トップTRPG mixiページのススメ ≫ TRPG mixiページを始めた理由とこれからのこと

TRPG mixiページを始めた理由とこれからのこと

TRPG mixiページを始めた理由とこれからのこと

ザ・インタビューズで「どういう経緯で、TRPG mixiページを始めようと思われたんですか?」という質問をいただきました。

答えが長くなったのと、図なども使って説明したかったので、こちらに記事として投稿させていただきました。

TRPG mixiページをはじめようと思った理由

新しいもの好きなのでmixiページを作ってみたいという単純な思いから立ち上げました。
何の話題を扱うか考えたとき、真っ先に浮かんだのが大好きなTRPGでした。

mixiページは、メンバーさんが50人になると短いURLが使えるようになるのも知っていたので「TRPG」というURLの取得を目指してまずは使ってみようと思いました。
幸いなことに数日のうちに50人の方にフォローしていただき、「trpg」というURLを取得できました。

使っているうちにmixiページの機能や、得意なこと不得意なことがわかってきたので、いまはTRPG関連の情報や、セッションのプレイ機会などをシェアするといった 、TRPGやりたい人、もっとTRPG楽しみたい人のナビゲーション的なサイトとして運営していければと思っています。

mixiやSNSでTRPGを遊ぶということ

私自身mixiのオンラインセッションサークルさんや、TRPGSNSといったTRPGをテーマに運営されているSNSに参加させていただいているのですが、SNSという物自体がTRPG遊ぶことにとても適しているなと普段から思っていました。

  • TRPGという共通の話題を通して、誰と交流しているのか、遊んでいるのかを実感しやすい
  • 実際にセッション遊ぶ前に。今度一緒に遊ぶ方はどんなシステムが好きなのかなどをプロフィール画面や日記などから察することができる場合がある
  • セッション遊んだあとも、マイミクになってもらったりと関係を継続しやすい
  • メッセージ機能などで連絡する手段を確保できる
  • コミュニティのイベント機能などを活用し、セッションの募集や、参加メンバーさんの情報共有やスケジュールの管理がしやすい

こういった利点を普段から感じていました。

TRPGは誰かと一緒に遊ぶものですから、「ななしさんではなく○○さん」というように、誰と遊んでいるかという実感が得られたり、その人がどういう人なのか、少しでも知ったうえでセッションに臨むことができるというのは、大事なことではないかと思います。

またGMさんが少ないという話題をオンセ遊んでいるとよく見かけるのですが、GMを始めてやろうという方はシナリオが作れないなどいろいろな悩みを抱えていると思うのですが、
「初めてのGMで失敗したらどうしよう」
「参加したPLさんに面白くなかったと責められたらどうしよう」
といった潜在的な不安を抱えている方も多いのではないかと想像しています。実際私もそうでした。

GMしてくださる人が増えるということは、自分のプレイ機会も増えることに繋がるので、私が接した方たちに関して言うと、とても新人さんに優しい親切な方が圧倒的に多いと思います。
そうは言われてもやはり心配される方もいると思うので、交流する中で相手の人柄を感じられたり、その人が誰かというトレーサビリティにも優れたSNSの機能や特性を活用し
「この人たちとなら初めてのGMに挑戦してみようかな」
という雰囲気を作れたら、TRPG好きな自分にとっても遊ぶ機会が増えたり、自分の大好きなTRPG業界にとってもユーザーさんが増えることに繋がると思うので、そういう仕組みや雰囲気つくりを、TRPG mixiページや関連のサイトを運営していく中で少しずつ形にしていければと思っています。

より多くの方に情報を届ける。遊ぶ場を作る

TRPGをネット上で遊んだり、情報集めたりするのに便利なmixiやSNSですが、活動が活発になればなるほど情報が埋もれやすい、過去の情報にアクセスしにくいといった問題もあります。
それをmixiページの機能や外部サイトなども活用して、より多くの方に情報を伝える仕組みも作っていければと思っています。

mixiにかぎらずSNSは、最新の情報が数件自分のページやコミュのトップページに表示されるものがほとんどだと思います。
また参加している他のコミュの情報も同時に表示されますので、mixiやSNSの利用頻度によっては、セッションの募集や告知に気づかないということもあるかと思います。

情報発信に関しては、セッションの募集やイベントに関する書き込みがあった場合などは、告知を希望される場合は、mixiページの新着機能でフォローしてくださっている方に伝えたり、ツイッター連携機能も使ってTRPG mixiページをフォローしてくださっている方へも情報の案内などしていければとおもっております。

過去の情報やノウハウなどの共有に関しては、コミュニティや外部サポートwikiなども利用してアーカイブ化したり、実際にフォローしてくださっている方とオンラインセッションなど一緒に遊べる仕組みも作っていければと思っています。

mixiページと関連サイトの情報は、こちらの記事の一番下に相関図という形で案内させていただきました。
まだTRPG mixiページ上で案内していないものや、準備段階のものも多いのですが少しずつ形にしていければと思います。

自分が遊びたいからやっていけそう

今回質問いただき、あらためてTRPG mixiページのことを考えるいいきっかけになりました。質問くださった方本当にありがとうございます。

なんとなく頭で妄想していたものも、こうやって記事にすると自分の中で整理できたり、いまやらないといけないことも見えてきますね。

普段からブログなどは書いていたので、いいたいことは言っているほうだと思うのですが、ザ・インタビューズで質問という形でいただくと、普段語らないような話題についても考えるいい機会になるのかもしれませんね。

すでに運営しているサイトもあるのですが、これからも形にしていくものもあるので、相関図などみているとどうしたものかと思わないわけでもないのですが、自分の遊ぶ機会が増えるという理由ならどうにかやっていけるのかなとも思っております。

最近TRPG関連書籍など整理したのですが、まだ遊べていないルールブックや関連書籍が、カラーボックス数個分あることに気づきました。
TRPG mixiページの運営を続けていく中で、こういうルルブにも出番がでてくるかなとも思い楽しみでもあります。


mixiページと関連サイトの相関図

mixiページと関連サイトの相関図です。

まだTRPG mixiページ上で案内していないものや、準備段階のものも多いのですが少しずつ形にしていければと思います。

mixiページと関連サイトの相関図

2011年9月 1日 20:05