始まりの街 アンファング 第29話「死を告げるもの」 GM:三宅猫之助レポート

始まりの街 アンファング 第29話「死を告げるもの」 GM:三宅猫之助レポート

始まりの街 アンファング 「死を告げるもの」

ベルトリオ・パスクーリ。一流の弦楽器製作者にして、ザルツ弦楽器製作者協会の重鎮である。

「実は私の師匠にあたる方なのですが、先日手紙が届きまして。
……不肖の弟子ということもあり、連絡は絶えていましたが
副業のほうで少々名を知られるようになったので、そちらのほうから辿ってこられたのでしょう」

副業の知名度が完全に本業を上回ったシャドウはそう話し始めた。

彼の師匠であるベルトリオは昨年の初冬、戦車に乗って現れた黒い甲冑姿の騎士から一年後の死を宣告されたというのだ。
その姿形から騎士はデュラハンと推察したベルトリオは
いくつかの冒険者ギルドに護衛と退治の依頼を出したのだが、相手が相手だけあって引き受けるものはいなかったという。

「もちろん、デュラハンを倒せるだけの実力を備えた冒険者たちもいるのでしょうが、
出払っていたり他の依頼を遂行中などでどうにもならなかったようです」

そこで遠方のアンファングまで依頼がやってきたのだという。

宣告された死の期日まではあとわずか。
冒険者たちは死の宣告を払いのけることができるのだろうか?

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング 「死を告げるもの」
剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる。

レギュレーションなどの補足

GMの所持ルルブ&サプリは改訂Ⅰ~Ⅲ、EX、AW、BT、WT、CG、IB、LL、BB、PZなので

サプリ専用種族の参加、技能の使用も大丈夫です。

種族

〇ミアキス
〇ソレイユ
〇レプラカーン
〇フィー
〇フロウライト

技能

〇ウォーリーダー
〇ミスティック
〇アルケミスト

備考

四度目のGMとなります。
護衛対象がアンファングまでやって来るので遠出する必要はなく、死の宣告を果たそうとする存在を待ち受けて撃退する話になります。

戦闘は標準戦闘で1~2回を予定しています。

募集詳細

  • 開催期間:2016年11月12日(土) 21:00~23:55 ※延長の際は伝助にて調整
  • 募集締め切り:2016年11月9日(水) 23:59
  • GM:三宅猫之助
  • 人数:3~5名 人数超過の場合は卓参加数を元に選考・抽選となります。
    参加表明時にその時点でのPL参加回数を明記してください。
    選考までに参加回数が増えた場合でも参加表明時の回数を適用させていただきます。

リプレイ

依頼人がやってくる
猫GM:ではアンファング 「死を告げるもの」を開始いたします
猫GM:よろしくお願いします
アン:宜しくお願いします
カタン:よろしくお願いします!
ピッテ:宜しくお願いします~
ハルフ:よろしくお願いします!
猫GM:今回の任務は死の宣告を遂行しようとする存在を撃退することです
猫GM:存在の正体は、依頼主の証言などからだいたい予想がついておりますが……
アン:この段階で魔物判定していいのかな?
猫GM:そういうわけで魔物知識判定は+1して振ることができます
猫GM:目視してから再度挑戦可能です
ピッテ:名前が分かったら用済みだけど、一応振ってみましょう
猫GM:挑戦される方はどうぞ
カタン:では振っちゃいますねー
アン:2d+8 弱点抜けないライダー
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 7[2,5]+8 → 15
カタン:2d6+5+4+1 魔物知識判定
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 6[5,1]+5+4+1 → 16
ピッテ:2d6+1+5+1 魔物知識
SwordWorld2.0 : (2D6+1+5+1) → 4[1,3]+1+5+1 → 11
ハルフ:私は判定技能ないです……
猫GM:出目16だと……弱点までは抜けませんでしたが、正体はデュラハンではないかと検討はつきました
カタン:「デュラハン・・・噂には聞いていましたけど実在するんですのね」
アン:「間違いなくやってくるでしょうね。強敵です」
ピッテ:「うーん、でっかいアンデッドだったかな?名前ぐらいはどっかで聞いたようなそうでもないような」ギリギリ
猫GM:対象に死の宣告を与え、一年後にはどこにいようと現れて宣告を実行するという恐ろしい存在です
ハルフ:「……にゃはは~、そいつって怖いのかにゃ?」無知
ピッテ:「ま、倒しちゃえば全部一緒だよ。というわけでがんばろー!」
カタン:「ですわね」
猫GM:というわけで、依頼を受けた皆さんはアンファングにほど近い荒野にやってきました
猫GM:デュラハンとの戦いに住民を巻き込まないよう、人気のないところで迎え撃つことになりました
アン:「ここならやってきたらすぐにわかりますね」
ピッテ:「ついでに余計なのがドサクサで来ないよう、見張りもしやすそうだしね」
アン:騎乗しておこう
カタン:「それに相手に街を壊されてはたまりませんからね、それにこの場所なら思い切り暴れて大丈夫ですわ」
ハルフ:あ、スカウト使う人にミスティックかけとく?
ピッテ:「…で、肝心のターゲットおじさんはどこにいるんだろ?おーい、隠れても無駄だぞー」違う
ピッテ:うちはお飾りスカウトなので、メインのアンにお願いしたいかも
アン:何かうかえるものあればぜひ
アン:使える
ハルフ:んじゃ、ちょっとミスティック使っときましょうか
アン:ありがとうございます
猫GM:と、皆さんが周囲を伺っていると何者かの近付いてくる音が聞こえてきました
ハルフ:幸運は知恵を授けるをアン対象に使用
アン:アンファングでは貴重なミステック
ハルフ:2d6+4+3 幸運は勝ち戦を授ける
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 6[5,1]+4+3 → 13
ハルフ:MP3を私が消費してアンに先制判定、魔物識別判定+1のボーナスを付与
猫GM:八本足の魔動機がかなりのスピードで接近してきます
ピッテ:「…おお、なんか聞いてる相手とちがうっぽいぞ!?」警戒
アン:ありがとうございます
アン:反転と割るようもあるしだいぶとりやすくなったかんじ
ピッテ:「やいこら、本命の相手の前に来るとはふてーやろうだ!まずは名を名乗れー!…できれば共通語で」
カタン:「デュラハンではなさそうですが、なんか面白いですわね」
猫GM:皆さんの前で急停止する魔動機から、知っている人は知っているドワーフ少女(?)が顔を出します
メイユール:「あー、わたし、わたしだよー」
アン:会ったことあるので警戒とく「どうしたんですか?」
メイユール:アンは一度会ったことがあるメイユールが出てきます
カタン:「あら?どちらさまでしょうか?」(カタン面識なし)
ピッテ:「ありゃ、中身がいたんだ。それにしても随分可愛い依頼人だね。マウリッツのお師さんっていうからもっと年いってるかと」
メイユール:「いやー、今回も私は送迎が仕事でねー」
メイユール:「ほら、いつまでのびてるのさー」
アン:のっているものにライダーとして興味津々
アン:アラクネ?
マウリッツ:「……み、みなさん、どうも」
猫GM:乗り物酔いしたらしいシャドウが出てきました
カタン:「マウリッツさんも来ていたんですか」
アン:「マウさんも応援生きてくださったのですか?」
ピッテ:「マウリッツ、顔色悪いなぁ…大丈夫?いっそ吐いたらスッキリするかも?」
マウリッツ:「私の師匠が関わることなので、メイユールさんと一緒に迎えに……」
ハルフ:「にゃはは、お疲れ様なのにゃ~」
アン:冒険者のマウさんでもこんな感じなのに依頼人大丈夫だろうか
メイユール:「わたしは里帰りのついでだけどねー」
メイユール:「ほら、あなたも出てきなよー」
猫GM:とメイユールに押し出されてきたのが……
アン:ふらついているようなら降りて支えようかな
アン:デュラハン戦の前に弱っていそうw
ベルトリオ:「じ、自分で歩いてきたほうがよかった……」
猫GM:角の生えた男性が降りてきました
ピッテ:「…お前、ナイトメアなのか!?」嬉しそう
マウリッツ:「皆さん、こちらが今回の依頼人であり、私の師匠の……」
ベルトリオ:「……ベルトリオ・パスクーリだ」
猫GM:こちらも乗り物酔いしているようで青い顔をしています

依頼人の話

アン:「よろしくおねがいします」
カタン:「お初にお目にかかります、カタン・アップフィールドと申しますわ」
ピッテ:「長いからベルリでいいか。私はピッテだよ」
ハルフ:「こっちもお疲れ様だにゃ~。あ、ニャーはハルフにゃ」
カタン:「そしてこちらは私のゴーレムボーンチェリー」(ゴーレムも前に出す)
ベルトリオ:「この姿を見ても驚かれたり敵意を向けられないのは助かる」
メイユール:「魔剣持ちのドレイクとは思えない貧弱さだよー」
アン:「私の知り合いにもナイトメアいますから」
カタン:「え?」
ピッテ:「あー、ドレイクだったのか…ってあれ、ドレイクって蛮族じゃなかったっけ?」
アン:「ナイトメアじゃないんですか?」
ベルトリオ:「……あれだけスピード出されたら、ドレイクでも乗り物酔いすると思うが」
アン:さすがにびっくり
ベルトリオ:「ドレイクといっても、生まれたときには魔剣を持っていない半端者だ」
ハルフ:「ニャーは誰でも気にしないにゃ。よろしくにゃ~」
アン:「マウさんの知り合いなんですよね?」マウさんに危険が無いか確認する感じで
マウリッツ:「ええ、私の師匠です。私が修行していた頃はご老体の姿しか知りませんでしたが」
ピッテ:「…なんかお仲間を一人ぶっとばした事がある気がするけど、こういう場合どうすればいいんだろう」頭かきかき
ベルトリオ:「あれは私の師匠の姿でな。貫禄あるだろ?」
カタン:「万一敵だとしても、こちらにはドレイクを投げたピッテさんとバジリスクを倒したボーンチェリーが居ますわ」
ハルフ:「襲われたときのために占ってあげようかにゃ?」ビッテに耳打ち
アン:「悪い人ではないんですよね?」
ベルトリオ:「警戒されているな……まあ、無理もないが」
ピッテ:「まず襲われるかどうかを占うのがスジなんじゃないかな…いざとなったらよろしく?」返事ー
ピッテ:「んー、まぁ、よく分からないけど…とりあえず困ってるなら力を貸すよ。お困りでいいんだよね?」考えるのがめんどくさくなった
ベルトリオ:「一応こんなものを持ってはいるが……」と名誉人族の称号を提示(形として示せるのかな、あれ
アン:名誉点あるなら少し知られているくらいにしてもいいかもですね
アン:「称号とマウさん信じていいのではないでしょうか」
ピッテ:「…お、おお。それを持ってるなら仕方ない!…多分」知ったかする知力B1
カタン:「前の依頼の方(別のベルさん)と同じ雰囲気を感じますし大丈夫だと思いますわ」
ハルフ:「ニャーは元から来る者拒まずなのにゃ~」
メイユール:「まあ、大丈夫なんじゃないー? どっちみちその人、みんなとは戦えないしー」
ピッテ:「あー、そういえばそんなに強いなら私達頼る必要もないもんね…何か力がない事情でもあるのかな?」
ベルトリオ:「いや、戦えないことはないが……説明してないかったのか?」
マウリッツ:「説明しようにも実際この目で見ないことには信用できないことなので……」
ベルトリオ:「そうかもな……私の持っている魔剣クロイツヴァングは強力ではあるが、癖があってな」
ベルトリオ:「所有するものが強敵と戦うならば祝福を……」
ベルトリオ:「弱者と戦うならば呪いを与えるのだ」
ピッテ:「弱い者いじめが嫌いなのか。ヒーローにはうってつけの性格だね」
ハルフ:「いや、自分より弱い敵が倒せないからこまりものだにゃ~」
カタン:「それは随分向上心に溢れる剣ですのね」
猫GM:と言いながらベルトリオはマウリッツへ拳を繰り出しますが、なぜか次の瞬間にはベルトリオは血反吐を吐いて膝をつきました。
ピッテ:「…あー、弱くても悪いやつはいるもんなぁ。…って何してるんだ!」びっくり
ベルトリオ:「……とまあ、こんな感じになる。特に鍛錬してない拳でこれだから、得意な剣で攻撃していたらもっと酷い目に合う」
アン:身体はった説明だ
カタン:「本当のようね、魔剣という物は興味深いですわね」
ピッテ:「それでもってデュラハンと戦えないって事は、ベルリは本当はデュラハンよりも強いのか」
ハルフ:「証明のためにわざわざすまんにゃ。一本いっとくかにゃ?」ヒールポーション一本出してみる。
ベルトリオ:「普通に戦えるならデュラハンは問題なく対処できるのだが……ああ、すまない。お願いしよう」
ピッテ:「…私が今より強くなったら、一度手合わせ頼みたいな。それで力を振るわれるなら、剣に認められたってことだし」
ハルフ:k20 ヒールポーション
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10] → 2D:[2,6]=8 → 6
ハルフ:自分から言い出しといてなんだが、レンジャー技能ないのでしょぼいw
ハルフ:ベルトリオさんが6点回復した
ピッテ:適当に使ったぐらいじゃ適当にしか回復させてくれないSWの回復薬は玄人好み感が絶えないです
ベルトリオ:「助かる。こうなるせいでデュラハンの死の宣告を受け入れるか、血反吐を吐きながら撃退するかの二択だったのだが、弟子が冒険者をやっていることを聞いて、そこを辿って依頼した次第だ」
アン:戦闘には参加できないことは確認出来た感じですかね
アン:ある意味正しいNPC
カタン:「ご安心してください、ドラゴンに乗った気持ちで居てくださってよろしくてよ」
ピッテ:「血反吐吐きながらデュラハンと退治するのもロマンがあっていいと思うけど、その後ゴブリンに襲われて死にかねないのは格好つかないなぁ」
ハルフ:「支援とかはどうにゃ?」PLの疑問
ピッテ:「…ま、いいや。ドラゴンには乗らないけど、困ってる人を救うのは私の使命だ。任せてよ!」無い胸を張るのはお約束
ベルトリオ:「ここまで乗ってきたものより安心できるならいいな」
メイユール:「えー、アラクネもいいじゃないのさー」
アン:正体的に聞きにくくなりましたが、死の宣告受けた経緯とかきけるものかな
メイユール:「まー、私は送迎が仕事だし、なんとかの撃退がんばってねー」
ピッテ:ベルも支援ぐらいは受け取れるのかな?といっても、そもそも戦闘には参加しなさそうな気配ですが
猫GM:とアラクネに乗り込んだメイユールはアンファングへと向かっていきました
ベルトリオ:「あれは乗り心地云々ではなく、移動速度に問題があるのだが……」
アン:サスはきいてそうな構造ではありますよねw
ベルトリオ:「まあデュラハンがやってくるまでまだ時間はあるだろうし、一休みしつつ質問があれば答えよう」
アン:「そもそもどういう経緯で死の宣告受けたのですか?」
猫GM:とベルトリオは樫の木の杖を地面に突き刺し、合言葉を唱えます
ピッテ:「あー、そういえばそうだね。デュラハンだってそう意味もなく宣告撒く訳じゃないだろうし…何かあったのかな?」
猫GM:スタッフオブハウスの効果により家が現れました
ベルトリオ:「話す前に口を漱がせてもらえるとありがたい」と家に入っていきます
ピッテ:「…野宿慣れしてるなー、にしても野営にこれはちょっと豪華にやりすぎじゃないか?」観点はズレる、ついていこうー
アン:騎乗中で屋内に入れないから見張り役で残ろうかな
マウリッツ:「あ、お茶出します」とお湯を沸かしてお茶を入れて提供
アン:警戒は続けておいた方がいいですよね
カタン:チェリーとミュールに見張りをさせて家に入りましょうか
ピッテ:状況が状況ですもんねー、うちもレッドは見張りのお供に置いておきましょう
アン:スカウトなのでみはっておこう
ハルフ:自分は外にいても無能なので入りま~す
ベルトリオ:「……デュラハンに死の宣告を受けた経緯か」窓を開けて窓越しに話そう
ベルトリオ:「一年前の今頃だが、ザルツ弦楽器製作者協会の会合の帰り道、接近してくる車輪の音が聞こえてきた」
ベルトリオ:「後ろからやってきたそれはゆっくりと近付いてきて、私を追い抜く瞬間に魔法文明語で告げた」
ベルトリオ:「『一年後にお前は死ぬ。逃げても無駄だ』と」
ベルトリオ:「狙われた理由は……蛮族でありながら人族の社会に順応していることを考えると、それを快く思わない輩はわんさかいるだろうし、ありすぎて困る。そもそも今回のケースは私個人を狙ったのかどうかもわからないな」
アン:理由分からないなら当面は追い払うしかないのかな
ピッテ:「はぐれものの狙い撃ちとか、迷惑極まりないな!」すっぱり
ベルトリオ:「狙った理由を聞きだせるならいいのだが、答えるような相手ではないしな……」
ベルトリオ:「死の宣告を把握しているというモルスダールならば知っているかもしれないが……こっちも答えそうもないな」
カタン:「やはり謎めいた存在なのですね」
ピッテ:「そんじゃデュラハンを撃退し続ければ、そのモルダーが痺れを切らせて出てくるかもしれないんじゃないか」
ベルトリオ:「もしモルスダールに何事かを吹き込める存在がいるのならば、あるいは……」
ピッテ:「ともかくデュラハンをぶっとばせばそのうち解決する気がしてきたぞ!」酷い
ベルトリオ:「とはいえ、無作為で選ばれただけという可能性もあるし、なんともいえないな」
カタン:「それにしてもまるで来る気配がありませんわね」
ピッテ:「そうだなぁ…一年後ってのが今で間違ってないのなら、そのうちくるんだろうけども」

死を告げるもの 1R表

猫GM:と警戒しつつ待ち受けていると……
猫GM:甲冑が立てる音と車輪が立てる音が接近してくるのを察知しました
猫GM:では、ちょっとコマを移動させていただきます
アン:「噂通り律儀な相手みたいですね。みなさんお客さんです!」中の人を呼ぼう
ピッテ:「うわっと、りょ、了解!さぁ、いくぞレッド!」慌てて外に出ますー
カタン:「ついに来ましたのね、準備は万端ですわ」
猫GM:まず姿を見せたのが骸骨戦士二体
ハルフ:「ふにゃ~、仕事の時間かにゃ~」
猫GM:そして骸骨戦士を露払いに戦車に乗った騎士がやってきました
デュラハン(本体):「……追い散らせ」
猫GM:騎士が骸骨に命じると、一気に距離を詰めてきました
ベルトリオ:「いま逃げるなら、私以外は見逃すということらしい。紳士的だな」
マウリッツ:「……本当に狙われていたのですね」
ハルフ:「ふっ、なめられたものにゃ~」
ベルトリオ:「……お前、師匠を信用してなかったのか」
ハルフ:「と言うわけで、みんなよろしくにゃ~」後衛に下がるw
ピッテ:「舐めてくれてる間にぶちのめす方が楽ちんでいいよ。さ、がんばろー!」
カタン:「その通りですわ、行きますわよボーンチェリー!」
猫GM:ということで、まずは魔物知識からどうぞ。二回です
アン:ミステック維持したいのでしない。弱点抜けないし
ピッテ:2d6+1+5 魔物知識、デュラハンは名前抜けてるのでほねっこのみ
SwordWorld2.0 : (2D6+1+5) → 8[5,3]+1+5 → 14
カタン:2d6+5+4 魔物知識判定
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 7[2,5]+5+4 → 16
ピッテ:ライダーなので名前しか分からない、さては貴様スケルトンソルジャーだな!(
猫GM:スケルトンソルジャー、弱点まで抜かれました
猫GM:では次に先制判定をどうぞ。こちら16です
ピッテ:2d6+4+3 先制、隠密
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 6[5,1]+4+3 → 13
アン:2d6+5+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 7[5,2]+5+3 → 15
アン:+1されてちょうどだ
ピッテ:おお、占い効果覿面
カタン:ナイス!
アン:ミステックありがとう。温存できた
猫GM:ではPC側の先手でどうぞ
ハルフ:おお、やったね! 役に立つとは(占い師が硬貨を信用してなかったw)
猫GM:な、なんだってー
アン:先に後衛さんお願いします
ピッテ:まってまーす
アン:カタンさんは何予定?
ベルトリオ:「一応聞くが……私を狙う理由はなんだ?」
カタン:エンチャントウェポンを前衛全体に撒いて火力補強かな、早めにザコは倒したいですし
ハルフ:騎獣たちにもウェポンかけます?
アン:固定値増えるのはありがたいです。骸骨回らないし
デュラハン(本体):「我は命じられたまま戦うのみ。理由は知らず」
ピッテ:雑談にいっちゃった。レッドは除外でOKです~
ベルトリオ:「……まあ想定内の答えだな」
カタン:「会話になりませんわね、ならば終わらせてしまいましょう」
カタン:ではエンチャンとレッドを除く前衛4人に魔法拡大数でかけますね
アン:ありがとうございます
カタン:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 8[6,2]+5+4 → 17
ピッテ:はーい、ありがとうですー
アン:「魔法の力が…これであいつにもきくはず」
ハルフ:そんじゃ行きますか。ビッテ、アン、ミラ、ボーンチェリーはプリースト補助入りましたっけ?
ピッテ:確か大丈夫だったはず?回復が通らないだけだったような
アン:抵抗しなければ聞くはず
カタン:ゴーレムには回復はされませんがセイクリッドは受けられたはず
アン:鼓咆は特殊なアイテムが必要だったような
ハルフ:ラジャー。じゃあその四名にセイクリッドウェポンをかけましょう
ハルフ:2d6+4+3 行使判定
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 6[1,5]+4+3 → 13
アン:ありがとうございます
カタン:ありがとうございます!
ピッテ:やったー!
ハルフ:5点分チャージクリスタル使用して7点消費しまーす
ハルフ:終了ですよ
猫GM:どんどん支援が重なっていく……こわい
ピッテ:えーと、一応順番的にはボーンチェリーが動くのを待ってからかな?
カタン:ではボーンチェリーをスケルトンソルジャーの位置まで移動させて乱戦作りますね
アン:同じPLさんの動作は終わらせる方が混乱しないかもですね
猫GM:骨と骨の対決
ピッテ:わざわざ動作分けるためにマリオネットなんて技能があるぐらいですしねー
カタン:そしてスケルトンソルジャー1に攻撃します
アン:いけー
ピッテ:いざゆけチェリー
猫GM:しょ、初撃さえかわせばワンチャンある
アン:骨が骨かじる画
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 4[1,3]+6+4+1 → 15
ハルフ:さて、今回の魔犬はいかほどの威力を見せてくれるのか?
アン:そうかボーンは琥珀行けるのか
アン:安定しますね
カタン:相手固定値ですか?
猫GM:固定値なので命中ですー
カタン:では攻撃
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 6[2,4]+5+3 → 14
カタン:鋲の効果で追加攻撃します
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 9[6,3]+6+4+1 → 20
猫GM:防護7なので、まずは半分の7
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 6[3,3]+5+3 → 14
カタン:金鋲でさらに追加
猫GM:がりがり削られるー
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 4[1,3]+6+4+1 → 15
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 6[2,4]+5+3 → 14
アン:いい感じ
ボーンチェリー:「ガジガジ」(骨をかじる)
猫GM:21も削られとる……
ハルフ:怖ぇー
アン:いい感じ
カタン:これで手番終了しますね
ピッテ:うーん、一応転倒効果があることを考えると2を転ばせておいた方が良さそうだなぁ…
ピッテ:ということで手番貰います。乱戦に突入ー
アン:どうぞ
ピッテ:スケソル2を対象に投げ宣言ー
猫GM:こ、こいー
ピッテ:の前に補助でキャッツアイーだー!
アン:大事w
ピッテ:2d6+8+2+2 投げ命中
SwordWorld2.0 : (2D6+8+2+2) → 4[1,3]+8+2+2 → 16
ピッテ:k20@12+5+1+1+1+2 投げ威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[12]+10 → 2D:[1,3]=4 → 2+10 → 12
ピッテ:出目が腐ってるぅー、でも踏みつけ発動です!
ピッテ:2d6+8-2+2 キック命中
SwordWorld2.0 : (2D6+8-2+2) → 6[4,2]+8-2+2 → 14
アン:でたコンボ
猫GM:5削られて転倒したところへ蹴りが
ピッテ:k20@10+5+1+1+1+2 キック威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+10 → 2D:[1,6]=7 → 5+10 → 15
ピッテ:あとはレッド君。特殊能力開放で1に炎ブレス打ちますね
猫GM:ひぇ
アン:おー
レッド:2d6+1+5 ブレス命中
SwordWorld2.0 : (2D6+1+5) → 7[2,5]+1+5 → 13
ピッテ:抵抗半減、ダメージ~
レッド:k20+1+5 ブレスダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+6 → 2D:[2,5]=7 → 5+6 → 11
猫GM:壁が一瞬にして半分以上削られたー
ピッテ:6点の炎属性魔法ダメージ…かな?手番終了であります
アン:確実に減らしたいからAかな
アン:移動
アン:補助でキャッツアイ、マッスルベアー、
アン:補助でヴォーバルウェポンA
アン:革張り加工も使用します。
猫GM:木っ端微塵になりそう
アン:2d6+7+1+1 ヘビーランス命中(キャッツアイ革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+7+1+1) → 7[1,6]+7+1+1 → 16
アン:k40[13]+5+4+3+4+3+2+2+1 ヘビーランスダメージ+マッスルベアークリなし
SwordWorld2.0 : KeyNo.40+24 → 2D:[2,5]=7 → 9+24 → 33
ハルフ:砕けて散った……
カタン:クリなしなのに凄いダメージ
アン:サポート魔法ありがとうございます
猫GM:残り10で耐えられるはずもなく木っ端微塵に
アン:ミラはBで
ミラ:補助でマッスルベアーとビートルスキン
ミラ:2d6+10+1 ミラ命中
SwordWorld2.0 : (2D6+10+1) → 8[4,4]+10+1 → 19
ピッテ:固定値が24…全力攻撃Ⅲかな?
ミラ:2d6+7+2+1 ミラダメージ+マッスルベアー
SwordWorld2.0 : (2D6+7+2+1) → 6[3,3]+7+2+1 → 16
アン:げしげし
アン:終わり
ハルフ:固定値がおかしいw ハルフの敏捷値と同じ数字だよ、ボーナスじゃなくて値だよ!?
カタン:何度も踏みつけられる骨ソルジャー君
猫GM:ま、まだ本命は無傷だから(震え声
ハルフ:とにかく、PCの行動は終わりかな?
ピッテ:うむー、この現代アンをフィーネが見た時何を思うのか
アン:ですね
ピッテ:ですね、ターンチェンジ~

死を告げるもの 1R裏

猫GM:まずはスケルトンソルジャーから
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
ミラ:2d6+7 ミラ回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 11[6,5]+7 → 18
アン:おー高い
猫GM:ミラに全力攻撃ーっ は見事に回避されました
ピッテ:結構余裕しゃくしゃく
猫GM:では本命のデュラハンを
アン:スケルトン落としたから最低でも乱戦エリアで止められる
デュラハン(本体):「我が使命を妨げるならば……死あるのみ」
猫GM:と一気に接近してきてから、まずは馬が攻撃
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 1
ピッテ:「ヒーローの使命は助けを求める人を救うことだからね!悪党と相容れないのは仕方ない」
デュラハン:2d6+9 馬命中 ピッテに蹄攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 7[6,1]+9 → 16
アン:馬は全力なぶん当てやすくはなるはず
ピッテ:2d6+9 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 8[4,4]+9 → 17
ピッテ:補正一緒か、これは結構厳しいなぁ
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 1
アン:やはり馬おとしたほうがいいのかな
ピッテ:まじで!?
デュラハン:2d6+9 馬命中 再度ピッテに蹄攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 4[3,1]+9 → 13
ピッテ:2d6+9 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[5,1]+9 → 15
アン:いい感じ
猫GM:ま、まだー
猫GM:続いて戦車が突進
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 1
ピッテ:「な、なんだなんだ!?小さいからってバカにすんなー!」甘く見られてる
ピッテ:なん…だと…!?
アン:馬は全力してますよね?
デュラハン:2d6+8 戦車命中 ピッテに突進
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 12[6,6]+8 → 20
アン:人気だ
ピッテ:2d6+9 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 11[6,5]+9 → 20
猫GM:げぇー
カタン:ピッテちゃんも死の宣告を受けている・・?
アン:レベルの滝攻防だ
アン:高い
ピッテ:くそー、出目的には避けられてるのに…必中じゃ仕方ない
猫GM:ま、まだ本体があるし
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 3
ピッテ:あ、絶対成功なので戦車当たってるですよ
猫GM:あ、そうでした
デュラハン:2d6+14 突進ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 9[4,5]+14 → 23
アン:戦車は当たるといたい
ピッテ:3点ひいて20点。ピッテさんふっとんだー!
ピッテ:「くそう、波状攻撃とはやるじゃないか…覚えてろよー!」鼻血ふきふき
デュラハン(本体):「汝はそこで寝ているがいい」
アン:だ、大丈夫本体ボーンだから…
猫GM:そして本体はチェリーへ剣攻撃を
デュラハン:2d6+10 剣命中 チェリーへ
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 11[6,5]+10 → 21
カタン:2d6+5 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 8[2,6]+5 → 13
デュラハン:2d6+12 剣ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 6[2,4]+12 → 18
カタン:痛い
ボーンチェリー:「・・・!」(少しヒビが入る)
猫GM:こちら終わりです

死を告げるもの 2R表

アン:チェリーにソルジャー狙ってもらいますか。落としてくれそう。その後私がミスト込みで戦車狙います
アン:後衛さん先にどうぞ
アン:ピッテさんの回復もお願いします
ハルフ:とりあえず前に出てピッテの回復かな。
ハルフ:制限移動からのキュア
ピッテ:い、一回だけならレッドを犠牲に出来るので…(
ピッテ:ありがたー
猫GM:ひどい!w
ハルフ:2d6+4+3 行使判定
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 5[1,4]+4+3 → 12
ハルフ:k10[13]+4+3 キュアウーンズ
SwordWorld2.0 : KeyNo.10+7 → 2D:[6,5]=11 → 6+7 → 13
ハルフ:お、良い出目
アン:良い回復量
ピッテ:でかい!ハルフ君の愛を感じましたよ!
ハルフ:ハルフ君はあくびをしながらロウド様にお願いしていますw
カタン:チェリータゲ次第で落とされそうだし、ピッテさんと一緒に回復させておくかな
アン:それでも願いかなうというw
ピッテ:「うぉーい、ここはもうちょっと感動的に回復しようよ…まぁ、大分元気になったけどさ」腕ぐるんぐるん
アン:チェリーは仕事してくれそう。落としてくれると助かる
カタン:制限移動して拡大アースヒールをピッテさんとチェリーにします
カタン:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 5[3,2]+5+4 → 14
アン:いい感じ
ハルフ:「回復すれば何でもいいにゃ~。ありがとにゃ~ロウド様~」
カタン:k0+9 アースヒール回復
SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[10]+9 → 2D:[2,6]=8 → 2+9 → 11
アン:おーいい感じ
アン:全快かな
ピッテ:全快だー!
猫GM:削った分がもりもり回復するぅー
カタン:チェリーもほぼ満タン
アン:チェリーも頑張れ!
カタン:そしてチェリーで残りのボーンソルジャーに攻撃
アン:おとしてー
ピッテ:これで2回ギリ避けしてるんですよ…くそう、早く真黒帯欲しい
猫GM:こ、こいー
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 5[1,4]+6+4+1 → 16
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 11[5,6]+5+3 → 19
アン:良いダメ
カタン:追加しますね
カタン:2d6+6+4+1 命中
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 6[1,5]+6+4+1 → 17
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 8[5,3]+5+3 → 16
アン:きてますね
カタン:倒した?
猫GM:骸骨戦士は二体とも砕け散りました
アン:おーいい感じ
ボーンチェリー:「バキバキ」(骨兵をかみ砕く)
ハルフ:やはり魔犬の活躍はすごいなw
アン:「私先に行きます!続いてください」
アン:補助でターゲットサイト
アン:補助でパラライズミストA
ベルトリオ:「恐ろしい犬だな……」
アン:戦車に
アン:2d6+7+1+1+1 ヘビーランス命中(キャッツアイ革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+7+1+1+1) → 9[6,3]+7+1+1+1 → 19
デュラハン:2d6+7 戦車回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[4,3]+7 → 14
アン:k40[13]+5+4+3+4+3+2+2+1 ヘビーランスダメージ+マッスルベアークリなし
SwordWorld2.0 : KeyNo.40+24 → 2D:[3,2]=5 → 6+24 → 30
カタン:「最高にかわいいチェリーさんをモデルにした自信作のゴーレムですわ」
アン:ミラも戦車
ミラ:2d6+10+1 ミラ命中
SwordWorld2.0 : (2D6+10+1) → 3[2,1]+10+1 → 14
ピッテ:「魔剣ならぬ魔犬だからね。そういう意味じゃ魔犬使いカタンもドレイクみたいなものかもしれない」
アン:ひく
デュラハン:2d6+7 戦車回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[2,4]+7 → 13
ミラ:2d6+7+2+1 ミラダメージ+マッスルベアー
SwordWorld2.0 : (2D6+7+2+1) → 10[5,5]+7+2+1 → 20
アン:げしげし
アン:終わり
ハルフ:二人合わせて50とか、こっちが戦車じゃない?
ピッテ:じゃあ続こう、マッハパンチだー
アン:戦車おちると少し楽ですね
ピッテ:ということで戦車にパンチ攻撃
ピッテ:2d6+9+1+2 パンチ命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1+2) → 8[2,6]+9+1+2 → 20
デュラハン:2d6+7 戦車回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 11[6,5]+7 → 18
ピッテ:k0@12+5+1+1+1+2 パンチ威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[12]+10 → 2D:[4,6]=10 → 3+10 → 13
ピッテ:追加攻撃ー
ピッテ:2d6+9+1+2 パンチ命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1+2) → 9[6,3]+9+1+2 → 21
猫GM:せ、戦車がー
デュラハン:2d6+7 戦車回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[2,2]+7 → 11
ピッテ:k0@12+5+1+1+1+2 パンチ威力
SwordWorld2.0 : KeyNo.0c[12]+10 → 2D:[3,4]=7 → 2+10 → 12
ピッテ:レッド続けー
レッド:2d6+6+3 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 6[3,3]+6+3 → 15
デュラハン:2d6+7 戦車回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[4,2]+7 → 13
レッド:2d6+7 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[3,1]+7 → 11
アン:地味に残ったかな
猫GM:なんてこったー
ハルフ:惜しいっ
ピッテ:「これぞ炎のコンビネーション、魔覇怒号拳だっ」
ピッテ:おわーり
アン:ここをしのげれば、分散してほしい
猫GM:馬のほうを強化して、戦車を無改造にしたツケが……
ベルトリオ:「いざというときは的くらいにはなるつもりだったが、必要ないなこれ」
マウリッツ:「……ですねえ」
アン:そうかマウさんは戦ってよとか思ったw

死を告げるもの 2R裏

猫GM:まずは馬から
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
ピッテ:本職楽器職人だから仕方ない…エフェクトウェポンぐらい撃ってもいいのよ?
ミラ:2d6+7 ミラ回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[2,4]+7 → 13
デュラハン:2d6+9 馬命中 ミラに蹄攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[3,3]+9 → 15
アン:あたり
デュラハン:2d6+8 蹄ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 2[1,1]+8 → 10
ピッテ:はずれ
猫GM:しょぼ
ピッテ:あ、違う。失敗じゃないんでした
アン:まだげんき
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
デュラハン:2d6+9 馬命中 ミラに蹄攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 8[2,6]+9 → 17
ミラ:2d6+7 ミラ回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 5[3,2]+7 → 12
デュラハン:2d6+8 蹄ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 4[3,1]+8 → 12
アン:まだげんき
ハルフ:馬二頭おはずなのに仲いいなw さっきから同じ対象しか攻撃してないw
ピッテ:そしてミラHP多すぎぃ!?
猫GM:では次に戦車(おそらく最後の活躍
アン:あいてオスかw
アン:こうなるとむしろ戦車もミラでいい
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
ミラ:2d6+7 ミラ回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 3[2,1]+7 → 10
デュラハン:2d6+8 戦車命中
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 7[3,4]+8 → 15
デュラハン:2d6+14 突進ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+14) → 8[6,2]+14 → 22
カタン:せ、戦車は馬に引っ張られているから・・・
アン:「ミラ大丈夫?がんばって」
ピッテ:ここまで殴られてまだピッテよりHPが6も多いミラ
猫GM:最後にデュラハンだけど、どうしよう。戦車治しても次には廃車だろうし
アン:回復対象しぼれるのはいいこと
ピッテ:「…なぁ、レッド。お前もご主人のためにあれぐらい頑張ってもいいんだぞ」
猫GM:攻撃しよう
猫GM:1d5 ピッテ レッド ボーン アン ミラ
SwordWorld2.0 : (1D5) → 5
アン:人気だ
デュラハン:2d6+10 剣命中
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 11[5,6]+10 → 21
ミラ:2d6+7 ミラ回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[3,3]+7 → 13
デュラハン:2d6+12 剣ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 4[3,1]+12 → 16
カタン:ピッテに続きミラにも死の宣告が・・・
ハルフ:ちょっときついなぁ。ダメージ量ヤバイ

死を告げるもの 3R表

アン:こちらですかね。
ピッテ:割合回復はできないですからねぇ…とはいえ、攻め手は次ターン大分削れるはず
デュラハン(本体):「……邪魔をするものは斬るのみ」とかいうけどすでにピンチ
カタン:攻撃を補助するか回復かで迷う
アン:ミラの回復お願いしていいですか
ピッテ:全体的にマウントは取れてると思うので、回復の方が優先度高いかなぁと
アン:あっ戦車魔法で落として
アン:それもいいのかな
カタン:チェリーと合わせれば1体は落とせるかなー
アン:カタンさんの魔法で戦車落としてチェリーを馬はいい感じかも
カタン:時間も押してるし回復はハルフさんにお任せして攻めていいですか?
アン:良いかと思います
ハルフ:ウイッス
アン:相手の手数減らせば回復おいつきそう
ピッテ:一応ターゲットは5人いるはずですしねぇ…出目が偏りすぎただけで
カタン:では魔法拡大数を宣言して敵の全ての部位にエネルギーボルトを撃ち込みます
アン:馬1体でも落とせば投げられますよね?
アン:おー大技
ピッテ:部位2以下なら「全ての敵を」投げられます
カタン:2d6+5+4 ソーサラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 2[1,1]+5+4 → 11
カタン:変転
猫GM:ぐぇー
アン:きた
ピッテ:人間っていいな!
アン:むかしばなしw
カタン:「さあ!死の宣告はあなたにお返ししますわ!」
デュラハン:2d6+10 生命力抵抗 本体
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 4[1,3]+10 → 14
デュラハン:2d6+10 生命力抵抗 戦車
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 11[5,6]+10 → 21
デュラハン:2d6+10 生命力抵抗 馬1
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 8[6,2]+10 → 18
デュラハン:2d6+10 生命力抵抗 馬2
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[3,4]+10 → 17
ピッテ:抵抗は6,6以外ないのでありました…ちーん
カタン:k10+10 エネルギーボルトダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+10 → 2D:[1,4]=5 → 2+10 → 12
アン:戦車落ちたいい感じ
カタン:「行きますわよー!シュートォ!」
ピッテ:「これが伝説のメテオストライクってやつだね」まだ覚えてた
デュラハン(本体):「我を地面に立たせるとは……」とか言いながら大破した戦車から飛び降りる
カタン:これは総攻撃で本体行けるかな?
アン:行けそうな気配
ピッテ:かも
アン:チェリーが何回あててくれるか
ピッテ:となるとハルフ君はオオトリのトドメに控えてもらうのも手?
アン:あっフォースは保険にいいですね
アン:そうしましょうか
ピッテ:無理そうなら回復してもらう感じで
ハルフ:ラジャー。待機します
カタン:そういえばチェリーにアンさんのボーパルウェポンってかけられますか?
アン:ですね
猫GM:ひぇえ……
アン:かけられるのですが、自分の行動の前なのですよ
ピッテ:あ、連続手番なので行動入れる隙間がないかなぁと
カタン:そうかー残念
カタン:ではそのままチェリーで本体にしますね
アン:数字的には当たるはず
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 8[2,6]+6+4+1 → 19
デュラハン:2d6+9 本体回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[4,2]+9 → 15
アン:きた
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 5[3,2]+5+3 → 13
カタン:追加攻撃
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 9[4,5]+6+4+1 → 20
デュラハン:2d6+9 本体回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 9[6,3]+9 → 18
アン:きてる
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 8[2,6]+5+3 → 16
ピッテ:うむー
カタン:さらにもう一撃
カタン:2d6+6+4+1 命中
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 8[5,3]+6+4+1 → 19
デュラハン:2d6+9 本体回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 6[4,2]+9 → 15
ハルフ:来てますね~、きてますきてます(サングラス着用)
カタン:2d6+5+3 ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 4[2,2]+5+3 → 12
アン:おー全部あてた
カタン:「これがチェリーの宣告ですわ!」
ピッテ:押し切れそう、ごーごーですな
アン:私が動いていいですか?
ハルフ:これ普通に死ぬでしょ
ピッテ:どうぞ~
ベルトリオ:「……あの犬のほうが死神に見える気がしてならない」
ハルフ:どぞどぞ
アン:補助でパラライズミストA
アン:本体
アン:2d6+7+1+1+1 ヘビーランス命中(キャッツアイ革張り加工)
SwordWorld2.0 : (2D6+7+1+1+1) → 9[6,3]+7+1+1+1 → 19
デュラハン:2d6+9-2 本体回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9-2) → 7[1,6]+9-2 → 14
ピッテ:変転残してるから色々安心のアン
アン:k40[10]+5+4+3+4+3+2+2+1 ヘビーランスダメージ+マッスルベアー
SwordWorld2.0 : KeyNo.40c[10]+24 → 2D:[6,4 2,1]=10,3 → 11,4+24 → 1回転 → 39
カタン:おわったー!
アン:ずどん
デュラハン(本体):「……モル……ダー……さ……」
アン:「あなたは馬の扱いがなれていないです」
猫GM:アンの槍に貫かれ、デュラハンは砕け散りました
ピッテ:「地に足つけて戦わないと、ってことかな?一件らくちゃーく!」
猫GM:残った馬も溶けたかのように消えていきます
ベルトリオ:「最初はどうなることかと思ったが……」
猫GM:戦闘終了です

振り払った後で

アン:「ミラ大丈夫?」降りて傷みよう
ハルフ:「不気味な消え方にゃ~。あの馬たち何でできてたのかにゃ~」呟くように。
ピッテ:「ま、アンタが一人で勝てるって言うなら私達だってこんなもんさ」天狗全開
カタン:「それにしてもデュラハン、興味深い存在でした」
マウリッツ:「かなり手ごわい相手と聞いていましたが、皆さんの戦いぶりを見ていると……」
ベルトリオ:「いやはや、これで血反吐を吐きながら戦わずに済んだ。ありがとう」
アン:「ミラががんばってくれましたから」なでつつ
ピッテ:「悪党ってだけで、負けるには十分な理由だよ。さーて、モルちゃんは次は誰をよこしてくれるのかな?」シッシッとシャドーボクシング
カタン:「チェリーもお手柄でしたわ」(カタンもなでる)
アン:「これで1年は安泰という感じなんですかね?元凶まではわかりませんでしたが」
ハルフ:「単純に数が増えるとかつらそうなんだけどにゃ~」馬が溶けたあたりを杖でいじる
ピッテ:「その時はこっちも大勢でかかろうよ。困ったときは仲間を頼るのが正義側のやり方だよ」
アン:「消える間際に怪しい名前もつぶやいていたから気を付けてくださいね」
ベルトリオ:「報酬は弾ませてもらおう。それと……タイラントレギレクスとかと戦うことがあったら手助けするぞ。こいつも喜んで祝福してくれるしな」
アン:魔法文明語はわからない
カタン:「その時までには複数のゴーレムを操れるようになりたいですわね」
ピッテ:そういえば最後の一言は聞き取れないんだったー
カタン:カタンは分かるかな
アン:似た発音しておこう
ピッテ:「その剣がやる気出すってことは、相手のが強いってことだからねぇ…ある意味それ持ってると絶対勝てない剣って気がする」
ハルフ:言葉なんてミアキス語と共通語しかわかんにゃいw
ベルトリオ:「モルスダールか……全ての死の宣告を知っているというが、どうしたものか……」
ピッテ:虫と草の言葉ならまかせろー(
マウリッツ:「ところで……師匠はこれからどうされますか?」
カタン:「私にも確かに聞こえましたわ」
アン:タイラントレギレクスは18だったかな?
ベルトリオ:「あれに乗ってトンボ帰りは遠慮したい……まだ乗り物酔いが治まってないんだ」
ピッテ:「それなら一回アンファング寄っていけばいいんじゃない?なんなら酔い止め薬ぐらい手に入るよ、きっと」
カタン:「もしドラゴンになれるならそれで飛んで帰ればいいのでは?」
アン:ドレイクはさすがにひと悶着あるかも
アン:郊外ならありかな?
ピッテ:あー、そういえば外見丸見えでした
アン:守りの剣もあるので
カタン:剣ありだから多分穢れ値4かな
アン:ですね。入れないかな
アン:すみません。すすめてください
ベルトリオ:「お言葉に甘えたいところだが、さすがにこの姿だと不味いだろうな。まあ、滞在するところはなんとかなるし、使い走りもいるから問題ない」
ピッテ:「そうかー、もうちょっと短かったらナイトメアって言い張れそうなんだけどね」守りの剣のことは考えてない
ピッテ:「そんじゃ、帰ろうか?一応皆疲れてるだろうし、ここで変なのに襲われても面白くないよ」
アン:「ですね。ミラの怪我もライダーギルドの方にみてもらいたいです」
カタン:「そうですね、またお会いしましょうベルトリオさん」
マウリッツ:「では、私は師匠と一緒にいますので。皆さん、お疲れ様でした」
アン:「マウさんいよいよ謎な人ですね」見送りながら
ハルフ:「じゃ~にゃ~」手でも降っておきましょう
ピッテ:「…力を見せ付けた瞬間吐血するんだろうなぁ。アルバはああいう魔剣でも欲しいのかな」
猫GM:デュラハンを撃退した皆さんはアンファングへの帰路へとついたのでした
猫GM:ベルトリオへの死の宣告は偶発的なのかそれとも彼を狙ったものなのか、それだけは謎として残りました
猫GM:いずれそのことが解明されるかもしれません
猫GM:といったところでアンファング 「死を告げるもの」完結とさせていただきます。お疲れ様でした
カタン:おつかれさまでしたー
ピッテ:お疲れ様でしたー!
アン:おつかれさまでした
ハルフ:お疲れ様です~
アン:戦利品やかけらふりますか
猫GM:一時間で終わるとか調子に乗っておりました(謝罪
アン:成長はオベリスクもあるので
猫GM:では戦利品から
アン:アン+2できます
カタン:カタンは+1
猫GM:スケルトンソルジャー×2 と 複数部位のデュラハンは×4でしたっけ
アン:+2で手分けして振りますか
アン:責任も分散したいw
ピッテ:出目の信頼性…
アン:他部位はそうですね
アン:ではデュラハン2個分もらいますね
猫GM:デュラハンで出目13連発すると大儲け(フラグ
カタン:自分もデュラハン2体でいいですか?
アン:違う今回4人か
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 3[1,2]+2 → 5
アン:ぐは
ピッテ:じゃあ+2でほねっこ1体貰いますねー
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 4[3,1]+2 → 6
アン:本当にごめん
ピッテ:2d6+2 骨をさぐるのだー
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 8[5,3]+2 → 10
ハルフ:やらかしたw 気にしないよ
ピッテ:うむ、問題なしです
アン:かけらは何個ですか?
ハルフ:自分+ないんで皆で分けちゃっていいですよ?
カタン:2d6+1 戦利品デュラハン
SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 8[5,3]+1 → 9
猫GM:欠片は8個です
アン:私の+2っ分を振っていただこうかと
アン:ではかけらも2個分ですね
アン:2d かけら
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8
ピッテ:うちもないのでアンの代振りであります。自前でプラスある方は折角だしそれでいいのかなーと
ピッテ:2d 名誉のかけらー
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
ハルフ:2d かけら~
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
カタン:2d6+1 デュラハン
SwordWorld2.0 : (2D6+1) → 10[6,4]+1 → 11
アン:戦利品全部振りました?
カタン:2d6 かけら
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[1,3] → 4
ハルフ:骨っこが一匹残ってるかな?
アン:もうふりましょうか
アン:2d+2
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 6[1,5]+2 → 8
アン:成長もふりますね
アン:2d 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
猫GM:どうぞー
ハルフ:ありがとうございました。
ピッテ:2d6 成長、精神がそろそろ欲しいー
SwordWorld2.0 : (2D6) → 4[2,2] → 4
アン:生命
ハルフ:2d6 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 2[1,1] → 2
カタン:2d6 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[1,2] → 3
ピッテ:敏捷、まぁいいか。指輪レス化っ
ハルフ:オ、オベリスク使用!
カタン:オベリスクで振りなおします
猫GM:あ、成長振りなおしできるんだっけ
アン:どうぞw
カタン:2d6 成長振りなおし
SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[2,1] → 3
アン:ゾロはですね
ハルフ:2d6 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 5[4,1] → 5
カタン:勇者の証でさらに振りなおします
カタン:2d6 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[6,3] → 9
アン:勇者の証は1d
アン:そしてそれを選ぶ感じ
カタン:おっとミスしました
カタン:1d6
SwordWorld2.0 : (1D6) → 3
ハルフ:セーフ。生命成長します
カタン:生命です
アン:筋力ですね
アン:最初の分をこれとして2回目の勇者の証をふってもいいですよ
ハルフ:カタンさん、3は生命じゃなくて筋力っすよ
アン:手順的に
カタン:筋力でしたすいません
アン:成長振る、心じゃない1d追加
アン:振り直す
アン:こういう手順なので
カタン:ふむふむ
アン:今回は私も立ち会っているので2回目文の勇者の証で1dいいですよ
カタン:1d6 勇者の証
SwordWorld2.0 : (1D6) → 1
アン:心でないものですね
カタン:器用ということでいいですね
アン:ですね
ピッテ:うーむ、純魔法職は必要ステが少ない分成長が悩ましいもんですね
アン:サイボウズにコメントしておいたのですが
アン:表でも案内しておこう
猫GM:そうですねえ
アン:これで全部振りましたかね
カタン:すいみませんでした、運用すると結構ややこしいですねー
ピッテ:OKですー
猫GM:では、報酬などはのちほど上げさせてもらいます
ハルフ:多分オッケーですね
アン:勇者の証はいい保険ではあるんですけどね
アン:GM集計などお願いします
アン:明日も仕事なのでそろそろ落ちますね
ピッテ:はーい、お疲れ様でした~
猫GM:それではログはここまでとして、終了させていただきます。お疲れ様でした

経験点と報酬

  • 経験値:1580 依頼成功:1000    依頼人の手を借りずに撃退:200    モンスター撃破: デュラハン:70×4 + スケルトンソルジャー:50×2 = 380
  • 報酬:ひとり3975  内訳 基本報酬:3000    依頼人の手を借りずに撃退:500    剥ぎ取り:475(魔材:200G×2 魔力を帯びた骨:250G×2 上質な魔材 500G×2 を4等分)
  • 名誉点:28(剣の欠片8個:25 + 劇場効果:3)