2018年8月8日、討伐「レール工事現場監視」GM:たぐっちゃん

2018年8月8日、討伐「レール工事現場監視」GM:たぐっちゃん

2018年8月8日 3 投稿者: たぐっちゃん

2018年8月8日、討伐「レール工事現場監視」GM:たぐっちゃん

Contents

導入

冒険者たちの協力により無事に冒険者の宿としての一歩を踏み出した「導きの星亭」

奈落の魔域を破壊し、冒険者の宿オープンしたことが話題になり、新たな冒険者たちが訪れていた。

また近隣で始まった鉄道路線の増設工事もはじまり、その工事に関わる人の来店も多く、レール工事の監視業務などの依頼も増えていた。

今回はレール工事の邪魔に来る蛮族の退治の依頼だ。

レールを守りながら、無事に蛮族を退治することができるだろうか。

募集詳細

討伐をテストしてみたいので募集させていただきます。

討伐は、当日その場にいる人たちで2~3時間規模のセッションを遊部プレイスタイルです。
今回はテストということで、開催日を指定させていただき開催させていただきます。

  • 開催日:伝助で調整 20時開始 https://densuke.biz/list?cd=zupLfxHRTrEQpaAe
  • 募集人数:3~5人
  • 8月5日まで新規メンバーさん募集(サークルチャット内)それ以降8月7日まで前回の参加者さんのエントリーとして、先着順で開催します。
  • 3人から開催、3人の場合はフェローとしてニコラウスがついていきます。

今回テストということで、まずは知り合いの方に声をかけてみます。

蛮族からレールの工事現場を守るシナリオになります。

2.5遊んでみたい。ユドナリウム体験してみたいという方、メンバーチャットのベッヘム部屋で声かけてください!

討伐について

導入→戦闘場面→エンディングという規模の卓になります。

TRPGでいうとD&Dのデルヴなど想像していただけるといいかと思います。

リンク先の言葉を借りると「特定のレベルに対応したコンパクトな遭遇のセット」を言う感じになります。

レール防衛戦、奈落の魔域の戦い、鉄道車両内での戦闘など様々なシチュエーションであそべるデルヴをやり、そのデルヴのデータを他の方でも遊べるように共有していければと思っております。

戦闘はテンキー戦闘を使います

テンキー戦闘はこちらのサイトで公開されているプレイスタイルです。

簡単なルールで、射線をずらしたり、移動阻害をするといったこった戦闘が遊べます。

テンキー戦闘案内ページ

今回はこのようなマップ。

PC側は1~6のいづれかに配置。魔物は7~9のいづれかに配置。

魔物が1~3で、主動作「レール破壊」を3回したらPC側の負け。追い払ったらPC側の勝ちです。

2.5でテンキー戦闘を遊ぶために

2.5の基本戦闘にあわせて少しテンキー戦闘を2.5用に整理します。

  • 移動は横移動が「制限移動」、縦1マスが「通常移動」、縦2マスが「全力移動」で移動できます。
  • 武器の射程は、縦と横のマス数で換算します。その際は縦1列横1列単位で数えます。
    例:2から5へは射程1、2から9はマスの数では3個ですが、縦の数だけ見て射程2ろなります。

討伐「レール工事現場監視」内容。経験点500点、報酬500ガメル

今回のメインの目的になります。

蛮族の襲撃から「レール工事現場」を守ります。

PC側は1~6のいづれかに配置。魔物は7~9のいづれかに配置。

魔物が1~3で、主動作「レール破壊」を3回したらPC側の負け。追い払ったらPC側の勝ちです。

副次依頼

討伐では、導入などにも使える副次依頼を用意できればと思っています。
PCがこの依頼を受ける理由や導入シーンなどで活用してもらうものです。
副次依頼はメイン依頼内で達成できる目標が示されます。それが達成されたら追加の経験点がもらえます。

副次依頼「質屋のピラー」 依頼人:ヨウコの道具屋 追加経験点:300点(グレイ・ネーレイト専用)

質屋のピラー導入

導きの星亭の周りでは急激に開発が進んでいた。
レール工事に関わる人が増えるとその工事に関わる人が住む住居、生活に必要なものを買う店なども増えてくる。

ヨウコの道具屋もそんな店のひとつだ。

やりてのリカントの女性の商売人ヨウコが開店した店で、生活用品の購入から、冒険者の装備購入、ときにはお金のない冒険者向けの質屋業務もおこなっている。

そんなヨウコの道具屋に最近手入れの行き届いたピラーが並んだ。
年代物だが、手入れの行き届いたピラーだ。

そのピラーをリカントの槍使い、グレイ・ネーレイトは食い入るようにみつめていた。
そこに並んでいるのは、グレイのもともとの所持品、捨てられていた際に一緒に置かれていた大事なピラーだった。

行き倒れた際の治療費のためにしかたなく手放してしまったが、道具屋のヨウコの提案で、ヨウコの依頼を受ける代わりに質品として流れるのを止めてもらっている。

あと2回ほど依頼を受けたらピラーを返してもらえるはずだ。

今回はレール現場の護衛を兼ねた、商品の配達。

あのピラーが手元に帰ってくる日はそう遠くない。

質屋のピラー達成条件

ヨウコの依頼をあと2回受ける。

今回は、蛮族退治を無事果せたら成功です。

副次依頼「ミレイの落とし物」 依頼人:ニコラウスの娘 ミレイ 追加経験点:300点

ミレイの落とし物導入

導きの星亭の主人ニコラウスは、妻と娘がいる。

妻のアンジェラの作る美味しい料理と、まだ小さな娘のミレイが宿の手伝いをする愛らしい姿は、宿の名物のひとつだ。

そんなミレイが最近元気がない。

きいてみると家族で出かけた際に、どこかで大切なリボンを落としてしまったようだ。

レール工事現場に家族でお弁当を届けた際に落としたと見当はついているのだが、最近蛮族が出るということで自分でとりに行けないと落ち込んでいるようだ。

彼女の笑顔を取り戻すために君は何ができるだろうか?

ミレイの落とし物達成条件

マップ「4」のエリアで、主動作を消費して冒険者+知力判定で10に成功する。
ミレイのリボンをみつけることができる。

蛮族退治を無事果たし、リボンを持ちかえれたら成功です。

副次依頼「博士の新発明」 依頼人:マギテックのマッド 追加経験点:300点

博士の新発明導入

導きの星亭の常連客に、かわいらしいタビットのマギテックがいた。
そのかわいらしい外観とは裏腹に起こす面倒や、持ち込む依頼の内容から「博士」と呼ばれる変わり者だ。

今回博士からの新たな依頼は博士お手製の新アイテムのテスト。

バトンの先に一回り大きな球状のようなものがついてアイテムで、使用すれば轟音と光で敵をひるませることができるそうだ。

博士のアイテムだ。本当に言うとおりに作動するだろうか。

博士の新発明達成条件

敵に隣接したエリアで、主動作を消費し「博士の新発明」を使用します。
ランダムイベントを仕込んでおくので、それに対応し蛮族退治を無事果せたら成功です。

副次依頼「薬を届けて」 依頼人:現場監督のドワーフの奥さん 追加経験点:300点

薬を届けて導入

導きの星亭の客は冒険者だけではない。
レール工事に関わる者、そしてその家族も大事なお客様だ。

レール工事の現場監督、壮年のドワーフ「テツ」とその家族も、ニコラウス一家とは家族ぐるみの付き合いだ。
だがテツは最近家にも帰宅せずこ、工事現場にかかりつけだという。
蛮族の襲撃もあり、このエリアでのレールの完成を急いでいるようだ。

テツは持病があり、定期的に薬を飲む必要があるらしい。

「仕事仕事で、あの人は仕方のない人だよ!」
そのセリフとは裏腹に、テツの奥さんはとても心配しているようだ。
依頼のついでに薬を届けることはできないものか。

薬を届けて達成条件

マップ「1」のエリアに工事関係者の詰め所があります。
主動作を消費することで薬を届けることができます。

薬を無事届けることができたら達成です。

副次依頼「頬に傷のあるボルグ」 依頼人:引退した冒険者 追加経験点:300点

頬に傷のあるボルグ導入

レールを襲撃した蛮族の中に、頬に傷のあるボルグを見たという話しが、導きの星亭の冒険者たちの間で噂になっていた。

その話をきいてとくに興奮した冒険者がいた。

友人を蛮族に襲われなくし、自身も大怪我を負い、冒険者を引退したらしいその冒険者は、冒険者をしていた際に頬に傷のあるボルグに襲われたこと、友人が大事にしていた武器がその時に奪われたことを説明してくれた。

もう冒険に出れない自分の代わりに友人の武器を取り戻してほしいとその冒険者は真剣な表情で依頼してきた。

頬に傷のあるボルグ達成条件

頬に傷のあるボルグを一番最後に倒すことで「意匠を凝らした武器」を必ず手に入れることができます。

この武器を依頼人に届けることができたら依頼達成です。

※意匠を凝らした武器の代金150は依頼人が報酬として出すので、普通に戦利品として処理します。

※こちらの依頼はトドメを本人がさす必要はありません。パーティで達成すればOKです。

今回の参加PC

リプレイ

GM: 討伐「レール工事現場監視」はじめます
GM: 導入貼りますね
トリム: よろしくおねがいします!
グレイ: よろしくお願いします!
レック: 宜しくおねがいします
グレイシア: よろしくお願いします!

導入

GM: 冒険者たちの協力により無事に冒険者の宿としての一歩を踏み出した「導きの星亭」
奈落の魔域を破壊し、冒険者の宿オープンしたことが話題になり、新たな冒険者たちが訪れていた。
また近隣で始まった鉄道路線の増設工事もはじまり、その工事に関わる人の来店も多く、レール工事の監視業務などの依頼も増えていた。
今回はレール工事の邪魔に来る蛮族の退治の依頼だ。
レールを守りながら、無事に蛮族を退治することができるだろうか。
GM: こちらがメインの依頼になりますね
GM: この討伐という規模の依頼は、冒険者の宿でちょこちょこあるとお考えください
トリム: ふむふむ
グレイシア: はーい
レック: はい
グレイ: らじゃ。
ニコラウス: 「今回もよろしくおねがいします」
レック: 「分かった」

副次依頼導入

GM: 副次依頼導入を演出して本編に行きましょう

質屋のピラー導入

GM: 導きの星亭の周りでは急激に開発が進んでいた。
レール工事に関わる人が増えるとその工事に関わる人が住む住居、生活に必要なものを買う店なども増えてくる。
ヨウコの道具屋もそんな店のひとつだ。
やりてのリカントの女性の商売人ヨウコが開店した店で、生活用品の購入から、冒険者の装備購入、ときにはお金のない冒険者向けの質屋業務もおこなっている。

そんなヨウコの道具屋に最近手入れの行き届いたピラーが並んだ。
年代物だが、手入れの行き届いたピラーだ。

そのピラーをリカントの槍使い、グレイ・ネーレイトは食い入るようにみつめていた。
そこに並んでいるのは、グレイのもともとの所持品、捨てられていた際に一緒に置かれていた大事なピラーだった。

行き倒れた際の治療費のためにしかたなく手放してしまったが、道具屋のヨウコの提案で、ヨウコの依頼を受ける代わりに質品として流れるのを止めてもらっている。

あと2回ほど依頼を受けたらピラーを返してもらえるはずだ。

今回はレール現場の護衛を兼ねた、商品の配達。

あのピラーが手元に帰ってくる日はそう遠くないはずだ。

「質屋のピラー」依頼人 ヨウコ

GM:赤毛の狐のリカントで22歳くらいの外見。キャリアウーマン的な美人です。
元冒険者らしく、そのときの縁なども生かして道具屋をどんどん大きくしています。

同族ということや、冒険者としての能力も認めているようで、ピラーを質流れさせることなく預かる代わりに、仕事を頼んでいます。

GM: 悪い人じゃないです。やりての美人という感じ
ヨウコ: 「今回も頑張って!働くもの食うべからずよ」
こんな感じでグレイ君にはっぱかけてきますね
GM: かんたんに自己紹介いいですか
GM: おわったら以上で

グレイ: キャラが酒場に顔出した感じですか?
それともPLとして普通に?
GM: 酒場に顔出しますか
GM: ちょっと描写します

GM: 道具屋のヨウコさんに連れてこられる感じでリカントの少年15歳くらいの子が現れます
GM: 槍を持ってますね
GM: ではどうぞ

トリム: 「おや、新人さんですか? いよいよこの導きの星亭もにぎやかになってきましたねえ!」とか言っている
グレイシア: 「後輩、というやつかしら」
GM: 顔は出していたかもですが、一緒に仕事をするのははつですね
レック: 「見慣れない人ですね……新しい冒険者の人でしょうか?」

グレイ: 「マスター、ここで依頼受けれるってこの人から聞いたんだけど、なんかちょうどいいのある?」ってニコラウスに話しかける感じですかね。
グレイ: ついでに履歴も話しましょうか。

GM: それでもいいですよ
GM: ロールしやすくなるなら

グレイ: 「行き倒れでこの街の人に助けられたんだけど、おかげで大切な武器を質に出さなきゃならなくなってな~。そこそこ使える槍の傭兵なんだが、いい仕事ねぇかな?」
GM: その槍を質受けしているのがヨウコさんという感じですね
GM: 道具屋をしています
ヨウコ: 「あのピラーもあなたがふさわしい実力を得るころには返すわよ。そんなに遠い日じゃないんじゃない」
GM: そんなにわるいじゃない弟の世話している印象です

トリム: 「おっ、じゃあちょうど人手があと一人くらい欲しかったところです。レール工事の監視依頼受けてみませんか?」
メモル: 「なになに新しい人!?あたしメモルっていうの!よろしくね!」
グレイシア: 「私はグレイシア。よろしく」
グレイ: 「マジか? 助かった~。俺は槍使いのグレイってんだ。ま、よろしく頼むぜ」
レック: 「新人だな……俺は、レックだ。よろしくな」
GM: そんな感じですね。ヨウコは工事現場にに持ち届けたいし退治してきてねという感じです
GM: そういうふうに準備を進めていると
GM: ニコラウスの娘のミレイがこちらチラチラみているのにきづきます

ミレイの落とし物導入

GM: 導きの星亭の主人ニコラウスは、妻と娘がいる。
妻のアンジェラの作る美味しい料理と、まだ小さな娘のミレイが宿の手伝いをする愛らしい姿は、宿の名物のひとつだ。
そんなミレイが最近元気がない。
きいてみると家族で出かけた際に、どこかで大切なリボンを落としてしまったようだ。
レール工事現場に家族でお弁当を届けた際に落としたと見当はついているのだが、最近蛮族が出るということで自分でとりに行けないと落ち込んでいるようだ。
彼女の笑顔を取り戻すために君は何ができるだろうか?

ミレイの落とし物依頼人 ミレイ

GM:ニコラウスの娘です、
ドワーフの女性は見た目幼女ですが、リアル幼女で人間でいうと5歳くらいです。
宿の手伝いをするのも大好きで、看板娘としてみんなに愛されています。
ツインテールの右側にリボンをしているのがお気に入りだったのですが、最近つけていません。

リボンはこの街に来る前に友達からお別れの際にもらったもので、お出かけの時にはつけていた赤いリボンです。

GM: これはグレイシアさんの依頼ですね
ミレイ: 「おねちゃんせんろにいくの?」
グレイシア: 「あらあら。じゃあ、そのリボンは私が探してきてあげようか?」とかがんで目線をあわせて言う感じですね
グレイシア: 「ええ。そうよ」
GM: 落とし物の子と説明してくれます
ミレイ: 「ミレイもおねちゃんたちみたいに、つよくてかっこいいぼうけんしゃだったらじぶんでとりにいけたのに」

グレイシア: 「まあ、それにはまだちょっと小さいわね。もっと大きくなってからじゃないと。リボンなら、私が探してきてあげる」
GM: 「えっ!とってきてくれるの!おねえちゃんだいすき!」ギュッと抱きつきます。
GM: 「あっまって!」ととてとてとカウンターに行きます
GM: 戻ってくると何か握ってますね
トリム: 「さっすがお嬢様!これが慈愛というものですね。いやあ懐かしいなぁ。僕もこうやって救われたんだなぁ……それで貧乏になっちゃったお嬢様おいたわしや……」
GM: 「いらいはいらいしょをかくの。これでおねがいします」可愛い手書きの依頼書を渡してきます。
GM: トリムさん褒めてないぎわくw
グレイシア: 「はい、では確かに承りました」と受け取って頭を撫でてあげたいです
GM: なでられるとニコニコ喜びますね
GM: ぜひみつけてあげてください
GM: ということでつぎ
GM: トリムさんがちょうどいい感じにはいってきてくれた

博士の新発明導入

博士: 「すみません。あなたマギテックですよね?」
GM: 導きの星亭の常連客に、かわいらしいタビットのマギテックがいた。
そのかわいらしい外観とは裏腹に起こす面倒や、持ち込む依頼の内容から「博士」と呼ばれる変わり者だ。

今回博士からの新たな依頼は博士お手製の新アイテムのテスト。

バトンの先に一回り大きな球状のようなものがついてアイテムで、使用すれば轟音と光で敵をひるませることができるそうだ。

博士のアイテムだ。本当に言うとおりに作動するだろうか。
トリム: 「おや?そうですよ」

博士の新発明依頼人 博士「テスラ」

GM: 本名テスラ。
茶色の毛のタビットで10歳です。
いつもぼろぼろの白衣をずるずる引きづりながら来ています。

マギテック兼セージで発明家として、自分が作った物を冒険や日常の暮らしに役立得てほしいと思い発明に励んでいます。

今回持ち込んできたのは、棒の先に球状のものがついたアイテムで、ピンを抜いて敵のいる方に投げるものだと説明してきます。

念のため味方のいるエリアには投げないほうがいいと説明してくれます。

トリム: 「あなたもさてはマギテックですね!そのマギスフィアが何よりの証拠!」
博士: 「テストしてほしいアイテムはこれです。うまくいったら工事現場などで蛮族おいはらう際など役に立つアイテムになる!はずです」
トリム: 「で、なんでしょう?」
GM: 目をキラキラさせてアイテムわたしてきますね
博士: 「理論上はうまくいくんです!ぜひ実際の戦いの中で試してください!」
トリム: 「フムン! いいですよ! ものはついでです! その代わり実験体になるんですから費用は頼みましたからねハカセ!」
GM: 副次はお金はもらえないは秘密w
グレイシア: 「…いざとなったらキュア・ウーンズ唱えれば間に合うかな…?」
トリム: 「なんだってー。まぁしかたありません。それでもうけましょう。コネは大事ですからね」
博士: 「よろしくたのみます。本番までピンは抜かないでくださいね」
トリム: 「ラジャー!」
トリム: ぴしりと敬礼して次の依頼でいいかと思います
グレイ: (……俺知ってる。コレぜってぇやべえやつだ)

薬を届けて導入

GM: 工事現場に向かう冒険者がいるということで人も訪ねてきます
導きの星亭の客は冒険者だけではない。
レール工事に関わる者、そしてその家族も大事なお客様だ。

レール工事の現場監督、壮年のドワーフ「テツ」とその家族も、ニコラウス一家とは家族ぐるみの付き合いだ。
だがテツは最近家にも帰宅せずこ、工事現場にかかりつけだという。
蛮族の襲撃もあり、このエリアでのレールの完成を急いでいるようだ。

テツは持病があり、定期的に薬を飲む必要があるらしい。

ヨシエ「仕事仕事で、あの人は仕方のない人だよ!」
そのセリフとは裏腹に、テツの奥さんはとても心配しているようだ。
依頼のついでに薬を届けることはできないものか

GM: これはメモルさんの依頼ですね

薬を届けて依頼人 奥さんヨシエさん

GM: 現場監督の奥さん。
ドワーフの女性らしく見た目は髪をお団子にした幼女だが、現場監督とは50年連れ添った立派な奥さん。3人の子どもがいます。
薬は急に体調を崩す類の病ではないが、知り合いの薬師に調合していただいたもので、月に2回くらい服用したものだと伝える。
ヨシエ:「自分のことも忘れて、工事に夢中になっているのかね。仕方のない人だよ」
メモル: 「それは大変、お薬届けないと」
GM: 「お嬢ちゃんがとどけてくれるのかい?」
GM: ドワーフなのでどちらかというとかわらないくらいお嬢ちゃんなのですが
メモル: 「うん、絶対届けるよ!任せておいて!」
メモル: 「えっ届けてくれるのかい?ついででいいからね」
GM: つっけんどんな感じですが
GM: メモルにだけ聞える声でいいますね
メモル: 「おねがいします」

GM: 襲ってくる蛮族の情報もはいります
GM: せっかくなので冒険者+知力でふりますか
トリム: メモルだけですかね
レック: 私だけ? 全員?
GM: いやみなさん
GM: レックの依頼に繋げます
トリム: ああ、なるほど
レック: 2D6+3+2 冒険者Lv+知力B→ 5[2,3]+3+2 → 10
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 冒険者Lv+知力B → 7[1,6]+2+3 → 12
グレイ: 2D6+2+3 冒険者Lv+知力B→ 9[5,4]+2+3 → 14
トリム: 2D6+2+1 冒険者Lv+知力B→ 3[1,2]+2+1 → 6
メモル: 2D6+2+2 冒険者Lv+知力B→ 8[2,6]+2+2 → 12
グレイシア: 安定のトリム。
GM: トリムさん以外しってそう
トリム: ?顔
トリム: ぽかーん
GM: 頬に傷のあるボルグが率いている蛮族の一団みたい

頬に傷のあるボルグ導入

GM: レールを襲撃した蛮族の中に、頬に傷のあるボルグを見たという話しが、導きの星亭の冒険者たちの間で噂になっていた。

その話をきいてとくに興奮した冒険者がいた。

友人を蛮族に襲われなくし、自身も大怪我を負い、冒険者を引退したらしいその冒険者は、冒険者をしていた際に頬に傷のあるボルグに襲われたこと、友人が大事にしていた武器がその時に奪われたことを説明してくれた。

もう冒険に出れない自分の代わりに友人の武器を取り戻してほしいとその冒険者は真剣な表情で依頼してきた。

依頼人 足を引きずるもと冒険者 ドーガ

GM: 頬に傷のあるボルグとの戦いで負傷した元冒険者の奈落の盾神イーヴの神官戦士で人間の25歳。
冒険にでることができないので、神官として生きていくことも考えていますが、亡くなった仲間のこともあり、その道に踏み出せなおでいます。
亡くしたのはナイトメアの女性の剣士で、「意匠を凝らした剣」を使っていたのだが、襲われた際に頬に傷のあるボルグに奪われたと説明してくれます。
ぜひ頬に傷のあるボルグを倒し彼女の剣を取り戻してほしいと依頼してきます。
GM: レックさんに「彼女はあなたのような剣士でした」と少しさびしそうに言ってきます
レック: 「なるほど……俺で良ければその依頼を引き受けよう」
GM: 「本当ですか!」
GM: 「私はイーヴの神官なのに彼女のことを守ることができませんでした。せめて彼女の墓標に彼女の大事にしていたあの武器をささげたいのです」
レック: 「あぁ」
GM: 足のけがでもう冒険者はできないみたいですね
トリム: (その女性剣士が頬に傷をつけたのだとかだとかっこよさそう)
GM: いいですね。だからうばったとします
レック: はっ!? 剣を振り回す!!
GM: 「彼女の攻撃はあと一歩奴に届きませんでした」
GM: 「あなたたちならきっと」
GM: こういうかんじです

副次依頼達成条件

GM: それぞれの達成条件をはりますね
GM: グレイさんは生きて帰ればOK
グレイ: らじゃ
レック: OK

ミレイの落とし物達成条件

GM: マップ「4」のエリアで、主動作を消費して冒険者+知力判定で10に成功する。
ミレイのリボンをみつけることができる。

蛮族退治を無事果たし、リボンを持ちかえれたら成功です。
グレイシア: はーい

博士の新発明達成条件

GM: 敵に隣接したエリアで、主動作を消費し「博士の新発明」を使用します。
ランダムイベントを仕込んでおくので、それに対応し蛮族退治を無事果せたら成功です。

薬を届けて達成条件

GM: マップ「1」のエリアに工事関係者の詰め所があります。
主動作を消費することで薬を届けることができます。
薬を無事届けることができたら達成です。

頬に傷のあるボルグ達成条件

GM: 頬の傷は最後に奴を倒せばOKです。レックさんじゃなくてもいいです
GM: みんなでたっせいしてください
GM: 現場までは半日かかるので
トリム: 了解です!
グレイ: え、討伐って最後じゃなきゃダメなんですか?
GM: 明日の朝いち出発になります
レック: 了解
GM: ボスを最後に倒すが条件です
トリム: ザコよりはやくボスを倒してはいけないということ?
GM: そのかわり戦利品の結果無しにえられます
GM: ですね
グレイ: oh……。了解です。
GM: そういうギミックのシナリオなのです
トリム: なるほど、それはそれで面白いかも
GM: 朝いち出発なので
レック: 頑張ってよければ良いんですね?
レック: (避けれるとはいってない)
GM: 今夜はここの宿代は依頼人持ちです
GM: ちなみに報酬ひとり800G
トリム: 「やったー!ゴチになります!」
グレイ: 欲しい!
GM: 戦利品やかけらはみなさんのものです
グレイシア: 「それはありがたいわね」
GM: あっすみません。かけあい重視して
メモル: 「明日にそなえて今日はおやすみなさい」

成長報告

GM: 技能成長あった方は報告をお願いします。
レック: フェンサーを3にしました
グレイシア: 成長した能力値は筋力。素でやっとソフトレザーが着られます。シューターを2に伸ばしたので、新しい戦闘特技はないです
トリム: トリムは宗匠の腕輪を駆って器用度を24にしました!あと冒険者セットを買ったので素人卒業ですよ!でも経験値はつかってません
GM: 器用24はいいですね
レック: 左手に筋力の腕輪を装備しました
GM: メモルさんも経験点は保存ですかね
メモル: 特になし、器用が成長したくらいです
GM: ではしゅっぱつでいいですか?
トリム: OKです!
レック: 成長は生命が上がりました
メモル: おkです
GM: では向かいましょう
グレイ: GOGO
レック: OKです
グレイシア: OKです

蛮族の偵察

GM: 工事現場は宿から半日ほどの距離です。
日帰りできないので、工事に関わる方は週の初めに現場に行き、週末帰ってくるという生活をしています。

森を切り拓く形で工事は進んでいますが、物資を運ぶための道が整備されているので道に迷うことはありません。
GM: 馬車が行き違えるくらいの幅の道がありますね
トリム: 結構広い
GM: で順調に進むのですが
トリム: 「立派な道ですねえ!」
GM: 危険感知いいですか
GM: レンジャーもOKです
メモル: 2D6+1+2 スカウト+知力B → 8[6,2]+1+2 → 11
グレイ: 2D6+1+3 レンジャー+知力B → 6[4,2]+1+3 → 10
グレイシア: 2D6+1+((8+10+0+0)/6) → 3[2,1]+1+3 → 7
GM: 10以上の方いますね
レック: 2D6+2+2 レンジャー+知力B → 5[4,1]+2+2 → 9
GM: 少し先の茂みから蛮族がこちらを見ていることを確認できます。
メモル: 「あっち、どうみても悪そうなやつらがいるよ」
GM: 1体ですね。隠れてみているふう
GM: 立ち止まります?
グレイ: 「……あいつどうする?」
トリム: 「えっ、なんです?」
グレイシア: 無言で弩に手を当てます
GM: あっ武器かまえようとするなら
グレイ: 「なんか一匹こっち見てんだが、仕掛けっか?」
GM: 奥に逃げます
レック: 横目で確認かな?
GM: ただの偵察みたい
グレイ: 「げ~、偵察に逃げられたくせぇなこりゃ。この先罠にでも気を付けて行くかぁ……」
GM: ただこれで蛮族がいることを確認できたので、特典として戦闘前に1回魔法の準備などを可能とします。

レック: 「用心していったほうが良いな」
トリム: なるほど、いいですね!
GM: ですね。警戒してすすんでいったかんじで
GM: さらに行くと増設中のレールの工事現場につきます
GM: 街の方から伸ばしている感じですね
トリム: 「無事つきましたね!」

工事現場

GM: もう少し行くと詰所なのですが
トリム: マップ1とか4とかはまだですね?
GM: いま3くらいとかんがえてください
GM: 9あたりに蛮族が見えます
GM: 準備魔法を1かいかけていいです
トリム: おー、なるほど
グレイシア: おお
GM: 先制などはそれからにしましょう
グレイ: PCはどのマスにいる感じですか?
トリム: 3?
GM: 3にいるのですが
GM: 先制取れば変わります
トリム: けっこう近そう
GM: まず準備魔法タイムが特典としてあるかんじ
トリム: 準備魔法どうしましょう?トリムは出来ません
トリム: 1レベルのマギテックは照明くらいしか出せないのだ
レック: FPかな?
GM: 範囲魔法フィープロなどもこのタイミングでありとします
グレイ: 私は魔法すら持ってないぜ!
レック: って、プリいたっけ?
トリム: お嬢様!
GM: お嬢様
レック: あ(
トリム: 「お嬢様!お嬢様!ここが御役目でありますよ!」
レック: 今回は五人だから全員はいるよ!!
GM: 5人なのでみんなはいります
GM: お嬢様魔法使います?
グレイシア: げ、やっぱり送れてなかった。フィープロ使いたいです
グレイシア: 前回の謎トラブルがまたしても。
GM: 大丈夫ですか?
GM: 5分休憩しますか
グレイシア: ああ、いえ大丈夫です。中の人は元気
GM: フィープロの発動までして
GM: 5分休憩しましょう
GM: ダイスどうぞ
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使→ 8[4,4]+2+3 → 13
GM: かかりましたね
GM: 神様の加護で守られます
トリム: 「きましたよ!神様パワーでしたっけ?すごいですね!」
レック: 「ありがとう、助かるよ」
GM: 魔物判定と先生までして休憩しますか
GM: セージの方、大きいの、小さいの、羽根のあるので魔物判定を
グレイ: 「サンキュー。いやー、魔法なんてなんか変な感じだな~」
グレイ: 大きいの
グレイ: 2D6+1+3 セージ+知力B/魔物知識→ 7[3,4]+1+3 → 11
グレイ: 小さいの
グレイ: 2D6+1+3 セージ+知力B/魔物知識 → 10[4,6]+1+3 → 14
グレイ: 羽根のあるの
グレイ: 2D6+1+3 セージ+知力B/魔物知識 → 6[5,1]+1+3 → 10
GM: ほかにセージの方います?
GM: 名前は抜けた
トリム: トリムはぽかーんとしている!
GM: ボルグ、ゴブリン、グレムリンです
GM: ゴブリンは弱点も魔法ダメ+2です
メモル: では先制行っていいでしょうか?
グレイ: あ、セージ私しかいなかったのか。なんか新鮮。
GM: 先生もお願いします
グレイシア: あ、先制さっきうっかり振ってしまった…
メモル: 2D6+1+3 スカウト+敏捷B 先制 → 9
グレイ: 2D6+1+3 スカウト+敏捷B 先制→ 15
グレイ: ひゅ~
GM: グレイはやいとられた
GM: みなさんは1~6にはいちOKです
GM: 敵は7~9に配置されます
GM: 今回はレール守るのが目的なので
GM: 敵に1~3に侵入されたら報酬がへります
GM: 3か所とも入られたら任務失敗です
トリム: それならこうして横に配置するかな
GM: かべができた
GM: メモルはそこでいい?
GM: そうかいらいか
グレイシア: 私はここで
GM: さすがすぎる
メモル: はい
グレイ: グレイシアさん4に行かなくていいんですか? 依頼。
トリム: けっこう距離ありますよね
レック: 多分、グレイシアさん、敵が引いた時に
グレイシア: あ、そうだった…つい「前衛」って思ったら行くの躊躇してしまった…
レック: 4にきたほうが良いと思う
トリム: レックとトリム交換します? 挑発攻撃でお嬢様を守れる
GM: 先制はとれているので
レック: 乱戦になったら狙い撃ち確定よ?
GM: 7にだれかいけば乱戦でもめられるかもですが
GM: 博士のアイテムテストもお忘れなく
トリム: そういえば隣ってナナメはどうなるんです?
レック: 斜めは通常移動じゃないかな?
トリム: いや、博士のアイテム斜めに届くのかなと
GM: 移動は盾が通常移動。縦2マスが全力
GM: 横は制限でもいいですが
GM: ななめは全力かな
グレイシア: ふむふむ
GM: 博士のアイテムは隣接です
トリム: つまり博士のアイテムはナナメには届かない、ということですね。了解です
グレイシア: ほむり
GM: でははじめます

1ラウンド目 味方

1ラウンド目 味方

GM: みなさんから
グレイ: 結局みんなどう動くの? 特に前衛。
トリム: 主動作で9に博士のナゾアイテム投げるつもりです
GM: 依頼は主動作を消費するものとお考えください
レック: 私は7を止めれば8からの侵入はないってことかな
トリム: 2体になにかしらの影響がでる。
メモル: 初手で依頼達成します
グレイシア: 初手でリボン探したら1に下がります
GM: ではメモルさんからしましょう
GM: イベントが起こるので
GM: 詰め所を訪ねると現場監督のテツがいます。
GM: 「あんたたちは依頼を受けてくれた冒険者かい?襲撃続いていたんだ助かる」
メモル: 「こんにちは!お薬届けに着たよ!」
GM: 「おっその薬は…そうかあいつにもしんぱいかけてしまったな」
GM: 照れながらもうれしそうです
メモル: 「ここは危ないから避難してね」
GM: 「少しは俺も活躍しないとな」
GM: 「この現場には襲撃に備えて仕掛けを作っていた、合図をくれればその場がドカンと行く仕組みさ。ここから操作できる使うときは声をかけてくれ」
GM: 特定のエリアに威力20(12・・精神抵抗半減)の魔法ダメを発生させます。
トリム: おおー
GM: 好きなタイミングでいいです
グレイシア: つよい
GM: ただ見方もまきこみますので
GM: これに主動作は消費しません
グレイ: これ今のうちにサクっとどっか爆破した方がよくない?
レック: 知ってたw
GM: メモルさんがいまと指示してください
トリム: そうですねえw
GM: ですね。初手で尋ねたの正解
グレイシア: 8とか爆破したい
メモル: 8爆破しようかな
GM: 8でいいですか?
メモル: はい
GM: さすがに抵抗振ろう
GM: 「お嬢ちゃんここでいいんだな!」どっかーん
ボルグ:2d+4 精神抵抗→ 3[1,2]+4 → 7
GM: ぐは
ゴブリン:2d+3 精神抵抗 → 8[3,5]+3 → 11
グレムリン:2d+5 精神抵抗→ 10[6,4]+5 → 15
GM: グレムリンだけていこう
GM: 回らあいから死にはしないはず
GM: メモルさんだめどうぞ
メモル: k20 → 2D:[4,6 2,1]=10,3 → 8,1 → 1回転 → 9
グレイシア: まわった
レック: お、おうw
GM: まわらないから8ダメ
GM: いたい
トリム: 残念
GM: 次の方どうぞ
グレイ: まぁ上々ですよ。下手したら私の一撃より強いw
トリム: 主動作で9に博士のアイテムなげていいですか?
GM: お嬢様からしますか?
トリム: 何起こるか分かんないので早めに処理したいw
GM: リボンさがし
グレイシア: あ、どちらでも大丈夫ですよ
GM: そのあとトリムにしましょう
グレイシア: はーい
トリム: 了解でーす
GM: 冒険者+知力判定どうぞ
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 冒険者Lv+知力B→ 4[2,2]+2+3 → 9
グレイシア: うえぇええええええ!?
GM: あれ
グレイ: あ。
GM: みつからないここのはず
GM: すみません。行動終了になります
グレイシア: も、もう一回後で探させてください…!
GM: 次のラウンドでOKです
GM: ではトリム
GM: どこになげます?
GM: 5か9
トリム:
トリム: さすがに5はないw
GM: ですよねw
GM: 1d6を
トリム: そこまでぽかーんとはしないのだ
トリム: 1d6 (1D6) → 6
GM: あっ
トリム: おお・・・・?
GM: ピンを外してなげるのですが
GM: 何も起きません
トリム: 「はかせー!!!?」
GM: まさか6分の1が
グレイ: ウソやんw
トリム: 「うん、失敗作ですね!」
グレイシア: 今日は事故が多いなあ(遠い目
トリム: ぼ、僕に責はないはずだ!w
メモル: あら
GM: rトリムの叫びにあわせて青空に博士のかおがうかんでおわりです
トリム: はいw
GM: のこりお2人
グレイ: GM、斜め移動って直接斜めに移動する感じですか?
例を言うと、9から5への移動は直接なのか、8or6wo
レック: グレイさんから行きます?
グレイ: ミスった。8or6を経由してる感じですか?
GM: 7にはだれかいかないとお嬢様ピンち
レック: 7は私が行くよ
GM: 3はですねあしどめできない数が多いので1体抜けてきます
トリム: ななめの線に通常と書かれているから通常移動なのでは
レック: グレイさんは8に行くか……私が行ったほうがまだ安全?
GM: 8だ
GM: 敵は1マス移動なのd
GM: 5でくいとめるは可能です
GM: 自分の手番損しますが
グレイ: 敵は斜め移動しないってことですか?
レック: 斜めは1マス扱いではなく2マス扱い?
GM: ばばめはすみません。みすです
GM: 2マス移動[全力がいります)
GM: ななめは全力
レック: 了解です
グレイ: じゃあ8に特攻仕掛けるしかないかなぁ……?
GM: 1回行動を無駄にしないためにはそれがいいですね
レック: 私が7でグレイさんが8突貫かな
グレイ: ですね~。強く生きろ、グレイ……。
GM: かいくぐれまくれるかもw
グレイ: 私、魔法が死活問題なのでグレムリン狙いで行こうと思いますがいいですかね?
GM: かしこいな
レック: 先にどうぞ
GM: やつとんでます
グレイ: げ、命中―1でしたっけ?
GM: ボス以外は固定で行きますね
グレイ: いや、回避に+1か。
グレイ: 相手の。
GM: ですね
レック: 接近の命中と回避+1ですねグレムリン
GM: ではどうぞ
グレイ: キッツ! でも行かなきゃどうせ死ぬ!
というわけで8に突っ込んでグレムリン狙いで攻撃!
GM: こい
グレイ: 2d+2+2+-1 ジャベリン 1H命中 → 14
GM: あたり
グレイ: k10[(10-1)]+3+2+0 ジャベリン ダメージ→ 2D:[2,4]=6 → 3+5 → 8
GM: ぎりぎりいきています
グレイ: 足りねぇ!
GM: ていこうしていなかったらしんでた
GM: レックさんどうぞ
レック: 乱戦になったから相手は動けない
レック: では、動きます
GM: 1体は動きます
グレイ: 「ちぇ、短い投げ槍は練習量が足りねぇな……」
GM: 3体いるので
レック: 7へ通常移動
GM: だからグレムリンが残ったのは大きい
GM: こい
グレイ: そうなんだよぉ……。
トリム: 次のラウンド何とかすれば大丈夫
レック: 確実に仕留めて行くか
GM: レックさん命中どうぞ
レック: 2回攻撃で必殺攻撃Ⅰを宣言
GM: はい
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き → 7[2,5]+3+3+0-2 → 11
GM: ゴブリンは固定
GM: あたり
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き → 4[1,3]+3+3+0-2 → 8
GM: 2回目外れ
レック: k8[9]$+1+3+3+0 レイピア 必殺攻撃Ⅰ→ 2D:[4,2]=7 → 3+6 → 9
レック: ダイスが振るわなかった……

1ラウンド目 敵

GM: こちらですね
グレイ: これはやべぇ……。
GM: 汎用蛮族語分かる方います?
トリム: 「お、なんか来ますよ」汎用蛮族語は知りません
プレイヤー:わかりません
GM: グレムリンに翻訳させよう
グレイシア: あ、今のグレイシアです
トリム: 意外といなかった
ボルグ:「やはり冒険者か、こんなところで工事などされたら迷惑なんだ。じゃまさせてもらうぞ」と頬に傷のある蛮族が汎用蛮族語で言ってきます。
グレイ: セージでわかる言葉、選ぶの忘れてた。
ボルグ:「久しぶりにこの剣の切れ味も試せそうだ。自分たちの仲間の剣で切り刻まれるといい」そういうと襲い掛かってきます。
GM: でゴブリンはれーるに向かわせます
トリム: おお、かっこいい
GM: 5に移動
GM: 本人はグレイに攻撃
ボルグ:2d+4 命中→ 8[6,2]+4 → 12
グレイ: 2d+3+2+0+1 回避 → 5[4,1]+3+2+0+1 → 11
GM: 回避どうぞ
GM: よし
グレイ: 1
グレイ: 足りない!
ボルグ:2d+5 ダメージ→ 11[5,6]+5 → 16
GM: あっ痛恨だ
GM: 20ダメ
トリム: うわ
グレイシア: うわ
グレイ: あ、死んだ気がする。
レック: レールにはいった時点でレール破壊ってことでいいのかな?
GM: 奪った武器つよい
GM: いたみますね
グレイ: HP-2でーす。死にました~。
GM: おー
レック: 生死判定
GM: すみません
グレイシア: わぁあああああ!?
トリム: これは、ヤバイ
レック: うっそ……
トリム: 「ハッ……風のざわめきが……」嫌な予感
グレイ: 目標値2で生死判定?
メモル: -2なら何とかなる
GM: グレイさんデビュー戦なのに
グレイ: 2D6+2+1 冒険者Lv+生命B/生命抵抗 → 3[2,1]+2+1 → 6
レック: (汗)
グレイ: 一応生きてはいるッぽい。
一撃で気絶したぞこいつ。
トリム: お嬢様がアウェイクンできるけど位置がまずい
GM: 気絶かな
グレイシア: アウェイクンかけられますが、これはやばい
グレイ: でもグレムリンいるんだよなぁ。
GM: 阻むものがいないのでグレムリンも5に
GM: レックさんとこのゴブリン
GM: レックさん回避を
レック: 2d+2+3++-2 回避→ 5[4,1]+2+3-2 → 8
GM: あたってる
レック: ダメくださいq
ゴブリン:2d+2 ダメージ→ 4[1,3]+2 → 6
GM: 6です
マジでこのシナリオで死ぬぞグレイ君。
レック: FPと防御で2もらいます
GM: もう1体御ゴブリン6にトリムさん攻撃
GM: 回避を
トリム: 2d+2+2+0+1 回避 → 6[4,2]+2+2+0+1 → 11
GM: よけられた
GM: 9グレムリン魔法
トリム: 「ちょっと本気ださなきゃまずそうですね!?」
GM: トリムさん抵抗を
GM: エネボです
トリム: 2D6+2+2 冒険者Lv+精神B/精神抵抗 → 8[5,3]+2+2 → 12
グレイシア: 「これは…まずいわね……」
GM: 抵抗された
トリム: ハハハ
GM: k10[13]+42D:[6,4]=10 → 5+4 → 9
GM: 5
GM: おわりです
トリム: FPで4うけます
グレイ: FP忘れてた。結果は変わらんけど。

2ラウンド目 味方

2ラウンド目 味方

GM: このラウンドの移動大事かも
GM: そちら
トリム: 5のグレムリンはトリムがダガー投擲して殺せるかも
GM: そんなことが
トリム: HP2しかないなら当たれば行ける
トリム: お嬢様は5か7にいけばアウェイクンの射程圏内にグレイを含めることができる?
グレイシア: ですね(敵いっぱいだけど)
GM: アウェイクン1あるんですね
トリム: じゃあ、とりあえず敵の数を減らすべく投擲していいですかね?
GM: 7のゴブリン倒す
GM: 7にいってアウェイクン
GM: でもボルグが7に来る可能性
トリム: ほか、誰かこのほうがいいとかあります?
レック: 制限移動?
グレイ: 私が起きたらボルグは移動できないのでは?
GM: 5に全力ででもめるもさんいかないと2に侵入されますね
グレイシア: 5に威力20のあいつをぶっぱなすとかは?
GM: ほんとうだ
トリム: いや、お嬢様の移動は通常なのでこのRは魔法できない
GM: そうかよこいどうじゃなとだめだ
GM: 絶妙だテンキー戦闘
グレイシア: ああいえ、私の魔法でなく威力20はあの仕掛けのです
トリム: ああ、横は制限ですね
GM: あれは1かいきりです
グレイシア: あー、そっかあ
トリム: どうしましょう?
メモル: とりあえずメモルは5に全力移動するかあ
GM: ちなみにレール1箇所侵入で報酬-200としますね
グレイシア: 私も5に移って魔法の準備かな(なお回避0)
GM: あしどめされた
GM: 5に行けば魔法は使えるのですが
GM: 起き上がると狙われそう
GM: タイミング大事
GM: 5のグレムリンは落とすのがいいかも
トリム: じゃあ、トリム投げますね
GM: こい
トリム: 補助動作でブロードソードとダガーいれかえ
トリム: ターゲットサイト宣言
GM: 会費12
トリム: 2d+4+2+0 ダガー 命中→ 7[4,3]+4+2+0 → 13
GM: あててきたか
トリム: 14
GM: だめください
トリム: k3[10]+2+2+0 ブロードソード ダメージ→ 2D:[1,1]=2 → ** → 自動的失敗
トリム: ええっ
GM: こんなことが
GM: レックさんかな
グレイシア: わあああああ
トリム: 「あたれっ……ん? 失敗?」
トリム: 「は、はかせー!!!?」はかせのせいにしよう
GM: ちがうとおもうw
レック: では、2回攻撃行きます
グレイシア: 博士のせいにされたw
レック: 7ゴブリンに
GM: グレイはこのラウンド起きなければボルグは7か5にいきます
GM: 5かな
GM: はいかを2におくりこめる
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き\→ 4[3,1]+3+3+0-2 → 8
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 10[6,4]+3+3+0-2 → 14
GM: 2かいめあたり
レック: k8[9]+3+3+0 レイピア ダメージ → 2D:[4,3]=7 → 3+6 → 9
GM: どうにか
GM: さぁおじょうさまどうしましょう
GM: レールを守る手がありますね
GM: おもいつくかな?
グレイシア:
グレイシア: えと、えと、グレムリンって蛮族ですっけ
GM: ですね
グレイシア: 8か5にバニッシュという手は
GM: あーそれもひとつのてではありますね
トリム: 5に移動しつつバニッシュをしていただけると少なくとも抜けてこないのが確定
GM: とおれば2にはいかないかな
GM: 正直グレイさんをいま起こしても悪手です
GM: ひどいHP-になる
GM: トリムさんのがいかな
GM: 5は制限なので魔法いけます
GM > レイン:思わぬダメすみません
GM: 弓も打てるのでグレムリンおとすもいける
GM: 私は4から5のグレムリンおとすでもいいかなとかんがえていました
グレイシア: ふむふむ
GM: トリムさんのあんとどちらかかかんとおもいます
GM: おおきなせんたくですがどうぞ
レック: グレムリンさえ落ちれば2には確実にいいけない
グレイシア: 抜かれるの怖いので、5に移動して5にバニッシュします
GM: はい
グレイシア: 移動しました、行使します
GM: はい
トリム: 「お、お嬢様!おねがいします!」
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使 → 10[6,4]+2+3 → 15
GM: とおった
トリム: 「さすが!」
グレイシア: 「ミルタバル様、貴方の信徒に力を…そして裁きを! <バニッシュ>!」
GM: かっこいい
グレイシア: 2d6 ゴブリン→ 12[6,6] → 12
グレイシア:
グレイシア: 2d6 グレムリン → 5[3,2] → 5
GM: 1回やすみ
GM: どちらも2にはいけませんね
GM: こちらですね
トリム: 「ナイスですよー!!!」
グレイシア: ゴブリンは逃走あるいは1回休み、グレムリンは3分の魔法行使・回避・命中ー1

2ラウンド目 敵

GM: では7のゴブリンレックさん回避どうぞ
グレイシア: 命中!
レック: 2d+2+3++ 回避 → 4[3,1]+2+3 → 9
GM: あたり
レック: でめひどw
ゴブリン:2d+2 ダメージ → 6[4,2]+2 → 8
レック: 4点もらいます
GM: グレムリンさんはランダムに殴ろう
GM: 1d2 (1D2) → 2
GM: メモルさん回避を
メモル: 2d+3+2++ 回避→ 3[2,1]+3+2 → 8
GM: バニッシュめ
GM: はずれ
GM: 9のグレムリン
GM: 1d3 (1D3) → 2
GM: メモルさん抵抗を
メモル: 2D6+2+1 冒険者Lv+精神B/精神抵抗→ 9[4,5]+2+1 → 12
GM: 抵抗はされた
GM: k10[13]+4→ 2D:[4,2]=6 → 3+4 → 7
GM: 4ダメ
GM: 6ゴブリントリムさん回避を
トリム: 2d+2+2+0+1 回避→ 7[5,2]+2+2+0+1 → 12
GM: はずれ
トリム: サッ
GM: ではボルグ
GM: ここは5だろうな
GM: 進軍
GM: どちらにいくか
GM: 1d2 (1D2) → 2
GM: メモルさん回避を
メモル: 2d+3+2++ 回避 → 6[3,3]+3+2 → 11
GM: 同値だ
GM: おわり
GM: そちらどうぞ
トリム: 「さすがですメモルさん!」
メモル: 「あぶなーい!」
グレイシア: 「まあ、すごいわ」

3ラウンド目 味方

3ラウンド目 味方

トリム: もうダガーないです…w
GM: ここも順番大事かも
トリム: トリムとレックは目の前のゴブリンを殴る以外の選択肢はなさそう?
GM: ですかね
グレイシア: かと
レック: だね
トリム: とりあえず殴っときましょう
GM: トリムさんをはやめに5に送り込み挑発習うのがいいのかな
GM: 狙う
グレイ: すまねぇ、すまねぇ……。
GM: 詰め将棋みたい
トリム: トリムはブロードソードを抜いてタゲサします
トリム: そしてゴブリンを殴る
GM: こい
トリム: 2d+4+2+0 ブロードソード 命中→ 10[6,4]+4+2+0 → 16
トリム: 17
GM: あたり
トリム: k15[10]+2+2+0 ブロードソード ダメージ→ 2D:[2,6]=8 → 5+4 → 9
トリム: 振るわない
トリム: ぽこんぽこん
GM: まだだいじょうぶ
GM: レックさん行きますか
トリム: 「はやくお嬢様の所へいかねば!」
レック: では先に動きますね
GM: レックさん命中どうぞ
レック: 通常攻撃でゴブリンに攻撃
レック: 2d6+3+3 命中 → 7[3,4]+3+3 → 13
GM: あたり
レック: k8[9]+3+3+0 レイピア ダメージ→ 2D:[3,2]=5 → 2+6 → 8
GM: おちた
グレイシア: 「やった!」
レック: 「くたばれ!!」
トリム: ないす!
GM: 少し楽な感じに
トリム: 「おお!遠くで仲間が活躍している!」
GM: メモルさんにします?
メモル: はい
GM: 誰狙います?
メモル: グレムリンに攻撃します
GM: はい
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 7[6,1]+3+2+0 → 12
GM: あたり
メモル: k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ→ 2D:[5,5 5,5 1,3]=10,10,4 → 5,5,1+6 → 2回転 → 17
GM: ぐは
グレイシア: にかいてん!!!
GM: よぶんにおちた
メモル: 「メモルパンチ!」
GM: やるなというかおをボルグがしています
GM: 技名はかわいいのにw
メモル: おわり
トリム: 「やっぱりこわ……いやすごいですメモルさん!」
GM: お嬢様どうしましょうか
グレイシア: お嬢様どうしますかね。8に行って起こすか、また5でバニッシュするか…
レック: 実はソコからでも起こせるw
GM: なやみどこですね
GM: おこすのはいけます
グレイ: お嬢様、今移動できる?
GM: ただゴブリンが狙うでしょうね
GM: あっ移動は無理だ乱戦だ
グレイシア:
グレイシア: ゴブリン弓で狙って頭数減らすかなあ
レック: GM、補助動作後に移動は可能ですか
GM: できますね
GM: 何かできます?
レック: あ、ならグレイくん起こせる
GM: おーてがありますか
レック: グレイシアさんがアウェイクンでグレイくん回復
レック: そのまま、グレイくんは4まで全力移動
GM: あーグレムリンから外れるのか
GM: なるほど
レック: ここまで行けば他の人から攻撃は来ない
レック: つぎのTで回復飛ばせば何とか前線復帰
トリム: たしかに!
メモル: ふむ
GM: それはいいかもですね
レック: どうかな?
GM: お嬢様とグレイさんどうでしょう
グレイシア: お嬢様サブプリにつもりで始めたけどこれ完プリだわ! …こほん、ありだと思います。私は構いません。
GM: GMとしてもグレイさんずっとまたせているのはもうしわけない
グレイ: 私はもういたせりつくせりで文句なんて微塵もないです。
本当に迷惑かけます……。
GM: いえパーティですし
GM: 今回はこういうの悩んでもらうシナリオ
グレイシア: お嬢様リボン探せるかな(遠い目)
GM: ではお嬢様の行使かな
グレイシア: ですね。いきまーす
トリム: ドラマチックで面白いですよ!
GM: あっボス倒す前に4に戻らないとですね
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使 → 4[1,3]+2+3 → 9
GM: かかりました
GM: 起きる瞬間が見えたw
レック: 補助で起き上がって
グレイ: じゃあ4まで全力で移動します。
GM: はい
GM: ではこちらですかね
GM: 6のゴブリンの回避を
GM: トリムさん
トリム: 2d+2+2+0+1 回避→ 8[4,4]+2+2+0+1 → 13
トリム: ササッ
トリム: 「当たりませんよ!」
GM: よけた
グレイ: 描写的にはアウェイクンをかけてもらって、ムクリと起き上がると、
唸り声を上げつつ闇に消えるようにその場から移動します。

3ラウンド目 敵

GM: 5のゴブリン
GM: 1d2
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D2) → 2
GM: メモルさん回避を
トリム: リカントらしい
メモル: 2d+3+2++ 回避→ 9[6,3]+3+2 → 14
GM: よけられた
GM: ボルグさん
GM: 1d2
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D2) → 2
メモル: 「へっへーん、当たらないんだから!」
GM: メモルさん人気
GM: 回避を
メモル: 2d+3+2++ 回避 → 7[6,1]+3+2 → 12
GM: よけるな、すごい
GM: 9のグレムリン
メモル: バック転とかして躱していきます
GM: MPnai
GM: 6に移動
トリム: およ、きた
GM: トリムさん回避を
トリム: 2d+2+2+0+1 回避→ 7[4,3]+2+2+0+1 → 12
GM: よけられて
GM: そちら

4ラウンド目 味方

4ラウンド目 味方

GM: レックさん5にいく
GM: メモルゴブリン倒すで
レック: ですね
GM: お嬢様が動けますね
トリム: 「ひょいひょいっと……って来られたらお嬢様のところにいけないじゃないですか!」
レック: GM敵が一体いた場合は一人はそのまま離脱可能?
GM: 4に移動でグレイ回復
レック: ですね
GM: つぎリボンさがしもできるかも
グレイシア: 乱戦から逃げるってもしかしてできない…?(ルルブ見て)
GM: どうにかなるものだ
GM: 乱戦からはじれるのです
GM: 敵の人手が足りず
レック: いや、足止めできる人数は2リまでだから
GM: ゴブリンがおちったらですが
レック: 一人に付き
GM: 6からやりますか
グレイシア: ふむり。グレイさん回復するんで私の依頼のためにゴブリン殺しに来てくれませんか
レック: 先にメルモさんにゴブリンを叩いてもらって
GM: トリムさんどちらを狙います?
レック: 私が追い打ちで攻撃すれば落ちそうかな?
トリム: ゴブリンですかね
GM: 5へは通常移動ではいけないです
GM: はい
トリム: グレムリンは殺しきれないしMPもないから脅威度が低い
GM: 命中どうぞ
トリム: じゃあ、ゴブリンなぐります
トリム: タゲサ
トリム: 2d+4+2+0 ブロードソード 命中→ 10[5,5]+4+2+0 → 16
トリム: 17
トリム: k15[10]+2+2+0 ブロードソード ダメージ → 2D:[1,4]=5 → 3+4 → 7
GM: しんだ
トリム: よし!
GM: やはり連携しだすと強い
トリム: 「やっと倒したぁ・・・」
メモル: 次、メモルが5のゴブを殴りますね
グレイシア: 「トリム、よくやってくれたわ!」
GM: 先にメモルさんのゴブリン気のこうげきしますか
レック: ですね
GM: めいちゅどうぞ
レック: 私は攻撃できない
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 2[1,1]+3+2+0 → 7
トリム: 「ありがとうございます!その言葉だけでご飯三杯いけます!」
GM: よけた
メモル: ファンブル、追加攻撃でもう一度
GM: はい
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 5[2,3]+3+2+0 → 10
GM: あっ同値だ
GM: こういうことがおきるのか
メモル: おわり
GM: さぁどうしましょう
グレイ: これ、私が攻撃成功させないとお嬢様移動できない、のか。
GM: HP1のままゴブリン落とすのもあるのかな
GM: ドキドキするけど
GM: あたらないとみんな5にたまる
レック: もしくは、そこからキュアして
GM: なるほど
レック: 確率で祈る
グレイ: 私が倒せなかったらどうせ5でキュアすることになるのでは?
GM: 制限で4にいけるのです
GM: 横移動は制限
レック: あ、もしくは全員で5に入る
トリム: ああ、狙われる確率を下げる
レック: グレイシアさん、制限で4に移動して
レック: そなままグレイさんにキュアを投げる
グレイ: いま乱戦で、お嬢様は移動不可では?
GM: どちらにせよゴブリン落とさないと
グレイシア: ゴブを落とさないと制限も何もないのです
GM: グレイさんいきますか
GM: まさに血路
グレイシア: こっちからキュア・ウーンズかけて、回復した状態で着てもらった方がいいような
GM: ほんとうはそれが安全ですね
GM: それがいいかもですね
レック: グレイさんがゴブリン倒してグレイシアさんが離脱して4に移動
レック: そこからキュアを打つか
GM: 落とさなかったら5で回復は変わらなから
GM: 突っ込むのがいいのかな
グレイシア: グレイさんがよければそれがいいかもです>突っ込んでもらう
GM: 回復量次第では突っ込まないができるのだけど
GM: ここはグレイさんの判断にしますか
グレイ: 行きますよ。自分で蒔いた種だ。自分で刈らなきゃ。
トリム: おおかっこいい
GM: ゴブリンの回避は10!
グレイ: って訳で5に特攻!
GM: 命中どうぞ
グレイ: 2d+2+2+-1 ジャベリン 1H命中 → 9[5,4]+2+2-1 → 12
GM: きた
グレイシア: おおー!!
レック: いった!!
GM: ダメどうぞ
グレイ: k10[(10-1)]+3+2+0 ジャベリン ダメージ→ 2D:[1,4]=5 → 2+5 → 7
グレイ: やっぱ、今のままじゃ回んねぇか……。
GM: すこしのこった
GM: 狙われる確率下げるためにレックさん5は確定
グレイ: 背後からの奇襲だったが、ゴブリンの肩を抉った程度だった!
みたいな。
レック: 確率減らしに行こう……5に全力移動
GM: お嬢様
グレイシア: 4に制限移動します
GM: だめなのです
GM: ごぶりんがいきのこったので
グレイシア: あー! そっかそうか。グレイさんにキュア・ウーンズ
GM: どうぞ
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使→ 9[6,3]+2+3 → 14
グレイシア: K10+2+((8+10+0+0)/6)@13 キュア・ウーンズ→ 2D:[2,6]=8 → 4+5 → 9
グレイ: すまない。本当にすまない……。
GM: 9回復
GM: ではこちら

4ラウンド目 敵

トリム: 「みんな、すいません。盾役がこんなところにいて……」
GM: トリムさん回避どうぞ
トリム: 2d+2+2+0+1 回避
<BCDice:トリム>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+2+0+1) → 6[1,5]+2+2+0+1 → 11
きた方がいいなこれ(プリをやめる予定はない)
GM: はずれ
トリム: サッ
GM: 敵の狙い様に並べ替え
GM: ゴブリン
GM: 1d4
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D4) → 2
GM: レックさん回避
レック: 2d6+2+3 回避
<BCDice:レック>:DiceBot : (2D6+2+3) → 3[2,1]+2+3 → 8
GM: あたり
レック: でめぇ!!
ゴブリン:2d+2 体当たりダメージ
<BCDice:ゴブリン>:SwordWorld2.0 : (2D6+2) → 6[4,2]+2 → 8
レック: 「はかせー!!」
GM: 8ダメ
GM: はかせのせいすぎw
レック: 4点もらいます
GM: そしてぼるぐ
トリム: ww
GM: 1d4
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D4) → 3
GM: あっ
グレイ: またかー。
グレイシア: 生きて―!
ボルグ:2d+4 命中 → 3[1,2]+4 → 7
グレイ: 2d+3+2+0+1 回避→ 8[2,6]+3+2+0+1 → 14
GM: おわり
グレイ: さすがにそれなら避けれる。
GM: そちらです

5ラウンド目 味方

5ラウンド目 味方

GM: 落とすタイミング気を付けて
レック: 先に5ゴブリン落とそう
GM: リボン回収
グレイシア: お願いします。リボン回収したいので
GM: 命中どうぞ
GM: ゴブリンレックさん落とす
GM: グレイさん6のゴブリン落とす
GM: もいいかもですね
レック: 通常攻撃でゴブリン攻撃
GM: こい
レック: 2d+3+3+0 レイピア → 7[4,3]+3+3+0 → 13
GM: あたり
レック: k8[9]+3+3+0 レイピア ダメージ → 2D:[2,6]=8 → 4+6 → 10
GM: おちた
トリム: 「やった!」
グレイシア: 「よかった!」
トリム: 「さすがですよ!」
GM: これでお二人はフリー
レック: 「これで!!」
グレイシア: じゃあ行動いいですか?
メモル: 「おおー」
GM: 4に移動して探索?
グレイシア: はい、リボン探します
レック: グレイとグレイシアさんは離脱かな?
GM: どうぞ
グレイシア: 4に移動しました。リボンを探します。
GM: 探索どうぞ
グレイシア: 2D6+2+((8+10+0+0)/6) 冒険者Lv+知力B→ 8[3,5]+2+3 → 13
グレイシア: やったああああああ!
GM: みつけた
GM: その場を探すと赤いリボンが落ちているのに気づけます。
宿でつけているのを見かけたことがあるのでわかります。ミレイのリボンですね。
特に痛んでもいないようです。
届けてあげたら喜んでくれると思います。
GM: お見事!
トリム: 「やりましたね、お嬢様!」
GM: ではグレイさんかな
グレイシア: 「……見つけたわっ!」と嬉しそうにリボンを掲げて大事にしまいます
グレイ: じゃあ私は6に行ってグレムリンに攻撃ですかねぇ。
GM: かわいい。いいお姉さん
レック: グレイさんも離脱のほうが良いかも
グレイ: というわけで6に移動して攻撃を仕掛けます。
GM: はい
GM: 回避10
グレイ: 2d+2+2+-1 ジャベリン 1H命中→ 9[6,3]+2+2-1 → 12
GM: あたり
グレイ: k10[(10-2)]+3+2+0 ジャベリン 回避一回後ダメージ → 5,5,1+5 → 2回転 → 16
GM: おちた
グレイシア: 殺意!
GM: いままでのうっぷんがw
トリム: 「なんという槍の冴え!これが槍の達人!」
グレイ: そりゃぁもうw
GM: トリムさんフリー
トリム: じゃあ、5に移動しましょう
GM: 挑発お忘れなく
トリム: 挑発攻撃をボルグへ ターゲットサイト
GM: 回避はふるけど
トリム: 2d+4+2+0 ブロードソード 命中→ 2[1,1]+4+2+0 → 8
ボルグ:2d+4 回避→ 5[3,2]+4 → 9
トリム: ご、ごめんなさい
トリム: 「てぇえええ~」
GM: めだちたがりやとおもわれたw
GM: のこりお2人
トリム: おかしくありませんこと!?w
メモル: ボグルに近接攻撃
GM: こい!
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 5[2,3]+3+2+0 → 10
ボルグ:2d+4 回避→ 7[2,5]+4 → 11
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 6[4,2]+3+2+0 → 11
ボルグ:2d+4 回避→ 4[3,1]+4 → 8
メモル: k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ→ 2D:[2,6]=8 → 4+6 → 10
GM: けずられる
GM: そしてもうちゅうちょなくこうげきされるw
メモル: 「効いてるみたい」
GM: レックさん
レック: では、2回攻撃
グレイ: ここに演出でも書いておこうかな。
グレムリンに向けて走り込みながら、少し手前で頭に向けてジャベリンを投擲。
勢いをそのまま飛び膝蹴りにして柄の部分に叩き込み、グレムリンの頭を突貫した!
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 5[1,4]+3+3+0-2 → 9
ボルグ:2d+4 回避→ 7[1,6]+4 → 11
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 7[6,1]+3+3+0-2 → 11
ボルグ:2d+4 回避→ 9[6,3]+4 → 13
GM: 外れ
GM: こちらですね

5ラウンド目 敵

GM: 1d3 → 3
GM: メモルさん
GM: 回避を
ボルグ:2d+4 命中) → 5[4,1]+4 → 9
GM: 9です
メモル: 2d+3+2++ 回避 → 7[5,2]+3+2 → 12
GM: やるなー
メモル: ひらり
GM: そちら

6ラウンド目 味方

6ラウンド目 味方

GM: メモルさんかわいい顔を維持
グレイシア: ボルグ弓で狙っていいですか
トリム: 「くっ、闘いの次元が高すぎてついていけない・・・!」
レック: もしくはバニッシュ()
グレイシア: 本来は!シューターとして!できてるはずなんだ!(命中基準値6)
GM: みなさん命中に自信ないならメモルさんに投げてもらうのもて
トリム: バニッシュもいいなぁ。でもお嬢様が弓を撃ちたいなら撃つといいですよ
レック: 爾が思うままに
グレイ: トリムさんが挑発攻撃に成功したら攻撃に参加します。
失敗したら獣変貌でもしておこう。
レック: 汝が思うままに……
トリム: ふむ、じゃあ先に殴りますかね
トリム: 挑発攻撃します
トリム: ターゲットサイト
GM: 挑発の結果大事
トリム: 2d+4+2+0 ブロードソード 命中 → 3[2,1]+4+2+0 → 9
ボルグ:2d+4 回避 → 6[3,3]+4 → 10
トリム: 10!
GM: よけた
トリム: 残念、すまない・・・
グレイシア: 弓、狙わせてください―
グレイ: 強ぇなぁ……。
レック: GOGO
GM: となると突っ込むの危険
トリム: 主に僕のダイス目が原因な気がします……。すいませぬ~
GM: 弓どうぞ
グレイシア: 2d+((13+11+0+0)/6)+1+0 ノーマルクロスボウ 命中 → 9[3,6]+4+1+0 → 14
ボルグ:2d+4 回避 → 9[5,4]+4 → 13
GM: おしい。あたり
グレイシア: k20[10]+((5+1+0+1)/6)+1+1 ノーマルクロスボウ ダメージ→ 2D:[1,4]=5 → 3+3 → 6
グレイ: 大丈夫、初手死にかけの私より全然役に立ってますよ。
グレイシア:
GM: 次の方どうぞ
グレイシア: これよく見たらシューターレベル1のままのコマだ…
GM: 1ダメ追加ですかね
グレイシア: 命中とダメに1追加ですね
GM: 半減しそうだ
グレイシア: 申し訳ない
GM: いえいえ
メモル: ではメモルの攻撃いきますー
GM: こい!
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 7[6,1]+3+2+0 → 12
ボルグ:2d+4 回避 → 5[4,1]+4 → 9
メモル: k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 2D:[1,6]=7 → 3+6 → 9
メモル: 追加攻撃
メモル: 2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 5[2,3]+3+2+0 → 10
ボルグ:2d+4 回避→ 10[6,4]+4 → 14
GM: 2回目は避けた
メモル: おわり
GM: メモルさんはかくじつにけずってくる
レック: 2回攻撃で
レック: 「その剣はちゃんとした持ち主がいるんだ……返してもらうぞ」
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 12[6,6]+3+3+0-2 → 16
ボルグ:2d+4 回避 → 10[5,5]+4 → 14
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 7[1,6]+3+3+0-2 → 11
ボルグ:2d+4 回避 → 14
GM: 初手あたり
レック: k8[9]+3+3+0 レイピア ダメージ→ 2D:[2,1]=3 → 0+6 → 6
トリム: ボルグさんこわいよ……
GM: グレイさんは待機?
グレイ: 私は今近づきたくないので獣変貌しておきます。
どこからか狼の遠吠えが聞こえて来る
GM: きたー
トリム: おお、なるほど!
GM: この企画はつ
グレイ: 言うても隣の6にいるけどw

6ラウンド目 敵

GM: ではボルグ
GM: 1d3
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D3) → 1
トリム: 3m横にいる
GM: レックさん回避を
レック: 2d+2+3++ 回避 → 11[6,5]+2+3 → 16
ボルグ:2d+4 命中→ 5[4,1]+4 → 9
GM: 外れ
レック: 「当たらんよ!」
GM: かっこいいセリフでスイッチ入った
GM: そちらどうぞ

7ラウンド目 味方

6ラウンド目 味方

トリム: 挑発攻撃を見てみます?
GM: 大事ですね
レック: お願いします
メモル: はい
トリム: 挑発!タゲサ!
トリム: 2d+4+2+0 ブロードソード 命中→ 7[3,4]+4+2+0 → 13
ボルグ:2d+4 回避→ 9[6,3]+4 → 13
トリム: ⑭!
GM: あたり
トリム: k15[10]+2+2+0 ブロードソード ダメージ→ 2D:[1,6]=7 → 4+4 → 8
トリム: あ、6です
トリム: -2されるので
グレイ: タゲサ活躍!
GM: さっきからうるさいと顔で表現
トリム: 挑発できたのがいい
GM: これはこのラウンドで落とされそう
トリム: 「ふははー!僕の仲間は強いんだぞう!」
レック: 先に動いていい?
グレイ: どぞどぞ
メモル: どうぞー
グレイシア: どうぞー
トリム: すごい回るかもしれない
レック: では、2回攻撃で必殺攻撃を宣言
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き→ 12[6,6]+3+3+0-2 → 16
ボルグ:2d+4 回避→ 16
レック: 2d+3+3+0-2 レイピア 両手利き → 10
トリム: 次元がたかすぎる
グレイ: お、え、ひょ!?
ボルグ:2d+4 回避 → 10[4,6]+4 → 14
レック: k8[9]$+1+3+3+0 レイピア 必殺攻撃Ⅰ → 2D:[4,5 3,2]=10,5 → 5,2+6 → 1回転 → 13
GM: おー
レック: 変転
トリム: おお
GM: 3のこり
GM: つぎで落ちる
レック: 9でクリティカル
トリム: 変転したならまだ上がる
GM: あっ
GM: 変転したら落ちますね
GM: します?
レック: もちろん!
GM: 落ちました
レック: k8[9]$+1 レイピア 必殺攻撃Ⅰ→ 1回転 → 6
GM: レイピアに貫かれます
レック: 「地獄でわびでも入れておけ……」
GM: 3かいてん新記録
トリム: 「くぅ~かっこいい~」
GM: セリフ大事だw
メモル: 「やったー勝ったよ!」
GM: ボルグが俺のコレクションが俺を裏切るか
GM: という顔で死にました
グレイシア: 「なんとか、依頼は達成できたわね…」
GM: 武器回収していいです
レック: 「やっと終わったな……」ボルグから剣を取り上げる
GM: 蛮族が倒され詰所から工事関係者も出てきますね
トリム: 投げたダガーを拾ってきます
トリム: (大事
グレイシア: 私も矢を回収しないと

平穏は戻った

テツ: 「たすかったよ。激戦だったな」
テツ: 「今日はここで休んでいってくれ。おかげで別版と交代できる明日一緒に帰ろう」
トリム: 「ふふん、観戦料は特別に無料ですよ! だれもけが人はいませんよね?」
グレイ: 因みにグレイ君は役に立てなかった狼なので隅っこでお座りしてシュンとしております。
(´・ω・`)
グレイシア: 「怪我してるなら、神聖魔法で癒せるわよ」
GM: グレイ君に
レック: 「あ、それなら薬草があるから治療してやる」
メモル: 「これで列車が開通するかな?列車乗りたい!」
トリム: 「って、グレイさん、かっこよかったですよ!槍の一撃でグレムリンを倒してくれないとボクあそこにいけませんでしたし!」
GM: これで交代もでき物資のやりとりもさいきできそうです
GM: それぞれの依頼人のもとに帰還でいいですかね
グレイ: 「くぅ~ん」
トリムの慰めに元気無さそうに答えてますね。
トリム: OKです!
GM: 最後をグレイ君にしよう
メモル: はーい
レック: OKです

宿への帰還

GM: では無事宿に帰還
グレイ: らじゃ。
トリム: かわいいなグレイさんw
グレイシア: かわいい
GM: それぞれに依頼人もいるようです

ミレイの落とし物エンディング

GM: 「おねえちゃん!」かけよってきます!
GM: お嬢様にまっしぐら
グレイシア: 「はい、ちゃんとリボンを見つけてきたわよ」と手渡そうとしたけどこれぐふってなる感じかも(貧弱エルフ
GM: たしかにもぞ落ちにだいぶw
ミレイ: 「あっ私のリボン!お姉ちゃんありがとう!」
グレイシア: 「はい、どういたしまして。後ろ向いて頂戴、せっかくだから結んであげる」
GM: おすまししてつけてもらいます
ミレイ: 「にあうかな?」
トリム: おーかわいい
グレイシア: では器用度を発揮してきれいに結んであげます
ミレイ: 「すごい、しゅっとしてる!おねえちゃんすごい!」
ミレイ: 「本当にありがとう!ミレイお姉ちゃんのこと、パパとママくらい好き!」
GM: そういうと手をつないで店内に案内しますね
グレイシア: 「まあまあ、それはとっても嬉しいわ」それはもうお手手つなぎますとも
GM: ほんとうの姉妹のような成長したお嬢様を見守るトリムさんにこえがかります
トリム: 「このようすをカメラにおさめたいなぁ~」

博士の発明 エンディング

博士: 「テストの結果どうでした?」博士ですね
トリム: 「ああっ、博士!」
トリム: 「よくも! あんなものを!」かくかくしかじかダガーも当たらない
博士: 「うーん分量をまちがったかな?」
トリム: 「まったくぅ、信用してますから今度はちゃんとしてくださいね!」
博士: 「ダガーも当らない効果もあったですか」
博士: 「本当に貴重なデータがとれました。また何か作ったら依頼させてください」
トリム: 「はい、あれはきっとあのアイテムのせい!」
博士: 「本当に良い人と知り合えました。僕のおごりです!何本でも人参食べてください」
こちらも店に案内しますね
トリム: 「よろこんで! こんどはちゃんとしたのをお願いしますよ!」
GM::おごってもらえるの人参だけですが
トリム: 「ええ、ニンジンですか……? バターと砂糖でいためましょうか」
トリム: そんなこんなでOKですかね
GM::調理されたw
GM::はい。ありがとうございます

薬を届けて エンディング

GM: メモルさん
GM: 工事現場の人も一緒に帰還してます
メモル: 「ただいまー!」
ヨシエ:「おかえりなさい」
ヨシエ:「本当にありがとうね。薬届けるだけでなく、あの人も無事に帰ってこれたよ。」
GM: 店内で仲間とお酒を楽しんでいる旦那さんをみつつ「まぁ大変な仕事だし無事な姿をみれたのはいいことだよね」
メモル: 「えへへ、褒められちゃった」
ヨシエ:「仕事にまた行くまで、美味しいもの作って食べてもらって、また頑張ってもらえるようにしないとね」
ヨシエ:「ぜひお嬢ちゃんも食べてちょうだい」
メモル: 「えっいいの!わーい!」
メモル: 「それじゃあいただきまーす」
GM: いっぱいごちそうしてくれますね

頬に傷のある蛮族 エンディング

GM: ではレックさん
レック: はい
GM: 帰還したレックさんの手に剣があるのをみて、足の痛み忘れて近づいてきます
GM: 「その剣は…ありがとうございます」
レック: 「ほい、依頼されていた剣だ。ちゃんと、供養しろよ」剣についたちとかは拭き取ってる
GM: 「彼女の亡骸はこの宿に隣接する墓地にあります。この剣もそこに安置しておこうと思います」
レック: (グレイくんとかグレイくんのとか……)
GM: もともと神殿としてもつかわれていたので
GM: 「また新しい一歩が踏み出せそうです。幸いここはイーヴの神殿でもあるので、今後は神官として皆さんをサポートしていければと思います」
レック: 「あぁ、そうしてやってくれ」
GM: ありがとうございます

質屋のピラー エンデシング

GM: 最後グレイ
グレイ: あいあい。
GM: ヨウコはすでにカウンターで飲んでますね
GM: 「あーお帰り」
グレイ: 「…………おう」カウンターに背をかけるだけで座らない。
GM: 「話は聞いたよ。たいへんだったようだね」
GM: そういうとグレイごしにみんなをみます
GM: 「依頼お疲れ様。これで無事にうちの商品も届けられそう」
GM: 「必要なものがそこにある。これは大事なことだからね」
グレイ: 「……俺は、何にもしてねぇよ。いや、できなかったが正しいか」
GM: 「なにいってるんだい。こんな楽しい夜をつくれたじゃないか」
GM: たしかにまわりはみんなたのしそうです
GM: 「こういうのを大事にみておくもんだ。こういうのがちからになるんだよ」
グレイ: 「俺にはわかんねぇよ。……まだな」
GM: 夜だからかいつもよりヨウコの赤毛が目立ちますね
GM: 「あんたのこの槍も必要なものなら返してあげないとね」
GM: 成長で習熟とります?
グレイ: うーん、ビルド的に取るんだけど、PC的にピラー返してもらいたくないんだよなぁ……。
グレイ: それでもいいですかね?
GM: ではまだ受け取らないロールしてください
グレイ: らじゃ。
GM: 「どうしたんだい?うけとらないのかい?」
グレイ: 「……なぁ、頼みがある。
今はまだわからねぇけど、次で何か掴んで見せる。
それまで、そいつを預かっててもらえねぇか?
今の俺にはそいつを使えねぇ。壊れたりしたらシャレにならねぇからな」
GM: 「そう、この武器にふさわしい男になるってことかい。かっこいいじゃないか」
GM: 「ならまた依頼たのまないとね」
グレイ: 「頼む」
GM: そういう顔は何かうれしそうです
GM: という感じでおわりです
GM: ありがとうございました
グレイ: ありがとうございました~!
グレイシア: ありがとうございましたー!
GM: 色々ためせてありがたかったです
レック: 有難うございました
トリム: ありがとうございました!!!
メモル: ありがとうございました
グレイ: なんというかまじで皆さんありがとうございました!
死ぬところでした! って言うか一回死にました!
トリム: 討伐いいですね。わりと物語性もありますし
GM: 痛恨こわい
GM: データ的にはボガードより弱そうにみえたのに
レック: 痛恨入れば怖いですからね

成長など

GM: ではみなさん成長を
メモル: gr [2,6]->(敏捷度 or 精神力)
メモル: 敏捷で
グレイ: Gr [6,3]->(精神力 or 筋力)
GM: かけらは5つ、戦利品がゴブ3、グレムリン2
トリム: gr0 : [1,1]->(器用度)
グレイシア: Gr [6,1]->(精神力 or 器用度)
グレイシア: 器用度上げます
トリム: うーん、いつも選択肢がない!
トリム: 器用あげます
グレイ: 精神力かなぁ。抵抗用に上げとかないとまた三途の川を拝むことになる……。
先は長そうですが。
レック: Gr
<BCDice:レック>:SwordWorld2.0 : [6,1]->(精神力 or 器用度)
レック: 器用でお願いします

GM: かけらの1Dを
レック: 分かりました
トリム: 1d6 欠片
<BCDice:トリム>:SwordWorld2.0 : (1D6) → 3

GM: どれにするか発言を
グレイ: 1d6 欠片
<BCDice:グレイ>:SwordWorld2.0 : (1D6) → 6
グレイ: ラッキー。
GM: その後かけらで
メモル: 1d6 かけら (1D6) → 4
レック: 1d6 かけら (1D6) → 1
グレイシア: 1d6 (1D6) → 1

GM: ゴブリンの戦利品を
メモル: 2d6 ゴブリン戦利品→ 7[6,1] → 7
グレイ: 2d6 ゴブリン戦利品
<BCDice:グレイ>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 6[4,2] → 6
トリム: 2d6 (2D6) → 9[6,3] → 9
GM: レックさんとお嬢様はグレムリンの戦利品おねがいします
レック: 2d6 グレムリン → 11[6,5] → 11
グレイシア: 2d6 グレムリン → 7[4,3] → 7

GM: ありがとうございます
GM: ではコマのDLおねがいします

経験点と報酬

  • 経験点1140、
  • 900ガメル
  • 名誉点15