トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ ソードワールド2.0 第59話「とある魔法爺の憂鬱」

ソードワールド2.0 第59話「とある魔法爺の憂鬱」

入り口の場所が不安定な
とある魔法文明時代の魔法使いの住処が近くに現れたので
サインをもらってきて欲しいという謎依頼!
優先枠はGM経験者優遇枠1

いつもの注意点です
1 GMのノリは結構適当です
2 今回は室内です
3 非常識な選択肢をとるとデスゲームになります
4 魔剣の確率65%
5 おみやげは本がいいな
6 神霊廟1UP関連取ろうとするとよく事故るー

以上です

開催日:2011年9月23日~9月24日

GM:猫さん

 

GM: ワルプルギスの夜が来た2日後ということで
  GM: 点呼ー
  リセラ:
  レイド: それ着てちゃまずいw  ノ
  ラルド:
  GM: 台風がきたじゃんw
  レオン: ワルプルギスの夜検索してきますw
  レイド: 来たけどw
  レイド: 風邪強い中親迎えに行ってちょっと涙目だったけどw
  GM: 全員いるということなのでー
  カリスティア: 来ましたね、台風 家が揺れた
  レオン: おーうちは平和でした
  リセラ: うちの周りも樹が小枝撒き散らしてました
  レイド: 信号で止まってると車がガクンガクン揺れた;
  レオン: こえー
  GM: 第59話「マジカルタンクローリー」 を開始します(タイトルが間違えています
  レオン: お願いします
  リセラ: 間違えなんですかw
  リセラ: お願いしますー
  レイド: おねがいしまーす、しかしタイトルが間違いです9m
  カリスティア: お願いしま~す
  GM: では、皆さんは ヴィッセン東門からでて1km位のところに奇妙な扉が出現下ので安全を確かめてきてくれという依頼を受けたところです
  レイド: また唐突なw
  レオン: はい。依頼人はどういう感じ?
  GM: ということでまずはセージがある人は 見識的なものを振っていただきたい
  カリスティア: じゃあ扉を調べてもらってから赤く塗ります
  ラルド: 行きなり仕事がw
  GM: 酒場自体の依頼です 勝手に行って死なれるわけにも行かんので
  レイド: 2d6+9+7 セージ
    ダイスボット: Reid -> 2D6+9+7 = [4,1]+9+7 = 21
  カリスティア: 2d6+10
    ダイスボット: chalice -> 2D6+10 = [5,4]+10 = 19
  GM: 結構レベル高い人らで調査をということです
  レオン: なら怪しい依頼ではないのですね。了解
  ラルド: 2d+18 セージ見識
    ダイスボット: rald -> 2D+18 = [4,2]+18 = 24
  GM: 扉自体の見た目の情報からすると 20以上出した人はそれが
  リセラ: 何気にすごいリルドラ率ですね・・・w
  GM: 古代魔法文明の魔法使いの住処につながる扉であるとわかる
  GM: 扉自体は 「どこかにドアー」という特殊なアイテムみたいですね
  リセラ: どこかにw
  レオン: もう扉の前にいる?
  GM: まだ依頼受けたところなので酒場にいます
  レオン: 了解
  GM: んでもって
  GM: 23以上出したおじいちゃんは
  カリスティア: あ、今のうちに言っておくけど私「テロリストの男の娘」という本を読んでます
  リセラ: それ大事な事なんだ
  GM: さらにそれが・・・ エルドという名前のその時代のウィザードの住処につながるものとわかる
  ラルド: とりあえず
  カリスティア: 似たような名前が続きますねぇ
  ラルド: エルドについて見識かな
  GM: うい、どうぞ
  リセラ: お願いします
  レオン: 固有名詞は調べましょう
  レイド: 2d6+16 せーじ
    ダイスボット: Reid -> 2D6+16 = [2,5]+16 = 23
  カリスティア: 2d6+10
    ダイスボット: chalice -> 2D6+10 = [5,5]+10 = 20
  ラルド: 2d+18
    ダイスボット: rald -> 2D+18 = [2,2]+18 = 22
  ラルド: おや、低い
  GM: アドバーグ・エルド
  GM: 古代魔法文明時代のエルフのウィザード
  GM: 時間に関する魔法を研究していたらしいが、ある時期に突然住処ごと姿を消している
  GM: 最近になって 当人が作ったと思われる魔導書がまれに出回るようになったが・・・
  GM: 見識23分の情報
  リセラ: 出目4で22ってw
  GM: コピペって楽でいいね!
  リセラ: 魔導書ですか。それはどういうものなんでしょう?
  カリスティア: きっと守護騎士が4人出てくるんだ
  ラルド: んー
  レオン: 23はなかなかいい目だから詳しいことわかったという感じかな
  GM: イェングルムさんと違って本業ではなかったので それほどひどい効果ではないみたいですね
  GM: そっちにかんしては
  レイド: ・・・ベームベームの召喚用の魔法陣乗せた本とかもってないか・・・?
  ラルド: 詳しく調べようと思ったら学院行けば資料あるんじゃないかな
  GM:
  ラルド: 魔術師ギルドとか過去の偉人扱いで情報あるかも
  GM: まあ
  GM: 扉が急に現れたということなのでいつまで残ってるかも不明ですな
  ラルド: 行くなら急げということですねw
  レオン: 調べている間に消えたら悲惨ですねw
  リセラ: 急ぎますかw
  カリスティア: じゃあ赤いペンキを持って扉に向かいますか
  ラルド: とりあえず
  レオン: 過去に現れたという記録とかあるのかな
  ラルド: いったん自分の部屋に戻って調査鞄せっせと詰め込んで
  GM: そこのヒントは既に出した
  ラルド: いそいそとミスリルプレート着ておくw
  レオン: すぐ出発した方がいいですね
  レイド: とりあえず異貌
  GM: 本当に古代魔法使いの家なら おじいちゃんにとっていいものとか
  GM: あるかもね
  ラルド: うみゅ
  レオン: 酒場に残る仲間にしばらく冒険に出ることマチルダに伝言してもらって出発かな
  リセラ: らぶいですね
  レオン: 「ラルドご機嫌だな」
  ラルド: まぁ専門の時代とちとずれているあたりが残念だが
  GM: あれ?
  GM: 専門って魔動機だっけ?
  ラルド: 爺ちゃん専門は魔動機だよ
  リセラ: あ、アンロックキー5つほど買って行っていいですか?
  レオン: 貯める魔晶石とか調べてましたよね
  ラルド: あちゃう、魔法であってる
  レイド: 「あんまり行きたくないけどなぁ・・・面白い本でもあればいいんだけど・・・、あ、チャッピーおいで」使い魔呼び出し
  GM: おじいちゃんの回、だいたい魔法文明のばっか出してごめんw
  ラルド: キャラシート自分の著書「魔法文明」ってちゃんとかいとる
  GM: とまあかうならかうといいよ
  リセラ: はーい
  レオン: ツークルゲームで印象がありましたw
  ラルド: まぁ
  カリスティア: じゃあペンキを
  ラルド: 専門外でも面白そうならつまみ食いするがなw
  リセラ: さすがw
  レイド: さっきからペンキはなんなんだw赤い扉を選ぶのかw
  リセラ: ペンキ私も分からないw
  GM: さて?おべんとうもっていくのかな
  ラルド: セージの最大の武器は「好奇心」なんじゃよ
  リセラ: そうしますかー
  カリスティア: その通り!正解です!
  ラルド: お弁当は大事
  レイド: もう適当なとこいってコンバットしてろよw
  ラルド: サカロス印のほーりーうぉーたーもすごく大事w
  リセラ: アルコール分がありますねw
  GM: まあ 町から1kmだし特に何事もなく 例の扉にたどり着きますね
  レオン: お酒な気ががw
  GM: 今、 朝9時
  GM: あ、まちがえた
  リセラ: あ、けっこう早い
  GM: 10時52分
  リセラ: 何か細かい
  カリスティア: 細かいw
  GM: ほら 12時間のずれがね、
  レオン: 「さすがに近いな。うまく立ち回れば夕食に間に合うか」
  リセラ: 扉って大きいんですっけ?
  ラルド: 長針と短針が同じ位置の時間だね
  GM: 扉自体は普通の家の扉みたいな感じで
  GM: 表札がついてます
  リセラ: 表札w
  GM: あと
  ラルド: ・・・ちがうか
  レイド: 「トラップとかあったらやだなぁ・・・」
  GM: 入るならノックしてくださいと書いてありますね
  GM: 両方とも、魔法文明語で
  リセラ: 「何だろこれ・・・例の人の家なのかな?」
  レオン: 「何か文字があるようだが」
  レオン: 魔法文明語よめません
  リセラ: 「うん、ノックしてって」
  リセラ: ←コンジャラー
  カリスティア: で、触るとダメージとか  ノッカーだけ調べてください
  レイド: 読めますね
  リセラ: わな調べますか
  ラルド: うぃ
  ラルド: 呪文のこともあるから他の人の様子見て振ろう
  レイド: やっぱアドバーグさんち?
  GM: うん
  レオン: 「そうか、やはり魔法文明語で声かけた方がいいのか...」
  GM: アドバーグ・エルドとかいてあるね
  GM: 表札
  ラルド: とりあえず【スタミナ】
  レイド: 「声、かけてみる?」
  ラルド: 2d
    ダイスボット: rald -> 2D = [2,6] = 8
  レオン: セコムしてたりしてw
  リセラ: 「少し待ってくださいね、調べますから」 罠探索ー
  リセラ: 2d6+13 探索
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+13 = [5,1]+13 = 19
  レオン: 「用心にこしたことはないだろうな」場所譲る
  GM: 罠はひとつだけあるね
  リセラ: あるんだ
  カリスティア: 2d6+13 私も一応
    ダイスボット: chalice -> 2D6+13 = [4,2]+13 = 19
  ラルド: 達成20欲しいよね?
  GM: ノックせずに扉を開けようとすると 扉が開かなくなって
  GM: 隕石が落ちてくるわながある
  レイド: ちょ
  リセラ: なんていうw
  レオン: www
  リセラ: 「えっと。ノックしましょう。おとなしく」
  カリスティア: タライでカンベンしてください
  ラルド: ・・マナー悪い奴お断り・・・というか死ぬw
  レオン: 「...言葉のわかるやつノックしてくれるか」
  リセラ: じゃあ魔法文明語で「ごめんくださーい」
  リセラ: ノックこんこん
  カリスティア: 私は自重しておいた方が良いな
  レイド: 「んじゃぁ・・・・アドバーグさーんご在宅ですかー?」なるべく大声で
  レオン: 「...」いちおう上空を気にしておきますw
  リセラ: 私もチラ見しておきますw
  カリスティア: 「・・・入ってます」(ぼそ)
  GM: 声「いらっしゃい、どちらさまですかの?」(落ち着いた老人の声・魔法文明語)
  GM: が扉から聞こえます
  リセラ: あ、返事があった
  レオン: 「何ていっているんだ?」以後リアルタイム通訳ということでよろしく
  レイド: 「かくかくしかじか」
  リセラ: とりあえず、どうして扉がここにあるのか聞いてみます?
  リセラ: うん、同時通訳で
  レオン: 冒険者という存在は無い時代ですからね。人から頼まれてたずねてきたと正直に伝えますか
  ラルド: 「近くの街の学者ですじゃ、アドバーグ殿で間違いないですかの?」(魔法文明語)
  GM: 「どこかのドアーはの・・・出口側の出現位置がランダムなんじゃよ」
  カリスティア: 私も喋れるけど間違った通訳をしそうだなぁ
  ラルド: んと、当時ここら辺がなんて呼ばれてたかわかるかな?
  GM: 「そうじゃよ」>らるど
  レイド: キャラ的にそんなにしゃべりたくないw(ヒッキー気味だし
  リセラ: キャラ的なんですねw
  GM: 今回たまたまヴィッセンにつながったみたいですね
  レオン: まぁPC発言とPL発言を使い分ければOKかと>) キャラ的にそんなにしゃべりたくないw
  リセラ: あーそうですね
  ラルド: 「ここは~~のあたりで、アドバーグ殿の時代からすると・・・○○年ほど後の時代ですのぉ」
  ラルド: うん、後で正確な数字や地名はいれてw
  レイド: 出現位置どころか時間もランダムなのか
  レオン: 「どうだ中に入れてもらえそうか?」
  GM: 「ふむ・・・ちょうど研究費用も危なくなっていたしちょうどいいかのう・・・ちょっとよってよっていかんかのう?」
  リセラ: 「えっ。どういうことです?」
  ラルド: 時間に関する魔法の研究もしてたらしいし・・成功してたから急に消えたのかな
  GM: 「まあ、立ち話もなんじゃろ?中で説明するぞい」
  カリスティア: 研究材料が不足じゃないですよね
  リセラ: 「んー・・・入れてもらえそうです」>レオンさん
  ラルド: 「では、お邪魔させていただきますかのぉ(魔法文明語)入っていいそうじゃよ(交易共通語)」
  レオン: 「そうか話のわかる人でよかった」
  レイド: 「・・・なんか依頼されそう・・・」
  レオン: 「手伝えることがあればうければいいさ」
  ラルド: ノック・・はさっきしたからガチャっと
  カリスティア: ペンキぶっかけなくて良かった(上から来るぞ!気をつけろ!)
  レオン: 「おじゃまするよ」
  リセラ: 「おじゃましまーす」
  GM: ではまあ一般的な感じの大規模邸宅(2回への階段が目の前にあり
  GM: ただし、階段上がった先以外に扉がない感じの場所に出ます
  カリスティア:
  GM: 別に転送されたわけではない
  レオン: 「どこにいけばいいか悩まなくては済みそうだな」見渡しながら
  GM: 扉を開けた先がそんな感じだったということさ
  レオン: 中は明るい?
  GM: 中はちゃんと明るいです
  GM: たぶんどこに住処があるかばれたくないのでしょう
  GM: 扉が最低限なのは
  レオン: 「他人の家を探るのも失礼な話だ。あの扉に進むとするか」みんなにきく
  レイド: 「ん、それがいいと思う」
  リセラ: 「ですね」じゃあ扉までー
  カリスティア: 「そうですね、遺跡だったら階段を調べてますが、ここは人が住んでますから」
  レイド: まぁ最低限警戒はしてしかるべきだけどもw
  GM: うい、そいじゃ扉の前まで来るでいいのね?
  レオン: そこらへんはスカウトな方々を信じますw
  カリスティア: あ、GM。生活感はある?
  レイド: スカウトさん注意だけはおねがいしますw
  ラルド: ん?じゃぁ軽く探索
  GM: その場所自体はあんまり使ってなさそう
  GM: こう、玄関程度にしか
  リセラ: じゃあ気をつけつつ進む感じでー
  カリスティア: 2d6+13
    ダイスボット: chalice -> 2D6+13 = [4,5]+13 = 22
  ラルド: 2d+15
    ダイスボット: rald -> 2D+15 = [3,2]+15 = 20
  レオン: みんな優秀だ
  GM: 扉からちょっと薔薇のにおいがするくらいで あやしいところはなにもないね
  リセラ: 2d6+13 探索
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+13 = [5,6]+13 = 24
  GM: 扉自体にも罠はない
  リセラ: あとカウンター・センスしておきますね
  リセラ: 2d6+11 カウンター・センス
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+11 = [4,4]+11 = 19
  カリスティア: 薔薇の世界か PLは心惹かれるな
  レイド: 自分にタフパワーしておこうかなぁ・・・
  レオン: いまからいくほうからバラのにおいがするんですよね
  GM: うん、今行く扉から
  レオン: 香りか
  ラルド: ・・・薔薇の匂いっていうだけで嫌な予感しかしない・・・
  GM: 香りがするだけ
  レイド: 2d6 タフパワー 自分に
    ダイスボット: Reid -> 2D6 = [6,2] = 8
  リセラ: じゃあ扉をノックしましょう
  レオン: 扉の前までいきますか
  レオン: 文字とか無いかな
  GM: 特にこの扉には文字もないね
  レオン: おー了解。またノックして入室ですかね
  ラルド: そだね
  GM: ノックするなら「どうぞー」とさっきの声がするくらいだね
  リセラ: 「失礼します」じゃあ開けます
  カリスティア: どこから声出してるんだろ? ひょっとして建物自体が自我を持ってる?
  GM: では・・・10m四方くらいの部屋の奥に玉座的なものがあり それに黒い服をきた若い男が座っている
  レオン: 耳見ようエルフかな
  GM: あとそのへんから妙に薔薇の香りがする
  ラルド: ・・・・
  GM: 人間的な耳
  GM: ああ
  ラルド: 犬歯とがってたりする?
  GM: スカウトの人と セージの人は 見識するといいよ
  GM: 一応するねw
  レオン: 頼みます
  レイド: 見識だけなら失礼にはあたらないよね?
  リセラ: スカウトも見識?
  GM: うん
  カリスティア: 2d6+10 セージ
    ダイスボット: chalice -> 2D6+10 = [5,3]+10 = 18
  レイド: 2d6+16
    ダイスボット: Reid -> 2D6+16 = [2,5]+16 = 23
  ラルド: 2d+18
    ダイスボット: rald -> 2D+18 = [5,5]+18 = 28
  GM: スカウト関連は見識というか・・・別のなんだけどね
  レイド: おしいw
  リセラ: 2d6+10+3
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+10+3 = [6,5]+10+3 = 24
  GM: んじゃあ 見た目はヴァンパイアローズに見えるんですが
  カリスティア: 2d6+13 スカウト
    ダイスボット: chalice -> 2D6+13 = [3,5]+13 = 21
  GM: 首の部分とか間接部分がなんか 球体になってるような
  ラルド: 実はルージュですとかだったら怒るよ?w
  GM: そんな感じがしますね
  GM: あと・・・
  カリスティア: 人形?
  レオン: ハイブリッドな人だな
  レイド: 人形なのか人形になっちゃったのか人形を操ってるのか・・・
  GM: そういう御香的なものが炊かれてる野が見える
  カリスティア: なるべくお香は吸い込まないよう呼吸を制限します
  GM: そして再び部屋のどこかから声が聞こえる
  レイド: 同じく、かな
  リセラ: [
  GM: 「結構いい出来じゃろ、それ もらいもんなんじゃが」
  リセラ: 「アドバーグさん・・・どちらに?」
  GM: 「その人形をどけたら階段があるから、そこでまっとるよー」
  ラルド: 「いい出来ですのぉ(しげしげ)どっこらしょっと・・」
  カリスティア: 内心で男が男の等身大人形貰ってどうするんだ?と思っておきます
  レイド: 「なんか・・・無駄に緊張させられてるような・・・」ボソ
  GM: あれだよ
  GM: 悪戯
  カリスティア: これ多分攻撃したら罠が発動してたよね
  レイド: してそうだね
  GM: それっぽくしとけばそのへん見抜けなかったら・・・にげるひととかもいるでしょw
  レオン: 「とご主人様がいっているようなのだが、どいてくれるか」
  GM: ん?
  GM: 普通に作業でどけてくれw
  レオン: 本当に人形なんですね
  ラルド: どけたよw
  レオン: ではよっこいしょ
  GM: んじゃあどけると
  GM: 玉座的なものが移動して・・・階段が現れる
  GM: 別に暗くはないし、降りた先に扉も見えるのでその先にいるんじゃないかな 本人
  カリスティア: ちょっと玉座に座って良い? 重量センサーだったのかも
  GM: あ、それいいな
  リセラ: どぞー
  GM: んじゃあすわると また移動して階段が閉じる
  レオン: 「大丈夫か、気をつけろよ」
  カリスティア: では腰掛けて「伯爵夫人とお呼び!」
  ラルド: 「どっこいしょ・・・と」(カリスをどけた)
  GM: というと上からたらいがふって  きたらいいなあ
  GM: ごめん流石にそこまでは用意してない
  GM: カリスをどけると再び隠し階段が
  レオン: むかしタライおちてきたことがあったような
  リセラ: あったんですかw
  リセラ: じゃあ降りますかー
  レオン: 降りますか
  GM: うい、先に言うか
  GM: 今度の扉には 応接間と書かれています
  カリスティア: 誰も「ははー」ってならなかったので内心ショボーンとしてる
  GM: いつもの魔法文明語で
  レオン: 「よしよし伯爵夫人仕事しような」かるく頭をなでながら
  ラルド: うん、何事もなかったかのように抱えてどかしたw
  レオン: ですねw
  カリスティア: 「・・・まだ爵位は得ていない・・・まだ・・・」
  GM: 募金してみればw?
  GM: 募金募ってみればw だった
  GM: まあどうするん? 別に扉に罠はないと思うけど
  カリスティア: 自分で自分に募金 人それを貯金と呼ぶ
  レオン: 「そうだな夢は大きい方がいいよな」なぐさめながら進む
  リセラ: 再びノックしましょうかー
  リセラ: 「アドバーグさん、こちらですか?」
  ラルド: 普通にノック「入りますぞ」
  GM: 「いらっしゃい、はいるとええよー」
  リセラ: じゃあ開けてはいりましょ
  レオン: 「お邪魔するよ」
  レイド: 「お邪魔します」
  GM: いすに座った エルフ耳、深いしわ 黒のローブ、とんがり帽子、モノクル、長くて白いひげと いかにもな姿の魔法使いがそこにいる おそらくはこの人がエルドだとおもわれますっとまあ
  カリスティア: 「お邪魔します」 言わないとトラップ発動する予感がした
  レオン: 「言葉が通じるかわからないが...」こちらもあいさつ
  GM: 手前側にも椅子が5つあってちゃんとテーブルがある なぜか中央に1ホールケーキがあったりするけど 些細な問題だろう
  カリスティア: こちらの来訪を知って急いで準備したんだろうか?
  GM: エルド「いらっしゃい、ヴィッセンの方々じゃったかの?」
  レオン: 着席を促されてから座りますか
  レイド: イスとテーブルはまだしもケーキはなぜに・・・;
  リセラ: 「あなたがアドバーグさんですか?」
  ラルド: 会話は気にしなくても平気だと思うよ、【タング】使えるはずだから
  GM: エルド「お茶の用意もできんですまんのう、茶葉は今切らしとるんじゃ」
  レイド: 向こうが使わないならこっちが使えばいい品
  GM: とこっそり交易共通語になってます
  レオン: おーさすが
  ラルド: 「飲み物はあるので大丈夫ですじゃ」(お酒取り出してる)
  カリスティア: ティーセット持ってるけど茶葉はどうなのかな?
  GM: 買ってあるでいいんじゃない?
  レオン: 「こちらこそ手ぶらですまない。こういうもてなしはあまり無いのでわかっていたら妻の手料理でも持参したのだが」
  レオン: 持っている方が面白いかも
  レイド: 「ん・・・手持ちはお肉だけ・・・ステーキでもする?」
  GM: てぃんだーで焼くw?
  カリスティア: 「あ、私アバーキオ村の茶葉持ってますよ。よかったらどうぞ」
  レオン: 「さすがカリスティア気がきくな」
  レオン: アバ茶というやつですねw
  カリスティア: お茶は貴族のたしなみですからw
  GM: 侯爵とかになりそうでこわいなw
  リセラ: じゃあ、お茶いただきつつ話をすすめますかw
  レイド: 「元気の出る肉と魔香草の香草焼きにして、ロックオンしたファイアーボールで焼くと、結構おいしいよ」
  GM: 「ふむ、なかなか個性的な人たちじゃの」
  カリスティア: ところでケーキは何ケーキ?
  GM: れあちーず
  レイド: イエローケーキw
  カリスティア: グハァ!PLがチーズ食べられない以上PCも食べられないことにー!
  GM: 「いやはや、ここの方々は個性的じゃがいきなり襲ってくるようなことはなくて助かったぞい」
  リセラ: 「あー、私はお肉は匂いが付いちゃうからちょっと」
  GM: 中の人が食べれなくても 別にキャラが食べれてもいいんじゃない?
  ラルド: 「(カクカクシカジカ)というわけで街でも噂になってましての、こうして様子を見に来たわけですじゃ」
  リセラ: そういう気分にならないですよねw
  レオン: 「いままでそんな無礼な人もいたのですか」
  リセラ: 関西の人のキャラに納豆食べさせようとしても無理そうな印象
  GM: 「セフィリア王国とかいったかの・・・あのへんにでたときはデスロードとまちがわれてのう」
  レイド: 「まぁ、はたから見たら怪しい扉かはてまた遺跡か、といったところだし」
  ラルド: なんというか
  カリスティア: うん、カリスはカプレーゼとか食べれる事にしよう あれは一度食べてみたいし
  レオン: 「それは出た場所もまずかったですね」
  リセラ: 「そ、それは災難でしたね・・・」
  ラルド: ヴィッセンだといきなり遺跡の入口発見されても「あぁ、またか」で済まされそうw
  リセラ: いい街だw
  レオン: よくあることですw
  GM: うん、いいところにでたねw
  レイド: 「この辺は、遺跡多発地帯だし」
  GM: 「それはちょうどいいところにでたようじゃのう」
  GM: 「そういう町ならちょうどいいかの・」
  カリスティア: 「おや?何かお困りですか?」
  GM: 「実はのう、この時代に飛ばされて・・・そろそろ研究費用が残り3ヶ月持つかどうか位まで減ってしまってのう」
  レオン: 「この時代に飛ばされて?」詳しく聞きたい
  レイド: 「お金・・・使うんですか?時代違う上にあんな扉なのに・・・」
  GM: 「倉庫のアイテムをいくらか売り払おうとおもうんじゃが、せっかくじゃし・・・実際に使ってる人がいれば売りやすいじゃろ?」
  カリスティア: スポンサー探しか・・・
  カリスティア: 広告塔になればいいのか
  リセラ: 「時代に飛ばされるってどういう意味なんです?」
  GM: 「モニター的なものをお願いしたいんじゃが・・・ただでアイテムを渡すというのもどうかと思うんじゃ」
  GM: 「ん?ああ、ちょっと実験の事故でのう・・・」
  ラルド: あえて触れなかったのに・・多分話しにくいことだから
  GM: 「こう、ばかげた話になるが、それでも本当に聞きたいのかの?」
  レオン: 「モノによっては協力できるかもしれないが」
  ラルド: 「まぁ実験に・・・はつきものですからのぉ」
  リセラ: 「ええ。もしよかったら」
  GM: 「実験に関してはじゃ・・・ 時間魔法は制御が繊細で脳・・・非常に厄介なんじゃが・・・」
  GM: 「実験しとる日によりによって近くでアステリアとシーンをコールゴッドしおった輩がおってのう」
  ラルド: 「・・・・・・・」(想像したらしい)
  カリスティア: 「そ、それは悲惨でしたね・・・」
  リセラ: 「えっ、コールゴッドって・・・」
  レイド: 「・・・何それこわい」
  ラルド: そして始まる神による痴話喧嘩
  GM: 「あとは大体わかるじゃろ・・・めちゃくちゃにマナが乱れて・・・予定よりはるかに後の今の時代にとばされてしまったんじゃよ・・・」
  レオン: 「(...これは再現できる類の話じゃないな)」
  ラルド: よかったね、ティダンまで呼ばれてなくて
  GM: ティダンまで呼ばれていたらたぶん死んでました
  カリスティア: 妻と愛人の喧嘩か・・・ 人格を持った神様って・・・
  リセラ: 「じゃあ、本当に時間を超えて?」
  GM: 「うむ、せっかくじゃし、うちの地下に剣の迷宮の試練部分だけを模して適当に作った場所があるんじゃが」
  GM: 「そうじゃよ」
  GM: 「そこでちょっと遊んでいってくれんかの?その後で倉庫の中身を適当に見繕って選んでもらうことにしよう」
  ラルド: 「モニターとしてそのアイテムを持って潜ればいいんですかのぉ?」
  レオン: 「いちおう調べてくるという最初に依頼は達成できているとは思うが、みんなどうする?」
  リセラ: 「遊んで行ってって・・・えぇと」
  GM: 「ん?アイテム自体は効果がちょっと時間かかるものが多いからのう・・・」
  レオン: 「困っているようだし力になれればと思うが」
  レイド: 「命にかかわらないとうれしいな・・・」
  カリスティア: これは・・・キクオウ師匠の「ここでおうたも何かの縁。遊んでいってくんなまし~」というやつだな
  リセラ: 「レオンさん、すぐに戻らなくてもいいですよね? こんな機会、滅多にないと思いますし」
  ラルド: 頼まれてもいいなぁと思ってる、古代のアイテム(しかも新品)なんてお目にかかれる機会まずないし
  レオン: 「まぁマチルダには伝言したしな」
  GM: 「そのアイテム自体はあとで報酬代わりに渡すということになるの」
  リセラ: 「あ。じゃあ少しだけ待っていてもらえます? アドバーグさん」
  GM: そしてそれを持っていろんな依頼をこなしてくれれば よりいいかんじw
  ラルド: 失われた技術がふんだんに使われたマジックアイテム、見逃す手はない
  カリスティア: ・・・よし。街からの依頼とで二重報酬だ!
  GM: 「ん、ええよ」
  レオン: 自分の意思でしばらく扉をだしっぱなしとかできるのかな?
  リセラ: じゃあグレンさんやマチルダさんに伝えましょっか
  ラルド: というか技術ひたすら研究して復活させるいいチャンス!
  レオン: 目がきらきらしてるw
  GM: 「せっかくじゃしこの町には2ヶ月位はとどまるつもりじゃよ その後で別の場所に移動してみるつもりじゃし」
  GM: おじいちゃんw
  リセラ: 魔法文明が何で滅んだかは不明ですっけ
  レオン: 魔法王同士の戦争?
  リセラ: あ、そうなんですね
  ラルド: 一応不明、なぜか突然滅んでいる
  レオン: 魔神とか召還しまくったとペギノノにあったような
  リセラ: あーありましたね
  リセラ: 便利なものは復活しても良いけど、やりすぎは注意ですね
  リセラ: >魔法文明時代の技術
  GM: たぶん
  GM: マナの使いすぎじゃないかな
  レオン: そこらへんはマナの量とかでこちらで再現できないこともありそうだし
  リセラ: その線もありそう
  レオン: 大丈夫かな
  レイド: ダオスが攻め込んできそうな理由だなw
  GM: それがきたら誰も倒せねえヨw
  レイド: 昔の術は威力がある分燃費が悪かったりしたのかな
  リセラ: なるほどー
  ラルド: 「とりあえず、モニターするアイテムを見せてもらおうかのぉ(ワクワク)」
  リセラ: だから今は再現できない、とかなのかな
  GM: たぶん昔は15レベル魔法使いは一般的
  カリスティア: 今の技術のほうが新しい研究のヒントになるかもしれませんね
  レオン: 「たぶん正式な依頼としてうけることができるだろう。」といまの時代の冒険者の仕組みとか知っているのかな?知らなかったら説明しつつ
  GM: 「こういうのは 試練的なものを突破した後に見せたほうが楽しいじゃろ?」(試練挑戦自体のわくわく感を重視
  レイド: おなじメテオでもMP30の威力100じゃなくて、MP300の威力1000が基本だったとか(魔晶石大量に生み出せたみたいだし?
  GM: 剣の迷宮は どんな宝があるかわからないからこそおもしろい
  ラルド: あれ?使って突破するんじゃないの?
  GM: うん
  ラルド: モニターっていうからてっきり使って突破かと
  GM: 挑戦の報酬代わりに完全現物支給して
  レイド: 普通にエルドさんの暇つぶしなんですね
  GM: それをあとで外で使ってもらう
  レオン: つまり今後のシナリオフックですねw
  ラルド: ・・・で興味持ったほかの人に買ってもらう?
  GM: 有名な冒険者が使っているアイテムがどっかにおろされている
  GM: ほかに人に買ってもらう という理論
  ラルド: ・・・数日後になぜか見慣れない露店がヴィッセンにあるわけですね・・・
  リセラ: そんなことがw
  GM: 偽者とはいえ剣の迷宮的なものを突破したという 話題にもできる
  カリスティア: かけらはあるのかな?
  GM: こっちとしてはそういうのを渡すだけの価値は十分すぎるほどにある
  レイド: 「まぁ、たぶん何とかなると思うし、やるだけやろうか、あ、昔の本とかある?魔術所とかじゃなくて小説とか」
  カリスティア: 「私も挑戦しても良いかな」
  GM: 「一応そういうものもあるのう ちゃんと用意はしてあるのう」
  ラルド: みんなで挑戦しろってことだと思うけど
  GM: みんなで挑戦しろということですよ?
  リセラ: 「ええ、みんなで行きましょう」
  レオン: 「俺も構わないぞ」
  GM: 「うむ、ありがたい では準備がよければ早速案内しようかの?」
  ラルド: 「では早速行くかのぉ(ぐびぐび)ケーキもきちんといただいたしのぉ」
  レオン: 残さずいただこう
  カリスティア: (・・・急な来訪だったのにクリームは新鮮なものだった・・・これは一体・・・?)
  GM: よし、いくということならば 現地の入り口手前まで案内してくれたね
  レイド: なんか設定が生えたw
  GM: いや そのへんはアレだろう
  GM: きっと魔法でなんとかなってるんだよ 専門がそっちだし
  レオン: 知らない技術でw
  ラルド: 見えないところで調理用ゴーレムがせっせと調理
  レイド: ケーキにプリザベーションかけたんじゃない?
  リセラ: 便利だー
  GM: 実は意外と自分で料理
  GM: かもしれないぞw
  カリスティア: ・・・ということは、上手くすればヴィッセンで新鮮な魚を取り扱えると!
  GM: まあ、ダンジョン開始直前まできたし
  GM: お茶の補充とかある人ー
  GM: 挙手
  GM: (リアルのほうね
  リセラ: 特にはー
  ラルド: ないかな
  カリスティア: まだ十分ある
  レオン: 大丈夫です
  レイド: へーき
  GM: OK んじゃあすすめようか
  GM: 「この扉が入り口じゃよ こっからさきはノックはいらんのでのう」
  レオン: 逆に罠にはまりそうだw
  リセラ: 「っていう事は、ここから先は罠があるっていうこと?」
  GM: 最初の扉には 試練1「発想の試練」とかかれている
  ラルド: ふみゅ・・・・それだけ?
  レオン: 何語かはもう訳してもらおうw
  GM: 「中身以外はあんまり手を加えておらんから 扉には何も仕掛けておらんのじゃよ」
  カリスティア: リアルに頭を使えと言う事ですな
  レオン: 頑張れOLw
  レオン: PLw
  ラルド: 「では行くかのぉ(ガチャ)」
  ラルド: OLてw
  GM: では最初の部屋です
  リセラ: 何かとw
  カリスティア: OLが頑張ってどうするw
  GM: 5m四方の部屋の中央にテーブルがあり、奥に扉がある
  GM: テーブルにはスフィンクス人形が載ってるね
  レオン: OとPは近いのが悪いw
  レイド: 「いきなり出題かぁ」
  ラルド: ・・なんかかわいいかもしれない(人形)
  レオン: ねんどろいどスフィンクス
  GM: 人形「いまから3つほど問題を出します 1つでも正解すれば先に進むことを許可します」
  リセラ: 「あっ。喋った・・・クイズ?」
  GM: と やはり魔法文明後
  レオン: 「頭を使う試練かみんなたのんだぞ」w
  GM: 人形「では、第1問です」
  ラルド: 「お主も考えんかい」w
  カリスティア: 翻訳で間違いとか起こさないよね
  リセラ: 「もうっ、レオンさんも考えてくださいー」
  レオン: 「お、おうまずは問題を聞こう」
  GM: テーブルの上にケーキがあるとします・・・それをナイフで切る場合 8等分するには最低で何回切ればいいでしょう?
  レイド: 3回かな・・・
  GM: 答える人は「」をつけて答えてください
  レオン: ちょっとケーキきってくるw
  レイド: ミスったら終了?
  GM: ああ、間違えたら次の問題に行く
  ラルド: 「3回」
  GM: 人形「・・・・・・・・・」
  GM: 「残念!」
  カリスティア: 私4回だと思った
  リセラ: 「あっ」
  GM: 人形「正解は・・・1回です」
  リセラ: 「もしかして・・・」
  GM: リセラはわかったようだね
  GM: 私は ケーキの形までは指定していない
  リセラ: 「ケーキ、ある程度きってあったとか?」
  レオン: なるほど
  ラルド: うんぐにゃぐにゃに曲がったケーキなら1回で
  ラルド: って・・・ひっかけかい!
  GM: そう、それが正解
  リセラ: そういうのもありますねー
  リセラ: 「む、難しいっ」
  レイド: 発想の方向性がちがうw
  GM: 引っ掛け問題じゃないと おじいちゃんはひっかからないだろw
  ラルド: とりあえず最初に聞くの忘れてたんだ、質問や確認はありなのか
  カリスティア: ここからは相談して慎重に答えよう
  GM: OKだよ
  リセラ: そですねー
  リセラ: あ、質問とかおっけーなんだ
  GM: 「では第2問です」
  ラルド: 8等分って言ったから全部おんなじ大きさで考えたんだよ・・・
  GM: スリープ・クラウドを15倍数拡大する場合に必要になるマナの量を求めよ ただし、マナの消費を軽減する手段は用いないこととする
  レイド: 横に一回切って縦横で8等分に...でもなかったんだな・・・
  GM: いや
  GM: おんなじ大きさでできるよ
  ラルド: そういう形でぐにゃぐにゃに曲げたの作ればいいって後で気づいたんだよ
  GM: そういう形のを用意してから切ればいいんだもん
  GM: 量は数字でいいよ
  レオン: ですねロールケーキてきなものを
  ラルド: ∞∞こんな形とか
  GM: が 第2問です
  リセラ: じゃあ質問してみますかー
  レオン: スリープ・クラウドって拡大数できる?
  カリスティア: これ、実は完全版のほうだったりして
  ラルド: 普通に考えるとできないんだけど・・・
  レオン: マルチターゲットもこみか
  カリスティア: 質問しても良いかな? 「ラクシア世界での計算ですか?」
  レイド: 普通に考えれば113のわけだが・・・
  GM: 「ラクシア世界での計算です」
  リセラ: 「そのスリープ・クラウドをかけるとき、数拡大以外に、マナの消費が増大する要素はある?」
  レオン: 15倍だよ
  ラルド: 「対象になる数を15倍の75体にかければいいのかのぉ?」
  レイド: あ、トキシックのほうで計算してた;
  GM: 「同じ深智魔法としか答えることはできません」
  リセラ: えっと私のに対する答えかな?
  GM: >りせら
  リセラ: むー難しい
  ラルド: 普通に考えれば12×15+8なんだよねぇ
  レオン: 188
  GM: 回答は「」をつけてくださいな
  リセラ: ちょとまってね
  レオン: いやまだ相談中
  ラルド: 拡大:範囲だと上限に引っかかるから【マルチターゲット】必要になるんだよね
  レイド: マナ軽減系手段は使えないしなぁ・・・
  リセラ: じゃあ質問です。「使用者はマナ・アブソーブやそれに類する効果に掛かってる?」
  GM: 「いいえ、その類にはかかっていません」
  レイド: ・・・拡大した後にトランスファー使ったから0、とか
  ラルド: 「一人で唱える場合と考えて間違いないかの?」
  リセラ: あ、それ重要ですね
  GM: 「はい、一人で唱える場合で間違いありません」
  ラルド: 「ファミリアなど自分のマナ以外で使う場合もマナの消費を軽減する手段と考えていいのかの?」
  GM: 「それで問題ありません」
  ラルド: 「メイガス、魔晶石などじゃの」
  ラルド: メイガスまで考えると0になっちゃうからここ重要
  GM: 「あくまで使用するのは自分自身のマナのみです」
  ラルド: そう考えると188なんだけど・・・他に手段何かあったっけ?
  カリスティア: ・・・メイガス使用しないとは言っていないから0じゃない?
  リセラ: 焦点は消費の増大じゃないのかも
  レオン: ウィザードで10つかえる時点でMP減らせそうなコンジャラーとかソーサラーあったかな
  レイド: リピアクは・・・分身も術者のMP使うか・・・
  GM: つ 作った当人は魔動機自体をすっ飛ばしています
  レオン: 何レベルウィザードかきくのはメタ過ぎるかな
  レイド: おうふ
  ラルド: マナのみだからメイガスはないんよ、HP消費するから「マナのみ」でひっかかる
  ラルド: マナを軽減する手段は用いない物とするから軽減系はないんよね
  GM: 何レベルかと問われると たぶん当時では一般的な15レベル程度しかないよ
  GM: はい、ありません
  リセラ: 質問です。「15倍数拡大する場合っていうけど、その状況は本当にあるの?」
  GM: 「仮に設定した状況ですので 現実にはこんな使い方をする機会はおそらくないでしょう」
  カリスティア: ・・・当時の人はマナを自身の中から消費してたっけ?
  GM: ・・・そこまで詳しく聞くなーw
  ラルド:
  レイド: デリュードエンチャントメントで15倍拡大した、という偽装魔法を発動するとか
  GM: 魔法文明時代の人の魔力の使い方とかまで聞かれても
  ラルド: 「『なんでもいいので75体眠らせればいい』と考えていいのかの?」
  GM: 私に答えられるわけがw 公式でまだそういうのでてないからちょっとこわいじゃないかw
  リセラ: たしかにw
  GM: 「いいえ 単純にスリープクラウド自体を15倍数拡大すればいいのです」
  カリスティア: じゃあ、180じゃない?
  ラルド: できないんだ・・・範囲の数の上限が決まってるから
  リセラ: うーん。さっきの質問に対する答え、"同じ深智魔法としか答えることはできません"っていうのはどういう意味なんでしょ
  GM: それはヒントだよ
  リセラ: やっぱりですか
  ラルド: 単純に拡大だけだと「半径6m/20まで」
  レオン: マルチターゲット使うのかなと思った
  リセラ: 何か他の質問に対する答えと性質が違ったんですよね
  リセラ: あ、それかも
  レイド: 3mの効果範囲を15倍に?
  レイド: 半径3mか
  GM: そろそろ答えてくれw
  リセラ: 質問です。「マルチターゲットを併用する?」
  GM: 「それを思いついたなら答えにたどり着いたといえるでしょう」
  ラルド: じゃぁまちがいなさそうだね、188で
  GM: 「正解です」
  レオン: と思いますが
  リセラ: おー
  GM: 何でさっきのケーキの倍以上の時間がーw
  レイド: 結局力技なのかー・・・
  リセラ: ケーキはミスってますからw
  レオン: ケーキで疑り深くなったからw
  カリスティア: おー、私だったらまちがってた
  ラルド: ちなみに違う回答として思いついたのは「12」
  レイド: ケーキのほうで若干凝った問題だから
  GM: 最初が引っ掛けすぎたか・・・
  レイド: こっちも単純に力技するわけがない!とw
  GM: 「では、間違っても問題のない最後の問題です」
  ラルド: 75体のムリアンの群れを眠らせるという
  GM: 「パンはパンでも・・・・食べられないパンは・・・・何!」
  レオン: 逆に絞るのが難しいよw
  ラルド: 「フライパン」
  レイド: ・・・フライパンでおk?
  リセラ:
  GM: 速攻で答えられたw
  レイド: はや
  GM: 「正解です」
  リセラ: あってるんですかw
  GM: 予想してたのかw おじいちゃん
  カリスティア: ・・・おい
  レイド: いくらなんでも答えるの早いよw
  ラルド: いや、間違ってもいいやぐらいの勢いで答えた
  リセラ: なるほどw
  GM: では奥の扉が開きますっと
  GM: 「次の間は運の試練となっております」
  ラルド: 「運・・・のぉ・・・あまり自信はないんじゃが」
  レイド: 「同じく」
  GM: 4m四方の部屋で
  レオン: 「おれも信じている神様が違うな」
  GM: 天井から4本ほど紐が垂れ下がっていますね
  カリスティア: 運ねぇ クリティカルでも出せとか?
  GM: やはりおくには扉があるんだけども
  GM: 声「この4本の中から一本を選び引っ張ってください 正解が出るまで」
  ラルド: 「・・・・・・・・・・・・」
  GM: 「ただし、正解は毎回変わります」
  リセラ: 「ほ、ほんとに運ですね」
  カリスティア: 答え、全部いっぺんに引っ張る
  レイド: 「コマンドドールとかでもいいのかな」
  レオン: 何度でも挑戦できるの?
  GM: 「4本同時に引っ張ろうとする方がいるとは思いますが、それをやったら 抹殺します」
  リセラ: 抹殺w
  カリスティア: げっ
  GM: 「挑戦自体は何度でもどうぞ」
  レオン: www読まれていた
  ラルド: 周りの4人見て結局引っ張るの自分なんだろうなぁと考えてる
  GM: まあ
  GM: 左から順に1 2 3 4としておこう
  ラルド: 「じゃぁ、開くまで1引っ張り続けようかのぉ...」
  GM: 1d4
    ダイスボット: GM -> 1D4 = [4] = 4
  GM: 1d4
    ダイスボット: GM -> 1D4 = [4] = 4
  GM: 1d4
    ダイスボット: GM -> 1D4 = [4] = 4
  GM: 1d4
    ダイスボット: GM -> 1D4 = [3] = 3
  GM: 1d4
    ダイスボット: GM -> 1D4 = [1] = 1
  GM: 5回目で開きましたw
  リセラ:
  レオン: www
  レイド: マジランダムだwww
  レオン: なんかラスボスに補正とかかかるのかな
  ラルド: ・・・・やっぱり運悪いしorz
  リセラ: 「あれ・・・これでいいんだ」
  カリスティア: そんなのありですか? 1以上かどうかで悩んでたのにw
  GM: 「コングラッチレーション、コングラッチレーション おめでとうございます 次の間にはいわゆるボス的なものが置いてありますが」
  GM: 「戦闘開始前に準備することはできません」
  レオン: 了解w
  ラルド: えっと・・・すでにかかっちゃってるものは?
  ラルド: 消える?
  GM: 「扉の前に特殊なパーフェクトキャンセレーション的なものがかかっておりますので 全て消えます」
  レオン: なるほど
  カリスティア: 私は戦術に特に変更は無いかな
  GM: 「皆さんがお強いとのことですので 素敵なゴーレムを置かせていただきました」
  ラルド: もう...ミスリルゴーレムとかしか思い浮かばない・・・
  GM: 「どうぞ存分に叩いていってください」
  リセラ: 「す、素敵なって・・・」
  レオン: 強いとか誰に聞いたのw
  GM: あれはどうにもならないからw
  リセラ: ほんとにw
  GM: ほら
  GM: セージチェックってあるじゃないか
  レイド: 最近急に使える魔法が増えたので・・・使い切れる自信がねえなぁ・・・
  ラルド: じゃぁ入る前に
  リセラ: コンジャはゴーレムなら魔物知識自動成功かな?
  ラルド: 回復しておこうかMPとかMPとかMPとか
  レオン: ですかね
  GM: うん 成功でいいよ
  レイド: あ、地味にMP減ってるから魔香草使おう
  ラルド: あと装備便利系外して完全戦闘装備にしておこうか
  レオン: 回復はしていどみましょう
  レオン: 裏で振る?ここでいい?
  ラルド: ん【ビビッド】歌おうか?
  カリスティア: 「質問!いわゆるボス的なものは倒さなきゃいけないの?無視していいの?」
  GM: 「倒してくださいね」
  レオン: あー結果で何かかわるのかな
  ラルド: みんな消費3とかだし1時間歌えば回復するよ
  GM: おじいちゃんが歌うの?
  GM: 逆に減るんじゃ・・
  ラルド: ・・・ペットに歌わせておくorz
  カリスティア: だー!実は無視しても良いよ的な答えを希望してたのにー!
  リセラ: まー倒しましょっかw
  ラルド: tte
  ラルド: ペット歌えない歌だった
  ラルド: なんというか
  GM: まあいいや
  レイド: ひらめき眼鏡外して異形の面を、リトルウィング外して英雄のマントを付けます
  GM: mp回復したでいいよ
  ラルド: 自分は回復するよ?w
  レオン: ありがとうございます
  レオン: さっきのケーキの効果ということでw
  カリスティア: ひらめき眼鏡から仮面に変更だけかな
  GM: うん、それでいいやw
  リセラ: 纏炎の耳飾り(ファイア・ウェポン・ブースター)装備しよう
  GM: サテ、mp回復した皆さんが次の部屋に入ると・・・
  レオン: 敵も見るまで判定できないしいきますか?リアルで休憩入れます?
  GM: 次の部屋に入ってデータ公開して先制ふったとこで
  GM: QK
  リセラ: はーい
  レオン: 了解です。
  カリスティア: OK
  リセラ: ゴーレムの姿確認しようー
  ラルド: 鞄をいれてる収納ブレスレット外して疾風の腕輪つけとく
  GM: 部屋自体はものすごい広いですねー
  GM: そしてなんだろう・・・全長40m位ありそうなゴーレムが鎮座している
  リセラ: 40mってw
  GM: データ的にはこんなの
  GM: http://u4.getuploader.com/wissen/download/154/%EF%BC%95%EF%BC%99%E3%83%9C%E3%82%B9.txt
  カリスティア: ・・・サイコガンダムかウルトラマン並みじゃないか
  GM: 距離は20mとして
  リセラ: ベルーダのゴーレム版
  GM: まあ先制を振るといいよ
  GM: ひとつだけ言って置くことがある!
  GM: ボスだからかけらが入ってると思ったが・・・別にそんなことはなかったぜ
  リセラ:
  リセラ: じゃあ先制
  リセラ: 2d6+16 先制
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+16 = [2,3]+16 = 21
  リセラ: あっw
  リセラ: カリスおねがいー
  レオン: 先制ガンバレー
  カリスティア: 2d6+10
    ダイスボット: chalice -> 2D6+10 = [1,3]+10 = 14
  GM: ちょwあんたらw
  リセラ: あーこれは
  リセラ: 俊足の指輪を破壊!
  GM: まだだ、まだおじいちゃんがいる
  リセラ: あ、でしたか
  リセラ: おじいちゃんごー
  カリスティア: 敏捷低いんだってば
  ラルド: 「第1原色・赤色解放!我、疾風の理を知るものなり、『イニシアティブ・ブースト』」A使用
  GM: はい、先制どうぞー
  ラルド: 2d+15
    ダイスボット: rald -> 2D+15 = [3,6]+15 = 24
  レオン: きた
  リセラ: ないすー
  レイド: ないす
  リセラ: 指輪温存でw
  GM: さあ いよいよ・・・QKだ
  ラルド: 200G
  ラルド: 消費w
  リセラ: 安いw
  GM: 25分までー
  リセラ: はーい
  レイド: 2000G大量と2万Gつかうよかましじゃまいかw
  レオン: はい
  GM: うん、この感じだと
  GM: 戦闘終了してアイテム選んだりなんなりするころに終わるな
  GM: 念のため2日とっといてよかった
  ラルド: あと弱点抜けるかは振らないとね
  リセラ: あ、お願いします
  GM: たぶんおじいちゃんなら抜ける
  カリスティア: ・・・これって近接打撃のみ?
  ラルド: 「第1原質・白色解放!開け!世界のすべてを記す書よ!『エンサイクロペディア』」A使用
  レイド: 2d6+15 セージ
    ダイスボット: Reid -> 2D6+15 = [5,2]+15 = 22
  ラルド: 2d+19
    ダイスボット: rald -> 2D+19 = [5,1]+19 = 25
  ラルド: ぐ・・・・・命中+1欲しいよね?
  レオン: あるといいですよね
  ラルド: 基準が20だし
  レイド: 弱点カンパで+2に・・・
  リセラ: 欲しいですねー
  ラルド: パリン
  ラルド: 20000よりは安い;;
  リセラ: ありがとです
  GM: 抜かれたかー
  リセラ: まだ言ってるw
  レオン: 割った分は報酬から引いていいですよ
  レオン: 必要経費
  リセラ: 2万は自爆ですからw
  GM: うむ、なんだろう
  レイド: 近接命中+2ですね
  GM: 1ターン目にはほぼ半壊するなこれ
  レオン: 助かります
  ラルド: いや+1
  レイド: あれ、1なの?
  GM: +2になるのは 本人だけさ
  レイド: あー・・・
  ラルド: 弱点看破は持ってる人しか効かないから
  リセラ: そですね
  GM: 抜いた本人だけ
  レイド: そっか
  ラルド: 他の人も持っていれば発動はするんだけどね
  レイド: 持ってるけどー・・・殴らないw
  ラルド: まったくだw
  カリスティア: 何処から落としましょうか?
  レイド: 足じゃない?
  レオン: コア無いですしね
  レイド: ・・・というか自分のキャラはなぜ魔法拡大数を持っておらんのだ・・・
  ラルド: ・・・・おーい
  GM: 収束タイプなんじゃないの?
  レイド: です
  レイド: なのでブリザードでも撃つか
  カリスティア: ・・・足ですね、必中持ってるから
  レオン: 満遍なくダメ与えておいて貰うと助かります
  レオン: あっ25分ですね
  GM: それではー
  GM: 再開です 全員いますかー?
  レオン: レオンいます
  ラルド: います
  レイド:
  リセラ:
  カリスティア: おります
  GM: では・・・破壊してクダサーイ
  ラルド: ボスまで距離何m?
  GM: 30m
  GM: あ、まちがった
  GM: 20m
  レイド: 支援があれば先にお願いします
  レオン: レオンも拡大数ないんですよね
  レオン: ブレスとか飛ばしてあげたいのですが
  ラルド: 20mか・・・そういや【バトルソング】って、かかってる対象が範囲外に出たら効果切れるよね?
  レオン: 通常移動で普通には殴れるけどエンハンサーって移動前でしたっけ?
  ラルド: どちらでも使える
  レオン: ですか
  ラルド: あと質問だけど攻撃特化と防御固め、どっちが欲しい?
  カリスティア: 私は攻撃特化かな?
  レオン: 攻撃特化というかあてやすくなると嬉しいかな
  ラルド: ふむ
  カリスティア: 私当てるのは自前で何とかなるので
  ラルド: 【バトルソング】は効果範囲外に出たら切れる?効果歌ってる限り残る?
  GM: んー・・・
  レオン: 魔力撃使えばレオンもあてられるかな
  GM: たぶん先に歌開始なら大丈夫だと思うけども
  レオン: その後喰らいまくるけどw
  GM: で、たぶん次ターンで切れるんじゃないかな
  リセラ: そうなりそうですね、バトルソング
  ラルド: ・・・了解、他の呪文から使って行こう
  レオン: もったいないですね
  レオン: レオンは補助かけて魔力撃でなぐるくらいしかできないかな
  GM: さて、おじいちゃんの行動は支援かけるときの参考になるからな
  ラルド: 3m前進して・・・レオンさんかな、薙ぎ払えるし補助で【ボーパル・ウェポン】A
  レオン: あと飛んでおかないと
  GM: きっちりみておかねば
  レオン: なぎはらいないんですよ
  ;   ラルド: 攻撃主体希望が多いみたいだからF・プロテク2はやめとくね
  レオン: 喰らうのはもうしょうがないですよね。部位多いし
    ラルド: 【ブレス】器用度拡大数、前に出る3人に
    ラルド: 2d
    ダイスボット: hougen -> 2D = [3,2] = 5
  GM: おお、ちゃんとかかったね
  レオン: ありがとうございます
    ラルド: そして【エフェクト・ウェポン】属性炎でやっぱり3人に(オプション付き)
    ラルド: 2d
    ダイスボット: hougen -> 2D = [4,6] = 10
  GM: ここでぞろったら50点もかせげたのにw
  レオン: 武器が燃えてきました
  GM: さてと、次の方どうぞーw
  レイド: んじゃ魔法撃つか
    ラルド: 器用度+6のダメージ+2ね
  レオン: ありがとうございます
  レイド: スフィンクスノレッジ使ってブリザード
  レオン: そうかファストか
  GM: まあ大体30点くらいもってかれるだろう
  レオン: いけーブリザード
  レイド: 2d6+22
    ダイスボット: Reid -> 2D6+22 = [4,2]+22 = 28
  GM: たまには振るか
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [1,3]+21 = 25
  GM: 失敗
  レオン: おー
  GM: だめーじくれたまい
  レオン: まわれー
  カリスティア: えー、固定値でカンベンしてください
  GM: これで130とか出すなよー
  GM: ああ、固定値だったら抵抗成功だったよ、いまの
  レオン: 振ってw
  レイド: r30+20@10 
    ダイスボット: Reid -> Rate30+20@10 = [4,4:8]+20 = 28
  レイド: 敵全体28ダメ、じょっぱい
  リセラ: じゅうぶんー
  レオン: 猫さんのダイス目に期待w
  カリスティア: 私は固定値じゃないと安心して攻撃出来ないw
  GM: 結構持ってかれたな
  GM: まあ、大体予想通りのダメージだ
  レイド:
  GM: 次どうぞー
  レイド: ごめん、
  レイド: 30だった、+2わすれてた
  GM: スフィンクスを足し忘れ打ね
  レオン: なるほど
  GM: ほい、つぎはだれだ!
  リセラ: どぞー
  レオン: ファスト組みさんからいきます?
  リセラ: なぎ払いかな?
  GM: カリスが本気できたら
  レオン: なぎはらいないんですよ
  GM: 2部位落ちるからなあw
  カリスティア: じゃあ私行きますね
  リセラ: あっ、ですか
  リセラ: どぞー
  レオン: マルチアクションとったので
  GM: よし、こい!
  GM: ぶっちゃけこっちは+7をださないとかいひはできぬぅ
  GM: カリスの命中スゴイカラ・・・
    ラルド: 乱戦の中心点の問題で16~18m先で乱戦宣言してもらえるとありがたい
  カリスティア: 異貌、スフィンクスノレッジ、ターゲットサイト、キャッツアイ、デーモンフィンガー、マッスルベアー、ジャイアントアーム、ヴォーパルウェポンA
  GM:
  GM: やっぱりものすごいわw
  リセラ: ターゲットサイトは無理じゃ?
  レオン: ターゲットサイトはだめかな
  レイド: ・・・異貌宣言忘れてたな、さっきのはともかく補助動作で異貌しておきます
    ラルド: 3m移動になるよ
  GM: タゲサは☆マークついたな
  カリスティア: あ、じゃあターゲットサイト抜きで魔力撃
  リセラ: ごー
  GM: ひい・・・!
  GM: どの足をつぶすんだい?
  GM: ABCDでいいや、めんどいから 部位
  カリスティア: 2d6+28
  カリスティア: Aで
  レオン: いけー
  GM: 6ゾロしかないな・・・これw
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [6,3]+28 = 37
  GM: 2d6+20 回避失敗
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [3,3]+20 = 26
  GM: ほい、ダメージどうぞー
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [6,2:8]+39 = 47
  GM: 32点とおったw
  カリスティア: 2d6+28 左手
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [4,5]+28 = 37
  GM: 2d6+20 6ゾロしか無理
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [2,4]+20 = 26
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [5,3:8]+39 = 47
  GM: 52点ダメージ出したら落ちるよ
  GM: おしいw 3点残ってるw
  カリスティア: 2d6+28 追加
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [2,4]+28 = 34
  GM: 2d6+20 6ゾロしか無理
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [6,4]+20 = 30
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [3,1:4]+39 = 43
  GM: 落ちた
  リセラ: おー
  GM: さあ、ファストだな・・・
  GM: こい、たしなみのファストアクションよ!
  カリスティア: ファストアクションって別の目標狙えます? ならBで
  GM: うん、別の主導だから問題ないよ
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [2,2]+28 = 32
  GM: 2d6+20 6ゾロしか無理
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [5,3]+20 = 28
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [3,1:4]+39 = 43
  GM: お、手加減してくれたか
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [4,3]+28 = 35
  GM: 28点とおし
  GM: 2d6+20 6ゾロしか無理
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [5,1]+20 = 26
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [5,5:10][4,4:8]<クリティカル>+39 = 57
  GM: OTITA
  GM: うむ・・・やはり2部位落とされたか
  カリスティア: まだ残ってたのにw
  GM: ふw曹操うまくはいかないということさw
  レオン: すごいな
    ラルド: 次痛いのは尻尾かな、テイルスイープあるし
  GM: では次の方どうぞぉ
  レオン: リセラ先にどうぞ
  リセラ: じゃあいきますねー
  リセラ: 必中が痛いから足からで良い?
    ラルド: 必中はもうない
  リセラ: あ、もうできないんだ
  リセラ: じゃあ尻尾いきますか
    ラルド: 2つ落ちたら使えなくなるからね
  レオン: お願いします
  リセラ: 尻尾に乱戦!
  GM: もうこっちに誰かを落とすだけの戦闘力はないw
  リセラ: スフィンクスノレッジ、マッスルベアー、ケンタウロスレッグ、デーモンフィンガー、ガゼルフット、キャッツアイ
  リセラ: 魔力撃を見舞います
  レオン: いけー
  GM: ぎゃあああ
  リセラ: ピアシングx2 2d6+21+1+2+2+1
  リセラ: 2d6+21+1+2+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+2+1 = [2,6]+21+1+2+2+1 = 35
  リセラ: 2d6+21+1+2+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+2+1 = [5,2]+21+1+2+2+1 = 34
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [3,3]+21 = 27
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [6,6]+21 = 33
  レオン: よけた
  GM: 片方よけたw
  リセラ: あっw
  リセラ: r17+31+1+2+2@9
    ダイスボット: リセラ -> Rate17+31+1+2+2@9 = [1,6:5]+31+1+2+2 = 41
  リセラ: そしてFA!
  GM: あれ?C8じゃ
  リセラ: あ、間違ってるかも
  GM: まあ クリってないからいいや
  リセラ: まー出てないのでw
  リセラ: 2d6+21+1+2+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+2+1 = [3,1]+21+1+2+2+1 = 31
  リセラ: 2d6+21+1+2+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+2+1 = [5,6]+21+1+2+2+1 = 38
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [4,2]+21 = 27
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [6,5]+21 = 32
  リセラ: r17+31+1+2+2@8
    ダイスボット: リセラ -> Rate17+31+1+2+2@8 = [3,1:2]+31+1+2+2 = 38
    ラルド: おしいw
  リセラ: r17+31+1+2+2@8
    ダイスボット: リセラ -> Rate17+31+1+2+2@8 = [1,5:4]+31+1+2+2 = 40
  GM: よけれるかそんなもんw
  リセラ: ばすばすっとw
  リセラ: 以上~
  GM: 23+25 48
  GM: 5点残った
  レオン: 尻尾いきてmす?
  レオン: ならしっぽかな
  リセラ: 「あ。レオンさんおねがい
  GM: よしこいやー
  レオン: 補助で デーモンフィンガー、ビートルスキン、キャッツアイ、ストロングブラッド、スフィンクスノレッジ魔晶石から、飛んでちかづきます
  GM: 相変わらずひどいレンギだw
  レオン: 魔力撃で
  カリスティア: 便利だなー 取って良かったファストアクションw
  レオン: 2d+22
    ダイスボット: レオン -> 2D+22 = [2,6]+22 = 30
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [5,5]+21 = 31
  レオン: 違う32だ
  GM: ごめんw
  GM: あ・・・じゃああたったw
  レオン: おじいちゃんありがとう
    ラルド: 翼とブレス忘れてた?
  GM: 1ぞろい外なら落ちます
  レオン: r39+36@8 ローゼンハーケン
    ダイスボット: レオン -> Rate39+36@8 = [4,3:8]+36 = 44
  GM: それで落ちたね
  レオン: 44です
  レオン: しっぽと必中無いと楽になりますね
  GM: 残り5点だからすっごいオーバーキルw
  GM: では、私のターンがあるのね?
  GM: 1d3
    ダイスボット: GM -> 1D3 = [2] = 2
    ラルド: 器用+が役立った(゜-゜)
  GM: 1d3
    ダイスボット: GM -> 1D3 = [2] = 2
  GM: 1d3
    ダイスボット: GM -> 1D3 = [1] = 1
  GM: 1d3
    ダイスボット: GM -> 1D3 = [2] = 2
  カリスティア: やったね!1ターン持ったよ!
  GM: 噛みつき、体当たり 足がレオン
  GM: 後足Cがカリス
  カリスティア: 私に来れば良かったのに・・・
  GM: 1本いったよ
  カリスティア: お、来たか
  レオン: 2d+16 回避
    ダイスボット: レオン -> 2D+16 = [2,2]+16 = 20
  GM: 2d6+22
    ダイスボット: GM -> 2D6+22 = [1,1]+22 = 24
  レオン: やった
  GM: 2d6+20
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [3,5]+20 = 28
  GM: 体当たりー
  レオン: 2D+16
    ダイスボット: レオン -> 2D+16 = [4,6]+16 = 26
  レオン: 6ぞろしかw
  GM: 2d6+20 ダメージ
    ダイスボット: GM -> 2D6+20 = [5,4]+20 = 29
  GM: たったの29点ですw
  レオン: いたい
  GM: 足C
  GM: 食らえカリス!
  カリスティア: イリーガルユースオブハンズ 青5番 カウンターを宣言
  GM: 2d6+21 カウンター
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [1,4]+21 = 26
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [4,5]+28 = 37
  GM: さ、だめーじはなんぼだいw?
  レオン: www
  レオン: カウンターこえー
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [4,4:8]+39 = 47
  GM: 32点通ったw
  リセラ: さすがw
  カリスティア: もう何も怖くないw
  GM: 2d6+21 ちんまりきっくれおん
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [1,2]+21 = 24
  レオン: 2D+16
    ダイスボット: レオン -> 2D+16 = [6,2]+16 = 24
  レオン: おっ
  GM: あたらんw
  レオン: きせきだ
  GM: さ、これで死んだな・・・
  GM: 2ターン目どうぞーw
  レオン: www
  レオン: 制御あるなら魔法どうぞw
    ラルド: さてと、距離開いてるので色々とどかないんよね
    レイド: ふむ・・・
  ラルド: そして切断されたときにニックネーム変わっていたことに今気付いた
  GM: レイドの魔法できっと足が1本落ちる
  GM: このターン・・・おそらく部位は残って1個だ・・・!
  GM: さて、だれからくるんかな?
  レオン: 大丈夫もうファストはないw
  レイド: じゃぁまぁ・・・ブリザードで
  レオン: レイドのまほうがいいかも
  レイド: 2d6+23
    ダイスボット: Reid -> 2D6+23 = [4,6]+23 = 33
  GM: 2d6+21 あ、これは無理だな
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [4,3]+21 = 28
  レイド: r30+23
    ダイスボット: Reid -> Rate30+23 = [1,6:7]+23 = 30
  レオン: 抜いた!
  GM: お、残ったわw
  レイド: どぞー
  ラルド: どれくらい残った?
  レオン: ラルドどうぞ
  GM: 50 67 5 37
  ラルド: ふむ
  ラルド: もったいないからこっちで落とそうか
  ラルド: 3m前進して
  ラルド: リセラに補助で【ボーパルウェポン】Aかけて
  リセラ: ありがとー
  GM: 10点超えるダメージ出る魔法ならおちるね
  ラルド: ゴッドフィスト4倍掛け、足は確定で落とせる、抵抗上等!
  レオン: www
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [4,2]+21 = 27
  GM: あ、出目低い抜かれる
  ラルド: ・・・・8倍しないと届かない・・・・
  GM: すればいいじゃなーい
  ラルド: そしてもっとやばいことに気付いた
  ラルド: 射撃魔法だから誤射する・・・・
  レオン: 誘導がw
  カリスティア: イヤー!
  レオン: www
  レイド: 誘導ないのかw
  ラルド: あるはずがないw
  ラルド: フォース全員巻き込んでいい?w
  GM: おじいちゃんw
  リセラ: どういうことw
  レオン: 誤射ってどう判定するんでしたっけ?巻き戻しあり?
  GM: 10点出ればいいんだヨw?おじいちゃん
  GM: まきもどしていいよー
  カリスティア: 抵抗できないから困るなぁw
  GM: 抵抗値は27ということで
  リセラ: だねw
  ラルド: いや、魔力今12しかないからみんな抵抗できるよw
  ラルド: まぁしょうがないのでまきもどして
  レオン: 魔力撃でさがっているのでいい勝負かもw
  ラルド: もうきれてるからw
  レオン: そうか
  ラルド: 6mの距離まで一気に距離縮めて
  ラルド: 主動作でクリレイA3人にかける、多分これが最善主
  GM: ういOK
  レオン: いろいろできるなラルド
  GM: さあ、次の方どうぞお
  レオン: 先にどうぞ
  ラルド:
  レオン: 手数のある方々
  ラルド: ごめんクリレイ、接触だった
  GM: ちょw
  リセラ: どんまいw
  ラルド: パラミスにしとく4倍で
  GM: ぎゃああ
  レオン: やはり自分でかけるものなんですね
  GM: さて、今度こそ次の方どうぞw
  ラルド: 2d+11
    ダイスボット: rald -> 2D+11 = [3,1]+11 = 15
  ラルド: 短縮でかかったw
  リセラ: カリスどぞー
  カリスティア: 2d6+28、スフィンクスノレッジ、デーモンフィンガー、ジャイアントアーム 魔力撃、
  レオン: でも助かります
  カリスティア: 胴体に
  GM: 胴部がおちるよやったね
  レオン: ww
  ラルド: Aでかけとくね
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [3,5]+28 = 36
  GM: 2d6 6ゾロだけ出しこれでいいや
    ダイスボット: GM -> 2D6 = [2,2] = 4
  レオン: GMのあきらめの顔まで浮かんだw
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [6,3:9]+39 = 48
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [4,4]+28 = 36
  GM: 2d6 でるわけない
    ダイスボット: GM -> 2D6 = [6,1] = 7
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [2,2:4]+39 = 43
  カリスティア: 残った?
  GM: のこったw
  リセラ: レオンさん行けるかな?
  カリスティア: じゃあラストw
  GM: 2d6 6ゾロかそっちの1ゾロのみ
    ダイスボット: GM -> 2D6 = [3,3] = 6
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [1,2]+28 = 31
  リセラ: あ、もう一撃あったw
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [1,5:6]+39 = 45
  レオン: さすがだ
  GM: それでおちたねw
  リセラ: ないすー
  カリスティア: うし!
  GM: もうほとんどジャンク寸前になりました
  レオン: 先に頭いいですよ
  レオン: 手数多いし
  リセラ: じゃあ頭にー
  レオン: いけー
  リセラ: 魔力撃、スフィンクスノレッジ、ケンタウロスレッグ
  カリスティア: 「貴方って本当にお馬鹿さん。ジャンクにしてあげるわ」
  GM: やめろw
  リセラ: 2d6+21+1+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+1 = [2,5]+21+1+2+1 = 32
  リセラ: 2d6+21+1+2+1
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+21+1+2+1 = [3,6]+21+1+2+1 = 34
  GM: 2d6
    ダイスボット: GM -> 2D6 = [1,2] = 3
  GM: 2d6
    ダイスボット: GM -> 2D6 = [1,2] = 3
  GM: ハイムリーw
  リセラ: r17+31+1+2+2+2@8
    ダイスボット: リセラ -> Rate17+31+1+2+2+2@8 = [6,2:5][1,6:5]<クリティカル>+31+1+2+2+2 = 48
  リセラ: まわたー
  リセラ: r17+31+1+2+2+2@8
    ダイスボット: リセラ -> Rate17+31+1+2+2+2@8 = [1,2:1]+31+1+2+2+2 = 39
  GM: おわった・・・
  GM: 頭落ちたw
  リセラ: あれ
  リセラ: やたー
  GM: だがこいつはゴーレム!
  リセラ: 「これでとどめっ!」
  ラルド: 魔法でガシガシとね
  GM: 全部射落とすまではまだ終わりではないw!!
  リセラ: そなんだw
  ラルド: 減ってたから
  GM: ぎりぎり足が1本残るかもしれない
  GM: さあ、来るがいいレオン
  レオン: 残っているのは足2本?
  ラルド: っ「マルチアクション」
  GM: うい、2本ですよ
  カリスティア: 駄目かも分からんね
  レオン: かなw
  レオン: ではマルチアクションで
  ラルド: HP5なら落とせるしね
  GM: ふぉーすいくすぷろーーーじょん!
  ラルド: ヤメレw
  カリスティア: 待て!w
  レオン: 補助で ターゲットサイト、デーモンフィンガー、スフィンクスノレッジ
  GM: 抵抗はしてみせる!
  GM: 2d6+21 魔法抵抗分
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [1,1]+21 = 23
  レオン: 普通のフォース
  ラルド: ちょw
  カリスティア: ぞろ目w
  GM: ふう 50点ゲット
  レオン: 2d+16 神聖魔法
    ダイスボット: レオン -> 2D+16 = [5,3]+16 = 24
  GM: さ、ダメージくださいw
  レオン: r10@10+16
    ダイスボット: レオン -> Rate10@1016 = [3,2:2] = 2
  レオン: 違う
  レオン: 18です
  GM: 足落ちたー
  GM: 残るは足Dのみ
  レオン: 2d+20 残りの足
    ダイスボット: レオン -> 2D+20 = [1,6]+20 = 27
  GM: 2d6+18
    ダイスボット: GM -> 2D6+18 = [2,5]+18 = 25
  GM: ヨケレナイーヨケレーナイ
  ラルド: パラミスが効いたか
  レオン: r39+22@8 ローゼンハーケン
    ダイスボット: レオン -> Rate39+22@8 = [2,5:8]+22 = 30
  GM: 52点超えたらおちる
  ラルド: ・・・レオンさん
  GM: 22点残ったあ
  ラルド: クリレイは?w
  レオン: クリティカルレイを使えばよかった
  GM: 奇跡だ
  GM: うちに2ターン目が回ってきた
  GM: 1d3
    ダイスボット: GM -> 1D3 = [1] = 1
  GM: おわった
  リセラ: 惜しいですねー
  カリスティア: さあ、私に攻撃を仕掛けるんだw
  リセラ: あっw
  GM: カリス・・・
  ラルド: そこはダメだw
  GM: 2d6+21
    ダイスボット: GM -> 2D6+21 = [2,2]+21 = 25
  GM: はいカウンター頂戴
  カリスティア: え、マジ?
  GM: うん、おいしいとこもってけw
  カリスティア: 2d6+28
    ダイスボット: chalice -> 2D6+28 = [6,6]+28 = 40
  ラルド: ひでぇw
  GM: む・だ・に・6・ぞ・ろ
  カリスティア: r30+39@10
    ダイスボット: chalice -> Rate30+39@10 = [2,3:4]+39 = 43
  GM: おちたw
  レオン: www
  カリスティア: 「無駄ァ!」
  GM: ではその反撃により
  リセラ: 「ないすですっ」
  GM: ゴーレムは戦利品が一切残らない形で粉々になりました
  レイド: 「ン、お疲れ様」
  GM: ではもうちょっとだけ進めておこう
  レオン: 「どうにかなるもんだな」
  カリスティア: 「ふう、初めてアルケミ使いましたよ」
  GM: では、ゴーレムの後ろに隠れていた扉が開きます
  リセラ: 「力をあわせるって素敵ですね」
  レイド: 「あきらかに後ろの攻撃来ない敵だったから・・・楽だった」
  リセラ: 「あっ、扉が」
  GM: 扉の入り口には宝物庫(仮)とかかれています
  リセラ: じゃあ奥へ行きますか
  ラルド: 「・・・・(仮)・・・」
  リセラ: いちおう床など調べますかw
  レオン: 「そうだな」リセラの過去の事件も知っているので優しく声かける
  ラルド: そだね、本気出して調べるか
  リセラ: レオンさん男前すぎた
  ラルド: 2d フェアリーウィッシュ
    ダイスボット: rald -> 2D = [6,4] = 10
  リセラ: じゃあ探索ー
  リセラ: 2d6+13
    ダイスボット: リセラ -> 2D6+13 = [4,2]+13 = 19
  レオン: おまかせします
  GM: 特に罠とかは見当たらないね
  ラルド: 2d+17 エクスプローラーエイド付き
    ダイスボット: rald -> 2D+17 = [2,2]+17 = 21
  カリスティア: 2d6+13
    ダイスボット: chalice -> 2D6+13 = [6,1]+13 = 20
  レオン: 徹底しているなw
  カリスティア: スカウトで探索しました
  GM: とりあえず宝物庫(仮)ですが・・・10m四方くらいの部屋にいろいろものが置いてありますー
  ラルド: 22だった、眼鏡足してないや
  GM: 後、部屋にエルドさんがいます
  リセラ: こんな便利な魔法が
  GM: 先回りしてきてたみたいですね っと
  レオン: 「なかなか大変な試練でしたよ」一人だけ怪我しているw
  リセラ: あ、アースヒールしておきますw
  リセラ: 「ええ。ちょっと知恵熱が・・・」
  GM: 「うむ、なかなかおもしろいものじゃな、カードといったかの」
  ラルド: キュア・ウーンズかけとこうか、消費1の
  カリスティア: 私殴ってただけですね 頭を使うのは苦手みたい
  レイド: 「敵自体はそんなに強くなかったね」
  GM: 「まあ、この部屋のものからとりあえず売値で全員で合計10万G分になりそうな程度に選んで持ってってくれるかの?」
  GM: とりあえず判定とかは面倒なので
  リセラ: 「わ、ありがとうございます」
  GM: 一括で見識でいいデス
  ラルド: 売値で?
  GM: 売値で
  ラルド: 2d+18
    ダイスボット: rald -> 2D+18 = [3,6]+18 = 27
  GM: 買値はいっぱんとりひ・・・っておいw
  GM: ぜんぶわかるよそれw
  レイド: 2d6+15
    ダイスボット: Reid -> 2D6+15 = [1,4]+15 = 20
  ラルド: 27までの物なら分かると言ってますw
  レイド: なんか珍しいものとかあるの?
  GM: http://u4.getuploader.com/wissen/download/155/%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A3%BD%E9%80%A0.txt とりあえずこんなものがあった
  GM: 一部ろくでもないものがあるのは 気にしないでください
  レイド: 癒しの指輪がMP回復でござる
  GM: 最低一人1つは選ぶことw
  GM:
  GM: ソレミス・・・HPだ
  レイド: ・・・ウニーーー!が見える
  レオン: 黒き猫の耳がミネへのお土産にほしいかもw語尾に悩んでいたのでw
  リセラ: 猫キャラになるんですかw
  ラルド: ・・・・あきらかに罠が一個あるんですが?w
  GM: 冗談アイテムがそんなのにつかわれるとはw
  GM: 罠?なんのことですw?
  リセラ: 栗w
  レイド: スケープドール唱えておいて使えばいいか
  ラルド: ・・というかね
  リセラ: そしてフェザーグローブが出てる・・・
  ラルド: あきらかにとれって書いてるでしょ、これw
  リセラ: ですね、欲しいw
  レイド: まぁ・・・普通に考えればマナ収集の指輪なわけだが・・・
  カリスティア: う~ん、ピンポイントなのが無いから悩む
  GM: はっはっはw なんのことかいのうw
  リセラ: フェンサー的にはすごくw
  リセラ: 個数制限2ってどういう意味でしょう?
  レオン: お土産はありですか?
  GM: 残った分は
  GM: 後で販売にまわすんでー
  GM: お土産でもってって渡す分にはかまわない
  ラルド: 2個しかないということでは?
  リセラ: あーそういうことですっけ
  GM: そういうことですー とりあえず倉庫には2個しかないという
  GM: 倉庫じゃなかった、宝物庫(仮)にはだった
  レオン: じゃあミネのお金を減らしますが、演出的にお土産として渡した感じにします
  GM: うい
  リセラ: フェリンにもって帰りますか
  ラルド: 本・・・・
  カリスティア: 取り立てて必要なものはないなぁ
  リセラ: グローブは2個って事は、2個装備しないとならないから、1人分ですよね
  GM: あんまり来るって強いのは作れなかったからね
  GM: ん?1個が1対て意味だよ
  リセラ: あれ
  リセラ: じゃあ私とフェリンの分が?
  GM: 大きな手袋とおんなじ売り方だから
  GM: 持ち帰り分は売値合計10万まで なので1人で2つ選ぶには高いかもねー
  リセラ: 譲ろうと思ったけど2人分あるんだ
  ラルド: いや、これ本持って帰れんわ・・・売値40000やん
  リセラ: あーそれはお金で解決できる?
  GM: ああ
  GM: 2万でいいよ
  レイド: 売値って店頭価格じゃなくてこっちが店に売った場合の値段じゃ・・・
  GM: 売値ってつけたのは私のミスだ・・・それ
  GM: おじいちゃんの本
  レオン: 参加特典ですからね
  リセラ: あ、ここだけ表記が違うね
  ラルド: グローブは売価20000だね、取引価格40000だから
  GM: てか売値って書いちゃってるやつは・・・ごめん
  GM: ミス
  リセラ: 40000分確保しても大丈夫?
  GM: ああ、残ったやつは後で
  ラルド: うん、取引価格で一人40000と考えればOK
  GM: 研究費用のために売り払う用なので もって帰らなくても問題ないヨw フェリン用
  レイド: マナ収集がほしいですが・・・ほかにほしいものがありませんw
  リセラ: あれ、お土産ってそういう意味じゃないんですか
  カリスティア: じゃあ細々とした物貰って売っても良い? 必要な品物は無いので
  GM: ん、売る分にはかまわないよ 処理的には
  レオン: 参加した人は引き取り価格で購入できるという漢字でいままで処理していたような
  GM: うん、現物支給にすると処理がややこしいと今わかった
  リセラ: あ、そこは購入にしますけど
  GM: 今回金銭報酬出さない代わりにこうしちゃったkら・・・
  リセラ: フェリンには持って帰れないっていうこと?
  レオン: いちど全部売って報酬化、参加PCは引き取り価格で購入というのがいいかも
  GM: 後で売る そしてアイテム自体が通れば
  GM: うーむ・・・
  カリスティア: 私が貸しって事にしておいても良いですよ
  レオン: 参加回ごとにPC名はサイトにのしているので
  GM: そうしますか
  レオン: がいいかなと
  GM: んじゃ とりあえず合計10万G分持ち帰りで一人2万 後で購入するかどうか処理ということで
  レイド: うい
  レオン: リビルドのときのガメルチェックがあるのでそのほうがありがたいです
  レオン: 演出としてはプレゼントとかいいとは思うのですが
  GM: 「さて、ちょっとこれに5人で触ってみてくれんかの?」(とポケットから何かオーブ的なものをだしてきます
  レオン: ここらへんレギュでも整理してみます
  レイド: なんかでたw
  カリスティア: 色は何色?
  GM: 色は青ー
  GM: 使徒じゃないよ?
  レオン: 「(びりっとこないかな)」おそるおそる手を出します
  レイド: 一応触る「ぺた」
  カリスティア: 「ん」ひょいっと
  GM: さて とりあえず全員2d6をふりたまい
  レオン: 2d6
    ダイスボット: レオン -> 2D6 = [3,5] = 8
  GM: ああ、レオンだけ-3de
  カリスティア: 2d6
    ダイスボット: chalice -> 2D6 = [6,2] = 8
  レオン: 5です
  レイド: 2d6
    ダイスボット: Reid -> 2D6 = [1,3] = 4
  レオン: 魔剣だなw
  リセラ: 2d6
    ダイスボット: リセラ -> 2D6 = [1,3] = 4
  GM: なにがでるかな、なにがでるかな それはさいころまかせ
  ラルド: 2d
    ダイスボット: rald -> 2D = [2,1] = 3
  GM: OK
  ラルド: 2ペアw
  GM: では、オーブ的なものが割れて中から・・・ナックル的なものがでてきます
  カリスティア: ポーカーかいw
  カリスティア: おや、私に来たのかな?
  GM: どうもカリス向きのもののようですな
  カリスティア: 「うわ~、これって魔剣の一種かな~?前から憧れてたんですよね~」
  レイド: []
  リセラ: 「ちょっと調べてみて、ラルドさん」
  レオン: 「おーいいもの手に入れたな」どんなものか判定してもらうといいのでは
  レイド: 2d6+15 「おめでとう、いいアイテムだといいね」と鑑定
    ダイスボット: Reid -> 2D6+15 = [5,2]+15 = 22
  カリスティア: 2d6+10
    ダイスボット: chalice -> 2D6+10 = [1,3]+10 = 14
  カリスティア: 自分でも振ってみたw
  ラルド: フェアリーウィシュして
  ラルド: 2d
    ダイスボット: rald -> 2D = [2,1] = 3
  レオン: あぶない
  ラルド: 宝物鑑定っと
  GM: OK
  ラルド: 2d+18
    ダイスボット: rald -> 2D+18 = [2,3]+18 = 23
  GM: http://u4.getuploader.com/wissen/download/156/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9.txt 名称は
  ラルド: わからなかったら再挑戦
  GM: 自分で決めてくださいw
  GM: いい名前思いつかなかったのだよ、私じゃ
  レイド: GMのうっかりクリティカル防止アイテムw
  GM: ということでとりあえず武器データまで公開したところで今日はきります
  レオン: レオンいます!
  リセラ: リセラいますー
  GM: GMいません!
  カリスティア: カリスいます
  ラルド: ぉぃ
  カリスティア: 居ないはずの人の声がしたぞw
  レオン: うしろのひときこえますか?に近いですねw
  GM: ということで
  GM: 59回ー2日目「ブルーアイズ3体融合!」をはじめます
  カリスティア: 何処の海馬ですかw
  GM: 攻撃力4500
  GM: 前回のあらすじ ゴーレム的なものを粉砕して
  レオン: お願いします
  カリスティア: ブレスだからカウンター出来ない!
  GM: カリスが魔拳的なものを入手したところから再開です
  ラルド: トッププレイヤーがカードの能力を把握できてないカードゲームってありえないよね・・
  GM: ほら
  GM: でゅえるちゅうに突然新カードが完成するのが当たり前な世界だから
  カリスティア: 特に欲しい物が無かったから魔剣入手は嬉しいな
  レイド: 新しいカードを錬成するんじゃねえw
  レオン: 「似合ってるぞ。カリスティア」
  レイド: 「おめでとう、カリスティア」
  カリスティア: 「ふふ、この子はシークレットフォビドゥンと名付けます」
  リセラ: 「これが魔拳・・・すごいですね」
  リセラ: 「ど、どういう意味?」
  レオン: 「もう名前も付けたのか」
  カリスティア: 「秘密の禁断・・・ですけど、意味的には禁断の秘密と思っててもらえば良いです」
  リセラ: 「そんな秘密があるんだ、それ」
  ラルド: ←鑑定しちゃってるので秘密筒抜けな人w
  GM: 「うむ、何が出るかわからんかったんじゃが いい感じみたいじゃの」
  リセラ: 筒抜けw
  レイド: ←同じくつつぬけ
  レオン: ←知らない人
  GM: 一応ここでの目的自体は果たしたわけですが
  ラルド: とりあえず付けた名前聞いたので
  GM: どうしますか?
  ラルド: あとで性能と効果を紙に書いて取説こっそり渡さなきゃw
  カリスティア: フォビドゥンはTS装甲にゲシュティマイディッヒパンツァー装備で防御硬かったから魔法防御向上の願いを込めてw
  レオン: 依頼達成ですよね?
  リセラ: 取説作れるのがすfごいw
  リセラ: ですよね?
  GM: 依頼自体は達成です 両方とも
  ラルド: そう、そして本を入手してこっそり思うんだ
  ラルド: (これ・・・モニターにはならんと思うんじゃが・・・ま、いっか♪)
  GM: おじいちゃんが
  GM: 遺跡から本だけ持ち帰ってくるのはいつものことだから
  GM: 問題ない
  カリスティア: 「念願の魔剣を手に入れたぞー」
  GM: ころしてでもうばいとる
  レオン: 「どうにか力になれたかな。モニターの件ももちろんだが、何かまた依頼があったら声をかけてくれ」
  レイド: 「えーっと、転がしてでも奪い取る・・・だっけ?」
  レオン: 「外との連絡手段は確保できるのか?」
  GM: 「そうじゃな、そのうち魔導書でも作ったらつかってみてもらうかの」
  レオン: 出たら一気に歳をとるとかw
  カリスティア: は!お爺ちゃんが寿命で!
  リセラ: 外の時間が経ってる、っていう方がありそうですけどねw
  GM: 「ん?時間の流れ自体は外とかわらんぞい」
  リセラ: 「なんだかいろいろ頂いちゃってすみません」
  レオン: 「よかったいろいろ珍しい話聞いたあとだったから、内心心配していたんだ」
  ラルド: この中で一番残り寿命短いのリセラなんだよね、寿命の心配するならw
  リセラ: あーそうなんだw
  GM: ああ
  GM: リセラだけ人間だしね
  リセラ: 気付かなかったw
  ラルド: 人間、リルドラ、リルドラ、ナイトメア、ナイトメア
  GM: あとNPCエルフ
  リセラ: なんていう長寿PTw
  ラルド: 平均寿命長いねw
  レイド: ナイトメアがおおいなw
  レオン: リルドラ何年生きられるんだったけ?
  カリスティア: 「あ、これ今の時代の本です。良かったら暇つぶしにでも」 と言って昨日読んでた「テロリストの男の娘」を渡します
  リセラ: リルドラって何歳まで生きるんですっけ?
  リセラ: かぶったw
  ラルド: 300歳は生きられるらしいよ
  レオン: かぶったw
  レイド: 「あ、昔の小説とかほしいんですが、ありますか?」
  リセラ: おー
  GM: 「ふぉふぉ ありがとう ふむ・・・」
  GM: 「今度来るときまでに探しておこうかのう」(小説
  リセラ: 「うーん。今の時代の本かもしれないですけど、私は読んだ事ないタイプの本ですね、それ」
  レイド: 「ありがとうございます、ちゃんと買い取りますね」
  カリスティア: 「まだ売ってましたよ。泣けるお話でした」
  GM: やめろw
  GM: 乙女は僕に(略)とかつくるぞw
  レオン: そういう本なの?
  GM: 男の娘といいだしたからなんとなくw
  リセラ:
  カリスティア: いや、普通に親が犯罪を犯した少女のお話なんですが・・・
  ラルド: テロリストの娘の生涯についての本かと
  GM: 男の娘な テロリストかと思ったよ
  レオン: あーなるほどw
  ラルド: テロリストの男 の 娘 
  カリスティア: テロリストの男の、娘 ですね
  ラルド: テロリスト の 男の娘ではなくw
  レオン: 街との連絡手段はどうしましょうか?定期的に紅蓮の炎亭から人を送る感じにします?
  ラルド: 絶対罠にはめるつもりだと思ったからスルーしてたw
  GM: ん?こっちから出向くつもりだよ
  レオン: ですか
  リセラ: いちおうお約束という事でw
  GM: タングがあれば言語は問題ない
  ラルド: むしろそろそろ共通交易語覚えていそうw
  GM: セージレベルを16にしないと
  リセラ: ですねw
  レオン: バードを伸ばす
  ラルド: バード1で覚えれるよw
  GM: ナルホド、その手が
  カリスティア: 昔の歌を歌うありがたい歌い手の誕生ですね
  レオン: 「時間があるならいまの時代の言葉をこの機会におぼえるのもいいかもな」
  GM: 「そうじゃのー じゃないと不便じゃし」
  カリスティア: ちょうど教科書を渡した所じゃないか!
  GM: トラップ教科書じゃないかw
  リセラ: やっぱりトラップという認識w
  GM: とまああれですね
  GM: 一応ここでやるべきことは全て終わっているんですがどうしますか?
  レイド: 町に戻って報酬せびるとか?
  リセラ: そうしますかー
  レオン: ですね
  GM: そいじゃ、玄関まで送ってくれます
  リセラ: 間違えて神紀文明とかに飛んでないかな?w
  ラルド: 戻って報告かな・・・魔法文明期当時の人って貴重だけど
  リセラ: ですよね
  カリスティア: 扉は必ずノックすること、と伝えますか
  リセラ: あーそれ大事
  レイド: ですね・・・
  レイド: 一か月後くらいに来たら周りクレーターばっかりとかw
  レオン: メテオですからねw
  ラルド: 正解を聞くのってつまらないからね、自分で研究して解き明かしていくのがおもしろい
  レオン: 一般の人に見えないようにできるのかな?
  GM: だろうから最低限以下にしか答えない
  ラルド: イリュージョンかぶせる
  リセラ: おじいちゃんの日課ですか
  GM: うい、イリュージョンをかけると
  GM: メテオが振って きません
  レイド: おいw
  レイド: ちっちゃな石碑かなんかに見えるようにしておけばいいかな・・・?目印もかねて
  レオン: ですね。冒険者技能が無いとわからないくらいの偽装でw
  GM: 「ん、そのほうがいいみたいじゃしそんなかんじに適当にいじっておくぞい」
  リセラ: もっと何でもないものの方が良いんじゃ?
  ラルド: いや
  ラルド: メテオの仕掛けを外せとw
  レイド: 交流はしたいみたいだし、目印はあったほうがいいかと
  リセラ: 特定の人にだけわかるものの方が良くない?
  GM: 「いやー・・・それはじゃな・・・外そうとすると・・・」
  リセラ: 一般人に興味もたれても困るw
  GM: 「ふってきちゃうんじゃよ」
  リセラ: 「え。解除できないんですか」
  ラルド: ・・・・どうやら仕掛けたのは当時の技師さんのようですw
  リセラ: なるほどw
  カリスティア: 1回メテオに耐えて解除判定ですかw
  リセラ:
  GM: 「流石に外すのにメテオは痛いじゃろ?」
  リセラ: でも解除しようとしてだから
  リセラ: メテオ受けながら平然と解除できないと思うw
  カリスティア: グラランならいけるかもw
  リセラ: そのあとで解除しようとするとメテオなんですよね?
  GM: です
  リセラ: なるほどw
  リセラ: グラランスカウトをーw
  レイド: ・・・・・・・
  GM: グララン技師は世界一ー!
  カリスティア: フィリップの出番か?
  レオン: もともと一般人が来るところなのかな
  レオン: 1kmだったけ
  GM: 街道からははずれてるから
  GM: そんなにこないと思うよ
  GM: 聞かれなかったので言い忘れていたけど(ぉぃ
  レオン: なら大丈夫かな
  GM: さてみなさんがいつもの酒場にもどると
  レオン: いま何時くらいですか?
  GM: グレンさん「おお、無事にもどったか」(時刻、夜6時・夕飯時)
  レイド: 「若干面倒事でしたがそんなに面倒じゃありませんでした」
  レオン: 「なかなか楽しい体験ができたよ。ところでこれをみて欲しいんだが」モニター商品並べる
  GM: 「ん?扉の先は魔拳の迷宮かなんかだったのか?」>カリス
  カリスティア: 「頭は使いましたが敵は相性が良かったですね」
  リセラ: 「そんな事よりグレンさん、魔法文明時代の人がいたんです」
  カリスティア: 「ふふ、分かります?」
  GM: わーw
  ラルド: (ビスケに大量のお酒と食事注文中)
  GM: 誰が聴いてるかわからんとこで言うかそれw
  リセラ: あれ、ほかにお客さんいた?
  リセラ: 描写なかったけどw
  GM: 時間的にはいるかも・・・まあいないでいいやw
  ラルド: 人の量にもよるけど
  リセラ: はいw
  カリスティア: 夕飯時だから誰かどうか居たでしょう
  リセラ: まー奥で話しますか
  ラルド: 逆に酒場とかって秘密の会話しやすいんよね、騒がしいから
  リセラ: でも人がいるならスカウト注意報でもあるのでw
  GM: まあ
  GM: いつものプレイヤーキャラ的な人が何人かいたというくらいで
  GM: 誰とまでは描写はしない
  レオン: ですね。キャラチャ部屋ほど
  リセラ: 問題ないレベルですね、いわゆるPTメンバ
  レオン: ここは便利ではないw
  GM: グレン「?・・・本当に一体どこに行ってたんだ・・・」
  レオン: 「資金不足らしくてな、協力できればと思ったのだが」
  リセラ: かくしかで話しますか
  GM: アイテムやら話やらいろいろ過ぎて混乱するw
  レオン: ですね
  リセラ: この短時間でいろいろ持ってきてますもんねw
  レイド: どこの迷宮に潜ってきたんだってかんじですねw
  カリスティア: グレンさんに迷宮で出た問いをしてみる
  GM: 「アイテムに関してはランドル商会あたり紹介したらどうだ?」
  GM: 主に資金的な意味で
  レオン: 「あーマリア嬢ちゃんならうまいことやってくれそうだな」商人15レベルなのでw
  レオン: 「明日の昼間にでも持ち込んでみるか」とみんなに
  リセラ: なんていう高レベルw
  GM: 初耳だヨw
  リセラ: 「そですね、そうしますか」
  レオン: 私の中での話ですw
  リセラ: 凄腕だったw
  GM: とまあそんな感じで
  GM: いろいろと話をして・・・と
  GM: 1週間後・・・ランドル商会に魔法文明時代のアイテムが少量で回ったという噂が・・・っと
  GM: いうことで 語っておきたいことがなければここでー 59話を終了します
  カリスティア: 高値で売れますからねぇ
  リセラ: はーい
  レイド: おつかれさまでしたー
  ラルド: お疲れ様でした
  カリスティア: おつかれさま~
  GM: まずはと
  GM: 経験点から行くとしようか
  GM: 17レベル 7部位 2190
  レオン: おー
  GM: になります
  レオン: 魔物の経験点すげー
  レイド: 一匹でそれかよw
  ラルド: 1190+1000?
  GM: あ 魔物経験点は1190ね
  GM: +1000で合計1190
  レオン: びっくりした。了解
  レイド: うい
  GM: 次に資金ですが0
  GM: 調査依頼の方が3000G
  GM: アイテムうっぱらった方で20000G
  GM: 計23000 参加キャラは今回出したアイテムを売値で購入可能権が
  ラルド: まぁギリ+でるかな
  GM: はいりますっと 
  GM: 最後名誉点ですが
    GM: 専用の魔拳をもちかえったということで
  カリスティア: 魔剣は別計算ですか? なら23000Gですね
  GM: 固定点数50 とさせてもらいます
  レオン: 了解です
  GM: http://u4.getuploader.com/wissen/download/157/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9.txt カリス修正
  GM: http://u4.getuploader.com/wissen/download/158/%E8%BF%BD%E5%8A%A0%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A3%BD%E9%80%A0.txt 今回出したアイテム修正分
  GM: と張ってと・・・
  GM: 12d6 GM
    ダイスボット: GM -> 12D6 = [1,6,4,1,3,6,3,3,2,6,4,6] = 45
  カリスティア: 了解~
  GM: ということで一応のデータ部分は終了かな
  レオン: ですね。おつかれさまでした
  リセラ: おつかれさまでしたー
ネタ部分
  ・・・うん、リドルって最初が引っ掛けにしちゃうと・・・それ以降のはすごい警戒されちゃうのねー
  あと・・・NPCのせりふはあれですな、一斉にしゃべられるとGMの把握が追いつかぬぅw
  ううむ・・・ログをいじろうかとも思ったけれど・・・
  コレを全部いじるのは私の腕では流石に面倒だ==
  現行ルールのこのレベル帯だと、出すボスが非常に難しいw
  さて、そろそろ涼しくなってきてくれるとうれしいなぁ

2011年7月 3日 20:43