トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報七氏GM「史実で艦これRPG」艦これRPGキャンペーンシナリオ ≫ 『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第1.5話~『真珠湾演習作戦!』

『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第1.5話~『真珠湾演習作戦!』

本シナリオは、単発として行われたものであり、キャンペーンとしては導入しなくても良いです。
導入する場合は、第1話と挿げ替えてもらってもかまいませんし、また本シナリオの後に第1話を行ってもかまいません。
その場合は難易度を若干調整することをお勧めします。

《シナリオ予告》

キミたちは新人の艦むすである!
したがって来る実戦に備えるべく、訓練をここに実施するものである!
場所はここ『鹿児島湾』かつて空母機動部隊が、真珠湾攻撃のために訓練を積んだ場所であり、日本最後の空母「葛城」も、ここで最終的な性能試験を行った場所である。
つまり、艦むすの演習場としては、申し分ないということだ!
これは訓練であるが、一歩間違えれば危険が危ない!また最終試験として、志布志湾にて深海凄艦との実戦も予定している。
キミたち新兵は、この訓練に生き残ることが出来るか!!

今回の対戦相手:備考

オリンピック作戦は九州南部への上陸作戦であり、目的は関東上陸作戦であるコロネット作戦のための飛行場確保であった。(中略)海上部隊は空前の規模であり、空母42隻を始め、戦艦24隻、400隻以上の駆逐艦が投入される予定であった。

《シナリオスペック》

艦娘(PC)人数:3~5人
推奨レベル:1
戦場表:指定ない限り「同航戦」
プレイ時間:おおよそ6~8時間
リミット:2
任務:演習、および実戦に勝利すること。

《導入フェイズ》

読み上げ

キミ達艦娘は、新人訓練ということで、鹿児島湾(錦江湾)に来ていた。
「これより新人訓練を開始する、キミ達は実戦も知らない艦娘だが、きっとこの訓練の中で一人前になると信じている」
「なお、訓練の後は、同じく新人である艦娘達と演習をしてもらう」
「模擬弾だが、きちんと損傷したようになるので、訓練とはいえ気を抜かないように」
「それでは訓練を始める!」

《本シナリオの任務説明》

今回の任務は、演習相手に勝つことです。

《鎮守府フェイズ》

通常の鎮守フェイズの中に、あるイベントを差し込みます。
サイクル時に『訓練内容』が言い渡されます、これはPC全員が行うものとします。
シーンを演じるPCは、イベントの他に2D6をして『訓練内容』を決定します。ダイス目による内容は以下のとおり。

  • 『2』 演習場に大量のネコが!これを一匹残らず駆除しろ。
  • 『3』 謎の艦娘と衝突の危機!緊急回避ー!
  • 『4』 航海訓練。羅針盤に惑わされずに目的地まで行けるか?海図を頼りにゴールを目指せ。
  • 『5』 対地攻撃訓練。深海凄艦には地上にいるものもいる。
  • 『6』 対潜攻撃訓練。敵の潜水艦に、何度も苦渋を味わった。今度はしっかり対策を。
  • 『7』 対艦攻撃訓練。様々な大きさの的に当てる訓練。艦種を見極めて、的確な攻撃を。
  • 『8』 対空戦闘訓練。特別に一航戦が訓練をつけてくれるぞ、爆撃を華麗に避わせ。
  • 『9』 艦隊運動訓練。連携を高めて、素早く陣形を組めば、深海凄艦に遅れをとることはない。
  • 『10』暗号解読訓練。戦場では情報が戦局を左右する。むろん艦娘でも例外ではない。
  • 『11』敵味方識別訓練。青葉さんのようにならないようにしよう。
  • 『12』どこからともなく謎の誤射が!なんとか凌げ。

以上のものから出た目にあった内容を選び、読み上げます。内容は好きに変更して構いません。既に選ばれたものは、数字を上にずらして(出目12の場合、1へと戻る)ください。

そしてその内容をクリアするように、選ばれたPCは自身の個性から3つまでのキーワードを使って、クリアするロールプレイをします。
この時、使用した個性1つにつき、後の行為判定の出目に+1をします。(最大3つ)そしてPCのロールプレイが終了したら、他のPCと提督(GM)は、その内容で本当にクリアできたかどうかを判定します。

相談はなしで、皆が一斉に判定をします。良ければ親指を上に、悪ければ親指を下に向けてください。
この時に、良かった数だけ後の判定行為のダイスに+され、逆に悪かった数だけダイスの目に-されます。
これらを総括して、PCが2D6で行為判定を行います。

2D6+ロールプレイで使用した個性+ロールプレイ良かった-ロールプレイ悪かった=行為判定の出目

なお、この訓練内容での目標値は、以下のとおりうになります。

  • 3人:目標値『8』
  • 4人:目標値『9』
  • 5人:目標値『10』

この訓練内容に成功した場合、PCは経験値30点を入手します。また失敗しても10点の経験値を得ます。

《戦闘:演習》

読み上げ

キミ達は訓練を一通り終えて、いよいよ演習となった。
どうやら相手は最新の正規空母らしい。
「これより新人による模擬戦闘を始めます、一同、構えて」
艦娘達に緊張が走る。
そして審判である提督の手が振り下ろされた。
「始め!」

《エネミー》

演習シナリオということで、ここでは二通りの仕方があります。

  • 演習相手として、艦娘をそのまま当てる。
  • 演習相手の艦娘を、深海凄艦のデータで作り、それを当てる。

どちらでも構いませんが、もし艦娘のデータを使用する際には、同艦種を同じ数で当てることをお勧めします。
演習ということで、登場艦娘に制限はありませんが、旗艦は正規空母としてください、PCに正規空母がいない場合は、大型艦相当を、空母に変換してください。
もし敵艦データを深海凄艦で構築するのであれば、エリートやフラグシップ等の上級種は使用しない方が良いでしょう。
演習ということなので、損傷はPCのシートにマークされ、効果も適用されますが、戦闘終了後に損傷は全て回復したものとして扱います。ただし行動値は消耗したままです。
演習に勝利した場合、任務達成として+50経験値、敗北ならば+10経験値が与えられます。戦果報酬は通常戦果表を参考とします。

読み上げ(戦闘終了)

「そこまで!」
演習の終了を告げるホイッスルが鳴る。
この演習で、キミ達は大きな経験を積むことができた。
演習の結果如何に関わらず、艦娘として大きく成長したことをキミ達は実感する。
鎮守府で疲れを癒した後は、いよいよ実戦が待っている。

《史実的補足》

日米開戦として、まず上げられるのが真珠湾攻撃です。
もともと真珠湾に対する攻撃は、前々から計画されていたものでしたが、その港湾の特徴から、航空機の魚雷は使用できないとされてきました。
また物理的にも遠く、既存の艦船では航続距離が足りないので、アメリカの真珠湾に対する意識は薄く、まず攻撃されるなら東南アジアだろうと予想されていました。
そのため日本軍は、真珠湾に似た鹿児島湾(錦江湾)での予行訓練を徹底的に行い、浅い湾内でも魚雷を有効に当てる技術を磨きます。
この真珠湾攻撃では、航空機が大きな戦果を上げたことで有名ですが、その裏にはこうした努力があったということです。
また、この鹿児島湾は、最後の正規空母『葛城』が公試を行った場所でもあり、何かと空母と縁がある場所でもあります。

《鎮守府フェイズ》

2サイクル目です。通常の鎮守府フェイズでかまいません。

《任務説明:決戦》

読み上げ

いよいよ鎮守府を出撃し、正面海域である志布志湾にキミ達は到着した。
万が一を考え、熟練の先輩が随伴してきているが、これが初めての実戦であり、キミ達は緊張を隠せない様子だ。
「敵艦見ゆ、迎撃用意!」
先輩艦娘の索敵機から報告が入る。新人のレベルを考え、ある程度のレベルの深海凄艦をあてがうという話だったが――
水平線の彼方から、艦影が見える。
これからがキミ達、艦娘の第一歩だ。

《戦闘:決戦フェイズ》

最後の戦闘となります。
勝利条件は「敵旗艦の轟沈」です。

《エネミー》

艦これRPG 着任の書にある、机上演習 遭遇表を参考にしましょう。
PCは3人までとなっていますが、それ以上人数が多くても、そのまま適用しても良いとします。
決戦フェイズではありますが、遭遇表ルールの「平均レベル+1とする」は無視して構いません。
また、戦闘で轟沈判定であっても「先輩艦娘が回収した」ものとして扱います。
戦闘に勝利した場合、任務達成として+50経験値とします。

《終了フェイズ》

読み上げ

お膳立てされた実戦とはいえ、キミ達は存分にその能力を発揮した。
戦いを覚えた艦娘は、後にある大規模な作戦に、おおいな自信となったことだろう。
鎮守府に帰還するキミ達は、志布志湾の先にある大海原を振り返る。
暁の水平線は、キミ達艦娘をキラキラと照らしていた。

《史実的補足》

時代は飛んで終戦間際のIFを元としています。
連合軍の立てた日本本土への作戦『ダウンフォール』その一環として、鹿児島県志布志へと上陸する『オリンピック作戦』が元ネタです。
この作戦は、実行されれば史上最大の規模になる予定であり、日本軍もこの動きを察知しており、志布志湾にトーチカと防衛線を敷いていました。
また、参加艦艇もかなりの数を予定していたので、シナリオ的にもどんな敵が出てきても辻褄が合うので、非常に便利です。
アニメ艦これの第一話で、正面海域に泊地凄鬼がいたのは、きっとコレのせいに違いない(笑)
結局、この作戦は実行されずに終戦となりましたが、もし実行されていたなら、鹿屋航空基地が占領された後、そこを基点として空挺部隊が東京を襲撃(コロネット作戦)するというシナリオだったそうです。

2015年6月21日 21:29

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。