トップTRPG・アニメで南国鹿児島暮らしブログアニメのこと ≫ アニメーションノート No4

アニメーションノート No4

「アニメーションノート No4」を読みました。「アニメーションノート」は、いま一番楽しみにしている雑誌です。

アニメーションのメイキングマガジンということで、メイキング記事が満載です。

「鉄コン筋クリート」「パプリカ」「天元突破グレンラガン」などのメイキング記事が満載でした。

わたしが特に心を惹かれたのが「サザエさん」に関するエイケンさんの記事です。

株式会社エイケン

サザエさんといえば、日本を代表するご長寿アニメですが、サザエさんの凄いところは、日本で唯一セル画のアニメーションで作られているという部分です(私の知る限り)

毎週多くのアニメが作られていますが、全てデジタル化され、作画以降の作業はパソコンを使って行われています。

手描きの素材をスキャンして取り込み、色を塗り、演出さんの意図するように撮影して、編集するといった作業を、パソコン上で行っています。

サザエさんは、ただひとつ昔ながらの手法で作られているアニメです。

さらにすごいのは、セル塗りもハンドトレースで行われています。つまり全て手作業でセルに描き写しています。

これは本当にすごいです。職人の域です。

ハンドトレース

こういった昔ながらの制作方法を続けていくためには、ものすごく苦労が多いと思います。

撮影台、編集などなど、セル画用の絵の具も太陽色彩さんの記事も載っていましたが、「もののけ姫はこうしてうまれた」や「アニメーションの色職人」をみていたので感慨深かったです。

最近のアナゴさん人気もあって(というか若本規夫さん人気だと思います)、アナゴさんの奥さんの登場もありえるらしいです!

  

今日のイラストは、ペインター使用。

こちらの方が描きやすいですね。回しながら描けるのがいいです。

アニメ系の絵の描き方を学んだので、自分の手の描きやすい角度にキャンパス回せるのは素敵です。

2007年1月 9日 19:28