ソードワールド2.5オンラインセッションリプレイ 「導かれし7人」こちらのオンセサークルの紹介用のリプレイです!

ソードワールド2.5オンラインセッションリプレイ 「導かれし7人」こちらのオンセサークルの紹介用のリプレイです!

2018年8月2日 0 投稿者: たぐっちゃん

ソードワールド2.5オンラインセッションリプレイ 「導かれし7人」こちらのオンセサークルの紹介用のリプレイです!水の都・ハーヴェスに集った新米冒険者たち。導きの女神の神官の依頼を受け初めての依頼に挑む!

「導きの星ベッカム」紹介リプレイです!

冒険者 水の都・ハーヴェスに集う

冒険者 水の都・ハーヴェスに集う

GM:皆さんよろしくお願いいたします
グレイシア:よろしくお願いします
レック:お願いします
GM:はじめます
メモル:よろしくおねがいします!
GM:導入をあらためて貼りますね
ルアン:よろしくおねがいします
GM:テラスティア大陸から遠く離れた新たな大陸・アルフレイム。
GM:魔界へとつながる大穴“奈落(アビス)”の開いたこの地は、魔神らの前線基地たる“奈落の魔域”にあふれていた。
GM:“風と雨の女神”フルシルに守護された水の都・ハーヴェスは、ブルライト地方南西の海岸沿いに位置しする“導きの港”ハーヴェス王国の首都であり、近年、念願だった外洋航海可能な魔船艇を用いた、他大陸への航路も確立させ、大きな賑わいを生み出していた。
GM:大陸の各地方への鉄道の敷設なども始まり、それらに関わる作業員の護衛や、レールの監視など、冒険者の需要は増していた。
GM:という感じみなさん街に来たばかり
GM:右も左もわからず大きな広場に来た感じですね
GM:人であふれています
GM:知り合いになった方は誰と誰でしたかね?
トリム:「やぁ! これはこれは都会って感じですね、お嬢様!」
グレイシア:「そうね。それに街並みもユーシズとはずいぶん違って見えるわ」
トリム:グレイシアお嬢様とボクは知り合いですね
チアナ:これで大丈夫かな。遅れましたが、よろしくお願いします…!!
グレイシア:(クールに振る舞おうとしながらもきょろきょろしてます)
メモル:「すごーい!おっきい町だなあ!」
GM:みなさんいいかけあい
ルアン:「これだけ人がいればお師匠さんもいるかも・・・」
GM:人ごみの中で人探しをしているような人影も見えますね
GM:大勢の冒険者が訪れる中、道行く冒険者に声をかける豊かな白ひげをたずさえたドワーフの姿が見えます。
GM:首元では“導きの星神”ハルーラの聖印が揺れていた。許しと癒し、加護と導きを司る女神と知られ、“奈落の盾神”イーヴの妹ともされる女神だ。
GM:ドワーフは、キミたち冒険者に気づくと声をかけてきた。
ニコラウス(NPC):「すみません。冒険者さんですよね?」
レック:「またでかい街だな……」
GM:人はよさそうな感じです
グレイシア:「ええ、そうだけれど」
トリム:「?」お嬢様の方を見ます
ルアン:「えっ私??」(きょろきょろしつつ)
ニコラウス(NPC):「よかった。依頼を受けてくれる方探していて」
ニコラウス(NPC):「冒険者の宿を始めようと思うのですが、その施設に予想していなかった事態が起きて…」
ニコラウス(NPC):「念願の冒険者の宿の開店なんです。退治してもらえませんか?」
グレイシア:「……そういえば、まだ宿は決めてなかったわよね、トリム」
メモル:「おじさん困ってるんだね、いいよ!」
トリム:「そうですね。まだ来たばかりですし。恩を売っておくのが得策かと!!」
GM:より詳しい話をきいてくれるなら
GM:ちょうどお昼時なのでご飯食べながらお話きいてくださいといってきますね
レック:「話を聞いてみるのも良いかもしれないな」
トリム:「ところで、他の方々も来ましたね」
GM:トリムは正直だw
グレイシア:「…お腹もすいたし」
メモル:「ししょーが困ってる人は助けなさいって言ってたから!」
ルアン:「有名になればお師匠さんも見つけやすくなるはず・・・」
ニコラウス(NPC):「6人とも頼りになりそうです」
ニコラウス(NPC):「ではあそこのお店にしましょうか」
GM:広場そばのお店に誘いますね
トリム:「ふむ、なるほど、同じ依頼を受けるからには仲間ってことですね
GM:みなさんきてくれます?
グレイシア:行きます
ルアン:いきまーす
メモル:ついていく
トリム:よろしく!と皆さんに挨拶しつつついていきますよ
レック:その後ろをついていきます
チアナ:口調を確認してたら出遅れてしまった…; ついていきます;

コラム:ユドナリウムでオンラインセッションを楽しんでいます

オンラインセッションには様々な遊び方がありますが、こちらのサークルでは、ユドナリウムというツールを用いて、テキストチャットでのオンラインセッションを楽しんでいます。

ユドナリウムならではの機能を活用し遊んでおります。

ユドナリウムについてはこちらをご覧ください。

実際のツール画面も動画にしてみたのでご覧ください。

キャラクターのコマでのキャラクターシート管理、そのデータを引数として使用したチャットパレットの作成など、ユドナリウムの機能や遊び方を活かしてオンラインセッションを楽しんでいます。

ニコラウスの依頼

ニコラウスの依頼

ニコラウス(NPC):「昼食代は私が出します。席についてください」
グレイシア:(ほっとする所持金すっからかんのエルフ)
GM:一般的なお店です。水の都ということで、他の街ではお金をとられることもある水も無料で飲み放題です。
GM:貧乏お嬢様w
ルアン:「ありがたやー!!」(ニコラウスさんを拝みつつ)
レック:お嬢様とは一体w
GM:ドワーフは人数分注文してくれます。
トリム:「おお、これはかたじけない! ゴチになります!」
グレイシア:「水にお金を払わなくていいなんて、この国はすごいわよねえ」
GM:料理が届くのですが、魚料理などを中心に多様な料理が学びます。
メモル:「わーい、ありがとうおじさん!」
GM:並びます
GM:ドワーフは「これは美味しい」「隠し味は香辛料かな?」など依頼内容も離さず食事に集中しています。
トリム:「さすがは港町ですね~」
GM:なかなか依頼内容を話さないw
ルアン:(もぐもぐもぐもぐ)
レック:「さすがは港町だな。魚料理が美味しい!」
トリム:「あの・・・ところで依頼の方は・・・」
チアナ:「あ、ありがとうございます…!」初対面かつ年上だし、ちょっと緊張気味
ニコラウス(NPC):「すみません。初めてのお店にはいるとどうしても料理の味など気になって」

ニコラウスの依頼

ニコラウス
ニコラウス(NPC):「急にお誘いしてすみません。私はハルーラの神官戦士で、ニコラウスといいます」
GM:ハルーラは導きの星神と呼ばれる神様で、許しと癒し、加護と導きを司る神様です。

PC自己紹介

GM:皆さんも自己紹介お願いします
GM:コンビの方からがいいかも
GM:お嬢様からいいですか?

グレイシア

グレイシア・カルヴァニス

グレイシア:はーい
グレイシア:「私はグレイシア。ユーシズから来た、ミルタバル様にお仕えする神官戦士…みたいなものよ。私の武器は弩だから、戦士というより射手かしら?」
GM:良い口調
グレイシア:こんな感じで
GM:終わったらみなさん以上おねがいします
グレイシア:失礼。「自己紹介ってこういうことかしら。ええと、以上よ」
GM:素敵

トリム

トリム

GM:トリムさんいけます?
トリム:「ナイスです、お嬢様!」
GM:いいるんふぉw
トリム:「では次ですね。ボクの名前はトリムです。よろしくお願いしますね。
ルーンフォークの・・・・・・一応、剣士です!
死んでいたところをこちらのグレイシアお嬢様に助けられ、それ以来恩返しのためにお嬢様に同行しています。
ちなみに直近一年間の記憶が蘇生の際に無くなっていますが、思い出せる限り昔の目的は自分の村の壊れたジェネレーターを修理することでした(兄弟姉妹もその任務を行っているハズです)。
そのために冒険に出てなんやかやあって死んでいた……っぽいんですよ!
ちなみに冒険者としては駆け出しというか冒険者セットすらもっていないペーペーです。
でも絶妙にイラつく攻撃ができるので盾になれますよ!
頼ってくださいね!
えっへん!」
GM:かわいいなw
トリム:以上です!
GM:設定は重いのにw
GM:このあとは50音順にしますか

チアナ

チアナ

GM:チアナさんいけます?
チアナ:はーい! では、やりますね……!
GM:おねがいします
チアナ:「次は私かな? 私はチアナだよ!出身はユーシズの近くにある小さな村で、今は賃金稼ぎと人探し、あと色々と知りたい事があって、冒険者をしてるかな?まだ始めたばかりだけど、よろしくおねがいします!…あ、それと魔法が大好きかな!真語魔法ならある程度は使えます!」自己紹介と魔法大好きな事を話しつつ、ぺこって頭を下げます。
GM:チアナ可愛い
GM:おわったら以上おねがいします
チアナ:こんな感じかな 以上で…!

メモル

メモル

GM:メモルさんかな
メモル:はーい
メモル:「あたしメモルって言うの、よろしくね!」
メモル:「ししょーのいいつけでむしゃしゅぎょーの旅をしてるんだ」
メモル:「けんぽーでどんな奴でもやっつけちゃうんだから!」
GM:かわいい
メモル:以上かな
GM:はい

ルアン

GM:ではルアンさん
ルアン:「あたしはルアン、ルアン・ヴィ=ビィ。見ての通りエルフのマギテック。レンジャーの心得も多少はあるよ。マギテックのお師匠探してるんだ。ルーンフォークで超石頭なんだけど、心当たりがいたら教えてね!」
ルアン:以上です
GM:師匠多めでこのパーティかわいいw

レック

レック

GM:レックさん
レック:はーい
レック:「俺はの名前はレックだ。諸事情でルーフェリアから友人を探して旅している……職業は軽戦士だ。よろしく頼むよ」
レック:簡潔だけど
GM:ルーフェリアとかでるとぽいですね
GM:以上?
レック:以上です

依頼内容

ニコラウス(NPC):「皆さん頼りになりそうです」
GM:説明を始めます
ニコラウス(NPC):「今回私からの依頼を聞いている冒険者さんたちを探していて、依頼内容を説明させていただきますね」
ニコラウス(NPC):「私はハルーラの神官戦士をしているのですが、以前から冒険者の宿を営んでみたいという夢がありました」
ニコラウス(NPC):「今回、現在は使われていない神殿の情報をもらって。改修やその施設の神官も兼ねてもらえれば施設を利用して冒険者の宿を営んでもいいという許可をいただきました。」
ニコラウス(NPC):「喜び勇んでその施設にいってみたのですが、問題がありまして…皆さん奈落の領域はご存じですかね?」
GM:せっかくなのでみなさん冒険者+知力でふりますか
トリム:「?」お嬢様の方を見る
GM:他所から来た人もいるし
レック:2D6+2+2 冒険者Lv+知力B → 13
メモル:2D6+2+2 冒険者Lv+知力B → 10
トリム:2D6+2+1 冒険者Lv+知力B → 5
グレイシア・カルヴァニス:2D6+2+((8+10+0+0)/6) 冒険者Lv+知力B → 8
トリム:いい出目だ…w
レック:美味しいことをw
GM:生まれたばかりw
GM:練習ふりかねているので他の方もどうぞ
チアナ:2D6+2+4 冒険者Lv+知力B → 11
GM:有名なので6以上のかたわかります
GM:説明しますね

GM:アルフレイム大陸の大きな特徴として、北部にぽっかりと空いた異界への穴、“奈落”と、“奈落の壁”が挙げられます。
GM:大規模な魔神召喚儀式の失敗によって生まれたとされる異界への穴からは、絶えず強力な魔神が現れ、この大陸を恐怖と混乱のどん底へと陥れたとされますが、現在は長さは数千kmに及ぶ“奈落の壁”によって封印されています。
GM:この奈落は大陸の至る所に“小さな奈落”を発生させ、“奈落の魔域”と呼ばれています。
GM:その奈落の魔域が、神殿内に発生していたのです。
ニコラウス(NPC):「ほんとうにこまってしまいました」
GM:質問ありますか?
グレイシア:「それ、大きさとしてはどれくらいなの? 神殿丸ごと?」
メモル:「知ってるよ。魔神が出るんだよね?」
ニコラウス(NPC):「私が下見に行ったときは中庭にできていました」
レック:「なるほど、それは大変だな」
ニコラウス(NPC):「神殿内に生まれた奈落の魔域ということで、早く壊滅させねばということになったのですが、私が施設に訪れた際に声が聞えまして」
ニコラウス(NPC):「冒険と試練に挑むものを導くものよ。この奈落に挑むものを集めて再び訪れるがよい。これがあなたのはじめての導きになるだろう」
ニコラウス(NPC):「という女性の声がしました。 ハルーラ神の信託だという話になりまして、この声に従い冒険者を探しにきたところ、まず最初にあったのがあなた達だったのです。」
トリム:「へえ、親切な声ですね」
GM:奈落の魔域の拡大も不思議な力で止まっているようです。
GM:親切で済まされたw
グレイシア:「神託が聞こえるとは。良い神官なのね」
トリム:神とかよくわかりません!
ルアン:「本当に神様のお告げなのかも」
GM:いいロールw

施設について

GM:もともとどういう施設だったかも説明してくれます
メモル:「うーん神さまのことはよく分かんないや」
チアナ:「奈落の魔域って、北の奈落の壁の影響で各地に発生するという、あれかな。」本で見た事はあるけど現物を見た事はないから、大体あれかな~って感じで
GM:奈落の盾神イーヴと導きの星神ハルーラの神殿だったと説明します。
GM:奈落の盾神イーヴは、ハルーラの兄妹神とも言われる存在で、奈落に挑む北部の地方や騎士たちに信仰されることが多い神様です。
GM:施設は魔動機文明時代に大破局のころまでは使われていた施設のようです。
GM:蛮族や奈落から現れる魔神と戦うための砦としても使われていたようで、改修すれば多くの冒険者やいざとなれば周辺の街の人の避難場所としても使ってもらえる施設になると予想しています。
ニコラウス(NPC):「ぜひ冒険者の宿としてやくだてたいのですが」
ルアン:「へぇ、そんなところならば確かに使わない手はないもんね」
チアナ:「神さまの事は、わたしもよくわかんないかな… 魔法はちょっと興味はあるんだけど。うん。」タビット故に神様の事は分からない

報酬について

トリム:「なるほど、それは重畳! その対価として幾らほどをボクらに払って頂けるのでしょう?」
ニコラウス(NPC):「あっ報酬も案内しないとですね」
GM:ハルーラ神殿としてもそのままにできないので、報奨金が出ています。
GM:ひとり1000ガメル用意できます。
GM:もし討伐の最中に戦利品や財宝を見つけたら、それも依頼の追加報酬としてかまわないです。
ニコラウス(NPC):「どうでしょうか?」
GM:イーヴとハルーラの神殿は、ハーヴェスの町のはずれにあるそうです。
GM:30分ほどなので、いまから出発しても明るいうちにつくことはできます。
トリム:「1000!! ぼ、冒険者ってボロい商売なんですなぁ。いいんじゃないですか、お嬢様? これでしばらく食費に困りませんよ!」
GM:まわりに建物もないのですが、近々そばに鉄道路線がひかれる計画があるそうで、そのための護衛役となる冒険者の拠点ともなればと考えているとニコラウスは話してくれます。
レック:「条件としてはいいのではないかな?」
ルアン:「乗ったあああああああ!!やるやるぜったいやる!!ごはんのためにも!お師匠探すにもお金は必要だもん」
GM:皆さんが初期キャラでかつかつでよかったw
メモル:「分かった。頑張るよ!」
グレイシア:「確かに、矢を買ったら宿代なくなっちゃったものね。受ける以外の選択肢がないし」
グレイシア:「あと指輪と矢筒と矢筒」
GM:時間でいうと2時過ぎにはつけそうです
GM:お嬢様燃費が悪そうだw
チアナ:「チアナもここまで来るのと食費とか、準備とかでお金なくなっちゃったから… 引き受けたいかな。」それにもしかしたら、なにか見つけられるかもしれないし、と。
GM:では皆さんひきうけていただけるでしょうか?
グレイシア:引き受けます
ルアン:もちろんでーす
トリム:OKです!
GM:チアナは我は神とかいわないきれいなタビットw
GM:では向かいましょう
レック:OKです
メモル:行こう行こう

コラム:テキストオンラインセッションを快適に遊ぶためにテーブル管理は便利です

テキストでのオンラインセッションは文字チャットで進行するので時間がかかります。

出来るだけプレイヤーを待たせないようにGMとして遊びたいという方多いと思いますが、そういう際にユドナリウムのテーブル機能は便利です。

ユドナリウムは豊富な保存データが魅力のひとつですが、地形などのテーブル単位で保存ができます。

それらはプレイ画面に読み込んでおくことで、クリック一つで切り替えることが可能です。

神殿へ

神殿へ

GM:神殿というよりは砦という感じです。
GM:朽ちたところもありますが、改修すれば十分に使用に耐えられる施設です。
GM:城壁に囲まれ、神殿と宿泊施設をかねていた建物があります。
GM:ひろい中庭があるのですが、そこに地面もえぐる形で黒い球体がドーム状に広がっています。
GM:そこが魔域のようです
GM:もう少しちかづかないとわからない
トリム:「へえー、これが奈落なんですね」
メモル:「クンクン、なんかいやな感じがする」
トリム:歩いていきます
レック:「あれが奈落か……初めて見るな」
トリム:近づく近づく
GM:ではニコラウスもいきます
GM:言い忘れましたが冒険中フェローとしてあつかいます
チアナ:「現物は初めてだけど、やっぱり真っ黒なんだ。」興味津々な様子でみている。じぃー。
レック:後ろからついていくかな
ルアン:「絵具で真っ黒に塗ったみたいー」とことこ近づきます
GM:ニコラウスと冒険者が庭に立ちいると、みなさんの心の中に声が響きます。
グレイシア:「私も、生で見るのは初めてかも。ミルタバル様、信者をお守りくださいませ」
GM:女性の声です。
GM:「導きしものよ。試練に挑むものたちを連れてきましたか?」
GM:そう問いかけてきます。
GM:その声を聞くとニコラウスは最終確認をするようにみなさんを見渡します。
GM:みなさんの意思を最終確認しているようです
トリム:これ、ルーンフォークも聞こえる?
GM:きこえます
ルアン:「やるよ」(うなづく
チアナ:タビットにも聞こえる感じでよさそうかな?
グレイシア:「ええ、やるわ」
トリム:「おお、聞こえましたよ! 謎の声!」
メモル:「もちろんだよー」
GM:みなさんきこえるかんじで奇跡多め
レック:「本当に聞こえるな」半信半疑だった
GM:ではいきますか
ニコラウス(NPC):「はい。私たちが試練にいどみます」
トリム:「試練に勝って1000ガメルを得てみせましょう!」ドヤ顔
GM:皆さんの意思を確認すると
GM:ニコラウスの声に答えるように、周囲の風景が変わります。
チアナ:「な、なにか聞こえた!? もちろん、わたしもいくよ…!」
ルアン:「ふえっ!?」(きょろきょろ

星神からの問い

星神からの問い

GM:夜になり、空にはオーロラが浮かんでいます。ハローラの化身とも呼ばれる北の極星もみえます。
GM:宙には窓の扉のような枠が3つと、いくつか公共公益語で文字が浮かんでいます。
GM:みなさんの心にまた声が響きます
トリム:ひらがなが浮いてる
GM:「冒険と奈落に挑むものよ。連なる星を見上げ、力ある言葉を見いだせ。
GM:最後にあなた達と共にあるもの。それは○○○」
GM:リドルです。がんばって
GM:リドル?ギミック?

ルアン:きぼう?
GM:おっとどうときました?
ルアン:枠の中に文字が収まるように読むと、希望ですね
GM:かしこい
GM:みなさん星が重なるように視点かえてください
トリム:なるほど!
レック:なるw
グレイシア:し、視点を変える…
トリム:右クリックをしながら動かすですよ
チアナ:あ、本当だ… びっくり
グレイシア:わっごめんなさい変なところを変えてしまった
GM:ユドナリウムならではのギミックかんがえてみました
メモル:「うーんと『うえあ』?」
グレイシア:いやああああ枠が飛んでったごめんなさいいいいいい!
GM:ではみなさん「きぼう」でいいですか
グレイシア:はい!
レック:OK

答えは希望

ルアン:視点が変えられるのはならではですよねー
GM:これを答えたら通常の中庭に戻り、奈落の魔域はの扉が開いていきます。
GM:「あなたたちの進む道を導けるように、希望とともに進んでいけることをいけることを祈ります」
GM:という声が最後に聞こえます。
GM:突入しますか?
ルアン:「(あっさり解いちゃってよかったのかなこれ・・・)」
メモル:しよう
グレイシア:します
トリム:します!
レック:行きます
チアナ:します~!
ルアン:いきます

コラム:ユドナリウムならではの視点を利用したリドル

ユドナリウムのプレイ画面は3D表示です。

地形機能などで立体ダンジョン等も作れますが、今回は3D視点を活かしたリドルを考えてみました。

導きの星神ハルーラの設定に極星を司るというのがあったので、星を画面上で揃えると答えが出るというリドルです。

視線を合わせるのが大変で、ユドナリウムと画像加工ソフトを往ったり来たりしながら調整しました。

そのぶんプレイヤーさんに面白かったと言ってもらえてよかったです。

奈落の魔域 1階

奈落の魔域 1階

GM:奈落の魔域に突入することができるようになります。
GM:踏み入れると平衡感覚がなくなり、視界が歪みますが、しばらくすると大地を踏み入れる感触があり、どこか施設の中にあると感じます。
GM:魔動機文明時代の遺跡に似ています。
GM:さらに奥に進めるようです。
GM:奥には階段もありますね
GM:うえにいけそうです
レック:GMちなみにここ室内であってますか?
トリム:「すごいですね。全然違う場所になっちゃいました」
メモル:「ふしぎだね」
GM:魔域の中で室内です
グレイシア:「本当に、不思議だわ…」
GM:探索はスカウトで
ルアン:「どういう理屈で・・・いや、考えても無駄か」
レック:ですよね……w
GM:このエリアの探索もできます
トリム:「階段がありますよ!」登っていこう
チアナ:「本には書いてあったけど、本当に全く違う景色になったりするんだ…。」わぁ… と、驚いた様子で周囲をキョロキョロと
トリム:あ、探索できます?
トリム:できるならしたほうがいいのかな
レック:私出来ないです
レック:平目になります
GM:スカウトさん探索を
トリム:奇遇ですね。僕もできないんですよ!
メモル:では振りますね
メモル:2D6+1+2 スカウト+知力B → 14
GM:すげー
GM:何でも見つけそう
ルアン:出目がすごい

四角い魔動機機械

GM:階段の「そばに四角い箱のようなものがあります。1面はガラスがはまっている魔動機です。
グレイシア・カルヴァニス:2D6+1+((8+10+0+0)/6)  → 9
グレイシア:差が圧倒的だった
GM:セージかマギテックの知力で判定を
トリム:「おお、流石ですね! お嬢様、お気を確かに!まだこれからですって!」
ルアン:ど、どうふれば・・・
トリム:2d6+1+1 マギテック知力  → 5
メモル:「えーっと何か見つけたけどなんだろう?」
グレイシア:「ミルタバル様にお祈りするわ…」自分にリトライかけることできますか?
GM:トリムさんの生まれたばかりが続くw
チアナ:2D6+1+4 セージ+知力B/ → 14
GM:14なら操作方法わかります
ルアン:2d6+2+2 これでいいのかマギテック技能
<BCDice:ルアン>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+2) → 7[1,6]+2+2 → 11
GM:ガラス面に何かうつりそうです
GM:ルアンさんマギなので10でわかります
トリム:「?」
GM:みます?
ルアン:みます
GM:蛮族の群れと、人族と魔動機が戦っている様子です。
GM:次第に人族が追い詰められ、奥の部屋に人族の老人とルーンフォークの少女が入っていったところで映像が消えます。
GM:ここかどこかで起きた出来事かもですね
ルアン:「記録映像・・・?いったいいつの」
GM:このフロアはこのくらいです
GM:階段でうえにいけそうです
ルアン:とりあえず見えたものを全員にシェアしておきます
チアナ:「え~っと、これは… ガラス面に映る機械、みたいな?」とりあえずお手伝いしてた的な感じで
グレイシア:「さすがは古代遺跡」
トリム:「うーん、もうちょっと娯楽性高い方がウケると思うんですよね~」
GM:一度映すとくずれてきえてしまいますね
ルアン:「あーーーーー!!!もったいなーーーい!!!」
トリム:「ああ、もったいない・・・」
GM:売ると多分高かったw
トリム:「なくなったものは仕方ありませんね。階段ありますけど、登りますか?」
ルアン:「あ、あたしが壊したんじゃないよ・・・」(小声)
レック:「壊れたものは仕方ない……」
グレイシア:「そうね、今は進むしかないと思うけれど」
GM:たしかにルアンさんの操作中に壊れたw
メモル:「うん、行こう行こう!」
GM:ではみなさん2階に
チアナ:「な、なんか崩れちゃったね…」このまま2階にかな

魔域 2階

奈落の魔域 2階

GM:2階も似たような広さの部屋です。さらに上に進める階段が見えます。
GM:階段の反対側には、がれきが積みあがっています。
ルアン:「二階に行こう、ね!ね!!壊れたものは仕方なーい」
レック:二階に行く
GM:ここも探索できます
レック:平目で探索していいですか?
グレイシア:探索します
トリム:探索しましょう
メモル:では探索振りますね
ルアン:平目でふっても?
トリム:値打ちものがあるかもしれない
グレイシア・カルヴァニス:2D6+1+((8+10+0+0)/6) → 14
メモル:2D6+1+2 スカウト+知力B → 13
GM:ヒラメはスカウトさん失敗した時で
ルアン:はーい
GM:みつかりました
トリム:「さすがお嬢様! 嗅覚が働いていますねっ!」
グレイシア:「今度はちゃんと見つけられたら。ミルタバル様、感謝いたします」

瓦礫をあさろう

GM:がれきのやまからなにかつかえるものみつかりそうです
GM:コマのパレットから各PC1回ランダム宝物表を振れます。
GM:みなさん1かいがれきのパレットからチョイス押してください
GM:外れもありますw
メモル:では
がれき:ランダム宝物→ 魔道部品300G
がれき:ランダム宝物→ 魔道部品300G
がれき:ランダム宝物→ 粗悪な魔動部品100G
がれき:ランダム宝物→ 粗悪な魔動部品100G
がれき:ランダム宝物 → 魔道部品300G
がれき:ランダム宝物→ 鉄20G
GM:300がいっぱいでているw
ルアン:「んふふ、お宝ざっくざっく」
グレイシア:「太矢が1ダース、2ダース…」
レック:1120Gq
トリム:「おっ、これなんかまだイケるやつなんじゃないですか? ボクのルンフォセンサーがイケるって」
GM:1120
トリム:いってますよ!
GM:確率っていったい
メモル:「何か見つけたよ」
レック:一人の報酬分行ったw
GM:このエリアはさらに奥に階段があるくらい
レック:「鉄の塊か?」
ルアン:何もないなら上に進みます?

異常感知判定

GM:せっかくなので異常感知判定してみますか
チアナ:「魔晶石… とかも買えるかなぁ。」これだけあれば…。 と、興味たっぷり
トリム:「いやあ、いい稼ぎになりましたねえ。こんな奈落だったら大歓迎ですよ」
GM:スカウト知力
トリム:おっ、2.5で追加された判定ですね
グレイシア・カルヴァニス:2D6+1+((8+10+0+0)/6)  → 11
メモル:2D6+1+2  → 10
GM:このままのぼります?
GM:異常はかんじない
グレイシア:「妙な気配もないし、登っていいと思うわ」
トリム:「了解です! 先行しますね!」
トリム:ガンガン上ります
GM:了解です
メモル:登ろう
ルアン:「あんまりっ一人で行かないほうが~」
チアナ:「それなら、次の階にも向かってみようかな。」後衛なので、みんなの後ろをついていくように登ろう
グレイシア:後ろからついていきますねこちらも
ルアン:後ろからいきます

コラム:キャラクターだけじゃない!キャラクター機能活用したランダム宝物

ユドナリウムのキャラクター機能(コマ)は様々な機能があります。
それ自体も別に保存できるので便利です。

今回ランダム宝物を試してみました。

choice[{F1},{F2},{F3},{F4},{F5},{F6}] ランダム宝物 というパレットで、コマの中の「F1」の中に入力した宝物のデータをランダムに選ぶ感じです。

キャラクター機能とパレットはアイデア次第でいろいろな遊び方ができると思います。

魔域 3階

魔域 3階

GM:3階からは機械音がしています。複数の何かが動いているようです。
GM:聞き耳していたら1回魔法タイムがありました
トリム:「なにかいるっぽいですよ」
トリム:「なにかしくじった感ありますね!」
グレイシア:「そうね…」
GM:3階では、2種類の魔動機がそれぞれ2体。計4体が轟音をあげて起動はじめたのが見えます。
GM:普段街中などで見かける魔動機は、青いランプをが灯っているのですが、この魔動機は赤いランプが灯っています。3階では、2種類の魔動機がそれぞれ2体。計4体が轟音をあげて起動はじめたのが見えます。
ルアン:「だから言ったのにぃ・・・」
メモル:「わあ魔動機だかっこいい!」
GM:魔物判定いいですよ
トリム:「知ってます!この赤いランプは危険とか警戒とかぶっ殺すぞとか、そういう意味です!」
GM:知られていたw
チアナ:「確か、あの魔動機たちは… 本に載ってたような。」魔物知識いきますー 2種類ですね
ルアン:「ぜっったいダメな色だもん!!」
GM:セージ持ちの方魔物判定どうぞ
GM:3種です
グレイシア:「…ミルタバル様、ご加護がありますように」
チアナ:3種類でしたか。では3回振ります。順番はコマ的に上からで
チアナ:2D6+1+4 セージ+知力B/魔物知識 → 15
チアナ:2D6+1+4 セージ+知力B/魔物知識→ 13
チアナ:2D6+1+4 セージ+知力B/魔物知識→ 8
GM:魔物判定に成功すれば、ドルンとザーレイであることがわかります。
GM:最後のはザーレイだけど銃が上の方向いていて、覗ける筒みたいなのがついてます
GM:最後のはわかりませんでした
GM:魔動機は冒険者に気づくと襲い掛かってきます。
GM:では戦闘なので準備します
チアナ:「確か、ドルンとザーレイって種類の魔動機! ただ、1体だけ… ザーレイっぽいけど筒みたいなのもついてるのはわからないかも…!」とりあえずわかる範囲でも共有しておこう。

魔動機戦

魔動機戦

GM:先制どうぞ
グレイシア:「ああいう機械って太矢が通りにくそうで苦手…」
トリム:「なるほど!全員敵ですね!」
GM:それからは位置
GM:配置
GM:先に先制おねがいします
グレイシア・カルヴァニス:2D6+1+((13+6+0+0)/6) スカウト+敏捷B 先制→ 11
メモル:2D6+1+3 スカウト+敏捷B 先制 → 12
GM:とられた
グレイシア:まけた
GM:で先制取った皆さんは全員後方からスタートとというのができます
GM:フィールドプロテクションもらってから前衛への移動ができるわけです
レック:GMまもちわかった方のデータみてもいいですか?
トリム:全員後方からスタートでいいとおもいます
GM:いいですよ
GM:ルルブと同じ
GM:ニコラウスもフェロー次第でフィールドプロテクションいけるので
GM:さきにやらせるのもいいかも
GM:では皆さんは位置を
グレイシア:配置しました
ルアン:配置オッケーです
メモル:おkです
GM:いい作戦
トリム:OKです!
レック:ドルンはまわらないので……

魔動機戦 1ラウンド目 PC側

GM:では1ラウンドめ
チアナ:この子は後方かな 大丈夫です~
トリム:指示はフィープロをさせる、で、フェローの表を振ります?
GM:ではフィープロねらいでふりますね
ニコラウス(NPC):フェロー → 「大丈夫か!」キュアウーンズ達成値12
トリム:変わらないw
グレイシア:変わらなかった…
ルアン:仕方ないね
レック:運命は変わらないw
GM:皆さんのことが心配すぎる気が早いw
GM:お嬢様をらくにしたかった
トリム:「みるみる疲労が回復しましたよ!」
GM:知名度にぬいたので説明
グレイシア:「階段上るのって疲れるものね」
GM:ドルンは刃の武器クリしません
GM:ザーレイは大丈夫です
GM:ザーレイは魔法ダメの攻撃してきます
GM:2ラウンドに1回
GM:ではみなさんこうどうどうぞ
トリム:痛い
トリム:さて、トリムは最後に行動したいです。トリムは挑発攻撃で対象を自分に寄せることができるんですけど、敵が死んじゃうと意味がないんで『最後に残ってる中で一番強そうな攻撃をしてきそうな奴』を殴りに行きたい。
GM:前衛組さんはサポート受けてから移動して攻撃できます
グレイシア:お嬢様がフィープロで一番手もらうのがいいですかね
トリム:たぶんそうですね
GM:お嬢様かしこい
GM:わたしはじまってからPC名で呼んでないw
グレイシア:行使していいですかー?
GM:どうぞ
GM:初魔法だ
グレイシア:2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使
<BCDice:グレイシア>:SwordWorld2.0 : (2D6+2+3) → 10[4,6]+2+3 → 15
グレイシア:「ミルタバル様の指先よ、我が手に宿りて皆を護り給え!」
GM:あっフィープロ5だ
GM:誰か外さないと
GM:まさかの6人パーティ
GM:神様の加護がひとり分たらないようです
GM:前衛にはかけてあげてください
グレイシア:お嬢様抜けます?
トリム:「おおっ! お嬢様の魔法がボクに!」ボクを外さないでくれると嬉しいですw
GM:お嬢様ぬけたらかっこいいですね
GM:かけた本人はずれる
レック:自分任意で外すこと出来なかったっけ?
ルアン:お嬢様はダメーーー!(プリ的な意味で)私が抜けましょうか?
GM:銃がいったらごめんなさい
GM:エリア内なので選んで外れていですよ
グレイシア:あ、後衛の中で私が一番HP低いから抜けたらまずいわ…
ルアン:だったら抜けます
GM:一番HP多い人はいいかもですね
ルアン:HP一番多いし
グレイシア:すみません
GM:ではルアンさん以外が加護で守られます
レック:おれか
GM:次の方どうぞ
グレイシア:「私の信仰が足りないか…」
GM:先に後衛、後で前衛がいいかも
ルアン:「グレイシアちゃん、当たらなければいいの!気にしないで」
トリム:「そうですそうです!ルアンさん耐えてください!」
GM:ルアンさんかチアナさん
GM:ある程度順番決めておくとサクサクいくかもですね
GM:このラウンドでけんしょうしましょう
GM:50音にしましょうか
チアナ:ザーレイ落とすか、ドルンを減らすか、かな。挑発攻撃があるから、数を減らす方向でいいかも?
GM:チアナさん
GM:刃のきかないのに魔法ダメいくのはいいかもですね
チアナ:マナコーティングあるしね… ドルン狙いでもいいです?
GM:メモルさんの拳は回ります
レック:レックとトリムさんはドルンではクリダセないので
GM:おくのはすこしりっぱですね(かけらがあります)
レック:欠片あるのか……
GM:紅いのですね
GM:3倍速いかもw
チアナ:ふむ。では、ドルン狙いでいきます~
GM:どうぞ
GM:ABつけてきた
チアナ:「それじゃあ、記念すべき魔法の一発目!派手に決めていこ~!」補助動作は特にすることなく、主動作でドルンAにエネルギーボルトでいきますね。まずは行使判定から
チアナ:2D6+2+4 魔法行使 → 12
GM:奥の開か以外は固定で行こう
GM:ぬけた
GM:ダメどうぞ
チアナ:K10+2+4 エネルギー・ボルト → 9
GM:痛い半減
チアナ:「うーん… まあまあな感じかな?」ダメージ的な意味で
GM:魔法のエネルギーは確実に痛めつけていますね
GM:ルアンさんどうぞ
ルアン:ではソリッドバレットでドルンAに追撃
GM:きた
ルアン:2d+2+1 サーペンタインガン 1H命中 → 13
GM:ダメどうぞ
ルアン:k20[11]+2+2 ソリッドバレット ダメージ 2D:[1,1]=2 → ** → 自動的失敗
ルアン:あああああ
GM:ちょろちょろなんかでたw
GM:おーたえた
グレイシア:ごじってーん
GM:前衛さんどうぞ
レック:メモルさんから行きます?
メモル:では私から
GM:メモルは怖い
メモル:まず前線に通常移動、乱戦を形成します
GM:獣化もある
GM:そうかあれ主動作か
GM:聞き耳おしかった
メモル:まずはドルンAに近接攻撃します
GM:かわいいまま
GM:まわるひときた
GM:どうぞ
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 10
GM:あっ同値回避
GM:2撃目どうぞ
メモル:追加攻撃の効果でもう一度攻撃します
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 12
GM:あたり
メモル:k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 10
GM:まわらなければおちないはず
GM:1のこり
メモル:おわりですー
GM:ボロボロですがたってます
GM:れっくさんがいいかもですね
トリム:1足りない
ルアン:妖怪が出た
レック:さて、どうしましょうか?
GM:初撃もあたったらおちていた
GM:ドルンおとすのがいいかもですね
GM:ザーレイを挑発で来たらダメコントロールができそう
レック:なら、自分がドルンAに行って
トリム:お願いします!
レック:トリムさんがザーレイかな?
レック:ほい、なら行かせてもらいます
GM:2人で攻撃してザーレイが落ちると理想だけど
トリム:そうですね。後衛に光弾行くのがたぶん一番あぶない
GM:さきにとりむにザーレイもいいのかな
レック:通常移動で乱戦内に突入
GM:こい
GM:2かいにします?命中下がりますが
レック:レイピアでドルンAを二回どつきます
レック:2d+3+2+0-2  レイピア 両手利き → 6
レック:2d+3+2+0-2  レイピア 両手利き → 7
GM:どちらも外れ
レック:どうやっても当たらない悲しみ……
トリム:ど、どんまい!
GM:トリムさん
トリム:じゃあ、最後に移動
トリム:まぁ、ザーレイに挑発攻撃しましょう
トリム:直前にターゲットサイト!
GM:ドルン落とすか、自分に向けさせるか
GM:前衛ターゲットもカッコいいな
トリム:2d+3+2+0 ブロードソード 命中→ 12
トリム:13ですね ターゲットサイトいれて
GM:あたり
トリム:k15[10]+2+2+0-2 挑発攻撃 ブロードソード ダメージ → 6
トリム:「こっちですよ!」
GM:充分きをひきつけているようです
トリム:挑発しました
GM:こちらですね
トリム:終わり!

魔動機戦 1ラウンド目 敵側

GM:攻撃対象きまっているザーレイからにしよう
トリム:ザーレイカスタムが鷹の目を持っていないことを祈ろう
GM:トリムに光弾
ザーレイ:2d+5 光弾 精神抵抗半減→ 10
トリム:2D6+2+2 冒険者Lv+精神B/精神抵抗 → 13
トリム:弾いた
トリム:半減
ザーレイ:2d+3 光弾ダメージ → 11
GM:6です
GM:フィープロ有効
トリム:フォープロで5に
GM:ドルンはランダム
GM:右から
GM:1d3
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D3) → 3
GM:メモルさん回避を
メモル:2d+3+2++ 回避 → 15
GM:Aのこうげき
GM:よけられたw
GM:1d3
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D3) → 1
ルアン:素早い
GM:トリムさん
メモル:「当たらないよ!」(するっと避ける
トリム:2d+2+2+0+1 回避 → 11
GM:よけられた
GM:でですね
GM:奥のザーレイカスタムです
グレイシア:「トリム上出来!」
GM:改造されているようでより高角度で砲が取り付けられていて、筒状のものも添えられています。
トリム:「これが護衛ってヤツです!」
GM:データ的には威力落ちますが、鷹の目持ちで光弾撃ちます
トリム:おいおいw
GM:後衛も入るので
ルアン:ひええ
レック:わぁおw
GM:前衛右から
GM:1d6
<BCDice:GM>:SwordWorld2.0 : (1D6) → 1
グレイシア:やめてぇw
チアナ:鷹の目持ちか~… おおふ;
GM:トリムさん
GM:挑発されてたw
トリム:へーい
ザーレイカスタム:2d+5 軌道光弾 精神抵抗半減 → 13
トリム:2D6+2+2 冒険者Lv+精神B/精神抵抗 → 11
トリム:命中!
ザーレイカスタム:2d 軌道光弾ダメージ → 4
GM:ひく
GM:こちらおわり
トリム:「あちっ」

魔動機戦 2ラウンド目 PC側

GM:フォロー指示お願いします
ルアン:トリムさんの回復?
トリム:キュアウーンズを今度こそしてほしい。ボクに
GM:フェロー
グレイシア:ですね
メモル:回復かな
GM:回復狙いでふりますね
トリム:半減してますからね。ボク(HP11/20)
ニコラウス(NPC):フェロー → 「これでどうだ!」近接攻撃達成値13
GM:なぐるしw
トリム:「ニコラウスさん!いまこそ・・・・・・! そっちかぁ~」
GM:つっこもうとしてこけました
GM:みなさんどうぞ
GM:回復しないとですね
GM:2ラウンド目は光弾は打てませんが
GM:たいあたりはしてきます
GM:手前のは
トリム:そうか。隔ラウンドなんですね
GM:ですね
GM:ためているみたい
レック:先に私がドルンA殴ったほうが早いかな?
GM:それもいいですね
レック:でほかでドルンB集中砲火したほうが良いと思う
GM:HP1だから2かいこうげきでなくてもいいかも
チアナ:先に落としてもらってから、後衛でえいえいっとやるのがいいかも?
レック:ですね
レック:なので先に行動起こしますね
GM:どうぞ
レック:通常攻撃でドルンA を叩きます
GM:ニコラウスはみなさんをおうえんしたきもちからまわっている
レック:2d+3+2+0  レイピア  → 8
レック:……
トリム:「(いいひと、なんだろうなー、ニコラウスさん、ホロリ)」
トリム:そういうこともありますよ!
レック:出目が……
GM:はずれ
GM:こういうこともあるんですね
GM:では次の方
GM:先に回復がいい気も
トリム:半減しても頭数減らせるチアナでAを減らすか、お嬢様に回復してもらうか
チアナ:確実に減らせたほうがいいし、こちらでA落とすほうがいいかな
GM:手数減らすは大事ですね
チアナ:回復はしてもらったほうがいいかな、と。HP半分は危なそう
GM:誰から動きます?
ルアン:お嬢様に回復してもらって、回復量足りなければヒーリングバレットもある
チアナ:とりあえず、先に動いても大丈夫でしょうか?
トリム:OKです
ルアン:いいんじゃないでしょうか
GM:どうぞ
チアナ:「チアナはドルンを仕留めた方がいいかな?」では、ドルンAにエネルギーボルト 行使判定から
GM:ゾロ以外はおちますw
チアナ:2D6+2+4 魔法行使 → 15
GM:ぬけた
チアナ:K10+2+4 エネルギー・ボルト → 1回転 → 14
ルアン:つよおおい
GM:まわるしw
GM:おちましたw
チアナ:「おぉ、なんかすごい威力が出たかも…!」なお相手は瀕死
グレイシア:お嬢様復活。仕事残ってますか?
チアナ:手番終わりでー
ルアン:「チアナちゃんいまのすごおおい!」
トリム:「ナイスです!」
トリム:お嬢様は回復してくださるとうれしいです
トリム:あなたのトリムが悦びますよ!
グレイシア:ではトリムさんにキュア・ウーンズでw
GM:どうぞ
グレイシア:2D6+2+((8+10+0+0)/6) 魔法行使 → 12
グレイシア:K10+2+((8+10+0+0)/6)@13 キュア・ウーンズ5 → 6
トリム:「おお! お嬢様のエナジーが感じられます!」
トリム:HP11から17
グレイシア:「えなじー…?」ときょとんとしながらも神聖魔法はちゃんとかけます
GM:もう少し回復量ほしいとこ?
ルアン:だったらヒーリングバレットします?
トリム:神聖魔法はよくわからないが実際効果はあるのでうれしい
トリム:いや、攻撃でいいかと
メモル:数減らした方が多分良い
レック:だね
ルアン:だったらドルンBをタゲサ
GM:きたか
ルアン:からのクリティカルバレットで
GM:まわすきw
ルアン:2d+2+1+1 サーペンタインガン 1H命中 タゲサ込み → 14
GM:あたり
ルアン:k20[10]+2+2 クリティカルバレット ダメージ → 7
GM:まだ大丈夫
ルアン:「ちゃんと当たってよぉ!!」
トリム:「いやっ、かなり効いてますよ!」
GM:メモルさんが両方当てたら落ちるかな
チアナ:「まだ戦線は安定してるから、大丈夫だよ!」焦らずにいこ~!って、ルアンさんを応援
ルアン:「ひええん、みんなありがとう」
GM:みんなやさしい
メモル:ではメモルちゃん行きますね
GM:初対面なのに
GM:きたか
メモル:ドルンに近接攻撃
GM:こい!
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 11
メモル:k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 8
GM:あたり
メモル:もう一発
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中→ 15
メモル:k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 9
GM:あたりり
GM:おちた
グレイシア:おお
メモル:パンチで装甲に穴を開ける
ルアン:おー
メモル:「どうだ参ったかー!」
GM:中で機械がバチバチいっています
レック:おぉー
トリム:さすが!
ルアン:「メモルちゃん、つよぉい」
トリム:「徒手空拳でこれってちょっとこわ・・・・・・すごいですね! 」
トリム:さて、ザーレイをなぐろう
トリム:今回は挑発しなくてもよさそう
トリム:タゲサせずになぐります
トリム:2d+3+2+0 ブロードソード 命中→ 11
トリム:11
GM:同値
GM:おしい
トリム:タゲサしておくべきだったか・・・
トリム:まぁしかたありません。以上です

魔動機戦 2ラウンド目 敵側

GM:こちらですね
GM:奥のザーレイはなにもできない
GM:手前はランダム体当たり
GM:1d3 → 2
GM:いちかわっている
GM:レックさん回避を
レック:2d+2+2 回避 → 10
GM:あたり
ザーレイ:2d+3 体当たりダメージ → 10
GM:物理ダメです
レック:6点もらいます
レック:反映しました

魔動機戦 3ラウンド目 PC側

GM:そちらどうぞ
GM:今回撃ちますよ
GM:順序大事
グレイシア:ニコラウスさんにはまた回復をお願いしますかね
レック:イチかバチかで私が攻撃行きましょうか?
ルアン:ニコラウスさんはレックさんかいふくしてもらうかんじでしょうか
レック:フェローだったw
トリム:いいかとおもいます!>回復
メモル:ですね
レック:回復でいいと思いますよ
GM:ふっていいですか
メモル:どうぞ
レック:どうぞ
チアナ:おねがいします~
ニコラウス(NPC):フェロー → 「ハルーラの守りを!」フィールドプロテクション達成値12
GM:ぶは
トリム:うまくいかないなぁw
GM:すみません
トリム:そんなこともありますw
GM:みなさんどうぞ
トリム:攻撃できる人はザーレイに攻撃を集中させるでいいかと思います
ルアン:ですね
GM:ですね
レック:なら、当たらない私が行きますね
GM:そして回復したトリムさん送り込んで牽制もいいかも
GM:今回手順大事ですよ!
レック:(未だに攻撃当たってない)
GM:レックさんがんばれ!
レック:なら、先に攻撃行きますね
GM:どうぞ
GM:回避11
レック:ザーレイに2回攻撃行きます
GM:どうぞ
レック:2d6+2+3-2 → 9
GM:はずれ
レック:2d6+2+3-2→ 13
GM:あたり
GM:こちらはまわります
トリム:ついに!
ルアン:あたったぁああ!!
メモル:おお
チアナ:おぉっ!!!
GM:凄い声援だw
レック:k8[9]+2+2+0 レイピア ダメージ→ 2回転 → 18
トリム:おお!!
GM:www声援に応えたw
レック:「こなくそがー!!」
ルアン:すごっ!!!
トリム:期待に応える漢、レックさん!
GM:奥深く刺さりました
GM:かなりきいています
ルアン:「ザッスリいった!!」
GM:次の方どうぞ
グレイシア:「すごいわ!!」
GM:2かいてんすごい
レック:「やっと当たった……」
GM:魔法か銃で落ちる可能性のあるHP7
GM:さぁ詰将棋ぽくなってきた
グレイシア:…弩が一回も撃ててないから撃ってみたいけどその前に落ちそう
ルアン:ではいきます
GM:どうぞ
ルアン:タゲサで
ルアン:2d+2+1+1 サーペンタインガン 1H命中 タゲサ込み→ 10
GM:はずれた
ルアン:「ひえええん」
GM:いがいとたえる
グレイシア:弩で攻撃チャレンジだけしてもいいでしょうか
トリム:イイかと思いますよ
GM:どうぞ
チアナ:ここで数を減らしにかかるのもいいかもですね!おねがいします~!!
グレイシア:2D6+((13+11+0+0)/6)+1+0 ノーマルクロスボウ 命中 → 14
GM:まわります
GM:あたり
GM:10でおちる
グレイシア:k20[10]+1+1 ノーマルクロスボウ ダメージ → 1回転 → 19
トリム:「ナイスショット!」パチパチパチ!
グレイシア:いえい
GM:おちたw
GM:なんだこれw
GM:赤く光る目から中枢をはかいしたのでしょうw
グレイシア:「ミルタバル様の指先にかけて……当たれええええええ!」
ルアン:「今のいいとこ行った!!」
GM:ボスだけになった
メモル:「すごーい」
チアナ:「おぉー!!いいところに入った!!すごい!!」きゃっきゃ
GM:まぁリプレイ的には嬉しいw
トリム:「さぁ!あとはオマエだけです!」
グレイシア:6ゾロ回転ですやったね
メモル:次は自分かな
トリム:もう選ぶこともないので殴りに行こう
トリム:あ、じゃあメモルさんどうぞ
GM:どうぞ
GM:これもまわります
GM:こいつは回避ふります
メモル:後方エリアに通常移動、そしてザーレイカスタム殴ります
GM:獣化もしていないのにプレッシャーが
GM:こい
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 10
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 14
GM:よけた
メモル:追加攻撃でもう一度
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 16
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 9
メモル:k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 8
メモル:「うーんやっぱり硬いなあ」
GM:まだげんき
トリム:じゃあいきます
GM:次の方どうぞ
トリム:移動で後方へ
トリム:ターゲットサイト
GM:大事
トリム:2d+3+2+0 ブロードソード 命中→ 9
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 9
トリム:あ、あたらん
プレイヤー:同値
プレイヤー:ねばるな
プレイヤー:皆さん行動済みですか?
チアナ:あ、すみません!まだ動いてないです;
トリム:いや、ターゲットサイトの効果が入るとあたります!
GM:どうぞ
GM:あっあたり
トリム:そして挑発攻撃って言い忘れていました・・・
トリム:くそう
GM:それはうれしい
トリム:k15[10]+2+2+0 ブロードソード ダメージ→ 8
GM:痛いけど大丈夫
GM:チアナさんどうぞ
トリム:まぁ、あの光弾だと前衛も後衛も等しく痛いので実はあまり引き寄せる意味は薄いのだけど気分の問題
チアナ:「ルアンさんの分も、ぶんぶんっと…!」ザーレイカスタムさんにえねぼー! とりあえず少しでも削ろう 行使判定から
GM:たしかに
GM:こい
チアナ:2D6+2+4 魔法行使→ 14
ザーレイカスタム:2d+6 精神抵抗 → 16
GM:おー抵抗
チアナ:つよい
GM:半減ダメください
GM:そしてまなこーともある
チアナ:では半減だめいきますね
GM:こい
チアナ:K10[13]+2+4 半減ダメ → 9
GM:5から1ひいて4
チアナ:4点かな

魔動機戦 3ラウンド目 敵側

GM:ではランダムに
チアナ:「むう。あいつ、ちょっと魔法が効きにくいかも。」
GM:1d6 → 5
GM:チアナだ
ザーレイカスタム:2d+5 軌道光弾 精神抵抗半減 → 11
チアナ:2d 回避なんてなかったんです
GM:抵抗どうぞ
チアナ:2D6+2+3 冒険者Lv+精神B/精神抵抗→ 17
ザーレイカスタム:2d 軌道光弾ダメージ
<BCDice:ザーレイカスタム>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 8
GM:4-1で3
GM:うちあいだw
チアナ:「ひゃう!?」杖ガード出来てないけどそんな感じで 3点もらいです

魔動機戦 4ラウンド目 PC側

GM:そちらどうぞ
GM:ふぇろーどうします?
GM:今度こそ仕事したい
ルアン:レックさんまだ回復してないですよね?
レック:キュアかな?
トリム:ですね。レックさんの回復で良さそう
グレイシア:ですね
GM:では回復狙い
ニコラウス(NPC):フェロー → 「大丈夫か!」キュアウーンズ達成値12
グレイシア:おおおおおお!
GM:きた
レック:おー
ルアン:きたあ
メモル:ついに動くニコラウスさん
チアナ:ついに…!
ニコラウス(NPC):k10+3
<BCDice:ニコラウス(NPC)>:SwordWorld2.0 : KeyNo.10c[10]+3 → 2D:[1,4]=5 → 2+3 → 5
GM:やっとしごとできた
レック:5点回復きました
GM:みなさんどうぞ
レック:「傷が治っていく……」
レック:先に動こうかな?
トリム:どうぞ!
GM:こい
グレイシア:どうぞ!
レック:通常移動で的後方の乱戦に突入
レック:両手利きでザーレイカスタムに2回攻撃
レック:2d6+2+3-2  → 7
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 10
GM:はずれ
レック:2d6+2+3-2→ 8
ザーレイカスタム:2d+5 回避→ 15
GM:はずれです
GM:まわるひといなせた
GM:つぎのかたどうぞ
レック:当てたほうが早いか
ルアン:次いいですか
GM:どうぞ
トリム:どうぞ!
ルアン:通常移動で前線エリアに
GM:射程におさめておわりですね
ルアン:移動しないと当たらない射程の銃つかうんじゃなかった
GM:次の方どうぞ
GM:報酬でいい銃買うしか
グレイシア:グレイシア撃っていいですか?
チアナ:グレイシアさんのあとに続けて行動します~
GM:まわすひとが
グレイシア:クロスボウ射程2あるからここからでも当たります…よね
GM:とどきますね
グレイシア:敵いないから、鷹の目も不要、であってますよね(心配になってきた人
GM:大丈夫ですよ
グレイシア:ありがとうございます行きます!!
グレイシア:2D6+((13+11+0+0)/6)+1+0 ノーマルクロスボウ 命中→ 13
ザーレイカスタム:2d+5 回避5 → 16
GM:こちらのダイスがいい
GM:よけた
グレイシア:「私の太矢ー!」
チアナ:確認せずに撃っちゃったけど、自軍後衛から敵軍後衛までは射程2で届くのね。
GM:私が確認してますので
GM:エネボ
チアナ:よしいきます~
ルアン:がんばれー!!!
チアナ:どうもありがとうございますですよ…!
チアナ:「今度はしっかりと、あたってね…!」さっきの分もお返しだよ~!! と、ザーレイカスタムにエネルギーボルトといこう 行使から
チアナ:2D6+2+4 魔法行使→ 9
ザーレイカスタム:2d+6 精神抵抗→ 12
GM:抵抗
チアナ:かなしきかな、だめでした
チアナ:K10[13]+2+4 くっそう半減ダメージ → 7
GM:3ダメ
GM:次の方どうぞ
チアナ:「…うーん。ガードがかたいよ~」手番おわりで
トリム:メモルかな?
グレイシア:「しかも早いわ…」
メモル:では行きますね
GM:こい
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 17
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 16
GM:あたり
ルアン:はいったああ
メモル:k10[10]+2+2+1+1 パワーリスト1H ダメージ → 9
GM:というか6ゾロか
グレイシア:11と12の戦い…
トリム:高い!
メモル:2d+3+2+0 パワーリスト1H 2H命中 → 8
ザーレイカスタム:2d+5 回避→ 17
メモル:まあ仕方ない、おわり
トリム:では最後こちら
トリム:ターゲットサイト
トリム:挑発攻撃します
トリム:2d+3+2+0 ブロードソード 命中→ 9
トリム:10
ザーレイカスタム:2d+5 回避 → 14
トリム:残念
GM:よけた
GM:で、ですね。このままでも負けるので
GM:エンディングの時間も欲しいのでみなさんの勝利とさせてください
GM:時間が厳しそう
トリム:はーい、残念
ルアン:ういー了解です
チアナ:おろ、わかりました~!!
GM:戦利品は最後ふりましょう
GM:暴走していた魔動機は動きを止めます
GM:魔動機を倒しても奈落は解除されません。 さらに奥に進める扉があります。
トリム:「ふう、強敵でしたね!」
トリム:「まだ奥がありますよ、お嬢様!」
GM:進みますか?
ルアン:「もっと銃の練習するぅ(涙目)」
トリム:さすがに今度は聞き耳の必要もあるまい、いきます
メモル:「次は何が来るのかな?」
GM:聞き耳どうぞw
チアナ:「最後のやつ、あまり魔法が効かなかったなぁ… また本を読んでおいたほうがいいかも。」
レック:「なんとか勝てたか……」
メモル:一応聞き耳してみようか
グレイシア:私もします
レック:聞き耳します
メモル:2D6+1+2 スカウト+知力B 聞き耳→ 15
グレイシア:2D6+1+((8+10+0+0)/6) スカウト+知力B 聞き耳→ 12
レック:2D6+2+2 レンジャー+知力B 聞き耳 → 8
メモル:あ、自動成功
GM:たかいな
GM:機械音はしてますが音は小さいです
GM:冷蔵庫の起動音くらい
メモル:「うーん、中に機械があるみたいさっきのとは違うけど」
GM:自動成功なので追加情報
メモル:耳をぴょこんと立てながら聞き取る
GM:鍵も罠もないことをききとりましたw
GM:このままおくにいけます
メモル:「うん!多分大丈夫、行こう!」
グレイシア:「そうね、大丈夫そう」
トリム:「はい!」
ルアン:「もうさすがに何もいないのかな」
レック:「そうだな」警戒しながら行きます(

魔域 3階奥の部屋

GM:屋根に穴の開いた部屋に出ます。
GM:空いた屋根からは星空が見えます。
GM:部屋の中央にはベットサイズのカプセル状のものが見えます。
GM:上面はガラスになっているのですが、近づかないとみえません。
GM:トリムさんはわかりますね
GM:ルーンフォークがうまれるジェネレータに似たようなもののようです。
GM:あとですね
GM:カプセルのそばにまがまがしい光を放つ黒い剣が浮かんでいます。
GM:光はカプセルへと光をのばすのですが、屋根にあいた星空からみえる北の極星の光に阻まれて近づけないようです。
GM:冒険者はわかりますが、黒い剣は奈落の核とよばれるもので、この魔域を生み出しているものです。
GM:これを破壊すると魔域が溶けます
GM:そのさいにでるかけらは200でうれます
トリム:「これは知ってますよ!ジェネレーターです!ボクみたいなルーンフォークの生成器に似てますね」
ルアン:「へー、こんな形なんだ」
GM:小型ですね
メモル:蹴り砕きましょうか
グレイシア:「ここからルーンフォークって生まれるのね」
GM:いろんなサイズがあるとおもってください
メモル:「えっと、あの黒いの壊せばいいんだよね?」
GM:壊すと言えばこわせます
GM:けります?
トリム:そうそう、僕の目的は村のジェネレーターを治すことなんですけど、つかえそうですかね?
メモル:蹴って壊そう
トリム:剣は壊しましょう!
ルアン:ジェネレーターのぞき込まなくていいですか?
トリム:なんか入ってます?
GM:なかみます?

眠れるエスポワール

GM:女の子が眠ってますね
GM:カプセルに名前があります
GM:魔動機文明語読める方います?
ルアン:はーい
トリム:はーい
GM:カプセルにはエスポワールと魔動機文明語で書かれています。
チアナ:とりあえず剣は壊すとして、ジェネレーターには女の子かぁ。
ルアン:「エスポワール・・・希望?」
トリム:「起こして差し上げましょうか」
GM:ルアンさんすごいな
グレイシア:「その方がいいと思うけど、どうやったら起きるのかしら」
トリム:「そういえばそんなリドルありましたね」
グレイシア:「トリム、起こしてあげられる?」
トリム:わかりますかね?
トリム:>起こし方
GM:いまはおこせないですね
トリム:「うーん、いまは無理そうですねー」
GM:ぶっちゃけると2話以降の話になりますw
ルアン:おおうw
グレイシア:なるほど
GM:かけらを壊してもこれはのこるとトリムさんはピンと来て良いです
トリム:「ちょっとこのぐるぐるが回り終わるまでまちましょう」きっと画面の中で円が回ってる

魔域解除

GM:ということで蹴り壊せます
メモル:「たあっ!」
メモル:バキッといっちゃいます
GM:やられました
GM:破壊すると魔域から出ます。
トリム:「あ、奈落を壊してもきっとこのジェネレーターは残りますんで一思いにどうぞ」
GM:破壊すると奈落のかけらになり、それは200Gで売却できます。
GM:今回の奈落のかけらは4つになります。
GM:破壊すると魔域はなくなり、えぐられた中庭に戻ります。
GM:カプセルもそのままのこっています。
ルアン:「また急に戻ったぁ・・・」
グレイシア:「解決した、とみてよさそうね」
GM:叩いても少女が起きません。乱暴に起こそうとするとニコラウスが止めます。
メモル:「ふうー疲れたー」
レック:「やっと戻ってこれたか」
ニコラウス(NPC):「神託にあった子かも!」
GM:カプセル自体は機能が活きているようなので、起こす手段が見つかるまでこのまま宿で管理されることになります。
ルアン:「エスポワールちゃーん、えっちゃーん」(ペシペシ)
チアナ:「戻ってこれたね~。 なんとかなってよかった~……。」ほっとしつつ。
メモル:「きっとまだ眠たいんだよ!」
トリム:「しばらく、そっとしておくのがよさそうです」
GM:ガラス越しだからどちらかというとカンカンですねw
GM:開かないのです
グレイシア:「不思議なものね…」
ルアン:「そっか、寝坊助さんなんだね」
GM:このこのことはしらべてみます
ニコラウス(NPC):「みなさんに依頼することもあるかも」

冒険者の宿オープン

 

GM:無事魔域がなくなり、開店の準備が始まります。
GM:開店準備は1か月かかりました。
GM:開店準備中の護衛役なども皆さんに頼みます。
トリム:「ふむ、別の仕事があるのはいいことですね」
GM:うけてくれますよね?
GM:そのぶんの報酬も上乗せし、その間の生活費を引いた1200Gがこの一件の報酬として支払われます。
GM:1か月後のオープンの日、レール増設も始まり周辺もにぎやかになってます。
ルアン:「寝床ありがたい」
トリム:「一ヶ月も宿代がうく・・・! すごい、すごいですよお嬢様!」
GM:かなりの数の冒険者や工事関係者が集いオープン日を迎えることができます。
グレイシア:「これは受けるしかないわね…!」
メモル:「しばらくはここでしゅぎょーしようかな!」

導きの星亭の最初の冒険者

GM:いそがしく動き回るニコラウスですが、みなさんをみつけると嬉しそうに声をかけてきます。
ニコラウス(NPC):「ありがとうございます。無事開店を迎えることができました。それでみなさんにぜひプレゼントしたいものが」
GM:そういってわたしてきたのは 八芒星の形をしたエンブレムです。
ニコラウス(NPC):「うちの宿のエンブレムです。一番最初は皆さんに渡したくて」
グレイシア:「まあ!」
GM:本当に嬉しそうに話します。
ニコラウス(NPC):「あと宿の名前は、導きの星亭にすることにしました。これからも冒険者の方たちのため、依頼主さんたちのために活動していければと思います!」
GM:みなさんはここの最初の冒険者という感じですね
ルアン:「やったね!」
レック:「ありがとう」
トリム:「おおっ、似合いますよお嬢様!」
ニコラウス(NPC):「今日の食事代などはこちらもちです!にぎやかにすごしてください!」
グレイシア:「ありがとう、じゃあ、その分いっぱい働かないとね」
ルアン:「やったー!!!ごはんだごはん!!」
メモル:「わーい!それじゃあいただきますーす!」
GM:冒険者の宿「導きの星亭」の冒険者たちの最初の冒険はここまで。
トリム:「さすがはニコラウスさん!食事は一級品ですね!」
GM:みなさんのことを後の世「導かれし7人」と読んだかはこれからしだい
GM:ということでありがとうございました!
GM:戦闘巻いてスミマセン
ルアン:おつかれ様でしたー
GM:成長まずふりますか
グレイシア:ありがとうございました
チアナ:ありがとうございました~!!
メモル:ありがとうございました

成長など

GM:で戦利品で2Dを4回、かけら4こなので2D2かい
レック:ありがとうございました
GM:それぞれみなさんどれかふってください
GM:まず成長からにしましょう
メモル:では成長振りますね
メモル:Gr
トリム:ありがとうございました!
メモル:2d6
<BCDice:メモル>:DiceBot : (2D6) → 7[1,6] → 7
レック:2d 成長
<BCDice:レック>:DiceBot : (2D6) → 9[4,5] → 9
トリム:2D6 成長
<BCDice:トリム>:DiceBot : (2D6) → 12[6,6] → 12
メモル:器用
トリム:げえ・・・
ルアン:2d6 成長
<BCDice:ルアン>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[5,3] → 8
グレイシア:2d6 成長
<BCDice:グレイシア>:DiceBot : (2D6) → 4[1,3] → 4
トリム:精神・・・
チアナ:成長ふりますね~!!
GM:ログにどれのばすか宣言しておいてください
チアナ:2d
<BCDice:チアナ>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 9[6,3] → 9
グレイシア:筋力!筋力上げます!
レック:知力で
チアナ:精神力が あがった!!
レック:違う、生命でお願いします
ルアン:筋力で
GM:では戦利品の4人を
GM:どる、どる、緑、赤にしましょう
トリム:特に戦利品あがる装備は持ってません
GM:ですね
トリム:どるをふりますね
トリム:2D6
<BCDice:トリム>:DiceBot : (2D6) → 9[6,3] → 9
GM:どんどんどうぞ
レック:一応、運命ありますけど
GM:なし
グレイシア:どる振ります
レック:運命不可?
グレイシア:2d6
<BCDice:グレイシア>:DiceBot : (2D6) → 5[1,4] → 5
GM:反転は戦利品はだめかも
GM:なし
GM:あとおふたり
GM:別の方
レック:戦利品可能っては書いてるけど……まぁいいか
GM:可能とあるならいいかろ
GM:のこってるし
メモル:緑振ります
GM:はい
メモル:2d6
<BCDice:メモル>:DiceBot : (2D6) → 7[2,5] → 7
GM:では赤レックさんで
レック:赤振ります?
レック:2d
<BCDice:レック>:DiceBot : (2D6) → 4[3,1] → 4
レック:変転
GM:なし
レック:10
レック:でもなしか
GM:粗悪な魔道部品100
GM:のころお2人かけら2dずつ
レック:ありがとうございます
ルアン:2d
<BCDice:ルアン>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 3[1,2] → 3
チアナ:2d かけらふります~
<BCDice:チアナ>:SwordWorld2.0 : (2D6) → 8[6,2] → 8
GM:11点
GM:では集計してサイトに案内しておきます
GM:じかんもあれなのでここまでで
GM:参加本当にありがとうございました!
ルアン:お疲れ様でしたー
グレイシア:ありがとうございました
GM:みなさんいいキャラだった
グレイシア:クロスボウ撃てたのが楽しかったです!!
トリム:お疲れ様でした!
レック:お疲れ様でした
ルアン:メインシューターはお嬢様だったんや
メモル:ありがとうございました
チアナ:おつかれさまでした~!!
チアナ:ありがとうございましたです!!
GM:ではログ取って落ちます

経験点と報酬

  • 経験点:1110点
  • 報酬:ひとり1420ガメル
  • 名誉点:11点