トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報七氏GM「史実で艦これRPG」艦これRPGキャンペーン ≫ 『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第5話~『決戦!ミッドウェー』レポート

『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第5話~『決戦!ミッドウェー』レポート

シナリオ予告

ついに迎えた最終決戦!ミッドウェーには万全の準備で立ち向かう空母機動部隊があった。

加賀「鎧袖一触よ、心配いらないわ。」
赤城「慢心してはダメ、こんな気持ちで戦うのは初めて、もう何も怖くない!」
蒼龍「わたし、この戦いが終わったら改二になるんだ...」
飛龍「パインサラダを作って待っててね、多聞丸」

翔鶴&瑞鶴(アカン...)

そんな彼女らの前に現れたのは、見覚えのあるシルエット...
そう、深海凄艦は『怨念』から生まれた怪物である。
果たして彼女らと鎮守府メンバーは、過去にあった自身らに打ち勝つことが出来るか!?

今回もキャラ持込可能とします、原則としてレベル5(経験点750)までのキャラを使用してもらうことになります。
初心者、前回参加しなかった方でも遊べるようなシナリオですので、ご安心ください。

ルール等の補足は、第2回参照。

今回の戦い

ニミッツ米司令長官は「日本軍が6隻の空母、11隻の戦艦などを集中運用していたならば、いかなる幸運や技量をもってしても敗走させることはできなかった であろう。日本海軍は奇襲を必要としない場合も奇襲に依存するという錯誤を犯したのである」と語り、日本の作戦構想の誤りを指摘した。
ミッドウェー諸島は環礁であり、環状の礁およびいくつかの島から構成される。サンド島、イースタン島の2つに飛行場があった。

シナリオ変動での効果

ポートモレスビー制圧、ダッチハーバー空襲 → 敵深海凄艦の弱体化、悪海象の発生なし。
正規空母レキシントン、ヨークタウンの撃沈、護衛空母ナッソー、戦艦ネバタの撃破 → 敵増援の減少。 島の2つに飛行場があった。

『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第5話~『決戦!ミッドウェー』レポート

GM(提督)七氏

~第5話~『決戦!ミッドウェー』

いよいよ最終決戦のミッドウェー海戦シナリオです。
今までのシナリオの戦果、ルートで難易度が変わる様にしたほか、新たに加わったルール「連合艦隊」も加えました。
大体の方が知ってると思われる戦いであり、歴史的なターニングポイントとしても有名な本シナリオは、高難易度設定でお送りしました。
いわゆる「殺す難易度」です。
かつての連合艦隊の亡霊、そして本番のミッドウェー諸島攻略戦と、ボスラッシュな内容でしたが、PCの頑張りでクリアできました。
意外と何とかなるものだなぁ(関心)

参加艦艇一覧

  • 飛龍改二
    改 二になってミッドウェーへと挑む、史実ではここで沈んでいるので気合十分だ。紫電改二の制空と、アビリディのサポート、そして彩雲の偵察と補助系に余念の ない戦いをした。また艦載機による攻撃も、友永隊航空機と彗星一二甲が高いダメージを叩き出した。しかし最終戦、ミッドウェーに散る。
  • 扶桑改二
    本 シナリオの旗艦を拝命する。不幸艦と言われる戦艦だが、改二の実力は本物であり、試製41cm砲の三連撃はキャンペーン通して最大火力を生み、また航空戦 艦として航空攻撃も行う、まさに「バトルシップ」だった。最終戦、連続ファンブルで二匹の猫に纏わりつかれつつも、持てる全ての力(家具、アイテム、声 援)を出し切って、最後の一撃を決めた。
  • 浜風改
    前回参加の浜風さんである。対潜装備から酸素魚雷に切り替え、雷撃戦では敵戦艦を葬り、アビリティでは、艦隊の行動力をサポートする。魚雷と駆逐艦の命中、回避の補正のおかげで連撃は必中、敵の攻撃は余裕の回避と、最終戦でもほぼ被弾なしで艦隊を支えた。
  • 木曽改二
    キャ プテンキソー。今回の部隊名が「海賊団」だったにも関わらず、扶桑に旗艦を譲る謙虚さ。白兵戦、伝家の宝刀を使って確殺であり、雷撃戦でも敵艦を葬り、機 銃にて対空も担当するマルチファイターぶりを見せる。最終戦では甲標的に装備を変え、重雷装巡洋艦として先制を期すが、思わぬファンブルが出て、ミッド ウェーに散る。

参加NPC

  • 加賀
    空母機動部隊の一員。飛龍とパートナーとなって連合艦隊を組み、決戦に挑んだ。この艦娘もまた、史実ではミッドウェーで沈んでいる。
  • 山城
    扶桑とは姉妹艦。同じく不幸な戦艦として扱われていたが、最終決戦では「声援」により勝利を呼んだ、影の功労者。

  • 浜風とパートナーであり、連合艦隊を組んでミッドウェーに挑んだ。
  • 球磨&多摩
    木曽とは姉妹艦であり、実際にパートナーとなったのは多摩である。

史実で艦これキャンペーンはこれにて終了。
PCこと艦娘たちの活躍により、平和な海が訪れた。

参考

  • ミッドウェー海戦

 

2015年7月 7日 08:24

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。