第35話 始まりの街 アンファング 「雪国より鉄槌をこめて」 GM: aiuaさん

第35話 始まりの街 アンファング 「雪国より鉄槌をこめて」 GM: aiuaさん – オンラインセッションTRPG倶楽部 SW2.0『始まりの街 アンファング』

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング 「雪国より鉄槌をこめて」

厳冬の季節、寒さもピークを迎えるアンファングの市舎庁に1人の少女が駆け込んできた。
少女の名前はカチューシャ、ここから東に離れた山岳地帯の麓にある雪国の里、ビエルイ村の村長の孫である。
彼女の談によるとしばらく前より村にアンファングの者と名乗る武装した集団が押しかけて金銭や貯めていた作物を脅し取っているのだという。

このままでは村の財産が底を尽きて村人達が暮らしていけなくなる。
村の人々はその賊達を本当にアンファングの者だと思っているらしいが、何かが不自然だと感じたカチューシャは
意を決して真偽を確かめて助けを求めるべくここまで遠路をやってきたと語った。

「ベスさんや街の人とお話して確信しました、やっぱりアンファングの方々があんな酷いことをするとは思えません。」

「少しばかりですがお礼もします、どうかビエルイ村を助けてください!」

アンファングの名を騙り窃盗を働くような者達を放っておくわけにはいかない。
ベスはこの事件を解決し村の人達の誤解を解くべく冒険者の派遣を決定した。

カチューシャの案内でビエルイ村へと向かう冒険者達。
そこには降り積もる雪の中に隠された狂信的な陰謀が潜んでいることも知らずに・・・

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!

募集詳細

  • 開催期間 伝助で調整 20:00~24:00 ※延長の際は伝助にて2回目の調整を行います
  • 募集締め切り 2017年2月22日(水) 23:59
  • GM aiua
  • 人数 3~5名、万一人数超過の場合は、PL参加数を参考に選考・抽選となります。エントリーの際にアンファングでのPL参加数をご案内ください。

戦闘は簡易戦闘1-3回を予定 (ボス戦以外は戦闘を回避できる可能性があります)
内容は場面ごとにダイス判定・戦闘・RPなどを行いながら進んでいく方式で探索要素は薄めです。
所謂一本道系のシナリオですがPCの選択や行動でイベントの内容は多少変化する予定です。
今回のセッションは人族との戦闘を含みます。HPを0にしても殺害せずにシナリオを解決させることが出来ますがご留意の上ご参加ください。

レギュレーション

基本ルルブ改訂Ⅰ~Ⅲ、EX、アルケミストワークス、イグニスブレイズ、カルディアグレイス

以上に記されている技能・種族・アイテム等が使用可能です。

騎獣は全て使用可能。

その他

タイトル等で色々予想出来ると思いますが、冬らしく北の国をモチーフにした話をやってみたいなーと思い作ったシナリオです。
少し不穏な要素があるあらすじですが鬱エンドやBADエンドは余程のことがなければあり得ないのでご安心をお願いします!
会話成分は多めの予定ですのでRPを楽しんで頂ければこれ幸いです。

リプレイ

ビエルイ村の入り口

GM:ではセッションを開始します今回もよろしくお願いします!
ジュエル:お願いします
エルマ:よろしくお願いします!
マウリッツ:よろしくお願いします
ウィテ:よろしくお願いします!
ベリル:宜しくお願いしますっ
GM:皆さんはカチューシャの案内でビエルイ村の入り口に居ます。
GM:時刻は夕方で雪山にほど近いだけあって、一面に白い雪が積もっています。
カチューシャ:「着きました、ここがビエルイ村です」
ジュエル:幸は初めてだけど寒さを感じないこの身体
ウィテ:金属鎧なんだけど冷たいのかな?
ジュエル:肌に憑かないようにしないとですね
ベリル:水の加護は気温に対応…できるわけないよなぁ
エルマ:軽装=超絶寒い
カチューシャ:事前に防寒対策はしていると思うのでペナルティーはありません。
ウィテ:ラジャー
ジュエル:呼吸もいらないので雪崩も大丈夫。とか不安なことをいう
ベリル:「うー、寒さむ…やっぱり私は温暖な土地の生まれなんだろうなぁ…」防寒具きてようが寒いもんは寒い
ウィテ:それは他の面々が大丈夫じゃないw
カチューシャ:と、その時村の中から男の声と機械のエンジン音が聞こえてきます。
カチューシャ:それを察知したカチューシャは少し怯えています。
エルマ:「せ、背中はもう武器背負ってるから」コートが着れずガタガタしています
ベリル:「ええと、脅されてるって聞いてたけど…もしかしてあれがそうなのかな?」
?:『これにて今回のアンファングへの税の徴収を終える!次回納める分もしっかり用意しておくように!』
ウィテ:「何か来るぞ?」口から白い息を吐きながら
ジュエル:音のする風を警戒。カチューシャもかばおう
マウリッツ:「いきなりですね」
ベリル:おお、いかん。これ逃げられる奴じゃないですか
ジュエル:何人くらいいます?
GM:魔動ビークルに乗った数人の立派な服を着た男が、武装をした集団が村から足早に出て行きます。
ベリル:にげられた
ジュエル:ビーグルのりはやっかい
ベリル:「堂々名乗ってるなぁ…次回っていつくるんだろう」ちょい呆れ顔
GM:ビークルに乗った男たちは皆さんには目もくれず雪山の方に去っていきました荷台には穀物を入れた袋などが載せられているのが見えます。
ウィテ:ミスった。コレ来たんじゃなくて行ったのか?
エルマ:「んー・・・我が物顔で嘘言うと案外ばれないからね・・・」
ジュエル:「少し遅かったですね。アンファングをなのるとかむかつくやつらです」
カチューシャ:「あれがアンファングから来た役人を名乗っている人達です」
カチューシャ:「税と称して村で収穫したライ麦や保存していた食料、貯めていたお金を奪っているんです。」
カチューシャ:「このまま続けば村は冬を越せなくなってしまいます」
ジュエル:もちろん知らない顔ですよね?
マウリッツ:「……同類と思われそうな気が」魔動バイクに乗ってる
ウィテ:「ほぅ……」眉をひそめて男たちが立ち去った方向を見つめる。
カチューシャ:はい、見たこともない他人ですが1人はルーンフォークっぽかったですね。
ジュエル:バイクは誤解されそうですね。愛想ふりまいていてくださいw
ベリル:「税金徴収するなら何かしてくれないと割に合わないでしょうに…ま、退治でいいんじゃないかな」安易ー
カチューシャ:「そう言ってくださると心強いです!」
エルマ:「じゃあ村から取られたもの以外はもらえるかもって事?」悪い顔
ジュエル:もとから絶ちたいですね。どこからきているとかわかっているのかな
カチューシャ:「私は分かりませんが、いつも雪山の方に向かって帰って行きます」
ベリル:「かも、って言っているだけまだ良心が残ってそうだね。エルマちゃん」
ジュエル:どのくらいの頻度で来るのですか?次まで間があるようなら本拠地を探しましょう
カチューシャ:「まずは村へご案内します」
エルマ:「良心の塊ですー」
カチューシャ:ということで村の中に入りますがよろしいですか?
エルマ:「雪山・…洞穴でアジト・・・うんうん、それっぽいね!」
ベリル:「それは堂々とつく嘘ってやつかなー?」
ベリル:はいな、OKであります
ジュエル:はい。お招きされます
エルマ:はいりまーす
ウィテ:「小さな依頼人の前で、報酬の話はあまり関心しませんね」
ウィテ:おっけーです

ビエルイ村

カチューシャ:村は数十軒ほどの家があります。
ベリル:エルマちゃんも見た目は少女なのできっと大丈夫(
カチューシャ:ですが強盗に遭っているせいもあってか少し寂れた雰囲気ですね。
エルマ:村よりも悪人からむしり取る方が(
カチューシャ:村人もぽつぽつ外に居ますが、よそ者であるみなさんを警戒しているような様子です。
ウィテ:それは確かにそうだけどw
カチューシャ:「すみません、元々あまり人が来ない村ですし、さっきのこともあって怖がっているだけなんです」
ベリル:まぁ悪名高きアンファング住民であります故
ジュエル:アンファングから来たとは言わないほうがいいかな。退治してから素性をなのろうかな
マウリッツ:「まあ諸手を上げて歓迎というわけにはいかないでしょうねえ」
ウィテ:「仕方ないことだろう」
ジュエル:「ただの雇われ冒険者ですよ?」
カチューシャ:ここで皆さん知力+冒険者LVで振ってください。
エルマ:ほむ
カチューシャ:達成値は15です。
ジュエル:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 7[5,2]+10 → 17
ウィテ:2d6+6+2
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 8[3,5]+6+2 → 16
マウリッツ:2d6+6+2 知力+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 3[1,2]+6+2 → 11
エルマ:2d+5+2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 6[5,1]+5+2 → 13
ベリル:2d6+6+3 知力+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 6[2,4]+6+3 → 15
カチューシャ:ジュエル、ウィテ、ベリルさんは村人の雰囲気がただ部外者を恐れているだけにしてはどう雰囲気がおかしいと気づきます。
カチューシャ:目がどこか虚ろな感じです。
カチューシャ:それ以上は不明です
ウィテ:ん? なんか洗脳系かな?
ジュエル:おーカチューシャさんとは違う感じ?
カチューシャ:はい、大人は違う感じ。
ベリル:「…ええと、最近この辺りって何か流行り病でもあるのかな?みんな元気がなさそうだけども」一応聞いてみようー
エルマ:「?あのモドキ盗賊たちのせいじゃないの?」
カチューシャ:「あっ、みなさんもそう感じますか?私も最近村の大人たちの様子が変だと思うんです」
ベリル:「そういうのとはなんとなく違う気がするんだよねー…生気に乏しいっていうのかな」
カチューシャ:「きっと、生活に困っているせいで疲れているだけかと思うんですが・・・」
ウィテ:カチューシャ以外の子供は普通な感じですか?
ジュエル:カチューシャさんの身近な人で様子おかしな人がいればあってみたいけど
ジュエル:サニティも使えるし
カチューシャ:元から少子高齢気味の村ですので子供は少ないですがまあ普通な感じですね。
ウィテ:つまり大人だけがおかしくなっていると……。
カチューシャ:場面がかわってカチューシャは自身の祖父であるロマノフ村長の家に案内してくれます。
エルマ:反乱起こさないようにかな?
カチューシャ:「お爺様、カチューシャは今帰りました。」
カチューシャ:彼女はドアをノックすると杖を突いた老人が出てきます。
ロマノフ村長:「おお、無事戻ってきてくれたか我が愛しい孫よ」
ロマノフ村長:「お前が助けを呼びに行くと1人村を出てから毎日心配しておったわ」
ジュエル:まともな感じかな?
ロマノフ村長:ロマノフ村長はみなさんを見て話しかけます。
ロマノフ村長:「わしが村長のロマノフです。あなた方が助っ人の方々ですか、どこから来なさった?」
ジュエル:どうこたえるか
ベリル:「…うーん、誤解を招かないように、カチューシャさんから聞いたほうがいいかな?」
ベリル:ということで事情の説明を任せるのはどうかなーと
ベリル:多分素直にアンファングからーとか言ったら色々齟齬がありそう
ジュエル:そのほうがいいかな。必要ならフォローしましょう
ウィテ:そうだね(便乗)
マウリッツ:アンファングのほうから(詐欺師的言い回し
エルマ:アンファングキラーです(
ロマノフ村長:ではカチューシャが村長に説明を始めます
カチューシャ:「お爺様、この人たちはアンファングから来た方々で・・・」
エルマ:「(操られてる!とか言わないよね?村で戦闘はしたくないよ?)」
ジュエル:村長は普通な様子なのですよね?洗脳されていたら冒険者来たことが敵に漏れないか不安
ロマノフ村長:ロマノフ村長はみなさんがアンファングの冒険者と知ると不自然なまでに態度を豹変させ憎しみの目を向けます。
ロマノフ村長:さっきの見た村人達と似たような目をしてます。
ベリル:あらやだ
ロマノフ村長:「また来おったのかアンファングの奴らめ!税の徴収は終わったはずじゃさっさと出ていけい!!!!」
エルマ:本物が来た時ようのかな・・・
ジュエル:誤解して怒っている感じかな
ロマノフ村長:と叫びながら村長は杖を振り上げて皆さんへと振り下ろそうとします、が・・・
ロマノフ村長:ドアの奥から長身の男が現れてロマノフ村長の腕を掴み止めました。
グリゴリー:「落ち着いてください村長」
グリゴリー:「まずはお話を聞いてあげるのが公平という物ではありませんか?」
グリゴリー:男の言葉を聞いた村長は落ち着きます
ジュエル:誰だろう
グリゴリー:男にも話しかけられます
ジュエル:カチューシャさんは顔見知りかな
ジュエル:留守の間に来た人じゃない?
カチューシャ:「あっ、この人はグリゴリーさんって言って村に魔動機術を教えてくれている人です・・・」
ジュエル:以前からいる人なのですね。目つきも確認しておこう
カチューシャ:目つきに以上はありませんね
ウィテ:個人的にはこっちがアンファングの名前出したのに、平静な時点で怪しい気がしてしまう。
グリゴリー:男は皆さんに向かって自己紹介をします。
グリゴリー:「とんだご無礼を、村長は最近のことで心労がつのっておられるのです」
エルマ:すごく裏でつながってそうです(
グリゴリー:「私はグリゴリーと申します。この村の人々に魔動機術を教えている者です」
グリゴリー:「魔動機術は知識さえあれば誰でも扱える『平等』で素晴らしい技術、これを復興・普及させることこそ私の使命。」
グリゴリー:「今は村長の家に泊めて頂いて、ビエルイ村の成人の方々へ向けた魔動機術教室を開いているのです」
グリゴリー:と言った感じのことを話します
ウィテ:うん、その教室がアウトじゃね?
エルマ:「初めまして!エルマだよー!お兄さん神官みたいな喋り方するね!」
ベリル:「へー、ということはグレゴリーさんは外から来た方なんだね」
ジュエル:どのくらい前から滞在されているのですが?族が現れたタイミングはきいていますよね?比べてみよう
マウリッツ:「なるほど」魔動機術に人を操るようなものあったのか思い返し中
グリゴリー:「お話ですか・・・玄関は冷えていけない、立ち話もなんですし皆さん中に入ってください」
グリゴリー:「カチューシャは疲れたでしょう、ゆっくり休んでください」
ベリル:では遠慮なくはいるとするですよ。寒いのは苦手です
グリゴリー:グリゴリーと村長は家の中に皆さんを入れてくれます
グリゴリー:ここで場面が変わりますがいいですか?
ジュエル:寒さは平気だけど空気読めるので入る
ウィテ:大人しく入りますか。
エルマ:外で待っていたい気もするけど好意に甘えよう
村長の家
グリゴリー:カチューシャはやんわりと会談への参加を拒否されて少し暗い顔をして自室に戻ります皆さんは村長宅の会議室に招かれます。
グリゴリー:村の集会グリゴリーの教室にも使われている広い部屋です。
グリゴリー:部屋にはテーブル・黒板の他にマギスフィアや小型の魔動機が複数置かれています。
グリゴリー:特に目につくのは無線機のような物や小型のメトロノームのような置物です。
ジュエル:マギテックはないので詳しくはわからない
ベリル:ほほー
エルマ:ほむほむ
グリゴリー:何かすることや聞きたいことが無ければ依頼を受けたことを説明する感じになります
ベリル:んー、どっちでもいい気はしますが念のため
ベリル:ペットにレジスタンス歌わせておきます。BGMとでも言い張っておきましょう
ジュエル:カチューシャは嘘とか苦手そうだからこちらの素性は伝えておいていいかもですね
ジュエル:冒険者雇に行ったことは知っているだろうし
ベリル:「ずっと懐の中だったから、ちょっとストレス解消させてやりたくて。うるさかったら言ってね」ぴよぴよ
グリゴリー:「・・・・ふむ、良い曲ですね」
グリゴリー:冒険者達から事情を説明された二人は現状を説明してくれます
グリゴリー:彼らの話によると、役人たちはアンファングの名が一大都市としてエイギアの地に知られるようになってから現れたそうです。
エルマ:「いい歌だね~ついつい踊りたくなっちゃうよ」
グリゴリー:最初は抵抗しようとしましたが、武器を持ってかなり腕が立つ者が一人いて逆らうことは叶いませんでした。
グリゴリー:一応死人は出てません
グリゴリー:それからは彼らに屈服し税を払い続けているそうです。
ジュエル:いまのところ被害が出ているのはこの村だけな感じなのかな
グリゴリー:ですね、しばらくしてグリゴリーが放浪中にこの村に立ち寄って魔動機術を教え出したそうです。
ジュエル:どのくらいの税おさめているかで相手の数予想できるかな?食料も渡しているんですよね?
エルマ:「あ、魔動機術って村人全員に教えてるんですか?」質問質問
ロマノフ村長:「最初は少なかったが来るたびに要求は上がり続けるばかり・・・来る間隔も短くなっておる。」
グリゴリー:「大人を中心にマギスフィアをお貸して狩りや農業に使えるような実用的な物を中心に教えています」
ベリル:魔動機術かー…とりあえず興味持ったふうにメトロノームあたりいじってみようかなぁ
グリゴリー:今のことろはこの村以外そういう話は聞きませんね
エルマ:そこまでやったら怒られそうw
ベリル:単純なリズム取りなのか、妙な機構がついてそうなのかぐらいは分かるといいなぁ
グリゴリー:ベリルさんは一度だけ魔動機術レベル+知識でそれがなんなのか判定出来ます
グリゴリー:達成値は20です
マウリッツ:狩り用はターゲットサイトだろうけど、農業用はなんだろう……エフェクトウェポンかな?
ジュエル:がんばれー
ベリル:知力、かな?ふってみようー
グリゴリー:知力でした
ベリル:2d6+3+3 クリ必須じゃない?
SwordWorld2.0 : (2D6+3+3) → 3[2,1]+3+3 → 9
ベリル:ファンブル直前ですよ奥さん
グリゴリー:結局分かりませんでした、グリゴリーは魔動機を触るベリルさんを止めます
グリゴリー:「・・・。それは私にも使用方法はよく分からない物でしてね、形は気に入ったので飾っているのですよ」
グリゴリー:「使用法が分からないのでみだりに触らぬよう」
エルマ:心理学(おい
ベリル:「そうなんだ、確かに魔動機ってよく知らずに触るとロクなことないしね…」ブルーなんとか
グリゴリー:さて、グリゴリーは話題を切り替えます
グリゴリー:「アンファングの冒険者の皆さん、あなた方が本当に無実と言うのならば役人たちの討伐をして頂けませんか?」
ベリル:ま、かなり必要達成値が高いということで特殊なものであることは推察しておきましょう
ベリル:「私達としては『アレ』を役人とは呼べないけどね。悪人討伐なら依頼通り完遂しましょ」
ジュエル:「もちろんそのつもりですよ」
ロマノフ村長:「グリゴリー殿がそういうのなら、信用しましょう。」
エルマ:「はいはーい、まっかせてー」
マウリッツ:「まあ、他に証明しようがありませんからねえ……」
ウィテ:「ふむ、それは構いませんよ」
グリゴリー:「おお受けて頂けますか、感謝します。」
ジュエル:反攻したということで別働隊に村が襲われないように作戦中避難していてほしいところだけど
ジュエル:そういう避難場所はないですよね?
グリゴリー:ないですね、特に今は冬なので
ジュエル:相手の数がわからないから慎重になりざるをえない
グリゴリー:下手に外に出たら遭難や凍死するリスクが
グリゴリー:みなさんの返事を聞いたグリゴリーは懐から一枚の地図を取り出しました。
ベリル:マギテレベルが4あればアナライズできたのになぁ…って、流石に目の前でやると怒られちゃいますな
グリゴリー:「これは村の近くにある雪山の地図です。」
ジュエル:マウさんは4ありますね。いざとなればたよりましょう
グリゴリー:「私が調べたところによると山の上に今は使われていない避難小屋があるようでしてね」
マウリッツ:アナライズのことをすっかり忘れてた
グリゴリー:グリゴリーさん警戒してるのでもう機械に触るのは無理っぽいですね
グリゴリー:「おそらく彼らはそこを根城にしている可能性が高いと思います。」
グリゴリー:地図にはその小屋までのルートが記載されてます。
グリゴリー:「その避難小屋の調査を依頼します」
ベリル:「了解、これだけ準備があれば大分助かるよ」
ウィテ:「ふむ、ずいぶん詳しく調べてあるようですが、これは誰が?」
ウィテ:小屋の存在とか、ルートとかね。誰が調べたのか聞きたいなーと思いました。
グリゴリー:「夏季に山に狩猟に行く猟師の方から聞いたのですよ、ですね村長」
ロマノフ村長:「うむ」
ジュエル:グリゴリーさんno
エルマ:「あ、雪崩とか起きたりします?」
ジュエル:グリゴリーさんの素性をもう少し調べたいとこですね。逆に待ち伏せとかいやな感じ
ロマノフ村長:「ないとは言えないが、まあよほどのことがない限り起こらんじゃろうな」
ロマノフ村長:2人から聞けそうなことはこのくらいです
グリゴリー:「もう夜も遅い、雪山に向かうのは明日にして、今日のところは客室でお休みください」
ベリル:「はいな、色々手配してもらってありがとうね」とりあえず逆らえる理由もなさそうな
ジュエル:客室でみんなで今後の事相談しますか。盗聴とかまでは考えなくていいかな?
エルマ:「ありがとうございますー!」
マウリッツ:「では、お言葉に甘えまして……」
ウィテ:「わかりました」
グリゴリー:ではみなさんは会議室から出されます。
ジュエル:いざとなればマナサーチをお願いしよう
グリゴリー:「私と村長は少しお話をした後に寝ますのでお先にどうぞ」
グリゴリー:ドアが閉まりカギがかかりますね
ウィテ:んー、ここ村長宅だよね? グリゴリーが仕切るんだ。
エルマ:HAHAHA
ベリル:寝る前だったらやっておいても問題ないかなぁと言う感じですねぇ…でも魔動機ってマナサーチで見付かるのかな
ジュエル:指示慣れしているのが怪しいんですよね
グリゴリー:行使するならどうぞー
ジュエル:魔動機は動かすのにマナがいるから盗聴器とかあればみつかるはず
ベリル:ならやっておきますかー
ジュエル:みんなで平和に相談できるのが確認できれば充分なのでたのみたいところ
ジュエル:作戦だだもれがいやなので
ベリル:2d6+3+3 探せマナサーチ
SwordWorld2.0 : (2D6+3+3) → 6[5,1]+3+3 → 12
ジュエル:あっスフィアで半径が決まるので
ジュエル:サイズをいわないといけない
グリゴリー:客室には目の前にある魔動機製のランプくらいしか見当たりませんね
グリゴリー:特に仕掛けは見当たりません
ジュエル:ではみなさんと相談タイムですかね
グリゴリー:そこまで大きな屋敷ではないのでOKです
ベリル:とりあえず大を持ってるのでソレで見つからなければ多分大丈夫かなーと
ジュエル:おやしい情報は目つきが怪しい大人たちとグリゴリー
ウィテ:ってことは屋敷全体で客室のランプくらいしか反応が無かったってことかな?
ジュエル:グリゴリーの魔動機の使い道ですかね?
グリゴリー:10分くらい経ったら明日に向けたイベントが発生するのでそのくらいでお願いしますねー
ジュエル:朝までにもっとグリゴリーに探り入れます?
ウィテ:ラジャー
グリゴリー:一応ドアの近くに寄ることは出来ますね
エルマ:ほむほむ
ジュエル:魔動機の使い道わかると結構いろいろわかりそうですが
ベリル:あんまり突っ込みすぎると相手に警戒されて色々大変なことになりそうな気がしないでもないですね
ジュエル:メトロノームが洗脳のためとか、無線は外との連絡用とか
ジュエル:マウさんはマギ持ちスカウトだから、だれかグレゴリーひきつけている間に調べられないかな
ジュエル:怪しみすぎかな。カチューシャさんにグレゴリーの話聞くべきか
グリゴリー:彼女なら自室に居るのでノックすれば入れてくれます
エルマ:いやぁ・・・・これは・・・
ウィテ:行動って全員一緒の方が良いかな? 分担するとマスタリングが厳しいですか?
マウリッツ:どれだけつつくかの加減が難しいところですねえ(見つかったときのことも考えると
ジュエル:魔動機つかっているところみたことないかとか、教室の様子とかはまずは聞いてみますかね
グリゴリー:すみませんがちょっと分割行動はキツイですかなー
エルマ:ほむほむ
ジュエル:どうしましょうか?
ベリル:とりあえず聞いてみるでいいと思います
ウィテ:賛成です。
ジュエル:ならいきますか
グリゴリー:では皆さんはカチューシャの部屋に行きます。
グリゴリー:彼女は快くみなさんを迎えてくれました
カチューシャ:「すみません、さっきは挨拶をせずに部屋に戻ってしまって」
ジュエル:「間に合ったら今日の分まではとられなかったかもです」とか世間話的なとこから入ろう
ジュエル:「おじいさんグリゴリーをだいぶ信頼しているようですね」とかまずはグリゴリーさんへの探りをいれよう
カチューシャ:「はい、でも私グリゴリーさんのことちょっと苦手で・・・」
ジュエル:不信感とか持っている感じはないかな
ジュエル:おー
カチューシャ:「確かに村のために手を貸してくれている方なんですが、何か隠しているように思えるんです」
カチューシャ:「会議や魔動機教室を開いている時にいつも部屋に鍵をかけていますし」
カチューシャ:「たまに理由も言わずに村から居なくなったりするんです」
カチューシャ:「あっ・・・こんなこと話しちゃってごめんなさい!」
エルマ:「怪しすぎる」
ベリル:「教室ぐらいは見学させてくれればよさそうなのに…でも、もし何か企むとしてもこの村でやること何かあるかなぁ?」
マウリッツ:「いえいえ」
ジュエル:「あのかわった魔動機を使うところは誰も見たことない感じ?それはカチューシャちゃんが不安に思ってもしょうがないです」
カチューシャ:彼女が知っていることはこれくらいですね、例の魔動機が動いているところは見ていないようです。
ベリル:「『税』の取立ては力技でやられているし…ええと、何かこの村で大事にしているものとか変わった物ってあったりするのかな」
ジュエル:様子がおかしい大人にサニティも試したいところですね
カチューシャ:カチューシャ曰くこの時間は皆家に鍵をかけて寝ているので難しいかもです
カチューシャ:村長はまだ部屋にいますし
ジュエル:村長には無理なのかな?
ジュエル:あまり無理はしたくはないけど
カチューシャ:まださっきの鍵付きの会議室にこもってますね
カチューシャ:朝まで出ないと思います
ジュエル:二人でこもることはよくあったのかな?
エルマ:扉に聞き耳建ててみたい気もする・・・・
カチューシャ:偶にあったそうですね
カチューシャ:聞き耳は立てれますよ
ジュエル:スカウトさんたちお願いできますか
カチューシャ:そろそろ寝なきゃ怪しまれるので今日出来るのはこれくらいです
ベリル:2d6+6+3 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 9[4,5]+6+3 → 18
ベリル:お、割と頑張った
ジュエル:きけるかな
カチューシャ:達成値16以上出たので成功です
エルマ:おおー
カチューシャ:扉越しに何を話しているかは良く分かりませんがカチカチと魔動機のボタンを押しているような音が聞こえてきます
カチューシャ:以上です
ウィテ:因みにベリルが体調不良を感じたりとかはない?
ジュエル:モールス的なものかな。もらった地図の情報どおりに調べに行くか悩みますね
ベリル:「…と言うことが分かったよ。つまりよくわからない…けど、お話って感じじゃないみたい?」
カチューシャ:特にベリルに異常がありません
カチューシャ:「私は山に行ったことがないので地図のことは良く分かりません・・・」
マウリッツ:「ボタンを押す音ですか……」無線機みたいなものの操作音?
カチューシャ:あと、心配なら彼女も雪山に同行させることは出来ます
ウィテ:「そうですか、ありがとうございます。ベリルさん」とりあえず洗脳系じゃないので、多分連絡かなぁ。
ベリル:んー、まぁ信用できる人は一人傍においておきたい気はしますね
エルマ:自分達が明日向かうことを伝えたのかも
ウィテ:でも襲われるとしたら連れてきた方が危険じゃない?
エルマ:ってすごくラグ狩った・・・・
カチューシャ:ちなみカチューシャは戦闘や判定には参加しないです
ベリル:大丈夫、後衛に攻撃が届くようなことになれば自分も死にます(
ジュエル:グリゴリーは同行しないのかな
ジュエル:村に置いておくのは嫌な感じ
カチューシャ:彼は多分しないでしょう
ジュエル:どういう方針でいきまsひょうか?
ジュエル:明日向かう。カチューシャは同行?
ベリル:でいいかなーと。地元民が見て違和感があるかどうかだけ判定しながら用意されたルートを進むぐらい?
ウィテ:そうですねー。
ジュエル:普段より警戒しつついくとかくらいですかね
エルマ:明日も頑張りましょ!
カチューシャ:では場面を明日に移しますがよろしいですか?
ジュエル:グリゴリーへの決め手がないですもんね
ウィテ:それなんですよねー。
カチューシャ:「私も連れて行ってくださるんですか?」
ベリル:「というか、着いて来て貰いたいが正解かな。やっぱり道を知ってる人が一緒なのが一番心強いもの」
カチューシャ:「分かりました!足手間問いにならないよう頑張りますね」
カチューシャ:というわけで明日に進みます
エルマ:( ?ω?)スヤァ
ベリル:「大丈夫。こう見えてもそこそこ場数は踏んでるし、貴方一人ぐらい守るのはわけないよ!…他の人が、だけどね」他力本願ー
ジュエル:これでボスがカチューシャだったらいがいすぎるw
ウィテ:それが一番怖いw

雪山:狼の縄張り

カチューシャ:翌朝になりました。皆さんは早朝に村を出て雪山の方に足を向かわせます。
カチューシャ:グリゴリーと村長が見送ってくれました。
ジュエル:少し早起きしてゴーレム作っておきます
グリゴリー:「では、ご健闘を祈っていますよ」
ロマノフ村長:「気を付けてなカチューシャや、この者達をよく監視するんじゃぞ」
GM:ゴーレムどぞー
ベリル:「本人前にして良く言えるなぁ…本当に大丈夫かな?」ぼそり
ジュエル:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 4[1,3]+5+4 → 13
ジュエル:テキパキつくりました
GM:グリゴリーの地図を基にして雪山に進んで行きますがよろしいですか?
エルマ:「あやしいなぁ」ぼそっ
ベリル:自分としては問題なく。ただ、逐次カチューシャの意見は聞きたいですね
ジュエル:差異はない感じなのかな?すこしずれて進みます?道的にそれは可能ですか?
GM:土地勘がないので地図に従うしかなさそうですね
ベリル:自分の知ってる道と比べて違和感ないか、変なルートを通っていないか…とか
エルマ:あ、道の途中で視線がないか調べたいです
ジュエル:したがうしかないならいくしか
GM:今のところはありませんね
ウィテ:まぁ仕方ないでしょう。道の途中で襲われるか、小屋で襲われるかの差ですよ。
GM:では移動します
GM:皆さんは山の麓に到着しました。
GM:坂はまだ緩やかで開けており、雪が積もった針葉樹がぽつぽつ生えています。
ジュエル:次の日だからビーグルの形跡などは消えている感じですかね
GM:昨日も雪が降っていたので分かりませんね
ウィテ:何時まで降ってましたか? もしくは今も降ってますか?
GM:ここで聞き耳判定をお願いします。達成値は12です。
マウリッツ:「人の通った痕跡などは……ぱっと見ただけではなさそうですね」
ジュエル:正しいのかわからずすすむしか
GM:今はちらついていて風も少し吹いてます
ベリル:2d6+6+3 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 4[2,2]+6+3 → 13
ウィテ:ではとりあえず聞き耳を立てますか。
ウィテ:2d6+6+2 聞き耳判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 8[2,6]+6+2 → 16
マウリッツ:2d6+4+2 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+4+2) → 5[2,3]+4+2 → 11
GM:木々の隙間から唸り声が複数聞こえてきました。
GM:狼の群れが出てきます。
ウィテ:「狼のお出迎えですか」
GM:魔物知識判定1回どうぞ。
ベリル:「…冬山だもんなぁ。お腹すかして出てくるのは仕方ないよね」
ジュエル:MP潤沢だからシャープコマンドつかっておこう
GM:7/12です
ジュエル:2d6+5+4 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 7[4,3]+5+4 → 16
マウリッツ:2d6+3+2 魔物知識(ライダー
SwordWorld2.0 : (2D6+3+2) → 6[1,5]+3+2 → 11
ジュエル:2d6+5+4+1+1 魔物知識判定
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1+1) → 7[2,5]+5+4+1+1 → 18
GM:弱点抜けました正体はグレイウルフ3体です。どうやら野生の狼たちの縄張りに足を踏み入れてしまったようです。
GM:聞き耳判定に成功して早めに気づくことが出来たので、狼たちの縄張りから退散することで戦闘を回避することが出来ます。
ジュエル:襲ってくるきまんまんかな
ベリル:「…で、どうする?やっつける?
GM:全員が敏捷+冒険者レベルで判定し、達成値13なら無傷で逃げられて、それ以下なら2d6+4の物理ダメージを受けた後に逃げられます。
GM:戦うことも可能です
ジュエル:カチューシャはどういうあつかい?
ベリル:んー、本筋ではないので個人的には避けられるなら避けたい所かも?
ウィテ:逃げても小屋へは行けるんですか? 道に迷ったりしない?
GM:判定に参加しないので皆さんに担がれて逃げる感じ
エルマ:ふむふむ
GM:ペナルティーはありません
GM:地図があるので道からは外れないでしょう
ジュエル:ダイスで6以上か
ジュエル:いけるかな
ジュエル:逃げます?
ウィテ:それでもいいですよ。
ベリル:でいいかなーと思います
エルマ:OKですよー
ジュエル:2d+7 逃げる
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 8[2,6]+7 → 15
マウリッツ:わかりました
GM:ではダイスどうぞ
ウィテ:2d+6+3 逃走
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 8[6,2]+6+3 → 17
エルマ:2d+5+3
SwordWorld2.0 : (2D6+5+3) → 6[2,4]+5+3 → 14
ベリル:2d6+6+4 敏捷+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4) → 6[4,2]+6+4 → 16
マウリッツ:2d6+6+3 敏捷+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 11[6,5]+6+3 → 20
ジュエル:みんな逃げ足早い
GM:では全員急いで退散出来ました
GM:なんとか縄張りから脱出し、そのまま山の上を目指します。
ベリル:ほぼ全員スカウトなので…
ウィテ:はっはっは
エルマ:HAHAHA
GM:何もなければ次の場面に進みますがいいですか?
ベリル:はーい
ウィテ:ok
ジュエル:はい
マウリッツ:はいー

雪山:吹雪

GM:しばらく山を進みます、標高が上がるごとに段々と木々が少なくなり今は視界を妨げる物はありません。
エルマ:OK
GM:その時、急に周囲が吹雪いて来ました。雪の混じった凍えるような風が皆さんの前に吹き付けます。
ベリル:さむーい!
GM:生命抵抗を達成値で14振ってください、失敗すると2d6の氷属性魔法ダメージを受けます。
ベリル:「…かえろっか!」にっこり
GM:また、こちらもなにか防ぐ方法があれば修正ボーナスが付きます。
ベリル:ピヨちゃん、レジスタンスだ!レジスタンスで耐えるんだ!
エルマ:「帰ろ帰ろ!」
GM:レジスタンスで全員判定に+1出来ます
ジュエル:抵抗はゴーレムも振る?
エルマ:ありがたい・・・
ベリル:やったー、バード技能が役立った!
ジュエル:唄を聞きながら進むw
GM:ゴーレムは生物ではないのでいらないですね
GM:雪の進軍かな
ベリル:ぽーるしーかーぽーおーれ ろしあのだーいーちーにー
ジュエル:2d+8 抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+8) → 3[1,2]+8 → 11
ベリル:じゃあ振りましょう
ジュエル:だめだ
ベリル:2d6+6+2 生命力抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 7[4,3]+6+2 → 15
ジュエル:ダメージは自分で振る?
GM:一括でGMが振ります
ウィテ:2d6+6+3 生命抵抗判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 8[4,4]+6+3 → 17
マウリッツ:2d6+6+2+1 生命力抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2+1) → 3[1,2]+6+2+1 → 12
エルマ:2d+7+1 生命
SwordWorld2.0 : (2D6+7+1) → 10[5,5]+7+1 → 18
GM:ジュエルさんはマウリッツさんは寒さに凍えてます
GM:2d6 吹雪魔法ダメージ
SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[6,3] → 9
GM:2人には9点の氷属性魔法ダメージです
ジュエル:寒い
ベリル:やだ大きい
カチューシャ:「お二人とも大丈夫ですか?」(地元民なので寒さには強い)
マウリッツ:「うう……精神的な攻撃なら耐性強いのですが……」
ジュエル:拡大数アースヒールで治そうかな
ジュエル:治していいですか?シーン変わってから?
GM:場面転換前に主動作1回くらいなら行えます
ジュエル:なら拡大数で
ジュエル:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 6[2,4]+5+4 → 15
ジュエル:k0[13]+5+4 アース・ヒール 回復量
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+9 → 2D:[4,3]=7 → 2+9 → 11
ジュエル:全快
ベリル:「うー、何とか耐えられた…ピヨちゃん、ありがとー」
GM:後はみなさんやることはありません?
ウィテ:特にないですかね。
マウリッツ:「いやはや、一息つけました」
ベリル:大丈夫ー
GM:では次に進みます。

雪山:雪崩

GM:そろそろ、山小屋があるという場所に近づいてきました。斜面は一層険しくなり、いくつかの生えている木を除いて周りは雪、雪、雪という感じです
GM:ここで聞き耳判定を達成値14でお願いします。
ベリル:2d6+6+3 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 7[1,6]+6+3 → 16
ウィテ:2d6+6+2 聞き耳判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 10[6,4]+6+2 → 18
マウリッツ:2d6+4+2 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+4+2) → 9[5,4]+4+2 → 15
エルマ:2d+4+3
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 7[2,5]+4+3 → 14
GM:みなさんは山の上の方から爆弾が爆発する音が聞こえます。
エルマ:あ、失敗です自分(+2
GM:見上げてみると山頂の方より爆発のせいで雪崩が起きているのが見えますね。段々とこちらに向かって来ます。
ウィテ:ですよねー
ベリル:「うそでしょー!?」ひえぇ
GM:このままだと雪崩に飲み込まれてしまいます。
ジュエル:やはり情報もれているかんじですかね
GM:敏捷+冒険者レベルで逃げるか、器用+冒険者レベルで近くの木に登って避けるかが出来ます、達成値は15です。
ウィテ:そうですね。
GM:気づくことが出来たので判定前に全員がなにかしらの行動を一回だけ出来ます。
ウィテ:ラジャー
GM:それらによって判定にプラス可能です
ジュエル:どちらもダイスで8以上か
GM:判定に失敗した場合、威力値20+6の氷属性魔法ダメージを受けます。なお生命抵抗で15以上を出せば半減出来ます
エルマ:ほむ
ベリル:一応器用の方がマシかぁ…うん、流石に大自然のお仕置きにはさからえません。木に登ろう
ジュエル:半減はできそうな気はする
ウィテ:敏捷の場合って、もしかして金属鎧のペナルティ受けます?
エルマ:KP木に登る際にウィップを使って樹に巻き付けれません?
ジュエル:2d+7 登る努力
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 11[5,6]+7 → 18
GM:敏捷は受けてしまいますね
ジュエル:おーのぼれた
ジュエル:よじよじ
GM:出来ますね、+1修正でOKです
ベリル:2d6+6+4 器用+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4) → 8[6,2]+6+4 → 18
ウィテ:……器用も木登りだからペナルティ受けます?
ベリル:のぼりのぼり
マウリッツ:バイクはスフィアに収納して木登りします
エルマ:2d+5+4+1 器用度+1
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4+1) → 5[4,1]+5+4+1 → 15
エルマ:あ、あっぶな
GM:木登りはペナなしでOKです
マウリッツ:2d6+6+3 器用+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 4[1,3]+6+3 → 13
マウリッツ:ぎゃー
ウィテ:じゃぁ大人しく器用にしますか
ジュエル:あっゴーレムはどうすればいいでしょう?
エルマ:「と、とどけぇ!」必死で鞭しならせて回避
ウィテ:2d+6+3 鎧で木登り
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 8[6,2]+6+3 → 17
GM:ゴーレムは操者の判定と同じにします
ジュエル:よかった
GM:ではマウリッツさん、逃げ遅れて雪崩に飲み込まれてしまいます
ウィテ:ま、
ウィテ:マウリッツさーん!?
GM:生命抵抗どうぞ
マウリッツ:2d6+6+2 生命力抵抗
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 6[5,1]+6+2 → 14
マウリッツ:いちたりない
GM:k20+6 雪崩魔法ダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+6 → 2D:[2,2]=4 → 2+6 → 8
GM:8点受けます
ジュエル:掘り起こして回復しよう
ウィテ:おお、ダメージ低くて良かったっすね。
GM:埋もれてるけど幸運にも生きてます
ジュエル:掘り起こすのは得意。もともと埋っていたので
GM:シャドウも地面から取れるのか・・・
ジュエル:MPまだ余裕あるのでアースヒールかけておきますね
GM:回復どぞー
ジュエル:上の爆弾つかったやつらに警戒はしておいてね
ジュエル:2d6+5+4 アース・ヒール HPを回復
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 11[6,5]+5+4 → 20
ジュエル:k0[13]+5+4 アース・ヒール 回復量
SwordWorld2.0 : KeyNo.0+9 → 2D:[6,3]=9 → 3+9 → 12
ウィテ:うぃっす
GM:雪崩の中にセンサー付き爆弾の破片が埋もれていますね
ジュエル:台地の癒しで回復
GM:一定距離に人が来たら爆発する感じの者です
マウリッツ:「……の、納期までには間に合わせますので」うわごと
ベリル:センサーかぁ…いつきてもダメなやつでしたか
ジュエル:「ねちゃだめですよー」軽くぴちぴち
カチューシャ:「ひ、ひどい・・・誰がこんなおそろしいことを?」
GM:では何もなければ山小屋に着きます
マウリッツ:「……はっ」覚醒
エルマ:「生き返った!」
マウリッツ:「いやはや、お手数おかけしました」
ウィテ:小屋ってまだ残ってるのかな?
ベリル:「…スカウト件マギテックなのに、魔動機の罠に気付かないとか不覚だったなぁ」
ジュエル:「人為的なものだから向かう場所はあっているということですかね」山頂見つつ
カチューシャ:「マウリッツさん!良かった・・・」
ジュエル:手動でないなら情報漏えい疑わず向かうしか

山小屋

GM:では場面切り替わります
ウィテ:「そうでしょうね、何者かが我々を排除しようとしたのはたいかでしょう」
GM:さて、みなさんは山を大分登って目的の小屋が見えてきました。
ベリル:まー罠を仕掛けているということは、ごくシンプルに誘い出して潰そうと思った以上の企みは心配しなくて良さそう
GM:それなりに大きいログハウスで隣には掘っ建て小屋が併設されています。周囲には誰も居ませんが、ドアの前には粗末な立て看板が見えます。
ジュエル:ビーグルは収納できるから外にはないかな?
GM:ビークルはいませんが、タイヤの跡はあります
ベリル:「んー、なんだろこの盾看板」罠に気をつけながら見に行ってみますか
GM:まだ新しい感じ
GM:近づいて看板を見ると共通交易語で『アンファング市庁舎』と書かれています。
ジュエル:周辺には伏兵ひそめそうな林などは無い感じ?
GM:見たところは誰も外にはいませn
ジュエル:変なところてっていしているな
マウリッツ:魔動バイクをスフィアから出しておきます
ベリル:「おや、いつの間にお引越しを…ってそんなわけあるかい!」看板に裏拳びしっと
GM:山小屋と掘っ建て小屋どちらを調べますか?
マウリッツ:「ここが市庁舎ですか……」
エルマ:「ぼろすぎ」
ベリル:とりあえず掘っ立て小屋調べてみますか
ウィテ:「こんな辺鄙なところに市庁舎を立てる利点はあるのだろうか……」
ジュエル:小屋からにしますか
ウィテ:掘っ建て小屋?
ベリル:こそこそ覗き覗き、だれかいるかなー
GM:誰も居ませんね
GM:掘っ建て小屋の中には鍵がかかっておらず、ビエルイ村が奪われていた穀物や金品があります。役人たちが食料にしていたのか食品類は少し減っていますが大部分は無事そうです。
エルマ:ほむほむ
GM:これくらいですね
ウィテ:ほうほう(梟)
ベリル:「…とりあえず奪われたものを取り返すのはできそうだね。じゃあ山小屋の方もちょっと調べてみよっか」ごーごー
GM:窓はカーテンがかかっていて中の様子は分かりません.
GM:ドアには鍵がかかっていますね
マウリッツ:「かなり雑に扱っていますね……」
ジュエル:いまみなさんHP全快ですよね?
ウィテ:ですね
ベリル:じゃあ聞き耳しておこうかなー、とりあえずHPは全快です
ジュエル:よしならいきましょう
マウリッツ:おかげさまで
ウィテ:とりあえず鍵開け?
ジュエル:聞き耳かな?
ジュエル:中の様子知りたいかな
GM:どちらも達成値13です
ジュエル:雪崩の音も聞こえただろうから待ち伏せているかな
ベリル:2d6+6+3 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 7[3,4]+6+3 → 16
ウィテ:2d6+6+2 聞き耳判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 10[5,5]+6+2 → 18
マウリッツ:2d6+4+2 聞き耳
SwordWorld2.0 : (2D6+4+2) → 5[4,1]+4+2 → 11
エルマ:2d+4+2
SwordWorld2.0 : (2D6+4+2) → 8[4,4]+4+2 → 14
GM:中からは暖炉が燃える音が聞こえます、誰かいるようです。
ベリル:雪崩で全滅した、引き返した可能性もあるので警戒はしきれない…かも?他の情報を得ていたらアウトくさいですが
ジュエル:今日はマウさん厄日だな
ウィテ:ほんとそれ、さっきから出目酷いですよね。
エルマ:戦闘で3回転する予感(
マウリッツ:今年の目標が本業に戻りたいだからなあ……
GM:聞き耳で分かるのは以上かな
ウィテ:あ、中にいる誰かは普通に動いていますか? それとも暖炉の音だけ?
ジュエル:気持ちがダイスに出ているw
GM:一応ドアの前に呼び出し用のベルもあります
マウリッツ:「元からあったのか、後から設置したのか……」呼び出し用ベルを眺めつつ
ベリル:まぁ敢えて押す必要も…でも鍵開けでもバレるかなぁ
ベリル:いっそ呼び出したほうがいい気がしてきた
ウィテ:ベルを押したらいきなり爆発しないよな……。
GM:罠判定は可能ですよ
GM:達成値は12です
ベリル:ていうか小屋にいるなら丸焼きにするぞーって脅せば出てくるのではないかとちょっと思ったそうな
ジュエル:ビーグル抑えるなら室内戦がいいかもですが
ウィテ:放火? 放火するの?
ベリル:折角だから罠だけは調べておきましょう
ベリル:2d6+6+3 罠感知
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 9[4,5]+6+3 → 18
ウィテ:2d6+3+2 罠感知判定
SwordWorld2.0 : (2D6+3+2) → 7[3,4]+3+2 → 12
ベリル:火を放てー!
GM:罠はありません、ただの呼び出し用の物ですね
ジュエル:放火したらいまどきのTRPGプレイヤー風ともいえるw
ウィテ:これから毎日小屋を焼こうぜw
エルマ:www
ベリル:さて、確かにビーグルがあると思うと室内で仕掛けたいですね
ベリル:急襲するなら鍵明けなんてまどろっこしいことやってられませんし、ノッカーボムで吹っ飛ばして乱入とかどうでしょ
ジュエル:特殊部隊ぽくていいのかなw
ウィテ:いいんじゃない?
GM:思ったより暴力的だったw
GM:やるなら判定をどうぞ
ベリル:よし、じゃあ異論なければそれで!
ウィテ:突入?! GO、GO、GO!
ベリル:2d6+3+3 ノッカー
SwordWorld2.0 : (2D6+3+3) → 6[2,4]+3+3 → 12
エルマ:GOGOGO!
GM:ドアは吹っ飛びます
ウィテ:まぁ盾役なので先陣切るのはウィテですよね。突っ込みます。
ベリル:かばうを当てにして続きますよー
GM:中には立派な服を着たルーンフォークの男性が1人いますね
ジュエル:おっ1人?
GM:突然のみなさんの来襲に驚いています
イワン:「なんだお前達は?ここは市庁舎であるぞ!」
ベリル:とりあえずひっとらえてぐるぐる巻きにしましょう
ウィテ:ですねー
エルマ:ネットならありまっせ
マウリッツ:「手荒なノックで申し訳ありません」ドアを吹き飛ばした後で
イワン:このルーンフォークは戦闘力があるので回避を振りますがよろしいですか?
ベリル:「市庁舎に不審者発見!直ちにひっとらえよー!ってとこかな」
ベリル:OKですー
イワン:失敗すればそのまま戦闘になります
ジュエル:「あんたがアンファングの名をかたっているですか?」ジーナの灯亭の冒険者の宿の証は見えるとこにつけておこう
ウィテ:ういーっす
イワン:回避は9です
イワン:「吾輩はイワン、アンファングの役人である」
ベリル:「大体アンファング市民なら私達の顔に多少の覚えはあるでしょうに…本当は何者なのさ!」
イワン:「もしや貴様ら市長が言っていた人に化けた蛮族か?」
ベリル:とりあえず物理命中はしょぼいので捕まえる命中判定は誰かに任せたひ
エルマ:どうしましょ、一応攻撃はできますが・・・
ジュエル:からませておきます?
ベリル:おねがいしますー
ウィテ:「残念ながら、蛮族ではありませんよ。あなたの敵にはなりそうですけどね」絡みでいいんじゃないですか?
エルマ:じゃあ普通にウィップで
エルマ:2d+9 攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 8[4,4]+9 → 17
ジュエル:すごくからんでそう
イワン:2d6+9 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 11[5,6]+9 → 20
エルマ:ふぁ
イワン:避けましたねー
ウィテ:やるやん
イワン:「ふん!遅いわ蛮族共め!」
エルマ:ショートソード・・・・もつかいます?
ベリル:出目がおかしい…まぁ素直に捕まらなかったことを後悔させて差し上げますかね
イワン:流石に相手は戦闘態勢に入ったのでこのまま戦闘ですね。
エルマ:じゃあショートソードで追撃します
イワン:その前に冒険者+知力で振ってください
ジュエル:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 5[3,2]+10 → 15
ウィテ:2d6+6+2
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 9[6,3]+6+2 → 17
エルマ:2d+5+2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+2) → 9[6,3]+5+2 → 16
イワン:達成値は15です
ベリル:2d6+6+3 知力+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 2[1,1]+6+3 → 11
マウリッツ:2d6+6+2 知力+冒険者
SwordWorld2.0 : (2D6+6+2) → 7[3,4]+6+2 → 15
エルマ:あっ
ベリル:ごじってーん
イワン:よく見たらイワンと名乗る男は村人と同じ目をしていますね
エルマ:なるほど
ベリル:捨てられて雨にぬれた子犬のような目をしているイワン

イワン戦

イワン:では戦闘開始です、先制は取れたものとしますが魔物知識判定をお願いします
イワン:8/10です
マウリッツ:2d6+3+2 魔物知識(ライダー
SwordWorld2.0 : (2D6+3+2) → 8[2,6]+3+2 → 13
ジュエル:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 10[4,6]+10 → 20
イワン:弱点抜けました
ウィテ:ジュエル、固定値で弱点まで抜いてる……。
イワン:魔物はイワンです、サイボウズにデータを載せましたのでコマ準備中にご覧ください
イワン:弱点を抜けたので行動パターンと特別に弱点をば
イワン:イワンは手番ごとにターゲットサイトを使用した全力撃or牽制攻撃→ソリッドバレットのサイクルで攻撃します。弾切れ時は再装填し、攻撃対象はランダムです。
イワン:なんらかの精神効果を受けており達成値で17の打ち消しでそれが解けます
イワン:みなさんの配置が決まり次第戦闘開始です
イワン:あと、HPを0にしたPCが殺害するか生かすか決定出来ます
ジュエル:先制前にシャープタクティクスいいですか
イワン:おkです
ジュエル:あっ先制取れていたのか
ジュエル:なら大丈夫です
イワン:では初手はみなさんの行動どうぞ
エルマ:先生取れてますが、私のPCがまた攻撃できたりは
ジュエル:ゴーレムは連続で殺す可能性あるので他の方からどうぞ
イワン:エルマさんも行動できるものとします
エルマ:なるほど
ベリル:ゴーレムがトドメの場合は生殺与奪はジュエルでよかったですか?
イワン:はい
ベリル:じゃあめいっぱいやってもらっても問題ないかと
ジュエル:皆さんが攻撃してまだ立っていたらゴーレムに攻撃させますね
ベリル:まーどっちにしろ私めのやることは一つであります
ベリル:補助動作でミュージックシェル起動。炎アトリビュート運命の楽譜を展開します。以降あらゆる炎ダメージ+4で
ベリル:あと補助でヴォーパルウェポンAをボーンゴーレムに使います
ジュエル:ありがとうございます
ベリル:で、主動作は魔法拡大数で3倍エフェクトウェポンをウィテ・エルマ・ボーンゴーレムに。属性は炎です
ベリル:2d6+3+3 マギテック行使判定
SwordWorld2.0 : (2D6+3+3) → 7[3,4]+3+3 → 13
ジュエル:いろいろできるな
イワン:凄い固定値に
エルマ:ふぁー
ベリル:ということで物理の方はダメージ+6(ゴーレムは+8)で殴ってくださいね☆以上です
ウィテ:らじゃ
イワン:これはワンキルされるかもしれないw
ジュエル:イラスト通りのゴーレムになったw
エルマ:じゃあお先貰っていいですか?
ウィテ:どぞどぞ
ジュエル:どうぞ
ベリル:「悪いけど、手加減するかどうかは私が決める訳じゃないから…みんな頑張って!」
エルマ:ではではパラミスAを使用(
イワン:回避-2
エルマ:そして足狙いウィップです
ジュエル:みんないろいろできるな
イワン:どうぞ
エルマ:2d+9-2 足狙いウィップ
SwordWorld2.0 : (2D6+9-2) → 3[2,1]+9-2 → 10
ジュエル:あっ私こほうで命中あげられるのだった
エルマ:あっ(
イワン:2d6+9-2 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9-2) → 10[5,5]+9-2 → 17
エルマ:出目たけぇ
ジュエル:ダイスの気合がすごい
エルマ:じゃ、もう片方のショートソードで攻撃
ウィテ:しゃーない
エルマ:2d+9 攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 2[1,1]+9 → 11
イワン:2d6+9-2 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9-2) → 6[4,2]+9-2 → 13
エルマ:おかしい!
イワン:うーんこの・・・
エルマ:50点いただきます(
ジュエル:こほういっておこうかな
ウィテ:お願いします
ジュエル:補助で、【怒濤の攻陣Ⅱ:旋風】 命中+1
ジュエル:主動作はゴーレム強化
ジュエル:2d6+5+4 インテンスコントロール ゴーレムの命中力・回避力・物理与ダメージ+2 物理・魔法の被ダメージ-2
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 8[2,6]+5+4 → 17
マウリッツ:うけますー
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 3[1,2]+12 → 15
ジュエル:回避お願いします
イワン:2d6+7 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 6[1,5]+7 → 13
ボーンゴーレム:2d+7 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[6,1]+7 → 14
ベリル:パラミスなかったら終わってた…
ジュエル:あっダメさらに+8
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 10[6,4]+12 → 22
エルマ:あっ
イワン:2d6+7 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[3,6]+7 → 16
ボーンゴーレム:2d+7 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 5[4,1]+7 → 12
ウィテ:やっぱゴーレム
ジュエル:+8で20です
ウィテ:強い……
エルマ:おかしい
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 5[4,1]+12 → 17
ジュエル:ラスト
イワン:2d6+7 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[2,5]+7 → 14
ボーンゴーレム:2d+7 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 7[1,6]+7 → 14
ジュエル:22ダメ
ウィテ:これ、ゴーレムだけで相手のHP一桁になってない?
イワン:あと12w
マウリッツ:恐ろしいー
ジュエル:炎の補助が大きいこれで24はあたえてりるから
ジュエル:おわり
エルマ:可哀想(
ウィテ:まぁ、外しそうなので先に殴っとこう。
ウィテ:と言うわけでまずは補助でエルマを『かばう』
ベリル:何、防護点が0になったと思えば…>炎
ジュエル:命中+1です
ウィテ:で、攻撃しますー。
ウィテ:2d6+6+1 ブロードソード命中+1
SwordWorld2.0 : (2D6+6+1) → 8[2,6]+6+1 → 15
イワン:2d6+7 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 9[4,5]+7 → 16
ウィテ:ですよね。
ベリル:ぐぬぬ
マウリッツ:では続きますね
ウィテ:すいませんが頼みます。
マウリッツ:スリングを置いてデリンジャーを取り出し、エフェクト・バレット炎をかけて撃ちます
イワン:どうぞ
マウリッツ:2d6+9+1+1 デリンジャー命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1+1) → 8[6,2]+9+1+1 → 19
イワン:2d6+9-2 イワン回避
SwordWorld2.0 : (2D6+9-2) → 4[1,3]+9-2 → 11
イワン:命中
ベリル:おお、当たり銃だったー
ジュエル:ちょうどよく減らせそう
マウリッツ:k20[10]+4+2+1+1+4 エフェクト・バレット炎ダメージ 呪歌増加込み
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+12 → 2D:[5,2]=7 → 5+12 → 17
エルマ:あっ(
ベリル:ちーん…
イワン:HP0以下になりましたのでマウリッツさんがトドメを刺すか否か選べます
ジュエル:銃でみねうちw
マウリッツ:「聞きたいこともありますし、ひとまずこれまでに」止めは刺さずにおきます
イワン:急所を外したということで

山小屋の中

ジュエル:ですね
ジュエル:アウェイクンで起こさないといけないのかな
ベリル:マウさんの出目が返ってきて良かった
イワン:あと、戦利品はベースの腕利きの傭兵と同様でシナリオ後に一括でふります。
ジュエル:ロープぐるぐるしてからかな
ウィテ:とりあえずサニティ失敗しても良いように縛っときます?
イワン:アウェイクンかけれますね
マウリッツ:「これで正気に戻ってもらえるといいのですが」デリンジャーに弾丸込め、スリングを回収
ベリル:そですね、一回暴れられてるし…一応捕縛はいるかなぁと
ジュエル:柴ってアウェイクンしてサニティ
ジュエル:まだMPあるので私がしますね
ベリル:MP潤沢さん…
ジュエル:2d6+5+4 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 5[1,4]+5+4 → 14
イワン:魔法を受けたイワンは起き上がります。
エルマ:ウィップとドレインネットで腕と胴体縛っとコ
ジュエル:気絶は回復。まだ瘴気じゃない感じ?
イワン:「うーん、俺は一体何を・・・?確か俺はあいつにやられた後・・・」
イワン:さっきの目ではなくなりました
エルマ:「あ、正気」
ウィテ:あら? 気絶で洗脳効果消えるんだ。
ジュエル:「よかった。話が通じそうな感じです。話きかせてほしいです」
イワン:「あ、あんた達は?これは一体?」
ベリル:アウェイクンだけですんで良かった
エルマ:「周り警戒しておきまーす」
イワン:「そうかおぼろげだが記憶してるぞ、あんた達が助けてくれたのか」
ジュエル:目標17はきついんですよね
ベリル:「アンファング市庁舎出張所は閉店でいいかな?」←ファンぶったので正気の話は知らない
イワン:「さっきは銃を向けて済まなかった、許してくれとは言わないが話を聞いて欲しい」
ジュエル:「村を襲撃していたとかもおぼえているですか?」
ジュエル:事情聴きましょう
マウリッツ:「問答無用でどうこうしようとは思ってません」
イワン:「ああ、まさに悪夢のようだが覚えているさ・・・俺の名はイワン、しがない賞金稼ぎだ」
イワン:続けてイワンは自分が知っていることを説明します。
イワン:自分はラスプートという名の賞金首を追ってここまで来たこと。
イワン:エイギア地方に潜伏していた彼を見つけたものの返り討ちに逢い洗脳されてしまったそうです。
イワン:その後は他に操られた野盗や追いはぎと一緒にアンファングの名を騙りビエルイ村から搾取をしていたことを話しました。
イワン:「あいつは俺に振り子のような魔動機を使って何度も催眠をかけたんだ」
イワン:「ラスプートは魔動機術を使うエセルフィンの司祭だ」
ジュエル:「ラスプートというやつが黒幕ですか」姿や印象なども聞いておこう
イワン:これくらいですね
ジュエル:エセルフィンw
イワン:ここで魔物知識判定どうぞ、今回は特別に弱点は抜けませんがプリースト技能+知力でも判定可能です。
エルマ:やっぱりエセルフィンじゃないか!!
イワン:11/14です
エルマ:あの鉄槌マンたちめ・・・・
ベリル:26+4+3 さーてわかるかなー
ベリル:2d6+4+3 dがないdが
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 8[3,5]+4+3 → 15
ジュエル:2d+10
SwordWorld2.0 : (2D6+10) → 10[6,4]+10 → 20
マウリッツ:2d6+3+2 魔物知識(ライダー
SwordWorld2.0 : (2D6+3+2) → 3[1,2]+3+2 → 8
イワン:弱点まで抜けましたね、戦闘時に行動が分かります。
イワン:鉄槌神エセルフィンとはシエナクェラス地方をメインに信仰されている小神です。
イワン:ルミエル陣営に属し『平等』を教義としていますが、非常に歪んだ全体主義と過激な行動により邪教となっています。
マウリッツ:悪い出目は問題ないところで使い切ってしまおう……
イワン:ラスプートは様々な都市での魔動機術を利用した暴動の扇動やテロの容疑で指名手配されて逃亡中、多額の賞金がその生死を問わずにかけられています。
ジュエル:エセルフィンぽいロールをしていましたね
イワン:「そいつは長身の人間の男だ」
エルマ:平等の時点で発狂しそうでした(
ジュエル:聞いた印象は彼な感じかなw
ベリル:ほほー…
ウィテ:「操られた他の面々はどこに?」
イワン:「確か今日も村に税の徴収に行くと言っていた」
マウリッツ:「そういえば市長がいるとかなんとか……」
イワン:「俺は昨日の夜村に蛮族が来るという通信を聞いてここで倒せと命令されたんだ」
ジュエル:まめだ。行き違ったのかな。知らないルートがあるのかな
イワン:地図を彼に見せることが出来ます
ジュエル:あー無条件で洗脳されている感じではないのかな
ジュエル:みせましょう。早めに帰れる道があるならきかないと
イワン:「なんだこの道は!?危険なルートを全部巡ってるじゃないか?」
ベリル:しかしどの道無抵抗で税を徴収するとなると、ここで待ち伏せというのもできなくはないのかなぁ
ジュエル:ですかwある意味私たちいいPL
ベリル:カチューシャはその危険なルートに気付かなかった…
イワン:山小屋の中にある地図には安全な登山道が載っていますね
エルマ:ここで待ち伏せして、盗賊全部倒して、明日の朝村に奇襲?
イワン:彼女は山のこと知らなかったので分かりませんでした
イワン:小屋の中も調べられそうです
ベリル:ああ、では先に調べますかー
エルマ:「イワンさん、盗賊たちは大体何人くらいいますか?」
ジュエル:無線的なものあるかな。逆に情報流せないかな
マウリッツ:「出張っている徴税部隊が戻ってくる前に調べてみましょう」
イワン:「5-6人ほど居たな、これが最後の税徴収だと言っていたが・・・」
ウィテ:これ向かわないとここに帰ってこない可能性出て来たな……。
エルマ:「あー・・・・じゃあこれ逃すと全員消えちゃうかもね」
ジュエル:おいかけましょう
エルマ:奪われたものも全部持っていきましょうか
イワン:後から取りに来ることも出来ますが、一応イワンさんの魔動バイクと小屋にあるそりで何とかなりそうです
ベリル:そですね、持っていけるなら全部持っていきましょう
イワン:さて、小屋に行くのと村に戻るのどちらにしますか?
エルマ:「って、イワンさんは戦闘に参加できます?」
ウィテ:往復めんどそうだし、小屋で持てるもの全部持って向かいますか。
イワン:戦闘には直接参加しませんがカチューシャを護衛する形になりますね
イワン:ザコの相手なら任せられます
エルマ:ふむふむ、なら倒しに行けそうですね
ジュエル:一緒に行きましょう
ジュエル:ここを探索してから向かう感じにします?
イワン:山小屋の探索はなしで村に直行でいいですか?
ベリル:そですね、話的にはちょっと急がないとマズそうですし
ベリル:RP的な考え方になっちゃいますが、直行でいいかなぁと
ジュエル:私もいそぐのにさんせい
イワン:では皆さんとイワンは安全な登山道を取って村に急ぎます
ウィテ:うい
エルマ:GOGO!
カチューシャ:「まさかこんなことになるなんて・・・」

村の外れ~村の広場

GM:みなさんは村のはずれを移動中です
ベリル:「…まぁ、落ち込む気持ちは分かるけど。やることはかわんないよ」
ジュエル:「狡猾な奴みたいだからしかたないです。」カチューシャなぐさめよう
ベリル:「悪い奴がいたらとっちめる。それだけだって」
GM:その道端に何人かの死体が倒れています
マウリッツ:「これは……」
ジュエル:おーどうなすがた
ジュエル:村の人かな
GM:イワンさんと同じような服を着ていますがボロボロでハンマーで殴られたり銃で撃たれた跡があります
マウリッツ:「……口封じですかね」
イワン:「こいつらは俺と一緒に強盗をしていた山賊達・・・!」
ベリル:「…これは、酷い…ね」流石に言葉をなくすかなぁ
ウィテ:「急ぎましょう」
ジュエル:同士討ち風?そこまで強制できる洗脳なのかな
エルマ:ハンマーと銃だったら・・・どっちも使えそう
イワン:村の広場に人だかりがありますが行ってみますか?
ベリル:いこー!
エルマ:GOGO
ジュエル:もうおんっみつという感じではないですし早さ優先で
ウィテ:そうですね
イワン:村の広場では村長を含めた虚ろな目の村人達が整列しています。
イワン:先頭にグリゴリーの姿が見えますね、手にはメトロノーム型魔動機と魔動機術で作られた爆弾を持ち何やら村人達に指令を与えています。
イワン:一応隠れていますかみなさん?
ベリル:この場合どうかなぁ…多分隠れてると村人がえらいことになりそうな
ジュエル:急いでいたら隠れていないかな。バイクもあるから
グリゴリー:一応声が聞こえてきます
グリゴリー:「私はアンファングの役人達を見事退治しました!あなた達も同じく打って出るべき時です!」
グリゴリー:「これから同志諸君にはアンファングへの入植者を装いこの時限爆弾を街の主要施設にセットして頂きます」
グリゴリー:「そして時が来たら爆破し、その混乱に乗じて街への襲撃を行うのです!」
グリゴリー:「恐れることはありません!これは真なる平等と平和のために必要な戦いなのだから!」
グリゴリー:あと皆さん時間はそれなりに立っているので全回復でOKです
ベリル:地味にありがたい
グリゴリー:という演説をしていますね
ベリル:「バカいってるよ、アレを止めないと…!」はしっていこー
ベリル:ということで広場に乱入しますか
ジュエル:「そんなの真なる平等と平和にはつながらないです!」
グリゴリー:グリゴリーは冒険者とカチューシャ達に気づいたようで振り向きます。
ジュエル:村人巻こむかな
ウィテ:かもしれない
グリゴリー:「ほう、これはこれは冒険者の皆さんにカチューシャ。生きておられるとは驚きですよ」
ウィテ:まぁしゃーない。気絶させて洗脳解除しますか。
グリゴリー:「念入りにルートに罠を貼り、小屋には実力者まで配置していたというのに」
グリゴリー:それならイワンさんが引き受けてくれます
エルマ:イワンさん有能(
グリゴリー:イワンはグリゴリーの顔をみて叫びます。
イワン:「その顔は、やはり貴様かラスプート!」
ジュエル:「全部引っかかってきましたよ!」
ラスプート:「イワンですか、その様子だと暗示は解けてしまったようですね」
ラスプート:「その通り、私がエセルフィンの神官ラスプートです」
エルマ:「言質取った!全軍突撃ぃ!」(
カチューシャ:「そんな・・・お爺様!」
ラスプート:「無駄です、彼らには最早私の言葉しか聞こえません」
ラスプート:「どのみちあなた方を生かしておく気はありませんでした、最後になにか聞きたいことはありますか?」
ベリル:「なら元凶を断つまでだよ…いこう、こいつの話をこれ以上聞く必要なんてない」
エルマ:「エセルフィンって名前ダサいよね」(
ジュエル:「アンファングを狙った理由は?まだ大きな町ならあるでしょう?」
ラスプート:「何故・・・ですか」
ラスプート:「それはポッと出で地面から出てきて急成長をするアンファングという街だからですよ」
ラスプート:「この辺りは蛮族の脅威こそありますが、同じような規模の村が点在する平等な環境でした」
ラスプート:「突出した存在は調和を乱し、そうなればいずれ来る蛮族との戦いにも敗北します。」
ラスプート:「そこでアンファングの発展を抑えるべく、近隣の村から対抗勢力を作り出し争わせるべきであると結論を下したのです」
ラスプート:「この村はその計画の第一段階だったのですが、とんだ邪魔が入ってしまいましたね」
ラスプート:「戦えぬ者の洗脳を後回しにしていたのは失敗でした」(カチューシャを睨みながら)
ラスプート:と長々と説明しました
ベリル:長々説明してる間にヴォーパルウェポンを撒いておこう(
ジュエル:「本当に本の知識にある通りのエセルフィンらしい考えです。そんなことに近隣の村の人たち巻き込んで…」
マウリッツ:「延々と出る杭を打ち続けるわけですか。なんとも根気のいることで」
ラスプート:おkです
ベリル:マジデスカ
ジュエル:「生まれてから1年一番腹が立っているです!」
ラスプート:かなり強い方ですので
ジュエル:説明している間に補助いいですねw
ラスプート:他の方も一回くらいは何か補助かけれますよ
ウィテ:「ご高説どうもありがとうございます。では、くだらぬ理想を折らせてもらうとしますか」
ベリル:一応本人もう会話する気ないので…と思ったけど思わぬプレゼントに
ウィテ:かけれる補助は覚えてないです。
ジュエル:あらかじめインテンスコントロールかけておこう。回復役とかにまわれるし
ラスプート:どうぞ
ジュエル:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 4[3,1]+5+4 → 13
ジュエル:かかった。ゴーレムやるきまんまん
ベリル:さーぶちのめすぞー!
ジュエル:先制ですかね

ラスプート戦

ラスプート:「お話はここまでです、ビエルイ村の同志達よ!手始めに奴らの血でこの白い大地を赤く染め上げるのです!」
ラスプート:ラスプートの掛け声と共に催眠をかけられた村人達は武器や銃を持ち襲いかかってきますが
ラスプート:イワンさんが足止めしてくれます
ジュエル:いいNPC
ベリル:がんばれイワンコ
ジュエル:先制前に補助でシャープタクティクスかけておきますね
イワン:「ここは俺に任せてお前たちはラスプートを、大丈夫、無実の村人達は殺さないさ」
ジュエル:2d6+5+4 プリースト魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 9[4,5]+5+4 → 18
GM:弱点は割れてますのデータをサイボウズに
ジュエル:先制いいですか?
GM:先制は14です
ジュエル:2d6+6+4+1 ウォーリーダー先制
SwordWorld2.0 : (2D6+6+4+1) → 5[1,4]+6+4+1 → 16
ベリル:「村人は無実…殺された『役人』連中は、どこまで悪かったのかな」
ジュエル:とった
ウィテ:2d6+6+3 先制判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6+3) → 7[1,6]+6+3 → 16
マウリッツ:2d6+4+3 先制
SwordWorld2.0 : (2D6+4+3) → 9[3,6]+4+3 → 16
ベリル:あ、じゃあ問題無しですね
ジュエル:かけら13はすごいな
ウィテ:達成値がみんな仲良しw
ジュエル:先にミストもらえるとうれしいかも
エルマ:かけら13かぁ
GM:シエナクラスではかなりのお尋ね者な感じ
ラスプート:行動パターンですが
ラスプート:手番ごとに銃撃→マルチアクションor魔法拡大のサイクルで行動します。
エルマ:ふむふむ
ラスプート:銃撃はショットガンバレットを優先して使用
ジュエル:おーはんい
ラスプート:その他魔法は状況に合わせて使用
ラスプート:平等にダメージを与えることにこだわる(HPが高い相手を優先した単体攻撃、複数の相手への範囲攻撃を使用等)
エルマ:ショットガンはまずいなぁ
ラスプート:右手にはハンマー、左手にはショットガンを持っています
ラスプート:さらにマギスフィア(小)を2つ装備しているものとして扱います。
ラスプート:持っている2種類の武器を絡み武器の対象にすることは可能ですがクリエイトウェポンを習得しているので、絡め取られた場合は必要に応じて武器を補充します。
ラスプート:異常です
ラスプート:以上です
エルマ:ふむふむ
ジュエル:ショットガンはまわらないよういのるしかないですね。
ラスプート:「よろしい・・・私自らが鉄槌を下してさしあげましょう」(両手に武器を持って)
ラスプート:戦闘開始ですそちらの手番からどうぞ
ジュエル:1ラウンド目でどれだけ減らせるかで回復役の計算をたてよう
ベリル:うーん、相手がマギテック持ってるとアトリビュート使いづらいなぁ
ジュエル:たしかに
ベリル:まーベリルの手番潰せばやれることはやれるんですが
ジュエル:手数優先でいいかと思います。多分あっちの回復は追いつかないはず
ジュエル:ガンガン攻撃でいいかと
ベリル:じゃあリスクを買って展開しますか
マウリッツ:炎以外ならそんなに問題なさそう?
ウィテ:おっけー
ベリル:じゃあ属性変えますか。氷アトリビュート展開してエフェクトウェポンをさっきの3人にばらまきます
ベリル:2d6+3+3 マギテック行使
SwordWorld2.0 : (2D6+3+3) → 6[3,3]+3+3 → 12
ジュエル:氷の牙化
マウリッツ:炎だと相手のグレネードが強化しますからねえ
ベリル:勿論属性は氷で。三人ともヴォーパルウェポンを受けてるので+8でお願いします
ベリル:行動は以上でー
エルマ:わーお
エルマ:じゃ、私も動きましょうか、今回は安全パイで行きますよ
エルマ:パラAを使用
エルマ:ウィップを胴体に
ジュエル:からめー
ラスプート:どぞ
エルマ:2d+9 攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 9[6,3]+9 → 18
ラスプート:2d6+6 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 8[2,6]+6 → 14
エルマ:よしよし
ベリル:出目多い!
ジュエル:いいめ
ラスプート:では胴体に絡んで行使判定に-1となります
ラスプート:「くっ!ちょこざいな・・・!」
エルマ:k10+7+8@10 ウィップ
SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+15 → 2D:[2,5]=7 → 3+15 → 18
ラスプート:10点
エルマ:からの、もう片方の手のショートソードで攻撃
エルマ:2d+9 攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 3[1,2]+9 → 12
エルマ:あっ
エルマ:「妨害妨害」(攻撃が決まるとは言ってない
ラスプート:2d6+6-1 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+6-1) → 9[4,5]+6-1 → 14
ラスプート:「遅いですね!」
エルマ:「遅くていいもん」引っ張る?
ジュエル:こほうで命中あげておきますね。私先に良いですか?
ウィテ:どぞどぞ
ジュエル:補助で、【怒濤の攻陣Ⅱ:旋風】 命中+1
ジュエル:ジュエル自身はみんなにプロテクション拡大数で
ジュエル:2d6+5+4 コンジャラー魔法
SwordWorld2.0 : (2D6+5+4) → 7[3,4]+5+4 → 16
ジュエル:かかった
ジュエル:ゴーレムの攻撃あたれ
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 3[1,2]+12 → 15
ジュエル:びみょうだ
ラスプート:2d6+6-1 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+6-1) → 9[6,3]+6-1 → 14
ボーンゴーレム:2d+7+8 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7+8) → 4[3,1]+7+8 → 19
ラスプート:この差で当たるのかー
ベリル:おお
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 10[4,6]+12 → 22
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[6,1]+5 → 12
ボーンゴーレム:2d+7+8 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7+8) → 10[5,5]+7+8 → 25
ウィテ:ゴーレムってすげー(小並感)
エルマ:ふぁww
ボーンゴーレム:2d+12 ゴーレム 命中 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+12) → 7[5,2]+12 → 19
ラスプート:2d6+5 回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 10[4,6]+5 → 15
ボーンゴーレム:2d+7+8 ゴーレム ダメージ インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7+8) → 7[6,1]+7+8 → 22
エルマ:やっばいww
ジュエル:終了
ウィテ:んじゃ補助でエルマを『かばう』宣言
ウィテ:で、当たりそうにない剣をラスプートへ振るう
ウィテ:2d6+6+1 ブロードソード命中+1
SwordWorld2.0 : (2D6+6+1) → 5[2,3]+6+1 → 12
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[3,3]+5 → 11
ウィテ:k15+3+3+8 ブロードソードダメージ(強化済)
SwordWorld2.0 : KeyNo.15c[10]+14 → 2D:[3,4]=7 → 4+14 → 18
ウィテ:皆の補助ってすごいなー。
マウリッツ:がしがし削れるなあ
ラスプート:おかしいな?もうHP半分以下だ・・・
エルマ:固定値あげて回避削った結果・・・(
ベリル:これがアルケミストワークスの力だ!(
マウリッツ:では続きまして、まずはマナチャージクリスタルから3点もらってキャッツアイ発動
マウリッツ:そしてスリングを置いてスマートカービンを持ち、エフェクト・バレット氷をスマートカービンとアタッチメントトラドールにかけます
ジュエル:なんかいろいろしてるw
エルマ:www
マウリッツ:ラスプートに銃撃をくわえます。まずは乗り手から
ラスプート:こーい
マウリッツ:2d6+9+1 スマートカービン命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1) → 11[6,5]+9+1 → 21
ベリル:命中高
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 3[1,2]+5 → 8
マウリッツ:k20[10]+4+2+1+1+2+4 エフェクト・バレット氷ダメージ 呪歌増加込み
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+14 → 2D:[3,4]=7 → 5+14 → 19
マウリッツ:続いてバイクのアタッチメントトラドールで銃撃を
ジュエル:かっこいいな
フィンスターニス:2d+9+1 バイク命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1) → 10[6,4]+9+1 → 20
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 7[5,2]+5 → 12
エルマ:出目が走りまくってる・・・((
フィンスターニス:k20[10]+6+1 エフェクト・バレットダメージ
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+7 → 2D:[1,2]=3 → 1+7 → 8
マウリッツ:しょぼ
ジュエル:魔法ダメだから
エルマ:十分強い
ラスプート:「(あのシャドゥ、もしや某国のエージェント・・・まさか私を始末しに?)」
ラスプート:と痛手を受けながら無言で睨んでいます
ベリル:28点まるっと貫通してるんですよねー…うーむ
ジュエル:強大な何かと戦っている風の敵w
ラスプート:次はラスプートの(多分最後の)手番ですね
ウィテ:最初で最後……。
ベリル:カッコが哀しすぎる
エルマ:おかしいなぁ、装甲と体力結構あるはずなんだが(
ラスプート:ターゲットサイトを発動
ラスプート:ショットガンバレットを行使して射撃します
ラスプート:ラスプートは赤い色の弾丸を銃に込めて皆さんに向けて発砲
ラスプート:「等しく撃ち抜いてあげましょう!」
ラスプート:2d6+9-1 ラスプート命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9-1) → 10[5,5]+9-1 → 18
エルマ:たっか
ラスプート:前衛の方回避どうぞ
ベリル:流石にこれはきつい
ウィテ:2d6+6 回避判定
SwordWorld2.0 : (2D6+6) → 2[1,1]+6 → 8
ボーンゴーレム:2d+7 ゴーレム 回避 インテンスコントロール
SwordWorld2.0 : (2D6+7) → 4[3,1]+7 → 11
ウィテ:……………………
エルマ:2d+9 回避(眼前ショットガン
SwordWorld2.0 : (2D6+9) → 4[1,3]+9 → 13
ラスプート:k20+8
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+8 → 2D:[4,5]=9 → 7+8 → 15
ジュエル:よかったまわらなかった
エルマ:半分消えました(
ラスプート:おわり
ジュエル:同じく半減
ジュエル:先に攻撃どうぞ倒しましょう
ラスプート:「何故わからないのです!全ての民が魔動機のようになりエセルフィンに従えば理想の社会が訪れるのですよ!」
ジュエル:ジュエルは最後に回復しますね。拡大数で
エルマ:じゃあお先行きますね
エルマ:Aパラ使用(情けは掛けない
エルマ:絡みそのままにショートソード(
ベリル:「人を平気で踏みにじるヤツの言葉が、人に届くとでも思う?馬鹿げてるよ!」おこ
エルマ:2d+9+1 攻撃
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1) → 6[4,2]+9+1 → 16
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 6[3,3]+5 → 11
エルマ:k5+6+8@9
SwordWorld2.0 : KeyNo.5c[9]+14 → 2D:[6,3 6,2]=9,8 → 4,3+14 → 1回転 → 21
ジュエル:まわった!
ラスプート:瀕死
エルマ:「そんな事許される道理なんてあるかぁ!」引っ張って刺す
ウィテ:では、一応エルマをかばう宣言
ウィテ:そして一応攻撃してみます。
ウィテ:2d6+6+1 ブロードソード命中+1
SwordWorld2.0 : (2D6+6+1) → 8[3,5]+6+1 → 15
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 10[4,6]+5 → 15
エルマ:同値
ジュエル:おしい
ラスプート:「愚かな、エセルフィン以外の正義など幻想に過ぎません」
ウィテ:まぁ仕方ない
ラスプート:魔法でほぼ確実に落ちそう
ジュエル:銃で落ちるのでは
マウリッツ:では先にいかせてもらいます
ベリル:ごーごー
ジュエル:どうぞ
ウィテ:「正義なんてものは一つではない。その人たちによって立場が変わるものだ」
ラスプート:さあ来い一発当たれば多分死ぬぞー!
ウィテ:言ってみたけど攻撃は外してるんだよなぁ……。
マウリッツ:エフェクト・バレット氷をスマートカービンとアタッチメントトラドールにかけます(念のため
エルマ:やっぱり石を投げるべきじゃ(
マウリッツ:そして乗り手から銃撃を
マウリッツ:2d6+9+1 スマートカービン命中
SwordWorld2.0 : (2D6+9+1) → 7[2,5]+9+1 → 17
ラスプート:2d6+5 ラスプート回避
SwordWorld2.0 : (2D6+5) → 5[4,1]+5 → 10
マウリッツ:k20[10]+4+2+1+1+2+4 エフェクト・バレット氷ダメージ 呪歌増加込み
SwordWorld2.0 : KeyNo.20c[10]+14 → 2D:[2,2]=4 → 2+14 → 16
ラスプート:やられました、トドメはどうなされますか?
マウリッツ:増加分のおかけでなんとか
ラスプート:生きても死んでも同じ額の報酬が出ます
マウリッツ:「私たちは冒険者なので、彼をどうこうするかは司直の手に委ねますかね」
ラスプート:では生存ルートで行きます
ジュエル:「でいいと思います。いままで彼がやってきたことが彼を裁くのです」
ベリル:納得の判断ではありますねー、マウさんがそういうなら特に異議は申し立てませぬ

謎の魔動機

ラスプート:「ぐあああああ!」
エルマ:倒れた瞬間すぐさま腕を縛り上げます(
ラスプート:ラスプートはマウリッツさんの一撃で受け倒れました。服の中にしまっていた洗脳用魔動機も衝撃で破壊されて残骸が地面に落ちます。
ラスプート:ちょうど弾が当たったのかな
ジュエル:聖印うばってスフィアもうばっておこう
ベリル:「…こいつを生かす沙汰は私には思いつかないけど」煮え切らない感じ
エルマ:売ろう売ろう
ラスプート:ラスプートは気絶しているので容易に武器や装備を取り上げて拘束することが出来ます。
ウィテ:村民の様子は?
ラスプート:イワンさんが峰打ちで全員気絶させています。
ラスプート:機械が壊れたので効果は切れるでしょう
ウィテ:おけおけ
ベリル:イワンさん強いぞ
エルマ:ショットガンみねうち?(
ウィテ:ゴム弾?
ジュエル:村の外の盗賊団も埋葬してあげましょうかね
ラスプート:そこは普通の武器や徒手空手でw
ジュエル:物資が山小屋にあることも伝えよう
ラスプート:ラスプートですが
ジュエル:信頼回復のために護衛してあげてもいいかな
GM:アンファングに連絡すれば丁度お祭りの出店でブルームに滞在しているシエナクェラスの役人が彼を引き取りに来ます。
ベリル:そうですね、二人してユリス信者だから仲良く弔いましょう
GM:そしてテラスティア大陸に送還されて法の裁きを受けることになります。
GM:彼に聞きたいことはありますか?
ベリル:うちは大丈夫ですー
ジュエル:瘴気に戻った村長さんにいろいろ伝えて帰還かな
ジュエル:正気
エルマ:無いです?
ジュエル:カチューシャちゃんは立派なことか褒めておこう
ウィテ:あのメトロノームがどこから来たのか聞いてみたいかも
GM:ラスプートは叩けば起こせるでしょう
マウリッツ:魔動機類の出処は気になりますねえ
ジュエル:ベスに会って近隣の村の名簿作りと定期連絡手段の確保も進言しておこうかな
GM:では叩き起こして魔動機について聞くでいいですか?
ベリル:はーい
エルマ:「オラ起きろぉ!」蹴り蹴り
GM:「ぐう!・・・その実力、まさにイレギュラーの力と言えるでしょう」
GM:目を覚まします
GM:「しかし、エセルフィンの信徒は私1人ではありません」
GM:「いつか我が同志が鉄槌を下しこの地に真の平和と平等をもたらすでしょう」
GM:と負け惜しみを言ってます
ウィテ:「……なぜ私の周りにはおかしな女性が多いのだろうか」エルマを見ながら、他のPCを思い出す。
GM:魔動機のことについて言及するでよろしいですか?
ウィテ:とりあえずメトロノームの出所を聞き出そう。
ベリル:そういえば調べられてないままでしたぬー
ジュエル:「冒険者も私たちだけじゃないんですよ。そんなへんな世の中はこないですよ」
GM:「あの魔動機は昔ある魔動機師から引き取ったものです、それ以上は何も分かりません」
マウリッツ:「念のため、残骸を回収して調べてもらいますかね……」
GM:「その男は平等を目指すのもまた為すがままで良いと言って私にこれを渡しました」
GM:ではマウリッツさんは魔動機の残骸を見て気づきます
ジュエル:また別の悪い神様ぽい人がw
GM:破壊されて地面の散らばったパーツの内壁に、双角のデーモンが描かれた紋章のような物が刻まれています。
GM:皆さんの目に触れた紋章は遊び終わって満足したような笑みを浮かべた後、
GM:黒紫の光を放ち、最初からなかったように消えてしまいました。
ベリル:なんか手を引いてるのがいたー
ラスプート:「あ、あれは間違いなく魔神の所業!」
ラスプート:ラスプートは顔面蒼白です
ラスプート:「鉄槌神の聖戦士たる私が唾棄すべき魔神の力を使っていたとは・・・」
エルマ:「ざまぁないわね、バーカバーカ」
ラスプート:ラスプートは自分が信仰に背いていたショックでまた気絶しました、髪の毛も真っ白になってますね。仮に拘束を解いたとしても、もう何かの行動をおこす気力などないでしょう。
ジュエル:知らずに使っていた
ベリル:「そこじゃないでしょ、貴方が悔い改めるべきは」ぼそっと
ラスプート:破片は持ち替えればアンファングのマギテック協会が詳しく調べてくれるでしょう。

ED

ラスプート:ここで、別の戦線を張っていたカチューシャとイワンが勝利したみなさんの前に駆け寄って来ます。
ラスプート:村人達も正気に戻り上がります。
ウィテ:「おや、予想以上に精神ダメージが大きかったようですね」
マウリッツ:「ある意味敬虔な信徒ではありますね……教義そのものはものすごく厄介ですけど」
カチューシャ:「良かった、みなさんご無事で・・・」(少し涙ぐむみながら)
イワン:「流石の実力だな、アンファングの冒険者ってやつは」
ロマノフ村長:「うーん?わしらは・・・あいた!頭にたんこぶが!?」
ロマノフ村長:ロマノフ村長や村人達は現状に混乱していますが、多少は洗脳されていた記憶があるので事情を説明すれば理解してくれるでしょう。
ベリル:「お陰さまで、変に名前を利用されちゃうぐらいには頑張ってるよ。ホント、迷惑な事件だった!」
ジュエル:いい教訓だったのでアンファングでも対策取るように市長に進言しておくこと伝えておこう
ロマノフ村長:「アンファングの皆さん、カチューシャ、そしてイワンさんも、危険を顧みず村を助けてくれてありがとう」
イワン:「いえ、俺も奴に洗脳されていたとはいえ奴の悪事に加担してしまった、是非この村に償いをさせてください」
カチューシャ:「みなさんはビエルイ村の英雄です、本当にありがとうございます!」
カチューシャ:さて、こんな感じで事件は解決します
ジュエル:はい
ウィテ:うい
カチューシャ:他にすることがなければEDにしますがいいですか?
ジュエル:戦利品はいま振るんでしたっけ?+あるかたにお願いしよう
ベリル:はーい、大丈夫です
カチューシャ:皆さんはこの後、ビエルイ村の宴に主役として参加します。ウオッカっぽい地酒やボルシチっぽいシチューなどをご馳走になりました。
ウィテ:おk
カチューシャ:イワンさんは罪滅ぼしのために村に残って、村の人達に魔動機術や学問を教える傍ら、放置された魔動ビークルを使い農業や林業に大きく貢献します。
カチューシャ:帰りの時に皆さんは土産としてお酒や工芸品をプレゼントされます。どれもアンファングでもヒットしそうな物で、今後はそれらを産業としてビエルイ村はより豊かになっていくことでしょう。
カチューシャ:少し巻き気味になりましたが、これにて「雪国より鉄槌をこめて」を終了します、長時間ありがとうございました!
エルマ:お疲れ様でした!
マウリッツ:お疲れ様でした
ウィテ:おつかれさまでした?
ベリル:お疲れ様でした?
ジュエル:おつかれさまです
ジュエル:時間がやばいので成長振らせていただきますね
ジュエル:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[4,4] → 8
カチューシャ:では戦利品を振ってください、ちなみにラスプートはIBの邪教の神官戦士がベースです
ベリル:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 7[4,3] → 7
ジュエル:生命でいいや
エルマ:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[3,5] → 8
ベリル:んー、できれば精神。ふりなおしー
ベリル:2d
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[1,5] → 6
ウィテ:どうしよ、戦利品補正一番高いの多分ジュエルさんの+2だけど……。
ウィテ:とりあえず自分も成長振っときますか
ウィテ:2d 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[2,4] → 6
マウリッツ:2d6 成長
SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[5,1] → 6
ベリル:あ、器用ついた。器用でー
ジュエル:戦利品何回振る感じですか?
ベリル:戦利品はジュエルにお任せしちゃいましょうか
カチューシャ:戦利品はイワンとラスプートの2回です
ウィテ:生命成長しかないでしょう。
ジュエル:2d+2 イワン
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 6[4,2]+2 → 8
ジュエル:2d+2 ラスプート
SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 6[5,1]+2 → 8
マウリッツ:器用度で
ジュエル:普通
カチューシャ:銀貨袋1d6どうぞ
ジュエル:1d
SwordWorld2.0 : (1D6) → 2
ジュエル:かけらはお願いします
カチューシャ:では残った方かけらどうぞー
ベリル:ええと、13個でしたっけ?
ジュエル:13だから
ジュエル:1dはわたしふりましょうか
ジュエル:残りの方3d
ウィテ:それならいい感じにわけれますね
ベリル:他が3dかな
ジュエル:1d
SwordWorld2.0 : (1D6) → 5
ベリル:3d かけらー
SwordWorld2.0 : (3D6) → 9[1,6,2] → 9
カチューシャ:ではそれでどぞー
ウィテ:3d かけら
SwordWorld2.0 : (3D6) → 8[1,3,4] → 8
マウリッツ:3d6 剣の欠片
SwordWorld2.0 : (3D6) → 9[2,6,1] → 9
エルマ:3d6
SwordWorld2.0 : (3D6) → 11[1,5,5] → 11
ウィテ:さ、三dの人はみんな出目に太陽(一)が輝いているw
カチューシャ:では各自解散となりますお疲れ様でしたー!
ウィテ:お疲れ様でした?
ジュエル:おつかれさまです。
ベリル:お疲れ様でした?
マウリッツ:お疲れ様でした

経験点と報酬

経験点:1640点(基本1000点+黒幕逮捕ボーナス500点+魔物経験点140点)

報酬:3696G[基本報酬1000G]+[剥ぎ取り980G(380G+600G)+懸賞金10000G+ ラスプートの魔動機+2500G]÷5

名誉点:46点(剣のかけら42個分+劇場分)