トップTRPGSNSのススメ ≫ TRPGSNSをもっと楽しもう

TRPGSNSをもっと楽しもう

TRPGSNSをもっと楽しもう

TRPGSNSをもっと楽しもう

TRPGSNSには、雑談チャットなどで実際に参加されているメンバーさんと交流できる仕組みもあります。
コミュニティや個人の日記などでオンラインセッションなどの募集を見かけて興味がわいたら、ちょっと勇気を出して参加希望出してみるのもいいかもしれません。
自分の好きなシステムで募集が無いものがあったら、自分で募集してみたり、そのシステムのコミュを作るということもできます。

雑談チャットに行ってみよう

TRPGSNSの右サイドバーには、雑談チャットへのリンクがあります。

TRPGチャット入室

いま入室されている人の数と名前、閲覧されている人の数が表示されていますので、知り合いの方がいたら顔出してみるのもいいかもしれません。
チャットに行くにはリンクをクリックしてください。

チャット画面はとてもわかりやすくシンプルなインターフェースです。
こちらは記事用に入室した状態となっています。

TRPGチャット

チャット部屋に入室するには「入室/退室」タブをクリックして表示されるメニューのテキスト欄に名前を入力して「入室する」をクリックします。

名前はSNSで使用しているハンドネームにしておくと他の方にも気づいてもらいやすいと思います。

TRPGチャット

チャット部屋には、ツイッターのアカウントで入室することもできます。ツイッターにログインした状態で、名前を入力して「ログインして入室」をクリックします。

TRPGチャット

TRPGチャットで利用しているかにチャットというサービスの画面が表示されますので、必要なものにチェックを入れて「ログイン」するをクリックします。

TRPGチャット

ツイッターが認証許可を求めてきますので「連携アプリを認証」をクリックしてください。

ツイッターでログインすると、アイコンがツイッターで使っているものになったりと、ちょっと面白く利用できます。

ささやき機能でその場にいる人と1対1でチャットすることもできます。

他の人の話題に邪魔にならないように、セッションの相談などするときに便利です。

ささやき機能を使うには、サイドバーに表示されている「ほかのメンバーさん」の名前をクリックします。

TRPGチャット

メンバーの詳細という画面が表示されるので「ささやきを送信する」をクリックします。

TRPGチャット

メンバーさん名の名前がついた画面が表示されます。こちらで書いた内容が指定したメンバーさんだけに表示されます。

TRPGチャット

チャット画面では、自分とどの人が会話したという感じに表示されます。

TRPGチャット

ささやき機能は、あくまで特定の人との打ち合わせなどを快適に行うためのもので、特定のシステムや誰かの悪口・陰口を言うためのものではありません。
たとえば自分の発言を削除する機能もありますが、どちらも生ログは残りますし、何よりその場にいて発言を聞いていた人たちの心にそういった行動は残ります。

つい盛り上がってそういう流れになった場合は、ひとこと「盛り上がっていいすぎました」などひと言添えるといいかと思います。

オンセもそうですが、画面の向こうには誰かがいるということを意識して、最低限のマナーを守りながら、楽しく雑談されるのがいいかと思います。

目次へ

雑談チャットちょっと便利な機能

雑談チャットのちょっと便利な機能紹介いたします。

誰かの発言があったら音を鳴らして知らせてくれたり、過去ログの行数増やしたりする機能を紹介します。

「機能/設定」タブ選択

①「機能/設定」タブ選択します。

②表示が切り替わりますので、「画面の表示、サウンド、機能に関する設定」クリックします。

設定画面

①サウンドに関する設定
誰かがメッセージを発言した時、入室・退室されたとき、ささやきがきたとき、登録したキーワードが発言されたときなど音を鳴らして知らせてくれます。
それぞれ違う音が鳴りますし、音量も調整できるので便利です。

②ログ行数の変更
会話が盛り上がるとログが流れるのも早いです。どんな会話が交わされたかなど確認したいときは多めの行数にされるといい感じです。

③キーワードの設定
発言時に反応するキーワード、禁止するキーワードを登録できます。自分のハンドルネームなど登録しておくと呼ばれたときなど反応しやすいです。

 

目次へ

募集されているセッションに参加してみよう

TRPGSNSでは、メンバーさんの日記や、コミュニティなどでのセッションの募集が盛んです。気になる募集があったらぜひ参加してみてください。

参加方法や実際に参加したあとの作業などは、募集ごとコミュニティごとにそれぞれなので、こちらではコミュニティのイベントへの参加方法などを簡単に案内します。

自分の参加しているコミュニティにイベントやセッション募集などが立つと自分のホームの「コミュニティ最新イベント」欄に表示されます。

イベント参加

この機能は便利なので、気になるコミュニティあったら参加しておいてイベントの情報をおいかけるというのは、SNSの便利な利用法だと思います。
気になる募集があったら、そちらをクリックします。

募集内容などが表示されるので、内容を確認して自分時間の調整など問題なければ、コメント欄にコメントを添えて「このイベントに参加する」をクリックしてください。

イベント参加

参加が決まり、イベントで情報のやり取りをしていくことになったら、「コメントのみ書き込む」をクリックしてコメントしてください。
間違って「参加を取り消す」を押してしまうことはよくあります。

参加方法などは本当に募集ごとコミュニティごとにそれぞれなのですが、よくある流れを案内しておきます。

  1. イベントや日記で募集がかかる
  2. 期限日までに早いもの順か、希望される方が多い場合抽選で参加者さん決定
  3. 先に案内されていた日開催か、メンバーさんのスケジュールを伝助などを使用して調整
  4. キャラメイクは開催日までに済まして、日記やGoogleドキュメント、キャラシート登録サイトなどを利用してそちらのURLをGMや他のメンバーさんにイベントトピック利用して伝える
  5. 当日どどんとふやIRCでセッション、場合によってはスカイプも使用

こういう流れが多いと思います。

目次へ

自分でもセッション募集してみよう

「前回GMをしてもらったから自分もGMしてみようかな」「自分に好きなこのシステムの募集がない。それなら私がGMしよう」そんなときは自分でセッション募集してみましょう。

募集イベントの立て方は、コミュニティごとにそれぞれなので、こちらではコミュニティのイベントの立て方などを簡単に案内します。

イベントを立てる場合は、各コミュニティのホーム画面コミュニティイベント「イベントを作成する」をクリックしてください。

イベントたてる

イベントに記載する内容は、これまたコミュニティごとにそれぞれなのですが、最低限案内しておいたほうがいいと思えるのは、

  • システム名
  • 開催日やプレイ開始時間、何回に渡ってのセッションになるかの予定
  • 没収締め切り日と募集人数、希望者多数の場合の抽選方法
  • ルールブックやサプリメントはどこまで適用するか

などは最低限記載しておくのがいいかと思います。

目次へ

コミュニティを作ってみよう

「自分の好きなシステムのコミュが無い!」「こんなTRPG話題の話題でみんなで盛り上げれないかな?」そんな思いがわいたら思い切って自分でコミュニティ立ててみるのもいいかもしれません。

コミュニティを立てる前に、一度同じ趣旨のコミュがないか調べましょう。

上部メニューの「コミュティ検索」をクリックし、システム名や関連するキーワードで似たコミュ無いか調べます。

コミュニティを作成

同じ趣旨のコミュがなければ、上部メニューの「コミュティ検索」をクリックし「コミュニティ作成」からコミュニティをつくります。

コミュニティを作成

必要項目を記入して、コミュニティをつくります。あとから追記・編集することも可能です。

コミュニティ説明文は特に重要です。自分がコミュでどういうことをしたいのか伝わる説明文を書きましょう。

コミュを立てたばかりの頃は、管理人の自分が一人参加しているだけです。日記などでコミュのことを紹介して参加者さんを増やしましょう。

よくある手法としては、

  • 自分の日記でコミュニティ作ったことを伝える
  • 自分のプロフィールにコミュニティのことを紹介する。
  • ラウンジコミュの告知トピック利用させてもらう。

などでしょうか。紹介する際はコミュニティのURLもきちんと案内しておくと見ていただける確率は高いです。

目次へ

TRPGSNSをもっと楽しもう

mixiページの記事にも最近似たようなこと書いたのですが、こちらにもSNSに関する利用者としての感想書かせていただきます。
いまから参加される方の参考になるとありがたいです。

私自身もTRPGSNSに参加させていただいているのですが、SNSという物自体がTRPG遊ぶことにとても適しているなと普段から思っていました。

  • TRPGという共通の話題を通して、誰と交流しているのか、遊んでいるのかを実感しやすい
  • 実際にセッション遊ぶ前に。今度一緒に遊ぶ方はどんなシステムが好きなのかなどをプロフィール画面や日記などから察することができる場合がある
  • セッション遊んだあとも、TRPG仲間になってもらったりと関係を継続しやすい
  • メッセージ機能などで連絡する手段を確保できる
  • コミュニティのイベント機能などを活用し、セッションの募集や、参加メンバーさんの情報共有やスケジュールの管理がしやすい

こういった利点を普段から感じていました。

TRPGは誰かと一緒に遊ぶものですから、「ななしさんではなく○○さん」というように、誰と遊んでいるかという実感が得られたり、その人がどういう人なのか、少しでも知ったうえでセッションに臨むことができるというのは、大事なことではないかと思います。
逆にコメントなどやり取りしていて、この人とは会わないかなと思ったら、適度に距離をとるということも可能だと思います。

またGMさんが少ないという話題をオンセ遊んでいるとよく見かけるのですが、GMを始めてやろうという方はシナリオが作れないなどいろいろな悩みを抱えていると思うのですが、
「初めてのGMで失敗したらどうしよう」
「参加したPLさんに面白くなかったと責められたらどうしよう」
といった潜在的な不安を抱えている方も多いのではないかと想像しています。実際私もそうでした。

GMしてくださる人が増えるということは、自分のプレイ機会も増えることに繋がるので、私が接したTRPGSNSメンバーさんたちに関して言うと、とても新人さんに優しい親切な方が圧倒的に多いと思います。
そうは言われてもやはり心配される方もいると思うので、交流する中で相手の人柄を感じられたり、その人が誰かというトレーサビリティにも優れたSNSの機能や特性を活用し
「この人たちとなら初めてのGMに挑戦してみようかな」
という雰囲気を作れたら、TRPG好きな自分にとっても遊ぶ機会が増えたり、自分の大好きなTRPG業界にとってもユーザーさんが増えることに繋がると思って活動されている方は多いと思うので、ちょっとだけ勇気を出してSNS内で活動していただければと思います。

まずは自己紹介日記書いてみるのがいいかもしれません。自分の日記にコメントついたら嬉しいものです。

目次へ

2011年9月 2日 19:18