トップWEB TRPGマガジンWEB TRPGマガジン紹介・告知企画 ≫ 同人TRPGデザイナー座談会 MMV3(まっきー)さん情報

同人TRPGデザイナー座談会 MMV3(まっきー)さん情報

特別企画 同人TRPGデザイナー座談会

同人TRPGデザイナー座談会、目次ページはこちら。

MMV3さんプロフィール 

MMV3さん

 MMV3 こと、まっきー。個人サークル「インザスカイ」代表。
 今までの制作物は、荒廃した近未来を腕っ節で渡り歩く『Hexa Force』、英雄クラスの武力でファンタジー世界を闊歩する『竜人現象ドラゴニア』。
 システムを作ってもGMをやってもPLをやっても、自由が欲しいという点はブレない模様。
■個人twitter:@MMV3_
■自作品公開サイト: インザスカイ
■ 自作品オンセサイト: イントザスペース

サークル「インザスカイ」

 MMV3(まっきー)の個人サークル。何かを発表するときの名義とも言う。
 今は専らオリジナルTRPGシステムを作成して公開するところ。
 作成物は基本的に自サイトにて完全公開。

Hexa Force

Hexa Force

 核の雨、撒かれたウィルス。
 汚染された大地を逃れ、200年の歳月を経てシェルターから出た人類が見たものは、変わり果てた、見知らぬ世界だった。

 Hexa Forceは、荒廃した未来を舞台に、腕っ節ひとつで渡り歩くアウトローたちの物語である。
 ある者は気を纏い、またある者は体を機械化する。そうかと思えば肉体が突然変異した者もいるし、手を触れずに物を動かす超能力者すらいる。
 彼らの前では、戦車も戦闘機も高価な玩具にしか過ぎない。
 彼らにとっての敵とは、お互いのような規格外の武力を有した個人なのだ。

 そんなこのシステムの最大の特徴は、2D格ゲーをイメージした戦闘ルールにある。

 間合いなど一瞬で詰められるから、距離の概念など不要!
 素早い小技で牽制し、必殺の一撃を叩きこめ!
 迂闊な攻撃には、手痛いカウンターが待っているぞ!
 大技をミスれば、待ち受けるは死あるのみ!

 そう、これは戦って楽しい戦闘システムなのだ。

竜人現象ドラゴニア

 ドラゴニア、それは古に栄えた大帝国
 ドラゴニア、それは真竜の血を引く人類
 ドラゴニア、それは邪教の奉じる新しき神
 伝説の中に語られるものであり、 現代において騙られるもの

 これは、剣と魔法とその他のファンタジー世界を闊歩する、英雄たちの物語である。
 彼らが剣を振るえば旋風が巻き起こり、魔法を放てばクレーターが産まれる。その武力は正に一騎当千であり、世界に影響を及ぼさずにはいられない。

 そんな英雄たちを具現化するために、多彩な戦闘スタイルを幅広く表現できるのが、このシステムの大きな特色である。

 例えば、徹底して重装甲で身を固めれば、圧倒的な防御力でいかなる攻撃をも防ぎ得るだろう。
 運動能力を追求すれば、1ラウンドの間に誰よりも素早く多くの行動が取れる。
 体術と魔術の両方に通じ、同時に運用することも可能だ。
何なら、巨大な魔獣を使役したり、異形の姿に変身してもいい。

 そして戦場においては、逐次どのように戦うかを選べる。
 先手を取って、全てを一撃にかけて一刀両断するもよし。
 怒涛の連続攻撃で相手を追い詰めてもいい。
 後手に回るのならば、防御に徹し相手の隙を探すのもありなら、一瞬の合間にカウンターを決めることも可能だ。

 キャラを作るだけでも、そして戦闘をするだけでも楽しい。
竜人現象ドラゴニアは、そんなシステムなのである。

竜人現象ドラゴニア

2015年7月20日 11:46

WEB TRPGマガジン記事の一覧はこちらをご確認ください。