5周年記念誌デッドラインヒーローズリプレイ用セッション管理ページ

5周年記念誌デッドラインヒーローズリプレイ用セッション管理ページ鹿児島TRPG倶楽部の記念誌の中に、オリジナルオリジン「カウンター」のデータを使ったデッドラインヒーローズのリプレイを掲載できればと考えております。

5周年記念イベントと連動して、薩摩異神を起こしたのは誰だ?にせまる薩摩異神の裏で起こっていた事件を扱ったものになります。

リプレイはテキセで遊べればと思っております。
過去のデッドラインヒーローズのテキセの経験から3時間の2~3回くらいになるかと思います。

参加してくださった方には、5周年記念誌を献本させていただきます。

お願いしたい内容

  • メンバーチャットでのPC用のパワー作成をふくめたキャラメイクの相談と事前キャラメイク
  • エントリーをPLさんと相談し作成。シナリオにも反映。その相談。
  • 実際のセッションへの参加(2~3回予定)

進行手順案内

  • オリジン「カウンター」は、スタイルが4種あるので、メンバーさんと相談していづれか選択してもらう。(8月)
  • 作成したいPCにあわせて、オリジン「カウンター」のパワーを2種相談しつつ制作させていただく。
    ※スタイルを選ぶパワーとそれを条件としてとるエクストリームパワーをとっていただく。残りの2個はキャラにあわせて製作する。(8月)
  • 実際のセッション(9月TRPGフェスティベル後伝助で調整)
  • 作成したパワーのデータは本に収録。PCはサンプルPCとして収録。(年内)

という感じになります。

実際のセッションはユドナリウムでテキセで行います。

ファントムカウンターの設定や、オリジナルオリジン「カウンター」を用いてのセッションとなります。

こちらの企画は、制作中のオリジナルTRPGファントムカウンターの設定や、オリジナルオリジン「カウンター」にデータを用いてのセッションとなります。

オリジナルTRPGファントムカウンターの設定については、今回の企画に必要な情報などある場合は、キャラメイク前に参加メンバーさんに案内できればと思います。
現代の日本を舞台にしたものなのでそんなに知識はいらないです。
逆に皆さんの設定を追加するくらいの感じで遊べればと思います。

オリジナルオリジン「カウンター」データでのセッション。みなさんのPC用のパワーから考えます

キャラメイクはこちらのデータをもとに行っていただきます。

オリジナルオリジン「カウンター」データ

作成したいPCにあわせて、オリジン「カウンター」のその方のPC用のパワーを2種類相談しつつ制作させていただくかたちになります。
実際の作業は、カウンタースタイルを選ぶパワーと、それを条件としてとるエクストリームパワーの2つをまずとっていただく。
残りの2個はキャラにあわせて製作する。という感じになります。

以下作成の流れの例を案内させていただこうと思います。

 瓢(ひさご)フクベ 「物語の語り手」

フクベちゃんは今回の企画のPCは自分をモデルにしたカウンタースタイル:衛視のキャラを作ろうと思いました。

ということでパワーは、【衛視の闘法】でカウンタースタイル:衛視を選択。
エクストリームパワーとして【衛視の奥義】を取得しました。攻撃力アップを優先した感じです。

残り二つは相談して作れるということだったので、PCのイメージにあわせてデータから作ります。

ひとつはフクベちゃんがTRPG部ということで【ゲームマスター】というサポートにも使えるパワーを考えることにしました。

最後のひとつは、いつもの自分の戦闘スタイルにあわせて【蜻蛉の構え】という近接攻撃用のパワーを作成することにしました。
『一の太刀を疑わず』というイメージなので、ラウンドの初撃はダメージ量が増えるパワーです。

プレイヤーとPC情報

ASTRO GIRL カウンタースタイル:衛視 プレイヤー:アンデンさん

キャラ名「キラリ・アカオギ・ハウザー」 16歳
ヒーロー名「ASTRO GIRL」
アメリカの大学を飛び級で卒業し、ロケット開発の技術者となった才媛。
しかし、実験中の事故により大怪我を負って体の一部を機械と置き換えたいわゆる「サイボーグ」となってしまった。
そういった経緯から現在は技術者を務める傍ら、有人ロケットのテストパイロットをサポートするサブパイロット的な役割も担っている。
悲惨な境遇に見舞われながらも、そういった事は微塵も感じさせない底抜けの明るい性格で出会う人の大半は「何も考えていないような子」という印象を受ける。
父はアメリカ人、母は日本人のハーフで両親共に宇宙航空工学の技術者である。
幼少の頃は母方の実家である種子島で過ごしていたことがある。
星空が大好きで暇さえあれば眺めている。
なお、母方の祖母は高名な「星詠み」である。

アクアマリン カウンタースタイル:防人 プレイヤー:縞二毛さん(イラストも担当)

前衛、サポート、範囲
名前:活魚 凪(かつうお なぎ) ヒーローネーム:アクアマリン。性別:男 年齢:30歳
幼少期にカウンターとして覚醒し、海の生物と意思疎通したり、海のモノを操れるようになる。国守学園に入学し、その後妓坐姫のスカウトで教師になった。臆病かつ引っ込み思案な性格で、会話の相手は大概魚。怖い事があると殻(生み出した貝殻)に閉じこもってしまう。 実はヒーロー好きで、カッコいい堂々としたヒーローに憧れている。因みに実家は魚屋。

よかにせのテツ カウンタースタイル:術師 プレイヤー:きよし。さん

火縄銃、後衛・射撃・攻撃型。単体
キャラ名「冶板 鐵」(やいた てつ) 19歳
ヒーロー名「よかにせのテツ」(よかにせは、種子島弁でイケメン)
種子島の鍛冶屋の血を引く少年(青年?)
(元ネタは、実在した鍛冶職人の八板金兵衛)
明るい職人肌だが、ハイテクなものに憧れている。
好戦的な性格であり、自前の火縄銃の試し撃ちが出来るなら進んで戦場へ突っ込んていきます。

カウンタースタイル:偉大なる個 プレイヤー:ブラフマンさん

範囲攻撃タイプ。ひとつめ小僧
石神井 宿那 シャクジイ スクナ 外見年齢:10歳 性別:男 身長:3〜4尺(1メートル前後)
実はスクナビコナとの習合体。 非常に小柄。悪戯好き。
普段はフードで顔の上半分を隠す。 パーカー着用。

シナリオ案とエントリー案

シナリオ解説

鹿児島各地で起こっている異変。それに対処するため、国守学園のカウンターや全国から駆け付けたヒーローたちはそれぞれのエリアで活動していた。
鹿児島の南の島、ロケット基地のあるエリアRでも国守学園のカウンターを中心に異変の収束に向けて大きな作戦が動いていた。

プロジェクト・ミルキーウェイ

開発中だった有人ロケット「ベガ」に封印のための装置を積み込み、地上と宇宙から桜島上空にある異空間への穴をふさごうという作戦だ。

プロジェクトのために集まったものたち、避難してきた一般の人たち。
そして作戦を察したヴィランたちの襲撃も予想される基地施設で、ヒーローたちはその使命を果たすことができるか。

デッドラインヒーローズRPG「シナリオ名これから」

《死線》を超え、《限界》を打ち破れ!

エントリー:ASTRO GIRL

「ベガ」は、太陽系外への進出も目標に設計した有人ロケットだ。
「いつかあの宇宙へ」この思いは、「ベガ」のテストパイロット「内之浦 大知」といつも語りあっていた二人の夢だ。
いつも見上げていた星空は、桜島の上空におこった異変のせいで黒い雲に隠されていた。
「大丈夫。うまくやれるよ。二人であの宇宙(そら)を取り戻そう」大事な友の言葉は、その言葉とはうらはらに少し震えていた。

※作戦のおおもとに関わるエントリーやクエリーに仕上げられればと思います。

エントリー:アクアマリン

鹿児島の、世界の命運をかけた「プロジェクト・ミルキーウェイ」
その作戦には、国守学園でも特に優秀なカウンターたちが選ばれた。
キミは教師としてそのカウンターたちを指導し、作戦の指揮をとる立場だ。
なぜそんな大役を私に?戸惑うあなたに、ベガの開発者天才女子高生「深山 紫月」は年相応の笑顔であなたに告げた。
「この作戦にピッタリな、ライトスタッフが揃ったと信じているわ」

※教師としてのヒーローとしての成長を感じられる。エントリーやクエリーに仕上げられればと思います。

エントリー:よかにせのテツ

人でありながら怪異(ファントム)につき、その力を利用するものたちがいる。
結託者(コンスパイラ)と言われる仮面をつけたヴィラン。
そのエージェントの一人「フランシスコ」は、君がその銃口を向け生き延びた数少ない敵の一人だ。
光を操り、幻惑をみせ戸惑わせる。
やつは今回君にどんな幻惑を見せようとするのか。

※ボスヴィランとのしがらみのあるヒーローとしての立ち回りをしてもらえるような、エントリーやクエリーに仕上げられればと思います。

エントリー:偉大なる個

「その目は本物?」
ロケット発射施設には、周辺の住人も多く避難してきていた。
キミに声をかけてきたのは、その中の一人。10歳の女の子「名前考えたい」
避難施設でも積極的に年下の子どもたちの面倒をみる明るい女の子で、君にも積極的に話かけてきた。
「知っている?七夕は短冊に願い事を書くの。晴れるといいな」

※子どもの交流をからめて、妖怪なのに何で人間の味方をしてくれているの?を描けるようなエントリーやクエリーに仕上げられればと思います。

キャラクターデザイン履歴

キャラクターラフ 190815

キャラクターラフ 190815

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です