SW2.0突発アドリブ卓セッション GM: fran 死体 レポート

SW2.0突発アドリブ卓セッション GM: fran 死体 レポート – TRPGサークル『鹿児島TRPG倶楽部』 TRPGやボードゲームを楽しんでいます

12月4日に行ったセッションのレポートです。

レポートといっても完全アドリブシナリオだったのでストーリーらしいストーリーはありませんでした。
銛さん、真波さん、スモモさん、エヌさんに参加していただきました。
プレイヤーの皆さんが優しい方達で助かりました。本当に。こんなめちゃくちゃな卓にお付き合いいただきありがとうございました。

物語の大筋

冒険者の宿「流水の水蛇亭」の主から近くの村付近に現れた蛮族退治の依頼を受けたPCたちが、その根城を叩く。

登場人物

ロッソ(PL:エヌさん)

リルドラケンのグラップラー・エンハンサー。弱点である命中値の低さも追加攻撃による手数でカバーし、しっかりとメインアタッカーの役割を果たしてくれました。オツムが弱い子なのはそれはそれでいい設定かと思います。

チビカマ(PL:銛さん)

グラスランナーのスカウト・レンジャー・シューター。男の娘キャラで、こちらの想定以上に蛮族を屠ってくれた隠れたアタッカーでした。スカウトとしてもレンジャーとしても申し分ない働きをしてくれたと思います。

リップ(PL:スモモさん)

ハイマンのセージ・ソーサラー。今回のパーティー唯一の魔法アタッカー兼妨害役。ボス戦で見事にブラント・ウェポンを決めてくれたおかげでGMは泣きました。起死回生のクリティカルで完膚なきまでにGMの思惑を壊してくれたのは見事でした。セージとしてもしっかりと役割をこなしてくれたので、メンバーの大きな助けになったと思います。

シーニャ(PL:真波さん)

ヴァルキリーのプリースト(月神シーン)・ファイター。メイン回復役として瀕死の仲間を死の淵から救い出した姿はヴァルキリーにふさわしい聖女の姿でした。攻撃面こそなかなかで目に嫌われ振るわなかったものの、ここぞという時にはしっかり当ててきたのも印象的でした。

総評?

GMとしては一人くらい気絶に追い込めるかな?と思って出したキャラクターが妨害魔法の影響で鈍らと化してしまい、いいところまで追い詰めるも止めだけがどうしても刺せずに残念でした。
急遽立てた完全アドリブシナリオで至らぬところは多々あったかと思いますが、皆さんそれなりに楽しんでもらえていたようで何よりでした。レポートは以上です。

Tagged on:

One thought on “SW2.0突発アドリブ卓セッション GM: fran 死体 レポート

  1. たぐっちゃん Post author

    レポート投稿していただきありがとうございます。
    参加PLさんも続々投稿してくださっていて、あわせて読んで楽しかったセッションの様子伝わります。
    trpg.support/kagoshima/regularly/161204trpg#
    http://trpg.support/kagoshima/regularly/161204trpg#i-5
    今日な事態にもかかわらずGMしていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。