トップ≫ TRPGオススメ情報

2014年8月7日ドラゴンレイド特設ページで第3回公開されました。

ロングバージョンのPVが公開されました。

2014年8月16日に放送されるニコニコ生放送の案内もありました。

グループSNEの、北沢慶先生、大井雄紀先生、 ベーテ・有理・黒崎先生が出演される豪華な生放送です。

富士見書房公式 TRPG ONLINEさんで先日連載が始まった「艦これRPGぼっちリプレイ 空はこんなに青いのに」が、TRPG ONLINE始動以来、最高のアクセス数を記録したそうです!

漫画家の幸宮チノ先生とデザイナーの河嶋先生との1対1セッションリプレイです。
第1回が公開されたのですが、ボリューム満点で読み応えのある連載です。

艦これはアニメ化も決まって、これからの展開がさらに楽しみですね。

「艦これRPGぼっちリプレイ 空はこんなに青いのに」は、実際のセッションの様子や楽しさの伝わる文章や、4コマも面白く、記事自体ももちろん素晴らしいのですが、私が興味を持ったのは、GMとPCの1対1でのセッションです。

TRPGを実際に遊べない、昔遊んでいたのにいまは遊べていないという方が問題として挙げられるのが「時間」「人」「場所」などの問題です。
これらの問題を少しクリアにしてくれる1対1セッションにとても可能性を感じました!

ひょうたん書店さんは、2016年2月14日閉店されました。お世話になりました!

ひょうたん書店さんフリースペース紹介

鹿児島の聖地ひょうたん書店さんに、フリースペースができました。ドリンクバーサービス付きで、最新の漫画雑誌や読めたり、懐かしいテーブル筐体ゲームが自由にプレイで来たりと、とても魅力的な場所なのですが、私たちTRPG好きにとっての何よりの朗報は、持ち込んだTRPGやボードゲームもプレイ可能だということです!

さっそくこちらを利用したソロコンベンションなどを企画してくださっている方もいたりして、これからの展開が楽しみです。
私自身も利用できればと思い、チラシなど頂きにひょうたん書店さんに行ったところ、チラシだけでなく担当の方にいろいろお話聞かせていただいたり、室内写真まで撮らせていただいたので、紹介させていただきます。

対応してくださったひょうたん書店の皆さんありがとうございました!

2014年10月8日追記 ひょうたん書店さんの公式サイトができました!
フリースペースのイベント情報など案内されています!

2014年10月8日、ひょうたん書店さんが公式サイトを公開されました。

 ひょうたん書店 鹿児島のフリースペースのあるコミック専門店 ひょうたん書店 鹿児島のフリースペースのあるコミック専門店
新刊情報やフェア・イベント情報、フリースペースの情報も案内されています。

フリースペースの案内ページもありますので、より正しい情報はそちらをご覧ください。

※ひょうたん書店さんの公式サイトの公開に伴い、こちらの記事の内容を一部削除いたしました。

コンビニプリントのサービス期間は過ぎたのですが、サイトを公開されてシート類など公開してくださっています!

見開きで収まるミニマム(少量)ボリュームなルールで「テーブルトークRPG」を体験してもらい、市販されているルールにも興味をもってもらおう......という意図が多少あるルールブック集ですが、見開き2ページには収まらないTRPGならではの楽しさがいっぱいつまっています。

ぜひご覧ください!

『TrpgVision's HIGH』をコンビニのネットワークプリンタで印刷してきました。
見開き2頁のTRPGを5作品詰め込んでくださった素敵同人誌。製本含めてとても楽しいです。

TrpgVision's HIGH『TrpgVision's HIGH』を印刷してきました。

見開き2頁のTRPGを5作品詰め込んでくださっている素敵同人誌です。

コンビニのネットワークプリンタでアップしてくださっているPDFデータを印刷するのですが、きちんと計算してレイアウトしてくださっているので、縦横ホッチキスで製本すると立派なコピー紙の完成。

同人システムを知ってもらう手法として、とても可能性を感じました!

代替えサービス紹介

2014年8月31日で、富士見書房公式 TRPG ONLINEさんの「オンラインセッション機能」が終了になります。

富士見書房さん自ら準備してくださったオンラインセッションを遊べる場ということで、文庫などにもチラシがあったり、TRPG関連雑誌に広告が載っていたりと、積極的に案内されていたので、富士見書房公式 TRPG ONLINEさんで、オンラインセッションというTRPGの遊び方を知ったという方も多いのではないでしょうか。

「オンラインセッション機能」が終了するということで、代替えのサービスを探されている方もいるかと思い、便利で素敵なサービス紹介する記事を書いてみました。

目次

1.ツイッターアカウントを作って、セッションに関する情報を集めよう 

2.TRPG.NET セッションマッチングシステムで、セッションに参加してみよう!募集してみよう!

3.どどんとふでのセッションに参加してみよう!設置してみよう!

4.TRPGのオンラインセッションの楽しみ方は無限!自分なりの楽しみ方を探そう!

カードランカー対象表

「どどんとふ」Ver.1.45.06リリースにて、カードランカーのコマンドに特定カード抽出用の「CM」コマンドが追加されました。
これで特技の使用に合わせてカードを出す!といった演出ができるようになりました。

「CM」コマンドは、「CMW1]といった「CM色カード番号」で管理されています。
「CMW1」は「ホワイトドラゴンという感じです。

「CM」コマンドとそれぞれのカードの対象表を作ってみたので、セッション時参考にしてください。
自分の使うカードのコマンドを、チャットパレットに入力しておくと楽かと思います。

今回WEBTRPGマガジンでは、8月30日、31日にひょうたん書店さんで開催されたTRPGサークル "山吹屋"さんの、ソロコンベンションについて特集しました。

ソロコンベンションをいつか私も開催したいという思いがあるのですが、その情熱を維持するべく100円ショップでいろいろ購入してきました。

100円ショップグッズ

グループSNEさんのゴーストハンター13「7つの大罪」シナリオ1プレイ動画が公開されました。

ゴーストハンター13 タイルゲーム 7つの大罪
cosaic (2014-07-19)
売り上げランキング: 11,020

実際のプレイの様子を動画にしてくださっています。とても楽しそうです!

自動でジャンプはするのですが、それぞれの動画の前後の動画へのリンクの案内が無いようでしたので(2014年9月8日公開時)、自分でも見やすいようにリスト的に記事書いてみました。

※鹿児島TRPG倶楽部のページを公開し、会員規約も案内しました。規約ご確認の上ご参加よろしくお願いします。

『鹿児島TRPG倶楽部』という、鹿児島のTRPG好きの方のためのサークル活動始めました。

まずはサイボウズLiveにも『鹿児島TRPG倶楽部』というグループを作りました。
現在掲示板などで、どういうサークルにするか、広報計画などについて、いろいろ相談にのっていただいています。

鹿児島TRPG倶楽部 サイボウズLiveグループ

サークルの方針としては、現在は

  • 月1回のひょうたん書店さんでの定期例会。
  • 有志のメンバーさんによる不定期セッション(オン、オフ)
  • サイボウズLiveや、雑談チャットでのメンバー間の交流。
  • メンバーさんたちと同人誌や動画制作。

などの活動をしていければと思っています。

管理人である私(たぐっちゃん)が個人的に現在考えているのは、

  • 冒険企画局のスタッフさんをお招きしてのTRPGイベントの開催
  • MBCで月曜19時から放送中の「TEGE2 てゲてゲ」でTRPG紹介

を目標に楽しく活動していければと考えています。

鹿児島TRPG倶楽部でこんなことをしてみたい!などありましたら、参加していただき、どんどんご意見いただけるとありがたいです。

夜はこちらのチャットで、TRPG話などしています。

できるだけ管理人のたぐっちゃんは、夜は在室するようにしています。
入退室は自由ですので、お気軽に参加いただけるとありがたいです。

引き続き『鹿児島TRPG倶楽部』への参加方法をご案内させていただきます。

※会場費用の負担があること、またオンラインセッションは夜開催されることが多いため、鹿児島TRPG倶楽部への高校生以下の方の参加はお断りさせていただいております。
※公序良俗に反する内容(アダルト・猟奇など)などの18禁セッションも禁止させていただきます。

『ログ・ホライズンTRPG リプレイ ごちそうキッチンと病の典災』 をひょうたん書店さんで購入!いろいろ特典ついてきました!

ログホライゾン特典

もちろん新作リプレイが読めるだけで嬉しい訳ですが、特典もらえるのは嬉しいです!

素敵なものばかりだったので、いまからもらう人の楽しみを奪わないように、小さめの画像なども添えて、特典内容など案内したページを紹介させていただければと思います。

ログ・ホライズンTRPG リプレイ ごちそうキッチンと病の典災
橙乃ままれ 七面体工房
KADOKAWA/エンターブレイン
売り上げランキング: 237