2017年12月10日開催、第32回鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会情報。募集システムは、デッドラインヒーローズRPG、インセイン

2017年12月10日開催、第32回鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会情報。募集システムは、デッドラインヒーローズRPG、インセイン – TRPGサークル『鹿児島TRPG倶楽部』 TRPGやボードゲームを楽しんでいますメンバー募集中

鹿児島TRPG倶楽部 第32回定期ゲーム会。 レポートは後日記入させていただきます。

鹿児島TRPG倶楽部新規参加者さん募集!
TRPGデビューしやすいTRPGサークル。GMデビューしやすいTRPGサークル目指してます!

鹿児島TRPG倶楽部は、鹿児島県で活動しているTRPG
施設を借りての月1回の定期ゲーム会を中心にTRPGを楽しんでいます。

鹿児島でTRPG遊んでみたい方、いつかTRPGを遊んでみたかった方、ぜひチェックしてください!

Contents

現在募集中のシステムはデッドラインヒーローズRPG、インセインです。

 

  • 日時:2017年12月10日(日)、9:00受付開始と会場設営、9:30開会式、16:30閉会式と会場の掃除、17:00撤収。
  • 会場:鹿児島県青年会館「艸舎」の大研修室
  • 参加費用:
    PL参加500円
    GM成立者、中高生 200円
    ※小学生無料。ただし18歳以上の保護者同伴のこと(保護者の方プレイされない場合無料)
  • 参加希望締め切り11月8日(金)
  • 参加方法など:TRPG好きな方の参加第歓迎です。サークルの例会なのでサークルのメンバーさんに案内後、募集に余裕のある場合は一般参加者さんの募集も行います。小学生の方は、保護者となる18歳以上の参加者さんが同行されてご参加ください。
    会の最中に非常事態が起きた時のため、緊急連絡先などを参加者さんには書いていただきます。
    記入いただいた情報は、封筒に入れ会の最中預かり、閉会式でお返しします。
  • 卓分け形式:GMさんのプレゼン後、メンバーさん同士で話し合って卓分け。
    希望者さんの数によっては、第一希望の卓に入れない場合もございます、ご了承ください。

参加・不参加コメントをこちらの記事におねがいします。初めての方は自己紹介もお願いします。

※今回の参加人数は定員に達したので、体験参加は対応できません。ご了承ください。

メンバーさんはこちらの記事に参加・不参加コメントお願いします。
GMさんは募集内容もコメントください。システム名の対応人数だけでもありがたいです。

初めて参加される方、体験参加希望される方は以下の情報も添えてください。

  • ハンドルネーム
  • TRPG歴
  • 参加を希望された動機

募集セッション情報

  1. 課長さん デッドラインヒーローズRPG 3~4人
  2. 真波カオルさん インセイン 4人

GM募集情報を頂き次第、随時案内更新させていただきます。

PL参加

  1. たぐっちゃん
  2. 輝剣さん
  3. モス子さん
  4. スモモかすみ元帥さん
  5. 神姫 蝶々さん
  6. G-カヤさん
  7. はるかさん

不参加

  1. 七氏さん
  2. fran死体さん
  3. がきさん
  4. TAOさん
  5. あくまさん
  6. 秋芳さん
  7. ムカデさん

インセイン「蝶は月夜に嗤う」 GM:真波カオル

●レギュレーション

  • システム:マルチジャンル・ホラーRPG インセイン(データは2巻まで使用)
  • 開催日:9時~17時
  • 使用ダイス:6面ダイス2つ(貸し出し可)シナリオタイプ:特殊型
    (特殊型:協力型、対立型、バトルロイヤル型の要素が組み合わさったようなシナリオや三つ巴の対立型など、それぞれの枠に入らないシナリオのこと)
  • ワールドセッティング:狂騒の二〇年代(大正日本)
  • 狂気:16枚
  • PC人数:4人
  • プレイ時間:3~4時間+キャラ作成や休憩として2時間ほど使用

※キャラ作成不安な方向けに、サンプルキャラクターご用意いたします!

リミット:3サイクル

作者:一乃瀬様(『螺旋怪談』収録)

●マルチジャンル・ホラーRPG インセイン とは
マルチジャンルとあるように、学校の怪談から宇宙的恐怖まで、色々なジャンルのホラーで遊べるサイコロフィクションシリーズ(表とサイコロ2つで基本的に判定するシステム)のゲームです。
PC達は怪事件の関係者「逢魔人」という存在です。
彼らは最初から公開している「使命」とは別にそれぞれ「心の闇」を抱えています。
全員「使命」は『みんなで事件を解決する』とあるけれど、本当に?
あの人には実は「本当の使命」があって、それは私たちを邪魔することなんじゃ……もしかしてあいつは犯人?
そんな疑心暗鬼にかられ、調査を行い、衝撃的な事実を知ると、ときに「狂気カード」というものを引くこともあります。
「パニック」「記憶喪失」「絶叫」……様々な条件でその狂気は暴発します。
顕在化した狂気が次々と連鎖する、なんてことも。
さあ、狂気と恐怖に翻弄される物語を始めましょう。

●トレーラー

煌めく瓦斯の灯のその向こう、昏い闇夜の只中に嗤うは仮面。
黒い影が夜の摩天楼を飛び、笑い声と共に今宵も宝が消える。

予告状と共に現れ、権力者や悪人から宝を奪う怪盗「夜光蝶」。
帝都市民はその行動に、さながらショウのように喝采を送る。

闇夜に光を燈す義賊だと。世論は彼らを正義と呼ぶ。
義賊といえども、賊は賊。法秩序は彼らを悪と呼ぶ。

しかし、怪盗は、ついに犯してはならぬ一線を越えてしまう。
奪われたのは、宝ではなく生命──怪盗による殺人であった。

インセイン
「蝶は月夜に嗤う」
──月夜に舞い飛ぶ蝶一頭
──紅き血潮を啜る蝶一頭

●ハンドアウト

PC1
推奨職業:探偵
あなたは、帝都に事務所を構える職業探偵──いや、名探偵だ。
今、あなたが興味を持っているのは、この帝都の夜を騒がせる怪盗「夜光蝶」のこと。
これと決めた相手に予告状を送りつけ、だれひとり傷つけることなく警備を突破し宝を盗み出す……。
なんとも粋な話じゃないか。だからこそ、あなたの好敵手にふさわしい。
あなたの【使命】は、事件の謎を解くことである。

PC2
推奨職業:学生
あなたは、PC1 の助手だ。
PC1 がどう思っていても、あなたは自分を助手だと思っている。
珈琲を淹れるだけが仕事のお茶汲みなどではない、はずだ。
助手なれば、やはり先生を助けるのは当然のこと。
あなたはあなたのやり方で、怪盗を追いかけることにした。
あなたの【使命】は、怪盗の情報を集めることである。

PC3
推奨職業:夜の蝶
あなたはカフェーの女給である。
収入はすべて客からのチップが頼り。そのためには、どんなことだってする。
──いつしか、誰かの軽くなった口から漏れる秘密という名の蝶が、誰かの耳に止まるようにするのも、あなたの稼ぎのひとつとなっていた。
その日あなたの瞳に止まった蝶は、あなたに死の羽音を感じさせるに充分だった。
あなたの【使命】は、死から逃れることである。

PC4
推奨職業:記者
あなたは新聞記者だ。
記者になって、ひとつわかったことがある。
大衆が求めているのは、熱狂的な娯楽だ。
あなたが怪盗寄りの記事を書けば、それだけで新聞が売れる。
もっとも、そんな記事ばかりだとお上に睨まれてしまうのが面倒なところだ。
そんな時、降って湧いたのは、怪盗と名探偵の直接対決の噂。これを放っておく手はない。
あなたの【使命】は、売れる記事を書くことである。

デッドラインヒーローズ「血塗られた舌」GM:課長さん

今回デッドラインヒーローズのGMをさせていただきます、課長です。
今回は、公式電子書籍、「ヴィランズショーケース」に収録されている4人用シナリオ「血塗られた舌」を回させていただきたいと思います。多くの方に、ヒーローになっていただき、楽しんでいただければと思います!
では、デッドラインヒーローズの世界観を…。時は今。部隊は地球。だが我々が知っているそれではない。第二次大戦末期に現れた超人種(パワーズ)は、間もなく世界にその居場所を確保した。人類を殺戮し、食い物にする超人種はヴィランと呼ばれ、恐れられた。そして時を同じくして次々と発生する怪奇現象、異世界かや宇宙から出現する侵略者、生まれる変異体(ミュータント)・・・ヴィランどもはそれらの力を欲望のままに利用していく。人々は窮地に立たされた。だが対抗するかのように、人類に味方する超人種もまた現れた。彼らヒーローは、あらゆる悪と戦い続けた。そして現在。人々はすでに知っている。ヒーローとヴィラン。この二つの勢力によって、惑星の均衡が保たれているということを。しかし、そこで事件が起こる・・・。「セカンド・カラミティ」、あるヴィラン組織が異世界から召喚した巨大怪物「ザ・スローター」が出現する。世界中のヒーローが立ち向かったが、そのほとんどが返り討ちにあってしまう。スローターの撃退には成功するも、世界は多くのヒーローを失ってしまう・・・。世界を救うため、大事な人を守るため、己の信念を心に宿し、迫りくる限界(デッドライン)の中、《死線》を超え、今君が世界を救え!

シナリオ「血塗られた舌」 
使用ダイス:10面ダイス×2 6面ダイス×2 貸出し可能です!(今回は忘れないようにします・・・!)

PC人数:4人
初期作成に追加経験点15点

時間:3時間程度(キャラクター作成に一時間程度、休憩に1時間程度見ています。早く終わったら、もう一話遊べたらと思っています。)

あらすじ

国際的著名人のナイ神父が、PCの街(日本国内を想定)に訪れる。彼は街の孤児院にしばし滞在し、人々の心を打つ演説を行う。
その裏で街に起きる、奇妙な事件。背後には、ナイ神父が-彼の属するヴィラン組織「ネクロポリス・ナイツ」の邪悪な陰謀があった。
ヒーローたちは、陰謀を阻止できるか?

エントリー

PC1:君は孤児院で育った。国際的な慈善活動で知られるヒーロー、ナイ神父の運営する孤児院の一つだ。かつて、一度だけ孤児院に来た神父から、君は多くの影響を受けた。ヒーローとしての目標の一つでもある。
そして今回、再びナイ神父が来日し、やってくる。彼は、今の君の活動をほめてくれるだろうか?期待と不安を胸に、君は神父の来訪を待つ。

PC2:君は孤児院で育った。国際的な慈善家として知られるヒーロー、ナイ神父の運営する孤児院の一つだ(PC1とは異なるものとなる)。
あの日、君はすべての友と幸福を失った。
何度も悪夢を見る。何度も奴の、正体を見る。
君は復習者だ。世界中で、彼を追い続けてきた。
今度こそ、奴を-ナイ神父を倒す。だが、手段を選ばないヴィラン同然になり果てたくはない・・・。

PC3:著名なヒーローの来訪に、町は沸いている。だが、その陰で街で奇妙な事件も起きていた。幾人もの人物が一晩、姿を消し・・・放心状態で見つかる。
君はPC1と共に街を守るヒーローだ。
超人種の仕業と思しき、この事件を放置はしておけない。ヴィラン組織による、計画の一部化もしれないのだ。PC1は神父の歓待で忙しい。君は一人、調査を始める。

PC4:突如、来日したナイ神父は国際的に著名なヒーローだ。もっとも、彼の戦闘力は高くない。国内で彼が負傷したり死亡すれば、大きな国際問題だ。
君は、そんな彼を警護すべく国からの依頼を受けた。彼が向かう街は・・・君の故郷でもある。最近は戻っていないが、友人のPC3が活躍してる。里帰りと思えば、これは悪くない休暇だ。

以上になります!ご質問等ありましたら、お気軽にお声掛けください!

31回鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会レポート。サイボウズLive終了に伴う新しいエントリー手法、急な変更できたが無事卓成立し良かったです。

第31回鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会無事終了しました。デッドラインヒーローズRPG、インセインが立ちました。

サイボウズLive終了に伴い、表のサイトを中心にしたエントリーに切り替えたのですが、美辞GMさんの募集成立してよかったです。

できるだけ負担にならないような手法を今後も模索していければと思います。

私はインセインに参加。蝶は月夜に嗤うとシン・セインの2卓堪能させていただきました。

私はインセイン卓に参加。
GMさんがハンドアウトなカード化して下さり、サクサク遊べながらもインセインの世界堪能させていただきました。

 

シナリオ集のものなのでネタバレにならない範囲で感想書きます。

蝶は月夜に嗤うには、探偵で参加、探偵という役と秘密の相性がよく、ロールプレイもしやすかったです。PC同士の戦いありの特殊型のシナリオでしたが、無事価値の頃ハッピーエンドでした。

シン・セインは、自衛官で参加。
無事なぞの巨大生物「O-100」を倒せました。
儀式のギミックが面白かったです!

インセイン

デッドラインヒーローズRPG卓のルルブ所持率がすごい!熱心にGMしてくださるメンバーさんの存在心強いです!

デッドラインヒーローズRPG卓もとても楽しそうでした。

何とメンバーさんのルルブ所持率100%!

オフの会なので試しに遊んで面白かったらルルブ買うとというメンバーさんも多かったのですが、熱心にGMしてくださるメンバーさんのおかげでどんどんデッドラインヒーローズRPGを遊んでくださる方増えていてありがたいです!

デッドラインヒーローズRPG

今日のシナリオはどちらもシナリオ集のシナリオでした。GMにシナリオ集の存在は心強いですね!

今日の卓のシナリオはどちらもシナリオ集のものでした。

GMできると、シナリオ作れるはま多別の能力だと思うのでシナリオ集の存在は心強いですね。

今日のシナリオはどちらも電子書籍。
オフでも新しいプレイスタイル生まれているのだと感じました。

参加者さんの感想

参加者さんの感想コメントを卓毎に案内させていただきます。
ネタバレ禁止の卓は感想少なめな場合があります。ご了承ください。

課長さん デッドラインヒーロズRPG GM感想

ヒーローは強い!なかなかデッドラインにいかなかったです。

「プラチナマン・ザ・ゴールデン」 輝剣感想

ザ・キングが強化されて楽しかったです。

「無銘」 モス子さん感想

ダークヒーローRP楽しかったです。デッドライン越えてからが本番でした。次はもっとRP頑張ります!

「ワルーエル・アンダーテイカー」 スモモかすみ元帥さん感想

敵が強くて苦しみましたが、その分白熱したバトルができて楽しかったです。また使いたい!

「アクアマリン」 毬藻さん感想

滝が強かったのですが、楽しめました。

インセイン 真波カオルさんGM感想

本日はご参加ありがとうございました。
2セッションもできて樹実した感じです。ハッピーエンドでよかったです。

感想コメントいただきました!

「月森隼人」 たぐっちゃん感想

探偵役楽しませていただきました。
他のプレイヤーさんのノリもよく楽しいセッションでした。
大正時代を感じながら楽しく遊べるシナリオも素敵でした!

「カグヤ」 神姫蝶々さん感想

探偵の助手をやらせていただきました。
まさかの展開もあって楽しかったです。
NPCはdisるべき!

「高橋日毬」 はるかさん感想

女給をさせていただきました。ロールプレイも楽しかったです。

「エース・ボニー」 G-かやさん感想

記者をさせていただきました。女性2人おロールプレイに戦々恐々。
おもしろいロールプレイができ楽しかったです。

18 thoughts on “2017年12月10日開催、第32回鹿児島TRPG倶楽部定期ゲーム会情報。募集システムは、デッドラインヒーローズRPG、インセイン

  1. 真波カオル

    ●レギュレーション
    システム:マルチジャンル・ホラーRPG インセイン(データは2巻まで使用)
    開催日:9時~17時
    使用ダイス:6面ダイス2つ(貸し出し可)

    シナリオタイプ:特殊型
    (特殊型:協力型、対立型、バトルロイヤル型の要素が組み合わさったようなシナリオや三つ巴の対立型など、それぞれの枠に入らないシナリオのこと)
    ワールドセッティング:狂騒の二〇年代(大正日本)
    狂気:16枚
    PC人数:4人
    プレイ時間:3~4時間+キャラ作成や休憩として2時間ほど使用

    ※キャラ作成不安な方向けに、サンプルキャラクターご用意いたします!

    リミット:3サイクル
    作者:一乃瀬様(『螺旋怪談』収録)

    ●マルチジャンル・ホラーRPG インセイン とは
    マルチジャンルとあるように、学校の怪談から宇宙的恐怖まで、色々なジャンルのホラーで遊べるサイコロフィクションシリーズ(表とサイコロ2つで基本的に判定するシステム)のゲームです。
    PC達は怪事件の関係者「逢魔人」という存在です。
    彼らは最初から公開している「使命」とは別にそれぞれ「心の闇」を抱えています。
    全員「使命」は『みんなで事件を解決する』とあるけれど、本当に?
    あの人には実は「本当の使命」があって、それは私たちを邪魔することなんじゃ……もしかしてあいつは犯人?
    そんな疑心暗鬼にかられ、調査を行い、衝撃的な事実を知ると、ときに「狂気カード」というものを引くこともあります。
    「パニック」「記憶喪失」「絶叫」……様々な条件でその狂気は暴発します。
    顕在化した狂気が次々と連鎖する、なんてことも。
    さあ、狂気と恐怖に翻弄される物語を始めましょう。

    ●トレーラー

    煌めく瓦斯の灯のその向こう、昏い闇夜の只中に嗤うは仮面。
    黒い影が夜の摩天楼を飛び、笑い声と共に今宵も宝が消える。

    予告状と共に現れ、権力者や悪人から宝を奪う怪盗「夜光蝶」。
    帝都市民はその行動に、さながらショウのように喝采を送る。

    闇夜に光を燈す義賊だと。世論は彼らを正義と呼ぶ。
    義賊といえども、賊は賊。法秩序は彼らを悪と呼ぶ。

    しかし、怪盗は、ついに犯してはならぬ一線を越えてしまう。
    奪われたのは、宝ではなく生命──怪盗による殺人であった。

    インセイン
    「蝶は月夜に嗤う」
    ──月夜に舞い飛ぶ蝶一頭
    ──紅き血潮を啜る蝶一頭

    ●ハンドアウト

    PC1
    推奨職業:探偵
    あなたは、帝都に事務所を構える職業探偵──いや、名探偵だ。
    今、あなたが興味を持っているのは、この帝都の夜を騒がせる怪盗「夜光蝶」のこと。
    これと決めた相手に予告状を送りつけ、だれひとり傷つけることなく警備を突破し宝を盗み出す……。
    なんとも粋な話じゃないか。だからこそ、あなたの好敵手にふさわしい。
    あなたの【使命】は、事件の謎を解くことである。

    PC2
    推奨職業:学生
    あなたは、PC1 の助手だ。
    PC1 がどう思っていても、あなたは自分を助手だと思っている。
    珈琲を淹れるだけが仕事のお茶汲みなどではない、はずだ。
    助手なれば、やはり先生を助けるのは当然のこと。
    あなたはあなたのやり方で、怪盗を追いかけることにした。
    あなたの【使命】は、怪盗の情報を集めることである。

    PC3
    推奨職業:夜の蝶
    あなたはカフェーの女給である。
    収入はすべて客からのチップが頼り。そのためには、どんなことだってする。
    ──いつしか、誰かの軽くなった口から漏れる秘密という名の蝶が、誰かの耳に止まるようにするのも、あなたの稼ぎのひとつとなっていた。
    その日あなたの瞳に止まった蝶は、あなたに死の羽音を感じさせるに充分だった。
    あなたの【使命】は、死から逃れることである。

    PC4
    推奨職業:記者
    あなたは新聞記者だ。
    記者になって、ひとつわかったことがある。
    大衆が求めているのは、熱狂的な娯楽だ。
    あなたが怪盗寄りの記事を書けば、それだけで新聞が売れる。
    もっとも、そんな記事ばかりだとお上に睨まれてしまうのが面倒なところだ。
    そんな時、降って湧いたのは、怪盗と名探偵の直接対決の噂。これを放っておく手はない。
    あなたの【使命】は、売れる記事を書くことである。

    1. 匿名

      すみません連絡が遅くなりました、不参加でお願いします。
      ずっと参加できていなくて悲しい(´・ω・`)

  2. モス子

    モス子です。お久しぶりです。
    調整している最中ですが恐らく来れるかと……PL参加を希望します。

  3. 神姫 蝶々

    遅くなってすみません。
    一応まだ調整中ですけど、参加出来ると思います。
    PLで参加します。

  4. 課長

     遅くなり申し訳ありません!今回デッドラインヒーローズのGMをさせていただきます、課長です。
     今回は、公式電子書籍、「ヴィランズショーケース」に収録されている4人用シナリオ「血塗られた舌」を回させていただきたいと思います。多くの方に、ヒーローになっていただき、楽しんでいただければと思います!
     では、デッドラインヒーローズの世界観を…。時は今。部隊は地球。だが我々が知っているそれではない。第二次大戦末期に現れた超人種(パワーズ)は、間もなく世界にその居場所を確保した。人類を殺戮し、食い物にする超人種はヴィランと呼ばれ、恐れられた。そして時を同じくして次々と発生する怪奇現象、異世界かや宇宙から出現する侵略者、生まれる変異体(ミュータント)・・・ヴィランどもはそれらの力を欲望のままに利用していく。人々は窮地に立たされた。だが対抗するかのように、人類に味方する超人種もまた現れた。彼らヒーローは、あらゆる悪と戦い続けた。そして現在。人々はすでに知っている。ヒーローとヴィラン。この二つの勢力によって、惑星の均衡が保たれているということを。しかし、そこで事件が起こる・・・。「セカンド・カラミティ」、あるヴィラン組織が異世界から召喚した巨大怪物「ザ・スローター」が出現する。世界中のヒーローが立ち向かったが、そのほとんどが返り討ちにあってしまう。スローターの撃退には成功するも、世界は多くのヒーローを失ってしまう・・・。世界を救うため、大事な人を守るため、己の信念を心に宿し、迫りくる限界(デッドライン)の中、《死線》を超え、今君が世界を救え!

    シナリオ「血塗られた舌」 
    使用ダイス:10面ダイス×2 6面ダイス×2 貸出し可能です!(今回は忘れないようにします・・・!)

    PC人数:4人

    時間:3時間程度(キャラクター作成に一時間程度、休憩に1時間程度見ています。早く終わったら、もう一話遊べたらと思っています。)

    あらすじ:国際的著名人のナイ神父が、PCの街(日本国内を想定)に訪れる。彼は街の孤児院にしばし滞在し、人々の心を打つ演説を行う。
         その裏で街に起きる、奇妙な事件。背後には、ナイ神父が-彼の属するヴィラン組織「ネクロポリス・ナイツ」の邪悪な陰謀があった。
         ヒーローたちは、陰謀を阻止できるか?

    エントリー
    PC1:君は孤児院で育った。国際的な慈善活動で知られるヒーロー、ナイ神父の運営する孤児院の一つだ。かつて、一度だけ孤児院に来た神父から、君は多くの影響を受けた。ヒーローとしての目標の一つでもある。
       そして今回、再びナイ神父が来日し、やってくる。彼は、今の君の活動をほめてくれるだろうか?期待と不安を胸に、君は神父の来訪を待つ。

    PC2:君は孤児院で育った。国際的な慈善家として知られるヒーロー、ナイ神父の運営する孤児院の一つだ(PC1とは異なるものとなる)。
       あの日、君はすべての友と幸福を失った。
       何度も悪夢を見る。何度も奴の、正体を見る。
       君は復習者だ。世界中で、彼を追い続けてきた。
       今度こそ、奴を-ナイ神父を倒す。だが、手段を選ばないヴィラン同然になり果てたくはない・・・。

    PC3:著名なヒーローの来訪に、町は沸いている。だが、その陰で街で奇妙な事件も起きていた。幾人もの人物が一晩、姿を消し・・・放心状態で見つかる。
       君はPC1と共に街を守るヒーローだ。
       超人種の仕業と思しき、この事件を放置はしておけない。ヴィラン組織による、計画の一部化もしれないのだ。PC1は神父の歓待で忙しい。君は一人、調査を始める。

    PC4:突如、来日したナイ神父は国際的に著名なヒーローだ。もっとも、彼の戦闘力は高くない。国内で彼が負傷したり死亡すれば、大きな国際問題だ。
       君は、そんな彼を警護すべく国からの依頼を受けた。彼が向かう街は・・・君の故郷でもある。最近は戻っていないが、友人のPC3が活躍してる。里帰りと思えば、これは悪くない休暇だ。

    以上になります!ご質問等ありましたら、お気軽にお声掛けください!

  5. 課長

    追記です!今回ちょっと敵が強いので…w最初から経験点を15点差し上げます!どんどん強化しちゃってください!

  6. 真波カオル

    本日はお疲れさまです。
    今回はインセインのGMをしました。
    一乃瀬様のシナリオ二本いたしました。(すてきなシナリオありがとうございます)
    二本とも自分がプレーヤーしたときにとても楽しかったシナリオでしたので、今回同じようにプレーヤーさんも楽しんでいただけたならGM冥利に尽きます。
    また遊んでいただけたなら幸いです。
    ご参加くださったプレーヤーさんありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。