。しかし、それには準備が必要だ。今、私の存在を世に知られるわけにはいかない。
したがって、秘密を知ったおまえたちには、ここで消えてもらうぞ!」
パグスロット:プールで頑張るか
パグスロット:全員でにげるか
ビアンカ:敵の配置が気になる
パグスロット:プールのホースはやくにたつはず
ピエロ:「そんなロマンのない夢はわた~くしが打ち砕かせてもらうさ~♪」
パグスロット:「出す気はないということか・・」
ガイド:では、イニシアチブをお願いします
パグスロット:「我が剣はこの娘と円卓に捧げている!」
ビアンカ:1d20+0 イニシアチブ
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 11[11]+0 → 11
パグスロット:1d20+3 イニシアチブ
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 17[17]+3 → 20
ピエロ:1d20+3 イニシアチブ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 2[2]+3 → 5
ビアンカ:数減るまではブレス維持でいきますね
ガイド:20が最高値ですね
ピエロ:了解です
ビアンカ:ボスだけになったらヘイストをピエロにします
ゾンビA:5 1d20+-1 イニシアチブ
<BCDice:ゾンビ5体>:DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 20[20]-1 → 19 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 17[17]-1 → 16 #2
DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 14[14]-1 → 13 #3
DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 19[19]-1 → 18 #4
DungeonsAndDoragons : (1D20+-1) → 18[18]-1 → 17 #5
デクスター:1d20+2 イニシアチブ
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 12[12]+2 → 14
ガイド:では、パグスロットからです
パグスロット:あいつは水が苦手らしいじゃないか。いったん逃げるべきじゃないか?
ビアンカ:流水の解釈が難しい
ビアンカ:月の部屋に向かいます?
ビアンカ:おりていくより迎えうつ的にもいいかもですね
ガイド:まあ、普通に戦って頂いて大丈夫ですよ
パグスロット:いやもう、なんか謎解きはシンプルじゃないかとおもったけど
パグスロット:ガイドがそういうなら普通にたたかいますか

玄関ホール 1ラウンド

ピエロ:踊り場で待ち受けます?
ビアンカ:かこまれないように階段のうえでまちうけるがいいきもしますが
ビアンカ:ボスの攻撃手段しだい
ビアンカ:フォーチュン多いから作戦はたてやすいかな
ビアンカ:いま6
パグスロット:敵が接敵したらアクションします
ガイド:了解です
ガイド:誰に渡すか決めてください
パグスロット:敵から5ますで配置したい
パグスロット:行き過ぎか?
パグスロット:ここまでこれる?
ガイド:だいじょうぶです
ビアンカ:ボーナスでブレス維持しつつメインはガイディングかな
ビアンカ:確実にへらしていかないと数が多い
パグスロット:敵にしますか、ゾンビさんかもん
ガイド:どのゾンビにします?
パグスロット:Dかな
ガイド:了解です
ビアンカ:はずれろー
ガイド:ここで攻撃が始まる感じですね
パグスロット:そこで攻撃できますね
ガイド:どうぞ
パグスロット:1d20+2+2+1d4 ハルバード命中
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2+2+1D4) → 9[9]+2+2+2[2] → 15
ガイド:あたりです
ビアンカ:よしよし
パグスロット:1d10+2  ハルバードダメージ
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D10+2) → 1[1]+2 → 3
パグスロット:かすった><
ピエロ:最低値かー
ガイド:3pですね
パグスロット:「浅いか・・」
ビアンカ:時間はかかりそうですね
ガイド:ではゾンビはさらに進みます
ガイド:ここで攻撃しますね
パグスロット:「この私にはきかんぞ!DC16
ゾンビD:1d20+4 攻撃:叩きつける
<BCDice:ゾンビD>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 11[11]+4 → 15
ビアンカ:あててきたか
ピエロ:せーふ
ガイド:はずれましたね
ビアンカ:よかった
ビアンカ:かたい
ガイド:では次、ゾンビEを指定します
ピエロ:割り込みたいです
ガイド:どうぞ
パグスロット:いいぞ
ビアンカ:OK
ガイド:現在のフォーチュン:5
ガイド:大丈夫ですよ
パグスロット:「きてくれたか、心強い!
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 4[4]+3 → 7
ガイド:失敗です
パグスロット:階段で隠れるの難しそう
ピエロ:くっ仕方ないので普通にDを攻撃
ガイド:シミター使います?
ビアンカ:精緻が載らないと1げきは難しそう
ピエロ:シミターです
ガイド:鞭と同じで大丈夫ですね
ピエロ:精緻は乗ります
ビアンカ:ゾンビも銀に弱い?
ガイド:チャットパレットは
ガイド:ゾンビは銀の脆弱性は無いですね
ガイド:ただ、斬撃の耐性がないので
ピエロ:とりあえず命中振ります
ガイド:お願いします
ピエロ:1d20+1d4+3+3 シミター命中ブレス
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 10[10]+3[3]+3+3 → 19
ガイド:あたりです
ピエロ:よし
ビアンカ:よしよし
ガイド:ダメージどうぞ
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 6[6]+4[4]+3 → 13
ピエロ:よしいいダメだ
ガイド:ゾンビは倒れました
ビアンカ:わーい
ピエロ:次指定どうしましょ?
ビアンカ:次ラウンド指定狙うか
ビアンカ:私が落とせるか
ピエロ:「こういう武器は慣れないけどなんとかなったさ~♪」
ビアンカ:指定狙う方がいいかな?
ビアンカ:ボスの攻撃を一度見たい
ビアンカ:私を最後にしてくれれば回復もねらえる
ピエロ:ではボスでいいですかね?
ビアンカ:そうしますか
ビアンカ:あまりダメ大きいなら割り込み回復
ピエロ:了解 デクスター指定で
ガイド:了解です
ガイド:しかし、デクスターはにやにやと余裕の表情で、何もせず、ゾンビEを指定します
ガイド:割り込みなしで良いですか?
ビアンカ:余裕だ
ビアンカ:どうぞ
ガイド:パグスロットを攻撃します
パグスロット:「さきほども行ったが、騎士に攻撃がつうじるとでも!DC16
ゾンビE:1d20+4 攻撃:叩きつける
<BCDice:ゾンビE>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 19[19]+4 → 23
ピエロ:あたちゃった
パグスロット:いてて
ゾンビE:1d6+2  【殴撃】ダメージ
<BCDice:ゾンビE>:DungeonsAndDoragons : (1D6+2) → 2[2]+2 → 4
ビアンカ:騎士に通じたw
ガイド:4pです
ガイド:次、Bです
パグスロット:盾をもってても防げないな
ガイド:ピエロを攻撃
ビアンカ:単純に目がいいですね
ピエロ:「くるがいいさ~♪」
ゾンビB:1d20+4 攻撃:叩きつける
<BCDice:ゾンビB>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 5[5]+4 → 9
ガイド:外れですね
ピエロ:「そんな遅い攻撃あたらないさ~♪」
ビアンカ:数が多いからドキドキする
ガイド:次C
パグスロット:遅いゾンビ
ガイド:次A
ガイド:最後、ビアンカを指定
ビアンカ:移動しておこう
ピエロ:なんかひな壇に並ぶおひな様みたいになってきたww
ビアンカ:アクションでガイディング
ガイド:言われてみればw
ガイド:誰を攻撃しますか?
ビアンカ:Bで
ガイド:どうぞ
ビアンカ:1d20+3+3+1d4 ガイディング・ボルト命中
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3+1D4) → 7[7]+3+3+2[2] → 15
ガイド:あたりです
ガイド:ダメージどうぞ
ビアンカ:3d6 ガイディング・ボルトダメージ
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (3D6) → 6[1,3,2] → 6
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは27
ビアンカ:押し込みたいから前衛のピエロさん指定かな

玄関ホール 2ラウンド

ガイド:では、次のラウンドですね
ビアンカ:へらしていくしか
ガイド:では、ピエロさんどうぞ
ピエロ:どうしましょ隠れるやって成功したらEなぐったほうがいいですかね?
ガイド:ちなみに、ゾンビBへの攻撃はガイディングボルトの効果で有利になります。
ビアンカ:ボスだけにしたらへいすとにします。有利でいくほうが+1D4よりいい
ビアンカ:へったのを順におとしましょう
ビアンカ:動く相手も減る
ピエロ:了解です
ピエロ:ではBにシミターで攻撃します
ガイド:どうぞ
ピエロ:ガイディング乗ってるので有利で
ガイド:はい
ピエロ:2 1d20+1d4+3+3 精緻な一撃シミター命中有利ブレス
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 12[12]+4[4]+3+3 → 22 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 6[6]+3[3]+3+3 → 15 #2
ガイド:あたりです
ガイド:ダメージどうぞ
ビアンカ:おちろー
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 1[1]+4[4]+3 → 8
ピエロ:結構ぎり
ガイド:ゾンビB、倒れました
ピエロ:BAで隠れます
ガイド:次の指定をお願いします。
ガイド:はい
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 11[11]+3 → 14
ビアンカ:回復もあるから私最後で
ガイド:隠れました
ガイド:次の攻撃が有利になりますね
パグスロット:いいぞ
パグスロット:やり方がわかりましたな
ビアンカ:ではガイディングはパグさんの前のにしよう
ピエロ:善かった義理成功
パグさん指定でいいですかね?
パグスロット:了解した
パグスロット:しかし
ピエロ:ビアンカうごきます?
パグスロット:【指揮官の素質】発動
ビアンカ:でた
パグスロット:「ここで、あなたこそが動くべきです」
ビアンカ:いい作戦だと思います
パグスロット:「ピエロさんでばんですよ!」
ピエロ:やったぜ
ガイド:では、ピエロさん、アクションが使えます
ガイド:移動は無理ですが
ピエロ:「わ~なにさ勝手に体がうごくさ~♪」
ピエロ:ではEに有利で攻撃します
ガイド:どうぞ
ビアンカ:いけー
ピエロ:2 1d20+1d4+3+3 精緻な一撃シミター命中有利ブレス
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 11[11]+2[2]+3+3 → 19 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 16[16]+3[3]+3+3 → 25 #2
ガイド:あたりです
パグスロット:たかー
ガイド:ダメージどうぞ
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 6[6]+2[2]+3 → 11
ビアンカ:頼れる前衛コンビ
ピエロ:くっとどかないかー
ガイド:まだ、倒れません
パグスロット:おしい
ビアンカ:おしい
パグスロット:次は
ガイド:では、パグスロットは指定をお願いします
パグスロット:ゾンビがいいな
ピエロ:「あ~れ首を飛ばしたとおもったのにさ~♪」
ピエロ:「やはりなれない武器はむずかしいさ~♪」
パグスロット:A前にきてくれー
ガイド:どのゾンビにしますか?
ガイド:Aですね、了解です
ガイド:では、ピエロを攻撃します
ピエロ:こい
ビアンカ:はずれろー
ゾンビA:1d20+4 攻撃:叩きつける
<BCDice:ゾンビA>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 4[4]+4 → 8
ビアンカ:いうもんだ
パグスロット:遅いゾンビ
ガイド:はずれです
ピエロ:「おそいさ~♪」
ガイド:次Eを指定
ガイド:パグスロットを攻撃
ビアンカ:hずれろー
ゾンビE:1d20+4 攻撃:叩きつける
<BCDice:ゾンビE>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 11[11]+4 → 15
パグスロット:こいつはやい・・
ガイド:はずれですね
ピエロ:でも硬い
ビアンカ:パグさんたよれる
ガイド:次はCを指定
パグスロット:「騎士の魂の硬さだ
ガイド:でも、Cはこれ以上進めないので、デクスターを指定
ビアンカ:おりきらず正解でしたね
ガイド:デクスターはやはり、動かないです。ビアンカを指定
ビアンカ:ガイドも面白いシチュエーションにしてくれた
ピエロ:村娘狙われないかな?
ビアンカ:減らしたの落とそう
ビアンカ:ケチらずガイディング
ガイド:一応、村娘は攻撃に参加していない整理にしてます
ガイド:どうぞ
ビアンカ:2か
ビアンカ:もったいないけど
ガイド:誰を狙います?
ビアンカ:E
ビアンカ:1d20+3+3+1d4 ガイディング・ボルト命中
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3+1D4) → 6[6]+3+3+1[1] → 13
ガイド:どうぞ
ガイド:あたりです
ビアンカ:3d6 ガイディング・ボルトダメージ
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (3D6) → 7[4,2,1] → 7
ビアンカ:「浄化の光を!」
ガイド:ゾンビEは光に包まれて倒れました
ビアンカ:どーん
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは27

玄関ホール 3ラウンド

ガイド:では、次のラウンドですね
パグスロット:キラキラキラ
ビアンカ:ピエロさん指定
ビアンカ:必殺の流れで行きましょう
ピエロ:了解です
ガイド:どうぞ
パグスロット:ガイディングがないのか
ピエロ:では隠れます
ガイド:はい
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 10[10]+3 → 13
ガイド:成功です
ビアンカ:減ったらヘイスト
ピエロ:よかった
ビアンカ:そうなれば有利なので
ビアンカ:いまはまだ数が多い
ピエロ:有利でAを攻撃
ガイド:攻撃ロールどうぞ
ピエロ:2 1d20+1d4+3+3 精緻な一撃シミター命中有利ブレス
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 9[9]+1[1]+3+3 → 16 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+1D4+3+3) → 12[12]+3[3]+3+3 → 21 #2
ガイド:あたりです、ダメージどうぞ
パグスロット:有利必要ないくらいだ
ビアンカ:たよれる
ピエロ:よしあたった
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 5[5]+5[5]+3 → 13
ビアンカ:おー
パグスロット:いっぱつか
ピエロ:おし一撃
ビアンカ:よしよし
ガイド:倒れました
ピエロ:「こんどは~首をはねれたさ~♪」
ピエロ:TE(ターンエンド) ピエロの現在のSPは27
ガイド:次、指定お願いします。
ピエロ:ビアンカいきます?
パグスロット:「ヴォーパルピエロ・・聞いたことがある・・
ビアンカ:有利を与えておくもいいですね
ピエロ:「そんなあざなはないさ~♪」
ビアンカ:そうします?
パグスロット:「そうか、、鮮やかすぎたのだよ
ピエロ:一応フォーチュンで割込みで行きましょうか
ビアンカ:リーチ武器でCおとせますよね
パグスロット:いけますぞ
ビアンカ:ワンちゃんいちげきもあるし
ビアンカ:それでいきましょう
パグスロット:ワン
ピエロ:ゾンビc指定で
ガイド:はい
ビアンカ:わりこみます
ガイド:了解です
ガイド:現在のフォーチュン:4
ビアンカ:Cにガイディング
ビアンカ:1d20+3+3+1d4 ガイディング・ボルト命中
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3+1D4) → 5[5]+3+3+1[1] → 12
ガイド:あたりです
ビアンカ:3d6 ガイディング・ボルトダメージ
<BCDice:ビアンカ>:DungeonsAndDoragons : (3D6) → 10[2,5,3] → 10
ビアンカ:おとせなかった
ピエロ:いいダメージ
ビアンカ:でもひかってます
ガイド:倒れません
パグスロット:おしい
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは27
ガイド:次はどうします?
ビアンカ:パグさんで
パグスロット:「あれが、目印か・・
ガイド:では、割り込みます
ビアンカ:うわ
パグスロット:有利で><
ビアンカ:すみません
ガイド:デクスターの割り込みです
ガイド:デクスターは飛行能力があるので
ピエロ:きやがった
ガイド:ビアンカの後ろに回り込みます
パグスロット:「騎士ではないのか!!!
ビアンカ:ぐは
パグスロット:「卑怯もの!
パグスロット:「怪物!!
パグスロット:「女好き!!!
ガイド:「今宵は、貴様でがまんしてやろう」
ビアンカ:まぁパグさんにダメ重ねられるよりいいかな
ビアンカ:「私には大事な人がいるのです」首元かばう
ガイド:では、攻撃します
デクスター:1d20+6 攻撃:爪(ダメージを与える替わりにつかんで移動不能状態にすることもできる)※移動不能状態は目標値13の【筋力】判定に成功すれば、解除できる。
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 11[11]+6 → 17
ビアンカ:あたる
ビアンカ:どちら
ガイド:では、移動不能状態にします
ビアンカ:だきつかれた!
ガイド:次は噛みつき攻撃
ビアンカ:「きゃー」いっておこうw
ガイド:「ふはははは」
パグスロット:「お前にはもったいない、やめろ
デクスター:2 1d20+6 攻撃:咬みつき【刺突】(有利)
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 15[15]+6 → 21 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 3[3]+6 → 9 #2
ビアンカ:かまれる
ガイド:あたりかな?
ビアンカ:はい
デクスター:1d10+3  【刺突】ダメージ(ダメージ分回復)
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D10+3) → 2[2]+3 → 5
パグスロット:あたってる
ピエロ:「レディーに牙を立てると~はゆるせないさ~♪」
ビアンカ:ひくくてよかった
ガイド:5pのダメージです
ビアンカ:はい
ビアンカ:きつそうな顔
ガイド:デクスター ターンエンド
パグスロット:「吸血・・悪霊か・・
ガイド:次はパグスロットを指定
ビアンカ:ゾンビ落としちゃってください
ビアンカ:ヘイストに次替えるので
パグスロット:ゾンビ光ってるからな
パグスロット:ゾンビ有利で
ガイド:どうぞ
パグスロット:1d20+2+2+1d4 ハルバード命中 +ブレス
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2+2+1D4) → 12[12]+2+2+1[1] → 17
パグスロット:1d20+2+2+1d4 ハルバード命中 +ブレス
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2+2+1D4) → 8[8]+2+2+4[4] → 16
ガイド:あたりです
パグスロット:1d10+2  ハルバードダメージ
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D10+2) → 3[3]+2 → 5
パグスロット:ひっく・・でもいいか
ガイド:ゾンビは倒れました
パグスロット:ボーナスアクションで
パグスロット:ビアンカ回復するかい?
パグスロット:魔法回復させたほうがいいか
パグスロット:鼓舞の言葉
ビアンカ:ありがとうございます
ビアンカ:ガンガンヘイスト行く!
ガイド:では、ヒットダイス分回復ですかね
パグスロット:【鼓舞の言葉】仲間のスタミナポイントか呪文スロットを回復することができる
パグスロット:どっちか
ビアンカ:1d8
<BCDice:ビアンカ>:DiceBot : (1D8) → 7
ビアンカ:ありがとう
パグスロット:「がんばれ、すぐにいくぞ
ガイド:次、ビアンカですね
ピエロ:パグさん移動は?
ガイド:ああ、移動ですね、了解です
パグスロット:接触しておきます
ガイド:はい

玄関ホール 4ラウンド

ガイド:では次のラウンドですね
パグスロット:ビアンカさん!
ビアンカ:ヘイストかけておこう
ビアンカ:「ヒト様が与えてくれたこの力は信じる仲間を立ち向かわせる力があるのです!ヘイスト!」
ビアンカ:ピエロさんに
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは27
ビアンカ:TE(ターンエンド) ビアンカの現在のSPは23
ガイド:はい、ブレスがきれます?
ピエロ:「わ~今度は体がかるくなったさ~!?」
ビアンカ:SPはんえいしなかった
ビアンカ:きれます
ガイド:了解です
ビアンカ:ピエロさん隣接してくれれば追加でアクション
ビアンカ:維持頑張ります
パグスロット:「まだ、早くなるというのか、、
ビアンカ:DCも+2です
ピエロ:フォーチュンからの割り込みいきます?
ビアンカ:割り込まれるより敵指定のピエロさんにしますか
パグスロット:そうですね
ガイド:では、次は誰を指定ですか?
パグスロット:ピエロさんが近づいてから私行動したいな
ビアンカ:では敵指定でピエロに割り込んでもらおう
ピエロ:そうしましょう
ガイド:ふむ、了解です
ガイド:現在のフォーチュン:4
ガイド:では行動どうぞ
ビアンカ:あるうちにおしきりたい
ピエロ:ではここに移動します
ガイド:はい
ピエロ:BAで隠れます
ガイド:どうぞ
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 10[10]+3 → 13
ガイド:成功
ビアンカ:いいぞいいぞ
ピエロ:デクスターにシミターで有利攻撃します
ガイド:はい
ビアンカ:銀に弱い
ピエロ:2 1d20+3+3 精緻な一撃シミター命中有利
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 5[5]+3+3 → 11 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 6[6]+3+3 → 12 #2
ガイド:あたりです
ピエロ:あぶね
パグスロット:をおw
ガイド:ダメージどうぞ
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 3[3]+3[3]+3 → 9
ビアンカ:相手薄着でよかった
ガイド:銀製武器なので2倍になります、18p
ピエロ:18wいいね
ビアンカ:わーい
ビアンカ:もう1かいできますよ
ピエロ:ではヘイスト効果でもう一回
ガイド:どうぞ
ピエロ:1d20+3+3 シミター命中
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 18[18]+3+3 → 24
ピエロ:よし
ガイド:あたりです
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 3[3]+1[1]+3 → 7
ガイド:ダメージどうぞ
ビアンカ:すばらしい
ガイド:14p
ピエロ:ダメ低いな
ピエロ:TE(ターンエンド) ピエロの現在のSPは27
ビアンカ:1かいあいてうごかして
ビアンカ:次ラウンドに向けて4回攻撃狙いますか
ピエロ:了解デクスター指定
ガイド:はい
ガイド:では、引き続きビアンカの生き血をいただきます
ビアンカ:「耐えて見せます!」ふたりにめくばせ
ビアンカ:最悪錠剤でw
デクスター:2 1d20+6 攻撃:咬みつき【刺突】(有利)
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 14[14]+6 → 20 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+6) → 11[11]+6 → 17 #2
パグスロット:「デクスターあきらめろ、今ならまだ罪を、償うことができる・・
ガイド:はずれですね
ガイド:あ、ちがうあたりです
デクスター:1d10+3  【刺突】ダメージ(ダメージ分回復)
<BCDice:デクスター>:DungeonsAndDoragons : (1D10+3) → 3[3]+3 → 6
ビアンカ:そんなにかたくないw
パグスロット:どんなかたさだ、、むしろ。。
ビアンカ:まだどうにか
ガイド:6pダメージ、そしてデクスターは6p回復します
パグスロット:これだ、、
ビアンカ:4回攻撃への伏線として逆に抱き着こう
ビアンカ:「みなさんたのみます!」
ガイド:ターンエンド、パグスロット指定
ビアンカ:ヘイストを維持
パグスロット:「むちゃするな!!
パグスロット:「わかっているよな!ピエロさん、、ここだ
ピエロ:攻撃一回ですか?
パグスロット:【指揮官の素質】発動
パグスロット:アクションできるのです
ビアンカ:これで1回攻撃して
ピエロ:あ、いやデクスター
パグスロット:ほんとだな
ビアンカ:にぎってるから噛んでるみたい
ピエロ:あーなるほど
ビアンカ:こちら抱き返しは演出
ピエロ:では攻撃しますね
「またかって~に体が動くさ~♪」
ガイド:どうぞ
パグスロット:パグスロットは、作戦に徹して攻撃する気がまったくないw
ピエロ:1d20+3+3 シミター命中
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 17[17]+3+3 → 23
ガイド:あたりです
ピエロ:よし
ビアンカ:銀武器を動かすのはいい作戦
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 3[3]+2[2]+3 → 8
ガイド:16p
ピエロ:期待値でないなー
パグスロット:あまりにみごとなうごきだから
パグスロット:そうみえる
パグスロット:次の行動は
ビアンカ:敵指定ピエロさんwり込みで行きましょう
ピエロ:了解
パグスロット:フォーチュンでピエロさんに
ガイド:はい
ビアンカ:で敵指定パグさん
ビアンカ:フォーチュン足りるはず
ガイド:現在のフォーチュン:3
ピエロ:ビアンカ先割り込みでガイディングのほうがよくないっすか?
ガイド:ガイディングは不利になるかな
ビアンカ:近いですからね
パグスロット:ふむ
ビアンカ:3回当てたら落ちると思います
ピエロ:あーそうかではピエロが割り込みますね
ガイド:どうぞ
ビアンカ:フォーチュンふりなおしもねらってあてましょう
ピエロ:了解

玄関ホール 5ラウンド

ピエロ:まず隠れます
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール ボーナスアクションで隠れる
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 18[18]+3 → 21
ガイド:はい
ガイド:成功
ピエロ:おし
ピエロ:シミターで有利攻撃
ガイド:どぞ
ピエロ:2 1d20+3+3 精緻な一撃シミター命中有利
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 12[12]+3+3 → 18 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 12[12]+3+3 → 18 #2
ガイド:あたりです
ガイド:ダメどうぞ
パグスロット:おなじだ
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃シミターダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 3[3]+6[6]+3 → 12
パグスロット:おちてんじゃん
ピエロ:いいダメージ
ビアンカ:おちた?
ガイド:「し、信じられん。この私が、お前らのような開拓者風情にやられるとは。永遠を生きるはずの、この私がああああああ!!!」
デクスターは断末魔とともに倒れる。死体は塵となり、跡には、太陽のマークの鍵と、身に着けていた〈指輪〉が残る。
〈指輪〉は怪しげな赤い光を放っている。

パグスロット:「デクスターめ、、、
パグスロット:「この指輪砕いておくのが。。
ビアンカ:しりもちつこう
ピエロ:「ビアンカ大丈夫さ~?傷が残ってはたいへんさ~!」
ビアンカ:だきつかれていたから
ビアンカ:ありがとう
ガイド:そこに、アーロンが現れる。手には浴室にあった緑色の管(ホース)があり、管の先端からは水が溢れている。
「これで奴の足元を水浸しにしてやる!」
おそらく、バーのカウンター内にある蛇口に管を繋ぎ、水を出しているのだろう。

ビアンカ:もじもじしながら「あのー私が抱き着いたのはアルフには秘密で」
パグスロット:回復した方がいい・・
ビアンカ:そちらの方を心配
ガイド:「ああ、もう終わっちまってたか。すまんな、遅くなって」
パグスロット:「騎士は口が硬い
ピエロ:「レディの秘密をばらすほどやぼじゃないさ~♪」
パグスロット:しようとしてたことは、ただの演出に・・
ビアンカ:「ありがとうございます」でいまさら痛そうにしますw
ピエロ:「おそいさ~♪でもありがとさ~♪」
パグスロット:「しかしやったな、ピエロさん」
パグスロット:指輪をもちあげる
ビアンカ:娘さん以外は犠牲になったのかな
パグスロット:「どうやらそうらしいな。」
ビアンカ:「あなただけでもぶじでよかった」あらためてエスコート
ピエロ:「い~やは~や二人のおかげで早く動けたさ♪」
「その代わりからだがいたいさ~♪」

ガイド:パグスロットが指輪を持ち上げると、突然、声が聴こえる。
謎の声:『聴こえるか? 今、お前たちの心に直接呼びかけておる』
パグスロット:「ふ、、こんなものがあるから、、」
ビアンカ:おっインテリジェンス系だ
パグスロット:「だれだかしらないが、なにものだ?
謎の声:『その〈指輪〉を持って、吾輩のもとに来るのだ。吾輩は、この屋敷の地下に居る』
ビアンカ:むすめさんあいてしていて気づかないロールをしておこう
ピエロ:「お~やおやこれは~ふしぎさ~♪」
パグスロット:「話始める前に言いたいことがある
ビアンカ:あっみんなにきこえるのか
ガイド:全員に聴こえます
パグスロット:「騎士道大原則ひとーつ
パグスロット:騎士たる者、悪にカタンしてはならない!お前じゃないのか、あの男を誘惑したのは!
パグスロット:みんなにつぶらな瞳をむける
ガイド:『うむ、その話は地下室でしようではないか』
ビアンカ:声に気づくけどパグさんがあいてしてくれているので見守ります
謎の声:『とにかく、指輪を持ってくるのだ』
パグスロット:「指輪をもってきてほしいというのか?
ピエロ:「あく~とはかぎらないさ~とりあえずはなしてみるさ~♪」
謎の声:『さっきからそう言っておるであろう』
ビアンカ:パグさんは勝手に行きたい感じにはなっていない?
パグスロット:「では、あの男がああなる前に止めることができなかったのか?
謎の声:『指輪は触らぬようにな』
パグスロット:真意看破したいな
パグスロット:指輪もうもちあげちゃったけど
パグスロット:壊すつもりで・・
ガイド:判断力セービングスローですかね
パグスロット:1d20+1 パグスロットの判断力Sロール
<BCDice:パグスロット>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1) → 14[14]+1 → 15
ピエロ:おいい出目
ガイド:大丈夫でした
パグスロット:まあまあの数値
パグスロット:「騎士は、、誘惑にはまけない!
謎の声:『とにかく、吾輩のもとにくるのだ』
パグスロット:「指輪もってく?
ビアンカ:いってみますか
ピエロ:「で~は棺の間にいくさ~♪」
ビアンカ:ふれずにもっていけるかな
ガイド:袋とかあると思うので、包んでください
ビアンカ:そういう感じで
ピエロ:ピエロが鞭で拾ってハットの中に入れてきます
ビアンカ:いいですね
パグスロット:ふれちゃったんだけど・・
ビアンカ:一瞬だから抵抗して落とした感じで
ピエロ:「もってきたさ~♪」
ビアンカ:すすめましょう

地下室

ガイド:君たちは謎の声に導かれて、地下室へとやって来た。
『よく来たな。では、〈指輪〉を〈棺〉の窪みにはめ込むのだ。だが、くれぐれも、〈指輪〉を直接触らぬように』
ピエロ:鞭でビターんとはめます
パグスロット:謎の声はいままでなぜはなさなかった?
ビアンカ:「まずなにがおきるかをおしえてもらわないと」
ガイド:君たちは、言われるがまま、〈指輪〉を触れぬよう工夫をこらし、〈棺〉の中央部にある窪みに〈指輪〉をはめ込む。
すると、指輪の光はさらに輝きを増し、ぎぎぎ、という蝶つがいが軋む音とともに、〈棺〉の蓋が開く。
パグスロット:寝てたのか?
ビアンカ:あいちゃった
ピエロ:「あ、はめちゃったさ~♪」
ピエロ:ステが大変なことにw
ガイド:そして、〈棺〉のなかから、姿を現したのは犬でも猫でも鼠でもなかった。
なにしろ、顔には毛が生えていないのだ。毛のない顔は青白く、目は赤く妖しい光を放ち、真っ赤な口元からは白い牙が覗いている。
しいて言うなら、「魔人」という言葉が相応しいかもしれない。
パグスロット:悪魔だ
魔人:「なんと、そなたたち〈ワーウルフ〉であったか。よくぞ、吾輩の〈指輪〉を取り戻してくれた。礼を言うぞ」男の手には、いつの間にか、くだんの〈指輪〉が輝いている。
「あのデクスターという者、〈指輪〉により力を得たことでいい気になりおって。あやつは〈指輪〉を返すよう語り掛けたが、再三の呼びかけにも応じることなく、しまいには、この世界の支配者になると言い出しおった。しかし、そなたたちのおかげで、奴の野望も潰えたというわけだ」
ビアンカ:「あなたは?」
パグスロット:「で、あなたはだれだ?貴族のような口ぶり。
ピエロ:「ワーウルフだ~となにさ~それ」
ガイド:「うむ、それは」と言って魔人は話し始める。

ガイド:古の昔、宿敵に敗れ深い傷を負った魔人は、傷を癒すため〈指輪〉をはめ込んだ〈棺〉で眠りについた。この魔力を秘めた〈指輪〉と〈棺〉は魔人を癒すことができるのだ。ただし、魔人が完全に復活するためには、百年の歳月が必要だった。
月日は流れ、ちょうど百年が経過しようとしていたその時、〈棺〉が安置されていた墓所を天変地異が襲った。大地は揺さぶられ、墓所は岩に押しつぶされた。
ガイド:〈棺〉の守りは強固で、地震も、津波も、溶岩の熱でさえ、これを傷つけることできない。そして、当然ながら、魔人も、この天変地異で傷つくことはなかった。
しかし、百年の歳月が過ぎた後も、魔人が〈棺〉から出ることは叶わなかった。
ガイド:なぜなら、その天変地異の衝撃で、〈指輪〉が〈棺〉から外れてしまったのだ。〈棺〉の強固な守りは、魔人の力すら受け付けないのである。
そして、唯一〈棺〉を開くことができるのが〈指輪〉だった。
〈指輪〉は主が眠りについてから百年後に、その魔力で〈棺〉を開くよう、あらかじめ命じられていたのだ。
そのため、魔人は〈棺〉に閉じ込められたまま、再び、永の眠りにつくこととなったのである。

魔人:「〈棺〉と〈指輪〉がこの地に運び込まれた時、吾輩は目覚めた。そして、〈指輪
〉の力により、ぼんやりとだが、周囲の状況も理解できた。吾輩と〈指輪〉とは、深い絆があるゆえな。外にいる者たちは、この〈棺〉をこじ開けようと、色々と試行錯誤しておったようだな。そのうち、〈指輪〉の力で不死者となったデクスターが、他の者たちを襲って、生きた屍に変えておったな。まあ、〈ヒト〉同士の争いなど、吾輩の感知するところではないがな」
ビアンカ:「ヒト様をご存じで」なんだこの生命体はw
パグスロット:「ヒト様同士があらそうなどもっとありえんぞ!
パグスロット:「信用ならん」
ピエロ:「ヒト様も~完璧で~はなかったのか~もしれないさ~♪」
パグスロット:と、「これからあなたはどうするつもりなのだ?」
魔人:「ときに〈ワーウルフ〉たちよ。この近くに〈ヒト〉の村はあるか? 実は吾輩、少々、喉が渇いておる。〈ヒト〉の生き血を飲んで、この渇きを鎮めねば。できれば、麗しい乙女がいる村が良いぞ」
それを聞いて、村娘が怯えた表情を見せる。
パグスロット:「ほら、これだ」ハルバードを構える
ビアンカ:かばいつつ
ピエロ:「お~とそれ~はだめさ~♪」
ガイド:それに気が付いた魔人が言う。
「〈ワーウルフ〉の娘よ、安心するがよい。そなたを襲ったりはせん。吾輩、〈ヒト〉以外にはまるで興味が無いのでな」
それを聞いて、娘はほっとした表情を浮かべた。
ビアンカ:「ヒト様の村?なにをいっているのですか?」
パグスロット:「ヒトはわれわれの守るべき規範を示す存在ではないのですか?ビアンカどの、こやつは何をいっている??
ピエロ:「ヒト様は大昔~にお隠れになったさ~♪」
魔人:「なんと、この世界に〈ヒト〉はおらぬと申すか?」
魔人:「いや、そんなことはあるまい。そなたらとて、この世界のすべてを承知しているわけではなかろう。こうしてはおれん、すぐにでも旅立たねば。〈ヒト〉を探す旅にな」
魔人は呪文を唱え、異界から従者たちを呼び出す。従者は黒いフードに身を包み、少し透けて見える。従者たちは魔人に命じられて、〈棺〉を外へ運び出す。
ビアンカ:世に出していいのかな

屋敷の前

ガイド:魔人は屋敷の外に停まっている馬車や馬の死体を見つけると、従者たちに〈棺〉を馬車に乗せるよう指示する。そして、馬の死体に触れると、馬はむくりと起き上がる。
従者は1体を残して消えてしまい、残った1体が馬車に乗り込み、馬の手綱を握る。
ガイド:「それではな」そう言って魔人は馬車に乗り込もうとするが、ああ、そうであったと立ち止まり、懐から何かを取り出す。
ガイド:「そなたたちとの友誼の証として、この〈懐中時計〉を授けよう」
そう言って魔人は君たちに、金製(銀製ではない!)の丸い道具を手渡す。手のひらに収まる程度の大きさで、蓋を開けると丸い文字盤があり、長短の針が刻をきざんでいる。
ピエロ:「なにさ~これ」
ビアンカ:見送っていいものか二人にめくばり
パグスロット:一太刀あびせてみるか・・
ガイド:やってみます?w
ピエロ:「あ~れはどのみ~ちわれわ~れだけのてには負えそうにないさ~♪」
パグスロット:「ヒト様がまだいるとして脅かす存在ではないのか!?
ガイド:SP666です
パグスロット:まあ、データみてますが・・
ガイド:では、見送るでよいのかな?w
パグスロット:「ヒト様がやられることなどないと思うが、手をだすんじゃない
ピエロ:「ヒト様がおられるのな~らあんなも~のは許さないだろ~さ♪」
パグスロット:「ここで、私がとめる・・
パグスロット:ハルバードを打ち下ろしますけど
ピエロ:「パグ殿き~しがそろってからのほうがいいさ~♪」
ビアンカ:「ヒト様へつながる道があるにしても、あの方経由ではないかもです」見送ろう
ビアンカ:「私に聞こえるのは、ヒト様と仲間の声で十分です」
パグスロット:たぶん攻撃とおらないし
ガイド:「うむ、では、今度こそさらばだ。また、会う日まで息災でな」
魔人が馬車に乗り込むと、従者がゾンビ馬に鞭を振るった。
馬車はゆっくりと進んでいき、やがて闇の中に姿を消した。
パグスロット:挫折しないと次がんばれないんだが・・
ピエロ:「いい鞭裁きさ~♪」
パグスロット:「あれは、どう考えてもヒト様にとって悪だぞ。
ビアンカ:「いろいろおこりすぎた夜でしたが、まずはあの子を無事送り届けないと」
ガイド:そうですね。では、エンディング行きますが、大丈夫ですか?
ビアンカ:はい
パグスロット:「あ
パグスロット:棺ぜったいあのDには必要なはず
パグスロット:隠すの無理かな・・
ガイド:棺は持っていきました
ピエロ:私は大丈夫です
ビアンカ:もっていった
パグスロット:もってったんかい
パグスロット:おもそうなのにw
ビアンカ:馬車で
ガイド:馬車に積んで
ビアンカ:描写がありました
パグスロット:「あれと、私は馴れ合うつもりはないぞ。」
パグスロット:と言っておく
ガイド:了解です。では、エンディング行きますね

エンディング

ガイド:君たちは、行方不明となっていた村長の娘を無事救い出し、また、一連の行方不明事件の元凶をみごと倒した。
村には再び平和が訪れ、開拓団と君たちには、村から報酬が支払われることだろう。
ガイド:また、今回の事件で、君たちはD大公の野望の一端を垣間見た。
だが、王国で強大な権力を持つD大公を糾弾するのは、容易なことではないだろう。
ガイド:この物語は、いったん、ここで幕を閉じる。だが、今後も多くの者たちが、D大公の野望の犠牲になるかもしれない。
これ以上の犠牲を出さないため、大公の野望は、君たちが阻止してくれるに違いない。
なぜなら、君たちは数多くの芸を持つ開拓者であり、また、悪の栄えたためしは無いのだから。
(パグマイア秘史2 Ⅾの秘密の館 おわり)

 

「彷徨う鎧の装着法」 GM:たぐっちゃん

導入

岬の塔で発掘されたマスターワーク。
そのなかには修理すれば使えるものがいくつかあった。

しかしヒトの時代の失われた技術。
修理できる技術者を探すことは困難と思われたが、一人の天才アーティザンの噂を聞きつける。

その天才アーティザン、トーマ・シェルティは完成間際の研究がうまくいったら協力できる。
開拓者たちにもその研究を手伝ってもらえないかと打診してきた。

彼の現在の研究のテーマは「彷徨う鎧の装着法」だということだ。

募集詳細

今回の参加者さん

参加者さんへのご案内

初参加の方はキャラクターのコマ作れればと思うので、キャラクター保管所さんでのシート作成お願いいたします。

こちらなどご覧ください。

初参加の方は自己紹介シーンを作れればと思います。

事前にテキストに文字お越ししておいていただけるとありがたいです。

キャラクターハンドアウト

導入などでロールしやすくなるように事前情報を案内いたします。

今回は参加PC拝見して、それぞれ導入役としてシーザー、依頼先の村での交流シーンとしてピエロ、これからのNPCの交流相手としてベルダーとソルファーネ考えてみました。

事前の文字うちなど、よろしくお願いいたします。

シーザー 鋼鉄の巨神に関する友の手紙

シーザーは、かつてマスターワークを守っていた氏族の一員だった。
いままで開拓者たちが得た情報から12面体の氏族だということがあきらかになってきました。

キキーモラの不調の要因にも自分の氏族がかかわっていると感じたシーザーは、いまは審問官として活動している同じ部族の出身のハスキーと連絡をとりあっています。

今回鋼鉄の巨神1)「鋼鉄の巨神」について
かつてのヒトの時代の兵器であったとされる遺物です。
その力は数十体で国を滅ぼす事が出来るとされているが、今現在においてその存在は確認されておらず、学者の間においては存在が疑問視されている。キキーモラの事件の際に彷徨う鎧のバリエーションのひとついではないかという疑惑も沸いた
に関する新たな情報が友人からもたらされた。

「親愛なるシーザー。なかなか王都で再会という感じにならならず、手紙だけのやり取りで申し訳ない。
鋼鉄の巨神ではないかという情報を得たので伝えておく。
とある村の領主が、中に犬が乗り込み操縦する彷徨う鎧を研究しているらしい。
その犬の先祖が手に入れたものらしいのだが、鋼鉄の巨神に連なるものかもしれない。
機会があれば調べてみてほしい」

友人から鋼鉄の巨神に関する情報が来る形で、全体導入前のシーンを作れればと思います。
この情報を味方に伝えるか、どのタイミングで伝えるかはシーザー次第です。

ピエロ 村の仔犬たち

「おにちゃんへんなかっこう!」
サーカス団の団長という立場もあり、新しい場所にでかけてもピエロのまわりには犬だかりがよくできる。
今回の依頼人の村でもすぐに囲まれてしまった。しかし開拓者となったいまでは情報収集などでも助かることの方が多い。
「りょうしゅさまはかわりものだけどいいいぬだよ。ぼくのおもちゃなおしてくれたの」
「あのね。ひみつだけど、とーまさまともえおねえちゃんすきすきなの。」

依頼先の村での仔犬や村人との交流シーンを作れればと思います。
ぜひ仔犬たちに芸などもみせてあげてください。

ベルダー 天才アーティザントーマの悲願

「ヒトの遺産について、ここまで話が通じた犬と出会ったのははじめてです」
依頼人でもある天才アーティザン、トーマは穏やかな人物で、その知識や技術はベルダーから見ても本物だと思えた。そういう犬物の力を借りれたら開拓村はさらに進歩していくだろう。
「この彷徨う鎧を動かすことは、先祖からの悲願なんです。」
高齢だった両親も数年前に亡くし、いまは幼馴染で執事の娘だったモエの力を借りて、彷徨う鎧の起動実験までこぎつけたという。
「この実験がうまくいけば、もうひとつの私の夢にも挑戦してみたいと思います」

依頼人でもある天才アーティザントーマとの交流シーンです。
トーマの悲願と、カガクを感じる彷徨う鎧に対してどう接せられるか楽しみです。

ソルファーネ テストパイロットモエの思い

「トーマ様の役に立てて本当にうれしいんです」
領主の幼馴染で執事の娘だったモエは彷徨う鎧のテストパイロットとして、緊張もしていたがトーマの夢を助けられることが本当にうれしいようだ。
誰かの夢のために頑張るその姿は、亡くなった家族のために貴族として家名の復興を願うソルファーネ自身の姿と重なって見えた。

テストパイロットモエとの交流シーンです。
ガールズトーク的な展開もあるかもしれません。

リプレイ

ガイド:今夜もよろしくお願いいたします
ガイド:開拓村の開拓者ギルドの一室から始めます。
ガイド:岬の塔の1階ですね
ガイド:村の代表の一人であり、商犬ギルドの代表で考古学者でもあるインディが皆さんに依頼がると集まってもらった感じですね、
ガイド:岬の塔で見つかったマスターワークを修理できそうなアーティザンの協力を得てきてほしいという依頼です。
ガイド:冷蔵庫とかラジオとか見る買ったのですが動かないという感じです
ベルダー:自分で修理できないのが悔しいのです!
ガイド:専門的すぎるの
ガイド:専門家に頼む感じ
ガイド:みなさん集まっているのですが
ガイド:新人さんがいますね
ベルダー:きっと、その専門犬から得られる知識があるはずなのです!
ソルファーネ:あ、はい。
ガイド:ソルファーネさん簡単に自己紹介を
ソルファーネ:「私はソルファーネ・……ん、ただのソルファーネ、だ」
「自分で言うのもなんだがいろんな境遇で過ごさざるを得なくて、この道一筋として生きてきた犬たちと比べると何もかも中途半端であると思う」
「身を守ることくらいはできるつもりだが、よろしく頼む」
ガイド:話の前にあいさつした感じです
ガイド:いいですね
ガイド:少しぶかぶかの鎧を着たプードルさんですね
ベルダー:「ソルファーネさん、よろしくなのです
ガイド:この4人に依頼が来た感じです
シーザー:「ソルファーネか、オレはシーザーだ。よろしくな!」
ピエロ:「はじめましてさ~♪ソルフィーネど~の」
ガイド:相手は開拓村の対岸にあるインダスト村の領主で、アーティザンのトーマ・シェルティという犬物です。
ガイド:そうですね。みなさん知力で判定を
ガイド:魔法でもいいです
シーザー:1d20+0 シーザーの知力ロール
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 13[13]+0 → 13
ピエロ:1d20+2 ピエロの知力ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 15[15]+2 → 17
ガイド:分野で有名化も
ベルダー:2 1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》&《あくなき知識欲》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 20[20]+9 → 29 #1
DiceBot : (1D20+9) → 3[3]+9 → 12 #2
ガイド:みんなたかいな
ガイド:ひとりだけ世界が違うw
ガイド:天才アーティザンとして名が知れている犬物です。
ベルダー:それこそ専攻なのでw
ソルファーネ:1d20+1 ソルファーネの知力ロール
<BCDice:ソルファーネ>:DiceBot : (1D20+1) → 10[10]+1 → 11
ガイド:マスターワークの研究をずっと続けてきた家系としても知られています。
ベルダー:「おお、あの高名なトーマ師なのです!」
ガイド:これはベルダーがみんなに説明してくれた感じですかね
ガイド:ンディ商会は、トーマの研究に出資をしているらしく、強引にお願いすることもできるのだけど研究熱心な好青年なので、できれば自主的に協力してもらえるようにお願いしてきてほしいと、最近研究が完成しそうだという便りもきていたのでその成果をきいてきたり、協力できることがあればしてきてほしいとお願いしてきます。
インディ:「熱心な良い若者だよ」
シーザー:「名前は聞いたことある。確かマスターワークを研究しているのだろう?」
インディ:「ベルダー君など話が合うかもしれん」
ピエロ:「トーマど~のならきいたこ~とあるさ~♪」
ベルダー:「ええ、数々の功績を残されている、私も憧れの師なのです!」
ガイド:インダスト村までは馬車を出してくれるそうです。
ガイド:村へ商品など運ぶので、みなさんも一緒に運ぶ感じです。
荷物は村の日用品などですね。
ガイド:馬車なら朝出れば午前中には着くということです。
ガイド:明日の朝出発するので今日は岬の塔の宿泊施設に泊まっていくように部屋の手配もしておいてくれたようです。
ベルダー:「ぜひぜひお話をしてみたいのです!」
ソルファーネ:結構近いんだ
インディ:「装備類で必要なものがあればいっておくれ」
ガイド:パグマイアは距離感があいまいで
ガイド:飛び道具が追加でほしいなどないですかね?
ソルファーネ:迷うところ……一応貰っておこうかな>弓
ガイド:宿泊施設は3階ですね
ピエロ:「わた~くしは鞭があれば十分さ~♪」
ガイド:ルルブにのっている武器のうち必要な芸お持ちの物は支給されますので
インディ:「明日の朝になったた塔の前にきておいてくれ。御者には話をしておく」
シーザー:「使うかは分からないが一応クロスボウの矢の予備だけもらっておこう。」

鋼鉄の巨神に関する友の手紙

インディ:「あっそうだ」
インディ:とシーザーに声をかけます
ソルファーネ:ロングボウ貰っておこう。
インディ:シーザーあてに手紙がきていたみたい
インディ:渡します
ガイド:送り主はシーザーと同じ氏族出身の友人ですね。
シーザー:「手紙?あぁ、アイツからか。」
ガイド:解散となるので割り当てられた個室で見ることもここでみることもできますね
ガイド:どうしましょうか
シーザー:一応その場で開封して読みます
ガイド:はい
ガイド:友人はシーザーと同じ12面体の氏族の出身で、いまは審問官として活動していて、パグマイア各地を回っています。
ガイド:その途中で氏族の裏切り者や、氏族が管理していたという、鋼鉄の巨神の情報などをシーザーに伝えてきたりしています。
ガイド:今回鋼鉄の巨神に関して何か情報があったみたい。
ガイド:内容案内しますね
ガイド:「親愛なるシーザー。なかなか王都で再会という感じにならならず、手紙だけのやり取りで申し訳ない。
ガイド:鋼鉄の巨神ではないかという情報を得たので伝えておく。
ガイド:とある村の領主が、中に犬が乗り込み操縦する彷徨う鎧を研究しているらしい。
ガイド:その犬の先祖が手に入れたものらしいのだが、鋼鉄の巨神に連なるものかもしれない。
ガイド:機会があれば調べてみてほしい」
ガイド:そういう内容ですね
ガイド:そういう手紙です。情報から明日向かう村がそうかなと分かります。
ガイド:友人の情報を他のPCに伝えるか、どのタイミングで伝えるかはシーザー次第です。
ベルダー:「シーザーさん、お友達からの手紙なのですか?」
ガイド:ロールプレイのきっかけなので
ガイド:情報共有してないと不利になるとかはありません
シーザー:「あぁ、ふるくからの知り合いの便りだ。ベルダーには話したかも知れないが、前話したかも知れないが鋼鉄の巨神のことでの連絡でこれから行く村とも関係があるかもしれない。」一応手紙の内容も簡潔に説明します
ガイド:了解です
ソルファーネ:「犬が乗り込む鎧、そんなものもあるのか」
ガイド:鋼鉄の巨神自体は別にシナリオしますので
ガイド:そういうものがあるくらいにうけとってもらえればとおもいます
ベルダー:「なるほどなのです。もしかすると、これから会いに行くトーマ師なら、何か知っているかもしれないのです」
ガイド:みなさんいい反応
ピエロ:「鋼鉄の巨神なんとも~ロマンを感じさせるひびきさ~♪」
ガイド:そんな感じですね
ガイド:武器の支給がされて解散になります
ガイド:次の日の朝にしていいですか?
ベルダー:「しかし、彷徨う鎧に犬が入って動かすのですか……」
シーザー:大丈夫です
ガイド:晩御飯と朝食つきですw
ソルファーネ:おっけーです
ベルダー:「それでは、ピエロさん、ソルファーネさん、明日からよろしくなのです」

インダスト村へ

ガイド:翌朝岬の塔の前にインディが手配した馬車がきています。
ガイド:インダスト村に持っていく物資などはもう積んであます。
ガイド:御者は柴犬のおじさんですね。みなさんの事は聞いていたので会釈してきます。
ピエロ:「よりくたのむさ~♪」
ガイド:犬のよさそうは犬です。
シーザー:ベルダーとは鋼鉄の巨神のは暗視で盛り上がったに違いないw
ガイド:インディも見送りに来ていて、トーマへの手紙を預けます。
ソルファーネ:「インダスト村までよろしく頼む」
インディ:「この手紙を渡してくれ」
ベルダー:でしょうねw
インディ:「ではたのんだぞ」
インディ:見送ってくれます
インディ:道中とくに何も起きません。
ベルダー:手紙は私が受け取ってもいいですか?
ソルファーネ:どうぞー>ベルダー
インディ:一番話は会いそうですね
ピエロ:大丈夫です
ベルダー:ありがとうなのです
インディ:道中御者さんと親しくなれるか
インディ:魅力で判定を
シーザー:異論はないです、同じアーティザンのベルダーなら話もスムーズに進むでしょうし
インディ:魅力で技能あればそれでもOKです
インディ:インダスト村の話などきけます。
ソルファーネ:1d20+3 ソルファーネの魅力ロール
<BCDice:ソルファーネ>:DiceBot : (1D20+3) → 15[15]+3 → 18
ベルダー:1d20+0 ベルダーの魅力ロール
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+0) → 5[5]+0 → 5
ピエロ:1d20+4 ピエロの芸能ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+4) → 1[1]+4 → 5
インディ:ベルダーは手紙が気になったかも
シーザー:シーザーは強面なので他の方に任せようw
ピエロ:あ
ピエロ:やらかした
ベルダー:手紙と師と何を話そうか色々考えていますw
インディ:ソルファーネが身の上話などして親しくなったのかも
ガイド:以下のような情報が得られます
ベルダー:考えながら手癖でキューブをカシャカシャやってる
ピエロ:張り切りすぎて得意の手品をミスりました
ガイド:穏やかないい村
領主は若くて研究ばかりしているかわりものだが、いい領主
自分の研究成果など村で利用しています(ポンプ式の井戸とかあるみたい)
お付のメイドさんもいい子で、あの子と領主様が結婚したらより良い村になりそう。
ソルファーネ:相槌を入れながら聞いていよう
ガイド:こういう情報を得られます
シーザー:シーザーは剣でも磨いてたんだろう
ガイド:いい村みたいですね
ガイド:そんな話をしていると到着します
シーザー:話に耳だけぴくぴくさせておこう

村の仔犬たち

ガイド:村の入口で馬車はとまり、待っていた村犬たちが物資を運び始めます。
御者も頑張ってくださいと声をかけわかれます。
ガイド:平坦な広い道を進んでいくと領主の館があると教えてくれます。
ガイド:村はきれいですね
ガイド:井戸はポンプ式だったりします。
ガイド:判断力で判定お願いします
シーザー:1d20+1 シーザーの判断力ロール
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+1) → 12[12]+1 → 13
ピエロ:1d20+0 ピエロの判断力ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+0) → 4[4]+0 → 4
ベルダー:1d20+1 ベルダーの判断力ロール
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+1) → 14[14]+1 → 15
ソルファーネ:なんかカタパルトとか置きたくなる地形だな
ソルファーネ:1d20+2 ソルファーネの判断力ロール
<BCDice:ソルファーネ>:DiceBot : (1D20+2) → 14[14]+2 → 16
ベルダー:色々な道具がたくさんで目移りしてます
ガイド:いいですね
ガイド:荷物の上げ下ろしをしている犬たちが、軽装鎧みたいなのをつけていたり、足の不自由な犬が足だけにつける鎧みたいなものを付けているのにきづきます
ガイド:14以上の方
ガイド:魔法学知識で判定を
ベルダー:「あれは鎧なのです? でも、足だけ?」
ベルダー:2 1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》&《あくなき知識欲》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 9[9]+9 → 18 #1
DiceBot : (1D20+9) → 5[5]+9 → 14 #2
ガイド:18あればOK
シーザー:「鎧のように見えるが違うのか?」
ガイド:彷徨う鎧の技術を流用して作業や、日常動作をサポートする装備を村犬たちは使っているみたい。
ガイド:補助具みたいなの
ガイド:領主は村の犬のためにいろいろやってくれているみたい。
ガイド:噂とおりですね
ベルダー:「なんと、すごい技術なのです!」
ガイド:みなさんが馬車から降りると村の人たちは挨拶してくれます。
ガイド:特にピエロは人気ですね。
ガイド:村の仔犬たちが
シーザー:「よく分からんがベルダーがそう言うならそうなのだろうな。」
ガイド:「おにちゃんへんなかっこう!」
ガイド:とか声をかけてきますね
ガイド:いろいろ話も聞けそうです
ソルファーネ:「それをこんな日常の仕事に使っているのか。たしかにここの領主殿はすごい犬のようだ」
ガイド:仔犬が集まってきている感じです
ピエロ:「や~や~皆さ~まはじめましてさ~♪わた~くしは誇り高きジャンブルサーカス団座長ピエ~ロ・ジャンブルさ~」
ガイド:「さーかす!すごーい!」
ソルファーネ:「そうだ、この村の領主様はどこにいるのかな? お手紙を持ってきたのだが」>子犬
ベルダー:「はじめまして。私たちは開拓団の者です。ご領主のトーマ殿はどちらなのでしょうか?」
ピエロ:「かわいらしい
ガイド:何かしてくれるかなという瞳で見つめてきますw
ガイド:ちょっとピエロとの掛け合いシーンをさせてください
ピエロ:では手品をしますね
ガイド:わくわく
シーザー:子どもと一緒に手品をワクワクしながら見ておきますw
ガイド:かわいいなw
ベルダー:「そういえば、ピエロさんの手品を初めて見るのです」
ピエロ:「ボーイズ&ガールズ見ていたま~えさ~♪」
と言って手をぎゅっと握って開くとりょうてからあふれんばかりの花束が出てきます
ガイド:「すごーい!おはなだ!」
ソルファーネ:「お見事」ぱちぱち
ガイド:盛り上がりますね。すっかりなじんでくれたかんじ
ベルダー:くんくんと匂いを嗅いで「魔法とは違うのです!不思議なのです!」
ガイド:いいですね
シーザー:「何だあれは、魔法か?ベルダーお前も出来るのか?」
ガイド:見事な芸だとわかります
ピエロ:「さ~こ~れはそこのお嬢さんにプレゼントするさ~♪」
と言って子犬に渡します
ガイド:ソルファーネとベルダーの質問にも答えてくれますね
ベルダー:「私ができるのは、魔法の手で遠くのものを動かすくらいなのです」
ガイド:花を受け取りながら「ありがとう!おにいちゃんたちとーまさまのおきゃくさま?」
ガイド:家の場所など詳しく教えてくれます
ピエロ:「そーさ~♪」
ベルダー:「そうなのです。トーマ様を訪ねてきたのです」
ガイド:「あのね。あのね」といろいろ教えてくれます
ガイド:「とーまさまはかわりものだけどいいいぬだよ。ぼくのおもちゃなおしてくれたの」と男の子が教えてくれたり
ピエロ:にこやかにかがんで聞いてます
ガイド:「あのね。ひみつだけど、とーまさまともえおねえちゃんすきすきなの。」
とおしゃまな女の子が教えてくれたりですね
シーザー:子どもから変わり者と言われるなら相当なんだろうなw
ガイド:仔犬たちは村のはずれの橋のとこまで見送ってくれますね
ガイド:「ここまっすぐいくんだよ」
ベルダー:「もえおねえちゃん、ですか。そうなのですね」
ピエロ:「ラブはいいものさ~♪」
ベルダー:「まっすぐなのですね、ありがとうなのです」
ソルファーネ:「何もないようだが……」<ここまっすぐ
ガイド:ばいばいといって仔犬たちはかえっていきますね

天才アーティザントーマの悲願

ガイド:領主の館は村のはずれにあります。
ガイド:大きくて広い道の先ですね。
ガイド:ヒトの遺跡で見ることがある道路といわれるものですが、いままでに見たことがないくらい幅が広いです。
ガイド:距離も3kmくらいはある感じです。
ガイド:遠くに建物が見える感じ
ソルファーネ:長っ!
ベルダー:「おおおお……こ、これはスゴくスゴいのです!」
ガイド:もくもく歩くしかないですw
シーザー:結構長いのですね
「この道もヒトの遺産なのか?」
ベルダー:グリースを塗って、すべっていきたいw
ガイド:領主の家という建物は倉庫みたいです。
ソルファーネ:カートみたいなのはは窟されなかったのか(笑<歩くしか
ガイド:間口230m、奥行100m、高さ最大で40mくらいありそうです。
ガイド:正面は鉄製の扉ですね。
ガイド:そのそばに出入り用の扉もあって、2匹の犬の姿が見えます。
シーザー:格納庫っぽいなと思うけどシーザーはそんな事分からないw
ガイド:あなたたちがくるのをまってくれていたようです。
ガイド:白衣を着た男性の犬とメイド服の女性の犬です。
ガイド:白衣を着た男性が挨拶をしてきます。
ベルダー:「ごめんくださーいなのです!」
トーマ:「ようこそ。インダスト村の領主でトーマシェルティと申します。」
トーマ:派手な格好でなく実用的な服装です。
トーマ:白衣には油などもついているので実践タイプの科学者のようです。
ベルダー:「おお、これはトーマ様、お初にお目にかかるのです」とあいさつします
ソルファーネ:「はじめまして。あなたに手紙を預かってきたのだが」>とーま
トーマ:「インディさんから連絡はいただいています」
トーマ:「こちらは私の幼馴染で、研究の手伝いなどをしてくれているモエです」
トーマ:とメイド服の犬を紹介します。
ベルダー:「はい、これがお手紙なのです」とトーマに渡しましょう
ピエロ:「こ~れはご丁寧にわた~くしはピエ~ロともうしますさ~」
モエ:「ようこそいらっしゃいました。トーマ様お話は中でしましょう」
モエ:と促してきますシェルティの雑種のようですね。
モエ:中に案内してくれます。
シーザー:「よろしくな、オレはシーザーだ。」
ベルダー:「ああ、あなたがモエさんなのですね。はじめましてなのです」
トーマ:「そうだね」そういうと皆さんを案内してくれます
トーマ:手紙も中で見る感じにしますね
ガイド:中に入ると本当に広い建物です。
ベルダー:「では、お邪魔しますのです」
ガイド:壁沿いに階段と通路。いくつか部屋がありそこを居住スペースにも使っているようです。
ガイド:倉庫の中心部分には青い大きな鎧やざまざまな道具があるのが見えます。
ガイド:3mくらいですかね
ガイド:鎧のサイズ
ガイド:上から見ている感じです
ソルファーネ:きょろきょろしながら生活スペースまで案内されよう
ガイド:いま部屋に向かっているので
ベルダー:「おおお、こ、これは……彷徨う鎧なのですか?」と少々警戒
ピエロ:「こ~れは立派なよろいさ~♪」
トーマ:「私の研究している装着型の彷徨う鎧です。」
シーザー:「これがアイツが言ってたものか。造像以上にスゴイな・・・。」
トーマ:「私はヒュドラと呼んでいます」
トーマ:「ヒトの時代の再生能力をもった怪物の名なのですが、わが一族歴代がずぅと研究してきてあきらめず絶対いつか動かすという気持ちを込めてつけました」
ソルファーネ:「鎧というよりも乗り物のような……ああ、乗り込むと言っていたな」
ベルダー:「装着型……この中に犬が入るのですか?」
トーマ:この彷徨う鎧自体はこの場所で先祖が見つけてそのまま住み込み、研究の段階で見つけた技術などを周辺の犬たちに提供していたら慕って済む犬が増え、そのまま領土としたみたいです。
トーマ:「そうですね。あともう少しで研究が完成というかんじです」
ピエロ:「ロマンが~あってとてもわくわくするさ~♪」
トーマ:「その話もぜひ聞いてください」
トーマ:そういって部屋につきます
ベルダー:「非常に私も興味があるのです!」
トーマ:応接間のようなところにつきます。
トーマ:モエがお茶など出してくれますね。
ソルファーネ:是非聞いて……話し出すと止まらない犬のような気がする(笑)
トーマ:「ある程度こちらの事情は知ってるとは思うのですが」
シーザー:時間があるときトーマさんに鋼鉄の巨神のことについても聞いてみたいな
トーマ:というと説明してくれます。
トーマ:いいですね。そのシーンもつくりますね>巨神
トーマ:あっ手紙を先に読みましょう
シーザー:とりあえずはベルダーさんに手紙を渡してもらおう
ベルダー:「インディさんからのお願いを読んでいただけますか?」
トーマ:「ありがとうございます」手紙を読み始めます
トーマ:読み終わると「インディさんにはお世話になりっぱなしで」
トーマ:「この手紙にも実験に皆さんが協力してくれるかもとありました」
トーマ:「私の話をきいていただけますか」
ベルダー:「ええ、実際にトーマ師の研究に非常に興味があるのです」
シーザー:「あぁ、もちろんだとも。オレもアンタには聞きたいこともあるし。」
トーマ:良いパス
ピエロ:「もちろんさ♪ロマンあるものは大好きさ♪ぜ~ひきかせてほしいさ♪」
ソルファーネ:「わたしにできることなら手伝うが……まぁ話を聞くくらいはするぞ」
トーマ:ありがとうございます
トーマ:念願だった装着型彷徨う鎧の起動実験をしたいので、その実験に付き合ってほしいという事です。
トーマ:彷徨う鎧にはモエが乗り込むという事です。
天命ラッターの開拓者さんでもあるみたい。
ベルダー:「昔、お父さんと遺跡にあった“タンマツ”で見た動く絵の中で、大きな鎧が空を飛んだり、巨大な化け物と戦ったりしたのを見たことがあるのです」
トーマ:みなさんには実験のサポートをおねがいしたいそうです
トーマ:「ベルダーさんのお父さんも研究者さんだったのですね」
ベルダー:「こちらこそぜひ、お手伝いをさせてほしいのです!」
トーマ:「たしかに珍しい焦点具をお持ちですね」
ベルダー:「はいなのです。トーマ様のことも話を聞いたことがあるのです」
トーマ:実際にヒュドラも見てほしいと案内してくれます
シーザー:「サポート、というと具体的にどんなことをするんだ?」
ベルダー:「私が生まれたときに入っていた遺跡で見つけたものなのです」
トーマ:実際になぐってもらって耐久性のテストとかですね
トーマ:テスト自体は明日するそうです
ベルダー:「ヒュドラ……、それが鎧の名前なのですか」
トーマ:3mほどの鎧ですね。
トーマ:前面部分が上に開いていてそこから乗り込むようです。
ソルファーネ:「そんなのでいいのか」ちょっとほっとする。<殴って耐久
トーマ:手足に蛇の頭のようなものがついていて、背中からも蛇の頭のようなものが伸びています。
ベルダー:ヒュドラの語源とか判定でわかったりしますか?
トーマ:魔法学知識で判定お願いします
シーザー:そのヒュドラというのは最初見たやつとは別物?
ベルダー:1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 18[18]+9 → 27
トーマ:同じですね
トーマ:そばで見る感じ
トーマ:語源もさっき言った感じです
トーマ:この判定はそばでみて技術を探る感じ
シーザー:なるほど、了解です
2体あるのかと思ってたw
トーマ:ベルダーすごいな
トーマ:ヒトの文明のだいぶ複雑なもののようです。
トーマ:その数字だとキキーモラの身体に近いようにも感じます。
ベルダー:「ヒュドラ……、確か古き者の更に古い物語に出てきた大きな首がたくさんあるヘビのようなもの……という覚えがあるのです」
シーザー:全然分からんだろうけどすごいなーという目で見ておきます
トーマ:そこまで見抜いたのはベルダーガはじめてと感動しています
トーマ:「ヒトの遺産について、ここまで話が通じた犬と出会ったのははじめてです」
トーマ:キキーモラのこと話します?
ベルダー:そうですね。
トーマ:「そのキキーモラさんにもいつかお会いしたいですね。もちろん失礼なことはしませんよ」
トーマ:話しているとわかりますが、少し浮世離れしていますが、熱心な好青年ですね。
トーマ:「すみません。私ばかり話して」
トーマ:「この彷徨う鎧を動かすことは、先祖からの悲願なんです。」
トーマ:高齢だった両親も数年前に亡くし、いまは幼馴染で執事の娘だったモエの力を借りて、彷徨う鎧の起動実験までこぎつけたということです。
トーマ:「この実験がうまくいけば、もうひとつの私の夢にも挑戦してみたいと思います」
トーマ:そんなことをはなしてくれます。
ベルダー:「悲願……ぜひ成功させるのです!協力するのです!」
トーマ:みなさん善き犬w
ピエロ:「夢!最高に~いいひびきさ~♪夢の為ならまかせるさ~♪」
トーマ:鋼鉄の巨神の話もここでしましょうか
ベルダー:「私のリュックに残っている父のレポートの中に、遺跡で見つけた彷徨う鎧のことを書いているものもあるので、参考にならないでしょうか?」
トーマ:シーザーのほうをみて
トーマ:どうかしました?と聞く感じで
シーザー:そうですね
「ところで聞きたいことがあるんだが・・・。」といって自分の氏族の事と鋼鉄の巨神について話します
トーマ:了解です
トーマ:鋼鉄の巨神についてきくと、そういう伝説は知っているが、この鎧がそれに連なるものかわからないとのことです。
トーマ:実験がうまくいったらしばらく開拓村にお邪魔してマスターワークの修理などする予定なので、その際は鋼鉄の巨神やみなさんにいわれる氏族の資料などもみせてくださいと逆にお願いしてきますね。
トーマ:ベルダーの資料にも当然興味津々です。
ベルダー:「では、何から手伝いますか?」
トーマ:明日起動実験するそうで、今夜は止まっていってくださいと言います。
トーマ:実験は明日という事で
トーマ:宿泊用の部屋に案内されます
ガイド:女性であるソルファーネはモエと同じ部屋が割り当てられます。
ベルダー:「そうですか。楽しみは明日にとっておくのです」
ガイド:男性陣はまとめてゲストルームですね。
ソルファーネ:「わかった、それでは厚意に甘えるとしよう」

テストパイロットモエの思い

ガイド:ここからソルファーネさんのシーンになります
ガイド:食事など終わり寝る時間になったのですが、なかなかモエは部屋にきません。
ガイド:ソルファーネだけわかります
シーザー:ゲストルームでは男子が巨大ロボットの話で盛り上がる事でしょうw
ガイド:いいですねw
ソルファーネ:「さすがに部屋の主がいないのに寝ているわけにもいかないか」部屋を出てちょっと探してみよう。
ソルファーネ:格納庫の方かなー
ガイド:まじめだ
ガイド:格納庫で作業しているモエがいますね
ガイド:メイド服でなくぴったりして服をきています
ガイド:「心配させてしまいましたか。すみません」
ソルファーネ:「モエ、まだ起きているのか?」
ガイド:機体に乗り込むときの服だそうで、明日の実験の用意をしていたそうです。
ガイド:「ええ、トーマ様の役に立てて本当にうれしくてなかなか寝れそうもなくて」
ガイド:自分の話をしてくれます。
ガイド:領主の幼馴染で執事の娘だったモエは彷徨う鎧のテストパイロットとして、緊張もしていたがトーマの夢を助けられることが本当にうれしいようです。
ガイド:誰かの夢のために頑張るその姿は、亡くなった家族のために貴族として家名の復興を願うソルファーネ自身の姿と重なって見えるかもです。
ガイド:ソルファーネの事も聞きたがります。
ソルファーネ:「しっかり休むことも明日の用意だろうに……しかしそうやって打ち込めるものがあるのもうらやましいところもあるな」
ガイド:どうして開拓者にみたいな
ガイド:追加の自己紹介おねがいします
ソルファーネ:「わたしは……選ぶ余地があったにせよなかったにせよ、生き方を変えて生きてきたから。……そうだな、ちょっと話を聞いてもらってもいいだろうか」
ガイド:「
モエ:「ぜひきかせてください」
ソルファーネ:「わたしは元貴族の家に生まれた。まだ幼い時分だったので覚えていることは少ないが、それなりに幸せだったと思うよ」
モエ:「元貴族……」話に集中しています
ソルファーネ:「そのまま幸せに過ごしましたとさ、と言えればよかったのだが」
ソルファーネ:「マスターワークを奪われ貴族の資格を失った……まぁ、落ちぶれ貴族には良くある話だ」
ソルファーネ:「その後は知り合いのシスターのところに厄介になったり。思い立って開拓団委はいったり、とまぁ良く言えばいろんな経験をしている、と言えなくもないんだが」
モエ:「話しにくいことお聞きしてしまいましたね」
モエ:恐縮した様子
ソルファーネ:「いや、ある程度割り切っている、つもりではあるから」
モエ:終わったら@ください
ソルファーネ:「君は確か執事さんの娘だったよね? ずっとここにいるのかい?」>モエ
モエ:「ですね。ずっとこの家に仕えています」
モエ:「トーマ様とも小さいころから一緒です」
ソルファーネ:「ふふ、あのご領主に付き合うのは大変そうだ」
モエ:「えートーマ様は立派な方ですよ!」
モエ:そんなガールズトークして終わる感じでいいですかね
ソルファーネ:はーい
モエ:ありがとうございました
ソルファーネ:「さて、明日も早い。そろそろ休もう」
ソルファーネ:みたいな感じで。
モエ:いままでの一連のみなさんのロールにフォーチュン2点お渡ししておきます
ガイド:現在のフォーチュン:4
シーザー:ありがたし
ピエロ:わーい
ベルダー:了解なのです
モエ:事前文字打ちなどありがとうございました

ヒュドラの起動実験

ガイド:では、翌日ヒュドラの起動実験がはじまります。
ガイド:アーティザンのベルダーはトーマと一緒にモニタ用の部屋にいます。
ガイド:他のPCたちは倉庫の方で実験のサポートとかですね。
ガイド:情報が共有できるように腕輪型の端末もみなさん渡してくれます。
これを通して会話などできます。
トーマ:「ではみなさんよろしくおねがいします」
ベルダー:実験の記録係を率先して承ります!w
シーザー:「耐久性のテスト、なら本気でぶん殴って良いのか?」
トーマ:「モエもよろしく。無理せず何かあったら報告を」
ベルダー:「はい、よろしくなのです。いよいよなのです」(興奮気味にメガネクイッ)
トーマ:起動実験の準備は進みます。
トーマ:彷徨う鎧は、前面部が開いてそこから手足を通す感じですね。
ピエロ:「おあまかせさ♪」
ソルファーネ:「モエ、気を付けて」
トーマ:サクラ大戦の光武とか、アップルシードのランドメイトなど想像してもらえばいいかもです。
トーマ:着ぐるみに近い感じで、3メートルくらいのサイズです。
トーマ:蛇の顔のようなパーツもついていてそれらも自由に動きます。
トーマ:トーマが合図を送ります
トーマ:「実験を始めます」
トーマ:とって実験が始まります。
ソルファーネ:「ちゃんと動いているようにも見えるな」
ガイド:実験1というと床から人形のようなものがいくつかせり出してきます。
ガイド:ヒュドラ近づいて、手足についた蛇のような頭で噛み砕いてしまいます。
ベルダー:インフィニット・ストラトスみたいなのを想像してました
ガイド:あそこまで露出してはいないですね
ソルファーネ:「あれは手ではないのか、粉々にしてしまったが」
ベルダー:「す、すごく強いのです」
シーザー:「すごいな。アレともし戦うとなると相当大変だろう。」
ピエロ:「お~すごいぱわ~さ~うちのアナグマパワーチームよりもつよそうさ~」
ガイド:いいですね
ガイド:PBWと同時公開なのでw
ガイド:実験2というと、トーマがどなたか代表でヒュドラを攻撃してくださいお願いしてきます。
ガイド:本当に殴ってください
ガイド:ダメも見ます
ソルファーネ:「シーザー、君の方が強いだろう」と譲ります
ベルダー:「シーザーさん、開拓団の力を見せてくださいなのです!」
ガイド:いいですね
ガイド:こい!
ピエロ:「まかせたさ~」
ガイド:命中もいちおうふってください
ベルダー:念のため、こちらは「マジックアーマー」を唱えておきます
ガイド:スロット減らしておいてください
シーザー:「あぁ、それなら俺が行く。思いっきりいかせてもらうぞ、傷ついても文句言うなよ!」
シーザー:激怒はしませんw
ガイド:そのときではないw
ベルダー:スロット1減
シーザー:1d20+3+3 グレートソード命中
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 17[17]+3+3 → 23
ガイド:お見事!
ガイド:ダメください
ベルダー:「さすがなのです!」
シーザー:1d12+3  グレートソードダメージ
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D12+3) → 2[2]+3 → 5
ガイド:当たるのですが感触が変です。
ガイド:物理攻撃に耐性があるようです。
ガイド:ダメージは3もらっておきます。
シーザー:「?!これは・・・?」
ベルダー:以前の彷徨う鎧のプロトタイプのことを思い出します
ガイド:実験3といって、誰かの横を通り抜けようとするので殴ろうとしてください。といってきます。
ガイド:いいですね。ああいう機構
ガイド:これはもう演出しますね
ガイド:機会攻撃してほしいようなのですが、蛇のような体さばきでシーザーの横をする抜けてしまいます。
ソルファーネ:じゃあそれを妨害するように前に出よう―<すり抜け
ソルファーネ:「こっちも抜かれたか。鎧の大きさのせいか距離感がつかみにくいな」
シーザー:「妙な動きをするな、これは一体・・・?」
ガイド:さらにすり抜けますね
ピエロ:「大きいのにぬるぬるうごくさ~!」
ベルダー:「トーマ様、ヒュドラには物理攻撃耐性があるのですか? それに、あの動きは一体?!」
ガイド:移動阻害系が無効みたい
トーマ:「いろいろ機能があります」
トーマ:説明しようとするのですが
ベルダー:「発掘された鎧が元々持っていた機能なのですか?」

ヒュドラ暴走

ガイド:しばらくするとモエが
「様子がおかしいです」
といってきます。
ガイド:驚いてトーマがヒュドラをモニタリングしていた画面をみると、通常状態を表していた青い機体が、赤く染まっていきます。
ピエロ:「おや~まずそうさ~♪」
シーザー:「何が起こった?!」
ベルダー:クンクン、スメルマジックで臭いをかぎ「何か、焦げ臭い?」
ガイド:いいですね
ガイド:最後には画面が乱れて、大きく「巳」と表示されます。
ガイド:みなさん少し引いてモニタ見てください
ソルファーネ:「どうした?」>管制室の方
ベルダー:「!!!! 巳?!」

ソルファーネ:おおー
ピエロ:すごい!
ガイド:同時にヒュドラは暴れだし、周りの装置を壊し始めます。
暴走を始めたようです。
ベルダー:この字に対して、魔法学いいですか?
トーマ:どうぞ
シーザー:「おい、ベルダー!どうした、何が起こっている!!」
ベルダー:2 1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》&《あくなき知識欲》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 17[17]+9 → 26 #1
DiceBot : (1D20+9) → 8[8]+9 → 17 #2
ソルファーネ:「モエ! 止めれないのか!?」
トーマ:なんでもわかる
トーマ:干支の巳の文字ですね
トーマ:「なぜこんなことにあの石が悪かったのか」
トーマ:トーマもいろいろ装置をいじっていますが、暴走は止まりません。
ベルダー:「トーマ様、もしかして、あの鎧に何か『石』を入れていませんか?」
トーマ:ヒュドラの動力と制御装置として最近手に入れた「巳」とかかれた石を組み込んで使っていたようです。
シーザー:「これも実験の一環、というわけではなさそうだな!」
ベルダー:「やはり!!」
トーマ:その力に侵食されたように暴走をはじめたとトーマは説明します。
ピエロ:「なんなのさ~これはさ?」
トーマ:暴走したヒュドラは鉄の扉を壊し表に出ようとしています。
トーマ:「すみません。みなさん。ヒュドラをとめてください。このままでは村にも被害が」
ベルダー:「マスタワークの『石』の力が暴走している可能性があるのです!!」
トーマ:「モエも助けてください。操縦のための装置は私の技術だけで作っています。独立していますので、外部からの攻撃で傷つくことはありません。」
ベルダー:と端末に叫びます
シーザー:「マスいな、アレを外に出したら村にどんな被害が出るか・・・!」
トーマ:「先祖から伝わるものですが、モエの命や村の安全には代えられません」
トーマ:そういうとこの施設の防衛設備や止める方法なども案内してくれます。
ガイド:ということで、今回の戦闘は、タワーディフェンス的に処理します。
ソルファーネ:おお、そういう風につながるのですね<防衛設備
ピエロ:「まかせるさキッズを危険にさらすわけにはいかないさ♪」
ピエロ:「キッズたちはわた~くしの大事なオーディエンスだからさ♪」

タワーディフェンスルールの案内

タワーディフェンスルールの案内

今回タワーディフェンス的なことを行います。

そのルールをご案内させていただきます。

勝利条件

タワーディフェンスルールの案内

暴走する装着型彷徨う鎧「ヒュドラ」が「OUT」と書かれた部分に到着する前に倒したら勝利です。

敵について

ヒュドラ 脅威度4

ヒュドラ 脅威度4

暴走している装着型彷徨う鎧。

ヒュドラヘッド RとL 脅威度2

独自に動くヒュドラのパーツ。
それぞれ独立したエナミーとして扱います。

防衛設備セッティング

戦闘開始前に以下の防衛設備から3つをアクティブにし、マップ上に配置できます。

各防衛設備はエリアを重ねることも可能です。
各防衛設備は1種につき1個だけ配置できます。

非常ドア

非常ドア

マップ上の各場所につながる非常ドア。
アクティブにすることでPCをマップ上の好きな場所に配置できる。

電磁ネット 10×10

電磁ネット

彷徨う鎧の動きを阻害する電磁ネットです。
このエリアにいる間、彷徨う鎧の行動は不利になります。

砲台 10×10

砲台

ラウンドの最後にこのエリア内にいた敵に1d10の力場ダメージを与えます。

救助ドローン 10×10

救助ドローン 

救助ドローンが治療に当たります。

エリア内では、ボーナスアクションでスタミナダイスを使った回復ができます。

デコイ 10×10 DC12 SP20

デコイ

敵の目を引き付けるデコイです。
このエリアに入ると移動が止まります。
破壊するまでその場に立ち止まらないといけません。
デコイは、DC12とSP20を持ちます。

ヒュドラ能力停止コード

ヒュドラの能力を停止するためのコードを戦闘中に送ることでヒュドラの能力を封じ込めることができます。

ヒュドラ能力停止コードの判定方法

ヒュドラ能力停止コード判定は、魔法学知識で行います。

  • 毎ラウンド開始時に、トーマは自動的にヒュドラ能力停止コードを成功させられます。
  • アーティザンはメインアクションでヒュドラ能力停止コード判定を有利で行えます。
  • アーティザンはボーナスアクションでヒュドラ能力停止コード判定を行えます。
  • アーティザン以外の天命は、メインアクションでヒュドラ能力停止コード判定を行えます。

ヒュドラ能力停止コードは、C→B→Aとランクがあり、各ランクひとちは判定に成功させないと、上のランクのヒュドラ能力停止コードに挑戦できません。
隣接して行うAランク以外の判定は、マップ上どこにいても判定に挑戦できます。

c12 物理攻撃耐性

c12 物理攻撃耐性

[斬撃][刺突][殴打]に耐性を持ちます。

c12 属性攻撃耐性

c12 属性攻撃耐性

[斬撃][刺突][殴打]以外のすべての属性に耐性を持ちます。

c12 再生能力

c12 再生能力 

ラウンド終了時に1d10だけSPが回復します。

B14 毒を帯びた身体

B14 毒を帯びた身体

5フィート以内に隣接するか、攻撃を与えたキャラは毒の体に触れて1d6のダメージを受けます。
これは耐久セービングロール13に成功すると半減できます。

B14蛇の身のこなし

B14蛇の身のこなし

蛇のような動きで、移動時に機会攻撃をうけません。

A20 緊急停止

A20 緊急停止

ヒュドラを緊急停止させる。
5フィート以内に隣接して判定を成功させる必要がある。
(トーマの遠隔ではできない)

ヒュドラの行動

ヒュドラの行動は、暴走とテストパイロットであるモエの必死の操作を表現するため暴走行動カードで決めます。

毎ラウンドの最初に、暴走行動カードを3枚ひき、それから2枚選んで行動します。
同じカードを選んだ場合は、2回攻撃なども行います。

ヒュドラ本体も、ヘッドもこのカードに従い行動します。

「移動カードがまだ出ていない!一気に距離をつめられるかも!」など予想して遊んでください。

暴走行動カードの効果は以下の通りです。

攻撃カード

攻撃カード

射程内にいる敵に攻撃を仕掛けます。

3枚セットされています。

移動カード

移動カード

ゴール地点目指して移動します。

3枚セットされています。

特殊カード

特殊カード

攻撃カードと組み合わせることでブレス攻撃を行います。

ブレスは前方円錐状で、2d6の毒ダメージを与えます。
これは耐久力セービーング13で半減できます。
2枚セットされています。

停止カード

停止カード

テストパイロットであるモエが必死の操縦でヒュドラを制御します。
このカードが出たら、プロット時に1枚はこのカードを選択します。
2枚セットされています。

ヒュドラ戦

相談タイム

ガイド:今回は防衛機能きめて
ガイド:作戦決め手までをします
ガイド:実際の戦闘は明日で
ガイド:相談もログに残したいのでこちらでおねがいします
ベルダー:さて、とにかくベルダーはトーマと共に機能停止コードの入力をすることになりますが……
ガイド:非常ドア使わない開始位置はここで
ベルダー:最終的には隣接して緊急停止コードを入れないとなんですよね
ガイド:施設の選択おねがいします
シーザー:とりあえず5種類の防衛設備の中から3種選べば良いのかな?
コード入力はボーナスアクションでやれるベルダーにお願いするのが良さげですよね
ガイド:アドバイスすると非常ドアないとだいぶ難易度があがります
ソルファーネ:物理耐性剥がして、毒を剥がして、緊急停止が一番短いルートかなぁ。
ピエロ:ドアとでこいは欲しい気がします
ガイド:カードで移動続くとつっぱしる
ベルダー:いや、蛇の身のこなしが厄介
ソルファーネ:デコイは一度壊されたら復活しないです?
ガイド:ですね
ガイド:質問などあればいってくださいね
ピエロ:今回ヒーラーいませんが回復施設欲しいですかね?
シーザー:まずは非常ドアとしてダメージを与えるや回復よりは妨害や不利与える設備が有用そうな気がしますね
ベルダー:質問です。グリース等で伏せ状態になった場合でも移動力は30フィートのままですか?
ガイド:本体落ちればヘッドも落ちます
ガイド:あっヒュドラの移動は20です
ベルダー:20か。
ガイド:蛇の身のこなし作動中は伏せは向こうですね
ガイド:にょろにょろいきます
ベルダー:やっぱ、蛇の身のこなしを無効化しないといけませんな
ガイド:こちらブレスの範囲
ガイド:首もはきます
ベルダー:ということは本体からもブレスが吐かれる?
ガイド:カードで「攻撃」「特殊」がそろうとですね
ガイド:重なることもありえます
ベルダー:おおう……
ガイド:モエが意外と「停止」でしごとするのですが
ガイド:ここはもう引き次第
シーザー:連発されるときついな
物理攻撃ならどうにか耐えられるけど
ソルファーネ:パグマイアだと敵対キャラクターの居るマスって通過できましたっけ?
ガイド:特殊能力をはぐタイミングで前線想定して
ガイド:施設配置
ガイド:普通は機会攻撃おきますが
ガイド:蛇の身のこなしで無効です
ガイド:かさねておわることはできないとします
ベルダー:敵対キャラは通過できませんね
ガイド:距離とっててみんなで初手はぎまくる手もある
ガイド:メイン捨てて
ガイド:いろいろ考えてみてください
ピエロ:1ターン目ははぐほうがいいかもしれませんね
ピエロ:皆で
ガイド:そういうもの想定して初期配置や施設を選んでいただく卓と今回はなっております
ベルダー:そうですね。アーティザンは後の方に残して厄介なのを剥ぐか
ソルファーネ:魔法学持ってない
ベルダー:習熟してなくとも振れます
ガイド:技能なしは知力ですね
ガイド:Cは目標12
ベルダー:知力ロールと同じになりますね
ガイド:たぶんみなさん半々くらい
ガイド:デコイと砲台は重ねられるので
ピエロ:とりあえずcの耐性と再生どけないとダメと失せないですよね
ガイド:かならず当たる砲台もできる
ベルダー:ベルダーだと最後の緊急停止(目標値20)が半々
ガイド:隣接ねらいますかw
ガイド:アーマーあるからありはありか
ガイド:決まったのは非常ドアですかね
ガイド:かなりいいとおもいます
ガイド:まっぷのどこからはじめてOKです
ベルダー:非常ドアで先回りして、1ラウンド目に剥げるだけ剥ぎますか?
ピエロ:それがいいかと
ガイド:そういう作戦がとれるわけですね
ガイド:さすが皆さんつかむのが早い
ガイド:仮に初期配置してみてもいいかも
ピエロ:あとはやはり時間稼ぎにデコイですかね
ガイド:敵のデータやパレットは見ていいです
ガイド:トーマから情報わたされるので
シーザー:Cをまずははがないといけないとなるとみんなでやったほうが良いか
それから攻撃かな
ソルファーネ:OUTに近い側にデコイと電磁ネットまきます?
ガイド:でこい2~3かい止める性能
ガイド:敵は移動移動で最高8マスいきますね
ピエロ:電磁ネットとかぶせておけば攻撃もミスしやすくなるのでいいかもですね
ガイド:かしこい
ベルダー:電磁ネットは様々有用かと。
ガイド:ただブレスは不利関係ないとこがあるので
ガイド:デコイがある間に身のこなしはいで隣接はとても有効でした
ガイド:テスト時
ガイド:ソルファーネの指揮官で激怒を2回決めるとか
ガイド:いろいろできるパーティ
ピエロ:でもブレスはカードの引き次第なのでそんな回数飛んでこないと思うんですよね
ガイド:するどい
ガイド:カード配分的にいうと、攻撃3移動3特殊2停止2というデッキになります
ソルファーネ:デコイって毒ブレス効くのかな……
ベルダー:今のところ、電磁ネットとデコイが人気かな?
ガイド:絶妙なバランスにしてみました
ピエロ:このチーム火力は出るので砲台はいらないかと個人的には思います
ガイド:デコイは近接攻撃をおこないます
ガイド:電磁ネットとデコイのなかで前線作るはガイドが悲しくなるコンボではありますね
シーザー:自分も非常ドア以外はデコイとネットかなと思います
ガイド:ちなみにガイドはわたしなので
ガイド:私が悲しむ
ピエロ:悲しむのは致し方ないかとw
ガイド:でもみなさんよみとってくださり頼もしいですw
ガイド:ガイドって困った生き物
ガイド:PCの初期配置と施設配置しつつ試行錯誤いいかと
ガイド:2ラウンド目からの攻勢位置
ガイド:絶妙な位置にw
ソルファーネ:もう2マス後ろにしません?
ベルダー:1ラウンド目、できれば先にヒュドラを動かして防衛施設にひっかけますか
ガイド:ピエロの鞭はリーチ武器ですので
ガイド:そういうのもふまえてもいいかもですね
ガイド:基本移動出たら
ガイド:ひたすらOUTをめざします
ピエロ:鞭でも毒を帯びたからだ食らいます?
ガイド:りんせつじゃないのでくらわない
ガイド:ヒュドラの天敵だ!
ソルファーネ:攻撃を与えたキャラは、ってあるのは大丈夫なのか
ピエロ:なるほど了解です
ガイド:5フィートしかとびちらないので
ガイド:今回のマップどう見ても1マス5フィートではないけどゲーム上はいつもの処理で
ガイド:みなさん気付かれているけどもと飛行場なのです
ベルダー:指揮官の資質だと、ソルファーネの代わりに別PCを動かせるということなわけですね
ガイド:施設の配置と皆ささんの配置までして今日はセーブしますね
ガイド:強化されると有利で動かす
ガイド:指揮官怖い
ベルダー:非常ドアはもう少し右にします?
ソルファーネ:今のところそんな感じです<ソルファーネの手番に代わりに別の犬を動かす
ガイド:ドアは置いて使うものじゃないので
ベルダー:違うのか、ドアはそこ固定なんですね
ベルダー:その範囲内に自由に配置可能なわけか
ガイド:使うといえばみなさんどこにでもおける
ソルファーネ:ドアがアクティブだと初期配置を好きにできる、ですね
ガイド:まとまってでもないです
ガイド:好きなとこにそれぞれ
ピエロ:まっぷのどこでもですよね
ガイド:アクティブにした意味でもマップ上に配置名だけです
ガイド:隣接停止コードきめられたらくくやしいけど感動しそう
ガイド:順番は普通の戦闘のように次指定ですので
シーザー:停止コードって毎ターン1つはトーマさんが自動成功させてくれる?
ガイド:イニシでベルダーがトップだと1ラウンド身のこなしが難しくなるという
ピエロ:移動カード二枚で8マす移動で会ってます?
ガイド:ですね・Bまでは
ガイド:ですね・8マス
ガイド:がんがん進む
ガイド:たまにだれもいないとこにブレスはくw
ガイド:暴走カードは私も制御できないw
シーザー:それならシーザーは初手から激怒して殴りに行くもありかな
ピエロ:カード的に移動したターンはブレスはないですよね?
ガイド:ですね
ガイド:攻撃もないと
ピエロ:ならブレスは何とかよけれるかなと
ガイド:PCの配置で重なりブレスも防げる
ガイド:重なりブレスはなかなかいや
ガイド:ちなみに毒ダメ
ベルダー:とにかく、Cを1枚でも剥げれば、Bに挑戦できるのですよね
ガイド:ですね
ガイド:トーマがいるので
ガイド:Bいける
ベルダー:トーマも行動順に組み込まれる?
ガイド:いえラウンドの最初です
ソルファーネ:まずトーマがCを1枚剥がしてからスタートですね
ピエロ:1ターン目はc固定か
ガイド:ですね
ベルダー:なるほどそうか。だとすると、ベルダーがイニシアトップでもBに挑戦できるのかな
ガイド:Cのどれかをトーマははぐ
ガイド:できますね
ガイド:いやだけど>B
シーザー:トーマに物理耐性剥いでもらって殴りに行こう
その後ベルダーに蛇の身のこなし辺りを剥いでもらう?
ガイド:理想展開ですね
ガイド:いやだけどw
ガイド:激怒の乗る機会攻撃……
ベルダー:何であれば、ソルファーネの指揮官の資質でベルダーで2回剥せる手もある
ガイド:きづかれたw
シーザー:「オレはとにかくぶん殴る!難しいことは任せるぜ!」といった感じでw
ピエロ:停止コード判定に協力ってできます?
ガイド:できないですね
ソルファーネ:あら、ラウンド1回ってどこかで見たような気が
ガイド:メイン割ければ2回でもいいです
ガイド:あー指揮官持ちだ活かせる感じにしようとシナリオ調整したので
ベルダー:アクションで行えればいいわけですね
ガイド:60フィート内はまもってくださいね
ガイド:ですね>アクション
ソルファーネ:はーい<12マス
ガイド:ソルファーネの位置大事
ベルダー:とにかく、Bが2枚共厄介だから早々に剥ぎたい
シーザー:本体に隣接してたらヘッドも殴れるんですよね?
ガイド:SPは高いから
ベルダー:目標値14であれば、ベルダーなら5以上で成功可能
ガイド:初手から誰か攻撃にまわるはいい作戦
ガイド:ヘッドは別途うごきます
ガイド:ファンネルみたいなものなので
ガイド:PCが射程におさめてください
ソルファーネ:設定はともかく別キャラ扱いと認識すればいい?
ガイド:ですね
ガイド:のびり
ベルダー:ヘッドは本体をかばったりはしないんですね?
ガイド:インコムか
ガイド:しないですね
シーザー:なるほど、ファンネル的なやつなのか、了解です
ソルファーネ:あ、ヘッドがOUTに着いてもダメなんでしたっけ
ガイド:本体ですね
ソルファーネ:了解です<本体
ベルダー:とにかく本体に集中して止めるのが先決ですかね
ガイド:ヘッドもOKとしたらテストで意外といけた
ガイド:サイズが小さいのですりぬける
ソルファーネ:ブロックのしようがないからなぁ……
ガイド:だから本体としました
ピエロ:1ターンでベルダーさんがbまで抜けるなら私も攻撃回りますかね
シーザー:ヘッドもだと相当難易度上がりそうw
まぁヘッド無視して本体叩くが良さげですね
ベルダー:1ラウンド目、アクションでマジックミサイルで、BAで判定するか……
ガイド:その分ヘッドはみなさんに向かってくる感じとお考えください
ガイド:ベルダーガ嫌な思い付きをw
ガイド:施設はそこでOKなら固定しますね
ガイド:OK?
ベルダー:私はOKです
ピエロ:デコイと電磁バリアもうちょい前に置きたいです
シーザー:はい!
ガイド:そこまでまえにでるならせりあげていいきも
ピエロ:なぐった後逃げ込みたいので
ソルファーネ:前に置きます? 2マスくらい?
ガイド:リーチ武器!
ピエロ:器械攻撃食らわないので
シーザー:そうか、ピエロさんは殴られると痛いw
ガイド:近接する前にデコイにかかりピエロを殴れない鬼配置
ソルファーネ:シーザーの位置、ヒュドラと重なってません?
ガイド:ふどらがずれてました
ガイド:ヒュドラが
ソルファーネ:あ、ヒュドラ2x2なのか。3x3だと思ってた
ガイド:2*2ですね
ガイド:固定OK?
ガイド:12内にみなさんいるかな?
ベルダー:ヒュドラは、隙間が5フィートしかなくともそこをすり抜けられるんですね?
ピエロ:ヒュドラ前半分デコイに入ったらとまります?
ガイド:ですね
ガイド:そちらに気がいく
ガイド:やな配置だw
ガイド:イニシとカード次第だ
シーザー:回復手段が乏しいのがやや不安ではあるけどまぁ大丈夫でしょうw
ベルダー:かなりの確率で判定に成功できると思いますが、場合によってはフォーチュン使わせてください
ガイド:カードはラウンド最初にプロットしますので
ヒュドラ:1d10+5  蛇の牙ダメージ
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D10+5) → 4[4]+5 → 9
ガイド:このくらいのダメ
ヒュドラ:2d6 毒のブレスダメージ。耐久セービング13で半減できます
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (2D6) → 4[3,1] → 4
シーザー:フォーチュンは遠慮なくどうぞ、コード通すのが最優先だと思うので
ガイド:デコイを活かした配置すぎるw
ガイド:ではこの段階でOKでいいでしょうか?

初期配置

1ラウンド目

ピエロ:大丈夫です
ベルダー:行くのです!
ソルファーネ:イニシアチブはお任せしますー(多分取れない)
ベルダー:1d20は皆に等しく微笑みますw
ガイド:でははじめます
ガイド:イニシどうぞ
ヒュドラヘッドR:1d20+2 イニシアチブ
<BCDice:ヒュドラヘッドR>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 6[6]+2 → 8
シーザー:1d20+3
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 6[6]+3 → 9
ベルダー:1d20+1 イニシアチブ
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+1) → 6[6]+1 → 7
ソルファーネ:1d20+1 イニシアチブ
<BCDice:ソルファーネ>:DiceBot : (1D20+1) → 9[9]+1 → 10
ピエロ:1d20+3 イニシアチブ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 7[7]+3 → 10
ヒュドラ:1d20+2 イニシアチブ
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 18[18]+2 → 20
ヒュドラヘッドL:1d20+2 イニシアチブ
<BCDice:ヒュドラヘッドL>:DungeonsAndDoragons : (1D20+2) → 19[19]+2 → 21
ソルファーネ:うお、はやい
ピエロ:みんな低いなw
ベルダー:やむをえませんな
ガイド:良しヘッド
ガイド:先にカード引きます
ガイド:その後トーマで
ソルファーネ:停止と特殊にしようよー(笑)
ベルダー:停止が出てくれたラッキー
ガイド:プロットこれで
ガイド:トーマはなにしますか?
ピエロ:攻撃なくてよかった
ソルファーネ:まず物理耐性を剥がしてもらう、だよね
ベルダー:「ムム、ヒュドラの動きが予想以上に速いのです!」
ガイド:前衛組をとらえるいことはできる
ピエロ:物理耐性消しましょうか
ガイド:ぶつりOK
ベルダー:一発目は物理耐性ですね
シーザー:「くっ、速いな!」
トーマ:「物理耐性のコードをおくりました。みなさんの武器がきくはずです!」
ピエロ:「にょろにょろうごくさ♪~」
ソルファーネ:最初は割込みできないんだっけ
シーザー:「ありがたい!」
モエ:「私もできるだけ抑えます!」
モエ:いどうするだけ
ピエロ:ヘッドからじゃないです?
ヒュドラ:きかいこどうまだくらわない
ベルダー:次にベルダーかソルファーネが割り込みして、ベルダーがBの停止を試みるべきかな
ヒュドラ:もう1ぽいこう
ヒュドラ:TE(ターンエンド) ヒュドラの現在のSPは49
ヒュドラ:シーザー指定
ヒュドラヘッドL:割り込みます
ベルダー:うう
ガイド:現在のフォーチュン:5
シーザー:ヒエッ
ヒュドラ:とらえておこう
ヒュドラ:せめえかいじょされないように
ヒュドラヘッドL:ピエロ指定
ヒュドラヘッドL:TE(ターンエンド) ヒュドラヘッドLの現在のSPは26
ソルファーネ:また割り込む?
ベルダー:ベルダー割り込みます
ピエロ:どうぞー
ヒュドラ:みなさんOK?
ソルファーネ:おっけー
シーザー:はい
ガイド:現在のフォーチュン:4
ヒュドラ:どうぞ
ベルダー:では機能停止コード、Bの蛇の身のこなしを指定
ヒュドラ:判定どうぞ
ベルダー:魔法学でしたね?
ヒュドラ:ですね
ベルダー:1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 17[17]+9 → 26
ヒュドラ:腕輪からおくれます
ヒュドラ:ぐは
ソルファーネ:余裕でクリアか
ベルダー:「ピピピッ!とまれ!なのです!」
ヒュドラ:ぬめぬめうごかなくなりました
ヒュドラ:エンドして指定を
ベルダー:ああ、BAでの行動でした
ベルダー:でしたので1回しか振ってません
ガイド:なるほど
ソルファーネ:ああ、そうだったよね<マジックミサイルして解除
ガイド:アクションどうぞ
ベルダー:まだ抵抗があるでしょうけど、MM行きます!
ベルダー:「(キューブカシャカシャ!橙一面完成)必中!マジックミサイル!!」
ガイド:本体3はつか!
ベルダー:MMターゲット #1 #2 #3 全て本体
ベルダー:3 1d4+1 マジックミサイルダメージ
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D4+1) → 4[4]+1 → 5 #1
DiceBot : (1D4+1) → 3[3]+1 → 4 #2
DiceBot : (1D4+1) → 1[1]+1 → 2 #3
ガイド:322
ガイド:321か
ベルダー:321ですね
ガイド:6だ
ガイド:エンドして指定お願いします
ベルダー:次、ヘッドR指定でソルファーネさん割り込んでください
ベルダー:TE(ターンエンド) ベルダーの現在のSPは24
ソルファーネ:はーい
ガイド:ばんぜんすぎ
シーザー:割込みOKです
ピエロ:どうぞー
ガイド:現在のフォーチュン:3
ガイド:どうぞ
ベルダー:ソルファーネさん、指揮官の資質をベルダーにください
ガイド:いやすぎる
ソルファーネ:アクションで指揮官の素質を使用して、ベルダーを再行動させます
ガイド:ぐはぐは
ソルファーネ:「ベルダー、頼む。もう少し弱らせてくれ」
ガイド:でもこの企画初の指揮官嬉しいw
ベルダー:では、アクションで有利にて判定します。ターゲット、毒を帯びた身体
ガイド:安全を期してきた
ガイド:こい
ベルダー:「任せてくださいなのです!」
ベルダー:2 1d20+9 ベルダーの魔法学知識ロール with《博覧強記》&《あくなき知識欲》
<BCDice:ベルダー>:DiceBot : (1D20+9) → 11[11]+9 → 20 #1
DiceBot : (1D20+9) → 15[15]+9 → 24 #2
ガイド:はがされた
ベルダー:緊急停止不利でも行けたw
ガイド:くそ前線を毒まみにできない
ベルダー:これ、ソルファーネさんが次指定かな?
シーザー:厄介なのが無くなった
ソルファーネ:次はシーザーいくかい? 割り込ませてフォーチュン稼ぐでも良いと思うんだけど
ガイド:ふつうのさまようよろいになっていく
ソルファーネ:TE(ターンエンド) ソルファーネの現在のSPは36
ベルダー:ここまで来れば殴って止められるのですw
ソルファーネ:シーザーを指定します
ガイド:わりこみません
ガイド:どうぞ
シーザー:了解、では動きます
ガイド:おこらなくてもいいのよw
ベルダー:「シーザーさん!開拓者魂を見せてくださいなのです!!」
シーザー:激怒してから本体に隣接するよう移動、そして攻撃します
ヘッドから機会攻撃喰らうけど仕方ない
ガイド:機会攻撃しょりしますね
ピエロ:一歩前ならくらわないのでは?
ガイド:ですね
ガイド:ななめOK
ベルダー:そうですね、一歩前なら問題なし
ガイド:1歩後退で
ソルファーネ:ピエロの隣?
ベルダー:ですね
ガイド:うわー初期配置がよかったな
ガイド:まぁこれはほめるしかない
シーザー:斜めいけたか、なら一歩前で
ガイド:こい!
シーザー:「うぉぉ!オレはやるぜ!」
シーザー:2 1d20+3+3  グレートソード命中激怒。高い方に+3+3
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 12[12]+3+3 → 18 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 17[17]+3+3 → 23 #2
ガイド:あたり
ガイド:コクピットは安全なので
シーザー:1d12+3+3 グレートソードダメージ激怒
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D12+3+3) → 1[1]+3+3 → 7
ガイド:がんがんいってください
ガイド:優しいダメだった
シーザー:最低値w
ソルファーネ:ここでⅠかー
ガイド:まだだいじょうぶ
ガイド:エンドして指定を
ソルファーネ:次はヘッドRにして、最後ピエロに行ってもらいましょう
ガイド:かしこいな
ベルダー:異議なしなのです
ソルファーネ:そうすれば次ラウンドのイニシアチブを取れる
シーザー:TE(ターンエンド) シーザーの現在のSPは39
ピエロ:了解です
ガイド:へっどうごきます
ガイド:すすむしか
シーザー:ではそれで
ヒュドラヘッドR:TE(ターンエンド) ヒュドラヘッドRの現在のSPは26
ヒュドラヘッドR:ピエロ指定
ピエロ:了解
ガイド:精緻があるからこわい
ピエロ:「わた~くしの出番さ♪~」
baで隠れます
ガイド:はい
ガイド:判断1か11ですね
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 7[7]+3 → 10
ピエロ:あ
ガイド:きせきがおきた
ガイド:センサーが捉えていた
ガイド:舌がビロビロ
ピエロ:仕方ないので普通に殴ります
ソルファーネ:目玉がいっぱいあるから仕方ないね……
シーザー:センサー積んでたか
ガイド:こい
ベルダー:でも、シーザー隣接してるから精緻の一撃いけない?
ピエロ:「おや~アイボは騙せたのですが~性能がちがうさ~♪」
ガイド:ネットにもはいれずおわりそう
ピエロ:本体へ鞭で攻撃
ピエロ:1d20+3+3 ウィップ命中
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 1[1]+3+3 → 7
ピエロ:ぎゃー
ベルダー:うーむ、大失敗か……
ガイド:団長は蛇は苦手か
ガイド:1ラウンド終了
ガイド:カード捨てます
ピエロ:移動します
ソルファーネ:次は何来るかなー。
ガイド:機会攻撃おきますよ
ガイド:ヘッドの
ピエロ:どうぞ
ベルダー:そうですね。リアクションが残ってるから
ヒュドラヘッドL:1d20+8 蛇の牙命中
<BCDice:ヒュドラヘッドL>:DungeonsAndDoragons : (1D20+8) → 4[4]+8 → 12
ガイド:くそ
ベルダー:セーフ
シーザー:あぶねぇ

2ラウンド目

ピエロ:せふせふ
ガイド:カード引きます
ピエロ:次行動者していしてないです
ソルファーネ:一番いやな組み合わせだ
ガイド:カードの引きとトーマ後でいいですよ
ベルダー:まぁ、移動してデコイに攻撃でしょう
ピエロ:りょうかい
ガイド:プロットこれで
ガイド:Rはすてよう
ガイド:トーマはどうしますか?
ソルファーネ:(再生してないし再生はがそーぜ/笑)
ベルダー:再生能力を止めてもらいましょうか
ピエロ:そういえば再生しました?
ガイド:あっ再生振り忘れた
ヒュドラ:1d10 再生能力
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D10) → 6
ベルダー:MM分回復されたわw
ガイド:生き物のようにふさがっていきます
ガイド:あらためてトーマ
ソルファーネ:ベルダー、強制停止行ってみる? 振り直し1回できるけど
ピエロ:とりあえず再生はがしますか?
シーザー:「厄介な能力だな、トーマ頼む!」
ベルダー:「なんと?金属の傷が治っていくのです!?」
ガイド:トーマはBまではがせますね
ベルダー:ですので再生をお願いします。
ソルファーネ:「中に予備を持っているのかもしれないな」
ガイド:再生でOK?
ソルファーネ:再生外してもらおう
トーマ:「コード送信!もう回復はしないはずです!」
ベルダー:「トーマ様、ありがとうなのです!」
トーマ:では指定を
ピエロ:「今日のわた~くしはだめさ~↓ベルダーさんおねがいするさ~」
ベルダー指定
ベルダー:「了解なのです!」
ソルファーネ:それは割り込まれる―
ガイド:移動届くのか
ガイド:しまった
ピエロ:あターン初めも割り込まれるんでしたっけ
ガイド:割り込みますね
ガイド:2ラウンド目以降はですね
ガイド:巻き戻しますか
ベルダー:いえ、いいですよ
ガイド:いいの
ベルダー:フォーチュンくださいw
ガイド:本体わりこみ
ガイド:現在のフォーチュン:4
ソルファーネ:ああ、そういう(笑)<ふぉーちゅん
シーザー:確か二フォーチュン欲しいw
ガイド:2回シーザー
ガイド:耐性か
ピエロ:仕方ないですよシーザーさんに頑張って耐えてもらいましょう(すみません)
ヒュドラ:1d20+8 蛇の牙命中
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+8) → 15[15]+8 → 23
ヒュドラ:1d10+5  蛇の牙ダメージ
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D10+5) → 5[5]+5 → 10
ヒュドラ:5だめ
ヒュドラ:1d20+8 蛇の牙命中
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+8) → 18[18]+8 → 26
ヒュドラ:1d10+5  蛇の牙ダメージ
<BCDice:ヒュドラ>:DungeonsAndDoragons : (1D10+5) → 1[1]+5 → 6
ヒュドラ:3ダメ
ソルファーネ:命中の目がいいなー。
ヒュドラ:TE(ターンエンド) ヒュドラの現在のSPは42
ベルダー:「シーザーさんは、このくらいでは負けないのです!」
ピエロ:激怒の耐性強いなー
ガイド:シーザー指定
シーザー:「その程度の攻撃!」
ガイド:で割り込みL
ソルファーネ:やっぱり
ベルダー:はやw
ガイド:現在のフォーチュン:5
ヒュドラヘッドL:1d20+8 蛇の牙命中
<BCDice:ヒュドラヘッドL>:DungeonsAndDoragons : (1D20+8) → 15[15]+8 → 23
ヒュドラヘッドL:1d10+5  蛇の牙ダメージ
<BCDice:ヒュドラヘッドL>:DungeonsAndDoragons : (1D10+5) → 7[7]+5 → 12
ガイド:6ダメ
ヒュドラヘッドL:1d20+8 蛇の牙命中
<BCDice:ヒュドラヘッドL>:DungeonsAndDoragons : (1D20+8) → 5[5]+8 → 13
ベルダー:これだけあれば……とは思いますが
ヒュドラヘッドL:はずれ
ヒュドラヘッドL:TE(ターンエンド) ヒュドラヘッドLの現在のSPは26
ソルファーネ:13は外れか
ヒュドラヘッドL:シーザーで
シーザー:まだ大丈夫!
ベルダー:同値で当たりですね
ベルダー:「シーザーさん、やっちゃえ!なのです!」
ガイド:はずれろー
シーザー:移動はせず本体に攻撃!
ガイド:こい
シーザー:2 1d20+3+3  グレートソード命中激怒。高い方に+3+3
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 13[13]+3+3 → 19 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 18[18]+3+3 → 24 #2
ガイド:あたり
シーザー:1d12+3+3 グレートソードダメージ激怒
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D12+3+3) → 10[10]+3+3 → 16
ベルダー:よしっ!
シーザー:良し良い目
ソルファーネ:おお、これはなかなか
ガイド:なんだこれ
シーザー:「どうだこれで!!」
ガイド:半減
ガイド:傷口はふさがらない
ガイド:指定どうぞ
ベルダー:シーザーのご自由に
ピエロ:なぐり飛ばします?
ベルダー:殴ってください
ガイド:とおします
シーザー:敵は動いてるからだれでも良いか
「ピエロ頼む!」
シーザー:TE(ターンエンド) シーザーの現在のSPは30
ピエロ:「了解さ~」
ガイド:こい
ピエロ:まず移動します
ガイド:リーチ武器め
ピエロ:BA隠れます
ピエロ:1d20+3 ピエロの敏捷ロール
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3) → 20[20]+3 → 23
ベルダー:おおぅ
ガイド:きょくたんw
ピエロ:出目が荒ぶるなー
ガイド:センサーからきえた
シーザー:あらぶっとるw
ベルダー:「隠れらそうな所でもないのに見失ったのです!」
シーザー:異次元に隠れたかw
ガイド:はずれろー
ピエロ:せんさーがとらえたのはピエロが出した鳩だった
ガイド:いいですね
ピエロ:本体に有利で攻撃
ヒュドラ:「おいしそう」とみてます
ベルダー:おおお、ハトに目を奪われたのです
ソルファーネ:それは視線を移してしまう
ピエロ:2 1d20+3+3 精緻な一撃ウィップ命中有利
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 15[15]+3+3 → 21 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 7[7]+3+3 → 13 #2
ピエロ:よし
ヒュドラ:あたり
ピエロ:1d6+1d6+3  精緻な一撃ウィップダメージ
<BCDice:ピエロ>:DungeonsAndDoragons : (1D6+1D6+3) → 4[4]+3[3]+3 → 10
ヒュドラ:いた
ソルファーネ:叩いて壊したほうが速いかな……
ピエロ:「汚名返上さ~♪」
ヒュドラ:やばいやなばい
ベルダー:ですね。
ヒュドラ:指定お願いします
ピエロ:ヘッドr指定
ソルファーネ:ヘッドRにしとこう、奴は何もできん
ヒュドラヘッドR:TE(ターンエンド) ヒュドラヘッドRの現在のSPは26
ガイド:ソルファーネしてい
ソルファーネ:はいよー。
ベルダー:シーザーに指揮官の資質でいいかと
ガイド:かわいい犬がよゆうをこいているw
ソルファーネ:そっちがはやいか。シーザーに指揮官の資質をつかってアクションを行ってもらおう
ガイド:おちるきけん
ガイド:どうぞ
ソルファーネ:「シーザー、そのまま叩き潰してくれ!」
ベルダー:さぁ、大成功狙いw
ソルファーネ:シーザーと反対側に回り込むように移動しながら。
シーザー:「了解だ!オレはやるぜ!!」
ガイド:なんかかっこいいな
ガイド:ヘッドがいるからいい動き
シーザー:本体に攻撃します
ガイド:こい
ガイド:こないでほしいけどw
シーザー:2 1d20+3+3  グレートソード命中激怒。高い方に+3+3
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 14[14]+3+3 → 20 #1
DungeonsAndDoragons : (1D20+3+3) → 14[14]+3+3 → 20 #2
ガイド:あたっている
ベルダー:さぁ、ダメージ!
ガイド:残り13
シーザー:1d12+3+3 グレートソードダメージ激怒
<BCDice:シーザー>:DungeonsAndDoragons : (1D12+3+3) → 10[10]+3+3 → 16
ガイド:うわ
ソルファーネ:いったー
ピエロ:強い
ベルダー:「さっすが、シーザーさんなのです!!」
シーザー:「この一撃で・・・決める!!」
ピエロ:「見事さ~♪」
ガイド:シーザーの一撃で外骨格にひびが入ります
ガイド:稼働音が消え、目の光も消えます
ガイド:お見事!
ガイド:ネットにはいれなかった

ふたりのこれから

ガイド:戦闘後の描写行きますね
ピエロ:はーい
ベルダー:とことこと近づいてマジマジと観察します
ガイド:ヒュドラを破壊するとモエを救出できます。
ソルファーネ:「モエ、大丈夫か?」
ガイド:トーマもかけよってきます
モエ:「ソルファーネさん」けがなどはないようですが
ベルダー:そうだ、巳の石を確認したいです
モエ:つかれたようす
ソルファーネ:ああ、なんかそんなのあったね>石
モエ:順番に描写させてください
ベルダー:承知です
モエ:モエの無事を確かめると、トーマは思わず抱きしめ
トーマ:「モエごめん!無事かい」
トーマ:と謝ります
モエ:モエは驚きますが、
モエ:「大事な機体が、トーマ様の夢が」
モエ:と泣き出します
トーマ:「機体は直せる。君の方が大事だよ」
トーマ:といってなぐさめます。
トーマ:「それに僕の一番の夢は君がいないとかなわないんだ」
トーマ:と言ってプロポーズしますね。
シーザー:良い人、いや犬や
ソルファーネ:「ふふ、それがもう一つの夢か」トーマたちを見ながら
ベルダー:「おおお、こ、これは……」と両手で目を隠しますが、間から見てますw
モエ:モエはとまどいソルファーネのほうをみています
ピエロ:「おめでとうさ~夢は大事な人と見るのがいちばんさ♪」
シーザー:シーザーはこういう事に疎そうなので「???」という顔で見ておこうw
ピエロ:花吹雪をまいてお祝いしてます
モエ:一歩踏み出す指揮官の指揮をくださいw
モエ:「でも私とトーマ様では身分が」とかいってます
ソルファーネ:ああ、もう抱きしめられて逃げ場もないのかと(笑)
モエ:気持ちは知っているソルファーネの応援がほしいというシーンですね
ベルダー:落ちた花吹雪をマジック・ポーで拾ってまた舞わせますw
ソルファーネ:「身分が問題か? それならちょうどいい、私もアーティファクトを探しているんだ、一緒に見つけに行こうじゃないか」とからかい気味に>モエ
モエ:良い絵だw
モエ:完璧な包囲網w
モエ:「そうですね。でももう私の大事なものはそばにありますから」と
モエ:「おねがいします」とトーマに返事しますね
ガイド:これには騒ぎに気づいてかけつけていた村犬たちも歓喜の声を上げます。
ソルファーネ:「おめでとう、お二犬とも」
ガイド:女の子の仔犬が「ねぇすきすきっていったでしょ」とか男の子の仔犬に言ってますね
ピエロ:村犬たちにこっそりクラッカーを渡してみんなで鳴らしてもらいます
ガイド:持ってそう
ベルダー:「いいなぁ、新しい家族ですかぁ」
シーザー:「おぉ、何だかよく分からんがめでたいな!」パチパチ
ガイド:祝福を当然喜ぶのですが
ガイド:みなさんにも迷惑をかけましたとあやまります。
ガイド:石の回収もしましょう
ガイド:壊れた機体から「巳」の干支の石も回収できます。
ベルダー:「いえいえ、実験だったのです」
ガイド:研究を重ねる中で、いろいろな手法や素材を試しているなかどこからか手に入れたこの石を使用してしまったそうです。
ガイド:動力源や制御周りの装置に組み込んできたみたいです。
ガイド:入手経路などは別シナリオでしますね。
シーザー:「いや、オレ達も大事なマスターワークを壊してしまって済まなかった。」
ガイド:干支の石の説明します?
ガイド:廃棄しそうな雰囲気
ピエロ:器械の目をだますいい練習になったさ~♪」
ベルダー:それは要るでしょうね、説明
ガイド:ベルダーがいれば説明はばっちりでしょうね
ベルダー:「あ、まってください!その石は非常に重要なものなのです!
ガイド:どういうものかいわれのものかをみなさんにきくと驚き、管理してくださいとベルダーに差し出します。
ガイド:「巳」とはいった石
ベルダー:「はい、確かに預かったのです。白ネズミ達に渡るともっと面倒だったと思うのです
トーマ:「よろしくおねがいします。これに関するデータ私のほうでもまとめてみます」
トーマ:今回の実験は失敗でしたが、データをもとに干支の石の力を制御する研究がすすみそうです。
トーマ:暴走を防ぐために着込むほど規模の物でなく、石をベルトにはめてその力の一部を引き出すようなものになりそうだということです。
トーマ:本来の目的だったマスターワークの修理も引き受けてくれます。
トーマ:新婚旅行を兼ねて開拓村に滞在するみたいで、これはPBW4で描写します。
ベルダー:「私にも修復を手伝わせてほしいのです」
トーマ:さすがにいろいろ準備があるので
トーマ:皆さんの帰還よりはあとですね
トーマ:治ったマスターワークの幾つかから新たな依頼にもつながりそうですが、それはまた別の話という事で。
トーマ:最後一言いただきエンドろしますね
ピエロ:「楽しみに待ってるさ♪村に来たら特別ショーをひらくさ♪」
トーマ:いいですね
トーマ:仔犬たちがわーいと
ピエロ:「キッズたちも来るといいさ~♪」
ソルファーネ:「また会えるのを楽しみにしてるよ」こんなくらいかな
ベルダー:「トーマ様、私とまたマスタワーク談義をしてほしいのです。開拓村でお待ちしているのです」
モエ:エマもソルファーネにあためておれいをいいます
モエ:「ソルファーネさんも夢がかないますように」
モエ:最後シーザーに閉めてもらおう
シーザー:「村に来るのを楽しみにしておくよ。その時にまた巨神について話させてくれ。」
モエ:いいですね。ばっちり
モエ:そういう感じで帰路につく感じです
モエ:これうれてPBWも加筆します
モエ:今回もありがとうございました。

 

脚注   [ + ]

1. 「鋼鉄の巨神」について
かつてのヒトの時代の兵器であったとされる遺物です。
その力は数十体で国を滅ぼす事が出来るとされているが、今現在においてその存在は確認されておらず、学者の間においては存在が疑問視されている。キキーモラの事件の際に彷徨う鎧のバリエーションのひとついではないかという疑惑も沸いた

パグマイア オンラインセッション 開拓者ギルドへようこそ!

パグマイア オンラインセッションサークル「開拓者ギルド」では、犬となり遊べるTRPG「パグマイア」をテキストオンラインセッションで遊んでいます!
サクラ
サクラ
グレイ
グレイ
参加者さん随時募集中!
参加条件は、「ルールブック所持されていること」と「善き犬であること、善きプレイヤーであること」です。
お気軽にご参加ください。
こちらのページでは、サイトの記事など紹介させていただいております。
サクラ
サクラ

パグマイアとは

こちらで遊ばせていただいているパグマイアについて紹介しています。

パグマイアとは

参加案内

こちらの企画の参加方法など案内しています。

参加案内

開拓者名簿

参加者さんのキャラクターを紹介。 設定やそれをもとにしたシナリオフック。
プレイヤーのコメントも案内しています。

開拓者名簿

セッションリスト

いままでのセッションの 募集情報やログを まとめております。

セッションリスト

掲示板セッション「開拓村開拓日記」

王都パグマイアの対岸にある開拓村を舞台に 掲示板セッションを行っています!
キャラクターとしてコメントしてゲームに参加。
キャラクターの成長に使える開拓者ポイントをゲットしてください!

開拓村日記PBW(プレイバイウェブ)。王都の対岸にある開拓村を舞台に PBWを行っています!

サポート記事

こちらの企画に関する情報や、パグマイア情報を看板娘のサクラとともだちのグレイが紹介しています。

パグマイア オンラインセッションサークル「開拓者ギルド」へようこそ!

プレイヤーリストと開拓者ポイント

プレイヤーさん毎の開拓者ポイントを案内しています!
開拓者ポイントは、GMをする。PLをする。名簿に投稿するなど。こちらの企画に参加した場合に与えられるポイントです。
累積したポイントで作成PCが増えたりします。

プレイヤーリストと開拓者ポイント

パグマイアミニノベル

パグマイアを題材にしたミニノベルを投稿しています。
キャラクターやシナリオフックの補足などなど、ミニノベルの投稿お待ちしています。

作品展示室 パグマイアを題材にかいたミニノベルやイラストを投稿しております。

パグマイアは、犬となり遊べるTRPG。
ヒトのいなくなった未来で それでもヒトの教えを守りいきる!

善き犬となり開拓団に 参加して冒険に旅立とう。
ゲームは「D&D5e」のd20をベースにした オープンライセンス作品。
この1冊で王道ファンタジーが楽しめます!

犬となり遊べるTRPG 「パグマイア」を テキストオンラインセッションで 遊んでいます!

参加方法はこちらを ご確認ください。

セッションリスト 更新中!

いままでのセッションの募集情報やログをまとめております。

王都パグマイアの対岸にある開拓村を舞台に 掲示板セッションを行っています!
キャラクターとしてコメントしてゲームに参加。
キャラクターの成長に使える開拓者ポイントをゲットしてください!

開拓者の情報や設定。それをもとにしたシナリオフックとプレイヤーさんのコメントを紹介しています。

プレイヤーさん毎の開拓者ポイント案内をはじめました。
開拓者ポイントは、GMをする。PLをする。名簿に投稿するなど。こちらの企画に参加した場合に与えられるポイントです。累積したポイントで作成PCが増えたりレベルアップができます。
どんどん遊んで、企画に参加してポイントためてください!

こちらの企画に関する情報や、パグマイア情報を看板娘のサクラとともだちのグレイが紹介しています。

パグマイアを題材にしたミニノベルやイラストを投稿しています。
キャラクターやシナリオフックの補足などなど、ミニノベルやイラストの投稿お待ちしています。

パグマイアのデック構築カードゲーム「フェッチクエスト」6月19日発売予定とのことです!

続いてはパグマイアのデック構築カードゲーム「フェッチクエスト」が校了。6/19(金)発売を目指します。注目はヨーシャら7犬のワンの他に、何と8月予定の代表ニャンからも8猫。こいつは買うしかないぞ!!! pic.twitter.com/RaNNQ1EPNt

— 安田均 (@yasud ...

パグマイア関連洋書メモに、100 Dogs to Meet in PugmireとDogs Guide to Solo Play を追記しました

探したい情報が見つかるシンクロニシティ!
セッションに活用していければと思います。

100 Dogs to Meet in Pugmire には魅力的なパグマイアの犬たちが紹介されています。
各犬は、名前と彼らが何をするかの説明があり、 自分のシナリオに魅力的なNPCとして登場させられます!
キャラからシナリオ考えたり、考えていたシナリオに登場させたりと便利に使えそうです!

フェッチクエスト6月発売!
プレイ動画も公開されるそうで楽しみです!

ありがとうございます。6月発売前にはプレイ動画をながしますので、また見てください。遊びやすくて面白いよ^^(でも使命達成は難しい。ああ、ピカサ!!)

“@taguchan: フェッチクエストのリプレイが面白い。”

— 安田均 (@yasudahitoshi2) May 24, 2 ...

パン「開拓者ギルドの窓口ができたんだってな。たいしたもんだ。」
ベテラン開拓者のパンが開拓者の訓練施設のプロデュースを引き受けてくれた。

パン「VR?AR?これは訓練に使えそうだな」
VRやARという開拓者の訓練に使える施設が岬の塔にあるようだ。

民兵たちが挑戦するまえに、開拓者にテストしてほしいという依頼があった。
新人開拓者たちの実力をみる ...

開拓者名簿の開拓者が30犬を超えました!

魅力的なPCばかり!今後ともよろしくお願いいたします!

アークの遺産5 「今、話したい誰かがいる」募集中です。

アークの遺産のクロニクルもついに5話。
10面体の氏族の話を扱います。

いつかやってみたかったセッション内での演劇挑戦してみます!

元ネタは乃木坂46のPV。この中でも演劇などする様子が描かれています。

今回のシナリオの元ネタは乃木坂46のPVです。

PVのなかでも演劇などする様子が ...

メンバーさんのこちらの企画に関するつぶやき拝見しました。
楽しんでいただけているようで本当にうれしいです。

今週月曜、火曜とパグマイアオンラインサークルの開拓者ギルドで
シナリオ「さまよう鎧の装着法」にPCピエロで参加させていただきました( ´∀`)
ダイスの女神にもてあそばれましたがタワーディフェンス風戦闘楽しかったです( ^ω^)
ログが公開さ ...

PBWでラジオの話題、それをうけて放送局を作る話題をしました。

それと連動してリアルでもパグマイア開拓村情報局開局準備中です!

7月以降はこちらの企画はクローズサークルという形で運営していければと思います。
それに伴いこちらのチャットなども参加者さんオンリーとするつもりです。

以前から参加してくださっているのメンバーさんが遠慮して参加しない。マウが出た際スムーズにマウも遊べるようになど、よりサークルとしての特性を活かしていければと思います。

メンバーさんの定義は、キャラクター作成をして ...

おかげさまでメンバーさんが増えてきました。
参加できない人が増えないようにアクティブユーザーさんの確認をしつつ活動していければと思い、新人さんの募集は6月いっぱいとさせていただき、クローズ型へのサークルの意向をしたいと思います。

今後アクティブユーザーさんを確認していくため、今後はセッションの募集に対して参加者さんは全員、参加希望・不参加のリアクションおねがいいたします。 ...

こちらのキャンペーンは終了しました。参加ありがとうございました!導入

パン「開拓者ギルドの窓口ができたんだってな。たいしたもんだ。」
ベテラン開拓者のパンが開拓者の訓練施設のプロデュースを引き受けてくれた。

パン「VR?AR?これは訓練に使えそうだな」
VRやARという開拓者の訓練に使える施設が岬の塔にあるようだ。

民兵たちが挑戦するまえに、開拓者にテス ...