トップTRPG・アニメで南国鹿児島暮らしブログTRPG・ボードゲーム日記 ≫ 血界戦線読むとダブルクロス遊びたくなります

血界戦線読むとダブルクロス遊びたくなります


アマゾンからいろいろ届きました。

f:id:tagu_chan:20100117204523j:image

アマゾンは大阪から発送されるようになってからは、翌日に届くのでいい感じです。

TRPG関連本はそれぞれ感想書こうかなと思うので、血界戦線-魔封街結社 1 の話題を書こうと思います。

トライガンで有名な内藤泰弘先生の作品なのですが、これ読むとダブルクロス遊びたくなります。

このキャラのシンドロームは、ブラムストーカー/サラマンダーかな?とか、渇きの剣に範囲攻撃がのってるなーとか思いながら拝見しました(笑)

むしろステージ「ヘルサレムズ・ロット」とか公開されないかなとか思いました。

ある事件によって異界と現世が交わり魔都と化してしまったNY、その名も「ヘルサレムズ・ロット」を舞台に人類と異世界人の均衡を保つべく組織された秘密結社「ライブラ」の活躍が描かれます。

キャラ同士の掛け合いや異界の住人を含む造詣、なにより戦闘がかっこいい!

トライガンはガンアクションかっこよかったですが、血界戦線は白兵メインです。

そして技名を叫びます!これ大事ですよね。

また使用される技が、血液を利用したものなのですが、ブラムストーカーぽくてかっこいいんですよね。

1巻とあるので続きを楽しみにしていたのですが、Wikipedia見る限りでは連載中の作品ではないようなんですよね。

ぜひ続きが読んでみたい作品です。

2010年1月17日 21:15