トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部突発イベント情報・プレイレポート ≫ 2014年5月4日、メンバーさん歓迎、突発ゲーム会レポート

2014年5月4日、メンバーさん歓迎、突発ゲーム会レポート

2014年5月4日、離島にお住いのメンバーさんを歓迎する突発ゲーム会を開催しました。

普段サイボウズなどではやりとりさせていただいているのですが、なかなか定期例会には参加できずにいらっしゃったのですが、ゴールデンウィークを利用して鹿児島市内に来られるということで、歓迎ゲーム会を開催させていただきました。
ドミニオンやルーンバウンドをプレイして、私もゴールデンウィークは作業ばかりだったのですが、とても充実したゴールデンウィークらしい一日になりました。

午前中は早めに来てくださったメンバーさんとドミニオンをプレイ。正統派ドミニオンは実は初プレイでした。

ゲーム会は13時スタートを予定していたのですが、午前中から早めにメンバーさんは顔を出してくださったので、メンバーさん3人でドミニオンをプレイしました。

正当派ドミニオンをプレイするのは実ははじめてだったのですが、やはり面白いですね。

ドミニオン 日本語版
ドミニオン 日本語版
posted with amazlet at 15.05.04
ホビージャパン (2009-04-10)
売り上げランキング: 3,357

ゲーム的には市場を大量に買い占めた私が、カードの引き引きにも恵まれギリギリ勝利という展開でした。
民兵の金貨で属州が買えたときは快感でした!

ドミニオン

初プレイの方が多かったルーンバウンド。楽しんで頂けて良かったです!

午後からメインゲームのルーンバウンドをプレイ。
ゲーム会の開催時間内でのゲーム攻略を目標にプレイしました。

ルーンバウンドセカンドエディション完全日本語版
Fantasy Flight Games (2005-11-01)
売り上げランキング: 964,025

ルーンバウンドは先日遊んだディセントと世界観やキャラクターを共有するゲームです。

ディセントはひとつのダンジョンを探索するような、TRPGでいう1セッション単位で遊ぶイメージの作品ですが、ルーンバウンドはキャンペーンというか冒険を重ねながら、世界の滅亡を防ぐイメージの作品です。
復活した太古の邪悪なドラゴンハイロード「マーガス」を倒す為に邪悪なモンスターを倒しながら冒険していきます。

ルーンバウンド

今回は5人プレイヤーさんで、ゲーム会終了予定時間までにマーガスを倒すことを目標に、レベルが上がりやすいルールを導入して遊びました。

普段は家族と3人くらいで遊んでいるのですが、5人で遊ぶと成長を表現する能力値強化のコマも不足しがちで、普段より難易度高めのプレイに感じました。

順調にゲームを続けていき、エースクラスに成長したキャラクターがマーガスに挑戦したのですが、ダイスの目が1足りずギリギリに敗退。

エース惜しくも敗戦

もしものために逃走可能なキャラを選択していた私が赤のイベンカード(ボスなどがいる最強のイベントカード)の内容を確認しつつ、もう一つの勝利条件であるドラゴンルーンを集めてゲーム終了。

ルーン集めて勝利

どうにか世界の平和を守ることができました。

突発ゲーム会を始めてからボードゲームを遊ぶ機会が増えて嬉しいです!

突発ゲーム会が2週連続続いて感じで、ボードゲームを遊ぶ機会が増えて嬉しいです。
ディセントもルーンバウンドもTRPG近い印象のゲームなので、鹿児島TRPG倶楽部のメンバーさんも楽しんでくださっているようでありがたいです。
最近アンドールの伝説が気になっているので、いつか購入してメンバーさんと遊んでみたいです。

アンドールの伝説 完全日本語版
アークライト (2013-09-21)
売り上げランキング: 3,752

鹿児島TRPG倶楽部での、TRPGとボードゲームの住み分けについて

突発ゲーム会でボードゲームを遊ぶ機会があったので、鹿児島TRPG倶楽部でのTRPGとボードゲームの住み分けについても考えてみました。

現状での主催者である私の考えで、サークル全体の総意ではないですが、基本的には月1回定期定期に開催している例会ではTRPGを、突発ゲーム会ではTRPGもボードゲームOK!という感じで考えています。

シナリオの準備が必要なTRPGは、3か月先まで開催日を決めている定期例会の方が準備などしやすいかと思います。

もちろん私もメンバーさんもボードゲーム好きな人が多いので、突発ゲーム会などでボードゲームも積極的に遊んでいければと思います。

ひょうたん書店さんのフリースペースのボードゲームの取り扱いについて、鹿児島TRPG倶楽部ができること

今日のゲーム会の終了後、会場の予約に来られていた、鹿児島みんなでわいわいボードゲーム会の主催者さんとお話させていただく機会がありました。
ボードゲーム愛あふれる方で、お話させていただいていてとても楽しかったです。
ボードゲームをみんなで楽しく遊びたいというお話を聞かせていただきました。

鹿児島TRPG倶楽部にもボードゲーム愛あふれるメンバーさんがいらっしゃって、ひょうたん書店さんのフリースペースにご自身のゲームを置いてくださっている方がいらっしゃいます。
本当にありがたいです。

ひょうたん書店さんのフリースペースは、ゲーム好きなスタッフさんが始めたわけではなく、TRPGなど遊べずに困っていたお客さんに遊ぶ場や機会を作れればとおいう思いで始めてくださったので、スタッフさんがゲームの説明はできない、また本屋やフリースペースの運用業務があるので、現状では一緒にゲームを遊ぶといった形での置いてあるゲームの運用は難しい部分があります。

フリースペースが生まれた経緯などは、ひょうたん書店さんのスタッフインタビューなどで語ってくださっています。

そういった意味でも鹿児島TRPG倶楽部では、鹿児島みんなでわいわいボードゲーム会さんなどとも連携しつつ、ボードゲームの体験会を兼ねたゲーム会も今後開催していければと思っています。

2015年5月 4日 23:04

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。