2018年2月11日開催予定だった鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会は休止いたします。

2018年2月11日開催予定だった鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会は休止いたします。2018年2月11日開催予定だった鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会は休止いたします。

参加を検討してくださっていた方すみません。

またの機会宜しくお願い致します。

12 thoughts on “2018年2月11日開催予定だった鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会は休止いたします。

  1. 輝剣

    GM立候補します。
    システムは「ビーストバインドトリニティ」
    PC作成の時間短縮とシナリオの都合上プレロールドキャラを使用することが前提になります。
    ※持ち込みは要相談
    また、PC1はニャルラトホテプ固定となります。本来はPCとして運用されないキャラですので、持ち出す場合には、その卓のGMの許可が必要となります。

  2. 輝剣

    システム:ビーストバインドトリニティ
    シナリオ:『“羽根”の乙女はバレンタインに邪神の夢を見るか』
    必要なもの:6面体ダイス2個、筆記用具
    あると便利なもの:6面体ダイス5個以上、ルールブック
    人数:3~5人

    <ビーストバインドトリニティの紹介>
    現代を舞台としたホラーアクションTRPGです。
    PCは半魔と呼ばれ、エゴのままに力を振るう魔物ではなく、人としての心と生き方を持ちながらも超自然の力を有するが故に魔獣としてのエゴと宿命から逃れられない存在です。
    良く言えば二つの世界の狭間で橋渡しとなりうる存在、悪く言えば人としても魔物としても徹底できない半端者ということになります。
    魔物としての姿と人としての姿を持ち、魔物としてのエゴに塗れながらも他者との絆を通じて人間性を保っているのがあなたの分身であるPCとなります。
    ですので心まで魔物に堕ちきった存在を演じるゲームではない点はご注意ください。むしろ、そのような存在と対峙しつつ人間性を維持するロールプレイをするゲームです。
    今回はキャラ作成時間短縮の為クィックスタートとなりますが、持ち込みについては要相談です。

    <シナリオ予告>
    “羽根(フェザー)”、それは虚無と戦い砕け散った、地球の守護者の力の欠片。
    それを手にした者は強大な力とエゴを得るという。
    “羽根(フェザー)”を身に宿してしまった少女、星見瑠璃に魔手が伸びる。
    半魔たちよ、力を手にしてエゴに塗れるか、絆を選び人の仮面をかぶり続けるか、選択の時だ!

    ハンドアウト
    PC①
    絆:謎の簒奪者 関係:憎悪
    クィックスタート:「這い寄る神話生物」 カヴァー:指定なし
    君は「這い寄る混沌」ニャルラトホテプだ。
    だが、ドリームランドの支配者である君の力は何者かによって簒奪されてしまった。
    具体的に言うなら、かつてはドミニオンの主であった君の力はいまや初期作成PC半魔と同等のレベルまで弱体化してしまっている。
    簒奪者が星見瑠璃を狙っていると知った君は、力を取り戻すべく彼女を監視することにした。

    注・ドミニオン…一つの世界の事。君の認識において君は旧支配者の拠点の一つである「ドリームランド」の管理者・ドミネーターである。
    また、GM立候補の際に本来PCにならないキャラであると書きましたが、これは誤りでしたので訂正いたします。

    PC②
    絆:星見瑠璃 関係:家族
    クィックスタート:「人造英雄」 カヴァー:指定なし
    君は改造人間だ。君を蘇らせ改造したリンドブルムは世界征服をたくらむ悪の秘密結社である。
    君は人類の自由と平和のためにリンドブルムと戦ってもいいし、そうしなくてもいい。
    未来世界を一人さまよう君に救いの手を差し伸べた少女・星見瑠璃。
    彼女への恩義は返さねばならない。たとえ、彼女が君に亡父の面影を投影しているだけであったとしても。

    PC③
    絆:星見瑠璃 関係:友情
    クィックスタート:「魔王の息子」 カヴァー:高校生
    君は魔王の子だ(性別は男女どちらでもあるいは両性でも可)
    人間界での修行という名のバカンスを満喫していた君だったが、友人の星見瑠璃が“羽根(フェザー)”を身に宿してしまったことで面倒な立場になってしまった。
    魔王となるために瑠璃を犠牲にするか否か。どちらを選ぶにせよ、瑠璃を他の魔物に渡すわけにはいかない。

    PC④
    絆:星見瑠璃 関係:慈愛
    クィックスタート:「増殖装甲」 カヴァー:高校生
    君は高校生として日常を送りながら、人々を魔物たちから守るために戦う半魔だ。
    ある日、魔物に襲われていたクラスメイトの星見瑠璃を守るために魔物としての姿を晒してしまう。それでも瑠璃は君を恐れなかった。
    彼女こそ君が守るべき平和の象徴なのかもしれない。

    PC⑤
    絆:長沢遼 関係:信頼
    クィックスタート:「鬼神警官」 カヴァー:死霊課の警官
    君は警視庁死霊課、つまり魔物に関する事件を扱う部署の刑事だ。
    今回の任務は、都内に侵入したコズミックホラーの撃滅だ。
    発狂してしまった占星術師たちから得られた僅かな情報から、奴らが“羽根(フェザー)”を使って邪神を顕現させようとしているらしい。
    “羽根(フェザー)”は星見瑠璃という少女が持っているらしい。保護せねば。

  3. たぐっちゃん Post author

    デッドラインヒーローズでGMできればと思います。
    学園マッドネスの「不良少年と日本の夏」時間がありそうならもう1話何か遊べればと思います。

  4. 雷電

    TORGリヴァイズド発売記念というわけで、隣県在住ですが出張していきたいと思います。
    システム:TORGリヴァイズド
    シナリオ:Re:夜明け前
    必要なもの:20面体ダイス1個(持ってない方はGMが余分に準備してあります)、筆記用具
    あると便利なもの:ルールブック(ルールブックも余分に準備してあります)
    人数:3~5人

    <TORGリヴァイズドの紹介>
    1990年代に発売された伝説のTRPG「TORG」20余年の歳月を超えて復活です。
    システムは、ヒーロー志向マルチユニバースドラマティックTRPG
    戦闘は、直接殴ったり、射撃で倒すものではないという事を体験できるシステムです。
    キャラクターレンプレートも100人以上あるのですが、キャラ作成時間短縮のためプレロールドキャラクターは準備してあります。
    キャラ作成したい方は、GMに言ってもらえれば対応可能です。
    世界は「ニッポンテック」、「アイル」、「オーロシュ」、「リビングランド」、「ナイル帝国」、「サーコルド」に侵略されています。
    侵略されていない地域を「コアアース」と呼びます。

    シナリオについて(傾向、舞台、ウリ、プレイヤーに期待することなど)
    【予告】
    地球は狙われている。
    3ヶ月前、嵐と共に侵略者が現れた。

    世界の彼方此方で、不可思議な事件が勃発する。
    狼男や吸血鬼が人々を恐怖に陥れ、空にはドラゴンが舞う。
    ネットの世界に神が降臨したかと思えば、エジプトではファラオが復活した。
    アメリカでは恐竜が跳梁跋扈する広大なジャングルが広がる。

    そして、遂には地球の自転そのものが止まってしまった。
    このままでは、陽の登らない土地は凍てつき、太陽に照らされた土地は逆に干上がってしまう。

    世界の秩序を取り戻すために、立ち上がったヒーローたちが現れた。
    その名は、ストームナイト。
    嵐と共に現れる彼らの正体は、そう、キミたちだ。
    地球を元に戻すには、キミたちの可能性に掛かっている。

    TORG Role Playing The Possibility Wars
    「Re:夜明け前」

    明日か、それとも来週か。――否、これは限りなくいまから起こる、未来の物語。

    PC-1
    覚醒した運動家「コアアース」(スポーツ選手です)

    PC-2
    お庭番忍者「ニッポンテック」(変身)

    PC-3
    名誉聖騎士「アイル」

    PC-4
    閃く吸血鬼ハンター「オーロシュ」(変身)

    PC-5
    復讐のエディーノス「リビングランド」

  5. 輝剣

    すみませんが、シナリオの時間管理不調なので、システムとシナリオを変更させてください。

    システム:禁書封印譚 ブラインド・ミトスRPG 
    シナリオ:『神隠しの里』(ボードゲーム版シナリオ改造)
    必要なもの:6面体ダイス2個、筆記用具
    あると便利なもの:6面体ダイス7個以上、ルールブック、禁書(お好きな本で構いませんが、判定に使用しますのでパラパラめくりやすいものが好ましいです)
    人数:2~4人

    <ブラインド・ミトスRPGの紹介>
    「ブラインド・ミトスRPG」は力ある書物「禁書」を持つ“禁書使い”となり、様々な「禁書」が引き起こす、不可思議な事件を解決していくTRPGです。
    「禁書」は、あらゆる書物や、書物に類する存在として世界に現れ、人の心を操り、乗っ取ります。
    そして“禁書領域”と呼ばれる、禁書に記された内容に影響された異空間を形成し、世界の法則を蝕み、汚染していきます。
    端的に言うならばPC達は「禁書」という毒で危険な「禁書」という猛毒を制する存在です。
    自らの想いがこもった書物に「禁書」の力を封じ、自らの記憶や絆を代償にして、そこから書物を象徴する“象徴体”を呼び出し戦う力を得ています。
    “禁書領域”は“禁書使い”にしか認識できません。事件を解決できるのは、あなたたち“禁書使い”だけなのです。

    “象徴体”のジャンルは「ミステリー」「ファンタジー」「SF」「バトルヒーロー」「歴史」「魔導書」「図鑑」の7種類があり、初期作成時にはジャンルを1つか2つ選びます。
    例を挙げるなら「バトルヒーロー」「SF」で戦隊ヒーロー、「魔導書」でデビルマン、「ミステリー」「ファンタジー」でマーリン、「図鑑」でさかなくんを表現することもできます。
    “禁書領域”による汚染や「禁書」能力の代償として記憶の喪失やトラウマ化が進行しますが基本的にシナリオを解決すれば元に戻りますし、キャラロスト状態である堕落には堕落ポイントが3点必要で堕落ポイントは1シナリオで1点までですし、シナリオ中で堕落ポイントを得なければ1シナリオ1点ずつ減っていきますので気楽に参加してください。
    また、あると便利なものとして挙げた書物ですが守護星効果という特殊能力の判定時にめくっていただくことで利用いたします。“象徴体”の特徴づけにもなりますのでよろしければ。
    あと、判定に成功した際に得られる禁書ビットを禁書ボードに配置していき完成したら上位の禁書能力を得られる禁書パズルも楽しいですよ。

    <シナリオ予告>
    君たちは禁書組織「聖ビブリオ」日本支部のメンバーだ。
    一か月前に斗有町で発見され、「聖ビブリオ」が保管することになった禁書『蓬莱妖怪絵巻』。
    だが、その禁書から1ページが抜け落ちていることが判明した。
    禁書は1人の画家が無くなった時に所持していたとされている。
    君たちは失われたページを探す為に斗有町を訪れた。
    そこでは奇妙な神隠しが続いていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。