トップTRPGセッションログ・リプレイ・シナリオ ≫ PrePlay 00 はじまりはこんな感じが素敵だ

PrePlay 00 はじまりはこんな感じが素敵だ

2008年正月。

 鹿児島とはいえさすがにまだ肌寒い。普段ならパソコンの前で仕事をしている時間ですが、今日は足取りも軽やかに鹿児島の聖地「ひょうたん書店」さんに向かっています。昨年から通わせていただいている「南海TRPGしろくま」のメンバーの方と、今年初めてのTRPGをプレイするためです。
 ひょうたん書店は、TRPG関連の商品も多く鹿児島では貴重な本屋。TRPGの新作やコミックスの新刊をチェックしているとすぐにメンバーの方も揃い、新年の挨拶を交わし早速会場に向かうことになりました。
 
 今日は普段の例会と違い、GMぎんざめさんの声かけで集まった有志によるセッションです。

 使用するシステムは『アルシャードガイア』

 FEAR社から発売されているスタンダードテーブルトークRPGの現代版システムで、プレイヤーは、現代の地球〝ブルースフィア〟を滅ぼす闇〝奈落〟に、神の欠片〝シャード〟に選ばれた〝クエスター〟として、世界をそして大切な日常を守るため事件に立ち向かいます。

 しかも今回のセッションには、アルシャードガイアRPGサプリメント「エブリデイマジック」に紹介されているシナリオクラフトを使ってのセッションです。
 ハンドアウトなどはなくて、PCはキャラクターの背景から好きなものを選びそれにあったキャラクターを作成し、順番に登場シーンが回ってくるのでシナリオチャートを降ってイベントを発生させてシナリオが進行していくという内容。

 ランダムで展開するので、ダイスの出目によってはたいへんユカイなことになったりもします。
 今回のセッションでもダイスのミラクルでいろいろ面白い展開になったわけですが、その内容はこれからご紹介していきたいと思います。

ひょうたん書店 TRPG関連の商品も多く鹿児島では貴重な本屋さん。私はまだ参加したことがないが、ひょうたん書店さん主催でコンベンションなども開催してくださったりしている。コミックス・アニメ関連の商品も揃っていて鹿児島では貴重な聖地。
▲戻る

南海TRPGしろくま 鹿児島で活動するTRPGサークルです。例会は毎月第2日曜日10:00~18:00に行っております。
私は昨年から参加させていただいています。社会人になりTRPGプレイする機会無かったので、例会いつも楽しみです。
▲戻る

アルシャードガイア 『アルシャード・フォルテッシモ(ff)』をベースに作られた汎用システム『スタンダードRPGシステム』を搭載した、新しいスタンダード現代魔法ファンタジーTRPG。井上純弌と菊池たけし、ふたりの鬼才が世に送り出す、初のコラボレーション作品としても有名。RPGマガジン時代のお二人を知っている私から見ると奇跡のようなコラボである。ものすごく時間をかけたツンデレともいえる(笑)
▲戻る

2011年7月 6日 21:01