SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング「混沌と魔術師達」

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング「混沌と魔術師達」 – オンラインセッションTRPG倶楽部 SW2.0『始まりの街 アンファング』新人さん募集中

始まりの街 アンファング 「混沌と魔術師達」予告

今宵は満月の夜、美しい月夜がラクシアの闇に仄かな光を振らせている。
それは人々や草木に安らぎを与える優しい闇。
しかし、満月の夜は恐るべき魔性が動き出す時でもある。

別々の依頼を受けた2組の冒険者達はこの夜、一つに交わり深き闇の一端と戦うことになる。

依頼1.行方不明の指輪

冒険者達はベス市長から1つの依頼を受けた。
ある「魔法の指輪」を運んでいた馬車が行方不明になったことの調査だ。
その指輪は先日、グリム砦という廃砦でアンデッドの軍勢を率いていた知性を持つゾンビ「ロメロ」を倒した時に手に入ったモノである。
アンファングで調べた結果、その指輪にはアンデットを操る力の他にも何か意思のような物が宿っている可能性が示された。
さらなる解析のために専門の魔術師ギルドへと指輪は輸送されることになったが、その道中で連絡が途絶えたらしい。
予想では馬車は道中にある遺跡跡のような物が残る平原の近くで消息を絶った、依頼を受けた冒険者達は現場へと急行する。

これは通話のピアスで傍受した馬車の乗員の最期の通信の内容である

「緊急事態です!何者かに馬車が襲撃されました!」

「相手は暗くてよく見えないが護衛隊がいくら剣で斬ろうが棍棒で殴ろうがびくともしない・・・!」

「だ、誰か助け・・・ぐわあああ!!・・・・。」(ここで通信は終わっている)

依頼2.小神の代行者

満月の日の真夜中。
アンファングにある冒険者の宿、ジーナの灯亭も閉店間際だ。
冒険者達は各々の理由でこんな時間まで居座っている。

「みなさーん、そろそろ閉店時間なのでお帰りの準備をお願いしますね!」

そう言った店主のジーナは食器の片付けをするために一旦カウンターの奥へ姿を消していく、今は君達しかいない。
その時、部屋の片隅に置いてあったカボチャの置物が突如眩く発光した。
大きな魔力を帯びたその光に冒険者達は飲み込まれる。
気づいた時には皆さんは不思議な空間に居た。

「驚かせてすまない、君たちの力を見込んで内密に頼みたいことがあるんだ」

目の前には古の魔法使いを思わせる、豪奢な衣装を身にまとったカボチャ頭の人物が立っていた。
一見魔物にも見えるがその立ち振る舞いは理知的で慈しみに溢れ、その雰囲気にはユーモアすら感じる。
彼は鎮霊神ランタン、アンファングの冒険者によって生まれた、死者の魂に安らぎを与える小神にして元魔法文明時代の魔法王である。

古代魔法の遺産、意外な男の復活、現れる黒幕、おぞましき異界の番犬。
死者に安息を与えん者と混沌がため使役する者が今、邂逅し新たな戦いの序章となる。

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング 「混沌と魔術師達」

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!

募集詳細