トップ鹿児島TRPG倶楽部トップ鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会募集情報 ≫ 2015年3月1日開催、第4回定期例会情報、募集システム、艦これTRPG、キルデスビジネス

2015年3月1日開催、第4回定期例会情報、募集システム、艦これTRPG、キルデスビジネス

2015年3月1日開催の鹿児島TRPG倶楽部、第4回定例会の募集情報とプレイレポートを案内しています。
第4回鹿児島TRPG倶楽部定例会に関する感想をご案内させていただきます。

今回は6人の方が参加、GMさん2人の募集に対して1卓成立。システムは艦これRPGが立卓しました。
年度末ということで、いつもより小人数での開催だったのですが、とても楽しいセッションでした。

鹿児島TRPG倶楽部は、サークル例会方式でセッションをしています。
参加希望される方は、こちらのページの案内をご確認のうえサークルにご参加ください。

募集セッション情報

現在メンバーさんが日程など調整してくださっているのですが、このほかに、アルシャードセイヴァーとシステムは未定ですがもう一つ募集がかかる可能性があります。
情報を頂き次第随時案内させていただきます。

リアリティショーRPG「キルデスビジネス」 GM:ここのかさん

使用システム:「リアリティショーRPG キルデスビジネス」著:齋藤高吉(冒険企画局)
シナリオ名:「キルデスビジネス」シーズン444
PL人数:3~5人
開催日:3/1(日) 第4回鹿児島TRPG倶楽部定期例会 にて
募集期日:本定例会の各期日に準じます
予想プレイ時間:キャラ作成を含め、6時間程度(キャラ作成は早い人で10分程度で終わります)
シナリオレギュレーション:二巻掲載【かんたんキルデス】(※三巻掲載「3Dバトル」は使用しません)
選択可能戦闘スタイル:以下三冊に掲載されている選択可能な全ての戦闘スタイル

  • シリーズ初巻「リアリティショーRPG キルデスビジネス」
  • シリーズ第二巻「キルデスビジネス2 ヘルデイスペシャル」
  • シリーズ第三巻「キルデスビジネス3D シアターフィーバー」

リアリティショーRPG「キルデスビジネス」の紹介

クリエイター集団「冒険企画局」発案、「サイコロ・フィクション」シリーズの第八弾です。
TRPGデザイナー屈指の奇人にして脅威のサディスト、齋藤高吉氏がシステムデザインを手がけています。
世界観としてはPC達が悪魔に唆され、地獄のテレビ番組「キルデスビジネス」に出演させられる...といった感じです。
PC達は魂の「回収人」となり「標的」や他のPCと殺し合いながら、「ソウル」と呼ばれる番組内ポイントを最も多く稼がねばなりません。
そしてなんと! 番組終了時点で最も多く「ソウル」を所有している優勝者は、地獄の力でどんな願いでも一つだけ叶えてもらえちゃいます!
ただし、テレビ番組なので「視聴率」も稼がなくてはなりません。
視聴率が低ければ当然「テコ入れ」! ヘル視聴者を喜ばせるため、強制「サービスシーン」です。
長々と堅苦しく書いてはいますが、完全なジョークゲームです。ルールも簡単! 肩の力を抜いてみんなで笑いながらやりましょう!
笑え! 殺せ! そして死ね!

注意事項

上記の通りジョークゲームです。向き不向きがあるでしょう。以下の要素が苦手な方はプレイを控えることを推奨いたします。

  • ランダム表や他のPLによって自分のPCに訳の分からない設定を勝手に生やされます。自分のPCのキャラ崩壊が我慢できない方はやめておきましょう。
  • プレイヤーvsプレイヤーによる殺し合い・潰し合いです。多少の暴力表現があるかもしれません。
  • 重要】サービスシーンによる無茶振りが多数あります。苦手な方はやめておいた方が無難でしょう。

今回予告

ついに年度末!弥生の季節となりました...。「キルデスビジネス」シーズン444!
第一話 「単位が欲しい」
第二話 ひな祭りクイズスペシャル「あまざけをたくさんのみたい」
緊急特番!? 「???」(セッションの進行を見て追加するかを考えます)

あいさつ

皆さん御無沙汰しています。ここのかです。第一回、第三回の定例会ではお世話になりました。
神経質なためか非常に堅苦しい文面になってしまいましたね...。
実際にはもっと、こう...笑いが絶えない感じの楽しいゲームなんです。わかってください
数あるシステムの中でも、1,2を争う大好きなシステムでGMをさせて頂くつもりです。
ロールプレイ重視で何でもアリなブラックジョークゲーム「キルデスビジネス」...如何でしょうか?

艦これTRPG  GM:七氏さん

艦これTRPG 「真珠湾演習作戦!」
プレイヤー人数 3~5
開催日 3/1 11:00~17:00
募集期日 2/20まで
プレイ時間 5~6時間を予定、うち1時間をキャラメイクとして使用。

艦これTRPGの紹介

ブラウザゲームとして人気の艦これを、TRPGとしたものです。
いわゆるサイコロ・フィクション系のゲームですので、そこまで大仰なルールはないかと思われます。
旧日本軍の駆逐艦や軽巡洋艦、重巡洋艦を擬人化した「艦娘(かんむす)」で、艦隊を編成、育成、強化しながら、なぞの敵「深海棲艦」を倒すという内容です。
システム面でオリジナル要素を追加する予定ですので、ご了承ください。

シナリオ予告

キミたちは新人の艦むすである!
したがって来る実戦に備えるべく、訓練をここに実施するものである!
場所はここ『錦江湾』かつて空母機動部隊が、真珠湾攻撃のために訓練を積んだ場所であり、日本最後の空母「葛城」も、ここで最終的な性能試験を行った場所である。
つまり、艦むすの演習場としては、申し分ないということだ!
これは訓練であるが、一歩間違えれば危険が危ない!また最終試験として、志布志湾にて深海凄艦との実戦も予定している。
キミたち新兵は、この訓練に生き残ることが出来るか!!

今回の演習:備考

オリンピック作戦は九州南部への上陸作戦であり、目的は関東上陸作戦であるコロネット作戦のための飛行場確保であった。(中略)海上部隊は空前の規模であり、空母42隻を始め、戦艦24隻、400隻以上の駆逐艦が投入される予定であった。

2015年3月1日、第4回鹿児島TRPG倶楽部定例会 感想

第4回鹿児島TRPG倶楽部定例会に関する感想をご案内させていただきます。

今回は6人の方が参加、GMさん2人の募集に対して1卓成立。システムは艦これRPGが立卓しました。
年度末ということで、いつもより小人数での開催だったのですが、とても楽しいセッションでした。

キルデスビジネスの方も、可能ならオンセで募集しますよ。といってくださり、GMさんの協力本当にありがたいです。

TRPG遊んだあとは、時間のあった方たちとカードゲームもプレイ。

副代表の件や広報のことなど、鹿児島TRPG倶楽部の今後の運営についてもいろいろ意見いただいたりと、とても有意義な定期例会でした。

艦これRPG初プレイ!鎮守府フェイスはダイスがドラマを呼びます!

私は、駆逐艦「雷(いかずち)」で参加しました。
艦これはルルブは買っていたのですが実は未プレイでした。
ブラウザゲームの方も未プレイだったので、キャラのロールなど不安だったのですが、とても前向きなキャラでロールしやすく楽しくセッションできました。

第4回定期例会画像

鹿児島を舞台にした今回のシナリオは、1サイクルして艦娘との演習戦、レベルアップを行って、もう一度1サイクルして深海棲艦戦という流れでした。
GMさんがウォーゲーム用のコマを用意して下さったり、プロット用のカップを用意して下さったりと、至れり尽くせりの環境でプレイさせていただきました。
シナリオの方もGMさんのミリタリー知識も豊富で、鹿児島を舞台に艦これを堪能できる内容でとても楽しかったです。

第4回定期例会画像 第4回定期例会画像2

サイコロフィクションは、本当に面白く一度覚えるといろいろなシステムを楽しめるものなのですが、今回も冒険企画局さんのドラマを呼ぶチャートの数々がセッションを盛り上げてくれました。
鎮守府フェイズは、艦娘の日常などを演出する場面なのですが、カードに交流や演習などのシーンを選択してチェックを入れて、キーワードを記入し、それを集めてランダムに選択していくことで進められて感情が結ばれたり、アイテムを手に入れたりできるのですが、ほかの方の選択したシーンやキーワードが、冒険企画局さんならではのチャートと化学反応を起こして、鎮守府フェイスは毎回カオスでした。

艦娘には固有のアビリティがあるのですが、私のキャラクターの雷には「わたしがいるじゃない!」という他の人の行動力(ダイスの振り直しなどにつけるMPのようなもの)を、代わりに消費してあげられるアビリティがあったのですが、鎮守府フェイズの判定を成功するための振り直しに消費してしまい、私の行動力は仲間の艦娘をたすけるためにあるはずなのに!状態でした。
鎮守府フェイズの判定失敗のぺナリティはシビアなものが多くて、PC全員の行動力減少などいわれると、戦艦や空母の方の視線が怖かったです(笑)

艦隊戦も決戦フェイズもとても盛り上がりました。
艦これRPGのプロットの扱いは楽しいですね。
敵と同じ場所にプロットできた時の快感がすごかったです。

今回味方は、戦艦の比叡、空母の赤城、重巡の三隈・改、駆逐艦の深雪に雷とバランスが良かったので、航空戦フェイズや砲撃戦などでそれぞれ活躍していい感じでした。
声援が飛ぶと火力がすごいことになりますね。一撃で轟沈させることもあって豪快でした。

艦これRPGは、もとキャラを知らなくても十分楽しかったのですが、原作知っている方は、艦娘の口癖などのうまくオールされていて原作を知っているとさらに楽しそうだなと思いました。

セッション中に偶然ひょうたん書店さんのフリースペースに来店された方が、艦これ用語が飛び交う様子をみて声をかけてくださる場面もありました。
時間の都合が合わず、一緒に遊ぶことはできなかったのですが、艦これ人気の高さを感じさせる出来事でした。
TRPG自体もご存じだったようですが、まだ遊んだことはないそうでチラシの方をお渡ししておきました。
また別の機会に一緒に遊べたらありがたいなと思います。

カードゲームは、Amigo お邪魔者と究極の人狼をプレイ。私は嘘のつけない性格ですw

艦これRPGを遊んだあとは、Amigo お邪魔者と究極の人狼をプレイしました。こちらも楽しかったです。

Amigo お邪魔者
Amigo お邪魔者
posted with amazlet at 15.03.01
Amigo
売り上げランキング: 879

Amigo お邪魔者は、初プレイだったのですが面白かったです。

カードをつなげて穴を掘り進みながら、金塊に達すること役割とする「金鉱掘り」側と、それを阻止する「お邪魔者」側に分かれてご褒美の金塊の数を競うゲームなのですが、役職は秘せられているので、勝利条件に向けて誰が味方が疑心暗鬼になりながらカードを配置していくのがとても楽しかったです。

3回プレイして、私も1回「お邪魔者」になる機会があったのですが、嘘のつけない性格だからでしょうか(笑)、あからさまな行動にカード配置禁止系のカードを渡されまくりあえなく負けてしまいました。

伏せられたカードを確認できる地図のカードの扱いが面白かった印象でした。近海が二つあるとか言い出す展開になったときは、邪魔者が誰かニヤニヤしてしまいました。
ああいう場面はみんなうそつきに見えますね。

究極の人狼 第2版 完全日本語版
アークライト (2013-08-24)
売り上げランキング: 50,863

究極の人狼もプレイしました。
こちらはひょうたん書店さんが購入されてプレイスペースに置いてくださっているものなので、スタッフさんに声をかけると貸していただけます。

こちらも嘘のつけない性格なので、追放されたり食べられたりと、村人や予言者ライフを満喫した感じでした(笑)
究極の人狼は、最高で74人遊べるそうです。
74人の人狼は本当にすごそうです。

でたとこサーガも無事にゲット!TRPG好きな方が集まってくださる定期例会や、ひょうたん書店さんのTRPGコーナーやフリースペース大切にしていきたいです。

ひょうたん書店さんのTRPGコーナーで、でたとこサーガも無事ゲットできました。

でたとこサーガ (Role&Roll RPG)
神谷 涼 インコグ・ラボ
新紀元社
売り上げランキング: 1,846

他のメンバーさんも購入されていて、いろいろTRPG話ができて楽しかったです。
でたとこサーガは、鹿児島TRPG倶楽部でもプレイしてみたいなと思います。

月1回でもこうやってTRPG好きな気の合う方と集まれる定期例会や、ひょうたん書店さんのTRPGコーナーやフリースペースは本当に大切にしていきたいと本当に思います。
私は鹿児島市内から車で1時間ほどかかる他の町に住んでいるので、鹿児島市内の公共施設を借りるには難しい環境なので、ひょうたん書店さんのフリースペースは本当にありがたい場です。

鹿児島TRPG倶楽部のメンバーさんの協力はもちろんですが、ひょうたん書店さんのスタッフさんもひょうたん書店を利用される方たちにとても親身で、TRPGを遊びたいと思っている方たちに実際に遊べる場を用意したいといろいろと声をかけてくださいます。
今回も平日しか休みのない方のためにTRPGなど遊べる場がないかと声をかけられました。
残っていらっしゃったメンバーさんにもいろいろ相談させていただいたので、平日夕方からのTRPGなどのゲーム会も実現できるよう動きだしてみたいと思います。

できることは限られるとは思うのですが、私がTRPGを再開した際にオフセやオンセのサークルさんで親切に対応していただいた時のように、鹿児島TRPG倶楽部もTRPG遊びたい方のために受け皿の一つになれるように、今後もメンバーさんの力借りながら活動していければと思います。

次回の定期例会は、4月5日開催いたします。鹿児島でTRPG遊んでみたい方お気軽にご参加ください。

 

2015年2月17日 20:13

鹿児島TRPG倶楽部 記事の一覧はこちらをご確認ください。