2019年7月7日、鹿児島TRPG倶楽部5周年イベントレポート。楽しいはかたちにできる!ユーザーの声は届く!かなったプロミス。

2019年7月7日、鹿児島TRPG倶楽部5周年イベントレポート。楽しいはかたちにできる!ユーザーの声は届く!かなったプロミス。2019年7月7日、鹿児島TRPG倶楽部5周年イベントを開催しました。

鹿児島TRPG倶楽部5周年イベント

デッドラインヒーローズRPGのデザイナー長田崇先生をお招きして午前中トークショー、午後レイドシナリオのGGMもしていただくという、一日中デッドラインヒーローズを堪能できる1日でした。

トークショーも貴重なお話を聞けて、レイドシナリオも世界を救うために鹿児島各地の事件解決に挑みました。

楽しいはかたちにできる!ユーザーの声は届く!それを確信できた一日でした。

Contents

イベント当日、奇跡の天候回復!

イベントを予定していた週は鹿児島は大雨でイベントの開催自体危ぶまれたのですが、前日奇跡の天候回復。無時開催できました。

アンケートだけでなく、長田先生が用意してくださったサンプルキャラシートやサマリーなども配布させていただき、会場もデッドラインヒーロズに染め、開会を迎えました。

イベント当日 イベント当日

貴重な話がお聞きできたトークショー。みなさん熱心にメモを取られ、質問も多かったです。

トークショーは参加案内時のアンケートなどをもとに、デッドラインヒーローズRPGなどの話しや、シナリオやGMする際のテクニックやアドバイスなどいただきました。

みなさん熱心にメモを取られ、質問も多かったです。

イベント当日

トークショー一部抜粋。シーン制とエンドチェック。

その内容は、5周年記念に作る同人誌にまとめようと思っているのですが、一部抜粋して紹介させていただきます。貴重なお話ありがとうございました!


ーTRPG界隈でよく話題に出るのがシーン制のシステムの話しです。デッドラインはエンドチェックやクエリーとチャレンジの案内などととても遊びやすく感じます。どのような工夫があるのでしょうか。

デッドラインヒーローズは、シーンという言葉をあまり使いません。代わりにイベント、と呼んでいます。
内容的には同じように見えるかも知れませんが、少しだけニュアンスが違います。
イベントは動的であること。「何かが起きること」を重要視しています。
つまり、イベントは「PCの変化」を前提としているわけです。

エンドチェックとは、各イベントの目的を2~4個程度に分けて箇条書きにしたものです。
シナリオの概要を確認したいときは、エンドチェックだけを読めば分かりますし、各イベントごとの備忘録としても使えます。
シナリオ作成時には、制作者が頭の中を整理する助けにもなるでしょう。
極端な話、GMはエンドチェックさえ守っていれば、後はPCがどのようにはっちゃけた行動を採っても大丈夫なのです。
エンドチェックは、セッションが行き詰まり、失敗するのを避ける為に有用なツールです。

ただ、ここで間違ってはいけないことがあります。
それは、
「ゲームは終わらせることが目的ではない」
ということです。

シーン制やフェイズ制は、セッションに強固な「枠(フレーム)」を与えてくれます。それは、事故無くセッションを終わらせるための技術なのです。
ただ、「単に終わる」だけでは、我々は面白さを感じることができません。
その過程において、楽しみを見いだすことこそが重要なのです。

放っておいてもセッションは「終わる」わけですから、浮いた労力は他の部分に使えばいいのです。
DLHでは、「クエリー」や「チャレンジ」に頭を使えばいい、ということですね。

また、シーン制やフェイズ制では、枠に固執するあまり、枠の外にはみ出た瞬間に何をしていいか分からなくなってしまいがちです。
それがPCの選択や想像力を制限し、不自由さを感じさせる原因ともなります。

ですから、GMは、シーン制やイベント制のゲームを遊ぶとき、なるべくプレイヤーのほうを向き、プレイヤーの行動によってリアクションを変えるような話し方をするとよいでしょう。
シナリオ内にある描写をそのまま読み上げるのは、実はよくないです。自分の言葉に言い換えましょう。

PCが予定外の行動を採ることもあります。その場合の対処について、シーン制のシナリオには記述がないはずです(予定外なわけですから)。
GMは、PCの行動にあわせて、シナリオの内容を改変すべきですが、それが中々できません。「シナリオにはこう書いてあるから」ということで、PCの行動がキャンセルされ、シナリオ内の予定調和に引き戻されがちです。

これはGMが悪いというわけではなく、シーン制の弱点です。
ただ、理想を云えば、GMはプレイヤーの希望を聞き、シナリオの内容に手を加えていくべきでしょう。それこそがGMの権利であり、楽しさでもあるわけですから。簡単なことではありません。向き不向きもあるでしょう。ただ、挑戦するに足る価値のあることだとは思います。

ーデッドラインはイベントごとに「クエリー」や「チャレンジ」など案内してくださっているので、PLも非常に行動しやすしですし、GMしていても迷いがなくなりマスタリングしやすく感じます。
要望を拾うという部分もエンドチェックで内容を確認できるから一歩進んだマスタリングも挑戦しやすそうです。


レイドシナリオ。4エリアに向かった16人のヒーローは鹿児島を世界を救えるか!

午後は、レイドシナリオ。
4エリアに分かれて各GMさんに鹿児島を舞台に作って頂いたシナリオを遊んでいただきました。

シナリオ作成段階から、長田先生にアドバイスいただきながらのシナリオ制作をさせていただきました。

時間調整や、敵のデータなどのアドバイスで、各GMさんのシナリオがどんどん面白く洗練されていく様子を拝見できました。

私も最終決戦フェイズの担当として、判定の達成値で全体の余韻フェイズの内容が変わるなどアドバイスいただきました。

ネット上での事前卓分けとキャラメイク。イラスト付きの設定画を持ってきてくださるメンバーさんも

実際のセッションは午後の3時間だけということで、よりスムーズに遊べるようにGMさんの負担が減るように、ネット上での事前卓分けを行いました。

各部屋参加するメンバーさん同士で熱心に相談しつつキャラメイクしてくださる様子はとても心強く、主催者として嬉しかったです。

当日は作成したキャラクターをシートに移して参加してくださいとお願いしていたのですが、イラストを描いてきてくださった方も多く、中には設定画も用意してくださった方もいらっしゃいました。
うれしかったです。

レイドシナリオ レイドシナリオ

共同余韻フェイズ。大団円!

鹿児島各地4エリアに派遣された16人のヒーローたちは各地の事件を解決。
デッドライン状態や、中にはロストしたヒーローもいましたが、桜島に集結。
強大な存在の再封印に成功し、鹿児島の世界の平和を無事守れました。

再封印

共同余韻フェイズの様子を紹介させていただきます。


ヒーローたちの力が注ぎ込まれ、桜島上空の穴は塞がりはじめる。
穴から吹く風も弱まり、周辺への被害も抑えられそうだ。

小さくなっていく穴の向こう側で、黄色い衣を着た男が、またヒーローによっては、全身がミミズのような触手で構成され巨大な直立するトカゲの姿のものがもだえ苦しんでいるのがみえます。

穴が消え、風が吹き荒れた空は、雲一つない星空。
今日は七夕。
天の川が輝いていた。

夜空をみると、おうし座のアルデバランの輝きが消えていた。
またいつか輝きを取り戻すかもしれないが、ヒーロー達の活躍により、数百年単位の脅威の当
来は抑えられそうだ。

鹿児島を世界を襲った異変。
のちに「薩摩異神」と呼ばれた事件は16人のヒーローたちにより、無事解決されたのだ。


レイドシナリオ各卓感想

エリアS感想

GM維新課長さん感想

レイドセッション、楽しく回させていただきました。
皆さんとてもキャラが立っており、素敵なロールでした!
出目とPCのクリティカルが活きて、圧勝されました!

ファントム・ザ・フェニックス 津田刑部さん感想

皆さんのRPがとても上手で、とても楽しくはっちゃけられました。
フジマルさんとサージさんのジャスティカ組のキャラ立ちさ、縁の下の力持ちのノクターン。支援が強く助けられた酒のRPが面白かったサイドマンさん。
正直ここで書ききれないのです。
最後に追加の参加を受けてくださった課長さんありがとうございます!
本当に楽しいセッションでした!

サージ ぎんざめさん感想

デッドラインヒーローズ初めてでした。
久々のTRPG。楽しく遊べました。ありがとうございます。

フジマル 七氏さん感想

今日はとても楽しめました。
次回もよろしくお願いします。

ノクターン 秋芳さん感想

初DLHでしたが、大人数でワイワイ楽しめました。
PL5人を相手してくださったGMおつかれさまでした。

サイドマン 毬藻さん感想

今回はのんべえ出来て楽しかったです。
フルファイヤ当たったのでまんぞく。

エリアS関連つぶやきまとめ

エリアK感想

GMきよし。さん感想

今回は天文館をイメージしたエリアでのシナリオでした。
チャラいボスと飲め飲めコール、スティグマにより社会的に死んだPCなど、楽しい卓となりました。
お酒は楽しく呑みましょう!

四十万眞理(しじままり) アンデンさん感想

飲酒を取り扱ったシナリオということで、コミカル色の強い強い楽しいものでしたが、ラストの戦闘はDLHらしくシビアで緊張感のある白熱した戦闘でした。
ヘンチマンはダメージ、ボスはショック&スティグマとそれぞれ違った攻撃手段であわやというところでした。
でも勝ててよかった!
皆さまおつかれさまでした。

夢橋千景 マギルさん感想

ひたすら「クレジットはあかん!」クレジットはあかん!」と言ってました。
そしてなぜかパラパラを踊ったり、1人のPCが大変になったり、笑いがたくさんありました!
楽しかったです!

夜城カグヤ 神姫蝶々さん感想

本日はあおりも少なく、戦闘でも削り役に徹していた気がします。
汚名?夜城家がもみ消します。クレジットの汚名なんてカグヤちゃんには屁でもない。
社長の会社を立て直すためにリマーク使ったのは面白かったです。
今回は酒を大量に飲んでいたカグヤちゃん。
酒と酒豪の概念存在はいくら飲んでも酔いません!
「飲んで、のんで、のんで、いっきー!」

明石秀吉 真波カオルさん感想

経済判定でファンブル。自らのリマークでのグリット振り直しでも失敗、他人から分けてもらいなんとか成功。
とてもドラマあふれる一撃でした。
楽しかったです。また遊びたいです。

エリアK関連つぶやきまとめ

エリアT感想

GM輝剣さん感想

途中早く進みすぎて、イベントもっと作っておけばよかったと焦りました。
皆さんの協力で、シナリオを調整してキャラを深める時間にしました。
ありがとうございました!

シールド・ヒーロー キンターさん感想

リマークをうまく使えた感じ。今風のバディができた。あとは放浪生活だ!
面白かった!ありがとうございました。

天峰の命 ユーカンさん感想

神様らしいロールプレイができたかわからない。
でも弟子もできたし、デッドラインも達して大火力出せたので満足です。
ありがとうございました。

寝子獣(ねこま) 縞二毛さん感想

今回は出目が良く回避しまくりでした。
最終的にインネンの相手のトリックドワーフに塩対応をして終了という感じでした。
楽しかったです!

エリアT関連つぶやきまとめ

エリアO感想

GMG-カヤさん感想

シナリオがサクサク進み、戦闘が少しぐだりましたが、皆さんノリがよく、予定になかったカフェ流々家(ルルイエ)での打ち上げでのロールプレイはヤバかったです。
皆さん楽しんでいただきありがとうございます!

シンガー 翠の翼さん感想

今回は空手の方のシンガーちゃんで女子力(物理)発揮できて楽しかったです。
良い寄る男をしばき倒してきたという噂は事実ですのでご安心ください(ニッコリ)
しかしシンガーちゃんの食費(メニューのはしからはしまで全部)は相当なものなんだろうな。

ガブリエル しゅがー。さん感想

今回は天使モチーフでキャラクターメイクをしたものの、ふたをあけてみればただの空飛ぶ狂人でした。(出目も悪かったし・・)
次回は乱数調整をしてからのぞみます。

ザ・コールド クリスピアさん感想

今回はソシャゲ廃人だったせいで、シナリオ中、ひたすらガチャ引けて楽しかったです。
レイドでは2D6は1ゾロ、1d6も1で、ダイスの女神に愛されました。

ナイトギア エヌさん感想

今回はぜんまいじかけの社長さんで行かせていただきました。
最初にパワーワードを作ったくらいで、その後はあんまり活躍できなかったです。
とっても楽しかったです。

エリアO関連つぶやきまとめ

楽しいはかたちにできる!ユーザーの声は届く!かなったプロミス。

鹿児島TRPG5周年に向けて何かできればと思っていました。

オフのサークルもオンのサークルも主催しているほどTRPGが大好きですが、TRPGはその楽しさを伝えるのが難しく、一緒に遊びつづけてくれる仲間を作るのが難しい趣味だと思います。

ですから、5周年で何かできるなら、一緒に5周年を迎えてくれるメンバーさんに、楽しい思い出を残せて、TRPG経験値を積んでもらえるイベントができればと考えました。

幸いなことにデッドラインヒーローズのデザイナーの長田崇先生にゲストのきていただき、トークショーとレイドシナリオを遊べるという機会を作ることができました。
長田先生には本当に感謝しております。

普段のサークルの活動では、私自身もGMやPLとして参加するので、自分の参加している卓の範囲でしか一緒に遊ぶ人たちの様子は知ることができません。

今回は、トークショーでは進行役、レイドシナリオでがSGGM(サブグランドゲームマスター)として、客観的に皆さんの様子を拝見することができました。

トークショーを熱心に聞いていただきメモをして、質問をしてくださる姿を、そしてレイドシナリオでは各卓のみなさんのプレイしている様子を拝見でき、楽しいはかたちにできると確信することができました。

TRPGがより好きになりましたし、メンバーさんをとても誇りに思いました。

長田先生からもトークショーで素敵な言葉を頂き、一緒に鹿児島を観光させていただく機会も得られ、ユーザーの「TRPGが好きです」「応援しています」の声は届くという実感も得られました。

企画を考え、DTP作業やサイト更新などでパソコンに向かい、予算など確保して、となかなか大変な日々でしたが、本当に報われました。
自分の時間やお金を自分の好きなことに使えるのは幸せです。

作業をしている最中、よくBiSHのプロミスザスターを聴いていました。

「一緒に5周年を迎えてくれるメンバーさんに、楽しい思い出を残せて、TRPG経験値を積んでもらえるイベントができれば」これは勝手に私が自分に課したプロミスでしたが、かなえられた気がします。

鹿児島TRPG倶楽部は無事に5周年を迎えることができました。
次は10周年でしょうか。また楽しく活動していければと思います。

番外編 鹿児島の観光もたのしんでいただきました。

長田先生には前日に鹿児島入りしてもらい、イベント翌日帰っていただくということで、鹿児島観光などもたのしんでいただきました。
車を出してくださったメンバーさんが、鹿児島の観光地などにくわしくとても心強かったです。

長田先生に「鹿児島はいい場所ですね」と言っていただき嬉しかったです。

観光の際の様子も紹介させていただきます。

A-Zスーパーセンター、鹿児島の商品などみていただきました。

空港で先生と合流し、鹿児島らしい商品などみたいということで、A-Zスーパーセンターに向かいました。
たくさん並んだ焼酎や調味料の棚にびっくりされていました。

A-Zスーパーセンター

城山展望台、桜島は鹿児島の心の風景です。

桜島を一望できる城山展望台にもいきました。

桜島はやはり鹿児島の心の風景です。
いつみても興奮します。

城山展望台

薩摩鉄板焼 むじゃき、白熊も食べていただきました。

夕食は、薩摩鉄板焼 むじゃきでお好み焼きと白熊も食べていただきました。

7月の開催ということで白熊はたべていただきたかったので、白熊の本家むじゃきにいけてよかったです。

薩摩鉄板焼 むじゃき 薩摩鉄板焼 むじゃき

仙巌園、鹿児島観光には欠かせません。

8日は朝いち仙巌園にいきました。

両棒餅(ぢゃんぼもち)を食べて散策開始です。

両棒餅(ぢゃんぼもち)

薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園です。大河ドラマ「せごどん」でもロケ地として使用されていて、撮影で使用した衣装なども展示されていました。

仙巌園 仙巌園

個人的に興奮したのが反射炉。これを作ろうとしていてるTOKIOはすごいです。

反射炉

フェリーで桜島に!うどんも食べました。

桜島にも行きました。

フェリーを利用して、途中名物のうどんも食べました。

フェリー うどん

恐竜公園、恐竜は燃えます!

先生が鹿児島について調べていた時みつけたという恐竜公園にもいきました。

鹿児島の人間ですが始めていきました。

恐竜はいいですね。いくつになっても燃えます。

恐竜公園 恐竜公園

道の駅たるみず 湯っ足り館で食事。美味しい海の幸と日本最大級かけ流しの足湯。

昼食は、道の駅たるみず 湯っ足り館にいきました。

当日水揚げされた、ブリとカンパチ使用した海鮮丼など味わえます。

日本最大級かけ流しの足湯もあり、足湯を楽しみつつ錦江湾と桜島を望むことができます。

道の駅たるみず 湯っ足り館

黒神埋没鳥居、シナリオネタが浮かびました

ずっといってみたかった黒神埋没鳥居にもいけました。

桜島の大正噴火後たった1日のうちに軽石や火山灰に埋め尽くされた鳥居があります。

噴火のすごさや怖さを後世に残す場所です。

ものすごく不思議な風景と雰囲気でシナリオのネタが浮かびました。

多分鹿児島のピンチにはせり上がってきます。

黒神埋没鳥居

鹿児島の魅力にあらためて気づけました。外回りが楽しくなりそう。

地元である鹿児島の観光地を訪れるということはあまりないので、鹿児島の魅力にあらためて気づけました。

お客さんの訪問の際など少し足をのばすといろいろ見てまわりたい場所があるので、外回りが楽しくなりそうです。

いいシナリオも浮かびそうです。

アンケート集計

1.今回のイベントはどうでしたか

  1. よかった
  2. 普通
  3. 悪かった

2.イベントはどれが良かったですか

  1. トークショー
  2. 昼食雑談タイム
  3. レイドシナリオ

3.どんなイベントなら参加してみたいですか

  • ゲームを遊ぶ
  • GMやシナリオのワークショップ
  • ゲストのトークショー

4.宿泊型イベント。ゲストさんおトークショーとゲーム企画参加してみたいですか

  • 興味がない・参加できない
  • 参加したい。3000円までなら
  • 参加したい。5000円までなら

5.感想や要望などあればお書きください。誰にゲストにきてほしいなどもOKです

  • 久々のセッション。トークショーも楽しかったです。
    体力によってはまた参加したいです。
    唯一の難点は場所にルート付き案内が欲しかったです。
  • 本当に楽しかったでした。
  • とても楽しいイベントでした。ありがとうございました。
  • 本当に楽しかったでした。
  • 企画立案から当日まで大変お疲れ様でした。 大変楽しい一日となりました。ありがとうございました。
    イベント運営が大変そうでしたので、一人で抱え込まず、当日の役割を分担された方が良いと思います。
    代表は片付けや受付をせず、どっしり構えていてよいと思います。
  • 学生の身なので宿泊型は難しいですが、独り立ちしたら参加したいと思います。
    正直どのイベントも良かったので、どれかを選んで○は難しいことを記入しておきます。
    とても楽しいイベントでした。今回はありがとうございました。
  • 面白かった。また参加してみたいと思えるイベントだった。
    別のゲームシステムでもあると勉強になると思う。やってみたい。
  • レイドシナリオははじめてでしたが、普段のデッドラインヒーローズとはまた違った面白さもあり、楽しかったです。
    全員同じシステムで遊ぶ機会はなかなかないので、また出来る機会があればやってみたいです。
  • 今回ゲームデザイナーさんのお話や、レイドシナリオなど貴重な体験をさせていただきありがとうございましました。
    これからもTRPGの楽しさを感じながら、仲良く遊んでいければと思います。
  • 初めてのイベントだったのでドキドキしましたが、貴重なお話や雑談タイムは面白かったです。
    女性たちが散れなかった…w あまり一緒に遊べない人や、初めて会う人と遊べてうれしかったです!
  • 皆で協力してダイスを振るのはシンプルな感じでしたが、それだけでもなんだか協力しているという感じがあって楽しかったです。
    ゲストさんへの質問コーナーでも、シナリオのコツ等を聞けて勉強になりました!
    また皆さんでレイドシナリオしてみたいです。
  • トークショーもゲームも楽しかったです。
    前もって、キャラシ等を用意できたのでたっぷり遊べました。
    楽しく遊べるように、様々な準備や気遣い、取組ありがとうございました。
    たぐっちゃんんさんや、GMさんの準備のおかげと思います。
    冒険企画局さんのゲストなど興味あります。
  • 5周年おめでとうございます。
    今回イベントということで非常に充実した内容で楽しめました。
    とくに長田先生のトークショーは貴重な経験で大変参考になりました。
    今後もこのような機会があればぜひとも参加したいです。
    長田先生、鹿児島にお越しいただきありがとうございました。
    ご参加の他のPLの皆様お疲れ様でした。
    そして企画してもらったたぐっちゃんさんありがとうございました。
  • ゲストさんの生の声がきけて良かったです。
    なかなかない機会なので、またこういった機会があれば参加したいです。
  • 5周年イベントお疲れ様でした。 トークショーでは、様々なことを学ばせていただき、ありがとうございます。
    レイドシナリオでは、シナリオがサクサク進み、戦闘が少しぐだりましたが、皆さんノリがよく楽しませていただきました。
  • 今回の5周年イベント、とても楽しく参加させていただきました!
    トークショーでは貴重な意見を聞けてよかったです。
    私も今後、シナリオを作ろうと考えているので制作活動の参考にさせていただこうと思います。
  • アンケート4.に関しては、お金がないので1にしました。 もし来ていただけるならば、冒険企画局の方のお話など聞いてみたいです。
  • 初めてレイドシナリオに参加しましたが非常に楽しめました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です