トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報会員レポート ≫ ログ・ホライズンTRPG 「小規模ダンジョンアタック!」レポート 執筆;七氏

ログ・ホライズンTRPG 「小規模ダンジョンアタック!」レポート 執筆;七氏

開催日 2016/02/14  GM 七氏

有名なライトノベルをTRPG化した、ログ・ホライズンRPGをプレイしました。
何気にシステムがD&Dに似ているようで、今回はボードゲーム『ディセント第二版』のマップを使用し、小規模なダンジョンアタックを行いました。
コボルトの巣と化したダンジョンには、トラップ、謎解き、そしてお宝など、小規模ながらも様々なギミックを盛り込んでみました。
また、今回使用したシナリオには、元ネタがあったりします、詳しくは『やる夫の部屋は溜まり場になりました』をチェック。

参加冒険者

暗殺者 ロベルト (猫人 ♂)

撃破役であったが、その火力を生かせぬまま終わったのを嘆いていたが、コボルトは数体倒していたり、足止めしたりと仕事はきっちりしていた。

施療神官 ミルク (ドワーフ ♀)

前衛をきっちり回復するサポートが光る。中の人の発言でコボルトの集団が大家族であるという設定が生え、断末魔が悲惨なことに。

召喚術師 ナヴァ (法儀族 ♀)

召喚した魔物がダンジョンを血の海に変える。撃破役として討伐数トップのキャラであった。

守護戦士 アギト (ヒューマン ♂)

みんなの盾役ガーディアン。やはり戦士は盾持ちが輝き、戦線を支えるのであった。

参考

やる夫AA 『やる夫の部屋は溜まり場になりました』 

2016年2月14日 22:01

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。