トップWEB TRPGマガジンWEB TRPGマガジン ≫ こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介-WEB TRPGマガジン2014年9月24日号

こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介-WEB TRPGマガジン2014年9月24日号

無題ドキュメント

こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介

今回は、TRPG関連の同人が買えるショップさんを紹介させていただきました。
こかげ書店さんにもチャットインタビューさせていただきました。

コミケ終了から1か月経ち、TRPG関連の同人誌も委託など始まり、私も遅れてやってきたコミケ気分を味わっています。
私のように地方に住んでいると、TRPGの同人誌が買えるショップさんや、委託してくださっているサークルさんの存在は本当に貴重です。

探していた1冊や、お気に入りの一冊みつかるかもしれません。ぜひチェックしてください!

今回の話題

1.TRPG関連ニュース

TRPG関連の気になる話題紹介させていただきます。

2.TRPGユーザーさん募集・告知情報

TRPGユーザーさんの募集や告知情報を紹介しています。

3.今週の気になる逸品

TRPG関連の新商品、最近見つけた商品など紹介しています。

4.こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介

5.今後の配信予定や告知

5.WEBTRPGマガジンへの、TRPGユーザーさんの募集や告知、情報の投稿方法についての御案内

TRPG関連ニュース

TRPG関連の気になる話題紹介させていただきます。

『クトゥルーの子供たち』のご紹介と「クトゥルー神話作品」のお話です。 - R&Rステーション スタッフブログ

『クトゥルーの子供たち』のご紹介と「クトゥルー神話作品」のお話です。 R&Rステーション スタッフブログさんの記事です。

スタッフさんがこういう読み物系コンテンツを掲載してくださるのはありがたいですね。

富士見書房公式 TRPG ONLINE | リプレイ投稿紹介ページ

いよいよリプレイ投稿機能が公開されました!

「机上の空想 シェイクスピア・ゲーム」ご感想

 9月17日にNHK BSプレミアムで放送された、「机上の空想 シェイクスピア・ゲーム」のご感想です。

とても面白かったので続編にも期待してしまいます!

スピタのコピタの!9巻 PV

10分近くある動画です。

仕事中にみると、スピタのコピタの!読みたくなったり、TRPG遊びたくなるのでお気を付け下さいw

恋と冒険の学園TRPGエリュシオン公式サイトで、JGCで遊ばれたシナリオが公開

恋と冒険の学園TRPGエリュシオン公式サイトで、JGCで遊ばれたシナリオが公開されています!

それも2本!どちらも面白そうです!

TRPGユーザーさん募集・告知情報

TRPGユーザーさんの募集や告知情報を紹介しています。

『化石的ゲームマスター読本1』通信販売の御案内

WEBTRPGマガジンでも紹介させていただいた『化石的ゲームマスター読本1』通信販売の御案内させていただきます。

とてもすてきな本なので、ぜひご覧ください!

3.今週の気になる逸品

TRPG関連の新商品、最近見つけた商品など紹介しています。

今週の逸品

TRPG関連商品カレンダーの9月20日の商品がすごいことになっていました。

富士書房さんのリプレイのKindle版が、怒涛の販売ラッシュです。
基本文庫で持っているのですが、ここまででるとお気に入りの本はKindle版も欲しくなりますね。

そしてKindle版の発売ラッシュに混ざって買い忘れそうになる文庫の新商品。
危ない危ない!

ソード・ワールド2.0リプレイ できそこないの転生伝承 (1) 拝読中なのですが面白いです!

ソード・ワールド2.0リプレイ できそこないの転生伝承 (1) (富士見ドラゴンブック)
大井 雄紀 グループSNE
KADOKAWA/富士見書房 (2014-09-20)
売り上げランキング: 209

TRPG関連商品発売日カレンダー

TRPG関連商品の発売日を案内しています。タブを操作すると週単位、月単位で確認できます。

4.こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介

こかげ書店さんチャットインタビュー TRPG関連の同人誌が買えるショップ紹介

今回は、TRPG関連の同人が買えるショップさんを紹介させていただきました。
こかげ書店さんにもチャットインタビューさせていただきました。

コミケ終了から1か月経ち、TRPG関連の同人誌も委託など始まり、私も遅れてやってきたコミケ気分を味わっています。
私のように地方に住んでいると、TRPGの同人誌が買えるショップさんや、委託してくださっているサークルさんの存在は本当に貴重です。

探していた1冊や、お気に入りの一冊みつかるかもしれません。ぜひチェックしてください!

TRPG関連の同人誌・商品が買える通販対応ショップさん紹介。

TRPG関連の同人誌・商品が買える通販対応ショップさんのリストです。
私が実際に購入させていただいたことのあるショップさんは、感想を添えて紹介させていただきました。

アリスブック

アリスブックスさんは、XIIIIVIさんの本を購入する際に利用させていただいています。発送が早くていい感じのショップさんです。
アリスブックさんの「TRPG」キーワード検索結果ページはこちら。

とらのあな

とらのあなさんは有名ですが、TRPG関連の本も並んでいます。
サイト内検索でTRPG関連商品探しだすのが若干難しい印象があるので、いつもはサークルさんの告知をみて買いに走ることが多いです。

プレイスペース広島

プレイスペース広島さんのサイトはフレームを利用されています。
サイドバーの「RPG」の中の「同人RPG他」で、同人TRPGを確認できます。
一般流通のTRPG関連書籍や、ダイスなども一緒に購入することができるので便利です。

BOOTH

pixivと連携したネットショップが無料で作れるサービスです。
サークルさん単位でショップは存在していますので、それぞれ注文の際の送料などがかかります。
BOOTHさんの「TRPG」キーワード検索結果ページはこちら。
先日特集させていただいた、「化石的ゲームマスター読本1」もBOOTH利用されて通販されています。

こかげ書店

最近よく利用させていただいているショップさんです。
TRPG情報サイト「TRPG every day」も運営されていて、情報発信も熱心にされています。
こかげ書店さんについては、チャットインタビューさせていただきましたので、そちらもぜひご覧ください。

COMIC ZIN
DLsite(電子書籍のみ) 

こちらで紹介させていただいたショップさん以外にも、サークルさん自身でSTORESなど使って通販してくださっているオニオンワークスさんのようなサークルさんもいらっしゃいます。

委託の情報などを案内してくださることも多いので、サークルさんのサイトはマメにチェックされたり、RSSを登録されるといい感じかと思います。
RSSについてはこちらの記事ご覧ください。

TRPG関連の同人誌を委託する際や、宣伝する際に参考にしたいサイトや記事紹介。

TRPG同人誌を作られているサークルさんは、ぜひショップへの委託を検討いただけるとありがたいです。
参考になりそうなサイトなどまとめてみましたので、ご覧ください。

TRPG系同人誌の作り方 まとめ : 筋肉企画のマッスルBlogの勝手に委託同人ショップ比較!関連記事

筋肉企画のマッスルBlogさんが、ご自身の経験をもとに委託同人ショップ比較記事を書いてくださっているので紹介させていただきます。

同人制作 Archives - TRPG every day

TRPG every dayさんにも同人制作に関する記事満載です。

同人・オリジナルTRPG紹介&レビューwiki

同人・オリジナルTRPGの情報を収集し、紹介およびレビューをするサイトです。
こちらのレビューなどを参考にして、本探されている方もいらっしゃると思います。
本作られた際には、ぜひ自分の作品登録してください。

こかげ書店、周防さんチャットインタビュー

こかげ書店、周防さんにチャットインタビューさせていただきました。
こかげ書店の魅力や、委託依頼方法、TRPG愛あふれるショップの秘密に迫るためTRPG歴などもお聞きしています。

――今回は「TRPG関連の同人誌が買える、委託できるショップ特集」ということで、こかげ書店の周防さんにゲストに来ていただきました。

 

周防
 よろしくお願いします

――まずは簡単に自己紹介していただいてよろしいでしょうか。

 

周防
 では、改めまして。
 TRPG書籍のWeb通販ショップ「こかげ書店」とTRPG情報サイト「TRPGeveryday」を運営している周防(すおう)です。
 ときどき「通販ショップだけで大丈夫?」って心配していただくんですが、サイトの他に本業で会社員もしています(笑)

――確かに続けてほしいサービスですから、そういう心配される方いるかもですね(笑)

 

周防
 TRPG関連サイトを2つもというと欲張りなようですが、どちらも「Webを通じて」「(商品や情報)仲介する」という共通点を持っているもの。
 この両サイトを両輪としてTRPGの楽しさや面白さを味わうお手伝いをできればと思っています。
 といっても一番はすごく個人的な感情で、「こんな面白いものがあったのか!」「こういう動きがあるんだ!」って驚きを体験できるのが、これらのサイトに関わっている最大の理由ですね。

――たしかにこかげ書店さんで知らない本知ったり、「TRPGeveryday」でこんなことあったのか!と思うこと多いです。

 

周防
 そう思っていただけたなら狙い通り!ですね(笑)

――今日はこのふたつのサイトについて、いろいろお話聞かせていただきたいのですが、まずはこかげ書店さんについてお話きかせていただけますか。

 

周防
 重複しますが、「こかげ書店」は一口に言ってTRPG書籍のWeb通販ショップです。
 
TRPGの書籍はかなり手に入りやすくなりましたが、それでも一般書店では数が少なく、専門店でないと置かれていない商品が多いジャンルと思います。
 特に同人TRPGサークルさんの作品はその傾向が顕著で、地方の方にはなかなか手に届かない作品になりがちです。

――まさに専門店ですよね。
私のような地方の人だとコミケなどいけない方多いと思うので、こかげ書店さんのような存在ありがたいです。
TRPG関連の同人誌がそろっているというのは本当に魅力的です。

 

周防
 ありがとうございます。
 実際に利用される方は、たぐっちゃんさんのように地方の方が多いんですね。

――何より複数サークルさんの本が買えるので送料がとても助かります(笑)
新刊情報みて「あーこれも並んだか!」とか思うときもあるのですが。
注文後だと嬉しい悲鳴ですが(笑)

 

周防
 逐次入荷ですいません(笑)

――いえいえ、手に取る機会が得られるだけでうれしいです。

 

周防
 そう言っていただけると嬉しいです。
 それに、同人でTRPG作品を発表している方にとっても、多くの方に知ってもらって遊んでもらえることは何より大事なことだと思います。
 オンラインセッションもそうですが、Webを通じてTRPGの遊びやすさって格段に上がっています。

――たしかにサークルさんにとっても本をおいてもらえる場が増えると嬉しいですよね。
またあとで話聞かせていただくとは思うのですが、こかげ書店さんは広報も頑張ってくださっているから、サークルさんも心強いと思います。
動画などもありますし、TRPGの入り口は間違いなく増えていますよね。
受け入れ先としてオフでの活動も面白いものが増えてきていて、今年の夏は新紀元者さんのフェアとか面白かったです。

 

周防
 ええ、新紀元社さんのフェアは凄いと思いました。
 一般書店で、ああいう間口を広げる取り組みしてくれるのは嬉しいですよね。
 遊ぶ場という意味では、ネットのおかげで地域による格差はかなり減っている。
 後は実際の作品を手に取ったり、その作品の魅力(情報)を知ったりする機会があれば、同人TRPGももっと全国の皆さんが遊ぶジャンルになると期待しています。

 実際、面白い作品多いですからね

――ですよね。同人作品は実際に手に取ってから遊ぶ場をオンセに求めると遊ぶ機会格段に増えますよね。
ドラゴニアなどはデザイナーさんがオンセサイト作ってくれていたりします。

 

周防
 ええドラゴニアのように、そういう場所があるだけで「なら遊んでみようか」ってなりますよね

――ドラゴニアは大好きなのでこれからも応援したいなと、いろいろ企画妄想中です。
その際はここで買えますよ!と、こかげ書店さん案内しておきますね(笑)

 

周防
 ありがとうございます! そういうファンがいる作品は強いな、と思います。
 明確なファンとイコールではないんですが、最近完売になったハードな世界観+ロボット物のTRPG「ガラコと破界の塔」はファンの皆さんの反響で、購入希望される方がぐんぐん増えた作品だなと思います

――「ガラコと破界の塔」は、実際私もこかげ書店さんで購入させていただきました。

 

周防
 毎度ありがとうございます(笑) 
 「ガラコと破界の塔」については、再販はもちろん、今後の展開も準備中と伺っていますので、私としても楽しみな作品ですね

――公式サイトを用意してくださってシートもダウンロードできるようになり、「ガラコと破界の塔」は今後の展開楽しみです。
パーツなど増えると嬉しいですね。
noteで「ガラコと破界の塔」のモデリングされていた方もいたんですよ。

こういうTRPGの大きな流れに、こかげ書店さんもリンクされていていいなと思います。
本を買わせていただく側としては、決算方法にカード使えるのがありがたいです。
仕事柄ネットショップも手伝わせていただいているのですが、やはりカードは強いです。

 

周防
 クレジットカード購入は便利ですよね。
 ただ、実際の利用状況を言うと銀行振込を希望される方の方が多いんです。
 郵便振込を希望される声も頂いているので、近いうちにそちらに手を広げられればと思っています。

――おー決算方法増えるのは嬉しいですね。

 

周防
 一番ニーズがあるのはコンビニ支払いなんですけど、そこはこかげ書店がもう少し大きくなったら、ということで(笑)

――コンビニ払いは、決算サービスとの契約が難しいですからね(笑)
気長に待ちたいと思います(笑)
そういう要望は、どういう形で周防さんに届くのですか?

 

周防
 直接には、書店のお問い合わせフォームや、私がイベントに参加した時にご一緒した方などからですね。
 間接的には、twitterでのツイートからご要望がないか、チェックもしています

――twitterなどは予想していたのですが、イベントなどでの声掛けもあるんですね。
イベント用のこかげ書店さん名刺のようなものも用意されているですか?

 

周防
 名刺はまだ用意してないんですよ。年内には、と思っているんですが、現状の運営体制で立ち上がったのが5月。
 まだ半年経っていないこともあり、手が回っていないのが正直なところですなので、簡単なチラシを用意して、名刺代わりに配ったりしました。

――あーチラシはあるんですね。いいですね。
サイト見てもらえればちゃんとしたとこだと伝わるから、それも名刺代わりですね。
こかげ書店さんは、このサークルさんの本がもう並んでいる!と驚くことも多いです。
委託サークルさんはどのように増やされているのかなどお聞きしていいですか?

 

周防
 委託の依頼については、基本的には2通り。
 私からのイベントでの声掛けと、委託元さんから頂くお問い合わせです。

――声掛けと問い合わせは、割合でいうとどのくらいになるのでしょうか?

 

周防
 数がまだ多くないので大雑把ですが、6:4ぐらいで声掛けが多いです。

――おーイベントの参加大事ですね。
イベントの際はブースを結構回られるのですか?

 

周防
 イベントでの声掛けは、基本的にゲームマーケットやコミックマーケットのような即売会。
 個人的にも楽しみでブースを回っている中で、興味があったサークルさんには直接その場で委託を打診させていただきました。
 また、商品を買って帰って中身を読んでからメールなどでアプローチさせていただいたところもあります。

――あーちゃんと購入されて、これは!というのにお声かけされているんですね。
だから、ヒット率高いというか、素敵な作品が多いんですね。

 

周防
夏コミは午後から参加したので、20ブースぐらい。
本業が立て込んでおらず休めれば朝から行ったんですけどね。
売り切れたサークルも多く、悔しい思いをしました(しみじみ)

――仕事はもちろん大事ですが、午前で売りきれたもののなかに名作があったらと思うとですね(笑)
周防さんが発掘して下さらないと、自然私も手に取れないので(笑)
あとでTRPG歴などもお聞きできればと思っているのですが、こかげ書店さんのようにTRPG好きな方が運営してくださっているお店は、とても心強いです。

 

周防
 そこは大事なポイントで、好きでなければできない通販サイトだと思っています。

――買う方も委託するほうも運営さんのTRPG愛は、何よりの選択肢だと思います。

 

周防
 これはTRPGの特徴とも思うんですが、ぱっと読んだだけだと良さが分かりづらい。

――とくに同人は手に取る機会も少ないですからね。

 

周防
 発掘というとドキドキしますが、少なくとも私は「面白い」「これは他にない」と思った作品ばかりですね

――「これは他にない」という視点は、おもしろいですね。

 

周防
 同人TRPGの作品には、尖っているものが多いんですね。万人受けを求めるより「俺はこれが好きだ!」って情熱が先に行く。

――同人誌作られている方もTRPG愛ある方でしょうから、これが俺のTRPG!という気合感じる作品は多いですよね。
そういう作品大好きです。もちろん個人の好き嫌いもでてきやすいでしょうが(笑)

 

周防
 それって同人ならではの制作スタイルと思うんです。
 だからこそ独自性が高く、その作品でしか遊べない経験ができる。
 また、同人作品触れると、大手TRPG作品のGMをするときの幅も広がるんですよね。
 発想のきっかけや、マスタリングの幅を広げてくれる気がします。

――おー本当にそういうのいいですよね。
経験値増えそうです。
最近は同人レビューWIKIとかも作ってくださる方がいて、購入前の事前情報入りやすくなってはきていますが。

 

周防
 同人レビューWikiは私もちょくちょく見ています。商品探しにも......(笑)

これは私も本作ったら、WIKIに自分の作品を追加したりしないとですね(笑)

 

周防
 楽しみにしてます!

――でも照れずにこういう活動はしたほうがいいですよね。
同人誌作られたらサイトを作ろう!記事も拝見しましたが、知ってもらえれば遊びたいと思ってくださる方いると思います。
知られていないだけというのは、いちTRPGファンとしてもさびしいです。

 

周防
 同感です。同人誌を作るための労力って物凄いものですよね。
 それだけやって作品を完成させているんだから、てれずに胸を張ってあちこちでアピールしてもらいたいなって思います。

 何より私もその作品を知ることができますから(笑)

――知ったら遊びたいし欲しくなりますからね。ぜひ私の財布を軽くしてほしいです(笑)

 

周防
 あ、もう一つ。
 イベントとしてはコンベンションに参加した時も、参加した方に幅広く声を掛けています。
 「同人作品作っているなら委託を検討してみてください」と。

――あーコンベンションでも声かけられているんですね。
コンベンションの場にいるだけで、実際にTRPG遊ばれている方のお店だと思っていただけそうでいい感じですね。

 

周防
 先日は、いぬふくさん主催のネクロニカオンリーコンベンション「箱庭茶会」でNCをさせていただきました。
 その際にまず「こかげ書店」「TRPGeveryday」を知ってもらうとともに、委託の話にも触れました。

――なんという完璧な流れのプレゼンとクロージングまでの流れ(笑)
私がもし本作っていたら、その場で委託をお願いしてしまいそうです(笑)

 

周防
 実際、箱庭茶会では二次会でお二方ほど「冬コミに向けて本を作ってますよ」と声を掛けていただきました。
 箱庭茶会、セッションから二次会までとにかく大盛り上がりで、楽しかったです。
――ネクロニカはこかげ書店さんで扱われているから、みんなWINになれる良い展開ですね。

 

周防
 それで信頼してもらえれば嬉しいですね(笑) 
 まだまだ時間ができないのですが、ゆくゆくは地方コンベンションも回ってみたいなと思っているんです。
 やっぱりコミケなどに参加しづらい地方の方に知ってもらいたいですからね

――それは素晴らしいですね。
確かに地方のイベントが中心のサークルさんもいらっしゃると思います。
そういう方にサークルさん自身がこかげ書店さんに委託依頼についても説明させていただいていいですか。

サイトでの案内はこちらですよね。 

 

周防
 ありがとうございます。
 サイトでの委託案内ページはそちらのページになります。
 委託のお問い合わせでは、まず「どんな本か」を教えていただければ助かります。
 ご自身のサイトなどで紹介されていれば一番話が早いですね。
 そちらのURLを教えていただければ拝見させていただきます。

――あーこういうときもサイトがあるとやはりいい感じなのですね。
いまは簡単にサイトなど作れるから、ぜひサークルさんには挑戦してほしいですね。

 

周防
 同人サークルのサイト制作については、同じくTRPGeveryday運営の青りんごが記事を書いてますが、すごく重要です

――サークル名や本の名前で検索ででてくるサイトは何よりの応援ですよね。
この記事は購入させていただいているファンサイドの私としても、大歓迎な内容でした。
本を作っている段階で、テキストも画像もあるはずだから、サイト作るのも少しは楽でしょうしね。

 

周防
 もちろんサイトがない場合もありますので、表紙や紙面が分かる画像と、本の概要を伺っています。

――あーこういうところでも判断していただけるんですね。それは心強い。

 

周防
 また、私から委託契約の内容について返信させていただくので、両方で平行して委託を検討する形になります。

――こかげ書店さんからの条件も案内されて、納得された方が委託してくださっている感じなのですね。
自分の本のこと知ってもらう機会や、実際に購入していただく機会を増やすためにも、まずは問合せしてもらえるといいですね。

 

周防
 当然ですが、お金が掛かることなので、そこはしっかり納得の上で進めています。
 お互いに委託に否がなければ契約書データを送りまして、実際に契約を取り交わすという流れになります。

――そこらへんは大事ですよね。

 

周防
 ええ、私としても情報通というわけでなく、友人から教わったり、ネットを見ていて気づいたり、という一般的な情報収集が、作品探しの主な手段です。
 是非、お声がけいただければ幸いです。

――自分の本のこと知ってもらう機会が増えるという部分で、こかげ書店さんには「TRPGeveryday」もあるという部分が強いと思うのですが、TRPGeverydayのお話も聞かせていただいていいでしょうか?

 

周防
 喜んで!

――TRPGeverydayの読み応えのある記事も毎回楽しみにしています。
青りんごさんと共同執筆ということもあり、話題も豊富で毎回更新が楽しみなのですが、周防さんのインタビュー記事も毎回楽しく拝見しています。

 

周防
 ありがとうございます。
 「TRPGeveryday」はもともと「こかげ書店」のみの情報サイトとして立ち上げたものです。
 しかし、私一人では記事の発信件数も限られますし、書店だけですと見に来てくれる方もどうしても少なくなります。
 そこで、もともとTRPGのツールや最新情報を発信していた青りんごと連携して、TRPGの幅広い情報を扱うサイトとして、今の「TRPGeveryday」を立ち上げたのが6月頃です。

――レビューだけではどうしてもですね。
もちろんレビュー記事は、購入の際ととても参考になるのですが、更新頻度はどうしても低めになりますよね。

 

周防
 いや、そこはお恥ずかしい。
 本当はもっとレビュー記事を増やしたいんですが、現状は本業や他の記事企画のため、スパンが開きがちになっています。
 もちろん今後も継続的に書いていきますので、ご期待いただければと思います

――お二人それぞれの視点、得意分野で記事を書かれていていいなと思います。

 

周防
 以前、青りんごがインタビューしていただいた際にも回答していましたが、個性の違いが強みになっていると思います。
 青りんごは瞬発性に優れた速報記事を書くのが得意で、一方で私は取材などを経た長めの記事が好きです。

――そういうのは記事からも感じられて、どちらの記事も楽しく拝見しています。
最近だとJGCのグループSNEさんのレポート記事などは、グループSNEさんのFacebookページほうに逆輸入的に紹介されていましたよね(笑)
すごい!と思いました。

 

周防
 JGC記事は、実際に私がJGCのトークショーで耳にしたものを記事にしたものです。
 SNEの方にご確認いただいただけでなく、facebookなどで取り上げていただいたのは本当に嬉しかったですね。
 安田均先生からコメントを頂けたのも「いいんですか!?」って驚いたもんです(笑)

――安田先生のコメントは記事拝見していて、これは凄いな!と思いました。
「TRPGeverydayの周防です。」とかお声かけされたですか?

 

周防
 そんな偉そうなことは言えないです(笑)
 JGCではご多忙中ですし、簡単にご挨拶させていただきました。
 コメント自体は、JGC後に記事の確認をお願いしたところ、幸いにもコメントを頂けたという次第で、SNEさんのご厚意によるものですね。

――いまこちらはチャットでインタビューさせていただいているのですが、他の記事などは、実際にお会いしてインタビューされているのですか?
パラノイアの記事など早くてびっくりしたのですが(笑)

 

周防
 パラノイアはメールでの取材です。
 パラノイアの先行予約が、締め切り4日前ほどで700弱というツイートを拝見して、「もっと増えてもおかしくないのに」と不思議に思ったのが取材のきっかけでした。
 出版されるニューゲームズオーダーさんとは一切面識がなかったのですが、思い切ってメールで取材を申し込んだんです。

――おーその行動があの記事を!いいですね。

 

周防
 潜在的な購入希望者は多いものの、「そもそも知らない」「買うのを躊躇する理由がある」ことで先行予約が伸び悩んでいるのでは、と思っての取材だったため、質問項目は少々失礼な内容もあったんですが、先方にはご快諾いただきまして、翌日の深夜に回答メールを頂いたんです。

――おー返信もはやかったんですね。どちらもすばらしい。

 

周防
 サイトとして企業に対応していただくのは初めてでしたし、気合が入りましたね。
 一日でも早くアップした方が良いと考え、徹夜で記事を書き上げました。
 そもそも駆け込みで注文するつもりの方が多かったんだと思いますが、その後、先行予約が順調に増えたので「記事書いて良かったな」と思ったもんです(笑)

――そうかメールでしたか、じゃないとあのタイミングはですね。夜押しかけるしか(笑)

 

周防
 ですね、流石に夜押しかけるのは申し訳ない(笑)
 お恥ずかしながら、ニューゲームズオーダーさんを存じ上げなかったのに、快く、しかも迅速に対応していただいて「すごい会社だな」と嬉しい驚きがありましたね。
その後、出されてる作品を見て「あ、これも遊んだことある。あれも」ともう一つ驚かされました(笑)

――ますますファンになるというやつですね(笑)

 

周防
 その通りですね(笑)<ますます

――同時期に実際の予約方法記事も投稿されていて、何だこのナイスすぎるコンビネーションと思いました(笑)

 

周防
 青りんごの記事とのコンビネーションも意識しているところです。
 とはいえ、あくまで記事はそれぞれ書いてるので、感想・意見が一致しないこともしばしば。
 だからこそ両方読むことで、別々の視点からの理解が進むこともあるんじゃないかと考えています。

――私の印象に残っているものとしては、TRPGサークル「九頭竜堂」さんインタビューさんの記事も興味深かったです。
いろいろな試みを丁寧な文章や画像使用されて紹介してくださっていてすごく好きな記事です。

 

周防
 九頭竜堂さんは情熱的なんですよね。
 夏コミ新刊のプレゼントツイートを見たのがきっかけで「面白いな」って思って。

――記事中でも取材のきっかけとして案内されていましたね。

 

周防
 で、可能なら夏コミで取材をお願いしようと伺ったところ、快く話してくれたのがあの記事です。
 ちなみに私が伺った時には完売してました。さすが

――さすがすぎる!
その結果もすごいですが、それに至る経緯も記事で紹介してくださっているわけですが、ネットのバイラルとか感じてまたいいんですよね。
九頭竜堂さん「一体感」という言葉使われていましたが、こちらの記事含めて、まさにそうだなと感じます。
私たまにいうのですが、ネットでいい人は多分実際に会ってもいい人。さぁコミケにいこう!みたいな(笑)

 

周防
 九頭竜堂さんが主に扱っているTRPG「クトゥルフの呼び声」もそうですが、ネットのバイラルながり方は予想外のものがありますね。
ニコニコ動画でTRPGが流行るなんて、まるで想像できなかった。

――ですね。まさに入り口が増えましたよね。
私も先日ニコニコでTRPG知ったという世代の方とオフで遊びました。ちょっとうれしかったです(笑)

 

周防
 いいですね。感覚とかに違いってありました?

――最初は戸惑われていた感じありましたが、とてもいいPLさんでした。
何TRPGを知ってはいたけど、実際に遊べていない方だったので、実際に遊べた喜びが伝わってきた感じでした。
TRPGを知ってはいるけど、まだ遊べていない人の受け入れは、TRPGの永遠のテーマではありますよね。

 

周防
 なるほど、いいですね。
 私は先日にコンベンションでご一緒したのが、オンセは週4回とか遊んでるんだけど、オフセは初めてという方で。

――あーそういう方もいますよね。
最近鹿児島にはひょうたん書店さんという本屋さんがプレイスペース開設してくださって、オフセも遊ぶ場や機会があれば人は動いてくれるんだなと再確認中です。

 

周防
 たぐっちゃんさんの記事で見ました。
 居心地良さそうだなって思いましたよ。本屋さんが本腰を入れて準備してくれたのがよく分かる。
 TRPGは敷居の高さがよく話題にされますが、動けば遊べる場やきっかけがあちこちにあるんですよね。
 やっぱり色んな人と遊んでみたいし、うちのサイトも頑張らねば。

――ひょうたん書店さん本当に熱い本屋さんで、深夜アニメのスポンサーになったり本当にすごいんです(笑)
鹿児島に深夜アニメ文化を持ってきた本屋さん(笑)
お客さんの「TRPG遊べていない」という声も、フリースペースのきっかけのひとつと話されていました。

 

周防
 深夜アニメのスポンサーまで? 
 すさまじく行動的な本屋さんなんですね。可能性って色々あるんだなぁ

――TRPGの同人誌を買いたい人が見つけられる、サークルさんは自分の本を知ってもらう機会が増える場として、こかげ書店さんこれからも存在していただけるとありがたいなと思います。
自己紹介で本職は別という事をお聞きして、あらためて仕事以外の貴重な時間を割いて運営してくださっていているんだなと、本当にありがたいなと思いました。

 

周防
 おかげさまで徐々にご購入いただく方も増えています。細く長くで頑張ります(笑)

――ラインナップが増えると売り上げも上がってくるタイプのショップだと思うので、長くはぜひ!
先日注文した際も、対応も発送も早くて嬉しかったです。
そういう発想作業もお一人でされているんですよね?

 

周防
 注文・問い合わせの対応は私が、発送は別の人間が担当しています。

――あーそうだったんですね。
発送担当の方にもちゃんと感謝しないと(笑)ありがとうございます!

 

周防
 伝えておきます(笑) だから発送メールより発送の方が一日早いということもあります。
 この辺り、もう少しシステム化して迅速に連絡する体制を作るのは課題ですね

――これだけ熱い思いでこかげ書店さんを運営してくださっている周防さんのTRPG歴もお聞きしてもいいですか?
TRPGの出会いはどういう感じだったですか?

 

周防
 ドラマチックなものはないですよ(笑) 
 中学の頃に、友人が「TRPG知ってる? 一緒に遊ばないか」って声をかけてきてくれたのが、TRPGとの出会いになります。

――友人さんありがとう。そのおかげで私はいま同人誌が読めています(笑)

 

周防
 (笑)

――私誘う側でした。初めてのシステムは何だったですか?

 

周防
 当時、ロードス島戦記やスレイヤーズは読んでいましたが、TRPGはほとんど知りませんでした。
 ドラクエやFFと違う、自分たちで作るRPGというところに惹かれて、最初に遊んだのがロードス島戦記でした。

――大きなサイズのやつですか?コンパニオン?

 

周防
 コンパニオンシリーズ、大きなサイズのやつです。
 中学生では手が届かず、当時はあこがれの品にでした(笑)

――たしかに!私はロードス島戦記のリプレイ巻末のサマリーで遊んでいた時代がありました(笑)
中学生はコンパニオン憧れですね(笑)

 

周防
 その後も、主に遊んだのはグループSNEさんの作品ですね。
 ソード・ワールドRPG、クリスタニア、GURPSルナルや妖魔夜行と、学生仲間と遊んできました

――おー本当に王道時代ですね。私もそういう流れでした。
TRPG関連雑誌も数種でていたころですよね。

 

周防
 ドラゴンマガジンでも掲載が多かったですし、ルナルといえばコンプRPGですよね(笑)

――ですね。
最初のルナルのイラストレーターは、エヴァンゲリオンのキャラクターデザインをされている貞本さんでした。いまでも大事にとっています(笑)

 

周防
 貴重だ(笑)

――カラーは画集に収録されているのですが、モノクロの挿絵が貴重すぎる(笑)
あれだけのTRPG雑誌などが出版されていて時代があったから、そのあとを冬の時代とか言われてしまうのは仕方ないところありますよね。
私もモンコレとかしていた時代ありました(笑)いま思うと浮気気分(笑)

 

周防
 ギャップは感じるところでしたね。
 私も冬の時代ではないですが、大学に入って学生仲間とは時間が合わなくなりまして、TRPGが遊びにくくなる時代に入りました(笑)

――同じく大学と新社会人時代は遊べていませんでした。ルルブやリプレイなどは買っていたのですが。

 

周防
 やっぱり、環境が大きく変わると難しいですよね。私も本だけは買ってました

――TRPGはそういうところありますよね。新社会人時代は夜のオンセも無理だったからな...

 

周防
 ただ、大学も後半に入ってオンラインセッションという存在を知りました。
 そこでプレイサイトを色々と回って、ちょうど居心地の良い場所を見つけられたこともあり、以後10年弱はそこが主戦場でした

――いいですね。すばらしい!色々回るって大事ですよね。
オンセが自分にとってあわないんじゃなくて、オンセサークルさんあわないパターンも多いと思うので、いろいろ見学は私もいいと思います。

 

周防
 システムはソード・ワールドですね。
 ダイスを触れるだけの、シンプルなテキストチャットでしたが、楽しかった

――レーティングは振れたのですか?IRC?

 

周防
 ircではなくブラウザですね。
 レーティングは自分で参照。すごくシンプル(笑)

――おー(笑)なんかパソコンのまえでレーティングみている姿浮かんでいいですね!

 

周防
 オンセでは、複数卓の同時進行やキャンペーンも遊びやすく、自分なりにGMで工夫できるのが楽しくて。
 先に上げたオンセの人同様、週に3,4回遊んでましたよ(笑)それだけ遊べたのは学生の時ですが

――おー充実したオンセライフ。GMされることが多かったですか?

 

周防
 偉そうな表現ですが、シナリオを練ってからGMすることが多かったので、PLほど頻繁ではなかったです。
 PL:GMなら5:1ぐらいでしょうか

――GMさんはたしかに準備が多いですからね。GM読本読んでもあらためてそう思いました。
GMされる際は、きっちりシナリオ準備される感じのGMさんなんですね。セッションに参加させていただいたら、とても楽しそうです。

 

周防
 フルアドリブも楽しいんですけどね(笑)

――ですね。TRPGは本当に多様な楽しみ方がありますよね。

 

周防
 よければ、ぜひ一緒に卓を囲みましょう。鹿児島遠征も一度はしたいところですし(笑)

――おーぜひよろしくお願いします。

 

周防
 で、その後、本業が忙しくなりましてまたTRPGから2,3年遠ざかっていたところ、こかげ書店の立ち上げメンバーに誘われて、TRPGイベントやらに参加するようになり、気づけばこかげ書店を引き受けて、情報サイトまで立ち上げて今に至ります。

――そういえばTRPG歴はもちろんですが、こかげ書店さんを運営されているわけですが、周防さんは同人歴などはどのような感じなのでしょうか?
ご自身で本など作られたことあるのかな?とか気になりました。

 

周防
 そこは大きな声では言えないところですね(笑) 
 実は、私は一切同人誌を出した経験はありません。

――そうなのですか!以外です。

 

周防
 ただ、本業の方で編集・記者をしていまして、本や小冊子、パンフレットなどの企画から編集、執筆、入稿、納品までの流れはひと通り経験しています。
 というか毎日の仕事なんですね(笑)

――あーそういうことなのですね。
どこで得られた知識や、同人誌への熱い思いなんだろうと、一瞬思ってしまいました。
同人誌は買ったり、読んだりはされていたですか?

 

周防
 同人誌は買ったり、読んだりしています。コミケ行ったのもTRPG仲間に誘われて中学の頃でしたから......長い付き合いですね

――人からの声掛けで変わること多いですよね。人生面白いですね。

 

周防
 月並みですが、今の自分には、縁を強く感じています。
 これまでの様々な経験や人付き合いが結びついて、今のサイト運営を形にしてくれている。何が助けになるか、何が形になるか、本当わからないもんだな、と

――今回いろいろ話聞かせていただいて、さらにこかげ書店さんのファンになりました。
最後に告知や今後の予定などありましたら、案内していただいてよろしいでしょうか。

 

周防
 「TRPGeveryday」では近日に取材記事が2本上がる予定です。
 一つは今、名前を絶賛募集中のマスコットキャラクターを描いてくださった風知草さんのインタビュー。
 マスコットキャラクター以外の絵もお預かりしているので是非見ていただければと思います。
 もう一つはとアニメDVD・BDの特典として企画された一風変わったTRPGシステムの作者・デザイナーさんへの直接取材。
 「精霊使いの......」と言えば、ファンの方はお分かりになるのではないでしょうか。
 ※こちらの記事公開されていますので、紹介させていただきます。  アニメDVDにTRPGがついてくるラノベ原作「精霊使いの剣舞」RPG  当サイトのマスコットキャラクター制作者さんにインタビュー!

――なにそれ楽しみすぎます!
名前は私も投稿させていただいて、ソウルネームとして心の中で、投稿させていただいた名前でもう呼んでいます(笑)
特典企画の方もすごいですね!楽しみすぎる記事ですね。

 

周防
 ありがとうございます。特典企画の取材記事は自信ありますよ!(笑)
 また、「こかげ書店」についても新たな委託に向けて数件相談をいただいています。
 利用者も月を追うごとに増えておりまして、おかげさまで順調です。
 両サイトを軸に、今後もっともっと皆さんにご満足いただけるようにサイトを充実させていきますので、今後ともよろしくお願いします!

――おーこかげ書店さんの利用者としても、いちファンとしてもこれからの展開楽しみです。
今日はいろいろお話いただきありがとうございました!

 

周防
 こちらこそありがとうございました。

5.今後の配信予定や告知

今回もWEBTRPGマガジンをご覧頂きありがとうございます!
WEBTRPGマガジンでは、月数回水曜日の夕方にTRPG関連の情報案内していければと思っています。
TRPG関連のオススメ情報など、コメントやリプライいただけるとありがたいです!

TRPG関係の同人誌が買えるショップは、私のような地方在住の人にはとてもありがたい存在です。
委託してくれるサークルさんも、どんどん増えてくださると幸せです。

今後もTRPG関連の楽しい話題など紹介していければと思います。
今後ともよろしくお願いします。

6.WEBTRPGマガジンへの、TRPGユーザーさんの募集や告知、情報の投稿方法についての御案内

WEBTRPGマガジンでは、TRPGユーザーさんからの募集や告知の情報の投稿を受け付けております。

投稿方法は大きく3つです。

いずれの方法も、詳細な情報がわかるサイトやブログなどの記事のURLを案内していただくのが、いいかと思います。
TRPG好きな私が運営しているので、TRPGに批判的な情報などの案内は、私の運営主旨ともユーザーさんの層ともあわないので、案内をお断りさせていただくこともあります。ご了承ください。

2014年9月24日 21:00

WEB TRPGマガジン記事の一覧はこちらをご確認ください。