トップ≫ TRPGセッションログ・リプレイ・シナリオ

セッションログ目次

サークル・オンラインセッション・カジュアルセッション、プレイしたセッションのプレイレポートを書いています。

自作のシナリオも掲載しています。

シナリオ
オンセメンバーさん頂き物
しろくま例会
オンラインセッション
アルシャードガイアリプレイ 狐の正月

アルシャードガイアリプレイ 「狐の正月」

幾度となく繰り返す2008年1月1日、永遠に終わらない正月の喧騒。その裏で糸を引くのは、黒髪に和服を纏った謎の少女。この異変を察知したのは、ごくわずかの者達だけだった...。

プリプレイ
キャラクター紹介
オープニング
ミドルフェイズ
しろくまさんの例会が近づくと、サイトの掲示板でのほうにGMさんが、システムやシナリオの案内などを出してくれます。
今回は、秋芳さんが「クトゥルフ神話RPG」を立ててくださるということで楽しみにしていました。
秋芳さんは、シナリオを紹介したトレーラーも作られていたのですが、そちらで紹介されていた巫女さんが素敵な感じだったので、好感フラグを立てることを密かに誓っての参加でした。

ほかのプレイヤーさんは、ヤマモト56さんと輝剣さん。お二人とも卓を囲んだことがあります。
お二人ともクトゥルフ神話RPGは経験あり、クトゥルフ神話自体への造詣も深く心強い。
奨励キャラクターが案内されていたので、記者を選択。

キャラクターメイキング中もいろいろ話が弾みます。
「生きて帰れたら、このパーセント以上の数値を出せば技能があがりますよ」
「生きて帰れたら、クトゥルフ神話技能が増えてるかも」

「生きて帰れたら・・・」という言葉が飛び交っています。これがうわさのクトゥルフ神話クオリティ(笑)

クトゥルフ神話クオリティ

予告
大正15年12月・・・。
年の瀬の巷間を賑わす「御星教」なる宗教。うら若き巫女が語る予言。
不穏な動きを見せる陸軍幹部。その背後に見え隠れする英国人。
追い立てられるように茨城へと向かった探索者たち。待ち受ける真実とは。
次回、クトゥルフ神話TRPG・大正シナリオ「揺籃期の終わり」

こんな力なんていらない。未来なんて知りたくないのに・・・・・・


初のクトゥルフ神話RPG&SANチェックさてどうなることやら・・・・

TRPGを楽しむ手段のひとつとしてオンラインセッションというものがあります。
IRCやスカイプ、メッセンジャーを利用してインターネット上でチャットなどを利用してTRPGをプレイします。

最近参加させていただいたAHCさんで、私の大好きな「ゆうやけこやけ」のセッションに参加させていただきました。
GMは、私が初IRCに参加したときに声をかけてくださったカセさん。

ゆうやけこやけはPL未経験&初オンラインセッションです!

予告

贈られないプレゼント

12月23日。

駅前商店街の入り口に飾られたモミの木。
店の軒下には、多色のキラキラ光るピラピラした紐と電気で色とりどりに光る紐。
扉には柊の木を輪にして松ぼっくりやりんご、鈴をリボンでまとめた飾りが付けられています。
ガラスの小さなショウウィンドウに飾られたのは、赤い洋服を着たおじいさんとトナカイの人形。プレゼントが袋から零れ落ちそうです。

一名町商店街唯一のアイスクリームショップは、今はイチゴの乗ったケーキを沢山作っているいるみたいで、甘いいいにおいがしてきます。

商店街を歩いていると、同じ歌がずっと流れています。なんだかウキウキするような歌です。
『Jingle bells, jingle bells, ingle all the way! 』


いったいなんだか、わからないけど。
なにがおこるか、わからないけど。

なんだか、すてきなことがありそう!


心躍る、聖なる夜二日前。人間のお祭りのことはよくわからなくても。
でも。きっと何かが。

シナリオタイトル:~贈られないプレゼント~


ほら、手を出してみて?
・・・アナタに贈る、物語。

2008年2月のしろくまさんの例会のプレイレポートです。

輝剣さんがGMされたエンゼルギアに参加しました。

エンゼルギアは、初プレイだったのですが、私自身のプレイヤー経験値不足もあり、エンゼルギアの醍醐味であるMoEシステムや情報収集に苦戦する場面もありましたが、メンバーの方の協力もあり楽しいセッションでした。

GMの輝剣さんが、プレイヤーの設定を活かし見せ場を用意してくれたのにもかかわらず、それを活かすことのできない自分が悔しくて・・・修行が必要だなという感じでした。

予告

ヤシマ防衛の要、瑞穂基地。
戦局が厳しさを増す中で新たに総司令が着任する。

その男の名はラヴレント・ベリア親衛隊中将。
品性下劣にして傲慢無礼な性格、そしてロリコンで知られる俗物である。

はたしてPC達はそれぞれの「守るべきもの」を総司令の魔手から守りきれるだろうか?

エンゼルギア天使大戦TRPG 『新司令着任』

新司令着任

2008年3月のしろくまさんの例会のプレイレポートです。

ぎんざめさんのアルシャードガイアでPC1をやりました。

キャラクターとしてのおかれた立場や行動と、プレイヤーとしてのメタな知識や情報の狭間で、ロールプレイは大変だったのですが、前回のエンゼルギア同じく、PL経験値をつませていただいた楽しいセッションでした。

来月はアルシャードガイアでGMもやってみたいなと思っていたので、今回のセッション参考になりました。


予告

冬のN市郊外で起こる深夜の連続殺傷事件、そして季節外れの怪談「日本兵の幽霊」。
その陰で、妖妃が邪悪に嘲う。
事件を追うクエスター達はその果てに、深く昏い人の業を垣間見る。

アルシャードガイア「63年目の亡霊」

蒼き星に、また奇跡が生まれる。

63年目の亡霊

迷宮の樹

TRPGの楽しみ方のひとつ、遊び方のひとつにIRCなどを用いたオンラインセッションがあります。
TRPGは、基本的にメンバーが揃わなければ遊べないゲームですが、インターネット上でなら遠い場所の方ともプレイすることができます。
プレイ自体はチャットを使って進めますが、キーボードを打つスピードなどにもよりますが、やはり目の前の方と会話を交わすスピードでセッションを進めることは難しい部分があります。メンバーの時間の都合によりセッションが中断したりする場合もあります。

スカイプセッションは、世界中どこへでも無料コールが、今すぐお楽しみいただける、操作が簡単な無料のソフトウェアSkypeを利用したセッションです。
会議機能を使うと何人かの人と集まって、同時に音声通話を楽しむことができます。

今回はわたしがお世話になっているAHCさんのメンバーとアリアンロッドをプレイすることになりました。
初アリアンロッドが、初スカイプオンセです。


プレイレポート

遺跡の街、ラインにあらわれた樹。それは、数日で塔ほどの大きさに育った。

その樹は、一人の魔術師の計画によるものだった。

黒き魔剣を使い、魔術師が進める計画とは?

そして大樹の正体とは―?

アリアンロッド第一話「迷宮の樹」

冒険の舞台が君を待つ!

アリアンロッド基本ルールブックにあるシナリオのプレイレポートです。
未プレイの方は、お気をつけください。

SW(ソードワールド)今年20周年を迎える国産TRPGが、ソードワールド2.0として生まれ変わりました。

学生時代は、毎週のように集まってセッションをしたものでした。
社会人になり、他県に行ったりとそのころの友人たちと、あのころのように冒険に出かけることはできませんが、インターネット上で新たなメンバーと冒険にでることができました。

コリン

昨日のことのように思い出せる。
冒険者の兄ちゃんと過ごしたあの夏。
ぼくは、兄ちゃんみたいな冒険者になるんだ!

新米冒険者タビットのコリンの冒険が始まります!

予告ぽいもの

"橋の国"ダーレスブルグの冒険者の宿『闇夜のかがり火』亭。

オープンしたてのこの店に集った新米冒険者たち。

ぞぎゅ!ぞぎゅ!

店内に響く奇妙な音。床から生えたのこぎり。

さぁ!冒険のはじまりだ!

「燃えろ!冒険者の初仕事」

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険者が生まれる!

途中成長もある長めのセッションに、神官戦士ドワーフ娘のセラで参加してきました。

ルールブックのシナリオ「バルトゥーの屋敷」をもとにした連続セッションです。
古代の遺跡である「バルトゥーの屋敷」を見つける話と、屋敷自体の探索の2本からなるセッション。
こんな遊び方もあるのかと、これからGMするうえでもとても参考になったセッションでした。

コリン

新米神官戦士セラは、正義一直線の熱血少女!

「あなた悪い人ですね!この先は行き止まりですよ!」

予告ぽいもの

ルキスラ帝国の首都にある冒険者の宿「蒼き雷の剣亭」に集まった新米冒険者たち。

そこに探し屋として有名な「"葉っぱをのせた"マイエル」が声をかけてくる。

「遺跡ががあると思われる森の中の危険な動物と蛮族を退治してほしいんだ」

さぁ!冒険のはじまりだ!

「バルトゥーの屋敷」

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険者が生まれる!

基本ルールブックにあるシナリオのプレイレポートです。
未プレイの方はお気をつけください。

同じキャラで遊ぶのって嬉しいよね。ということで神官戦士ドワーフ娘のセラちゃんのプレイレポートです。

オンセでは初体験のシティアドベンチャーシナリオ「双子の神殿」に参加しました。
ふたつの神殿から消えた「斧」と「盾」
それを追う冒険者のお話です。

双子の神殿

新米神官戦士セラは、正義一直線の熱血少女!

「あなた悪い人ですね!この先は行き止まりですよ!」

予告ぽいもの

ザイア信仰が盛んな「オータムの街」に立ち寄った冒険者一同。

年に一度の祭りの日ということもあり、街は大いににぎわっていた。

そこに響く喧騒の声。争う2組の集団。

神殿から消えた「斧」と「盾」

さぁ!冒険のはじまりだ!

「双子の神殿」

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!

人形がいっぱい

「お願いします!私を助けてください!」
  冒険者の宿で声をかけてきた少し変わった依頼人。
  宝石でできたサイコロを大事そうに抱えたその姿は、20cmほどの少女人形だった。
  ソードワールド2.0シナリオ『人形がいっぱい!?』
  剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!