第45話 SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング「不思議な本と不思議な図書館」

第45話 SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング「不思議な本と不思議な図書館」 – オンラインセッションTRPG倶楽部 SW2.0『始まりの街 アンファング』新人さん募集中

始まりの街 アンファング 「不思議な本と不思議な図書館」予告

ある日、アンファングの街の図書館に勤務する新米司書から、一つの依頼が持ち込まれた。
その内容は、 本の出所の調査。曰く、街の人がここの図書館から借りたのだというのだが、蔵書記録に記載はなく、職員も全員見覚えがないという。

そんな不思議な本の出所を調べていくうちに・・・?

募集詳細

サイボウズで案内中です。サイボウズへの参加方法はこちらをごらんください。

リプレイ

セッション開始!

アン:よろしくおねがいします
フィフス:よろしくよおねがいします
サロル:よろしくお願いしまーす
GM:抜け忍:それでは!これよりSW2.0、始まりの街 アンファング「不思議な本と不思議な図書館」を始めさせていただきます。最後まで、よろしくお願いします!
フェル:よろしくお願いします
アン:おねがいします
フィフス:【フィフス】
フィフス:よろしくおねがいします
GM:抜け忍:さてさて、それでは皆さんはいつものごとくジーナ亭にたむろしています。ちょうどいい依頼がなかったのでしょう
フィフス:「冒険者をやるというのも久々ですね」
サロル:「やっぱり平和が一番です」
GM:抜け忍:(タイミング見て話を進めますので、しばらくPC雑談タイムでw)
サロル:といいつつ武器の手入れをしています。
アン:最近妖精魔法覚えたので、耳につけた真新しい宝石所在なげにいじってます
サロル:今のうちに接合潤滑剤を使用して金属鎧ペナルティーを軽減しておきます
フィフス:「みんなに助けられた身ですから、役に立たねば」
アン:真面目な良い方だ
サロル:「カタンさんからお話は聞いてます、これからよろしくお願いしますねフィフスさん!」
フィフス:「こちらこそ、サロルさん」
フェル:「えー、光と闇の妖精の召喚は……」妖精魔法の復習中
アン:「チーも綺麗で頑張り屋さんっていってましたよ」
フィフス:「私にその言葉は持ったないです。かけるなら、ルリ様にお願いします」
アン:「ドカーンとくるけどそれは秘密っていってました」w
アン:チーに悪気はないw
フィフス:「とはいえ、私の戦闘力は余りたくないのでどこまで役に立てるか」
サロル:「フェルさんも魔法の勉強にご熱心ですね、すごいです」(コンジャラー習得に苦労した)
アン:装備備品でアルケミやマギとはわかるかな「いろいろ助けてもらえそうで心強いです」
GM:抜け忍:さてさて、そんな感じで雑談をしているとですね。一人の薄着で眼鏡っ子が入ってきます。
フェル:「拳闘士向きな身体能力だと自他共に認めるくらいなのですが……なんとかここまではこれました」
アン:見慣れない顔かな?だれだろう
GM:抜け忍:そうですね。見かけない顔です。
フィフス:「依頼人ですかね」
サロル:困ってそうな顔なら声をかけよう
GM:抜け忍:周囲をきょろきょろと見まわしてますね。ここでいいのかなー?どこに言えばいいのかなー?みたいな感じでおろおろと。
アン:「ジーナさんお客さんですよ」
アン:あわせてその子もカウンターに案内してあげよう
サロル:「あのっ、何かお困りでしょうか?」
アン:「冒険者への依頼ですか?」
女の子:「は、はい!そうです!その通りです!」声をかけてもらったことがうれしいのか、ポージングしながら嬉しそうに返事します
アン:ポージングwそれいゆさんかな。ひかってそうw
GM:イグザクトリ?。ソレイユです。なぜか理知的に見えるw
アン:「あっ急に話しかけてすみません。私アンっていいます。ここにはよく通っているので、何でも聞いてね」
アン:いい子そうですね
アン:ジーナさん顔出してくれるかな
フェル:「肉体言語はまだ読み取れないです……」
フィフス:「こんにちは、フィフスと申します」
GM:ジーナさん曰く、今ちょっと手が離せないので応対しておいてとw(申し訳ない、GMのほうが把握できておらんのです・・・)
サロル:では依頼内容の方をお聞きしよう
アン:「ジーナさん忙しそうなので、私がお話きいていいですか?」席に誘導しよう
サロル:「えっと、お名前はなんといいますか?今日はどんな要件でしょう?」
シス:「はじめまして!私、シスって言います。最近、この町の図書館のほうに勤めさせてもらっています。新米司書です!」
アン:「司書さん!本が好きなんですね」
フィフス:「司書様ですか。図書館にはよくお世話になっています」
アン:「この街は市長さんが本好きだからシスさん喜ばれると思います」
サロル:「わたしはサロルって言います、すみませんあんまり本とは読まなくて・・・」
フェル:「ち、力のありそうな司書さんで……」生命力は上
シス:「はい!それで、今日は司書の業務でちょっと困ったことになって…」
アン:「お力になれるといいのだけど」
アン:話し聞きます
シス:「この間、利用者さんが本を返却しに来てくれたんですが、見慣れない本が紛れ込んでいたんですよ。」
フィフス:「見慣れない本ですか」
アン:「あー蔵書じゃなかったんですか?本好きな人なら自分の本混ざることもありそうですが」
シス:「ええ、ほかの司書さんたちや館長にも確認してもらったんですが、だれも見たことがないんです。でも、持ってきた利用者さんは図書館で借りたものだーっていうんですよ…」
サロル:「うーん、もしかしたら誰かの落とし物かもしれませんね」
フェル:「なんとも不思議なことで……」
フィフス:「可能性はありますね。あるいは何者かが図書館に紛れ込ませた」
アン:「貸した覚えのある司書さんもいないんですか?不思議ですね」
サロル:「もしそうなら早く持ち主さんを探さないとですね、きっと困っています」
フィフス:「本の内容はどのようなものなのですか?」
アン:「何か本の持ち主さんや著者さんのヒントになりそうなものはないんですか?」
シス:「ちょうど、その本を持ってきてます。ちょっと待っててくださいね・・・」と、持ってきたカバンの中をゴソゴソ
シス:「これです、これ・・・どうぞ。」と言って、一冊の薄い本を渡します。
フィフス:「ふむ」
シス:表紙には、デフォルメされた美女と、王子様、つえを持った魔女っぽい人とガラスの靴が描かれています。
フェル:「えー……」眼鏡(伊達)を直しつつ眺める
アン:実物があるのか
アン:何語の本ですか?
シス:で、タイトルには交易共通語で「シンデレラ」とw
サロル:ラブストーリーっぽいので少し興味を持ちます(そういうの好き)
サロル:「これは、何かのお話ですか?」
フィフス:シンデレラじたいはこの世界ではどうゆう扱いなんだろ
アン:「可愛い表紙。フィーネが喜びそう」
シス:「どうやら、絵本みたいです。どこかの国の童話でしょうか・・・」シンデレラ自体は、似たような話はあるかもしれませんが、まんま日本に伝わっているようなものはありません。
サロル:かぼちゃの馬車になれそうなのが酒場にいるw
フィフス:「ルリさまが喜びそうですね」
サロル:中身は見れるのかな
シス:「はい、何かの手掛かりになるかもしれませんし、ぜひ読んでみてください。あ、ただ汚さないようにだけお願いしますね」
アン:みんなで見ると汚れそうだから順にみましょうか
サロル:「わかりました、こういう表紙を見るとちょっと胸がときめきます♪」
サロル:セージ持ちの方からみますか?
フィフス:では、読みましょうか
フェル:「……そういうときが私にもありましたねえ」(遠い目
GM:中身も、まんまシンデレラです。三姉妹の末っ子、シンデレラがいじめられていて、そこに魔女が表れて魔法をかけ、綺麗に着飾り、カボチャの馬車で王城のダンスパーティに行く・・・
フィフス:時短のために朗読しようか
アン:フィフスさんが読んでくれるのは嬉しいw
アン:ききいろう
フィフス:現実のシンデレラと内容は変わらない?
GM:ですです。ラクシア版にローカライズされているといったようなこともありません
フェル:「この魔導師が主人公の女性に肩入れする理由がいまいち分からないのですが……」(細かい
GM:文字自体は交易共通語ですがね
サロル:「素敵なお話です、王子様と結ばれるハッピーエンドっていいですね」
フィフス:「きっとルーンフォークの魔術師なのでしょう」
アン:「ハッピーエンドは素敵です」
アン:読んで中に取り込まれるとかもなかったですね
フィフス:「しかし、これだけで持ち主を探すとなると難しいですね」
サロル:「頑張っていて困っている人には必ずヒーローが助けが来るんです、ヒューレ伝承もそんな感じですし」
フェル:「まあ、物語にあれこれ言うのも野暮なので置いておきます。見たところ特に怪しいところもなさそうですが……?」
アン:そういえば魔力を帯びていないかとかしらべたほうがいいかな
アン:マナサーチは使えます
GM:はいなー。では、確かにこの本は魔力を帯びています。
アン:シスさんにそういうのも調べたかきこう
アン:おーではつかったということで
GM:っと、言っちゃった・・・しまった、焦りすぎだ
アン:「魔法の力をおびているみたいです」とみんなにも伝えます
アン:フローディングスフィアをドラゴンレーダー的なのにした
フィフス:「魔法の品ですか。危ないものには見えませんが」
アン:MPは減らしておきますね
GM:まぁ、隠すような情報でもないので…ここで、構造解析判定をどうぞ。又は魔力基準でも構いません。
アン:「もっと詳しく調べられるといいのですが」
フェル:「魔法の品ですか。問題はどのような魔法なのかというところですが……」
アン:セージないのでお願いします
フィフス:では
フィフス:2d+5+4
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 10[5,5]+5+4 → 19
フェル:2d6+5+4 構造解析
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 10[6,4]+5+4 → 19
フィフス:19
GM:おお、たかいw
アン:みんなかしこい
アン:たのもしい
GM:では、なんとなーくわかるのですが、魔法がかかった品というより、魔法で出来た品である可能性が高いと感じ取れます。
サロル:いい出目だ
アン:まほうでできた。何か過ごそう
GM:要は、魔力を固めて作られた本。本自体に効果はなさそうです
フィフス:「興味深いですね」
アン:「間違いなく珍しいものですね。おあ話しの中に出てくるガラスの靴みたい」
フィフス:「いったいだれがどのような目的で作ったのでしょうか」
フェル:「本自体に特別な力はないようですが、なんとも不可思議です」
アン:「依頼内容としてはどうなるのでしょうか?持ち主を探す?」
シス:「そうですね。依頼としては持ち主を探して、返していただければと。」
シス:「報酬は、おひとり1000Gご用意しています。」
フィフス:「とはいえ、これだけの情報では難しいですね」
サロル:「いい物語を見せて頂けましたし、勿論お受けします!」
サロル:他に手掛かりはないかな?
アン:返しに来た人にはあえるかな
アン:図書館にもいくべきかな
フィフス:「そうですね。わたしもここの皆様に助けられた一人です微力ながら力を尽くさせてもらいます」
シス:「あと手掛かりになる情報は、利用者さんでしょうか・・・住所をお教えしておきますね。」というわけで、ライナー(利用者)さんの住所をゲットしました
アン:いま何時位?
シス:13時ごろですね。お昼過ぎ
フィフス:「せめて、どこで見つけた本かわかれば」
アン:ならたずねていってもしつれいじゃないですね
サロル:ですね、行ってみましょうか
フィフス:あ、GM。金のA級カード5枚買っていいかな
シス:「よろしくお願いします。私は図書館のほうにいるので、何か聞きたいことがあればいつでも来てください!」ソレイユ語で同時会話
GM:構いませんよー>カード購入
フェル:「は、はあ」
フィフス:あざっす。所持金減らしておきます
アン:「ライナーさんというのですね。お話聞きに行きますか」
アン:フィフスさん報酬が吹き飛ぶ買い物をされているw
アン:アルケミぽい

探索開始、いざライナーさんちへ!

GM:ではでは、探索開始ということで。
GM:全員でライナーさん宅へ行くということでよろしいですかね?
サロル:おkです
フィフス:クリティカルレイつかいそうなかんじだったので
フィフス:OKです
アン:いきましょう
GM:はいはーい。それではライナーさん宅。普通の一軒家ですね。ちょっとだけ大きいかな?
アン:シスサンは同行しないのか、どういうことできたかちゃんと説明しないと
アン:本は誰が預かってます?
GM:シスは必要なら持っていっていいといってますが。
フィフス:一応後衛の私が持っておきましょう
アン:あずかっておきましょうか。ライナーさんにも説明しやすそう
アン:ではフィフスさんで
アン:ノックしつつ「突然の訪問すみません。ライナーさんのお宅ですか」
アン:声かけます
ライナー:「はい・・・どちらさま?」と無警戒に出てくる。一般人っぽい。
アン:「すみません。図書館の依頼で本のこと聞きにきたのです。説明されたかもしれませんが、私たちにも話をきかせてもらえますか?」
アン:入れてもらえるかな。本も見せよう
ライナー:「ああ、はいはい。その件ね。俺もね、不思議に思って仕事が手につかないんだよ。そういうことなら、どうぞ上がって上がって」
アン:よかった
アン:「失礼します」
フェル:「では、お言葉に甘えまして失礼します」
アン:もちろん騎乗していません。人形にしてますw
サロル:「お邪魔します」
GM:騎乗したらまず入れないw ではでは、ライナーさん宅内。粗茶だけどと言って、全員に安いお茶が振舞われます。
フィフス:「失礼します」
アン:気持ちはありがたいので飲みつつお話し聞こう
ライナー:「それで・・・どんなことがききたい?俺が答えられることならなんでも答えるぜ」
アン:「司書さんにも聞いたのですが、図書館で借りた覚えはあるんですよね?」本見せつつ
アン:「司書さんは図書館の蔵書ではないと言っているんですよね」
ライナー:「ああ、確かに借りたぜ。んで、図書館のものじゃないって言われたのも間違いない」
アン:話しつつ部屋見渡します。本棚があるかなと調べたい
サロル:「図書館のどこに置いてあったんですか?」
フェル:「……」お茶が冷めるのを待ってる。ミアキスだから猫舌だろうし
アン:普通の本好きの方かな
フィフス:こちらもみよう童話本があるかをチェック
ライナー:「司書さんにおすすめを訪ねて持ってきてもらったなぁ・・・次女に…デラっていうんだがな?朗読してあげるのに、いい本はないかってな」
アン:よみきかせしている多分いい人だ
フィフス:「その司書さんはどのようなかたでしたか?」
GM:本棚はあるにはありますが数は少ない。物置と兼用している感じ
アン:「私も読みましたが、いい話なのでデラちゃん喜んだでしょうね」
フェル:「ということは、ご自分で本棚から本を見つけたわけではないと……」
アン:「本をもってきてくれた司書さんの特徴とかおぼえていませんか?」
ライナー:「んーと、なんかつかみどころのないひょうひょうとした感じだったかなぁ。」
フィフス:「では二つ質問していいですか?」
ライナー:「ああ、構わねぇぜ」
フィフス:「あなたが借りたのはその1冊だけですか? また借りたときほかにお客様はいましたか」
フェル:「飄々とした感じ……シスさんではないのは確かですね」
ライナー:「その時に借りたのはその一冊だけだ。ほかに人は・・・いや、いなかったなぁ…まぁなにせ夜中だったしな」
フィフス:「なるほど仮説は立ちました」
アン:夜中?図書室の利用時間はたしかにせっていしていないんだけどどうなのだろう
アン:何時位だったか聞いておこう
フィフス:「おそらくですがライナーさんが借りた図書館は、図書館であってわたしたちの知ってる図書館でなかったのでしょう」
サロル:「夜中ですか・・・」
ライナー:「時間は…はっきりとは覚えちゃいねぇが…日付が変わる前ぐらいか?酒飲んでたしなぁ」
サロル:「ということは、どういうことでしょうか?」
GM:なお、図書館の利用時間は19時閉鎖。職員の退勤時間はちょっと聞かないとわからないかな
フィフス:「あくまで仮説ですが魔法でできた図書館がもうひとつある。そう考えるとつじつまがあうのではないでしょうか」
アン:「夜中に勝手に開いていたりはしないと思うけど、まるで本の中の魔法使いに騙された気分ですね」
フェル:「日付が変わるあたりに図書館かその近辺で何か起こっているのかもしれませんね」
フィフス:「仮にその図書館が魔法の産物ならこの本が魔法で作られていることも腑に落ちます」
アン:図書館に一度行くべきでしょうね
サロル:「うーん、確かに深夜には不思議なことが起きたりしますが・・・」(経験あり)
アン:一回は普通の営業時間にいきましょうか
ライナー:「参考になったかい?俺も今回のことは気になってるんだ。よろしく頼むぜ、冒険者さんたち!」
フィフス:「こちらこそ、ありがとうございます」
アン:「とても助かりました。今度は酔っぱらってない時に図書館利用してくださいね」
アン:まだ昼間かな。図書館もいけるかな
GM:ですね。話を聞いて14時半ぐらいでしょうか
アン:日が落ちるとシスさんが元気じゃなくなっていたりしてw
アン:精神抵抗+4くらい落ち込んでいるw
GM:多分寝てるんじゃないかなw
アン:-4だ
サロル:「では真偽を確かめに図書館へ行ってみましょう!」
GM:ではでは、お次は図書館へー

いざ図書館へ!徹夜の張り込み

GM:ではやってまいりました図書館です
シス:「あ、皆さん!お疲れ様です。どうですか?何かわかりました!?」と、若干食い気味で聞いてきます
フィフス:「それを今から調べるところです」
アン:「これはなかなか不思議な事件です」
フェル:「ライナーさんは夜に本を借りたとおっしゃっていましたが……」
アン:「個々が閉まるのは19時くらいですよね?夜勤はない?」
シス:「一応、司書さん全員持ち回りで宿直の人が一人います。」
シス:「当日の宿直の方にも伺ったんですけど、ぐっすり寝てたそうです…」
アン:そういうの確認してくれていたんですね
シス:「そのほかの人は、早い方は閉鎖と同時に、ちょこっと残業する方も20時ごろには帰宅しますね。」
フィフス:「この図書館に奇妙な逸話とかありませんか?」
アン:どういう条件で不思議なことおきるのだろう。了承を得て図書館内もマナサーチしてみますね
アン:フローディングがまたレーダーに変形
シス:「特にないですね・・・私も入って浅いので、まだ聞いたことがないだけかも知りませんが、司書さんたちに聞いても知らないそうなのです」
GM:はいはいー。では扉のほうに反応が出ます。
GM:あ、出入り口。正面玄関のことですね。
アン:「この扉に魔力を感じます」
アン:いま入ってきたとこですよね?
GM:ですです
アン:入ったり出たりしてみようw
GM:特に何も起きないですw
フェル:「扉に魔力が……?」
アン:本を近づけたりもしてみよう
GM:これも何も起きない。
サロル:「ライナーさんが行っていた通り、深夜に何か起こるんでしょうか?」
フィフス:「ありえますね」
アン:「夜の様子は確認したいですね」
サロル:「これは夜中まで張りこむ必要かあるかもしれないです」
アン:シスさん通して夜の番をしていいかきいてみますか
シス:「わかりました!今日の宿直の方には話を通しておくので、よろしくお願いします!」
アン:ペナが無いようにいまの内ねて夜またあつまりますか
アン:閉店後の21時集合位?
サロル:ですね
フィフス:了解です
シス:ではでは、時間を飛ばしてしまっても大丈夫ですかね?現在15時ごろ
アン:メンバーに事情を話しに行くついでに仮眠もしてこよう
サロル:特にやることはないので久々に普通の本を読書でもしますw
アン:シンデレラの話は、フィーネもイセポも興味を示しそう
フィフス:一度メノウ家にもどって晩御飯をつくります
フェル:仮眠してから読書して過ごします
アン:こういうとき住んでいる町でのいらいはいいですねw
シス:はいなー。では各々思い思いに過ごして…21時ですね
フィフス:それから仮眠
アン:遅刻せずに来ます
サロル:十分休息はとっています
GM:宿直さん曰く、これから寝るので、なるべく静かにお願いします。とのことw
アン:「いろいろ無理言ってすみません。できるだけ気をつけます
アン:どうしましょう。内部と外から扉みておく方がいいかな
アン:スカウト持ちのアンとサロルさんはわかれます?
サロル:その方がいいかもです
GM:はいなー、了解です。
アン:では外側でみておきますね。誰かいっしょにきてもらえますか
アン:どちらか
サロル:いざという時受け身が取りやすいサロルが内側で
フェル:では私が外のほうに(ゴーレムいるし
アン:お願いします
アン:ゴーレムいるのはこころつよい
GM:ではでは、張り込み開始ですね
フィフス:「がんばりましょう」
アン:みのがさない
GM:???????1時間経過?????????
アン:スカウトは高いけど値良くは低いので不安だけどw
アン:
GM:何も起きません。宿直の司書さんは2回ほど寝返りを打ちました。
アン:平和だw
GM:???????2時間経過?????????
サロル:一応いつでも戦闘態勢に入れるように警戒中
アン:あっ私もマシューだしてのっておこう
GM:時々、野良猫や鳥などがやってくるぐらいで、何も起きません…ってところでそろそろいいかな。構造解析or魔力基準で判定をどうぞ。目標値は15
フェル:2d6+5+4 構造解析
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 7[3,4]+5+4 → 16
フィフス:2d+5+4
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 7[5,2]+5+4 → 16
サロル:魔力は何魔法でもいいですか?
フィフス:いっしょが続く
GM:構いませんよー
サロル:2d6+5+2 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 3[2,1]+5+2 → 10
GM:ではでは・・・フェルとフィフス、二人は長時間警戒するついでに扉を観察していましたが、ふと、これ合言葉いるんじゃね?という可能性に思い至りました。
アン:なんとw
フィフス:「なにかキーワードが必要みたいですね」
フェル:「時間経過による変化ではなく、キーワードによる変化かもしれませんね、これ」
アン:何かヒントあったですかね
サロル:「えっ、そうなんですか・・・!?」(扉越しに聞こえてる)
アン:シンデレラにそういうのありましたっけ?
GM:出そうと思ってたんだけどね・・・実はスルーされてるの。
アン:でもライナーさんはそれを言ったことがあるということですよね
フィフス:「ここは素直に出直しですかね」
アン:調べ直して後日ですかね
アン:どこを見落としたのだろう
フェル:「うーん、ライナーさんにもう一度図書館へ来た時のことを尋ねてしましょうか」
フェル:しましょうか→みましょうか
GM:ではでは、時間を飛ばして翌日。何時ごろ訪ねます?
サロル:酔っぱらってる時にその場所に行ったのなら晩酌中に訪ねてみますかw?
アン:帰ってから寝ないとペナだから昼いちかな
アン:夜たずねます?
GM:お、訪ねますか?
GM:今なら…23時ぐらいかな
サロル:「もしかしてお酒に酔っているときに開く扉なのかも・・・」(冗談交じりで)
アン:アンのキャ的に夜の訪問は遠慮しそうなのでロールで誘ってほしいかも
アン:「何か違う話きけますかね」
アン:行ってもいいのかなくらいの顔
アン:PLときにはぜんぜんいってもいいw
アン:PL的には
サロル:「持ち主さんに早く本を届けたいですし、お休み中ならまた明日にすればいいと思います」
フィフス:「いってみましょう。私としても好奇心を刺激されてますので」
アン:いってみましょうか。晩酌していないと再現できないかもなのでお酒手土産にしよう

再びライナーさん宅。お次の話は…?

GM:ではでは、再びライナーさん宅。予想通り、晩酌しておりますw
サロル:「遅くに失礼します、昼間に来た冒険者の者です」
フェル:「夜分に失礼します」
アン:他のご家族もいるかな
アン:遠慮しつつたずねよう
ライナー:「おお、どうした?まぁ、上がってくれよ。どうぞどうぞ」
GM:子供たちは全員ご就寝の模様。奥さんが晩酌の相手をしているね。
ライナー:「この人たち、さっき話した本の件を調べてくれている冒険者さん。こっちはうちの妻です」と、お互いを紹介するライナー氏
アン:「奥さんこんな時間にすみません。いま旦那さんに依頼でお世話になっていて」手土産のお酒も渡す
フェル:「ど、どうも」
アン:ライナーさんそんな前後不覚な感じではないですね
サロル:「例の図書館に行ったときにことをもっと詳しく教えて頂けませんか?」
GM:だね。でも奥さん曰くもうちょっと遅かったら酔ってたらしいw
ライナー:「ふーむ?どんなことを聞きたいんだい?」
アン:「どんな感じで図書館訪ねていったかなどきけるとうれしいのですが」
ライナー:「どんな感じと言われたらぁ…まぁ、酔ってたわなぁ。あの日はちょっと仕事が長引いてな、外で飲んでたんだ」
フェル:「図書館の扉に謎を解く鍵があるのですが、特定の言葉に反応するようなのでそのあたりのことを」
アン:「何か叫んでいたとか」
ライナー:「あー・・・そういえば、息子たちの名前をしゃべってたような…」
フィフス:「名前……ですか」
フェル:「息子さんの名前ですか」
アン:「お名前きいていいですか」
ライナー:「ああ、いいぜ。4人いてな。長男がヴェス、次男がザルド、長女がスー、次女がデラっていうんだ。」
アン:デラさんは名前出ていましたね
アン:本好きの子
サロル:ふむふむ
GM:さて…ここで、真語魔法、操霊魔法を覚えている方。なんか聞き覚えがあります。
サロル:持っててよかったコンジャラー
GM:多分真語魔法のほうが聞き覚えある
アン:おまかせしますw
フェル:「ん……この響きはもしかすると」
GM:では、その二つの魔力基準で判定をどうぞ。高ければ高いほど特定できます
サロル:2d6+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+4) → 4[1,3]+4 → 8
GM:サロルは、真語魔法の本でなんか見たような…?程度w
サロル:「たしかカタンさんが同じような詠唱していたような・・・」
フェル:2d6+6+4 コンジャラー魔力
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4) → 6[2,4]+6+4 → 16
GM:真語魔法の初歩・・・多分3Lv以下、アンロック・・・のページだった気がする
アン:意識せず子供さんのなまえつけていたのかな
アン:天才だw
GM:恐らくね。それがたまたますごい確率でw
フェル:「あー、アンロックの詠唱と似ていますね」
GM:イグザクトリー。WT24pを参照のことw
アン:これが扉をあけるキーワードでしょうね
フェル:「お子さんたちの名前を呟いたら、アンロックの詠唱と似ていたことで扉が開いた、と」
アン:「フェルさんならこれで扉開けられます?戻ります?」
フィフス:「いきましょうか」
フェル:「扉はなんとかなりそうですが、問題はその奥に何があるかですね」

いざ裏図書館へ!

GM:はいなー。では再び図書館
サロル:「流石本職の魔法使いです!」
フィフス:「いってからのお楽しみですね」
GM:時刻は24時ごろかな
アン:ちょうどいいくらいですかね
サロル:では先ほどの位置にスタンバイしています
アン:フェルさんにあけてもらおう
アン:みんな表から入る感じがいいかも
アン:分断されるかも
サロル:ではみんな一緒で
サロル:ゴーしましょう
フィフス:おもてにまわります
アン:いい発音でおけてもらおう
アン:フェルさんお願いしますね
フェル:「……では」
フェル:2d6+5+4+1 アンロック「ヴェス・ザルド・ス・デラ。オブカ・ドルア??ディロカルア」
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 7[4,3]+5+4+1 → 17
アン:おーかっこいい
GM:はいな、では呪文を唱えると、扉が光り始めます。どこか別の場所につながったっぽい?
アン:「雰囲気変わりましたね。はいってみましょうか」
サロル:はい行こう
フェル:「まずは上手くいきました。問題は扉の奥がどうなっているかですが……」
フィフス:「ドキドキしますね。この気持ち久しぶりです」
アン:「これはどきどきしますね」
アン:かぶったw
GM:では、準備がよろしければ扉を開けてください
アン:いきますか
サロル:前衛のサロルが開けよう
GM:では扉を開け、進んだその先で…
GM:皆さん1d6をお願いします。騎獣とゴーレムも一応。
アン:わくわく
フィフス:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 2
サロル:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 1
アン:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 1
フェル:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 3
サロル:嫌な予感が
マシュー:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 4
フラービィゴーレム:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 3
GM:では、出た目だけMPを減らしておいてください。入場料ですw
フェル:主従共に3
アン:よかったアンが低かった
フィフス:sukunai
アン:「ちょっと疲れましたが」周囲を見渡す
GM:そして、視界が晴れると、周囲は辺り一面本、本、本
フェル:MPないゴーレムは踏み倒し状態
フェル:「本しか見当たりませんね……」
GM:ルキスラ帝国などの大きな都市にある図書館をはるかに凌駕するであろう蔵書を誇る図書館。。。その中に皆さんはいます。
アン:「これはベスさん鼻血だしそうですね」見渡しつつ
サロル:「うわぁ、本がいっぱいです」
フィフス:「秘密の図書館といったところですか」
???:「おや、新しいお客さんかな。いらっしゃい」
アン:「実物なのですよね?」さわれるかな
GM:触れますよー。
アン:声がするなら手を引込めますw
アン:許可を取ろう
司書?:「ようこそ、次元図書館へ。どんな書物をお探しかな?」
アン:声のした方を確認します
アン:ひょうひょうとしているかなw
GM:司書っぽい恰好をした、ひょうひょうとした男がw
アン:種族とかわかります?
GM:魔物知識判定してみます?
アン:一応ライダーで
フィフス:いちおうしてみましょう
アン:1d+8
SwordWorld2.0 : (1D6+8) → 4[4]+8 → 12
フィフス:2d+5+4
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 10[5,5]+5+4 → 19
アン:ひくそう
フィフス:まちがえた
フィフス:2d6+5+4
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 8[2,6]+5+4 → 17
フェル:2d6+5+4+1 魔物知識
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 6[5,1]+5+4+1 → 16
アン:他の人が高いありがとう
フィフス:なぜか2回振ってるな
フィフス:アンが1dだったからそれを俺が降ったと思って間違えた
アン:最初の方でいいかと
アン:そうか
アン:すみません
GM:フィフスは19なら抜けたかな・・・種族は便宜上、魔法生物ですね。見た目人間ですが
アン:そうか長い時間いきているのかもですね
フィフス:やはり眼鏡は役に立つ
フィフス:「ここはどのような施設なのですか?」
GM:んで、セージ17の超越者。
アン:www
アン:さからわないw
GM:まぁ、所詮セージですよw
アン:HP多分80越えている
司書?:「ここは次元図書館…魔剣が作り出した叡智の保管庫。ありとあらゆる次元から、書物を集め、保存し、翻訳する。そんな場所さ」
フィフス:言語欄にこまりそうだ
アン:「この本をちゃんと返却したくて訪ねてきたのですが」
フェル:「な、なるほど」
アン:絶版のTRPGとかありそうw
GM:ありますよー
フィフス:エンギアさがそうw
GM:ありますあります。もう、書物というくくりなら何でもある。
アン:グインサーガの栗本さん版豹頭王の花嫁探したいw
サロル:あまり詮索すると某女神のようになりそうなので自重しようw
アン:本好きにはたまりませんねw
アン:迷子にならないように入口周辺にいないと
司書?:「その本は…以前、うちに童話を探しにやってきた御仁の本だね。どうして君たちが?」
フィフス:「代理といったところでしょうか」
サロル:「えっと、ここへは偶然来たらしくて」
アン:「私たちが普段過ごす街の図書館の方に返却の来られて」
アン:かくかくしかじか
司書?:「ふむ・・・そういうことか。了解した。そういうことなら、受け取っておこうか」
アン:「聞いたこともない話で楽しかったです」返却
司書?:「ああ、そうだろうね。なにせ、この本は剣を投げ入れたものの世界で書かれたものだから。」
サロル:「?」(なにも気づかない)
フェル:(……あの人がここを見たら喜んだろうなあ)とか思いつつ本を見たりしてる
司書?:「ところで…キミたち冒険者は、報酬さえ払えば僕の頼み事も聞いてくれるのかな?」
フィフス:「つまり、ここは魔剣の迷宮ということですか?」
フェル:「依頼ですか?」
アン:「悪いことでなければですね。内容次第です」
サロル:「えっと、よくわかりませんが困っておられるんですか?」
司書?:「そのとおりともいえるし、そうでないともいえる。」>魔剣の迷宮
司書?:「ああ…少々困っていてね。私はここの運営を任せられているのだが、どうにもマナーの悪い利用者がいてね・・・」
アン:「私たちの街の図書館以外にも入口があるのですか?」町の人だと結構問題
フェル:「はあ、それは大変ですね」
司書?:「今、視聴覚室にいるんだが…君たち、何とかしてくれないかい?」
フィフス:「そういうことでしたら」
アン:「荒事になりそうな相手なおですか?」もう少し事前情報聞けるかな
サロル:「そうなんですか、少し注意してあげませんと」(ただの迷惑な客だと思ってる)
フェル:「その方は具体的にはどのような迷惑行為を?」
司書?:「具体的には、本の書き換えを行っているんだ。様々な物語を既にやられている。私が魔力を使えば治せるとはいえ、流石にここまで続くと手間でね・・・」
司書?:「相手の種族は確か・・・ギル・・・なんとかだったかな」
アン:「書き換えですか」
フェル:「蔵書を傷つける行為というわけですか。それは迷惑な……」
司書?:「そこら辺の事情も含めて、視聴覚室で話そう。ひとまず報酬だが…あいにく通貨の持ち合わせがなくてね。これでいいかな?」PON!と10点魔晶石*4個
アン:「私たちで来往できるならおうけしたいですが。視聴覚室ってなんですか?」
サロル:石貰って付いて行きましょう
アン:視聴覚室に興味津々で行こう
司書?:「視聴覚室というのは、物語を追体験する部屋だ。文字通り見て聞いてができるので、その名がついている。」と、視聴覚室の説明をしつつ案内する
GM:さて、視聴覚室ですが、そこには机が一つ、ぽつんと置かれていて、その上にまたデフォルメされたイラストが
フェル:「なるほど」
アン:いま上映中のものかな
GM:おっと、すいません。デフォルメされたイラストの描かれた本が、ですね。
アン:はい
GM:汎用蛮族語で書かれています。イラストは釣竿を持った青年と亀、それと水の中にある大きなお城ですね
アン:煙でて年取りそうなのだ
アン:中の人蛮族なのかな
アン:覗いて魔物判定まではしておくといいかもですね
サロル:「これも何かのお話のようですね」
GM:あ、勘違いされているようですが、部屋にほかに扉はありません。部屋の中にぽつんと机一つと本一冊のみです
アン:あぅそうなのですか
アン:だれもいないのかな
GM:「さて、一つ注意事項だが…物語の登場人物が死亡しないように注意してくれ。」
司書?:「それと、君たちも死なないようにね。いくら体験とはいえ、そこで起きたことのほとんどは本当になるんだから。」
アン:浦島太郎や亀をかばうw
フェル:「わ、わかりました」
フィフス:「きよつけましょう」
サロル:昔そういうアニメあった
アン:タツノコ系ですねw
サロル:「大丈夫、どんな話もわたしがハッピーエンドにします!」
司書?:「うん、頼もしい限りだ。それでは、準備はいいかな?」
フェル:「準備する猶予があるなら少ししておきたいのですが」
アン:「元のお話も気になりますからね。」サロルさんに同意
フィフス:「ええ、もちろん」
司書?:「ふむ、もちろん構わないとも。交易共通語版をもってこよう」
フェル:「では……」
GM:というわけで、「浦島太郎」です
アン:「この漁師の人はぜったい守らないとですね。それにしてもエルフだったらよかったのに」
アン:「この綺麗な人はエルフかな。水が平気みたい」とかファンタジーな感想を言いつつストーリー確認w
フェル:サモンフェアリーでドゥナエーを召喚し、月の舞してもらいます
GM:例によって剣を投げ入れた者の世界の本なので、ラクシアには存在しないものです
GM:ほう、どうぞ!
サロル:「ウラシマ・タロウ?変わった名前の登場人物ですね、でも虐められてる亀を助けるなんていい人です」
フェル:では魔晶石5点を媒介にドゥナエー召喚
フェル:2d6 妖精魔法行使 抵抗なし
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
フェル:2d6 妖精魔法行使 抵抗なし
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6
フェル:あ、一回目で(危なかった
ドゥエナー:パリーン「月の舞、するです?」・ワ・
フェル:そしてお三方に月の舞を
ドゥナエー:2d6 月の舞 アン、サロル、フィフス #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
ドゥナエー:2d6 月の舞 アン、サロル、フィフス #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[3,2] → 5
ドゥナエー:2d6 月の舞 アン、サロル、フィフス #3
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
アン:ふりなおしでしたっけ?ありがとうございます
アン:光と闇の契約は渋いな
フェル:「うん、無事に舞ってくれました」
フェル:「ここぞというところで役に立ってくれるはずです」1回振り直し可能
アン:「フェルさんありがとうございます」きらきらしつつ
サロル:「さあ、行きましょう」
司書?:「では、準備は出来たかな?それでは、行くよ」
フィフス:「不思議ですね、よくわかりませんが」
司書?:2d6@10+27 行使判定
SwordWorld2.0 : (2D6@10+27) → 6[3,3]+27 → 33
司書?:おお、回らず。達成値33で精神抵抗する方はどうぞw
フェル:高いー
アン:するわけがw
サロル:ネタでやってみよう
サロル:2d6+12
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 9[5,4]+12 → 21
サロル:うん、無理w
GM:では、司書さんに謎の魔法をかけられて、意識が暗転し…
GM:目が覚めると、そこはなんと砂浜でした!
--------------------------

浦島太郎の世界~ギルマン一家との遭遇~

GM:というわけで、皆さんは砂浜にいるわけですが…
フィフス:「面妖な」
アン:「図書館にいたはずですが」言わないとw
フェル:「ここが本の中なのですか……?」
GM:皆さんが戸惑っていると、少し離れた場所から、ドゴォ、バキィ、ゴリィ、ボコォ…と、何かを殴っている音が聞こえます。
アン:装備などはそのままか確認
サロル:「うわー海に居ますよわたし達!」
GM:あ、装備は特に変更はありません。
アン:音のいる方に向かおう
フィフス:「なんの音でしょ」
アン:結構な音だw
サロル:「行ってみましょう」
GM:では、少し見える場所まで移動すると…二足歩行の魚3匹が何かを取り囲んで殴っているようです。
フィフス:「いじめでしょうか、いじめはだめです」
アン:「…本と違う」子どもに説教する気だった
サロル:いあいあ
フェル:「あの魚っぽいのは……」
GM:魔物知識判定していいっすよー
GM:2種類いるので、低いほう、高いほう順で
GM:(目標値が)
アン:セージさんお願いします
フィフス:2d+5+3+1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3+1) → 7[1,6]+5+3+1 → 16
GM:ちなみに低いほうが2体です。
フィフス:期待値
フィフス:2d+5+3+1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3+1) → 5[3,2]+5+3+1 → 14
フェル:2d6+5+4+1 魔物知識 低い 高い #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 8[4,4]+5+4+1 → 18
フェル:2d6+5+4+1 魔物知識 低い 高い #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 6[5,1]+5+4+1 → 16
フィフス:こっちは微妙だな
GM:両方とも弱点値まで抜けた。実はレベルが違うだけでまもちきの目標値は変わらないことに後から気づいた(オイ
アン:おー有名なのかな
GM:というわけで、二人いるほうはギルマン、一人はギルマンプロフェットなのですが…
GM:どうやら、この3人は家族っぽいです。というわけで、魔物名称はギルマン’sファミリーとなります
アン:「本は子供と交渉している感じだったけど・・」
フィフス:「交渉ですか」
フィフス:ギルマンって何語だろ
アン:殴っている何かはみれます?
フェル:「どう見ても蛮族ですね、あの一行は」
GM:それでは、スカウトかレンジャーで隠密判定してもらえます?どちらでも見ることは出来ますが、失敗すればそちらに気づきます。
フィフス:いちおう汎用蛮族語でいけるのか
サロル:金属鎧ですが潤滑剤使ってるのでペナは-2になってます
アン:隠密は敏捷かな
アン:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[2,6]+10 → 18
アン:そっとかくにん
サロル:2d6+7+5-2 隠密判定
SwordWorld2.0 : (2D6+7+5-2) → 6[2,4]+7+5-2 → 16
アン:わたし非金属です
GM:2d6+7
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[3,4]+7 → 14
フィフス:ちなみにギルマンプロフェットって何にのってます?
GM:うーん、期待値。誰も気づかない
サロル:成功よかった
アン:潤滑大事
GM:あ、プロフェットはIBのp119です
サロル:ペン込みでも固定値アンさんと変わらないのか
サロル:ペナ
フィフス:ありがとうございます
サロル:では気づかれないように岩陰から除きます
GM:では、近づいてみると、亀を殴っている様子が見えます。その隣にはデフォルメされた青年が。
フィフス:結構強い
アン:青年も殴られている様子?
GM:いや、既に戦闘不能状態のようで、見向きもされていません。具体的にはHP-3
サロル:半殺しにされているw
フィフス:歴史が変わっているw
サロル:ギルマンとの距離は何m離れてますか?
アン:助けねば
GM:そうですね・・・隠密組は10m、その他は30mとしましょうか。奇襲をしないのであれば、全員20mまで近づけるものとします。
フィフス:さて、どうするか奇襲しないなら汎用蛮族語でちょっと話したいな
アン:急は難しそうですね
GM:ちなみにギルマン語で何事か罵倒を発しているようですが。
アン:奇襲
フィフス:ギルマン語はわからない
フィフス:とりあえずエフェクトウェポンかな、最初の行動は
GM:あ、そうだ。このタイミングでなんとなくわかるのですが、普通のギルマンより力が強いような気がします。
フェル:「利用者が物語を変えてしまうというのはああいうことですか……」ちょっとだけ見えてる感じ
サロル:ピアシング投げて格好良く奇襲出来るかな?
フィフス:ちなみに簡易ですか?
GM:いえ、テンキー戦闘です。
フィフス:了解です
GM:というわけで、ギルマン’sファミリー全員は次の能力を保有しています。
フィフス:と、なるときしゅうしなかったら4,5,6あたりになるのか
GM:〇家族の絆半径30m以内に「ギルマン’sファミリー」(種別は問いません)がいる場合、その数だけ、命中力を+1、その半分の値だけ打撃点を上昇させます。(端数切捨て)〇逆上同じ戦闘区域内で「ギルマン’sファミリー」(種別は問いません)が戦闘不能になった場合、10秒(1R)の間打撃点に+3し、回避力に-2の修正を受けます。この効果は累積しません。
アン:家族愛あるな
GM:なお、亀のHPは20点、防護点は10点として扱います。青年はHP-3、防護点3点。
サロル:特殊能力はコマの中に書いておけば参照しやすいかもです
フィフス:「プロフェットから倒したいですね」
フィフス:共有メモでもいいかも
フィフス:共有メモに書いておきましょう
サロル:「なんて酷いことを・・・許せません!」
アン:NPCがデータを持つということは狙われる可能性があるのかな
フィフス:カメも共有メモに書いときました
フィフス:プロフェットを最初に狙って
サロル:とりあえず浦島さんを回復させてあげたいw
フィフス:こちらは前衛にエフェクトウェポンかけよう
アン:アウェイクンも必要だから
フィフス:炎だと+5点になるし
サロル:サロルはプリーストだからマルチアクションで
アン:弱点は炎?
サロル:アウェイクンできますね
フィフス:弱点炎ですね
GM:弱点は変わりません。炎で大丈夫です。
アン:エフェクトウェポンたのもしい
フェル:よく燃えそう
フィフス:そして、パラミスはほかのみんなも持ってるので任せます
フィフス:ほかの賊術もつかいたいので
アン:亀とウラシマ君の配置はどこですか?
GM:NPC全配置をテンキー上で終了しました。ご確認ください。
アン:いた
アン:亀が本格的なイラストだ
フィフス:連続攻撃系がいないのでヴぁーパルウェポンがあまり有効でもないか
フェル:特殊攻撃や魔法攻撃はないから、相手の攻撃力下げるべきか
アン:こちらの開始位置次第でゴーレムを8にいかせてかばわせる必要があるかもですね
フィフス:だとしたらパークメイルかな
アン:青年を
GM:開始位置は、隠密しないのであれば1?3の好きな位置に、隠密に成功すれば4?6に配置できるものとします。ただし、全員で成功しなければ、失敗とします。
GM:(戦闘に参加しないのであれば、隠密判定に参加しないこともできます。)
フィフス:それはむりかなw
アン:ですね
フェル:基準値4だから厳しいかなあ
フィフス:失敗するとどうなります?
フィフス:技能がないですw
GM:通常通り、1?3で戦闘開始ですね。ただ、ギルマン達が態勢を整えた状態からのスタートです(陣形の変更)
フィフス:ディスガイズセットでギルマンに変装した場合どうなります?
フィフス:そこまでするかー、って感じに思いますが
GM:ここにはいわゆる家族旅行できてるような感じなので、怪しいとは思うでしょうが…事情は聞けるかもしれません。
フィフス:普通に戦いましょうか。倒してから尋問しましょう
アン:ですね
アン:もう30分たっている
アン:配置も変わるみたいだし
GM:隠密しなければこのままの陣形でスタートできますよー
アン:いま完璧な作戦立てるのは無理想
フィフス:テンキーなので時間かかることを考慮するとはやめにはじめたほうがいいかも
フィフス:全員1?
アン:サロルさんに5をささえてもらって
GM:フェルとフラービィが2かな?
アン:わたしとゴーレムは迂回して8ねらい
フィフス:なるほど
アン:私が5でもいいけど
フィフス:10mなんでエフェクトウェポンは全員かかるか
フィフス:とりあえず、スカウトだけでもさきにやってしまいません?
アン:サロルさん次女たのんでもいいですか?
サロル:いいですよー
アン:では
サロル:一人で倒せると思います
アン:先制良いですか
フィフス:イニシアチブブーストあります
フィフス:Bきって+1
GM:どうぞー
フィフス:一番高い人に
アン:サロルさんが固定高いからいいかも
サロル:サロルですね基準12
アン:私も自力FAはねらおう
GM:目標13…ファンブル以外
フィフス:じゃあ、つかわないでおこう
フィフス:カード節約
サロル:では振ります?
サロル:2d6+7+5 先制判定
SwordWorld2.0 : (2D6+7+5) → 11[5,6]+7+5 → 23
アン:2d6+7+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+7+3) → 10[5,5]+7+3 → 20
サロル:余裕
アン:よしFA
アン:先の魔法頂けるとありがたく
アン:先に
フィフス:では、一番に動きます
ギルマン’sファミリー次女(プロフェット):「ギョギョギョ!?」(な、何者だ!!)なおギルマン語
アン:お願いします
フィフス:補助行動でサロルさんにクリティカルレイ
サロル:おおありがとうございます
アン:驚いているのはつたわるw
フィフス:Bカード使用して+1
フィフス:拡大/数宣言して
フィフス:エフェクトウェポン 炎
フィフス:ええーといる人挙手
アン:ほしいです
サロル:是非ぜひ
フィフス:ゴーレムにかけれましたっけ?
アン:できたはず
フェル:精神効果ではないなら大丈夫です
フィフス:では3倍で
アン:ボス戦ではないと思うので騎獣はいいです
フィフス:ファンブルチェック
フィフス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
フィフス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[3,6] → 9
フィフス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2
フィフス:あ!
フィフス:ゴーレムは失敗
サロル:ゴーレムでよかったと思えば
アン:でるものですね
GM:まぁそれだけ降れば…
フィフス:アンさん、サロルさん は炎で攻撃+2です
フィフス:以上
フィフス:「支援は任せてください」
フィフス:MP3しか減らないのか
フィフス:コスパ最高だ
アン:ありがとうございます
サロル:これで+5ダメージか
フィフス:「いじめは許せません。ルリさまにもしものことがあったと考えると」
アン:「フィフスさんの怒りが燃えている」
アン:ゴーレムも連携でうごかさないといけないなら
アン:わたしから行く方がいいのかな
フェル:あ、お願いします
アン:ではさきに
アン:8にいどう
フィフス:ギューンといどうした
GM:ふーむ…移動妨害なし。というか部位数的に無理じゃな…
アン:補助でキャッツアイ、マッスルベアー、デーモンフィンガー、パラライズミストB長男に
アン:革張り加工も使用します。
アン:宣言 全力攻撃
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 2[1,1]+6+3+1+1+1+2 → 16
アン:ぐはw
GM:ゴジッテンどうぞw
アン:妖精の加護で振りなおします
アン:まだきいてますよね?
GM:はいなー。そういえばドゥナエーの月舞貰ってたな…
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 3[2,1]+6+3+1+1+1+2 → 17
アン:おい
フィフス:固定値は正義
GM:まぁ、長男、回避14しかないし・・・
アン:あたってます?
アン:よかった
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[3,5]=8 → 10+26 → 36
GM:いや、パラミスで13だ
アン:2発目FAぶん
GM:・・・3点軽減で落ちたーw
アン:次男狙えます。主動作だから
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 8[4,4]+6+3+1+1+1+2 → 22
GM:では、逆上が発動して回避が2点下がる。誰じゃい!こんな能力設定したやつ!
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[4,4]=8 → 10+26 → 36
GM:お、落ちました・・・
フィフス:恐ろしい火力だ
アン:安全確保
GM:逆上は累積しないので、これ以上バフは乗らない。
フェル:「亀を殴打していたほうはなんとかなりましたね」
サロル:刺身二人前があっという間に
アン:ゴーレムは5でもいかもちょうど入れるはず
アン:「マシューカメさんは食べちゃダメよ」
マシュー:「そうさのう」
サロル:次はサロルが行きますか
アン:騎獣は待機して終了
サロル:では魔力撃を宣言
ギルマン’sファミリー次女(プロフェット):「ギョ、ギョギョギョ!?ギョギョ・・・」(ば、馬鹿な!?われらギルマン’sファミリー最弱とはいえ、たった一人にあっさり倒されるだと…しかも二人も!)
サロル:補助でヴォーパルウェポンA キャッツアイ マッスルベアー
サロル:5に移動して両手ききで次女に2回攻撃
サロル:「そこまでです!」
ギルマン’sファミリー次女(プロフェット):「ギョギョギョ!!」(なめるな小娘ぇ!!)
サロル:2d6+6+5-2+1 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+1) → 7[1,6]+6+5-2+1 → 17
ギルマン’sファミリー次女(プロフェット):回避14しかないので当たってまーすw
サロル:k14+6+4+1+3+2+5+7@9$+1 ピアシングダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.14c[9]m[+1]+28 → 2D:[4,5 1,1]=10,2 → 6,**+28 → 1回転 → 34
アン:きた
サロル:もう一撃
フィフス:クリティカルレイが訳にあった
GM:コフッ・・・4店減らして30点貰い…残り9点
アン:クリティカルレイしごとしたw
サロル:2d6+6+5-2+1+1 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+1+1) → 8[2,6]+6+5-2+1+1 → 19
サロル:k15+6+4+1+1+3+2+5+7 エレメンタルブレイドダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.15c[10]+29 → 2D:[6,5 4,2]=11,6 → 7,4+29 → 1回転 → 40
アン:またきたw
フェル:「魚の切り身を連想させますねえ……」
フィフス:まわるなー
GM:ゴファ・・・
サロル:2本の剣であっという間に戦闘不能へ追い込みました
サロル:総ダメージ70超えるとは魔力撃すごい
ギルマン’sファミリー次女(プロフェット):「ぎょ、ぎょぎょぎょ・・・ぎょー!!」(わ、われら姉弟はギルマン’sファミリーでも最弱…これで勝ったと思うなよぉ…!)チーン

あっさり殲滅…尋問タイム

サロル:戦闘が終わったので浦島太郎さんにアウェクンをかけます
サロル:いいですか?
フィフス:もう全部終わったのか
アン:最後のセリフ聞き取れないごめんなさいw
GM:了解、亀さんもふるふる震えながら皆さんを見ます。
フィフス:ギルマン語ではなされてるならわからないな
サロル:2d6+5+2 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 3[1,2]+5+2 → 10
サロル:あぶな
アン:「大丈夫こわくないよ」燃えるランスに血をしたたらせながらw
フィフス:ちなみにギルマン生きてます?
サロル:「大丈夫ですかウラシマさん、しっかりしてください!」(アウェイクンをかける)
GM:次女は即死、兄弟は生きてる
フィフス:惜しい人を亡くした
浦島の青年:「う・・・ここは・・・はっ!さっきの半魚人は!?」
サロル:まあクリティカル2回直撃だからなw
フィフス:「なぜ、亀をいたぶるようなまねをしたのですか?」(汎用蛮族語でギルマンに
浦島の亀:「あ、ありがとうございます・・・おかげで命が助かりました・・・」
フェル:「切り身になったというか、擂り身になったというか……」
アン:先に尋問します?
ギルマン’sファミリー長男(ノーマル):「ギョ、ギョギョギョ…ギョギョギョ」(そ、それは…われらの聖地に踏み入ることのできないようにするためだ)ギルマン訛りの汎用蛮族語
フィフス:「なるほど」
浦島の亀:「はっ!そうです!皆さん、助けてください!竜宮城が…竜宮城が大変なんです!」と、それを聞いて亀が使命を思い出したかのように騒ぎ出す
アン:フィフスさんの説明聞きつつ「聖地?」
フィフス:「おそらく亀様のいう竜宮城のことでしょう」
フェル:「竜宮城が聖地……?」
アン:「竜宮城はここにくるまえに司書さんにみせてもらってしってます。舞い踊る場所です」
フィフス:「そういうことなら、ギルマンが亀様をおそっていたこともつじつまがあいます」
浦島の青年:「俺は、この亀が半魚人に痛めつけられていたのを見て、声をかけたんだが…問答無用でやられてしまった…」
フィフス:「と、考えますがどうですかギルマンさん」
アン:「勇気あると思います」普通の人かな
GM:ファイター3くらいですかね。
フィフス:高いな
アン:あー技能あるのか
GM:ただ、剣の加護/運命変転の代わりに、物語の加護/主人公を持ってます。
アン:変転より強そうなものを
フィフス:最後はめでたしめでたしで終わる
サロル:浦島太郎なのにかw
フィフス:浦島太郎もめでたしめでたしで終わるパターンありますよw
サロル:ほほー
フィフス:と、質問に対してギルマンの反応はどうでしょう
フェル:老人→鶴→神 という流れですねえ
ギルマン’sファミリー長男(ノーマル):「ギョ・・・ギョギョ!ギョギョギョ!!」(その通りだ・・・だが、貴様らがいくら強かろうと、われらが母に勝てるわけがないさ!恐れおののけ!)
アン:お母さんが竜宮城にいるのかな
フェル:「この方たちの母が元凶というわけですか」
フィフス:「亀様に連れて行ってもらいましょう」
フィフス:「問題はこの青年を連れていくかですね」
サロル:このギルマンも本の外からの部外者なら叩き出すことは出来ます?
GM:そうですね。よく見ると若干消えかかっているようにも見えます。
GM:あ、次女は問答無用で消え去っているのであしからずw
GM:(戦利品に関しては通常通り入手できる形で大丈夫です。)
アン:「これが物語の力?」いっておかないとw
サロル:「あれ?ギルマンの姿が消えていきます・・・」
フィフス:「なるほど、異物は削除される、修正力ということですね」
フェル:「これが物語の修正力というものでしょうか」
アン:「すくなくともこの場面は守れたのかな?」
GM:その通り。推察通り、敗者は修正力に負けて強制退場させられます。
フィフス:「どれほどの修正力があるるかはまかりませんね」
フィフス:「この青年を連れて行って乙姫にあわせると物語は破たんしないとは思いますが、そこまでする必要があるかどうか」
GM:一応補足しておくと、今回の依頼は異物の排除、つまりはギルマン’sファミリーを倒せば完了となります。
フィフス:了解です
アン:はい
アン:亀さんの方の話も詳しく聞きますか
サロル:「不思議な世界ですが、困っている人はお助けします」
GM:はいな、では亀さん。
フィフス:「とはいえ、気分の問題ですがディスガイズセットで浦島太郎の姿を借りましょう」
フィフス:「そこまでする必要はないとは思いますが、まぁ個人的な趣味です」
亀さん:「普段通り、竜宮城で穏やかな日を過ごしていたある日のことです・・・あの悪魔の半魚人たちがやってきたのは…」
亀さん:「彼らは、突然竜宮城を乗っ取り、ライブハウスにすると言い出したのです・・・」
アン:先進的だ
アン:「ライブハウス?」
亀さん:「私たちは様々な弾圧を受けていましたが、特に一番美しかった乙姫様は、半魚人の親玉に疎まれて、幽閉されてしまいました・・・」
フィフス:「魔道機文明のときに存在しました。音楽を演奏する場所ですね。すこしガラの悪い人が多いところです」
フェル:「は、はあ……」
サロル:「囚われのお姫様がいるんですか(少し騎士物語っぽいです)」
アン:フィフスさんの説明も面白いなw
サロル:お姫様のこと聞くと少しテンションが上がっているサロルちゃん
アン:「お姫様は助けないとですね」
亀さん:「私は、そんな状態を打破するため、仲間たちに送り出されて、助けを求め陸までやってきたのですが…」
フィフス:「なるほど、助けを求める人に手を差し出すのが冒険者だとわたしは教えられました」
フィフス:「むろん、わたしもそうでありたいとおもってます。力にならせてください」
サロル:「そういうことなら任せてください」
サロル:「こうみえてわたしは騎士を目指してるんです、お姫様は必ず助けて見せます!」
アン:「ウラシマさんはどうしましょう。物語は一緒に行っていたのですが」おじいさんになる未来をしっているのでさそいにくそうに
浦島太郎:「悔しいが、俺では実力が全く足りていない…ついて行っても、足手まといになるだけだろうな…」
アン:物語的にいいのかな
アン:フラグ管理が気になるw
フィフス:「ディスガイズセットで変身しようと思いましたがまたの機会にしてもらいましょうか」
GM:HAHAHA、ナイショw
サロル:とりあえず回復してあげよう
フェル:「物語を乱すものを懲らしめるのが司書さんから受けた依頼ですからね……」
フィフス:「思うに、物語はあの結末ですが」
アン:平和を取り戻してからまた亀さんたすけてもらえばいいのかな
フィフス:「浦島と乙姫が出会い、そこで感じた思いに嘘はなかったと思います」
フィフス:「ですので、我々が邪魔していいものとも思いません」
フィフス:「平和になれば、またいずれ会う機会もあるとおもいますしね」
アン:「まずは正しいかたちにもどしますか」
サロル:念のためキュアハートかけてあげよう
浦島太郎:「すまない・・・俺の祈りは大したことないかもしれないけど、無事を祈ってる。」
フェル:「……そうですね」
サロル:2d6+5+2 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 3[2,1]+5+2 → 10
サロル:k30+7@13
SwordWorld2.0 : KeyNo.30+7 → 2D:[3,4]=7 → 7+7 → 14
フェル:では、こちらは亀さんにアース・ヒールを
サロル:「あ・・・大分お怪我をされていますね、少しですが治療させてください」
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[1,3] → 4
フェル:k0[13]+6+4+1 アース・ヒール
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+11 → 2D:[6,4]=10 → 3+11 → 14
フェル:「では、私はこちらの方を」
フィフス:「ところで浦島さん」
浦島太郎:「ん・・・なんだい?」
フィフス:「あなたは力がないと言いましたが、それはそれとして困ってる女性を助けたいですか?」
浦島太郎:「・・・そうだね、俺にできることがあるなら、全力は尽くしたいと思う」
フィフス:「ならば、行くべきべしょう。あなたの助けを必要としている人がいます。何を言っているかはわからないでしょうが、これはあなたの物語なのですから」
アン:いいね!
アン:手を引いておこしましょうか
浦島太郎:「・・・ありがとう、そういってくれて。一つ、頼みがある。聞いてくれるか?」
サロル:「はい、なんしょうか?」
浦島太郎:「俺一人じゃ、おそらく何もできない。君たちについて行っても足手まといになるだけだとは思うが…俺を、連れて行ってくれないか?」
アン:「もちろんですよ。みんなそれぞれのやくわりを頑張るです!」
フィフス:「その勇気こそがなによりの我々の励みになります」
サロル:「大丈夫、あなたもお姫様もこの剣に誓って死なせはしません!」
フェル:「まあ、無理だけはしないようにしてください」
浦島太郎:「ありがとう・・・よろしく頼む!」
亀さん:「どうやら、お話はまとまったようですね・・・」
アン:「でも竜宮城海の中ですよね?」エルフじゃないよという顔しつつ
亀さん:「これから、皆さんを竜宮城までご案内します。私についてきてください!」と言って、そのまま海に向かいます。亀なので、遅いですがw
アン:「ついていけばいいのかな」
サロル:付いて行こう
アン:海に入っていきます?
フィフス:さて、ついていきます
GM:はいな、それでは海に入ると同時に、皆さんに泡のようなものがまとわりつき…
GM:皆さんに、限定的な剣の加護/優しき水が与えられます。
アン:「これはすごいですね。」泡に触れつつ
アン:割らないように慎重に
フィフス:「新鮮な気持ちですね」
フェル:「……物語ならでは、という感じですね」
アン:「マシューも気を付けて」
マシュー:「そうさのう」
サロル:「うわぁ、きれいです」
GM:なお、泡に包まれていますが、この半径10mほどの泡から抜け出すと加護が切れます。で、泡は自在に動かせますが、速度は普段の半分ほどだと思ってください。泡の中は自由に移動できます。
アン:「おそわれなきゃいいのだけど」

いざ、ライブハウス”リュウグウ”へ!

GM:さて、しばらく進んでいくと…何やら派手な光を放つ一つの建物が見えてきます。ピンクいです
亀さん:「ま、まさかここまで改修が進んでいたなんて…」
フェル:「……景観を破壊してますね、確実に」
フィフス:「悪趣味な」
アン:「イメージと違う。舞い踊ってなさそう」
フィフス:「まぁ、ある意味、仕事後の冒険者が踊ってそうですが」
亀さん:「ひとまず、裏手へ行きましょう。半魚人たちは、人数はそこまでいないはずなので、そこなら安全に入り込めます」
アン:地元の人の指示には従う
アン:一応警戒はしておきます
サロル:「そうですか、ちょっと派手だけどデザインは新鮮だと思いますが。」(少し趣味悪い)
GM:ではライブハウス”リュウグウ”の裏手に来ました。人の気配はなさそうです
アン:名前まで
フェル:「まあ、正当な所有者の意に反する改装なので……」
アン:泡はどうなります?
GM:城に入ると、泡は広がります。ここは浦島が生活できるエリアなので。基本的な行動に制限は尽きません。
アン:よかった
フィフス:では、警戒しながら進んでいきますか
アン:「カメさんは信じていたけど足がつく方がやはりおちつきます」
サロル:「そうですね、無許可で建てるのはいけません、懲らしめてあげましょう」
亀さん:「ここまでは以前のままですが…ここから先は、いろいろ改装されていて、ちょっとよくわからなくなっていますね・・・」
フィフス:「仕事が早いですね」
アン:行動力ある
浦島太郎:「元の竜宮城は知らないが、おそらくここよりもっときれいだったんだろうな…」
アン:幽閉室がだいたいどこへんかわかります?
フェル:「それは厄介ですね。基礎からすべて変更というところまでいってないといいのですが」
GM:亀さん曰く、地下室。ただ、ここから行くと以前の大広間…おそらくダンスホールに改造された場所の前を通らざるを得ない。
アン:先にお姫様救出がいいですよね?
アン:これはマザーというのに遭遇ですね
アン:すすむしかないですね
GM:隠密で一人か二人先に先行するという手もありますと言っておきます。
サロル:ですねー
フィフス:ディスガイズセットを使うと潜入できそうですがスカウトないですし、長くなりそうです稲
アン:うらしまさんもいるしみんなでいきますか
サロル:その方が安全かな
GM:了解です。ではでは、ダンスホールっぽい部屋が近づいてくると…何やらギルマン語で歌が
サロル:「ここはまとまって進んだ方がよさそうですね」
アン:またききとれないw
フェル:「……何やら盛り上がっていることは確かですね」
フィフス:「不勉強でしたね。ギルマン語も覚えておけばよかったです」
GM:ではここで…精神抵抗判定をしてもらおうかな!
サロル:「う、うるさいです?」
アン:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 6[4,2]+10 → 16
サロル:2d6+12 精神抵抗判定
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 6[1,5]+12 → 18
フェル:「覚えても使いどころに困りそうな気がします」
フェル:2d6+6+2 精神力抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 7[3,4]+6+2 → 15
フィフス:9+2d6
SwordWorld2.0 : (9+2D6) → 9+8[5,3] → 17
フィフス:ルーンフォークなのに9あるという
GM:2d6+11-4-2 (呪歌行使)
SwordWorld2.0 : (2D6+11-4-2) → 8[2,6]+11-4-2 → 13
浦島太郎:2d6+3+2+2
SwordWorld2.0 : (2D6+3+2+2) → 5[3,2]+3+2+2 → 12
フィフス:浦島さんくらった
サロル:浦島さん・・・
亀さん:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
アン:いいNPCw
GM:えーとですね・・・この歌はチャーミングです。
フィフス:呪歌は何かな
アン:ききほれてそうw
GM:言語は全員分からないのですが…なんとなく、この奥にいる美しい半魚人を褒め称えたい衝動に駆られます
浦島太郎:「綺麗な歌声だ・・・」ふらふら?
サロル:サニティーを浦島さんに撃てますか?
亀さん:「こ、このうたは・・・」ふらふら?
フィフス:「このような歌に頼るとは、余程自分に自信がないようで」
GM:30秒ほど猶予がある上に、精神効果属性(弱)ですw
アン:このままいかれるとこまるからサニティはいいですね
サロル:ではサニティを撃ちます、浦島さんと亀は1人扱いでいいですか?
フェル:精神効果(弱)だから叩くという手も(ひどい
GM:いえ、別々扱いでお願いします。一応両方振っているのでw
サロル:マルチアクション持ちなので亀を叩いて、浦島さんにサニティとかやれますw?
GM:やれるとしましょうw
アン:いざとなれば報酬の魔晶石つかいましょう
サロル:イスカイアの鎧を持っているので魔力が+1されます
サロル:2d6+5+2+1 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2+1) → 2[1,1]+5+2+1 → 10
サロル:
フィフス:50点w
GM:ふらふらー
フィフス:今日おおいねw
フィフス:しかたないw
サロル:月の舞効果で振り直し
サロル:2d6+5+2+1 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2+1) → 10[5,5]+5+2+1 → 18
サロル:亀さん叩くのはダメージ発生しますか?
GM:文句なしに覚めた。亀さんはなしでいいです。命中だけ振ってくださいな。ピンゾロじゃなければ当たるのでw
サロル:では
サロル:2d6+6+5 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5) → 7[5,2]+6+5 → 18
サロル:ふらふらする2人を魔法と剣の柄で目覚めさせます
サロル:「ウラシマさん、亀さん!気をしっかり持ってください!」
フィフス:「ナイスです、サロルさん」
GM:浦島「はっ!?俺はいったい…」亀「あだっ!?い、いったい何が…」
アン:「さわぎにならなくてよかったです」
GM:さて、相変わらずダンスホールでは歌が聞こえてきます。ついでに、男っぽいギルマン語が囃し立てます
アン:もりあがっているみたい
アン:数が気になる
GM:覗いてみます?
アン:わたし非金属なので近づいてみようかな
アン:「ちょっとみてきます」
アン:判定いります?
GM:いや、どんちゃん騒ぎなので絶対気づかない…w
アン:ならみんなもドアのとこまで呼ぼう
サロル:ではアンさんの側に向かいます

ギルマン一家、父と母は…

GM:ではですね・・・一人はすでに見たプロフェットの姉、あと二人は新規です。男と女、それぞれ別。
フィフス:近づきます
GM:ギルマンではありますがね。それとは別に、周囲に竜宮城の従業員っぽい人たちがチャーミングの抵抗に失敗しています
フェル:「完成祝いでもしているのでしょうか?」と言いつつ
アン:御父さんとお母さんかな
GM:魔物知識判定どうぞー最低目標値は13と14、弱点はそれぞれ+4
アン:魔物判定できます?
アン:がんばれー
フィフス:けっこうきついな
フェル:2d6+5+4+1 魔物知識 13 14 #1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 8[2,6]+5+4+1 → 18
フェル:2d6+5+4+1 魔物知識 13 14 #2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 3[1,2]+5+4+1 → 13
フィフス:2d+9 おじさん
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 2[1,1]+9 → 11
GM:男のほうは抜けた、女のほうは抜けず。
フェル:14のほうがひどいことに
フィフス:50点
サロル:またかw
フィフス:2d+9 女
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[4,3]+9 → 16
GM:女のほうは知名度は抜けた
フィフス:弱点は無理か
GM:ギルマンガーディとギルマンディーヴァです
GM:そしてこの二人もギルマン’sファミリーです
サロル:ほうほう
フィフス:9レベルか
GM:なお、欠片がディーヴァに9個入ってます。
フィフス:とりあえずエフェクトウェポンかな
アン:いつもありがとうございます
GM:さて、配置ですが…
GM:亀さん、浦島太郎含め、1?3に自由に配置してくださって結構です。
アン:端の方がテンキーはまもりやすいから1かな
フィフス:皆移動力高いというテンキー
サロル:従業員さんもいるのかw
GM:さて、それとはほかに竜宮城職員3名います。この3名はHP1、防護点0として扱いますが、チャーミングを受けているため、移動妨害を行います。
フィフス:おおやっかい
フェル:魔法はないけど呪歌があるから厄介だなあ
GM:通常の手段で解除するほか、接近している状態で、宣言することで、このチャーミングを解除できます。
サロル:サニティで解除する場合の達成値はいくらです?
GM:2d6+8
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 2[1,1]+8 → 10
フィフス:50点w
GM:Oh…10でいいです・・・
フィフス:今日はダイスがおかしい
サロル:ファンぶらない限りは解けますねw
サロル:でもサニティは接触射程なのがつらい
アン:サロルさんは5への突入でいいかと
サロル:ですね、ヒューレの教え通り危険度が高い所へ突っ込むなーサロルさん
アン:私も5にして倒すの狙うのがいいのかな
アン:最悪ゴーレムを4でNPCは隣接されなそう
GM:さて、この戦闘でダイスを振るのは母とガーディのみ。
アン:2にPCはいるほうがいいかな
フィフス:エフェクトウェポンはつかうとして
サロル:アンさんと協力なら1ターンで落とせるかお父さん
アン:ゴーレムに4はささえてもらえそう
フィフス:クリティカルレイをサロルにいれときますね
フィフス:Aなげるので回れば行けるはず
サロル:片方ピアシングだから回りますからねー
アン:フィフスさんも2がいいかな
アン:1が万全になる
GM:では、先制判定だけやってしまいましょうか。こちらの先制値は驚異の17じゃー!
サロル:2d6+7+5 先制判定
SwordWorld2.0 : (2D6+7+5) → 7[4,3]+7+5 → 19
フィフス:こえたー
GM:アバー!?
アン:2d6+7+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+7+3) → 4[1,3]+7+3 → 14
アン:ぐは
GM:ま、まぁまぁ、FAを一つ封じたし・・・
サロル:サロルのスピードは伊達じゃないのですw
アン:施設効果
アン:2d6+7+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+7+3) → 12[6,6]+7+3 → 22
アン:よし
サロル:凶悪だな施設効果
GM:これでもまだ…足りぬというのか…!?
--------------------------

いざ、ギルマン一家との最終決戦!

GM:というわけで、ラストバトル直前です。改めて現状の確認をば
GM:前衛にギルマンガーディこと父ギルマン、後衛に、プロフェットの長女、ディーヴァの母がいます。
GM:それぞれ5と8にいるのですが、母のチャーミングにより、職員たちが移動妨害を行います。職員の位置は4,6,7に一人ずつ。
GM:この職員たちはHP1、防護点0の敵として扱いますが、主動作は行いません。そして、主動作を用いることで、無力化することができます。
アン:やはり妨害されるのか
アン:サニティ以外に正気に戻す方法はない感じ?主動作で揺さぶるとか
アン:あっできるのですね
GM:無論、攻撃してもらっても構いませんぜ?w
アン:ゴーレムくんでもいいのかな?
サロル:鯛と平目が死んでしまうw
GM:ゴーレムでも構いません。
フィフス:おかずが増えるね
GM:なお、職員は駒の上では一人だけに見えますが、実際には群れでいると思ってください。じゃないとあなたたちを止められないw
アン:初手4を正気にもどしてもらって次ラウンド以降7目指してもらうのがいいですね
アン:ゴーレムくん頼もしい
フェル:ふむふむ
アン:6のが進んでくるかな
GM:まぁ、こちらはあくまで演出上の話。サニティなどの消費MPも一コマ一人分でかまいません。
GM:んで、チャーミングの目標値を前回サイコロ振って決めたのですが…ピンゾロでしたので、10でいいです(白目)
アン:5へのみすとはアンが担当したほうがいいかな
サロル:おねがいしますー
アン:了解です
アン:まずは補助もらってから動きましょう
GM:さて、最後に・・・浦島さん、どうします?
アン:うらしまさんはその場待機で
アン:戦闘特技とかあります?
アン:あっ浦島さん正気戻すやくもいいのか
GM:全力攻撃、武器習熟A/釣竿
サロル:釣り竿w
GM:はまぁ、冗談として、武器習熟A/ソードです。釣竿が武器ですけどw
アン:いや守った方がいいから待機がいいですよね?
サロル:ですね、余裕はありますし
アン:テンキーでの前進はこわい
GM:了解ー。ひとまず1にいる感じでよろしいですかね
アン:おねがいしまう
フェル:そうですね
GM:後、亀さんは戦闘に参加しません。戦闘特技もレベルもないからね!
アン:貴方の出番は乙姫様に会ってからとか心で思っておこう
アン:そんな感じで始めますかね
サロル:ではお先に後衛の方お願いします!
GM:はいな、ではどうぞ!
アン:お願いします
アン:ゴーレム動かさないといけないから
アン:フィフスさんからがいいのかな
どどんとふ:「」がログインしました。
フィフス:では、行動もらっていいでしょうかね
アン:お願いします
GM:こちらはいつでもどうぞー
フィフス:では補助行動でクリティカルレイ
アン:きた!
フィフス:Aをきってサロルに
アン:まわれー
フィフス:魔法拡大/数宣言
サロル:よーしまわしてやるぞー
フィフス:消費MP1なので全員にかけますねw
フィフス:エンチェントウェポン炎
アン:頼もしすぎるw
フィフス:失敗したら悲惨なことになるんですがいっかつでいいですか?
GM:うげぇ!
アン:信じますw
フィフス:判定>GM
GM:こちらはどちらでも構いませんとも。
GM:ただ、個別に振る場合は対象を明確にして振ってくださいね
フィフス:ではファンブルチェック
フィフス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2
フィフス:あれ
アン:ww
GM:やったぜ(邪笑)
フェル:見事なまでの回収
サロル:うーんこのw
フィフス:月の恵みの効果もらってますよね、ボク
アン:妖精の加護は?
アン:妖精仕事しているなw
フィフス:妖精の加護か
フィフス:では妖精の加護で振りなおします
フィフス:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2
サロル:アバー!
フェル:お、おおう
フィフス:おかしいぞ
GM:ドゥナエー仕事休んだw
アン:36*36
アン:凄い確率w
サロル:100点経験点だと思えば・・・
GM:リアルセッションでもまれにあるとはいえなぁw
GM:50点です(ニッコリ
フィフス:はい、これ以上の手段はないので結果はかかりませんw
サロル:あっそっか
フィフス:申し訳ないが、一括で振ったことに後悔はないw
GM:振りなおしは前回の結果を無かったことにして新たに振るわけですので、最後の出目のみが適用です
フィフス:というわけで50点でもらいます
フィフス:正直加護あるから成功すると思ってたw
GM:というわけで、エンチャントウェポン失敗。次の方ー
フェル:「うーん、覚え立ての妖精魔法だとこんな感じなのでしょうか」
アン:フェルさんお願いします
フィフス:今100点だな
フィフス:というかこのセッションはファンブルが多いい
アン:どどんとふのセッションを面白くする機能w
フェル:では呪歌対策として精神効果無効のゴーレム以外にカウンター・マジックを
GM:(チッ
アン:ありがとうございます
フェル:怖いので個別で
アン:www
サロル:賢い選択w
GM:対象ごとに宣言しながら振ってくださいね。
GM:面倒かと思いますが、よろしくお願いします
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル フィフス マシュー フェル #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[2,3] → 5
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル フィフス マシュー フェル #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[1,6] → 7
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル フィフス マシュー フェル #3
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[3,4] → 7
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル フィフス マシュー フェル #4
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル フィフス マシュー フェル #5
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[3,3] → 6
アン:全員OKですね
サロル:よかった?
フィフス:「水にやられたようです。マギテックの調子がおかしい」
フィフス:と、いいわけしとこう
アン:たしかに水に弱そうw
サロル:「だ、大丈夫です!次はきっとうまくいきますよ!」
アン:生みの中きましたからねw
アン:
アン:ゴーレムくんもどうぞ
フェル:「そ、そういうものですか……」
フェル:ゴーレムは4に通常移動して職員さんにダメージを与えない程度の揺さぶりを
アン:かしこい
GM:了解ですの職員は、チャーミングの呪縛から解放されました。そして即座に散り散りに
アン:いい感じ
アン:まきこみたくないですからね
フェル:「皆さん、気をつけて避難してくださーい」
アン:では私
サロル:どうぞー
アン:5に突入
アン:補助でキャッツアイ、マッスルベアー、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、パラライズミストA
アン:革張り加工も使用します。
アン:宣言 全力攻撃
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 7[6,1]+6+3+1+1+1+2 → 21
アン:あっボス戦なのでMP7点はマシューからもラオウ
マシュー:「何かつかれた」
サロル:生涯に一片も悔いがなさそう
アン:あれ回避は振らない?
GM:ちょっと待ってくださいねー。パラミスAが入って…
GM:2d6+8
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 5[2,3]+8 → 13
GM:こんなん無理ゲー(白目
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[4,5]=9 → 11+26 → 37
アン:主動作2回目
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 8[2,6]+6+3+1+1+1+2 → 22
GM:ダメージ10点止めて…半分近く減ったぁ
GM:2d6+8 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 10[5,5]+8 → 18
GM:うーん、おしい
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[5,4]=9 → 11+26 → 37
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[1,5]=6 → 7+26 → 33
アン:すみませんラグが
アン:最初ので
アン:たってます?
GM:37点の10点軽減…27てんもらいませう
GM:馬鹿な…いくら2回殴られたとはいえもう6点のみだと…?
サロル:まだマシューの攻撃も残ってる?
アン:ではマシュー
マシュー:補助でキャッツアイ、ビートルスキン
マシュー:2d6+11+1 マシュー下半身命中
SwordWorld2.0 : (2D6+11+1) → 6[5,1]+11+1 → 18
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):「ぐはぁ!?馬鹿な…!」
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):2d6+8 避けるのじゃ!ガーディ!
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 10[5,5]+8 → 18
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):やった!!
アン:あら
アン:ごめんなさいサロルさん前線開けられなかった
アン:おわりです
サロル:いえいえ、次のターン一気に突入する準備をしますよ
アン:上半身だとあたってた
アン:欲出したな
サロル:ではこちらの手番
サロル:魔法をかけて突撃の準備をしよう
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):し、職員さん目覚めさせに言ってくれてもいいのよ?
サロル:ゴーレム君のお仕事ですのでw
サロル:マナチャージクリスタルからMPを取りセイクリッドウェポンを行使
サロル:2d6+5+2 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 8[3,5]+5+2 → 15
アン:そうか蛮族か
アン:いいね!
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):おっと、対象は?
どどんとふ:「」がログインしました。
サロル:すいません自分です
GM:はいなー
サロル:次は自分にストームエッジを行使
サロル:FAで二行動です
GM:了解了解…(白目
サロル:2d6+5+2 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 8[5,3]+5+2 → 15
サロル:風属性で
サロル:さらに補助動作でエレメンタルブレイドを炎属性にしておきます
サロル:「例え水の中でも心が燃えていれば火は灯るものです!」
サロル:おわり
GM:風と炎が合わさり、最強に見える
サロル:「これぞフレイム・ストームエッジ!」
アン:はでだ
GM:これで全員行動かな…今度はこちらの番だ!(涙目)
GM:うーんとりあえず・・・
GM:あ、ギルマン’sファミリー全員、逆上が発動しています。
GM:してないわ!神でないわ!素晴らしい!
アン:絶妙にいきてますw
GM:というわけで、まずはプロフェットこと姉が月は血を好む
GM:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[6,1] → 7
GM:MP2点減らして、半径30m以内のギルマン全員に命中+1
アン:いろいろできるギルマンさん
GM:ディーヴァさんは海からの癒し
GM:2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 8[3,5]+11 → 19
GM:成功、半径30m以内のギルマンのHPを2d6+10回復。その分、自身のHPを減らす
GM:2d6+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[6,1]+10 → 17
アン:家族愛すごいな。いいコンボ
アン:モンコレのギルマン思い出す
フィフス:「その愛を他人を傷つけることに使わなければ」
GM:そしてお待ちかねの父でアンを攻撃する!家族の力をくらえい!
アン:フィフスさんに説教されているw
GM:2d6+11+1+2 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+11+1+2) → 7[4,3]+11+1+2 → 21
アン:全力つかっているんですよね
アン:2d6+6+3 +1-2 回避(騎乗、全力)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 11[5,6]+6+3 → 20
GM:家族の絆の力だ!
アン:わる
アン:指輪を
GM:ショボーン…
フィフス:回避(500円)
アン:「家族の愛が私の指輪を割った…」いっておいてあげようw
サロル:ワンコイン>家族
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):「うるせいやい!!」
アン:1差はあるからオートガード欲しい
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):行動終了…
アン:ギルマン語なのになぜか伝わるw
GM:あとは7にいる職員が4に上がってくるぐらいですね
GM:・・・ミスった
GM:どうぞー、そちらのラウンドですよー(ふて寝
アン:どうされたのだろうw
アン:後衛さんからまたおねがいしていいですか
サロル:今度は1→4→7→8で本陣へ行けるのでもっかいクリレイ頂けます?
アン:そうか30あるのかw
フィフス:はい
フィフス:では動きます
フィフス:まずクリティカルレイAをサロルに
アン:5は落とせるとおもいます
サロル:スピードタイプはテンキーだと生きますねw
フィフス:メインでリベンジエフェクトウェポン炎
フィフス:全員に
サロル:あっ、サロルは不要です
サロル:すでに属性持っていますので
フィフス:あ、ではサロル以外で
フィフス:8人分
GM:はいなー。来なさいなー(投げやり)
フィフス:2d6
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[4,5] → 9
フィフス:成功
アン:燃えてきた!
フィフス:ダメージ+2と炎属性です
フィフス:なぜか亀と浦島にもついてる
アン:たのもしすぎる
GM:えーと、全員弱点抜けてたっけな…?ディーヴァだけ抜けてなかった記憶
サロル:たしかディーヴァは抜けてないですね
フィフス:ディーヴァは抜けてないですね
アン:名前は知っている
アン:フェルさんいいですか
GM:んじゃ、母以外のギルマンは全員+3点よ分にダメージだな!(
アン:ゴーレムで4の道もあけてあげてください
フェル:わかりました
サロル:ありがたい・・・
アン:正気に戻すルールが絶妙にいいバランスですね
フィフス:グレネードで殴りたかったが連続ファンブルしたのでしかtない
アン:まぁ1ゾロだったったというのもあるでしょうがw
アン:そうか攻撃もできますしね
アン:グレネードはみたいな
フェル:では、まず主のほうは前衛のふたりと2体にプロテクションを
アン:いろいろできてたのもしい。ありがとうございます
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル マシュー前 後ろ ゴーレム #1
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル マシュー前 後ろ ゴーレム #2
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[2,5] → 7
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル マシュー前 後ろ ゴーレム #3
SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[2,1] → 3
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル マシュー前 後ろ ゴーレム #4
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6
フェル:2d6 操霊魔法行使 抵抗なし アン サロル マシュー前 後ろ ゴーレム #5
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[5,4] → 9
フェル:そしてゴーレムは迫ってきた職員たちに火傷しない程度に揺さぶりを
アン:やさしいw
GM:ああ!母の可愛いファンがどんどんと悪魔の手に…!
アン:紳士的なゴーレム(生肉)
サロル:むしろ焼肉なのでは?
アン:そうかいまウェポンでいい匂いがしていそう(すみません)
アン:わたしからいきますね
サロル:どうぞー
アン:父さんに攻撃
アン:補助でガゼルフット、ビートルスキン
アン:補助でデーモンフィンガーかけなおし
アン:宣言 全力攻撃
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 7[2,5]+6+3+1+1+1+2 → 21
GM:パラミス入ってないけど構いませんですか?
アン:あっ
アン:まきもどしていいですか
GM:ふーむ、まぁいいでしょう。以後気を付けてくださいな(まぁあってもなくても変わらない気はする)
アン:パラミスAですみません
GM:あいあいー
アン:パレットかえておこう
GM:2d6+8 回避ー
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 10[6,4]+8 → 18
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[5,4]=9 → 11+26 → 37
GM:ひゃっほう!やっぱりどっちにしろダメだったぜ!
GM:10点軽減で27点、流石に無理!
アン:よし5をかくほ
アン:おわり
GM:2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 12[6,6]+11 → 23
GM:あ、生死判定6ゾロで1残った
アン:なんと
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):「家族は…俺が守る!!」
アン:これはまだたっているのか
アン:マシュー
サロル:無常
マシュー:2d6+12+1 マシュー上半身命中
SwordWorld2.0 : (2D6+12+1) → 3[1,2]+12+1 → 16
マシュー:2d6+12+1 マシュー上半身命中
SwordWorld2.0 : (2D6+12+1) → 7[1,6]+12+1 → 20
アン:あっ最初の出
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):2d6+8 避けて…お願い…
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 8[4,4]+8 → 16
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):っしゃおらぁ!!
アン:だめ
マシュー:「なれんのう」
サロル:この魚類根性見せてるなw
マシュー:おわり
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):というか、出目1,2を出目8以上でしかよけれないって何なの…
サロル:こちらの番、出し惜しみなしで行きますか
フェル:「打たれ強いというか、なんというか……」
サロル:補助でキャッツアイ、マッスルベアー、ビートルスキン、ガゼルフットヴォーパルウェポンAを使用、戦闘モードになります。
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):コナイデイイヨー
サロル:147経由で8へ移動して魔力撃を宣言、ディーヴァに二回攻撃
どどんとふ:「」がログインしました。
マシュー:渡し後本気は1ラウンドしかいけない
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):コナイデイイヨー
サロル:「竜宮城の人達に被害が出る前に、全力で仕掛ける・・・!」
サロル:2d6+6+5-2+1+1 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+1+1) → 3[2,1]+6+5-2+1+1 → 14
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):「くっ!歌姫を直接狙うなんて卑怯な!」
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):2d6+11 地味にディーヴァさんは回避が高いのだ!
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 7[6,1]+11 → 18
サロル:2d6+6+5-2+2 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+2) → 9[4,5]+6+5-2+2 → 20
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):2d6+11 2回目ぇ!
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 6[4,2]+11 → 17
サロル:k14+6+4+1+3+2+7+4@9$+2 ピアシングダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.14c[9]m[+2]+27 → 2D:[5,2 2,5]=9,7 → 5,4+27 → 1回転 → 36
マシュー:あーダイス目勝負なのか
サロル:おわり
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):ゴフッ・・・
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):残り44点…
フィフス:結構残りましたね
マシュー:HP90スタートだから
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):回復に自HP使うから、割ときつい
サロル:どちらにしろ1ラウンドで落とすのは難しかったのでいいか
マシュー:父をゴーレムさんに倒してもらおうかな
マシュー:そしたら8にすすめる
GM:…あれ!結構やれるじゃん!ギルマン一家!
マシュー:家族愛がすごいw
GM:とりあえず母は声を枯らして海からの癒し
GM:2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 4[2,2]+11 → 15
GM:成功
GM:2d6+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[3,5]+10 → 18
マシュー:父かな
GM:自HPを18点減らして、味方全員を18点回復
アン:全員か
GM:これ、半径90mのギルマン全員のHPを回復するんですよね
フィフス:グレネードは地味に射程がいなのでウィークネスにしようかな
フェル:広範囲だなあー
アン:ならゴーレムさん8に進んでもらったほうがいいですね
GM:ま、HP減ってるのお父さんだけですがね
サロル:まさにライブ
アン:5は私が殴ろう
GM:で、次は長女。
GM:んー、五分五分かな…サロルを殴ろう!
アン:よけろー
GM:2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 5[3,2]+11 → 16
サロル:2d6+6+5+1-1 回避判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5+1-1) → 5[2,3]+6+5+1-1 → 16
GM:ぐぬ
アン:おー同値
サロル:「遅い!」
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):「母様から離れろ!この人族!」
フィフス:「あなたたちも竜宮城から離れていきなさい」
GM:さて、最後はお父さん。驚異的な粘りを見せております。
アン:そうかグレネードで5は打てるのかな
フィフス:じゃあ、グレネード処理しますか
GM:アンを殴るしかないんだよなぁ・・・アンって金属鎧着てますっけ?
アン:非金属
アン:スカウトなので
アン:ドラゴンきてます
GM:よし、なら牽制攻撃Ⅱだ。
フィフス:そうですね、じゃあ次はグレネード5処理しますね
GM:2d6+15 アンを殴る!命中
SwordWorld2.0 : (2D6+15) → 9[3,6]+15 → 24
アン:グレネード+ごーれむでいけそう
アン:2d6+6+3 +1-2 回避(騎乗、全力)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 7[6,1]+6+3 → 16
アン:むりw
GM:やった!初ダメージ!
GM:2d+13+1+2
SwordWorld2.0 : (2D6+13+1+2) → 6[5,1]+13+1+2 → 22
アン:牽制はしかたなし
GM:いろいろ乗って22点!
アン:いたい
アン:スキンとプロテクションでも痛い
アン:11ダメ
GM:かてぇ!「
アン:いや充分痛いw
GM:行動終わり!職員さんは8に行く!
アン:8にきたか
フェル:「厄介なところに……」
フィフス:では、こちらの行動かな
GM:以上、ではPLラウンドです。意外と粘る一家
アン:後衛組さんで5をかたずけていただけるとありがたく
フィフス:では、先に行きます
フィフス:補助でディーヴァにパラミスA
アン:やったグレネード見れる
フィフス:宣言で魔法誘導
フィフス:メジャーでグレネード
アン:…制御はお持ちですよね?
サロル:お、パラミスありがたい
フィフス:魔法制御だw
フィフス:間違えました
アン:私もまきこまれるw
GM:まぁ、収束でもいいですけどね・・・w
アン:そうか1体か
GM:単体に当てるだけなら収束と誘導だけで十分
アン:HP19のようです
サロル:収束もない?
フィフス:収束はないですね
アン:制御に収束がいるので
アン:あれ?
GM:制御の前提で、収束と誘導、両方いりますが…
フィフス:あるの誘導ですね
フィフス:失礼
GM:誘導のみは誤射りますね。
フィフス:うむ、だめだったので
サロル:グレネード範囲だからアンさんとマシューごと爆破ですね
フィフス:魔法拡大/数でウィークネスつかいます
アン:マギだから誘導でなく収束でよかったんですね
アン:シート見てあげておけばよかった
フェル:ドワーフなら問題なくできる戦術だなあ
アン:ならゴーレムは8に進めてください
フィフス:とりあえず対象3人で
アン:5は私受け持ちます
GM:抵抗したる!
フィフス:一括で
フィフス:2d+3+6+1
SwordWorld2.0 : (2D6+3+6+1) → 3[2,1]+3+6+1 → 13
GM:2d6+11 母
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 9[5,4]+11 → 20
GM:2d6+11 父
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 5[1,4]+11 → 16
フィフス:出目わっるー
GM:2d6+9 長女
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[3,4]+9 → 16
GM:全員抵抗!でも短縮だから1Rかかるよ!
フィフス:が、短縮なので1Rはかかる
GM:ふざけんなぁ!w
フィフス:これ個別のほうがいいですかね?
アン:固定値差はそんなにないから個別でもよかったかもですね
フィフス:あ、いえ弱点付与のほう
サロル:サロルはどれが出ても美味しいのでご自由に
フィフス:1d+1d 長女
SwordWorld2.0 : (1D6+1D6) → 1[1]+6[6] → 7
フィフス:長女は炎+3
GM:炎6点増加になりました・・・
フィフス:1d+1d ディーヴァ
SwordWorld2.0 : (1D6+1D6) → 5[5]+1[1] → 6
フェル:よく燃えそうだなあ
フィフス:ディーヴァも炎+3で
フィフス:1d+1d 親父
SwordWorld2.0 : (1D6+1D6) → 5[5]+3[3] → 8
フィフス:魔法ダメージ+2 にしておこう
フィフス:以上で
GM:うわぁん!
アン:8の人に炎はいいですね
アン:5は私受け持つので
アン:ゴーレムさんは8にすすんでかばいつつ正気に戻すのがいいかも
フィフス:「弱点がないなら作り出す、あるならえぐる、それが私の戦術です」
GM:作らなくていいから・・・(白目)
アン:ウィークネスはじめてみたけどおもしろいですね
サロル:エレメンタルブレイドとマルチアクションで確実に弱点つけるw
アン:オプションもおもしろい
アン:先に5落とそうかな
アン:先に攻撃しますね
アン:父に攻撃
フェル:よろしくお願いします
アン:補助でパラライズミストB、デーモンフィンガー
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):「おっしゃこいやああああ!!」
アン:宣言 全力攻撃
アン:2d6+6+3+1+1+1+2 ヘビーランス命中(キャッツアイ、ターゲットサイト、デーモンフィンガー、革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3+1+1+1+2) → 10[6,4]+6+3+1+1+1+2 → 24
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):2d6+9
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[4,2]+9 → 15
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):ダメこいやぁ!
アン:k40[10]+6+4+3+4+3+2+4 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー+全力ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+26 → 2D:[2,5]=7 → 9+26 → 35
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):25点貰って-6・・・
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):2d6+11 製紙
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 3[1,2]+11 → 14
ギルマン’sファミリー父(ガーディ):うん、無理!生きてはいる。が、逆上が発動
アン:倒れていいる?
アン:攻撃終えていいのかな
GM:あ、大丈夫です
アン:おわり
GM:とりあえず父は戦闘から除外
アン:サロルさんみたあとフェルさんはいいかもですね
サロル:ではこちらか
アン:お母さん落とすといい感じ
サロル:補助動作でクリティカルレイA発動
アン:自前もいけるサロルさん
サロル:マルチアクションを宣言します
サロル:ディーヴァに攻撃
サロル:2d6+6+5-2+2 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+2) → 5[4,1]+6+5-2+2 → 16
アン:ダイス目勝負
GM:2d6+9 逆上で回避下がってるぞぉ!!
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[2,4]+9 → 15
アン:きた
アン:まわれー
サロル:k14+6+4+1+3+2+2+2+3@9$+2 ピアシングダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.14c[9]m[+2]+23 → 2D:[3,1]=6 → 4+23 → 27
サロル:2d6+6+5-2+2 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+2) → 10[4,6]+6+5-2+2 → 21
アン:言い命中
GM:2d6+9
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[1,6]+9 → 16
GM:無理!
アン:まわれー
サロル:k15+6+4+1+1+3+2+2+2+3 エレメンタルブレイドダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.15c[10]+24 → 2D:[3,5]=8 → 5+24 → 29
サロル:あといくつです?
GM:既にマイナスに突っ込んでる!計算するのもばからしい!
アン:おー
GM:2d6+11-22
SwordWorld2.0 : (2D6+11-22) → 7[5,2]+11-22 → -4
GM:ダメ、死んだ
サロル:炎の竜巻を纏いながら突っ込む感じ
GM:ここで熱狂者の復習が発動。全ギルマンは命中+2、回避-2が付く
アン:はでだ
サロル:「行きます・・・サロル剣法ファイアークレイン(火の鶴)!」
アン:なんかいっているw
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):「カハッ・・・あなた・・・今後を追うわね・・・」
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):パタリコ
サロル:まだマルチアクションの魔法が残ってます
アン:父さんは実は生きている
フィフス:あとで送ってあげよう、胃袋を経由して
フェル:「な、なんだか悪いことをしたような気がしなくもないですね……」
サロル:フレーバー的に姉にバニッシュしますか
ギルマン’sファミリー母(ディーヴァ):こいやー!
サロル:魔石晶からMPとります
アン:フィフスがこわいことをいっているw
サロル:2d6+5+2+1 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2+1) → 7[6,1]+5+2+1 → 15
フィフス:怖いこと言ってるのPLであってフィフスではないですw
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+10 精神抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 6[3,3]+10 → 16
サロル:おわり
アン:おしい
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):っしゃおら!
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):さて、私の出番か
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):とはいえ…殴るしかできないんやで
アン:フェルさんがまだです
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):おっと、それは申し訳ない。カモーンヌ
フェル:粘る長女だなあ
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):(粘るというか、狙われなかっただけというか)
アン:4に本人すすんでおくのもいいのかもですね
アン:魔法が届くようになる
アン:ななめは10mです
フェル:んー、では主は4に移動
フェル:ゴーレムは8まで移動して職員さんを避難させます
アン:本当に紳士なゴーレム(レア)
サロル:これで全員避難出来た、優秀だ
フェル:主従の行動は以上で」
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):当然除かれる。これはもう消化試合だ…最後に一矢報いてやらぁ!
サロル:「カタンさんのゴーレムと違ってやさしいゴーレムさんですね」
アン:カタンさんのもやさしのかもしれないけど見た目が怖いw
フェル:「ま、まあ、彼女のゴーレムは特徴的というか見た目がなんというか……」
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):「母様と父様の仇ぃ!!!」なお、逆上の効果時間は10秒のため、10秒で忘れる模様
アン:何で怒っていたんだろうとかw面白いw
フェル:鳥頭なんだ……
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):サロルを殴る!
サロル:こいー
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+11
SwordWorld2.0 : (2D6+11) → 9[3,6]+11 → 20
サロル:2d6+6+5+1 回避判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5+1) → 8[2,6]+6+5+1 → 20
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):スカー
アン:また同値。やるな
サロル:「1つ忠告します、怒りは剣を惑わしますよ!」
アン:MPもカードもきついのでサロルさんどうぞ
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):ジンゾクノコトバ、ワカラナーイ
フィフス:あ、さきにうごきます
アン:あっどうぞ
フィフス:マナチャージまだあるんで
サロル:どぞどぞ
フェル:ではその次にダークミストを
フィフス:では補助パラミスB
フィフス:カードケチり
フィフス:メインでウィークネス
フィフス:マナチャージから補充
サロル:手厚いw
フィフス:1d+1d
SwordWorld2.0 : (1D6+1D6) → 3[3]+4[4] → 7
フィフス:物理+2かな
アン:ですね
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):あ、一応ピンゾロチェックだけお願いします。抵抗短縮だし、ほぼ通るけど…
アン:いい感じ
フィフス:おっとわすれた
フィフス:2d+3+6+1
SwordWorld2.0 : (2D6+3+6+1) → 5[4,1]+3+6+1 → 15
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[5,2]+10 → 17
サロル:よかった
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):抵抗はした。でも短縮で通る
フェル:では次に
フェル:魔法収束して長女のみにダークミストを
アン:おー
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):回避下がっちゃーう!
フェル:2d6+6+4+1 操霊魔法行使 抵抗あり
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 6[4,2]+6+4+1 → 17
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+10 抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 5[3,2]+10 → 15
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):通った!
アン:きた
フェル:抜けた
サロル:では最後は派手に決めましょうか
フェル:ゴーレムは待機で主従は以上で
アン:ゴーレムくんの攻撃があります
アン:あれいいの?
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):ゴーレム君、今回は影のMVPだから…
フェル:まあ職員の避難に手を貸しているという感じで
アン:私は保険で最後
アン:サロルさん任せた!
サロル:ありがとうございます、では・・・
サロル:魔力撃を宣言
アン:本当に紳士
サロル:姉に攻撃
サロル:2d6+6+5-2+2 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+2) → 4[2,2]+6+5-2+2 → 15
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+5 実はディーヴァ死んでさらに回避下がってる
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[5,3]+5 → 13
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):リームー
サロル:k15+6+4+1+1+3+2+2+2+3+2+7 エレメンタルブレイドダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.15c[10]+33 → 2D:[1,6]=7 → 4+33 → 37
アン:すげー
サロル:2d6+6+5-2+2 命中判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+5-2+2) → 8[3,5]+6+5-2+2 → 19
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):4点防いで・・・34点、@5
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):2d6+5
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[2,5]+5 → 12
サロル:k14+6+4+1+3+2+2+2+3+2+7@9 ピアシングダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.14c[9]+32 → 2D:[3,6 2,2]=9,4 → 5,2+32 → 1回転 → 39
フィフス:完全に死んだ
サロル:二刀流で三枚に下ろします
サロル:「舞い踊れこの剣!!」
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):おお…さらばギルマン一家…
ギルマン’sファミリー長女(プロフェット):「ヤーラーレーター・・・!!」
アン:3枚w
フィフス:「終わりですね」
フィフス:と、そうだな音楽的な機械があれば止めましょう
アン:「終わったですかね」初戦闘のマシューをいたわりつつ
フィフス:「あなたたちのライヴもここで終演です」
アン:父も物語の作用で消えていくのかな
GM:ガーディがかろうじて生きてる…以外は全員即死じゃな…
-------------------

さらば物語世界

GM:ですね。即死の二人は即座に消えましたが、ガーディは気絶している中、徐々に消えてゆきます
サロル:無言で剣をカチンと鞘に納めます
フィフス:「さて、浦島さん。この奥に助けを求める女性がいます。あとはあなたの出番ですよ」
アン:「もう来ないでくださいね。みんな自分の物語をいくるものです」
フィフス:罠あったら困るけどw
浦島太郎:「ああ・・・ありがとう!行ってくる!」
浦島太郎:まぁ、そこは主人公補正ありますしおすしw
亀さん:「多分こっちです!」と、亀さんが先導してくれます。
アン:のぞいていいものか。そわそわ
亀さん:ついていこうと思えばついていけますが、どうします?
アン:恋愛ごとには疎い
GM:二人はあったことナイケドネー
フィフス:「戻りましょうか。あとは絵本で続きを」
アン:みんなのほうをうかがおう
アン:「そ、そうですよね」そのほうがきれいですね
GM:では、しばらくすると世界全体が、淡い光で包まれます。
サロル:「はい、風のように去りましょう」
フェル:「まあお邪魔するのも野暮ですし……」
アン:「みんなお幸せに!」
GM:んで、徐々に、ライブハウスに改造された竜宮城が元の姿を取り戻していきます。
フィフス:「ルリさまにお話しする物語が増えましたね」
アン:「私もフィーネにきかせてあげたいな」
GM:光は徐々に強くなり・・・皆さんの視界を覆ってゆきます。
アン:いとど経験しているので落ち着いています
GM:そして視界が光に飲まれる最後の一瞬、少しだけ、美しい女性の姿と、見覚えのある青年が、手をつないでこちらに手を振っているのが、見えた…ような気がします。
アン:いいですね。
GM:ーーーーーーーーーーーーーー
アン:手を力いっぱいふりかえそう
GM:そして、再び目を開くと、そこは視聴覚室でした。
フィフス:では、こちらも
サロル:「ここは、戻ってきたみたいですね」
アン:「もどってきたですかね」
アン:マシューを像に戻そう
アン:「おつかれさま」妖精語
フェル:「ん……ここは視聴覚室?」
司書?:「やぁお帰り。うまくやってくれたみたいだね」と、胡散臭い司書が
フィフス:「できる限りのことは」
アン:「物語元に戻せたと思います」
司書?:「少々結末は変わってしまったが…まぁ、影響はこの本だけだし、こんな結末も悪くはないだろう。」と、1冊の本を皆さんに差し出します。
アン:のぞきこみます
フェル:「そ、そうでしたか……」
フィフス:では、結末の言葉をみましょう
司書?:その通り、結末の部分が変わっています。元の話ではおじいさんになってしまったところで終わりなのですが…
アン:ですね。たぶんアンはエルフだったらよかったのにと最初は思った
司書?:乙姫と恋仲になり、海の守り手として生きていくという結末に書き換わっています。
アン:おー素敵改変
フィフス:めでたし、めでたし
司書?:そして、そのページの絵は、二人で手をつないで、皆さんに手を振っているようにも見えますね。
アン:いいですね。
サロル:「これで一件落着ですね、良かったです」
アン:「この物語本当に素敵です。」
フィフス:「ところで、貸し出しはできますかね」
フィフス:「ルリさまに見せてあげたいです」
司書?:「原文のものは変わっていないから、その本のみの改変なのだろう。元の本さえあるならば複製できるから、その本は君たちに差し上げよう。」
フィフス:「ありがとうございます」
アン:「これは何よりの報酬です。ルリちゃんに見せたら次貸してくださいね」
司書?:「君たちの冒険の証だ。大切にしてくれ」と、普段の胡散臭さが鳴りを潜め、優しい笑みを一瞬浮かべます
司書?:「さて・・・これで私の依頼も終わりだ。ありがとう、助かったよ」
フィフス:「私たちもよいものが手に入りました。感謝します」
アン:「ここにはいつでもこれるのですか?」
司書?:「そうだね・・・どこにつながるかは、私の気分次第かな。君たちが出た後は、しばらく繋がらないかもしれないね」
フェル:「……そういえば、アンロックの詠唱がキーワードになってましたね」
アン:何か図書カード的なものが名誉アイテムとしてでもほしい
サロル:「また、困ったことがあればわたし達に言ってください。いつでもお手伝いしますね」
フィフス:「通いたかったのですが、仕方ないですね」
アン:秘密でもいいから
司書?:「そうだね、何かあればまたお願いするとしよう。・・・そうだな。ついでと言っては何だが、これを渡しておこう」
司書?:と、いって一つの石を差し出します。
アン:「これは?」うけとります
司書?:「それを、図書館においてもらうといい。もし、扉がつながれば…合言葉さえわかれば、来れるかもしれないね?」
アン:「ありがとうございます」
フェル:「は、はあ……」
アン:みんなの共有アイテムにしましょう
司書?:「さぁ、今日はこれで閉館だ。次がいつになるかはわからないが、私は叡智を求めるものの前には必ず現れる。そういう存在だ」と、若干芝居がかった口調で
サロル:「はい、またいつかお会いしましょう」
アン:なんかナイさんぽいけどいい人だ
GM:では…扉から出ると、再びアンファングの図書館の前に戻っています。
フェル:「わかりました。機会がありましたら、またいずれ」
アン:シスさんにほうこくしないといけないのだろうけど、どこまでいっていいのか
フィフス:「ありのままに話したらいいのではないでしょうか。信じるかどうかは花序次第ですが」
フェル:「……戻ってこれましたね」
アン:本好きのようだし悪いようには受け取らないかもですね
アン:行きたがるかもですがw
GM:受け取った石は、淡く光っていますが、徐々にその光が失われていきます。
アン:いまはその時ではない風ですねw
サロル:「あの図書館について、ここにもなにか手がかりがあるかもしれません」
GM:調べてみます?
サロル:調べたいですがセージ持ってないw
フィフス:フィフスとしては調べないかな
フェル:「そうですね……縁もゆかりもない、ということはさすがに考えにくいかも」
GM:一応、目標は14と言っておきましょう。大した情報は出なさそうですが
GM:あ、行う判定は文献判定ですね。
フェル:では
フェル:2d6+5+4 文献
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 6[5,1]+5+4 → 15
アン:きた
サロル:おっ
GM:では、魔法文明時代に図書館としての機能を持つ魔剣が作られたこと、その図書館の空間は異次元に・・・フェアリーガーデンと同じ感じですね・・・あること
GM:そして、その図書館は、魔剣自身が管理していること、様々な異界の書が集められていることが伝説として語られています。
アン:司書さんの話に近いですね
フェル:「確証はまだありませんが……図書館として機能する魔剣のようですね」
フィフス:[
GM:魔剣の形状としては本、分類はSS杖
アン:「そんな伝説の魔剣の力にふれたれたんですね」説明聞きつつ
フィフス:「なるほど」
GM:最後に・・・こう書かれています。様々な物語に介入、改変を行える上、その改変結果は現実にすら影響を及ぼす力を持つ…と
サロル:「不思議な物もあるんですね・・・」
アン:日記とか気をつけないと
アン:これはいいシナリオフック
フィフス:こちらも俄然シナリオアイデアが
フェル:「……少々剣呑な文言も見受けられますね」
アン:シスさんに報告して終わりましょうか
サロル:「依頼通り本も返し終わりましたし、シスちゃんに知らせないとです!」
アン:いつかPCとして出会う予定だからあいさつしておきたい
アン:今日は図書館に主筋しているかな
GM:魔剣の目的、力、なぜ蛮族が入り込んでいたか、様々な謎は残りますが、まずは一つの物語をこの言葉で締めくくるとしましょう。
アン:みつけて本は返却出来たこと伝えよう
GM:めでたしめでたし・・・
GM:というわけで、お疲れ様でした!!
フィフス:おつかれさまでした
フィフス:たのしかったです
アン:おつかれさまでした
サロル:おつかれさまでした
GM:以上で、不思議な本と不思議な図書館、終了です!
フェル:お疲れ様でした
GM:少々長くなってしまって申し訳ない…以外にギルマンが粘った
アン:ボリュームたっぷりでたのしかったです
フィフス:いえいえ
サロル:テンキ?戦闘とか参考になります
アン:初マシューも出せてうれしかったwたぶんまたしばらくだせないw
フィフス:フィフスつかいやすかったなー
アン:フィフスさんいいですね
アン:というかルリちゃんがいい
サロル:移動しても使える魔力撃強い
アン:良い人に見えるw
フェル:多部位騎獣の出番かー
GM:いやぁ、無事最後まで回せてよかった!

戦利品と成長

アン:あっGM忘れないうちにダイス振りますか
GM:おっと、そうですね。カジノダーイス
アン:カジノもお願いします
GM:今回の報酬は1000G+10点魔晶石
フィフス:ですね
アン:アンは戦利品+2です
フェル:鋭い目+1だけです
フィフス:お任せします 戦利品+1です
GM:それに加え、ギルマン*2、ギルマンプロフェット*2、ガーディ*1、ディーヴァ*1
アン:この順にふればいいですかね
フィフス:そして、そろそろ寝る算段つけないと明日がきついので成長ダイス先に振らしてあとはお任せしていいですかね
アン:6回か
GM:ですね。
フィフス:振らしてもらって
アン:ですね
GM:了解です。遅くなってしまって申し訳ない…>フィフス
アン:かけらも残った人で振っておきますね
サロル:お疲れ様です
アン:かけらは何個ですか?
フィフス:いえいえ、電車通勤がつらくて
フィフス:gr
SwordWorld2.0 : [1,2]->(器用度 or 敏捷度)
アン:あっサロルさんは戦利品+あります?
サロル:+1のみです
フィフス:いらないところきたな
アン:なら私戦利品振りますね
フィフス:オベリスク
アン:かけらおねがいします
フィフス:gr
SwordWorld2.0 : [1,3]->(器用度 or 筋力)
GM:欠片は9個ですね。ディーヴァに入ってた。結果論だけど、ガーディに入れなくて正解だったかも
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 7[3,4]+2 → 9
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 5[4,1]+2 → 7
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 7[6,1]+2 → 9
フィフス:筋力で
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 10[6,4]+2 → 12
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 5[4,1]+2 → 7
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 7[1,6]+2 → 9
フィフス:筋力ボーナス4になりそうだ
アン:6回振りました
フィフス:では、お先に失礼します。風呂入らないと
アン:おやすみなさい
どどんとふ:「フィフス」がログアウトしました。
GM:お疲れ様でしたー
フェル:おやすみですー
アン:成長も振ろう
アン:gr
SwordWorld2.0 : [4,5]->(生命力 or 知力)
サロル:おやすみです
サロル:gr
SwordWorld2.0 : [1,3]->(器用度 or 筋力)
アン:生命
フェル:gr
SwordWorld2.0 : [2,5]->(敏捷度 or 知力)
フェル:知力で
サロル:筋力で
サロル:かけらはどうしよう
アン:みんないい成長
アン:お二人で
GM:宝石150G*7d+不思議な貝殻(130G)ですね
サロル:じゃあ4つ振りますね
アン:4dと5dで
サロル:4d6
SwordWorld2.0 : (4D6) → 23[6,6,6,5] → 23
サロル:凄い
GM:走ってるなぁw
アン:7Dふりますね
フェル:では
アン:7d
SwordWorld2.0 : (7D6) → 28[4,6,4,5,1,3,5] → 28
フェル:5d6 剣の欠片
SwordWorld2.0 : (5D6) → 18[2,1,6,4,5] → 18
アン:ざ平均
アン:カジノがんばれー
アン:魔晶石はガメルへの変換お願いします
GM:さーて、低めが出ても恨まないでくださいね
GM:2d6 カージノ!
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
アン:物品支給がアンファ具きついので
GM:報酬総額は8200G、それを4人で割るので、2050
アン:-10%
GM:そこからさらに10%引きなので1845G
アン:計算早い
アン:ログは生ログに近いものでいいので
アン:いい感じのとこに見出し追加していただけると嬉しいかもです
アン:私もログ取ろう

経験点と報酬

・経験点
基礎1000点+HAPPYENDボーナス500点+複数日開催300点*2+魔物経験点410点
=2510点

・報酬
10点魔晶石売却金+戦利品+報酬併せて総額16200G。カジノ結果によりそこから10%引き。
=一人当たり3645G

・名誉点45点(かけら41+オベリスク4)

追加設定

不思議な水晶(売却額0/非売品)

魔法によって生成された謎の水晶です。
次元図書館の魔剣の力によって、付近に入口が生成された際に、淡く光って反応する性質を持ちます。
このアイテムは、アンファング図書館のカウンターに安置されています。
このアイテムの学術的、芸術的価値は存在しません。

参加者さんの感想

DDさんの感想

楽しかったです。魅力的なダンジョンで自分もシナリオに使いたくなりました。
次もよろしくお願いします

三宅 猫之助 さんの感想

三日間お疲れ様でした。

習得したての妖精魔法が役立って何よりでした。
心残りはPCが『シンデレラ』へ野暮な突っ込みを入れたように
『浦島太郎』にも何かしら言及したかったところです

aiuさんの感想

お疲れ様です!
戦闘でもRPでも神官戦士の強みを発揮出来た面白いセッションでした。
個人的に他の物語だとどんな展開になるだろうなとか妄想をしたりしますw

たぐっちゃんの感想

本を題材にしたシナリオ堪能させていただきました。
日程調整などみなさんの協力が必要ですが、このレベル帯は複数日開催でじっくり遊ぶのが楽しいなと思いました。
個人的ものレッサーマンティコアだせてうれしかったっ多でっす。
本当にGMありがとうございました!