トップWEB TRPGマガジンWEB TRPGマガジン ≫ 「オンラインセッションのコツ!」-WEB TRPGマガジン2013年3月27日号

「オンラインセッションのコツ!」-WEB TRPGマガジン2013年3月27日号

オンラインセッションのコツ!

「TRPGの始め方 オンラインセッション編」たくさんの方に記事閲覧していただきました。
リツイートしてくださった方、ご覧になってくださった方ありがとうございます!
今回もTRPG放送局の過去配信から「オンラインセッションのコツ!」特集回を案内させていただきます。
4月はオンセデビューされる方も多い月です。サークルさんも新人さん歓迎ムードのところが多いと思うのでぜひ顔出してみてください。

今回の話題

1.TRPG関連ニュース

TRPG関連の気になる話題紹介させていただきます。

・中村隆之さんの「ゲームデザイン手段目的分析シート」および「分析シート単独利用時の手順マニュアル」がすごい!
・PAX EAST 2013『ダンジョンズ&ドラゴンズ クロニクルズオブミスタラ』案内記事紹介
・芸能人8人が人狼ゲームに参加する「人狼~嘘つきは誰だ?~」
・這いよれ!ニャル子さんW』新OPが聴ける第2弾PV公開!
・『D&D エンカウンターズ 混沌教団を討て!』はテーブルゲームチャンネルさんで配信されています。 

2.TRPGオフセサークル、オンセサークル、コンベンション、TRPG関連サイトリンクまとめ

#TRPGlink のハッシュタグをつけて、つぶやいていただいた、TRPGサークル情報やTRPGサイト情報のリンクをまとめさせていただきました。
4月は、TRPGブロマガや、TRPG放送局でサークルさん特集回も出来ればと思っているので、ぜひつぶやいてください。

3.オンラインセッションのコツ!編

先週の「TRPGの始め方 オンラインセッション編」たくさんの方に記事閲覧していただきました。
リツイートしてくださった方、ご覧になってくださった方ありがとうございます!
今回もTRPG放送局の過去配信から「オンラインセッションのコツ!」特集回を案内させていただきます。
4月はオンセデビューされる方も多い月です。サークルさんも新人さん歓迎ムードのところが多いと思うのでぜひ顔出してみてください。

4.今後の配信予定や告知


1.TRPG関連ニュース

TRPG関連の気になる話題紹介させていただきます。


中村隆之さんの「ゲームデザイン手段目的分析シート」および「分析シート単独利用時の手順マニュアル」がすごい!

中村隆之さんの「ゲームデザイン手段目的分析シート」および「分析シート単独利用時の手順マニュアル」がすごい!

「ことばのパズル もじぴったん」シリーズプロデューサー中村隆之さんがサイトで公開されている資料です。

シート原紙と記入済みのサンプルシート、マニュアルのセットです。

Ludix Lab主催の東京大学にて開催された「デジタルゲームの面白さ分析ワークショップ」や、日本デジタルゲーム学会(DiGRA-J) 2012年次大会(九州大学)でも使用された資料ということで、ゲームデザインに興味のある方必見です!


PAX EAST 2013『ダンジョンズ&ドラゴンズ クロニクルズオブミスタラ』案内記事紹介

PAX EAST 2013『ダンジョンズ&ドラゴンズ クロニクルズオブミスタラ』案内記事。

オンライン4人協力プレイ楽しそうですね!!

懐かしいですよね。セービングスローでレバーガチャガチャしていた記憶があります。


芸能人8人が人狼ゲームに参加する「人狼~嘘つきは誰だ?~」

芸能人8人が人狼ゲームに参加する「人狼~嘘つきは誰だ?~」が放送されるそうです! 

放送は27日24時45分から1時間。
TVで人狼すごく楽しそうです。


這いよれ!ニャル子さんW』新OPが聴ける第2弾PV公開!

SAN値が下がりそうな『這いよれ!ニャル子さんW』新OPが聴ける第2弾PV公開! 

みたあとも脳内で「SAN値!ピンチ!」が鳴りやまなくなる可能性があるので、そこらへんは自己責任でご視聴くださいw

タグの「ラヴクラフト最大の誤算」が良い感じですね。
またクトゥルフのルルブいっぱい売れるのかな。
むしろ「這いよれ!ニャル子さんTRPG」がでるかもですねw


『D&D エンカウンターズ 混沌教団を討て!』はテーブルゲームチャンネルさんで配信されています。 

『D&D エンカウンターズ 混沌教団を討て!』はテーブルゲームチャンネルさんで配信されています。

過去動画も全部アップされています。


2.TRPGオフセサークル、オンセサークル、コンベンション、TRPG関連サイトリンクまとめ

#TRPGlink のハッシュタグをつけて、つぶやいていただいた、TRPGサークル情報やTRPGサイト情報のリンクをまとめてあります。

つぶやきに関するより詳しい情報はこちらをご覧ください。

Twitterのアカウントの無い方は、リンク先記事にコメントくだされば、代理投稿させていただき、その情報をまとめさせていただきます。

私の関連サイトのアクセス解析をみていると、オーガニック検索のキーワードなど「TRPG 入門」などのキーワードで訪れる方が増えています。

引越し先でサークルさんを探したり、TRPGデビューを目的に情報収集されている方がいらっしゃるようです。

将来一緒にTRPGを遊んでくれる方にも良い情報届けられればと思います。

4月は、TRPGブロマガや、TRPG放送局でサークルさん特集回も出来ればと思っているので、ぜひつぶやいてください。


3.オンラインセッションのコツ! 

先週の「TRPGの始め方 オンラインセッション編」たくさんの方に記事閲覧していただきました。
リツイートしてくださった方、ご覧になってくださった方ありがとうございます!
今回もTRPG放送局の過去配信から「オンラインセッションのコツ!」特集回を案内させていただきます。
4月はオンセデビューされる方も多い月です。サークルさんも新人さん歓迎ムードのところが多いと思うのでぜひ顔出してみてください。

今年こそオンラインセッションデビュー2012!

特集「オンラインセッションのコツ!?」

「オンラインセッションのコツ!?」特集について

もともとRole&Roll Vol.87で「TRPGのコツ!?2」という特集があるということで、オンセのコツを紹介できればと思ったのですが、Role&Roll Vol.87のほうに、どどんとふの作者の竹流さんのどどんとふ紹介記事が掲載されたりと、オンセのコツも紹介させられているようで、あれ?企画ミス?と いう気配も配信前はあったのですが、配信中にいろいろあらたなコツの情報いただいたりと、とても楽しい配信になりました。

今回案内させていただいたノウハウなどに関しては、TRPG関係の知り合いさんにいろいろ教えていただいたものなど紹介させていただきました。
アーカイブページを作るに当たり、配信時ソーシャルストリームでいただいたアイデアなども整理させていただきました。

オンセサークル参加のコツ

自分でGMするにせよ、PLとして参加するにせよ。一緒にオンラインセッションを遊ぶメンバーと出会うために、遊ぶノウハウを学ぶためにもオンセサークルへの参加はオススメです。

  • 「遊びたいシステム名 オンラインセッション」というキーワードで検索する
    検索エンジンを利用してのサークル検索はやはり便利です。上位に表示されているサークルさんほど更新がまめだったり、
  • TRPGSNSやmixiなどでサークルコミュ探す

オンセサークルのコツ

オンセサークルのコツは、オンセサークルを運営していくコツと、オンセサークルを知ってもらうコツの二つに大きく分けてコツ考えていければと思います。

■オンセサークルを運営していくコツ

  • どんなサークルにしてみたいか考える
    まずは「どんなサークルにしたいか」を、まず考えてみるのがいいと思います。
    それによって、遊ぶためのルールやレギュレーションの整備と、一緒に遊ぶための環境を用意すること、一緒に遊ぶ人への心配りや、そのためにサークル主催としてやらないといけないことなどいろいろ決めやすくなると思います。
    オフのサークルメンバーさんでオンセを遊ぶという理由でサークルを作るなら、新規メンバーさん向けのコンテンツなどは必要ないなど、作業量を減らすこともできるかと思います。
  • サイトに必要なコンテンツを考える
    まずはどういう風に遊ぶかのレギュレーションなどの案内ページ、また情報交換やセッション募集などを確認する掲示板、交流のためのチャットなどもあると良い感じです。
  • 新人さん歓迎
    オンセサークルにとって新人さんの確保はとくに重要です。
    希望者さん向けの問い合わせフォーム、雑談チャットでの対応など地道な作業もでてきます。
    雑談チャットでの対応は、既存のメンバーさんの協力も不可欠なのでサークル全体としての方針を、きちんとメンバーさんに浸透させておく必要があります。
    特定のシステムを遊んでいるサークルじゃない場合は、新人さんと気軽に遊べるオリジナルシステム公開したり、ネット上に公開されているルルブなどで遊ぶのも楽しいかと思います。
    新人さん歓迎セッション用のシナリオを、サークルでストックしておくのも有効な手段かもしれません。

■オンセサークルを知ってもらうコツ

オンセサークルを知ってもらうために、まずはサークルサイトを作ることからはじめるのが良いと思います。

  • サークル名にはシステム名を入れてみる
    サークル名自体もこれから決めることが可能ならメインで遊ぶシステム名などを入れるのも有効です。
    「システム名 オンセ」などでサイトが見つけてもらいやすくなると、メンバーさん集めなど楽になるかと思います。
  • RSSやPING送信の使えるブログサービスで作るのも良い感じです。
    サイトを作る際は、RSSやPING送信などサイトの更新情報を伝える機能があるブログサービスを利用し運営するのもオススメです。
    RSSが利用できるとリピーターの方などに更新情報など伝えたり、TRPGSearchさんのようなサイトとの連動も便利です。
    ブログサービスはいろいろありますが、カスタマイズがやりやすく、複数人で更新できるシーサーブログなど良い感じだと思います。
    ブログを使ったサイト運営については、いつか解説記事なども書いてみるつもりなので、そのときはこちらの配信でも紹介させていただきます。
  • TRPGポータルサイトや、ツイッターやソーシャルサービスのプロフィールなどからのリンク
    TRPGポータルサイトに登録したり、ツイッターやソーシャルサービスのプロフィールなどからのリンクするのも良い感じです。
    どんな人が運営しているのかなどの情報を伝えることにもなるのでソーシャルサービスの活用は良い感じだと思います。
  • サイトを見に来てくれた人を離脱させないコンテンツを用意しよう
    一生懸命アクセス数など増やしても、一緒にオンセを遊びたくなるようなコンテンツや情報を用意しないと、結果につながりません。
    レギュレーションなどの案内ページ、また情報交換やセッション募集などを確認する掲示板、交流のためのチャットなど用意すると良いかと思います。

オンセプレイングのコツ

  • タイピングのコツ
    文字チャットなどでオンセを遊ぶ場合、オンセ3倍則という言葉もあるのですが、オフで遊ぶよりは時間がかかる場合が多いです。
    タイピングなどは人によってスピードはそれぞれだと思いますが、入力補助ツールを活用すると、より快適にセッションすることができるかと思います。
    オンセに関してはチャットでの発言が他の人のセリフなどと前後する場合もありますが、そこらへんは気にせず積極的に発言するほうがいいです。
    反応がないのは困るのでGMの発言などには、相槌するなどの反応をかえすのも良い感じです。
    入力補助ツールに関しては紹介動画を作ったのでこちらをご覧ください。
    くるみさんのキャラシートに、どどんとふのチャットパレット自動作成機能もつきました。
    能力値などの変数を自動で登録してくれます。便利なのでご活用ください。
  • 裏部屋でのPLとしての相談
    IRCの場合では、プレイ部屋などとは別に雑談用のチャンネルを用意したり、どどんとふなら雑談タブを利用して、PLとしてGMさんとロールのプランなどを相談するのもいいかもしれません。
    GMとしても裏で相談してくれると、どういう情報が伝わっててどういう情報が伝わってないのかわかるのも嬉しいという意見もいただきました。
  • 体調を整えて参加。
    オンセはパソコンに向かって遊ぶわけですが、パソコンの向こうには一緒にTRPGを遊んでくれている人がいます。セッション当日は体調を整え、寝不足などで寝オチなどしないようにしましょう。
    体調など悪いときはその旨を伝えて延期してもらうのも手だと思います。パソコンの向こうの様子を察するのは難しいものがあるので、発言がない場合など一緒に遊んでいる人も不安になるので、我慢せず申告するのが良いかと思います。
  • セッション中は集中してプレイ
    裏で別作業はしないというのも大事です。シーン制のシステムなど自分の番ではない場合も、自分のPC名などキーワード登録してサウンドがなるようにしておくなどの対処はしておきましょう。

オンセマスタリングのコツ

  • シナリオについて
    シナリオについては、あまり複雑なものは作らない。また募集時の情報開示によるコンセンサスなども重要です。
    オンセはとにかく、テキストを入力中なのか、悩んで発言できないでいるのか、寝オチしてしまっているのかなど、を確認する手段がオフで遊ぶ場合と比べて少ないので、プレイングのコツでも話題に上げましたが、雑談部屋などでの相談するなどしてセッションを円滑に進めるのが良いかと思います。
  • オンセ3倍則対策
    シナリオをどこまで準備するかはGMさん次第だとは思いますが、シーンのシチュエーションの描写などは、あらかじめ用意しておきコピペして使用するのは有効な手段だと思います。
    また募集時に利用した掲示板などで、キャラメイクの相談などのプリプレイ、場合によっては導入など済ましておくのも良い感じだと思います。
    システム次第ですが、PC人数も4人以下のほうが遊びやすいようです。
    どどんとふで遊ぶ場合は、情景描写はテキストも含めてカットインという方法も良いのではないかという意見もいただきました。

オンセツールのコツ

  • どどんとふのコツ
    どどんとふとはTRPGをオンラインで遊ぶための機能が一通りそろったWEBツールです。
    公式サイト(ど@えむ)には公開用のサーバがあり、そこで誰でもセッションを行うことが出来ます。
    また公式サイトから「どどんとふ」本体をダウンロードし、各自がどどんとふサーバを設置することも可能です。
    どどんとふに関しては、開発者の竹流さんが解説書を作られているのでそちらをご覧ください。
    高機能な分初めて使うときは戸惑うこともあったり、ある程度のパソコンスペックが必要だったりもしますが、今後こちらの配信や関連サイトの記事で紹介、希望者さん向けのどどんとふ体験会など、どどんとふに関するレクチャー企画を進めていければと思っております。
    詳細が決まり次第ご案内させていただきます。
  • スカイプのコツ
    スカイプを使ったボイスオンセは、とても快適ですが、似た声質の方がいるとどの方の発言か分からなくなるときなどがあります。
    これに関しては、PCセリフの語尾と一人称に差異をつけたり、聞き取りにくかった場合はきちんと聞きなおすといったことが有効かとおもいます。
    実際のセッションを文字チャットで行い、相談をスカイプでやるといった環境が、私が過去に遊んだ経験で言うとかなり良い感じでした。
    文字チャなので異性ロールもやりやすかったり、リプレイやプレイレポート書く際も文字起こしの手間が省ける。
    相談はスカイプなのでスムーズに進みます。

4.今後の企画予定や告知

今回も「TRPGブロマガ TRPG関連情報をブログ、メルマガで発信中!」ご覧頂きありがとうございます!
TRPGブロマガでは、月数回水曜日の夕方にTRPG関連の情報案内していければと思っています。
ブロマガはニコニコのサービスなので、TRPG関連のオススメ動画や生放送情報など、コメントいただけるとありがたいです!

今後もTRPG関連の楽しい話題など紹介していければと思います。
せっかくブロマガもしているので、ニュース回などはニコ生と同時配信などにもいつか挑戦してみたいです。
今後ともよろしくお願いします。

2013年3月27日 01:34

WEB TRPGマガジン記事の一覧はこちらをご確認ください。