2016年7月16日GMデビューサポート。きよし。さん、大正浪漫デッドラインヒーローズ。GM誕生の向こう側にサークルの明るい未来を感じられました。

2016年7月16日GMデビューサポート。きよし。さん、大正浪漫デッドラインヒーローズ。GM誕生の向こう側にサークルの明るい未来を感じられました。2016年7月16日GMデビューサポート

鹿児島TRPG倶楽部は、TRPGデビューしやすいサークル、GMデビューしやすいサークルを目標の一つに掲げて活動しています。

その活動の一環として、今年度からGMデビューサポートを始めました。

シナリオ作成などの相談、立卓のサポート、マッチングのサポート、会場の手配、コマなどの貸し出しなどを行おうという試みです。

鹿児島TRPG倶楽部のメンバーきよしさんがGMデビューサポートうけてくださいました。

イラストを描いてくださったり、設定を考えてくださったりと、とても丁寧に準備を進めてくださっています。

GM誕生の向こう側にサークルの明るい未来を感じられ、とても素晴らしい体験ができました!

ご本人のつぶやきなども引用しつつ、紹介させていただきます。

大正時代をモデルにデッドラインヒーローズを遊ぶ!ご本人のイメージを大事にしつつ、TRPGならではの楽しさを引き出せるようにサポートさせていただきました。

デッドラインヒーローズを、大正浪漫あふれる時代や設定で遊びたいという相談から始まりました。

ご本人も大正時代への思いが熱く、丁寧に設定など考えてくださいました。

コスプレからインスピレーションを得たシナリオとても面白いアプローチで、私も良い体験ができました!

Discordの個別チャットでシナリオ相談。そのシステムでGMさんの世界観を表現するということ。TRPGならではの楽しさを盛り込むということ。

シナリオのアイデアや世界観は明確にお持ちだったので、そのシステムでGMさんの世界観を表現するということ。TRPGならではの楽しさを盛り込むということ。などの面でシナリオの相談など、Discordの個別チャットで乗らせていただきました。

初めてGMされる方、シナリオ自作される方は、こういう部分がボトルネックになるのかと確認もでき、私も良い体験ができました。

Discordの個別チャットで

そのシステムでGMさんの世界観を表現するということ。PCはどういう立場か。

大正時代というのは、デッドラインヒーローズの公式ではサポートされていない世界観です。

世界観を大事にしつつ、デッドラインヒーローズぽく遊べるようなものにできればと思い、PCはどういう立場か。から考えてもらいました。
それに対して以下のような設定を考えてくださったのですが、これは間違いなく面白いものになるなと思いました。

PCはどういう立場か。をきちんと考えるとぶれない卓になる気がします。

【嗤ウ傀儡】設定
世界観の紹介
世界観のベース:大正時代
貿易が活発で多くの異国の文化を積極的に取り入れており、高度成長期の真っ只中の世界です。
表向きは非常に華やかですが貧富の差が激しく、生活が苦しい者は窃盗や詐欺などの犯罪に手を染めており、少し繁華街を離れると治安がたちまち悪くなり、至るところに盗賊などがいます。
そのためこの世界では護衛と言う仕事は重宝されていて、上層部の府民は護衛を良く利用しています。

舞台:金屏府(きんびょうふ)
いくつかの富裕層で構成された、海辺に面する巨大な貿易都市が金屏府です。
その富裕層の中でも圧倒的な権力を持つのが九条家で、納税により国の経済を支えていると言っても過言ではなく、その影響で国家事情にも精通しています。

ヒーローの立ち位置:選人(せんじん)
この世界では、ヒーローは選ばれし人類「選人」と呼ばれています。
現代で言うところの、要人を護衛するSPの立場に近いです。
選人はその正体を隠す事はなく、国家とは別の組織である「選人協会」が管理しており、選人はそこへ登録をして様々な依頼を受けます。
主な仕事は雑用から護衛、警備、戦闘まで。
特に権力者や貴族など、地位の高い人の護衛は選人にとって名誉ある仕事で、子供達の憧れの職業です。
選人に対しての一般人の認識は、理由は良くわからないけど何だか強い人・超能力者・霊能力者の類と言った認識です。選人は周囲から一目置かれ、尊敬されたり畏怖の念を抱かれたりしています。
日本で最初の初代選人が起ち上げたとされる選人協会ですが、登録をしていない野良選人も多数おり、中には金次第で汚い仕事をする選人もいるようです。そのような選人は、選人協会で厳しく取り締まっている話も耳にします。
なお、ヒーローと言う言葉はもとより、サイオンやミスティックなどの概念もまだ存在しません。
故に、オリジンによる差別は基本的になく、「依頼主と選人=護られる者と護る者」で友好な関係を築けています。
ただしそれは文化的な生活ができている圏内の人々の話で、情報の少ない地方や山奥の村の出身の選人は、差別を受けている場合も少なくありません。

TRPGならではの楽しさを盛り込むということ。役割とトリガーの集中化。

もともと創作活動をされていたので、シナリオもとてもこられたものでした。
その分登場人物が多く管理が難しく感じたので、「情報を渡す役」など役割とトリガーの集中化などについてアドバイスさせていただきました。

それに答えて、特定のPCにある場面で公開できる秘密エントリーを作る形で、よりスムーズに情報を渡して、シナリオを展開する形を作ってくださり、実際の卓もとても楽しいものになりました。

メンバーさんと日程調整。気の知れた方たち相手のGMはやはりいい感じ。

メンバーさんは、雑談チャットの鹿児島TRPG倶楽部部屋で声かけさせていただき集めました。

最終的に集まったメンバーさんのタイプも多様になり、とてもいいテスト環境になったと思います。

メンバーさんは以下の通りでした。

  • デッドラインヒーローズはGMもPLも経験あり、自作シナリオ経験もあり
  • デッドラインヒーローズのPLを熱心にしてくださっている
  • デッドラインヒーローズの経験はないが、別システムのGMやPLを熱心にされている
  • デッドラインヒーローズ未経験

モニターということで今回は1卓。2卓なら会場費の負担もでないかも。

プレイ会場は、いつも利用させていただいている会場の少し狭い部屋を利用しました。

今回GMデビューサポートのモニター的な意味もあったので、1卓開催ということで足が出たのですが、2卓とかなら会場費も担えそうで運営の面でも大丈夫そうでした。

熱心に準備をしてくださっていたGMさん。本番も自信をもってGMされていました。

今回GMをするにあたり、本当に念入りに準備してくださっていました。

こういう準備は当日自信を持ってGMできますし、PLさんにもイメージ伝えやすくとてもいいと思います。

当日も楽しい卓を演出してくださいました!

当日も楽しい卓を演出してくださいました!

ホワイトボードにイラスト描いてくださったり、キャラ絵やイメージ写真やイラストをスタンドに立てて案内してくださったりと、とにかく丁寧に楽しさ広げるマスタリングをしてくださいました。

「もう自作シナリオGMしかやりたくない身体になってしまう」最高に嬉しい言葉です!

本当に楽しい卓でした。
メンバーさんも本当に熱心で、演出方針などGMさんや相手のPLさんを相談するために廊下に誘導したりされていました。
初GM、それも自作シナリオでPLさんがそこまでしてくれたら本当にGMさん冥利に尽きたと思います。

セッション後に感想をお聞きした際や、つぶやきでも「もう自作シナリオGMしかやりたくない身体になってしまう」と言われていました。
これは最高のGMデビューの感想だと思います。

GM誕生の向こう側にサークルの明るい未来を感じられました。

GMさんはTRPGサークルの生命線で財産だと思います。

私が好きなコミックスに、アニメーターさんが主人公の「アニメがお仕事!」という作品があります。

その中のエピソードに、主人公が「誰か一人でもその業界の人を増やせたら、その業界は拡がる」という言葉をいうエピソードがありました。

今回GMさんデビューしてくださる場面に立ち会い、GMされる姿のその向こう側に、参加するPLさんの姿が想像できました。

GMしようという方に、ここなら挑戦してもみようかなという場所や機会を、これからも作っていければと思います。

本当に楽しいセッションありがとうございました!

卓感想

GMきよし。さん感想

初のGMさんでした。連取卓でしたが、事前準備のおかげで、スムーズに進行できました。
よくロールプレイしてくれたPLさんたちにも感謝です。

朝日雀 はつがまいさん感想

お疲れ様でした!シナリオも楽しく、イメージしやすいし、卓の雰囲気も良くて今まででは一番RPしやすかったです。大正時代の雰囲気と、サーカスのオダマキの怪盗もマッチしていて楽しかったです。
ありがとうございました。

立花正宗 たぐっちゃん感想

GMデビューお疲れ様でした。
準備段階から拝見していて、見事に成果が出ていてすばらしいGMでした。
PLさんもノリがよく楽しいセッションでした。
ありがとうございました!

カグヤ 神姫蝶々さん感想

男の娘の二重人格者カグヤちゃんをやらせていただきました。
初めてエンハンスドをやりましたが、なかなか面白かったです。
最後の最後でとてもいいRPができたと思います。
またやりたいですね!

吹雪レイカ 真波カオルさん感想

おつかれさまでした。
初デッドラインヒーローズ楽しかったです。
小道具などもたくさんあり、イメージがつかみやすかったです。
キャラクター間の関係性などもわいわいできてとても面白い卓でした。
また遊びたいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です