トップTRPG・アニメで南国鹿児島暮らしブログTRPG関連商品紹介 ≫ ミストキャッスルをぱらぱらとみてます

ミストキャッスルをぱらぱらとみてます


ミストキャッスルをぱらぱらとみてます。

ネット上を見て回ると遊んだという方の感想などもあがってきていてうらやましいかぎりです。

お世話になっているオンセサークルさんでもGMさんによる募集が始まっていました。


NPCをみてまわるだけでもおもしろいですよね。

霧の街は蛮族が支配しているという設定なので、勝手の違うNPCも多くて見ごたえがあります。

「牧場の少女ハイネ」とか藤子・F・不二雄先生の「ミノタウロスの皿」を髣髴させておもしろい。

おかれた状況や経歴によるこういう価値観の差を表現するのは面白いですよね。

人族と蛮族に関しては、2.0の大きなテーマですし、オンセを主催しているということもあり興味の尽きない部分です。


PCが街にいる理由も独自の導入表を振って決めるみたいですし、目によってはこの街が故郷というパターンもありえるようなので、負けプレイや希望を見いだすプレイなどいろいろ楽しめそうです。


公式サイトで表類をダウンロードできるのも良い感じ。

うーん本当に遊びたくなってきた(笑)

TRPG SNSさんでスカイプオンセでも募集してみようかな。


2009年2月24日 19:00