トップオンラインセッションTRPG倶楽部トップオンラインセッションTRPG倶楽部募集情報 ≫ 締切)ソードワールド2.0「ランドル商会誘致計画1 アシュラウトへの道」6月24日開催、17日締め、どどんとふ部屋2使用

締切)ソードワールド2.0「ランドル商会誘致計画1 アシュラウトへの道」6月24日開催、17日締め、どどんとふ部屋2使用

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング第2話 「ランドル商会誘致計画1 アシュラウトへの道」予告

オンラインセッションTRPG倶楽部

無事に魔剣を入手した冒険者たち。始まりの街アンファングと名付けられたその街で活動し始めたが、流通の面など問題は山積みだった。

施設や物資に関しては、ルキスラでも有数の豪商であるランドル商会のマリア・ランドルの協力もあり、目処がついたが、冒険者の装備までは手が回ない状態だった。

そんなときエルフの少女が、冒険者を伴いアンファングを訪れる。

"工房都市"アシュラウトから訪れた少女は、”合成師”ルチアと名乗り、アシュラウトとアンファングの物資のやり取りや交流を提案してきた。

SW2.0オンラインセッション 始まりの街 アンファング 第2話 「ランドル商会誘致計画1 アシュラウトへの道」

剣の作りし世界ラクシアに、新たな冒険が生まれる!

募集詳細

今回の募集は、ランダムダンジョンの導入とテストを兼ねたものになります。
冒険者たちにはアシュラウトへの交易路を確立するため、マルクトの森を舞台にしたランダムダンジョンに挑戦してもらいます。

抽選方法的に新規参加者さんには、抽選後バランスを取ってもらいつつキャラメイクしてもらう感じになると思います。

抽選結果は18日の午前までに案内し、キャラメイクと自己紹介を22日までに済ませて頂ければと思います。

パーティバランスの相談は、サイボウズの募集イベント雑談チャットで行います。

募集方法案内

募集受け付けはサイボウズのイベントで行っています。
オンラインセッションTRPG倶楽部のサイボウズグループにご参加いただき、ご参加ください。

抽選方法の案内

以下の順番で優先的に希望者さんを当選とさせていただきます。
応募者多数の場合は、優先順で5人になるまで抽選を続けます。抽選はこちらでダイスで行います。

  1. 体験卓参加者さん(1話不参加) 体験卓で使用したキャラで参加していただきます。成長しておいてOKです。ルルブⅠ~3利用可能です。
  2. 今回からの参加者さん 新規キャラを作成していただき参加していただきます。
  3. 第1話参加者さん アンファングの1話に参加してくださって皆さん成長したキャラでの参加OKです。

アンファング参加の流れ

アンファング参加の流れを案内させていただきます。

  1. オンラインセッションTRPG倶楽部参加方法案内
  2. アンファング プレイヤー登録のご案内
  3. アンファング キャラメイクのご案内と参加方法のご案内

アンファング第2話 「ランドルフ商会誘致計画1 アシュラウトへの道」参考NPCと基本情報

”からかわれる”ルチア

「うちの工房で雇っている冒険者は、なぜかいつもわたしに意地悪するんです...」

工房を親から受け継いだばかりの新米合成士のエルフの少女。ソード・ワールド2.0リプレイ アシュラウトの無限工房に登場するNPC。
今回はアシュラウトの代表として、アンファングに交渉にやってくる。

ルチアとやってきた冒険者たち

「ルチアの事はほっておけないから」

ソード・ワールド2.0リプレイ アシュラウトの無限工房に登場する4人のPCたち。

ハイマンでコンジャラーセージのミザリィ、人間でファイターレンジャースカウトのアリッサ、ルーンフォークでマギテックシュータースカウトのディー、ナイトメアでグラップラーレンジャーのタスク。

マリア・ランドル

マリア・ランドル

「アンファングには,とてもビジネスチャンスを感じるわ!」

ランドル紹介の当主ランドルの悪事の犠牲になりかけたもと貧民街出身の13歳の女の子。
いまはランドルの養女となり、その持ち前のバイタリティで商会を切り盛りしている。

アンファングには旧知のベスの依頼もあり施設出店などの準備を進め中。
友人としても商人としても、アンファングに魅力を感じている模様。

ベス

ベス

「市長は大変ね。まだ冒険や小説書いているほうが楽かも」

アンファングの市長に就任したタビットの少女。
冒険者仲間や関係者の力を借りて街の運営に奮闘中。

しれっと17レベルの超越者なので、有名人だしアンファングの主人になっていたりもする。

チェリー

チェリー

「あんふぁんぐは、ながいきしているのにまだまだです」

ベスに仕えるコボルトの女の子。ベスのためにアンファングでも頑張っている。
魔剣アンファングに先輩風吹かせるのがマイブーム。

魔剣 アンファング

「あの子のことは気になる。でもベス様に悪いし、むむむ」

最近目覚めた魔剣。市長であるベスを主人として街の運営に奮闘中。
以前備えていた機能も徐々におも出しつつあり、最近「傍に立つ」という能力を思い出し、マギスフィア大から実体化して物理的にもベスを手伝えるようになった。

ベスのもとで昔のように街を活気のあるものにしようと思っているが、最近街にやってきた昔の主人そっくりでしかも同じ名前のアンという少女のことが気になっていて、チェリーにいろいろ相談したりしている。

"工房都市"アシュラウト

レーゼルドーン大陸エイギア地方にある、約一年ほど前に発見された町です。
ずっと東の方には蛮族の大拠点のひとつ、ヴァルクレア城があり、またそこから竜槍山脈を越えた南西には霧の街があります。
アシュラウトは深いマルクトの森に囲まれており、北にはドラゴンの住まうヴァリトラウテ火山、南にはアンデッドが跳梁する黒海が広がっています。
現代では再現が難しい魔法的な技術で作られた背の高い強固な城壁に守られており、街の警備にはドゥームが使われているなど、魔動機文明時代の遺産が現代でも使用されています。
実はアシュラウトは300年以上前に起こった<大破局>以前から存在していた町です。
<大破局>の際、飛空船を建造する工房都市だったアシュラウトは、蛮族の襲撃の前に壊滅。
しかし損害の大きかった蛮族軍は飛空船の建造施設や工房を破壊し尽した時点で撤退し、そのままアシュラウトは放置され、忘れ去られました。
結果的にアシュラウトは<大破局>を生き延びましたが、人族の領域として完全に孤立したアシュラウトはどんどん人口を減らし、発見された際には30人ほどになっていました。
狭いコミュニティでの交配によって血が濃くなりすぎ、現代ではほとんど子供も生まれなくなっています。

最近、近隣の港湾都市ブルームが解放されたことでアシュラウトはようやく人族の領域と接し、外交を行えるようになり、積極的に入植を受け入れ始めました。
そのため、現在の人口は100人ほどとなっており、冒険者向けの施設や温泉などでさらに人を誘致しようとしています。

今回も新たな交易や外交相手としてアンファングを訪れました。
 
アシュラウトが300年以上の間孤立したまま町として存在できたのは、合成術と呼ばれるアシュラウト独自の魔法があったためです。
合成術とは、特別な素材を合成窯という特殊な窯に入れ、あらゆる物品を作り出すという力を持っています。
アシュラウトの合成師たちの間には秘伝と言われる合成レシピが存在し、それは現代では複製すら難しいとされる、飛空船のコアを作れるレシピだと噂されています。
<大破局>以前のアシュラウトは世界各国に飛空船のコアを輸出していました。
それを証明するかのように、アシュラウトの町の中央広場には、マストが折れ、船体に穴の開いたボロボロの飛空船が鎮座しています。
 
アシュラウトの合成師たちは、いつか自分たちの手で飛空船を復活させることを夢見ています。

2016年6月24日 21:00

オンラインセッションTRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。