マジックユーザー読了。TRPGを題材にした転生ものの作品。続編期待!緑箱要素はこれからだ!

マジックユーザー読了。TRPGを題材にした転生ものの作品。続編期待!緑箱要素はこれからだ! – TRPG・アニメで南国鹿児島暮らしブログマジックユーザー TRPGで育てた魔法使いは異世界でも最強だった。読了。

TRPGを題材にした転生ものの作品でとても楽しく読めました。
これからさらに面白くなるので続編にも期待です!

小説家になろうで連載されていてTRPG要素のある転生もの作品。加筆部分ももいい感じ

TRPGを題材にした転生ものの作品です。
小説家になろうで連載されていた作品で現在もWEB上で読めます。

小説家になろう版より加筆され、さらに読みやすく面白くなっています。

TRPGを題材にしている部分がだいぶ加筆されているのですが、作品自体の雰囲気を壊すことなく描写されているので気にすることなく面白く読めます。

もちろんTRPG知らない人にも読みやすいのですが、TRPG好きな方はさらに面白く読めるかと思います。

Ryota-H先生のイラストもかっこいい!書籍化はイラストつくのがうれしいです!

書籍化に当たり、神撃のバハムート TWIN HEADSのコミック版などを手掛けられているRyota-H先生のイラストがつきました。

書籍化はイラストつくのがうれしいですね。
さらに各キャラの魅力が上がりました。

冒険者のセダムなど本当にかっこいいです。

続編にも期待!領地経営など緑箱要素はこれから、さらに楽しくなります!

この巻では異世界に転生してきた主人公が信頼できる仲間と出会い、世界の中での自分の役割を見出すという、まさに1巻という感じで終わっています。

能力や技能・魔法のレベルも高く、便利なマジックアイテムもたくさん持っていてチートな主人公ではあるのですが、見た目も考え方も転生前の40代男性ということで常識ある行動やNPCへの態度がこの作品をさらに楽しく好感のあるものにしています。

主人公を慕う少女や、ツンデレな美人魔法使い、主人公に心酔するダークエルフなど主要なNPCは出てくるので、この作品の魅力を感じるには十分なのですが、これからさらに転生前の知識やTRPG経験を活かして領地経営に取り組むなど、さらにこの作品ならではの魅力あふれるエピソードが展開されます。

わかる人に説明するとCD&Dの緑箱要素といえばいいでしょうか。
領地経営に取り組む作品は珍しいので、いま遊んでいるTRPGのキャンペーンでも影響うけています。

ぜひ続編出てほしいです!