トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報七氏GM「史実で艦これRPG」艦これRPGキャンペーン ≫ 『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第2話~『空母機動部隊の食べ歩きツアー』レポート

『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第2話~『空母機動部隊の食べ歩きツアー』レポート

シナリオ予告

RJや金剛が東南アジアで頑張っているとき(前々回セッション「南国とか、いいんじゃない?」と時系列同じ)空母機動部隊も頑張っていた!

加賀「うおォん まるで焼き鳥製造機だ!」
蒼龍「ドーセットシャーとコンウォールで重巡がダブってしまった」
赤城「絶対大盛りで(東洋艦隊を)食おう」

深海棲艦の泊地や通商網を片っ端から爆撃し、南進する彼女らが向かう先で満足する食事(戦果)はあるのか?
この食べ歩きに、皆様にも付き合ってもらう!

今回はキャラ持込可能とします、原則としてレベル2までのキャラを使用してもらうことになります。
初心者、前回参加しなかった方でも遊べるようなシナリオですので、ご安心ください。

キャンペーンは全5回を予定しており、今回が『第二回』扱いです。
募集内容自体は、どの話数から参加しても大丈夫なものとなっています。

今回の一航戦の誇り

アメリカ軍は「零戦と格闘戦をしてはならない」「背後を取れない場合は時速300マイル以下で、ゼロと空戦をしてはならない」「上昇する零戦を追尾してはならない」という「三つのネバー(Never)」と呼ばれる勧告を、零戦との空戦が予想される全てのパイロットに対して行った。
ポートダーウィン侵攻時、スピットファイアに対する零戦の圧勝。その空戦での零戦の損失2スピットファイアの損失は17、被撃墜比率2対17。これに対してフライングタイガーズの司令官だったクレア・シェンノート将軍は「英空軍の戦術はカルワザ的な日本軍に対しては自殺行為だった」と発言。
米国戦略空軍司令部作戦部長補佐代理ジョン・N・ユーバンク准将は「ニューギニアやラバウルで我々が遭遇した日本軍は、本当に熟練した操縦士だった。我々は最優秀の敵と戦っているのだということを一時も疑ったことはなかった」と回想している。

『艦これRPG』キャンペーンシナリオ ~第2話~『空母機動部隊の食べ歩きツアー』 レポート

GM(提督)七氏

~第2話~『空母機動部隊の食べ歩きツアー』

キャンペーンとしては初ですが、内容は第2話となります。
艦むすのレベルを2として、初心者でも参加できる形を作ってのシナリオです。
第1話にあたる『南国とか、いいんじゃない?』がWWⅡの緒戦ということで、史実に沿った内容のキャンペーンにすることになった。
今回の参加PCさんは3人参加してもらいました。あくまで敵は深海凄艦なので、そこのところもよろしく頼むわね!(CV:洲崎綾)

参加艦艇

  • 大鳳
    二度目の登板だが、中の人は違う。鎮守府フェイズではクリティカル(6ゾロ)を出したり、開発フェイズでは「流星」(かなりレアな装備)を出したりと、不幸艦の汚名を返上するかに見えたが、戦闘では出目振るわず。
  • 羽黒
    出目の悪い大鳳に代わって、敵艦を叩きに叩いた艦むす。コワイ!
  • 叢雲
    新装備の「三連装酸素魚雷」を二つ付けたムラクモに、攻撃を当てられる深海凄艦はいなかった。ダカダカダカダカダカダカダカダカ(十傑走り)

参加NPC

  • 空母機動部隊の皆様
    正規空母「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」「翔鶴」「瑞鶴」のこと。
    ニューギニア、オーストラリア、インド洋を転戦し連合軍の主要根拠地を覆滅しながらの大航海をした。おなかいっぱい。

参考

  • ポートダーウィン空襲
  • セイロン沖海戦

2015年4月13日 17:46

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。