トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報 ≫ 2015年6月7日開催、第7回定期例会情報、募集システム、迷宮キングダム、艦これRPG、クトゥルフ神話TRPG

2015年6月7日開催、第7回定期例会情報、募集システム、迷宮キングダム、艦これRPG、クトゥルフ神話TRPG

2015年6月7日(日)開催の鹿児島TRPG倶楽部、第7回定例会の募集情報とプレイレポートを案内しています。
プレイレポートは定期例会後に追記させていただきます。

第7回定例会無事終了しました。参加してくださったメンバーさんありがとうございました。

現在募集中のシステムは、迷宮キングダム、艦これRPG、クトゥルフ神話TRPGです。

迷宮キングダム (新・王国ブック) 艦隊これくしょん ―艦これ― 艦これRPG 着任ノ書 (ゲーム関係単行本)  【Amazon.co.jp限定版】クトゥルフ神話 TRPG[オリジナルシナリオ付特装版] (ログインテーブルトークRPGシリーズ)  

  • 日時:2015年6月7日(日)の11:00~18:00 
    終了後も有志の方たちと、ひょうたん書店さんの閉店の22時まではボードゲーム等遊んでいただいても大丈夫です。
  • 参加費用:ひょうたん書店さんのフリースペース利用料金として1000円(ドリンクバー代込み)
    会員証を作っていただき、ひょうたん書店さんに直接フリースペース利用料金をお支払いください。
  • 卓分け形式:GMさんのプレゼン後、メンバーさん同士で話し合って卓分け。
    希望者さんの数によっては、第一希望の卓に入れない場合もございます、ご了承ください。

第7回定期例会の体験参加枠のご案内

鹿児島TRPG倶楽部は、サークル例会方式でセッションをしています。
参加希望される方は、こちらのページの案内をご確認のうえサークルにご参加ください。

参加人数に余裕がある場合は、メンバーさん以外の方の参加できる体験参加枠も案内しています。
その際はこちらの記事にコメントくださるか、メールフォームからご連絡ください。

鹿児島でTRPGに興味のある方お気軽にご参加ください!

募集セッション情報

GM募集情報を頂き次第随時案内更新させていただきます。

迷宮キングダム ミニキャンペーン「召喚鍵の回転扉」 GM:たぐっちゃん

召喚鍵の回転扉

  • プレイヤー人数 4~6人
  • 開催日 6/7 11:00~18:00
  • プレイ時間 5~6時間を予定、ミニキャンペーンの第2話として遊びます。
  • キャラレベル:新規に参加していただける場合は、第1回のセッションにあわせて成長したキャラクターで参加していただきます。

キャラメイクは、新王国ブック、新迷宮ブック、迷宮キングダムリプレイ 黙示録の乙女 改訂版、迷宮キングダムリプレイ 災厄の王子 改訂版を用います。

募集内容説明

来年こそはゲストさんを迎えた冒険企画局さんのオンリーコンをできればと思っているので、それに向けて冒険企画局さんのシステムになれてくために、前回から迷宮キングダムのGMに挑戦させていただいています。

迷宮キングダムはPCや王国の成長が楽しいので、「まるごと1冊冒険企画局」という本に収録されていた「召喚鍵の回転扉」というミニキャンペーンを、エンディングまで遊ぶという形でGMできればと考えています。
もちろん各募集は途中参加OKな募集形式にし、王国の成長なども継続して使えるやり方を考えるつもりです。
第1回に参加してくださった方は、ミニキャンペーンという性質状、参加希望して下さったら優先的に参加していて抱ければと思います。
途中参加の方も、同じレベルまで成長していただき、同じくらいの装備品やレアアイテムを渡したうえで参加してもらえるようにするつもりです。

ネタバレしない程度のあらすじと、王国「統一超人市」とランドメーカー紹介

統一超人市のある階域にはかつて「大鍵の」ザムンズという名の魔龍が済んで階域で暴れまわっていた。
その時代のランドメイカーたちがサムンズを封印し、迷宮世界なりにおだやかな年月が過ぎていたのだが、最近不可解な出来事が続いていた統一超人市では、サムンズ復活の噂が流れ、市民は不安な日々を過ごしていた。
そんな中、統一超人市のランドメイカーたちは、サムンズの命で動いているというモンスターの襲撃をうける。
サムンズの復活が近いことを知ったランドメイカーたちは、サムンズが封じられているという洞窟を目指した。

ネタバレしない程度の第1回のまとめ。
サムンズ復活を阻むため、奮闘するランドメーカーたちは主要アイテムのひとつを手に入れ、領土を一つ獲得する。

統一超人市

生活レベルが高く豊かなことで階域では名の知れた王国。でも目指しているのは大砲を王宮フェイスで買うことという実は武闘派。
王国レベル3
生活6/文化2/治安3/軍事2
宮廷/狩場/農地/酒場/転職所/役場2レベル+領土ひとつ

"当たるも八卦、当たらぬも八卦の"タオ

タオ

男性/16歳/国王/医者/4レベル
統一超人市の市長。
キャンペーンのなかで出会った異世界の少女の「元の世界に帰りたい」という願いをかなえるために奮闘中。
少女の願いがかなう日は、心通わせた少女との別れの日でもあるのだが...
スキル【勅令】と【王笏】で仲間のランドメーカーをサポートする頼れる国王。
PLさんのダイス目もよく必要な希望は自分で気力を稼いでいて、二つ名はの"当たるも八卦、当たらぬも八卦の"ですが、"当たってばっかりの"という印象です。

"噂をすれば"イブ

イヴ

女性/00歳/騎士/処刑人/4レベル(使命果たしたので王国のレベルアップ待ち)
統一超人市への愛あふれ、市を守ることに心を燃やす、【獣の毛皮】をまとった狂戦士。
どのくらい愛あふれてるかというと、使命的に50レベル分の敵を倒したくなるくらいなのだが、スキル【修羅】が大活躍してキャンペーン第1回で使命は達成済みという頼れる騎士。

"死人に口なし"ジュノー

ジュノー

女性/15歳/神官/召喚士→魔女/4レベル
【祈り】による回復から、【流れ星】を使ったダメージ役にと頼りになる神官。
タオの【勅令】とのコンボは強力。
上級ジョブの魔女になり、さらなる活躍が期待される。

"デカスロンの子"マハラジャ

マハラジャ

男性/00歳/従者/商人・博士→軍師/4レベル
とても従者とは思えない校区王チック名前な名前とジョブからあふれ出る威厳が特徴。
従者の特性を活かした豊富なスキルで頼れるサポート役。
安定の【献身】や【怪物学】でサポートしつつ、上級ジョブの軍師になったので、さらに軍師スキルの【策戦】も発動させて、ドヤ顔を決められるか!?

艦これTRPG 「そうだ、北方へ行こう!」 GM:七氏さん

  • 艦これTRPG 「そうだ、北方へ行こう!」
  • プレイヤー人数 3~5
  • 開催日 6/7 11:00~18:00
  • プレイ時間 5~8時間を予定、うち1時間をキャラメイクとして使用。

艦これTRPGの紹介

ブラウザゲームとして人気の艦これを、TRPGとしたものです。
いわゆるサイコロ・フィクション系のゲームですので、そこまで大仰なルールはないかと思われます。
旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、なぞの敵「深海棲艦」を倒すという内容です。
システム面でオリジナル要素を追加する予定ですので、ご了承ください。

シナリオ予告

先の海戦で南太平洋を制した艦娘たち、次に下された目標は、北方方面への進撃だった。
霧と悪海象が支配し、近寄る船舶を許さぬ列島、その影響力は中部太平洋にも広がり、付近の海域をも飲み込もうとしていた。
この現象を取り除き、先にある『MI作戦』のために、皆様には付き合ってもらう!

今回もキャラ持込可能とします、原則としてレベル4(経験点600)までのキャラを使用してもらうことになります。
初心者、前回参加しなかった方でも遊べるようなシナリオですので、ご安心ください。

ルール等の補足は、第2回参照。

今回の北方

「龍驤」から発進した零戦隊がウナラスカ島のダッチハーバーを空襲。四航戦は零戦1、艦爆4を失った。この時、回収された零戦はアクタン・ゼロと呼ばれ、米軍に徹底的に解析される。
アクタン・ゼロは「アメリカにとってもっとも価値あるといってよい鹵獲物」であり、「おそらく太平洋戦争における最高の鹵獲物の一つ」と言われた。

クトゥルフ神話TRPG 「まれびとの島」 GM:ひっぽーさん 

  • プレイヤー人数 3~5人
  • 開催日 6/7 11:00~18:00
  • プレイ時間 キャラメイク含め4~5時間程度の予定ですが、オフセKP不慣れなため多少前後するかもです。

キャラメイクには基本ルールブック「クトゥルフの呼び声」及び、現代日本用サプリメント「クトゥルフ2010」を使用します。
ハウスルールも多少含みますのでご了承を。

クトゥルフ神話TRPGの紹介

ハワード・P・ラヴクラフト氏をはじめとする作家たちの間で架空の神々や地名や書物等の固有の名称の貸し借りによって作り上げられた作品群をベースにした宇宙的恐怖(コズミック・ホラー)RPGです。
近頃はニコニコ動画などでリプレイ動画が人気を博しており、探索やRPがメインとなるので行動の自由度が高く、ルール自体もさほど難しくないのが特徴的です。
クトゥルフ神話についてよく知らない...という人でも楽しめるかと思います。

募集内容説明

シナリオ予告(あらすじ)

ある日、探索者たちのもとに大学時代の友人から手紙が届きます。

それは夏休みに友人の暮らす島へ遊びにこないか?というものです。

バカンス気分で島を訪れた探索者を迎えたのは島をあげての島民たちの大歓迎でした。
美しい女性と愛らしい少女。美しい海に歓迎の宴会。
この島には、よそから来た旅人を「まれびと」として歓迎する風習があったのです...

※ネットで公開してくださっているシナリオですので参加希望される方は、タイトル名などでの検索はお控えください。

2015年6月7日、第7回鹿児島TRPG倶楽部定例会 感想

第7回鹿児島TRPG倶楽部定例会に関する感想をご案内させていただきます。

今回は16人の方が参加、GMさん3人の募集に対し3卓成立。システムは迷宮キングダム、艦これRPG、クトゥルフ神話RPGが立卓しました。
遠方からの参加者さんや、初参加の方も多く参加して下さりとても楽しい回でした!

今回も迷宮キングダムのGMで参加!今回も楽しいセッションでした。

私は今回も「まるごと1冊冒険企画局」という本に収録されていた「召喚鍵の回転扉」というミニキャンペーンをGMさせていただきました。

前回参加してくださった方が、お一人残念ながら欠席だったのですが、新たにお二人の方が参加していただき無事に立卓し、楽しくセッションできました。

迷宮キングダムは、キャラメイクの段階から楽しいですが、今回はミニキャンペーンの2回目ということで、新キャラさんはレベルアップした状態から参加していただいたのですが、スキルの選択や町の施設など、プレイヤーさんたちが楽しそうにされている様子を拝見しているのはGM冥利につきる時間でした。

前回のPCはイラストなども描かせていただていたので、まよコマも自作して使いました。
TRPGは実際のセッションも楽しいですが、こういう小物の準備作業も楽しいですね。

オリジナルまよコマ

セッション自体は、重要アイテムを3つ揃えるところまで遊べたので、来月も募集させていただき無事エンディングを迎えられればと思います。
時間が余る可能性もあるので、その際は8月のTRPG体験会に向けて、テストプレイなどにご協力いただければと思っています。

毎回差し入れもいっぱい!本当に良い方ばかりです。
みなさんの力も借りて8月のTRPG体験会に向けて準備を進めていければと思います。

今回は本当に参加者さんいっぱいで、いつも参加者さんがもってきてくださった差し入れは、卓ごとに分けさせていただいているのですが、今回はもうそれこそ感動する量で、ケースをひょうたん書店さんに貸していただくレベルでした。

差し入れ

仕事先から見学だけでもと駆けつけてくださるメンバーさんや、ひょうたん書店で同じようにイベントを開催されている主催者さん差し入れを持って駆け付けてくださいました。
ありがとうございました!

8月15日は、鹿児島TRPG倶楽部 TRPG体験会を開催させていただく予定なのですが、そちらの案内ポスターもひょうたん書店さんに貼らせていただきました。

ひょうたん書店さんポスター掲示 

情報は随時公開していければと思っています。

募集の本格的な開始は7月に入ってからになりそうです。
募集開始までもうしばらくお待ちください。

次回の定期例会は、7月5日に開催いたします。

鹿児島TRPG倶楽部の定期例会は7月5日開催です。
次回もよろしくお願いいたします。

 

2015年6月 7日 00:53

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。