トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報 ≫ 2015年5月10日開催、第6回定期例会情報、募集システム、艦これRPG、迷宮キングダム

2015年5月10日開催、第6回定期例会情報、募集システム、艦これRPG、迷宮キングダム

2015年5月10日開催の鹿児島TRPG倶楽部、第6回定例会の募集情報とプレイレポートを案内しています。
プレイレポートは定期例会後に追記させていただきます。

第6回定例会無事終了しました。参加してくださったメンバーさんありがとうございました。

現在募集中のシステムは、艦これRPG、迷宮キングダムです。

艦隊これくしょん ―艦これ― 艦これRPG 着任ノ書 (ゲーム関係単行本) 迷宮キングダム (新・王国ブック)

  • 日時:2015年5月10日の11:00~18:00 
    終了後も有志の方たちと、ひょうたん書店さんの閉店の22時まではボードゲーム等遊んでいただいても大丈夫です。
  • 参加費用:ひょうたん書店さんのフリースペース利用料金として1000円(ドリンクバー代込み)
    会員証を作っていただき、ひょうたん書店さんに直接フリースペース利用料金をお支払いください。
  • 卓分け形式:GMさんのプレゼン後、メンバーさん同士で話し合って卓分け。
    希望者さんの数によっては、第一希望の卓に入れない場合もございます、ご了承ください。

第6回定期例会の体験参加枠のご案内

鹿児島TRPG倶楽部は、サークル例会方式でセッションをしています。
参加希望される方は、こちらのページの案内をご確認のうえサークルにご参加ください。

参加人数に余裕がある場合は、メンバーさん以外の方の参加できる体験参加枠も案内しています。
その際はこちらの記事にコメントくださるか、メールフォームからご連絡ください。

第6回鹿児島TRPG倶楽部定期例会も、3人ほど体験参加枠をご用意できまそうです。
こちらの記事にコメントくださるかメールフォームからご連絡ください。

鹿児島でTRPGに興味のある方お気軽にご参加ください!

募集セッション情報

情報を頂き次第随時案内更新させていただきます。

艦これTRPG  GM:七氏さん

艦これTRPG 「決戦!ぽーともれすびー」
プレイヤー人数 3~5
プレイ時間 5~8時間を予定、うち1時間をキャラメイクとして使用。

艦これTRPGの紹介

ブラウザゲームとして人気の艦これを、TRPGとしたものです。
いわゆるサイコロ・フィクション系のゲームですので、そこまで大仰なルールはないかと思われます。
旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、なぞの敵「深海棲艦」を倒すという内容です。
システム面でオリジナル要素を追加する予定ですので、ご了承ください。

シナリオ予告

深海凄艦から東南アジアおよびインド洋の制海権を奪取したメンバーは、これまでの活躍を認められて主力艦隊として抜擢される。
そんな彼らを待っていたのは、オーストラリア方面への作戦だった。
かつて世界初の空母同士の戦いがあり、日本が初めて戦略的に敗北した海で、『日豪海域打通作戦』が発動する。

今回はキャラ持込可能とします、原則としてレベル3(経験点400)までのキャラを使用してもらうことになります。
初心者、前回参加しなかった方でも遊べるようなシナリオですので、ご安心ください。

ルール等の補足は、前回参照。

今回の戦い

日本海軍の空母機動部隊とアメリカ海軍を主力とする連合国軍の空母部隊が交戦し、史上初の航空母艦同士の決戦となった。また、この海戦は対抗する両艦隊が互いに相手の艦を視界内に入れないで行われた、歴史上最初の海戦でもある。

迷宮キングダム GM:たぐっちゃん

プレイヤー人数 4~6人
開催日 4/5 11:00~18:00
プレイ時間 5~6時間を予定、ミニキャンペーンの第1話として遊びます。
キャラレベル:初期作成

キャラメイクは、新王国ブックのみ使います。

募集内容説明

来年こそはゲストさんを迎えた冒険企画局さんのオンリーコンをできればと思っているので、それに向けて冒険企画局さんのシステムになれてくために、迷宮キングダムのGMに挑戦できればと思っています。

迷宮キングダムは王国の成長が楽しいので、「まるごと1冊冒険企画局」という本に収録されていた「召喚鍵の回転扉」というミニキャンペーンを、1話は今回の定期例会で遊んで、続きはオンセか引き続き定期例会でエンディングまで遊ぶという形でGMできればと考えています。
もちろん各募集は途中参加OKな募集形式にし、王国の成長なども継続して使えるやり方を考えるつもりです。

2015年5月10日、第6回鹿児島TRPG倶楽部定例会 感想

第5回鹿児島TRPG倶楽部定例会に関する感想をご案内させていただきます。

今回は9人の方が参加、GMさん2人の募集に対し2卓成立。システムは艦これRPG、迷宮キングダムが立卓しました。
体調を崩されたメンバーさんが何人かいらっしゃり、前日参加できないというお詫びの連絡いただく場面もあったのですが、無事2卓成立出来ました。
今回も楽しい会でした。

第1回鹿児島TRPG倶楽部定例会ぶりに、迷宮キングダムのGMで参加!とても楽しいセッションでした。

私は第1回鹿児島TRPG倶楽部定例会ぶりに、迷宮キングダムのGMで参加しました。

シナリオは、、「まるごと1冊冒険企画局」という本に収録されていた「召喚鍵の回転扉」というミニキャンペーンをプレイさせていただきました。
こちらのキャンペーン用の背景表などもあり、ハンドアウトぽく利用して遊ぶこともできてキャラの掘り下げにもとてもいい感じでした。
参加してくださった皆さん、冒険企画局さんならではのチャートが生み出したデータやら設定やらを活用しプレイしていただき、とても楽しいセッションでした!

迷宮キングダムは、名前表からドラマを呼びますよね。
従者なのに名前「マハラジャ」とか、通り名が「当たるも八卦、当たらぬも八卦」なのにダイスで6出しまくって気力溜めまくりで、「当たってばかり」の方が通り名にあうんじゃないか?とか、プレイしている最中ひたすら楽しかったです。

ミニキャンペーンということで、今回だけでは終わらなかったので、続きをオンセで遊ぶか定期例会でまた募集していただこうと思っていたのですが、定期例会で遊びたいという方が多かったので、次回も募集させていただければと思っています。
その際はよろしくお願いします。

今回のセッションは次回から参加してくださる方も楽しめるように、プレイレポートなど書ければと思っています。

GM挑戦してみようかな?そう思えるサークルの雰囲気つくりをしていければと思います。

久しぶりのオフでのGMということで、立卓できるかどうかも含めていろいろ不安は多かったのですが、参加メンバーさんはとても協力的でTRPG愛あふれる方ばかりだったので、とても楽しい時間を過ごせました。

TRPGユーザーさんのGMに挑戦してみたいけど、なかなか挑戦できないという話を耳にすることがありますが、ルールをきちんと把握していないなどいろいろ不安に思う要素はあると思うのですが、ルールミスや拙いマスタリングをプレイヤーさんに指摘されたらどうしようと思ってなかなかGM出来ないという方も多いのではないかと思っています。
そういう意味でも、鹿児島TRPG倶楽部はGM挑戦してみようかな?そう思えるサークルの雰囲気つくりも一つの目標にして活動していければと思っています。

今回もいつか開催したいと思っている冒険企画局さんのオンリーコンに向けて、迷宮キングダムのGM経験値を上げておこうと思い募集させていただいたのですが、TRPGに限らず時間を共有して楽しむものは、レギュレーションの確認よりも、コンセンサスをとるよりも、大事なのは人間関係やコミュニケーションだなと思いました。
参加していただいたメンバーさんありがとうございました。

GM中少しでも落ち着いてマスタリングするために。事前準備は当日の自分を助けてくれます。

迷宮キングダムには、まよコマというグッズも販売されているので、今回そちらを購入し利用させていただきました。

裏面をマグネットにしたりと、準備段階から楽しかったです。

まよコマ

迷宮キングダムは、PC用のルールブック「新・王国ブック」とGM用のルールブック「新・迷宮ブック」があるのですが、スキルやアイテムなどデータはカードのような形で掲載されています。戦闘ごとにトラップやモンスターのデータをまとめておくことができたりとても便利です。

袋分け

GMをしている間は、ドタバタと忙しいので、こうやってイベント単位や、迷宮の部屋単位でコマやカードをまとめておくと、サクサク遊べていい感じでした。
こういう事前準備は、セッション当日の自分を助けてくれるから大切だなと思います。

次回の定期例会は、6月7日に開催いたします。

鹿児島TRPG倶楽部の定期例会は6月7日開催です。
次回もよろしくお願いいたします。

2015年5月10日 00:00

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。