トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ キャラチャット「ヴィッセンでお花見」

キャラチャット「ヴィッセンでお花見」

【管理者メモ】

オンセメンバーさんが主催してくださったキャラチャット。
残念ながら私は参加できなかったのですが、こういう季節とリンクしたネタは楽しいですね。

以下は導入

お花見の季節になりました。
久しぶりの交流会、ひとつ、お祭り騒ぎといきませんか?w

【ロイド】:「おーっす、・・・ってあれ、もうおわりか?」
【ロイド】:「・・・会場どこだかわすれて探しまわってるうちに終わっちまってたか・・・」
【カリスティア】:カリスは「男の娘」酒蔵の酒瓶を抱えて街を彷徨っていた
【ロイド】:「さぁてどうするかなー・・・帰って一人団子でもくう・・・・・お、カリス、どうしたー?」
【カリスティア】:「おじ様からお花見のお誘いを受けたんですけど場所が分からなくて・・・」
【アーク】:「んお?なーにやってんのー?」
【ロイド】:「俺も場所がわかんなくてな・・・ここだと思ったんだが、誰もいねーしどうしようかと」
【ロイド】:「アークか、いやさ(かくかくしかじか)ってわけでさー」
【アーク】:「ほー、タダ酒が飲める日ってことか。そんなことよりトランプしようぜ?」
【カリスティア】:「そういえば、おじ様前回の冒険で途中で別れたんですよ。もしかしたら悪い人に追われてるんじゃ・・・?」
【カリスティア】:「トランプですか・・・ウノなら負けない自信がありますが・・・」
【ロイド】:「トランプか・・・確実に負けるじしんがあるぜ・・・
【アーク】:「三人ならラミーか......お、四人目。これならコントラクトブリッジが出来るな。」
【ロイド】:「トランプはさっぱりだぜ・・・20年くらい前にレイドと大富豪やたっきりか・・・お、人が増えたな」
【DD】:「わりー。遅れた遅れたー。すまねーなー。」
【DD】:「よー美人ちゃん!今日もいろっぽいねえ。」>カリス
【カリスティア】:「おじ様、よかった・・・駆けつけ三杯ですよ」(男の娘酒蔵の酒を注ぐ)
【DD】:「よーアーク。おめーまだ無事か。ギャンブラーつってもあんま無茶すんじゃねーぞ。」>アーク
【アーク】:「はっはっは、ルールは簡単だぜ?プレイするのは簡単じゃあないけどな?」
【DD】:「おおお、美人のお酌とはこりゃあうれしいねえ。」(ぐいーーーーーーーー)「ぷはあ、こいつは効きやがるぜ!」>カリス
【アーク】:「久しぶりだね、DD。ギャンブルは人生を賭けて勝負するからこそ楽しいのさ。もちろん、ゲームは別として。」
【ロイド】:「酒か・・・サカロス様、俺が一人前になるのはいつでしょう・・・(すでに匂いでちょっと酔ってる)
【DD】:「まーまー、暗くなってないでおめーも飲め。」>ロイド
【ロイド】:「いや・・・まだ飲むとすぐに寝ちまうんだよ・・・・やめとくぜ
【カリスティア】:ちなみに「男の娘」酒蔵の酒は白い濁り酒がメインです
【DD】:「っと、おめーは紅茶か。おい亭主、紅茶だ~」
【アーク】:「ハハッ、そのうち慣れるさ。まぁ、酔ったまま鉄火場に行くのはオススメしないけどな?
【DD】:「たまにゃーイケル口の弟も連れて来てやれよー?」>ロイド
【DD】:「なんだなんだ、またカードの話か?」>アーク
【ロイド】:「紅茶なら普通にのめるな、サンキュー、レイドか、今日は来ないって言ってたな・・・あいつくらい飲めればよかったんだがなぁ・・・」
【カリスティア】:「宇宙の騎士、宇宙の騎士、チャンチャン。テッカマ~ン♪」
【DD】:「騎士?テッカマンなんつーやついたっけ?」>カリス
【ロイド】:「なんかの民謡だったような・・・?伝承だっけ?」
【DD】:「うーむ、ダグニアにゃあいなかったよな。」
【アーク】:「俺が好きなのはトランプさ。もちろん、カードゲームの類も好きだけどね。」
【DD】:「身内カモる気かあ。おもしれえ、やるなら乗るぜー?」>アーク
【アーク】:「どっかのマイナーゴッドじゃないか?テッカマン
【カリスティア】:「私が子供の頃に聞かせてもらった英雄譚ですけど・・・ご存知ないのですか?」
【DD】:「つよそーななめーの神様だなそりゃ。」
【DD】:「んー。オレの生まれたあたりじゃ聞かねえなあ。どんな話だい?」>カリス
【ロイド】:「レイドがなんか言ってたような気がするが・・・名前しかしらねえなぁ」
【DD】:「へー知ってるのか。おめー、どこらへんの出身だ?」>ロイド
【DD】:「つかおめーの弟は評判の物知りじゃねーか。」w>ロイド
【ロイド】:「いや、本で見たってだけらしいから、詳しいことはしらねえとおもうぞ?」
【アーク】:「金なら売るほどある。使いもしなければ、負けることもないからな。カモる気はないが、挑戦なら受けるぜ?」笑いながら
【DD】:「テッカメンつーくれーだから、鎧無双の団体さんじゃあねえのかい。」>カリス
【カリスティア】:「ええと、辺境の開拓団の一人が家族たちとともに魔物に獲り付かれて、ただ一人魔物の体と人間の心をもった主人公が魔物に獲り付かれた双子の弟や友人と殺しあう悲しくも勇敢なお話です」
【DD】:「言ったな。つか金売ってどーすんだ。勝負なら逃げねーぞ。いつでもきやがれ。」w>アーク
【DD】:「・・・。そりゃあ、なんつか。」>カリス
【DD】:「・・・あれだな。」頭ぼりぼり「まあ、美人ちゃんも飲みな。」>カリス
【カリスティア】:「はい」ゴクゴク
【DD】:「あんまガキに話して聞かせる話じゃねえな。びびんじゃねーか。」w>カリス
【アーク】:「ただの洒落た言い回しさ。じゃあ種目はなんにしようか。一対一ならジン・ラミーあたりか。それとも丁度四人のコントラクト・ブリッジか。」または丁度四人の麻雀か(←
【DD】:「・・・・・・・・・・・・珍しいとはいわねーが。」ぼそ
【DD】:あさすずめだとw
【ロイド】:「・・・匂いだけでなんか酔ってきた・・・・・おぇっぷ・・・」
【カリスティア】:無言でDDの杯に酒を注ぐ
【DD】:チャットに麻雀機能をつけろとw
【DD】:「なんでもいーぜ。」>アーク
【カリスティア】:「カードゲームなら私の愛一色(ハートのロイヤルストレートフラッシュ)が炸裂しますよ」
【アーク】:「と、来て早々だが俺はもう行くぜ。ギャンブルが俺を呼んでるんでな。」と、いってまた何処かに。
【ロイド】:「・・・うー・・・・キュア・ポイズン! [2d6] = (4, 2) = 6 = 6 」
【ロイド】:「・・・・ふぅ、すっきりした」
【カリスティア】:「そういえば今日はお花見に来たんですよね?外に桜を見に行かなくても良いんですか?」
【DD】:「こんな綺麗な華があるのにかい?」>カリス
【DD】:「おうアーク、またな!」>アーク
【カリスティア】:「まあ、おじ様ったらお上手」
【DD】:「なあおめえ。そいつはいろいろ間違ってないか?」>ロイド
【カリスティア】:「アークさん、また会いましょうね」
【DD】:「毒抜きってなあ・・・無粋だろ。」>ロイド
【ロイド】:「あ、アーク、またな」
【ロイド】:「一応残留アルコールは毒って判定になってうrもんだから・・・・酔っ払いたくないときによくつかってるんだわ」
【DD】:「んじゃ表の名花も見て回るかな。場所はとってあんだ。案内するぜ?」>カリス、ロイド
【カリスティア】:「私はそこまで酔っ払った事無いので分かりませ~ん」
【DD】:「そいつは野暮ってもんだぜ。やってもいいがヒトには言うなよ。」>ロイド
【ロイド】:「お、んじゃたのんだー」
【カリスティア】:「運転手はおじ様だ。車掌はわ・た・し」
【DD】:「まかせとけって。」
【DD】:「おお?なんかいいねえ?手でもつないでいくかい?」>カリス
【カリスティア】:じゃあ、グラップラー風に関節を決めながら >DD
【DD】:「おおー、嬉しいんだけどなんだか締まってるって、いてててて。気のせいかいカリスちゃん。」
【カリスティア】:(秘技、胸固め)
【DD】:「いや美人と腕組んで折れるならそれはそれで本望。」>問題だろw
【DD】:「悔いはねえ!」歯がキラーンw
【ロイド】:「よーやるわ、おっちゃん・・・」
【カリスティア】:逃げようとしなければダメージは入りませんよ~
【DD】:「右腕は商売道具だから勘弁してくれよ。ってまあ、行くか。おーい亭主、頼んどいた弁当ー。」
【グレン】:「おう。(弁当渡しながら)このヨッパライ、外じゃほどほどにしとけよー。」
【DD】:「んー?オレ様はいつも紳士だぜ?」>グレン
【グレン】:「そんなこと聞いてないだろうが。ロイドにカリス、うちの看板よごさないよーによく見張ってろよ。」>ロイド、カリス
【ロイド】:「あいよー、いざとなったら間接はずしてほっぽっとけばいいかー?」
【グレン】:「ついでに埋めとけ。」>ロイド
【DD】:「ロイドてめーどっちの味方だ。」>ロイド
【カリスティア】:「ほほほ、何を今更。ヴィッセンに咲く一輪の仇花と呼ばれる「真夜中の鏡」の住人が居る時点で・・・」
【DD】:「カリスちゅわんはオレ様の味方だよね?」>カリス
【ロイド】:「自分の平穏・・かな?」
【カリスティア】:「はい、私は大抵の事が無い限りおじ様の味方です」
【DD】:「かーっ、ちいせえ!ちいせえなあ!男なら勝負するときは勝負だろ!」>何のw
【グレン】:「どーでもいいがさっさと行ってこい。よっぱらいに付き合ってたら日が暮れるぞ。」
【ロイド】:【これ別に勝負事じゃないしぁ・・・
【DD】:ないですねwwwWW
【カリスティア】:「夜桜も良いですよね~」
【DD】:「んー、じゃ出発・・・ん?。」
【ロイド】:「桜ー、さーくーらーっと・・・あ、そうそう、桜の花の塩漬けを使ったまんじゅうを作ってきたんだ、お一つどうだい?」
【DD】:「気がきくじゃねえか。」w>ロイド
【カリスティア】:「あ~、あれ美味しいんですよね~♪いただきます~♪」
【DD】:(ではぼちぼちとまいりましょう。店を出て、川沿いの公園に続く大通りを歩きはじめる
【DD】:「んー。すっかり春だな。」>店先を覗きながら
【カリスティア】:「たこ焼きの出店はでてるんでしょうか~?」
【DD】:「パステルカラーか。暖かくなると女の子の服が薄くなっていいねえー。」このセクハラ
【ロイド】:「焼きだこならあるみたいだが・・・・需要あんのか?」
【DD】:「屋台くらい出てるんじゃねえの。たこ焼きくれえ、奢るぜ。」>カリス、ロイド
【カリスティア】:「焼きだこじゃなくて、た・こ・焼・き!ですよ~」
【DD】:「焼きダコかあ。。。あれはなあ・・・。」>クラーケン想像
【DD】:「手ごわいつかキモイつか?」しみじみ
【ロイド】:「あ、お好みタイ焼きだ、めずらしいな・・・」
【DD】:なんだそれはw
【ロイド】:「さすがに手ごわくはないだろ、もう死んでるし」
【DD】:「なんだそりゃ。アンコの代わりにキャベツでもはいってんのかい?」>ロイド
【DD】:「食うなら買ってやるぜ?」
【ロイド】:「まぁだいたいそのとおりだよ、わりとすきなんだw」
【カリスティア】:「む!この歯ごたえ!死してなお抵抗するか!」>クラーケン焼き
【ロイド】:「自分で買うから気にしなくていいよ、おっちゃん、お好みタイ焼き1つ、あとあんことクリームも」
【ロイド】:「あぁ・・・手ごわいってそっちかw」
【DD】:「うむ。女の子はいろいろやめといたほうがいいぜ。傍目にはうれしくないわけでもねえが。」>クラーケン
【カリスティア】:でも触手って良いよね(中身発言)
【DD】:「んじゃオレ様も餡入りとカスタードくれ。ほれ、カリスちゃんはどっちだい。」>渡す
【DD】:陸ではなかなかあえないがなw>触手
【カリスティア】:「私は粒餡と生クリームをしっかり混ぜたものを~」
【ロイド】:「ここの店は普通に食うならあんこがお勧めだよ」
【ロイド】:「まぜ・・・・・そうきたか、上級者だな、カリスさん」
【DD】:「なんだカリスちゃんツウだな。」>カリス
【DD】:やあいらっしゃい>れどさん
【ロック】:「花見と聞いて来てみたが甘いもんとはなぁ、酒はないのか?」(髭をしごきながら歩いてくる)
【DD】:「ようロック。なにいってやがる、まだまだこれからさ。」>弁当示し>ロック
【ロイド】:「DDがいっぱいもってるよ」
【カリスティア】:リアルな話になるけど、コンビニで売ってる生クリーム入りどら焼きが昔はしっかり混ざってたのに今は別々になってるんですよねぇ(溜息)
【DD】:「つかロゼちゃんはどーした。花見に華をつれてこねーでどーする。」>ロック
【DD】:そうなのかw>どらやき
【カリスティア】:「ここに『男の娘』酒蔵の良いのがありますよ~♪」
【ロック】:「まあドワーフの火酒(ウォッカ)は手持ちできたが、ミートパイをつまみにってのどんなもんだか」(パイを籠から出しながら)
【DD】:「やっぱり華より団子かよ。おめーも気がきかねーなあ、オイ。」wwww>ロック
【ロック】:「大叔母がきたら酒飲んでられねえよ」
【DD】:「美人だからいいんだよ!」大笑い
【ロイド】:「・・・・あ、一応料理に使う酒の開けてないやつもってきたぞ」(ラム酒、コアントロー等など
【ロック】:「花ならそこにもいるだろうが(毒ありそうな気もするが)」
【DD】:「まあ、おめーらもいろいろあったがちったあ落ち着いたかい?」小声>ロック
【ロック】:「ラムとエールをくれ、ラムビールがうまいんだ」
【DD】:「華は多いほうがいいに決まってるだろ。」
【カリスティア】:「ふふふ、綺麗なバラには棘があるものですよ~」
【DD】:「おお、うまそーだな。オレにもくれ。」>ロック「言っとくがオレ様よりドワーフ親父のほうがのん兵衛だからな!」w>カリス、ロイド
【ロック】:(小声で)「んーまあ面倒なことになってるらしいが・・・今はちょっとな、また面倒な依頼が来るかもしんねえ」
【ロイド】:「ラム酒と・・・エールはねえな、どっかから調達してきてくれ」
【DD】:「おめーらの用ならひと肌でもふた肌でも脱があな。いつでも言ってきな。」小声>ロック
【ロック】:「グレン、エールをくれ火がつくくれえ強いのがいい、ドラゴンエールはねえか?」
【カリスティア】:「ここは公園ですよ~酔っ払っていらっしゃるのかしら~」
【DD】:「弁当にはいってたか?ドラゴンエール。そのへんのもんてきとーにかっさらってきたんだが。」弁当ごそごそ
【DD】:「おーあったあった。ほれよ。」ドラゴンエール渡し>ロック
【カリスティア】:ドラゴンエールは七人で飲むと願いがかなうとかw
【ロック】:「コレコレ、これにラム入れて飲むとうめえんだよ」
【DD】:「てか、宴会は腰を落ち着けてからにしようぜ。ほれ、そこの敷物だ。」桜の大木の下にどでかい敷物がw
【カリスティア】:「昔々、七人の酒飲みが集まってドラゴンエールを飲んだそうです。そして見事にその願いはかなったそうです」
【ロック】:「おう遠慮せずにミートパイも食えや、いい子羊が手に入ってな。あまった部位が勿体ねえからパイにしたんだ」
【DD】:「キドニーパイはねえのか。実は好物なんだ。」>ロック
【DD】:「惜しいな。七人そろえときゃよかった。」>カリス
【DD】:「ふむー。」(周囲見回し)
【ロイド】:「ほいほいっと・・・よし、フィールドレジスト土っと、これつかうと土で尻がよごれねえんだw」
【カリスティア】:「いえ、その話にはオチがあって七人の願いは『宴会がしたい』だったそうです」
【ロイド】:「そりゃ叶うわなw」
【DD】:「やっほーい、そこの美人ちゃーん。俺たちと宴会しなーい??」>観光客
【DD】:「へえ、おもしれえじゃないか。」>カリス
【カリスティア】:DDに胸固め
【ロイド】:「やめれw、」卍固め
【DD】:「あだだだだだだだだだ。ってかあたってる!あたってるカリスちゃん!オレ様は幸せだが!!」>カリス
【カリスティア】:「浮気は駄目ですよ~」
【DD】:「あだだだだだだだロイドてめーもなにしやがるって!!」>ロイド
【カリスティア】:「当ててんのよ」
【ロック】:「カリスはちょっと手足が長すぎるからなあ(ドワ基準)」
【ロイド】:「便乗して盛り上がってんだよ(笑い)」
【DD】:「折れても悔いはねえ。」きっぱり
【DD】:「わかった、わかったからはなせって。」>カリス、ロイド
【ロイド】:「はいはいっと」
【ロック】:「そっちの若いのとは初めてかね?見ての通りのドワーフの戦士だ、よろしく頼む」(杯を持ち上げて軽く会釈する)
【DD】:「軽いナンパは色男のたしなみなんだがなあ。」
【カリスティア】:ロープタッチならぬΠタッチで技を外します
【ロック】:「英雄色を好むというが、そういう英雄はまず悲劇的だか喜劇的なメにあうんだがね」
【DD】:(「やだー」「またー」と言いながら若い女の子やさほど若くない女性達がくすくす笑いながら立ち去っていく
【DD】:(常連らしいw
【カリスティア】:「駄目ですよ~女の子と一緒に居るときに目移りしちゃ~」
【DD】:「そいつは失礼。ロイドのやつがさびしいんじゃないかと思ってね」>カリス
【ロイド】:「英雄なんて民衆の贄ですよー、よくわからんが」
【ロイド】:「気にしなくてもまったりたのしんでるぜ」
【ロック】:[
【ロック】:[
【DD】:「オレにはカリスちゃん、ロックにはロゼちゃん。で、身長のつりあう女の子でもいればと思ってな。」>ロイド
【ロイド】:「うっせぇ!ほっとけ!」
【DD】:「わっはっは、若いねえ。」>ロイド
【DD】:「んじゃ花見で一献と洒落込むか。」(どかっと座り込んだ。
【DD】:おかえりー
【DD】:だいじょうぶかい?
【ロイド】:「あー・・・ったく、女のリルドラ連中とあったって{かわいいねーボクー}って頭なでまわされるし、身長低くて何が悪言ってんだちくしょう」
【DD】:ここで通りすがりに新キャラを投入してみるw
【カリスティア】:「可愛いは正義!ですよ」
【ロック】:「男は身長じゃねえよ」(ドワーフの平均身長をはるかに上回る男があっさりという)
【ティア】:「あーっ、ロイドさん?レイドさんのお兄さんのロイドさんじゃないですか?」メガネをかけたエルフの女性ですw
【ティア】:「こんにちわー。お友達とお花見ですかっ!いいですねえ~。」そして超マイペースですw>ロイド
【ティア】:「・・・・・・・・・?」>ロイド
【ロイド】:「ん?」
【DD】:「・・・知り合いか?」>ロイド
【カリスティア】:うわ~!名前かぶりだ~!これでまたカリスティア→カリスの図式が~!
【ロイド】:「いや、ちょっと嘆いてた、おいっす、どしたー?」
【ティア】:「あらいやだ!あたし、自己紹介してませんでした!?ティティ=ティアです。レイドさんと同じサークルのぉ~。」>ロイド
【カリスティア】:「同じサークルってロイドさんマンガ描いてるの?」
【ロイド】:「おお、そういやなんかサークル入ったとかいってたな、レイドのことよろしくなー、あいつもやしだからさ」
【DD】:「今流行のボーイズなんとかってやつか?」>ロイド
【ティア】:そそw
【ロック】:「舌噛みそうな名前だな、オレはロックだよろしくな」(ラム&エールを差し出す)
【カリスティア】:「カリスティアです~」
【ティア】:「あらっ、そういえば皆さん、はじめまして~。」今頃w
【ロイド】:「漫画じゃなくて「本を読む」ことを目的とした集まりって聞いてるな」
【DD】:「なるほど。」なんか誤解したw
【カリスティア】:「楽しそうですね~」
【ロック】:「ほーミストのヤツが好きそうだな」(火酒をあおる)
【ティア】:「ティティ=ティア=アラミアですっ。ちょっと前までルキスラで教師してました。ヴィッセンの図書館って最高ですね!」
【DD】:「・・・先生?」(うろーん・・・
【カリスティア】:「女教師・・・」(ゴクリ!)
【ロック】:「おっとそろそろ戻らんと、大叔母の雷が落ちる(物理的に)。先に帰るわ」
【DD】:「先生って、もうちょっとなんというか、ほれ・・・。」小声>ロック
【ロイド】:「・・・・・・唐突に手だすなよ?」
【ロイド】:「おー、おつかれさん、またなー」
【DD】:「なんでえ、つきあいがわりーぞ・」z-だえ
【DD】:「ロゼちゃんによろしくなー。」>ロックw
【カリスティア】:「ご苦労様です」
【ロック】:「酒は置いてくんで楽しくやってくれ」(馬に乗って帰っていく)
【カリスティア】:「飲酒運転は事故の元~」
【ティア】:「蔵書の量といい!!内容といい!!最高です!!というわけで引っ越してきちゃいましたの!!」
【DD】:「でーじょーぶだ。馬のほうがしっかりしてやがる。」>カリス
【ロイド】:「まぁここは本の街だしなぁ・・・」
【DD】:「モノズキなねーちゃんだな。」ぼそ
【ミスト】:「みなさん今晩は、いい夜ですね」(散る花を見ながら歩いてくる)
【DD】:「んまあ、美女が増えるのは歓迎だ。ここで会ったのも何かの縁だ。よろしくな。オレ様はDDだ。」>ティア
【カリスティア】:「誰がスキモノのねーちゃんですか!」
【ロイド】:「物好きもの好き・・・:」
【DD】:「よう絵本屋!おめーも花見か。一杯やってけよ。」>ミスト
【ロイド】:「いらっしゃーい」
【ミスト】:「相変わらす《飛ばして》るようで」(軽く笑いながら)
【DD】:「言ってねえって!たたたたたたた!!だからあたってるってカリスちゃん!」>カリス
【カリスティア】:「だから当ててるんですってば、おじ様」
【ミスト】:「夜に咲く花と月の絵が書きたくて散策してたのですがお邪魔じゃないですか?」
【DD】:「かまわねーぜ、寄っていきな。ったく一言多いぜイケメン。」>ミスト
【ロイド】:「へーきへーき、ばっちーこーいだな、まぁうるさいかも知れんが」
【カリスティア】:「ふふふ、むしろ私たちの騒ぎの方がお邪魔かもしれませんね」
【DD】:「・・・カリスちゃん相当て着痩せしてんな。」
【ティア】:「こんばんは、あなたもお友達?」>ミスト
【カリスティア】:うん、足元が良く見えないからスカウト技能低いの
【ミスト】:「今晩は、良き友人であればいいと思ってますがね」(軽く笑う)
【ティア】:「(あら知的な方、素敵)わたしティティ=ティア=アラミアと申しますっ。」>ミスト
【ティア】:弱点:知的で博識な男性w
【ミスト】:(おもむろにスケッチを取りはじめる)「今はミストルティンと名乗っています、ミストと呼んでください」
【DD】:「こまけーことはいーんだよ。いっちょにぎやかにやろうぜ!」
【ロイド】:「っと、盛り上がってきたけど、そろそろ仕込みしないと明日店ひらけねえや、今日は帰るぜ」
【ロイド】:「また会おうぜー、またな」
【カリスティア】:「あら、いつの間にかこんな時間」
【DD】:「おめーもか。まあ商売じゃしょーがねえな。今度は弟と使用人も連れて来いよ!」>ロイド
【ミスト】:「お疲れ様です、またよい夜に会いましょう。昼間に会うときはゆっくりできなさそうなんで」
【ティア】:「あら、昼間はおいそがしいんですの?」>ミスト
【ティア】:「あら、レイドさんによろしくお伝えください。おにいさん。」>ロイド
【ロイド】:「あおよ・・・っと、そうだ、酒はおいていくぜ」(チョコレートリキュール、コアントロー、クリームデグランデ、チェリーマルニエ)
【ロイド】:「じゃなー」・・・と去っていく
【DD】:「なんでえこりゃ。甘い酒ばっかじゃねえか!」www「またな!」>ロイド
【ミスト】:「神殿や図書館勤めですんで、昼間みなさんと会うときは《依頼》関係ではないでしょうか」(月夜の花をスケッチしながら)
【ティア】:「あら素敵。こういうの大好き。」<甘いリキュール
【ティア】:「図書館勤め!(キュンwwwww)なんて素敵・・・。」>ミスト
【カリスティア】:「カルーアリキュールと牛乳があればカルーアミルクが出来ますね・・・って、おじ様。何でそこで私の胸を見るのかしら~?」
【ティア】:「わたし越してきたばかりで、そういう仕事を探していますの。」>ミスト
【DD】:「ん?いやそこは男だから。・・・じゃなくって。見てませんよ?」>カリス
【ミスト】:「キルヒア神殿経由のお仕事ですので主任に聞かないとわかりませんね」
【DD】:「美しいものは鑑賞するものでしょう。うむ。」>カリス
【ミスト】:「女性の美はやはり目が奪われるのが男性の常でしょう」(にっこり笑う)
【ティア】:「まあ、そうなんですか。キルヒア神殿にはなかなかご縁がなくて・・・。」>ミスト
【ミスト】:「夜も遅くなり冷えてきましたね」
【DD】:「いい事言うぜイケメン。」>ミスト「つまりそういうこった。」酒ぐびーーーーーー>カリス
【カリスティア】:「言っておきますけどミルクはまだ出ませんからね。お茶なら出せますが・・・」
【ティア】:「あら!!いけない!!わたし、もどらなくっちゃ!!引越し荷物をほどいている途中でした!!」
【ティア】:「それじゃあ、みなさん。お邪魔しました、ごきげんよう。」ぺこり
【ティア】:そしてBダッシュで去っていくwぱぴゅーーーーーーんw
【ミスト】:「スケッチも終わったので私もこれで失礼しますね」
【DD】:「・・・。」
【DD】:「今のねーちゃんむちゃくちゃ足早くないか?」
【DD】:「つかおめーもいつもマイペースだなあ。」>ミスト
【ミスト】:「まあエルフですからね(よくわからない言い訳をする)」
【DD】:「そうかエルフだからか。」(そしてなんとなく納得する
【カリスティア】:テテッテッテテッテ、テッテッテッテッテッテッテテン(クリボーにぶつかった)
【ティア】:どたっ!!「きゃー!!!!」「ごごごごごごめんなさいっ!!」>遠くから声がする
【ミスト】:「またよい夜に」(サーマルマントを翻して去っていく)
【DD】:「・・・。」
【DD】:「キノコ拾えよー。」>遠くに
【カリスティア】:「さあ、おじ様。今日はとことん飲んでもらいますからね」
【DD】:「よしきた、カリスちゃんにお酌されちゃあ断れねえな!」>カリス
【カリスティア】:そういうカリスの目は獲物を狙う目だった
【DD】:「ぷはー。いい酒だ、いい夜だ。」
【DD】:「オイオイ美人ちゃん、今夜は商売っ気抜きでいこうぜ?」w>カリス
【カリスティア】:「んふふふふ、もう飲めませんよ~・・・・・・とは言わせませんよ~」
【DD】:「ん~?オレ様に勝負かー?」
【カリスティア】:「ふふふ、マナタイトの肝臓と呼ばれた私ととことん飲み比べてみますか?」
【DD】:「よし。とことん飲むぜ。潰れたら送ってくから安心しな。」>カリス
【DD】:「よし来い、ドワーフのほかにゃあ負けた事はねえ。」負けてるしw>カリス
【カリスティア】:「ふふふ、送り狼を期待しますわ」
【DD】:「まかせとけ。」>カリス
【DD】:(さわっと風がふく。さわり、花びらが風に流れる
【カリスティア】:「うわぁ、綺麗ですねぇ」
【DD】:「風流だねえ。」杯にふわり、花びら
【DD】:「儚きものなれこそ美しき、か。」ぐいっと飲みほす
【カリスティア】:成長でバード技能取る予定なので一曲歌いましょうか?
【DD】:いいですねw
【DD】:「ん?どーしたカリスちゃん?」
【カリスティア】:「ABCDEカップ。FGHとかありえな~い♪」
【DD】:「ちょw」
【DD】:「ここでお笑いかよ!!」げらげら
【カリスティア】:風流ぶち壊しw
【DD】:「ひあははは・・・ったくおもしれーぜ、カリスちゃんは。」
【カリスティア】:ちなみにカリスはありえない方の存在です
【DD】:「あー笑った。んじゃ何かお返しをしねえとなあ。」
【DD】:(ざわざわざわ・・・・風が夜気を含んで肌寒くなってきた
【DD】:「ん、なんだか冷えてきたな。河岸を変えるか。どこか行きたい店があるかい、奢るぜ?」>カリス
【カリスティア】:「あら、お酒が無くなってしまいましたね」
【DD】:「もうそんなに飲んだかな。」
【DD】:「しょーがねえ。次の店に行くか。帰るなら送っていくぜ?」>カリス
【DD】:「あー。その目はあれか、金払うならカリスちゃんの店でって目かい?」w
【カリスティア】:「少し冷えましたから温かいもの食べましょう」そうして二人は夜の街に消えていくのであった
【DD】:「美人の言うことには賛成だ。」そうですねw
【DD】:おつかれさまでしたw
【カリスティア】:ピュアな心の持ち主しか入れないお店ですけど 普通におでんとか食べたことにしましょう
【DD】:カリス可愛くなった?w
【DD】:はーいw
【DD】:ピュアな自信はないな、傭兵だからww
【DD】:残念w
【カリスティア】:それでは夜も遅くなった事ですしここまでと言う事で
【DD】:おつかれさまでしたー
【カリスティア】:お疲れ様でした~
【DD】:おつきあいありがとう
【DD】:またね

2011年7月 3日 20:52