トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ ソードワールド2.0第22話 冒険者と街とエレナの受難。前編

ソードワールド2.0第22話 冒険者と街とエレナの受難。前編

冒険者と街とエレナの受難。前編

年に一度のバレットタインデーまで2週間となり、ヴィッセンの街は何時も以上に賑わっていた。
そんな中紅蓮の炎亭に持ち込まれたひとつの依頼。
匿名で依頼された、何の特徴も無い、少女の護衛。期間数日~10日。成功報酬一日あたり、1人200G。前金一人当たり300G、注意:護衛対象と接触しないこと。
冒険者の宿『甘い弾丸亭』の冒険者との共同作戦。冒険者は護衛対象を守ることができるのか・・・・

開催日:2009年1月24日

GM:羽霧 さん

 

GM: では、本日のセッションを始めたいと思います。よろしくお願いします。皆様準備はよろしいでしょうか?
フェリン: おーけー
ミネ: よろしくお願いします
アーク: ヨロシクです。
ナユカ: はいさー
ノア: よろしくっ
GM: では、本日のGMをさせていただきます。「羽霧 冬」です。よろしくお願いします。「GMはPLの好敵手」が信条です。
ミネ: www了解です
フェリン: つまり強敵とかいて とも ですなw
ノア: (ぉー、初GMがんばー)
アーク: 昨日の敵は今日の友と。
GM: SW2.0GM & オンセGMは初めてで、至らない部分も「たーーーくさん」あると思いますが、微力を尽くして行きたいと思います。
ミネ: よろしくお願いしますw
アーク: よろしくお願いします~w
ナユカ: よろしくです
GM: では冒頭場面スタートしま~す
ノア: 最初は皆そんなものだ・・・('')遠い目
フェリン: あいさあ
ノア: 了解ー>スタート
アーク: 了解です~

(GM_) バレットタインデーまで2週間となり、ヴィッセンの街は何時も以上の賑やかさです。
ミネ: こういう色恋沙汰には疎いので、愛読書の投稿コーナーに出すはがきを書いてすごしてます
GM: 街の人々は「ワクワク、そわそわ、どきどき、キラーン☆」と着々と祭りの準備に励んでいます。観光客も普段の3倍くらいあつまってます
GM: そんなある日、
ミネ: 「うわさにはきいてましたが、すごいにぎわいですね。これはあとでパトロールにでなければ」
ナユカ: 「みんな何やってるんだろー(知らないらしいエルフ拳士)」
フェリン: ははは、こういうときは見つからないように狙撃するものさ
GM: 皆様は何時も通り「紅蓮の炎亭」にいます!むしろ居たほうが良いよ?
フェリン: ん、ならばみんないる
アーク: 「ハハハ、皆、何で騒いでるんだろう?」とかいいつつトランプタワー作ってる。
フェリン: のかなw?
ミネ: 冒険者川柳コーナーへのはがきを書いているw
アーク: アークは居ますね。
ノア: 「んー、なんか騒がしいねぇ」・・・といいつつキャロットジュースを飲んでます。
GM: そんな感じで過しているとエレナが 一仕事終えて帰ってくる
ナユカ: いつものように鍛錬してます(腕立て
ミネ: 「エレナさんおかえりー」
フェリン: 「ん、エレナ おかえり」
アーク: 「おかえりなさ~い。ブラックジャックしない?」
GM: エレナ「ただいまです!匿名ホワイトドラゴンさんのチョコレートガンの実戦式射撃練習の依頼おわったです!」チョコまみれになりながら
ミネ: チョコの色白くないよね?w
ノア: 「どおりで、チョコまみれです。」
GM: 「ただいまー。やるやる!あ・・でもお風呂に入ってからね」
フェリン: ホワイトチョコだね
ミネ: それだと義理になるw
ノア: 義理チョコだ
ミネ: なんだろう中の人があせるw
ナユカ: 義理ですか
アーク: 義理かー(とかいいつつ実は分かってない。
ミネ: 業務中のレオンさんがくしゃみしそうだw
GM: 「ホワイトチョコ水飴入りスペシャルって言ってたよー、義理チョコって何でしょうね?」(知らない人+1)
ナユカ: その頃のダン「チョコが多いのう・・・・・・・・・(菓子屋巡りちう」
フェリン: 「嫌がらせ用の品じゃないかな?」
GM: 「本番は(情熱のレッドスパイシーチョコで主人のハートがメロメロ度倍増ね♪)とか」
フェリン: 「からそうだね」
ミネ: うろこにしみる愛ですねw
GM: そうしていると
アーク: 「辛いチョコはやだなぁ(笑)」といいつつトランプタワーぐしゃ。
GM: グレン「おーい。腕が信頼できるお前さん達に、一つ仕事を請けて欲しい。」
GM: グレン「依頼内容はこれだ。」(と言って依頼書を差し出す。)
GM: 依頼「依頼人:匿名、内容:街の少女1人の護衛、期間:数日~10日、募集人数6人(紅蓮の炎亭4人、甘い弾丸亭2人)
GM: 報酬(一人当たり):前金300G・日当200G、護衛場所:市内、ただし護衛対象が市外に出る場合は護衛すること」
GM: 「注意事項:護衛対象との接触禁止、依頼に関することは秘匿する事。」
ナユカ: その頃のキャロ「お姉ちゃん、なんで眠り薬の大量発注があったのかな?」レフィアノ「チョコに入れるとか言ってたわねぇ」
GM: ちなみに時間は昼前です。天候は晴天・無風・狙撃日和
ミネ: 募集人数はこちら5人だけど大丈夫ですか?
ノア: (狙撃日和ってw)
フェリン: まあうたれるのは男性だ
フェリン: 問題ない
アーク: (かばうとか持ってないなー。)
ノア: 「・・・なんか不可思議な依頼だ。期限からしてバレットタインデー絡みかな?」
GM: グレン「まあ正式に依頼受けるのは4人までにしてくれ、誰が受けても良いし、受けなくても良い。個人単位で契約だな」
フェリン: 想いのこもったチョコだ、しっかり受け取るがいいw
ミネ: 「いまのところ予定はないから、護衛の任うけられます」
ナユカ: 「いいですよー」
ミネ: 「護衛とか燃えるシチュエーションです!」
フェリン: 「受けることは可能だね」
アーク: 「あんまり使えないかも知れないけど受けるー」
GM: グレン「ちなみに依頼を受けない奴が護衛以外でサポートする方が良いぞ!」
ミネ: そういうこともできるのか
ノア: 「んー」
GM: グレン「どうする?受けてくれるか?依頼人は信用が出来る人物だが・・・かなり高い確率で何か起こるだろう。」
GM: グレン「ちなみに今回の依頼は、『甘い弾丸亭』と組んで仕事をすることになった。もうそろそろ向こうの二人が来るところだが」
GM: ???*2人「ごっめん、くっださーーい☆」「・・・・邪魔するぞ・・・・」
フェリン: 「単独行動、誰がするかということだね」
ナユカ: スカウトがサポ-ト回った方がいいんじゃないかな?
ミネ: ですね
フェリン: となるとフェリンかミネだね
ミネ: ちょうどいいところで登場するからミネでもいいよw
ノア: セージしかないw
アーク: 両方ないなw
フェリン: よしここは
フェリン: ダイス神に決めてもらおうw(ぉ
GM: グレン「まるで予定されていたかの様に、ちょうど良いタイミングで来たな。」「いらっしゃい。甘い弾丸亭の、エルゼ君とグリム君だな?」
GM: エルゼ「はーい☆エルゼですぅ~。ザイア神さまにお仕えする『プリティー神官』です!よろすくぅ~♪」
GM: 服装は真っ赤な改造神官服に金の刺繍入り。セミロングの艶やかな黒髪の小柄な人間女性。17才位に見える。テンション高し。
GM: グリム「グリムだ。獲物はスナイパー(Sランクボウ)と投げナイフ。得意分野は狙撃。・・・・」
GM: かなり濃いグレーのスーツ、背中にスナイパー(Sランクボウ)を担いだ。男性ルーンフォーク。20代半ば位の外見で背が高め、クールで愛想が悪い。
ミネ: 知力ボーナス+1のセージ無しだけどねw
GM: って感じでNPC二人登場です。
ナユカ: セージ1しか持ってないよーw
ミネ: 「(かなりの業物ですね。あの弓は・・)」
ノア: 「(雰囲気が対照的な2人だ・・・)」
ミネ: 「おはなしはきいてるです。このなかで依頼を受ける人をだそうと話していたところです」
GM: エレナは特に二人組みには反応しない。
フェリン: 「まあ、そういうことだね」
GM: エレナ「こんにちはー!ご同業さんですね!私は柄エレナです!よろしくですよ~」
ミネ: 「お二人は詳しい依頼内容はもうきいていらっしゃるんですか?」
GM: グリム「そこの依頼書の内容と、護衛対象の名前だけ聞いた。依頼人の使いが此処に来ると聞いているが?」
ミネ: 「そうですか」依頼人きてから護衛する人決めましょうか
GM: グレン「で~どうするよ、お前さんたちは?受けるか?」
ミネ: エルゼさんはザイアだしかばう持ちかな?
GM: エルゼ「え~エルゼちゃんみたいな超きゃわい~~~い☆系キャラは庇われる方に決まってるジャン♪」
ミネ: 心の声をきかれたようですw
フェリン: 「ん、そうなの?どうでもいいけれど」
ミネ: 「で、ですよね」
ノア: 「んー、いっその事、依頼人に指名してもらう?(5人のうちの4名決定)」>ALL
GM: ちなみにエルゼとグリムの実力は「冒険者レベル+知力B+2d6」で 判定可能 大まかな強さが分かる。クラスレベルとか
アーク: 「そっちのほうがいいかな。」>依頼人
ミネ: 2d+10
ミネ: ミネ -> 2D+10 = [2,3]+10 = 15
フェリン: 2d6+7+3
ミネ: フェリン -> 2D6+7+3 = [2,4]+7+3 = 16
アーク: 2d6+8+4
ミネ: アーク -> 2D6+8+4 = [4,3]+8+4 = 19
ミネ: 15です
フェリン: 16とでた
アーク: 19とでた。
ノア: 2d+14 セージ判定
ミネ: noa -> 2D+14 = [6,1]+14 = 21
GM: 13以上でわかります
ナユカ: 2d6+5+1 セ-ジ判定
ミネ: nayuka -> 2D6+5+1 = [1,3]+5+1 = 10
ナユカ: やっぱひくいw
ノア: ナユカさんは腕立て伏せに専念していた・・・とw
フェリン: さて、強さを漏らしたまえw
ミネ: ノアちゃんのセージ判定は輝いてるなw
GM: エルゼ プリースト(ザインの持祭):3レベル スカウト(変装しかしないけど):5レベル
ノア: (冒険者9で知力5だから、大概のものは看破できるはずw)
GM: グリム シューター:8レベル レンジャー:9レベル
ミネ: まさしく射手な人だ
アーク: まさしくスナイパーだなぁ。
ナユカ: スナイパーだ
ノア: φ(..)メモメモ
GM: 二人とも軽装のクロースアーマーで、 エルゼは防具習熟Ⅰ/盾 と 魔法拡大/数ですね
ミネ: 「(あの武器は伊達じゃないということですか・・)」
アーク: 「よーし、グリムー。ポーカーしようぜー(笑)」
GM: グリムは それ以外にも只ならぬ気配がする。マジックアイテムっぽいサングラスしてます。
フェリン: 依頼人来て、話聞いてからサポートする人決定にはできないのかな?
GM: グリム「俺の表情が・・・読めるかな?」 エルゼ「エルゼちゃんもやりたーい☆」>ブラックジャック
アーク: 「トランプは20個あるからいくらでもできるよー?w」
GM: グレン「ああ話し聞いてから決めても構わんよ。ただし口外無用な?ばれたらうちの店が潰されかねん」
ミネ: 「了解です」>グレンさん
ノア: 「んー、了解」>グレン
フェリン: 「なるほど・・・了解」(つまり権力あったりなんなりして厄介なところが依頼人っと・・・
GM: とか話したり ブラックジャックしたり ポーカーしたりしてること 10分後
アーク: 話を聞きつつトランプを配る。「わっかりましたー。」
ナユカ: 「準備準備ー」
GM: 店の扉が「ギ~~~~~ッ」っとゆっくり開き
ノア: 「ん、依頼人がきたかな?」
GM: 突然店の中の灯りが全て消え、鎧戸が全て「バタン!」と閉じる
ミネ: 「な、何ですか」
ナユカ: そんでナユカがおもむろに開ける
ミネ: 開けないであげてーw
GM: そして其処には何も居なかった!>鎧戸開ける
フェリン: 明かり消えても見えるよ
ナユカ: みえますねぇ
フェリン: るんふぉだし
ナユカ: えるふだし
アーク: 残念、俺は見えない。
ミネ: 見えますー
ノア: 第六感できっと何か感じ取れる!・・・カモシレマセン
ミネ: 油断せず警戒しておきます
アーク: 「イカサマしないでよー?」とグリムに(笑)
GM: で、外に続く扉が閉まり、ゆっくりと・・・・・石畳を鉄靴で踏みしめるような音が・・・・・ゆっくりと大きく!そして・・・
GM: 近くに・・・・そして後ろから気配が!!!!
GM: 振り向きますか?YES or NO?
ナユカ: 投げようかw
ミネ: 「えっ!?」振り向いていいものか
ノア: 「ビクッ」っとして振り返る
GM: みなさん振り向いたー?
フェリン: 「で、どちら様?いや、それはどうでもいいことかな?」
アーク: 振り向いて魔法の準備
フェリン: 振り向かない!振り向かないでおくぞ ただ、剣には手をおいておこう
GM: そこには。アークさん使い魔(リボン付)が飛んでいる
ナユカ: そして扉を開けてこよう
アーク: 「おお、ヤキトリじゃないかー!w」
GM: フェリンさんの目の前に、怪しげな、ハードカバーの高そうな古本が置かれますね
フェリン: 怪しい本なのか!?
GM: 普通に開くです>扉
GM: 第六感なら、危険な気配がびんびんです!>本
ミネ: 急に現れたんですよね>本
フェリン: うわあああw!開けろということな気がするw!
GM: グレン「来たようだな・・・・」
ノア: これは、イビルインディックス!?(違
ナユカ: おおうw
ノア: 「なんか嫌な予感・・・」>皆に伝える
GM: 振り向いた一瞬の間に、飛んできたですね>本
ミネ: 「グレンさんも落ち着いてますし、様子を見ましょう」
GM: グレンは、苦笑して見守っている
アーク: パカッっと開く。
フェリン: 「まあ、いいさ・・・開けてみるよ」
フェリン: と、片手で開いてみよう
GM: そうすると古本が開き
フェリン: 開いた!?
ナユカ: ふぇりんはのろわれたw
GM: 凄いスピードでページが捲れて
GM: 開いたのは、ごく普通にフェリンさんが開いたら、あいた
GM: ほぼ中央のページが開かれる。
ミネ: なるほど
ノア: ちょっと後ろに下がって警戒中
ナユカ: とりあえず全部の窓とか開けておく
アーク: 普通に中を覗きこむ。
GM: そして、赤黒いおどろおどろした文字で「見たな!見ましたね!ってか本だから読みましたね!!!」
ナユカ: ちなみに見ていないw
ミネ: wwwなんだこれw
アーク: 「見ちゃ悪いか!」と怒鳴り返す。
ミネ: ちなみに共通語ですか?
フェリン: 「で?」
GM: 血文字っぽい何か「どうも初めまして。私はこう書く物です」(共通ですね。他にも4言語で字幕付
ノア: ノアは怖いので、杖の先っぽで突きます。
ミネ: 「こう書く物さん?」
GM: そうして 名刺の様な栞が人数分出てくる
ミネ: うけとっていいのかな?
アーク: 受け取って読む。
フェリン: 名刺を受取って名前を読もう
GM: 栞(ある方に仕える使用人なマジックブック「ブラディ血文字」と申します。お見知りおきを)って書いてありますね
ノア: 恐る恐る覗き込む
ミネ: 「ブラディ血文字さんですか・・・」
アーク: 「ブラディ血文字か・・・」
ナユカ: 受け取っておこう
GM: グレン「流石に大して驚かんなwその本さんが依頼人の使いだ」
ノア: 「どういうこと?、グレンの知り合いなの?」>グレン
アーク: コレが
ミネ: 「驚いてはいますが、依頼人さんですからね」
アーク: 「これが依頼人の使いか~。すごいなぁ」といいつつページを捲ってみる。
GM: グレン「もともとは俺が冒険者時代に見つけた物でな。スポンサーに売ったんだ。」
ノア: 「どういう仕組みなんですかねぇ・・・」アークの隣で突いてる。
ミネ: 「そういうことですか」>グレンさん
GM: グレン「ちなみにこの店が買える値段で売れた」
ノア: 「なるほどー、って知っていたなら最初に教えてくださいよー」
ミネ: 「それは貴重なものですね」
GM: 宝物鑑定も可能ですよ~ パッと見は 魔動機文明の物っぽい
ノア: 宝物鑑定してみるかな?
アーク: やってみるか。
ナユカ: なるほど
ミネ: 鑑定よろしく
アーク: 2D6+5
ミネ: アーク -> 2D6+5 = [3,3]+5 = 11
フェリン: 頼んだ のあ
ノア: 2d6+14+1 鑑定
ミネ: noa -> 2D6+14+1 = [1,6]+14+1 = 22
ナユカ: 2d6+5+1
ミネ: nayuka -> 2D6+5+1 = [3,4]+5+1 = 13
アーク: ・・・出来る木がしない。
ナユカ: 1ならこんなモノか
ノア: 宝物鑑定 22 とでました(@@
GM: ブラッディ血文字(以下ブラちゃん)「はっはっは!私の価値は凄いのですよ!絶対物忘れしないし!飛べるし!血文字だし!」
フェリン: 「ページ数分物忘れしなそうだね」
ナユカ: そして火が苦手と
フェリン: 「焼いちゃだめさ、ナユ」
アーク: 「ダイイングメッセージ」が簡単に作れるな。
ノア: 「血文字は製作者の趣味でしょうかね、悪趣味な・・・」
GM: 判定成功です(魔動機文明時代後期に発明されたマジックアイテムで、自分の意思を持つ魔法の本。その中でもお化け屋敷バージョン。簡単な真吾魔法も使う。)
GM: 訂正:真語魔法
ノア: ( ..)φメモメモ
ミネ: 魔法も使うのか
アーク: ふむ、便利だ。
ミネ: ノアちゃんはまじめだw
フェリン: 「ところで、依頼あってきたのだったね? 簡潔に内容を説明してほしいのだけれど」 単刀直入にいきませう
GM: 追加: 弱点・火炎ダメージ+3 価格-10000Gの劣化バージョンw
GM: ブラちゃん「そうですね!そうですね!私の主人が依頼したいのは
GM: 『ケイニーちゃん』と言う少女の護衛です。
GM: 『ケイニーちゃん』
GM: 護衛対象の少女:赤毛をお下げにした。活発な少女(人間、11歳、女性)
GM: ダッカイン商店街の裏手にある路地にある、小さな一軒家で母親と二人暮し。
GM: 「甘い弾丸亭」も同じ路地の二件隣にある。
GM: 『ダッカイン商店街』
GM: 店主の2/3が60才以上の、高齢者の多い商店街。
GM: みなさんが「超気さくでフレンドリー」
ミネ: 「あなたのご主人様とケイニーちゃんの関係をきいてもいいのかな?」
GM: ブラちゃん「何故?護衛するのか?何から護衛するのかって?それは言えないのですよ!だってスキャンダルですもん」
ノア: 「んー、護衛というなら何に狙われているのかもー」
フェリン: 「言えない」
ミネ: 「スキャンダルとかいってますよw」
フェリン: 「なら、どの程度に護衛がほしいのかな?」
アーク: つまりご主人はロリコンか。
GM: ブラちゃん「詳しく話せないのは真に申し訳ないのですが、その代わりに、私が護衛中は同行しますので」
ノア: 「んー、スキャンダルって事は、狙っているのは『パパラッチ、あるいはブン屋』と推測、っと( ..)φメモメモ」
ナユカ: ふむふむ
GM: ブラちゃん「そうですね。誘拐犯とか、蛮族とか、蛮族とか、暗殺者・・・・・おっと、私は何も書いてませんよ!」(ちなみに文字だから考えてることが丸分かり)
ナユカ: 「隠し事できないんだねぇ」
フェリン: 「まあそんな感じのものから護衛、ね」
アーク: バラバラと捲って主人の名前を探ってみる(ぇ
ノア: 「・・・貴方のご主人は何をやらかしたw(突っ込み)」
GM: ブラちゃん「あーん、そんなところ捲っちゃいやん☆、えっと隠し子の項目を高速削除!」
ミネ: 「情報多いほうが護衛しやすいんでしょうが、事情があるならしょうがないかな」
ノア: んと、じゃあ護衛する人(4名)と、サポートする人どう分けます?>ALL
アーク: 隠し子か・・・
ミネ: サポートもスカウトだけだと不安なんですよね
ミネ: セージ持ちの方もいてくれたほうがいい気もして
フェリン: できることなら3・2で行きたいところだけれど
GM: エレナ「私も仕事したいです!女の子を守る!そんなのやるに決まってるじゃないですか!」
ノア: 3:2に分けますか?>ミネ
ミネ: どうしましょうか
アーク: サポートのほうに使い魔のヤキトリをつけたいが・・・
ミネ: サポートというのが、護衛で張り付いている裏で情報収集したりするなら3:2がいいかと
ミネ: どうしましょうか>ALL
アーク: 俺は護衛の方で(サポートの役に立たない)
GM: ブラちゃん「そうですよね!そうですよね!守ってさい!よろしくですよ~」(エレナ契約まで 後10秒)
フェリン: んー
ノア: 私も使い魔居るし、アークと別行動しましょうかね。ついでに荒事関係の護衛には不向きだからサポートに回りましょう。
ミネ: ノアちゃんとミネはサポートにまわりましょうか
GM: ブラちゃん「ちなみに三交代制で、朝・昼・夜の各二人護衛で6人なのですよ~」
フェリン: 了解
アーク: 了承。
ミネ: それなら4人はださないといけないのか
フェリン: つまりあの☆とくまねばならん
フェリン: 人がいるということだな
ナユカ: なるほど
ノア: ってことで、ノアは子猫をアークのリュックに忍び込ませます。
ミネ: セージが必要なときだけノアちゃんの力借りたいから、朝とかにまわってもらえばいいのかな
ナユカ: じゃあ私は護衛に回ります、サポートに回っても役に立たなそう
ミネ: ではミネがサポートにまわりましょうか
GM: 今のところ「グリム、エルゼ、エレナ(仮)+3名」かな? ちなみに時間帯や担当配置はPCたちに任せるそうです。エルゼ、グリムもどこでも良いそうです
フェリン: 良いだろう・・・ 護衛組で行ってみよう
ミネ: エレナも入るならノアちゃんとサポートにまわりますか
フェリン: 苦戦する覚悟は完了した・・・ エルゼ時間帯で行くよ フェリンでは!
ノア: 了解ー、 護衛側はアーク、フェリン、ナユカとエレナ で サポートはミネとノアね。
ミネ: スカウトを分ける感じで3交代でしょうかね
フェリン: だねえ
GM: では 護衛は「エレナ・フェリン・アーク・ナユカ・エルゼ・グリム」であったるかな? サポートはミネ、ノア ですね(敬称略)
ミネ: いいですかね?>ALL
ノア: OK
アーク: OK
フェリン: OK
ナユカ: OK
GM: では決まりましたね。
ミネ: 「今回は人数足りているようですし私はこの依頼おりますね」
ミネ: ノアちゃんにめくばせ
ノア: 「(コク)」 ミネに耳で合図
GM: ブラちゃん&グレン「決まりましたか?・・・・中略・・・では皆さんよろしくお願いします。」
ミネ: できるだけサポートするので、護衛組ガンバレー
フェリン: 了解だー
ノア: ファイトですよー
アーク: ヤキトリをノアの肩の上に飛ばしておく。
GM: ブラちゃん「また依頼の最中は『甘い弾丸亭』の二回の宿を二部屋借り切っております。其処を拠点にお使い下さい。また8人分の食事もセルフサービスします。(一食50G相当)」
GM: 訂正:二階の宿
ミネ: お互いの使い魔を交換しておくのはいい感じかもですね
ノア: (1食50Gってすごい豪華だw)
ナユカ: おおうw
フェリン: 豪華だねw
アーク: ご飯が豪華だw
GM: ページを見ると(ご主人様の気持ちです。)って書いてある
ノア: うむ、何かあればアークのリュックから猫が顔をだして合図を送るー。
ミネ: かわいいw
アーク: 可愛いなぁw
GM: かわいいにゃー
GM: で、何も無ければ、明日の早朝から護衛開始です。よろしいかな?>ALL
アーク: OK
ミネ: OKです
フェリン: OK
ナユカ: はいはい
ノア: アイテム補充しておく、OK

(GM_) では明日の朝になります! 買い物はOKです、買ったもの教えてね
アーク: 魔香草を買っておくか。
ナユカ: ちょい離席
GM: 簡単な情報収集も買い物ついでに可能ですよ
フェリン: デクスタリティポーショ...ダメダ、お金がない
ミネ: 情報収集はブラちゃんにばれたらまずいんでしょうね
ミネ: ブラちゃんは自分で帰宅した?
アーク: 魔香草を10個ほど買ってきます。
ノア: ジャックの豆×10、トリートP×2、スピードP×1
GM: ブラちゃんは『甘い弾丸亭』に直行するから 多分気づかないよ~
GM: ブラちゃん「来る!っきっと来る!奇跡は・・・」とか歌いながら飛んでった
ミネ: 回復に不安が残るからトリートは買っておこうかな
ミネ: ダイス目次第の回復だけどw
アーク: 情報ならレフィアノさんかなぁ?(魔香草って何処に売ってるんだ?
ナユカ: ただいま
ミネ: トリートP×2で
フェリン: おかりだ
ナユカ: こちらは買う物はないかな
ミネ: たいていのアイテムは冒険者の宿で手に入りますよ
アーク: ・・・それもそうか。
GM: 魔香草なら冒険者の店や、賢者の学院、その他色々で売ってるから、好きなだけ買っていいよー
GM: では買い物OK?
ノア: ノア、おk-
ナユカ: あ、魔晶石かっとこう3点を3個
GM: 魔晶石OK~
ナユカ: 計900G
アーク: アークOK
ミネ: OKです
ナユカ: OKです
GM: 金額計算は、個人にお任せ~ そしてレフィノアさんとこ行く? YES or NO?
ミネ: 情報収集のため今日のうちにいっときますか
ナユカ: そうですねぇ
ミネ: でも剣の守り的にいるかな?
ノア: 了解>ミネ YES>GM
GM: では、時間省略のために 選択肢一つ = 血をかぷちゅ~一回で
GM: 選択肢
ナユカ: 花屋当たりなら問題ない<PL発言
ミネ: なるほど郊外にある?>花屋
アーク: 魔晶石五点を十個追加で。
ミネ: なら会いに行きましょうか
ミネ: 今日ならみんなでいけますよね
GM: 「蛮族について」「依頼人いついて」「割烹着のホワイトドラゴンについて」「ナイトメア生まれに人間の血の感想」「ケニーちゃんについて」
ナユカ: そだね、あと影響減らす護符持ってるから問題ない<PL発言
GM: 一回につき HPは2D+8点減らしてね。防護点無効です
ナユカ: そうだね
ナユカ: 寝れば回復するからOKだねぇ
ミネ: 神官のいる今日のうちにいきますか
GM: 皆さんでかもーん
フェリン: いまのうちだな
フェリン: いくなら
アーク: 茨のコートは脱いでおこう。
ナユカ: いきましょいきましょ
GM: 何気に エルゼ&グリム&エレナも合言葉言って ついてくるぞ~
アーク: 依頼人についてを聞きたいなぁ。
ミネ: 指定してダイスふればOK?
フェリン: うわああw
GM: では レフィノアさんの花屋到着
ナユカ: えるぜもかよ<PL発言
フェリン: なんか罠っぽいのが付いてくるなあw
GM: 指定後ダイスでOK
ミネ: まぁ冒険者ですしね>エルゼ&グリム
アーク: んじゃ「依頼人について」で振って良い?
ナユカ: まぁルンフォに飲める血があるのかなと思っちゃうわけだけどw
フェリン: ああ、前にやったとき
フェリン: るんふぉは駄目 だったぞ
GM: エルゼ「ええ!!こんもプリティエルゼちゃん☆が一緒に来るのが不満なの?ぷんぷん」
ミネ: ルンフォはだめかもですね
アーク: エルフ生まれのナイトメアはどうかな?
GM: 種族人間 or 人間生まれのナイトメアがOKかな?>高柳さん
ナユカ: OKだよ
GM: 第四話よんでみたかんじだと
フェリン: ・・・アークしかいないじゃないかw
ノア: 無条件で、ナイトメア生まれに人間の血の感想が聞けますよ、きっとw>アーク
フェリン: 今回
アーク: アークはエルフ生まれなんだ・・・w
フェリン: てことは
ノア: ナント
フェリン:
GM: あれれ いなーい?
フェリン: いい人がいるね☆
フェリン:
ナユカ: てか、基本「黙ってられる人」ならOKだけどな<エルゼ
ナユカ: まぁきほんエルフでもドワでもグラランでもOKだよ
ミネ: ルンフォ以外の人族ならいい気もする
ナユカ: リルリルは皮膚固いけどw
アーク: んじゃ聞くか。
GM: エルゼ「そのために来てあげたんじゃないんだからね!でもちょっと位なら皆の役に立ってあげてもいいんだからね!」
ナユカ: 何か口かるそうである<pl発言
ミネ: エンブレム持ちの冒険者なんですよね?>エルゼ
GM: ナユカの中の人がOKらしいから OKです
GM: エンブレムを二枚持ってるね
ミネ: 信用してもいいかと
ナユカ: ま、いいかw
アーク: 取り合えず話を聞こうか?w
ナユカ: じゃ、さっさといきましょう
GM: 『甘い弾丸亭』と『ルキスラの中堅冒険者の店』
GM: じゃあ何聞く? 誰がカプちゅ~?
GM: ところで 皆さん冒険者レベル+知力Bで 判定してみて。目標値20
ノア: 第一候補は、依頼人ORケニーちゃんですかね。
ミネ: 2d+9
ミネ: ミネ -> 2D+9 = [5,4]+9 = 18
フェリン: 2d6+10
ミネ: フェリン -> 2D6+10 = [2,5]+10 = 17
ノア: 2d6+14 目標20
ミネ: noa -> 2D6+14 = [2,2]+14 = 18
アーク: 2D6+12
ミネ: アーク -> 2D6+12 = [5,5]+12 = 22
ノア: げ・・・
ナユカ: 2d6+7+5
ミネ: nayuka -> 2D6+7+5 = [1,5]+7+5 = 18
フェリン: でねーですよそんな20とかw
ノア: ぉぉー
アーク: 出たぜ22w
GM: ナイスアークさん
ナユカ: 22とでたーw
ノア: アークが22
ミネ: おー
フェリン: よしw
ナユカ: 18とでたがw
GM: レフィノアさんが、グリムを見たときに一瞬怯えた気がしました。
ナユカ: 何をおびえたーw
ミネ: 知り合いなのかな?
ノア: 「グリムを見た時」に一瞬怯えた?
アーク: 昔、なんかあったのかな?
ミネ: グリムさんは別に態度に変化はないんですよね?
GM: グリムに怯えたっぽい、本人に聞けば分かるかも知れないけど、やばそうな気がする
ミネ: 気にはしておこう
ノア: φ(..)メモメモ
アーク: ライフォスだったら思念を送れるんだがなぁ。
GM: グリムは無言で壁に寄りかかって立っている。かすかにニヒルな笑みを浮かべた気がした!
ミネ: 意味ありげだな
アーク: 何だ、元カレか。
ナユカ: そんな人はいない
アーク: 居ないか。
ナユカ: <PL発言
ノア: アークが、使い間にコッソリ、「どうしたの?」と伝言だ
ノア: あ、ミス
GM: さて、聞くかい?
GM: 選択肢を
ミネ: 依頼人についてきこうかな、エルゼ&グリムの前だと不安だけど
ナユカ: 奥の部屋に行って秘密で聞けるよ<PL発言
GM: ミネをカプちゅーでOK?
フェリン: OK
GM: まあ 魔王
GM: ミス
ノア: 去り際にアークが伝書鳩経由で理由を聞いておく、今はスルーで
ミネ: では合言葉を聞いて奥に「在庫は奥ですか?」という感じで
GM: 魔法と自然回復で 全快でダメージ省略
GM: では PCだけに情報でOK
ナユカ: OK
フェリン: OK
ミネ: 奥にて「少し変わった依頼がきたんですが、・・・かくかくしかじか」と依頼人について聞く
ナユカ: あとで聞いたことにすればOK
アーク: んじゃ俺も、蛮族について聞く。
ミネ: 個人的には「割烹着のホワイトドラゴンについて」もききたいけどw
ナユカ: じゃあ私はケニーちゃんについてききましょう
GM: 「依頼人ね。誰とは言えないけど、ヴィッセンの大貴族の次男坊。王城で上級騎士の仕事をしている。冒険者に懇意な人物で、誠実で堅実だが、女性関係でちょっとね」
ミネ: なるほど
GM: 「蛮族は、デカブツの蛮族二人が裏に居るらしいヤクザ者集団が町外れに潜伏しているらしいのよね。未確認情報だけど、騎士団は動いてないは、何故かね」
ノア: ( ..)φメモメモ
アーク: んじゃダメージか。
ミネ: ダメは省略していいそうです
アーク: あいあい。
GM: 「ケニーちゃんは、元気が取り柄の向日葵の様な笑顔が印象的な少女ね。ダッカイン商店街の人気者で、毎日お使いしてるそうよ。母親と二人暮しで、母親は足が少し不自由でドレス職人だそうね。」
ミネ: いい子みたいだ
ナユカ: なるほど
フェリン: ふむ
ナユカ: 車いすとか使ってる?
ミネ: マリアちゃんあたりと友達になれそうな子だ
ノア: 「父親はいないので?」
GM: 「ホワイトドラゴンさんは、実はマチルダさんなのよ。しかも「乙女の裏バレットタインデー友の会副会長らしいは、ちなみに私は会員No。502」
ミネ: そんな会がw
アーク: 副会長かw
ノア: 会員は数百名規模ですかw
GM: 「車椅子っぽいもの(木製)や安楽椅子などを使っているそうだけど、一応ゆっくりとなら歩けるらしいわ」
ナユカ: なるほど
ナユカ: てか会員なのかw
GM: 「ええそうよ」>会員。「チョコレートバレット専用シューター技能を3レベルまで教えてもらったわ」
ミネ: レフィアノアさんも会員なんだw
GM: 「血の感想ね~。まあ個人差があるけど、人間と大差ないわ。まぁ血が美味しいかどうかに種族は関係ないわね」
ノア: レフィアノアさんも渡したい相手がいるのね
GM: (ニヤリと妖艶に微笑む)
ミネ: 大事そうな情報は聞き終わったかな
ナユカ: おわりましたかね
アーク: 終わりましたね。
GM: では 翌日でOK?
ノア: ん。そだね。
アーク: OK
GM: レフィノア「ありがとうございました。またのお越しを~」微笑
フェリン: 翌日にー以降ーしませう
アーク: 以降しましょうか。
ミネ: ですね

(GM_) 翌日になりました。「甘い弾丸亭」の朝食はとても美味しいです。素材も良いですが、料理人のまごころが伝わってくるような優しい味がしました。
ミネ: 食べられない人Aw
ナユカ: ふむふむ
ノア: 「んー、朝から豪勢だねぇ~(ニンジンサラダをカジカジ)」
GM: ブラちゃん「これは話し聞く以上に美味しそうですねー。お友達の分も何故か要しましたしお呼びしますか?」(そのために用意したのですけどねってっ小さく書いてあ)
GM: では そんなこんなで翌日。
ミネ: 「私たちの分まですみません」パクパク
GM: 朝の護衛はだれですかー?
ナユカ: 誰行きましょうか
フェリン: スカウトはエレナ フェリン にーさんの3人だ
GM: ブラちゃん「いえいえ。主人が間違えてオーダーしたようで、折角ですし冷めないうちにどうぞ」(まあ元々その予定でしたしね)
ミネ: スカウトは分けたほうがいいかもですね
アーク: んじゃ俺はにーさんと組もうかな(ぉ
フェリン: きたまえ エルゼ
GM: スカウト3名 全員ルーンフォークで 夜目が聞くね 完璧だ
GM: 「アーク&グリム」「フェリン&エルゼ」「ノア&エレナ」でOKかな?
ナユカ: おおう
フェリン: のあじゃなく なゆかだ
ミネ: ですね
ノア: ナユカ&エレナじゃな
ナユカ: じゃあエレナと組もう
GM: ごめん訂正:「ナユカ&エレナ」で
フェリン: これでGM使用とPC仕様が
フェリン: 半々になったw
GM: 早朝から昼過ぎは どのペア?
フェリン: ダイス神よ、きめてくれたまえ
ノア: ダイスで行うかい? 1,2がアーク達、3,4がっフェリン達、5,6がエレナたち
フェリン: 1-2 3-4 5-6
フェリン: 2d6
ミネ: フェリン -> 2D6 = [2,6] = 8
アーク: ダイスでいきまそう。
フェリン: まちがた
フェリン: 1d6
ミネ: フェリン -> 1D6 = [2] = 2
ノア: アークとグリム
アーク: アークとグリムだな。
フェリン: 頼んだ、アーク
GM: 窓からケニーちゃんの家が良く見える(玄関側) どうやら朝食の準備中らしい アーク&グリム了解
アーク: 何かあったら使い魔を騒がせることにしよう。
GM: 使い魔OK
GM: 何かするー?
アーク: ケニーを眺めるくらいしか出来ることがないなぁ。
GM: 午前の部:ケリーちゃんが買い物に行くようだ。大きな買い物籠を持っている。レフィノアさんの言っていたお使いかもしれない?
GM: グリム「追跡するぞ・・・」
アーク: 後ろ20メートルくらいを付いていこうかな。
アーク: グリムと話しながら、普通の通行人を装う。
ミネ: お母さんのドレスの配達かな?
GM: では ついて行った。ダッカイン商店街で露天商の叔母さんと談笑中。会話までは聞こえない
ナユカ: 待機組ーw
フェリン: 待機組だなあw
GM: 叔母さんが何と果物ナイフを取り出した!
GM: 何かする?
アーク: とりあえず近寄る。
アーク: ・・・普通に果物をむくだけのような気がするけど。
アーク: 10メートルくらいまで近寄ったということで。
GM: どうやらリンゴを切り売りしてくれるらしい。叔母さん「ケニーちゃんのホッペみたいな可愛くて赤いリンゴだよ~味見するかい?」ケニー「わーいありがとーたべる~」
アーク: それを確認したらまた20メートルくらいの距離を保とうかな。
GM: そして何事も無くお使いは終わって帰宅。どうやら人気者なのは本当のようだ。全ての商店街の人たちを笑顔で挨拶している
GM: てな事で、特になければ、午後の部
フェリン: OK
GM: フェリン組み了解
フェリン: 「まあ、行こうか」
ノア: あ、ノアはフェリンのバックに猫を忍び込ませます。
ノア: ※冒険者バックね。
アーク: ノア達って今はどのあたりに居るのかな?
ミネ: 商店街にはいるかと宿かな?
ミネ: 情報収集パートはまだあとですよね?
GM: 午後、ケニーちゃんがお母さんの作った子供用ドレスを試着している。窓から聞こえてくる会話からして、とても良い仕上がりな様だ
アーク: だったら商店街の上のほうに飛ばしておこうかな。
GM: 情報収集は一日目が終わってからでお願いします。纏めてやりますから
アーク: 了解しました。
ノア: 了解>GM
フェリン: はいなー
ミネ: 了解
GM: ケニーちゃん母を見た人居る?
フェリン: いい仕上がりのドレス・・・
GM: 宿屋からでもちらほら見える
GM: クリーム色のイブニングドレス、レースのポンチョで露出を隠す感じ。
フェリン: ふむふむ
ナユカ: ふむふむ
GM: 見たなら。ケニーちゃん母は、清楚で気品がある大人しそうな美人。やや地味目ですが柔らかな微笑みがとても印象的で、ケニーちゃんと親子なのが良く分かる
アーク: ふむふむ。
フェリン: 似てると
ミネ: なるほど
GM: 似てはないね。ケニーちゃんは父親似なのかもしれない?まず髪の色も違うし
GM: ただ。笑顔や仕草はそっくり
フェリン: なるほど
アーク: なるほどね。
GM: で、業者っぽい人が、ドレスを受け取りに来た以外は何もなく夜になる。
フェリン: なゆかー
フェリン: ごー
GM: 夜。不審な人物が、もろに家の前の通りを歩いてる。千鳥足で
GM: 何かしますかー?
ナユカ: 何か見えるかナー
ナユカ: どんな人か見える?<不振人物
GM: 中年の酔っ払った男性が、お土産っぽい箱を持って歩いている様に見える(遠目には)
GM: 近ずきますか?
ナユカ: まぁさりげに通る振りして近づいてみますか。
GM: ちなみに1人です>不審人物
GM: ではナユカさんは「冒険者+知力
GM: で判定してみて
ナユカ: 2d6+5+7
ミネ: nayuka -> 2D6+5+7 = [4,1]+5+7 = 17
ナユカ: 17とでたね
GM: ちなみに暗いので こっちに修正入れてます+2
GM: エレナも一応 
GM: 2d6+2+9
ミネ: GM羽霧 -> 2D6+2+9 = [1,5]+2+9 = 17
フェリン: おー
GM: 二人とも分かった。不審人物はスカウト技能の訓練を受けているように思える。
ミネ: おっ動きがあったのかな
GM: こっそりと、何かをケニー宅に投げ込んだ。丸めた紙のように見えた気がする
ナユカ: おお?
GM: 阻止しますか?あるいは逮捕?
ナユカ: 紙が気になるな
GM: エレナはさり気無く、どうします?ってアイコンタクト
ノア: (使い間の猫で後を追うというのも手ですぞー)
GM: 位置的にナユカなら紙を空中キャッチに挑戦可能、または逮捕の二択。
ナユカ: ンーじゃあ猫に何投げ込んだか見てもらうとか出来る?
ノア: アニー宅へ忍び込みます?
ナユカ: んーキャッチしてみた方がいいかな?
GM: 逃がすも可能。ただキャッチチャレンジすると男はその隙に逃げるかもしれない ルール的には向こうか先制判定自動勝利
ナユカ: 先制かなわんし
GM: 鎧戸の隙間では、猫や鳥でも狭いし、頑張って入っても出れるかは謎。ケニー達が気づく可能性もあるけど
ナユカ: キャッチしてみよう、失敗したら猫に追わせるか
GM: キャッチは「素手の命中値-2(暗いから)」で
GM: 判定可能
ナユカ: エルフ暗視持ってるよ
GM: なら修正無しで
GM: チャレンジするならこちらもダイス振りますよ?どうしますか?
ナユカ: 2d6+10 じゃあ命中判定
ミネ: nayuka -> 2D6+10 = [4,4]+10 = 18
ナユカ: 18でたかな
GM: 多いなー 対決で投げる
GM: 2d6+9
ミネ: GM羽霧 -> 2D6+9 = [4,3]+9 = 16
ナユカ: キャッチっとw
GM: キャッチ成功 メモ紙を丸めたもの
ナユカ: よし、猫ちゃんゴー
GM: 男は 奪取で逃げる。
ノア: 「にゃー(了解)」
GM: 追うなら追跡勝負ですね。猫及び全PCで スカウト+敏捷度で対決どうぞ
ノア: 隣にいるであろうミネとアークにも連絡かな
ミネ: 2d+9
ミネ: ミネ -> 2D+9 = [4,4]+9 = 17
GM: 猫はモンスターレベルでもOK
ミネ: 17です
ナユカ: そっちおねがいー、こっちスカウトないし
アーク: スカウトとか持ってないな。
GM: 2d6+4+5 エレナダッシュ
ミネ: GM羽霧 -> 2D6+4+5 = [3,3]+4+5 = 15
ノア: スカウトは持ってないから平目かw
フェリン: スカウトか― て
ノア: 2d6 猫ダッシュ
ミネ: ノア -> 2D6 = [6,4] = 10
ナユカ: まぁ降ってみるか
ナユカ: 2d6 ナユダッシュ
ミネ: nayuka -> 2D6 = [3,5] = 8
アーク: 振るだけ振ってみるか。
アーク: 2d6 アークダッシュ
ミネ: アーク -> 2D6 = [2,2] = 4
GM: 今のところ逃げられる。サイレントブーツ+敏捷の腕輪が空気読んでるね>不審な男
フェリン: フェリンもいいのかな?
GM: いいよー>フェリン
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [3,3]+11 = 17
ナユカ: おおうw
フェリン: だああw
ミネ: 逃げられたかな
GM: 惜しい後1足りない
フェリン: ええい!しゃあない
ノア: 指輪破壊だ
GM: どうやら城壁の外に逃げた様だ。そこで巻かれた
フェリン: ッチ、逃げられたか
ナユカ: おおう
ナユカ: まぁいいや、証拠っぽいのは手に入れたし
ミネ: まだ動きがあるだろうし破壊は紙確認してからでもいいかもですね
ナユカ: 紙を広げてみてみますか
ミネ: 破壊まではしなくてもいいのではという提案です
GM: では紙の内容
フェリン: よし、紙を確認だw
ノア: 「何か書いてある?」
ナユカ: 「どれどれ?」
アーク: 「何が書いてあるのかな?」
GM: 「ヘンリエッタさんへ。本当なこんな事は趣味じゃないがケニーを殺させてもらう。嫌だったら旦那に泣きついて、一ヶ月は軍を動かさないことだな。BY人類の敵」
GM: ちなみに文法が変ですね。
GM: 調べたければ「セージ+知力で見識判定ですね」
ノア: 「なんですかこれは・・・」
アーク: んじゃ、調べる。
ノア: 2d6+14+1 見識判定
ミネ: ノア -> 2D6+14+1 = [3,1]+14+1 = 19
アーク: 2D6+5
ミネ: アーク -> 2D6+5 = [2,1]+5 = 8
フェリン: のあーw!
ナユカ: 2d6+5+1
ミネ: nayuka -> 2D6+5+1 = [4,5]+5+1 = 15
GM: 交易共通語です。12で分かること
ナユカ: 15と出たー
ノア: ダイス目が期待値超えないーw
アーク: ファンブルが惜しかったナー。
GM: これは蛮族語の訛りがある。義務教育は受けてないか馬鹿の様だ
GM: 特になければ初日の情報収集ターンに行きますよOK?
ナユカ: なるほど、
ノア: 「さっきの人物は蛮族か、それに関係した人でしょうかねぇ」
アーク: 情報収集ターンに行こうか。
ナユカ: 例のちんぴら集団かな?
フェリン: よし、行こう
ノア: OK>GM
GM: 可能性は否定できないが、証拠もないね。>ちんぴら団
ミネ: OKです
アーク: OK
GM: 何調べますかー?一日の間に好きな行動どうぞ
ナユカ: 一応誰か残っておいた方がいいかな?
GM: すること無いなら情報一つだして 終わるけどー
ミネ: 商店街で二人のこときいてみようかな
GM: 二人=ケニー&ケニー母ことヘンリエッタ?
ミネ: ですね
アーク: 鳥を上空に飛ばしてちんぴら団の動きを見てみるかな。
ミネ: 町の人にさりげなく聞く感じで
フェリン: ☆の話でも聞いておこう いやなんとなく
GM: では誰に聞くー商店街なら誰でもOK じゃあリンゴ売ってた叔母さん曰く
ミネ: 「ここらへんに腕のいいドレス職人さんがいるという話を聞いてたずねてきたのですが?」
ナユカ: そういや父親がどうのこうの書いてたからこれについても調べておいた方がいいかな
GM: 「ちょっと可哀想なところがあるのよねー、あんなに良い親子なのに父親は世界中放浪してる商人らしいわ。足の不自由な奥さんと、あんなに可愛いケニーちゃんを・・・」以下略30分続く
ノア: んー、私は待機してるかなぁ。 一日中使い間使って消耗しているだろうし。
ミネ: あいづちいれつつ話し聞きます
ミネ: 「あっお父さんがいらっしゃるんですね」
GM: 知っている情報と大差ないね。ただ父親が商人って言うのはヘンリエッタはケニーに嘘を教えているのではないか?と推測できる
ナユカ: てか軍を動かすなとかどうのこうの書いてあったなぁ
ミネ: 「留守がちだと心配でしょうね。ここらへんは治安はいいんでしょうが。」あやしいやつらがここ最近出入りしていないかききだせるかな
GM: (父親の新情報:ケニーと同じ赤毛、背の高い貴族風のハンサム)
ミネ: なるほど
GM: 特に不審人物情報は無し、昨夜の遅くに酔っ払いが歩いていたらしい
GM: 冒険者の宿「甘い弾丸亭」が近いのが大きいようだ。商人とは仲が良いらしい>甘い弾丸亭
ミネ: 了解です
GM: では 追加情報ダイス1D6どうぞ>サポート組み
GM: 二名ともOKです
ノア: 1d6 ノア
ミネ: ノア -> 1D6 = [3] = 3
ノア: 期待値の3-
ミネ: ここ最近大きな軍事行動が予定されているかなども調べますか?アーダンかジョン(人間)あたりから何か聞けるかな?
ミネ: 1d
ミネ: ミネ -> 1D = [3] = 3
ミネ: 同じく3
フェリン: おお、両方とも3とな
GM: 軍は何故か大人しいらしいって聞ける
GM: そして街中で騎士が何かを探してるようです。目立たないけどね
ノア: ほぉ
GM: 軍はアーダンやジョン情報 騎士がダイス目3情報
GM: では翌日なのですがOK?
フェリン: OK
ミネ: OKです
ノア: OK>GM
ナユカ: OKです
アーク: チンピラ団に動きは何かあるかな?

(GM_) 翌日もご飯が美味しいです。サラダが絶妙で、トーストは泣けるほど美味しい。むしろエレナが泣いた!!
アーク: 無いなら翌日で。
フェリン: 2日目
GM: チンピラ団は、分かるはんいでは無し
アーク: 了解>チンピラ
GM: 時間短縮で 朝は昨日と同じ感じで終わる
GM: 何もしなければ昼行きますOK?
アーク: OK
フェリン: 問題なし
ミネ: OK
ノア: 了解
フェリン: 昼チーム・・・☆と私か
GM: 意外とエルゼは街の人気者の様です。いろんな意味で有名、この辺では名物冒険者?
フェリン: ふむふむ
GM: 賛否両論で、友好とウザイが 6:4ですね
ミネ: いいひとなのかも
フェリン: なんとーw
アーク: まぁ、そんなもんか。
ナユカ: おおうw
GM: エルゼ「っま私の可愛さと聖女っぽさなら当然の賛辞よね☆」街の叔母ちゃんの荷物を持ってあげながら 高笑い
ノア: 聖女ときたかっw
GM: 超目立つけど 何時もの事っぽい
アーク: 聖女・・・だと・・・・?
フェリン: 「ん・・・突っ込むべきなのかな、これは?・・・まあいいか」
GM: 自称してるけど、誰もそんなことは言ってない。可愛いのは確かですね上の中くらい(GM視点
ミネ: 相当かわいいのでは>上の中
アーク: 相当だね。
GM: では 夜になってOK?
フェリン: OK
アーク: OK
ナユカ: OK
ミネ: OK
ノア: あい
GM: では、何故かパトロールに行ったエレナが帰ってこない 探しますか?YES or OK?
ナユカ: なにーw
ナユカ: 「えれなさーん、どこー」(汗
GM: 探索しますか?するなら10分でみつかる
ミネ: 探します
ノア: ん、じゃあ猫をアニーの家近くに残してミネについてく
ナユカ: ケニーちゃんの家を見張っています猫を家の近くに置いておいて
アーク: アークはケニーの家の前に残ってる。
フェリン: 探すデス和
GM: では 見つかった
GM: ケニーちゃん宅は何も起きない
ナユカ: じゃあ猫置いて追っかけておこう
GM: 少し張られた裏路地で、ぼろぼろで気絶したエレナを発見
ナユカ: おそわれてるーw
ミネ: 「大丈夫ですか」警戒しながら近づこう
GM: 置手紙がある。「手を引け!出なければ皆殺しだBY超強いかもしれない暗殺者」
GM: 筆跡は昨日と違う。
ナユカ: 「エレナちゃん大丈夫!?・・・・・・・・・・・(手紙を見る)よし、潰しに行こう」w
GM: 見た感じ路地に誘い込まれたっぽい
ミネ: 「エレナちゃんは宿に運びましょう」
GM: 刺し傷が3つ
アーク: 回復ならキュア・ハートくらいなら・・・
GM: エレナHP-5状態 戦闘不能
GM: 驚くべきことに!
フェリン: な、なにぃ!!
ノア: Σ( ̄□ ̄|||
GM: エレナがスピアを抜く暇も無く 1ターンでKOされた感じに見える
アーク: スゲェw
ミネ: おおー
ミネ: 3回攻撃するのかな
GM: 一撃だけ スピアの柄で受けた痕跡あり しかも傷から見て相手は1人
フェリン: ・・・4回攻撃?
ナユカ: なんとー
フェリン: つまりファスト4連!?
アーク: 四連だな。
GM: ファストアクション+両手利きと 推測できる
フェリン: 同業か・・・なんてこったい
ミネ: 「かなりの腕のようですね」傷確認しながら
GM: では エレナ回復した!ですが損傷激しく10レベル級マギテックが一日修理しないと戦闘不能ですね
フェリン: OK
ミネ: 「絶対安静ですね。仇はとるです!」
ナユカ: OK
アーク: OK
GM: 省略でエレナの証言「記憶回路にエラーが発生、記憶が断片的ですが
ナユカ: よし、行きましょうか、と言うことで犯人をボッコに行きましょう
フェリン:
GM: 子供、男性、ピアッシング二刀流 城壁方向に逃げた。
フェリン: 最悪だ・・・
アーク: しかし、ボコしにいくにも何処に・・・
GM: 何だか泣いて謝っていたような気がする
フェリン: 考えうる最悪の装備だ・・・
ナユカ: おおう
GM: ごめん・・・・妹・・・人質・・・・蛮族・・・・・ころ・・・」
ミネ: グラランが弱み握られて敵に回ってるとかかな
ナユカ: だろうねぇ
ミネ: 護衛をにーさんたちにまかせて向かいますか?
アーク: そうしようか。
フェリン: 妹を人質に取られたと
GM: エレナ「また気絶・・・・システムダウン・・・・EX・・・・・装備によ・・・・復旧まで・・・・・時間と推定・・・」
ノア: 「単純に仇をとるってだけじゃいかないね」
ナユカ: だねぇ
フェリン:
GM: ブラちゃん「大変です!!!!グリムさんが失踪しました!」(超急展開
ナユカ: ボスが蛮族っぽいのは分かった
ナユカ: なんですとーw
フェリン: なんだってーw
アーク: なんだってー!?
GM: エルゼさんが探しにダッシュしました。
ミネ: いま誰が護衛してるんだろう
アーク: ・・・猫?
GM: 猫じゃない?
フェリン: うわああwこれはひどい状況になったな・・・
GM: ブラちゃん情報では
ノア: 猫の視点からは何が見えるかしら?
ナユカ: 急いでいこう
GM: 不審者を200Mくらい先を追いかけてるエルゼ>猫
ノア: ではそれを皆に伝えよう。
ナユカ: ブラちゃん情報だと?
GM: では 何だかんだで城門外で追いついた(ご都合主義)でOK?
ナユカ: OK
フェリン: OK
ミネ: OK
ノア: あい
GM: エルゼがフォース叩き込んで 不審者こけた!!!!
フェリン: えー
ノア: 本当かw
アーク: マジかw
フェリン: ほんとに神官だったんだ...エルゼ
GM: エルゼは行使判定でダイス目が「5.6」だったようだ!メタ
ミネ: クリだしたんでしょうw
ナユカ: おおうw
GM: 何気にスカウト5は この伏線です(えー
ナユカ: 「よし、おいついたぁ!!(ブラちゃん背中に縛って到着)」
フェリン: 「追いついたみたいだね」
アーク: 「よし、追いついた。」
ノア: 「ん、不審者はどこですか?」
GM: では皆さんが捕まえると! 不審者子供に変装したグラスランナーの男「はなせ!!!!!!すぐ戻らないと妹が!!!!」
GM: ピアッシング*2は 何気にエルゼが かっぱらった!!
ミネ: 「落ち着くです。話を聞かせるです」このこを見張っているようなやつらがいないか周囲に気をくばりつつ
GM: では好きなだけ追求かもーん
フェリン: 外道神官エルゼw
アーク: 「何処に戻るんだ?」
GM: 「あっち!」と森の方向
ナユカ: 「じゃあとりあえず、なんで襲ったのかと襲わせるように言ったのは誰と言うことを聞きたいな」
GM: 見張りは危険感知でどうぞ
ミネ: 2d+8
ミネ: ミネ -> 2D+8 = [4,6]+8 = 18
ミネ: 18です
GM: なんか気配がした気がする>18
フェリン: 気配・・・何がいるんだ
ミネ: 「みんな気をつけて!」
GM: しーん 何の反応も無い 気配は遠くから微かにした気がする
ミネ: 人質もいるみたいだから気配を追いかけたほうがいいかな
GM: 追跡は無理っぽいね。もう逃げた可能性もあるが、不明?
アーク: 皆で森に向かって走る?
ナユカ: とりあえず追っかけながら事情を聞こうか
フェリン: 追跡不可と
ナユカ: 不可か
GM: グラスランナーの容姿に何か心当たりがあるような気がする
フェリン: なんですと
GM: 冒険者+知力で判定可能
ノア: むむ
アーク: 2d6+8+4
ミネ: アーク -> 2D6+8+4 = [5,5]+8+4 = 22
ミネ: 2d+10
ミネ: ミネ -> 2D+10 = [6,2]+10 = 18
ノア: 2d6+9+5
ミネ: ノア -> 2D6+9+5 = [3,1]+9+5 = 18
フェリン: 2d6+7+3
ミネ: フェリン -> 2D6+7+3 = [3,1]+7+3 = 14
フェリン: 14のようだ
GM: 17以上で知っている
ナユカ: 2d6+5+7
ミネ: nayuka -> 2D6+5+7 = [6,5]+5+7 = 23
ナユカ: うお、23
GM: 『沈黙に潜む猟犬:カルム』
GM: 凄腕の剣士グラスランナー、妹と共に旅をしている。
GM: 器用度:30 敏捷度:24 筋力:11 生命力:17 知力:15 精神力:24 HP:38 MP:なし
GM: フェンサー:7  ①両手利き ③武器習熟Ⅰ/ソード ⑤武器習熟Ⅱ/ソード ⑦全力攻撃
GM: スカウト :7  ⑤トレジャーハント ⑦ファストアクション
GM: レンジャー:7  ⑤治癒適正 ⑦不屈
GM: 命中:12(10両手利き) 威力:16 C値:9 回避:11 防護点:2
GM: ピアッシング(オーダーメイド必筋+2)*2本、クロースアーマー、能力値増強の腕輪(筋力+2計算済み)
GM: サーマルマント、サイレントブーツ、能力値増強の指輪(器用度+1計算済み)
GM: 冒険者セット、ヒーリングポーション10本、+小物は略。 
ミネ: 同業者さんでしたか
GM: 何だかエレナに聞いた兄の二つ名とにてる
ナユカ: おおう
フェリン: ふむふむ
GM: 「エレナ兄:沈黙に潜む"狂犬"」
ノア: ・・・知り合いかも?
アーク: ・・・知り合いかな?
GM: その頃ケニーは「むにゃむにゃ・・・わーいママ~パパ~」幸せそうに寝ている
ノア: 猫からの視点かなw
ナユカ: おおう
GM: カルム「・・・・・・・・・・・・・・・・師匠だ・・・・・・・・・・・死んだがな」
ノア: 「ナンデスト!?」
アーク: 「な、なんだってー!?」
ミネ: 「死んだ?」
ナユカ: そして改造され復活と<PL発言
GM: カルム「重症(HP一桁)で200Mの崖から海に落ちた。探したが見つからなかった。」
フェリン: 「なるほど」

(GM_) とか話してると森の奥深くに
アーク: 「なるほどね~。」
GM: いかにもな感じ120%の古屋敷が
GM: ぱっとみ廃墟です
アーク: 灯は付いてる?
ミネ: 「こちらの様子を伺っていたようですし気をつけて近づきましょう」
ナユカ: ふむふむ
フェリン: ふむ
GM: カルム「妹が捕まっている。ゴロツキ十数人とデカイ蛮族二人と魔法を使うゴブリン・・・・・少なくても居るはずだ」
フェリン: 数多いな~
GM: 灯火は無さそうに見えるけど
ミネ: 人質もやっかいですね
GM: ヨーク見ると 少し二階の窓の影が明るい気がする
ナユカ: ほむほむ
アーク: ふむ・・・
ミネ: 覗きにいけるかな?
GM: で、遠くから馬の声が少し聞こえたような?ちなみに守りの剣の効果外です此処
ノア: 「んー、まずは妹さんを救出かな、捕まっている場所は分かる?」>カルム
GM: 変わってなければ、二階の灯りの部屋だ
ノア: ほぉ・・・
ミネ: スカウト組みで助けにいきますか?
GM: BYカリム
フェリン: つまり強力なのがいるかもということだね
ナユカ: その方がいいかもねぇ
フェリン: まずは救出せねば・・・
アーク: とりあえず救出だな。
ナユカ: 屋敷はどんな感じ?
GM: では調べに行ったでOK? ちなみに馬は街方向から数頭位の気配
GM: 屋敷、二階建てで柵がある。前庭があって小さな庭園がある
GM: で庭面積は10M*30Mくらいで横長
GM: 屋敷も横長二階建てで 15M*30Mくらい
ナユカ: ふむふむ
GM: 構造は左右対称で、正面玄関入るとフロアーになっていて 正面に二階への階段があると推測される。肖像画とかありそうな感じ
ナユカ: 裏口とかアル?
アーク: にょきっと異貌しとこうかな。
GM: 裏はありそうですね使用人用
GM: では相談しつつ隠れてると
ミネ: 馬には気づかれない位置に移動しておきますね
ナユカ: 同じく移動しておこう
アーク: 同じく。
GM: 5名の騎士がやってきて 隊長っぽい赤毛でハンサムな騎士「我が名はラッセル伯爵である!蛮族とつるむ野党どもよ!姑息な手段で我を止めることなどできん!」
フェリン: なんかきたー
アーク: ケニー(父)キター?
ノア: ラッセル伯爵は違うはずだがwww
ミネ: ひきつけてくれている間に助け出せるかな
アーク: その中にいないかなぁと。
ノア: 今のうちに救出しましょうか。
GM: ラッセル伯爵らしい人「速やかに投降せよ!さもなくば我が刃の錆になることになるぞ!」
アーク: そうしようか。
ナユカ: そだねー
フェリン: そうだね、ちょうどいいし今のうちに行こう
ミネ: というか人質に何かあると嫌だし急ぎましょう
GM: ではぞろぞろと雑魚*50人 VS 騎士達の戦ってる隙に あっさり進入成功です
ノア: 50人ってw
フェリン: すごい数だw
アーク: 雑魚多っ!w
GM: カリム「なんか増えてるし!」
ノア: 「なんかってカリムさん、昨日まで居たのでしょうw(突っ込み)」
ミネ: 「情報よりも多いですね。とにかくこのうちに妹さん助けましょう」
ナユカ: 「じゃあ移動移動」
GM: とーくで戦ってる伯爵(?)「たかが1レベル50体で我に勝てると思うなよ!」無双状態
アーク: ww
ナユカ: いじめだw
ノア: ww
フェリン: なんか違うゲームになってるw
GM: カリム「だって他の部屋入ってないから、全部はしらないし」
アーク: ラクシア無双みたいな。
GM: では魔法とか 豆の木とか駆使して、途中で遭遇した1レベル雑魚をなぎ払い
ノア: 新たなゲームですかw>ラクシア無双

(GM_) BOSSの部屋入り口 & 窓側にたどり着いた!
ナユカ: はやw
フェリン: ボスとか言っちゃったーw
アーク: 配置はどうなってるんだ?
GM: ではボスの部屋ですが
GM: 入り口は一箇所で反対側が窓 10M*5Mの部屋で
GM: 本棚やソファーがある。大き目の応接室
フェリン: ふむふむ
GM: 部屋の左側に木製の扉(しまってる)
ミネ: 人質はそこかな?
ナユカ: で、どんな奴がいます?
GM: 多分執務室か何かっぽい感じ
GM: 部屋の隅のソファー。左扉の近くに
ノア: そっちに人質かな>木の扉
GM: 壁に繋がれた、足枷をしたグラスランナー1人。
アーク: 妹か。
ミネ: そこにいましたか、ぱっとみ怪我などしてない?
フェリン: 妹っぽいねえ
GM: あと演出で倒せる雑魚10人が警戒中
GM:
GM: 部屋の真ん中に小柄で派手な衣装の蛮族1人
フェリン: 小柄で 派手?
ノア: ゴブリンシャーマンっぽいなぁ
GM: 人質少女は、無傷、健康、お茶と安物のケーキが出してある
ナユカ: おおう
GM: ソファーにちょこんと座って
アーク: 扱いは普通か。
GM: ソン等の気配に怯えてる
GM: 訂正:戦闘
GM: どうしますか?
アーク: 真ん中のヤツを眠らせて、集まったところを燃やすとか?
ノア: とりあず降伏勧告して、それでもダメならスリープで眠らせるかな、人質いるし
ノア: どうかな>ALL
ミネ: スリープは
ミネ: 単体魔法だから大変なのでは
ミネ: 雑魚は宣言だけで倒せる?
ナユカ: ホーリークレイドルつかおっか?
GM: 遠くの伯爵(戦闘中)「我が娘に手を出そうとは許せん!だが匿名で冒険者に依頼した!あとはお前ら血祭りにしてくれる!」
ナユカ: 依頼主あんたかーw
フェリン: でかいのが2体いるのだったな・・・
ミネ: ゲーム的な処理を教えてくれるとありがたいです>雑魚
GM: 雑魚は「覚悟しろ!」・・・「倒した」その時間1秒!(一体当たり)
ミネ: 了解
ノア: 「隠し子だったのかいww」>遠くの声に反応
GM: 遠くの伯爵「え?誰か呼んだか!?」「馬鹿な2レベル雑魚が伏兵に140体だと!」
ミネ: なら派手な蛮族どうにかすればいいのかな。魔物判定はできますか?
GM: 判定OK
ノア: 2d6+14+1 魔物判定ー
ミネ: ノア -> 2D6+14+1 = [6,3]+14+1 = 24
フェリン: 2d6+9 らいだー
ミネ: フェリン -> 2D6+9 = [2,1]+9 = 12
ミネ: ノアちゃんすごいなw
ノア: やっと良いダイス目が・・・
ナユカ: 2d6+5+1 魔物判定
ミネ: nayuka -> 2D6+5+1 = [1,1]+5+1 = 8
GM: ちなみに範囲魔法で1ターンで倒せます1ゾロ以外で>雑魚10人
ナユカ: がーんw
ミネ: 50点w
ノア: うお、50点だw
フェリン: なーゆーかー
ナユカ: なんて確率だーw
GM: 50点進呈
ナユカ: 毎回1回はやってるぞw
アーク: 2D6+5
ミネ: アーク -> 2D6+5 = [6,2]+5 = 13
フェリン: さて 派手なのの正体はいかに?
ミネ: わかったなら平目は自重しますね
GM: ルルブ3 P228 ゴブリンシャーマンですね 弱点も見抜いた!
ノア: 大丈夫、次のボス戦闘で活躍してくださいw>ナユカ
フェリン: じゃあ1ターンで終わっていいのだね?この戦闘は(ぉ
ナユカ: ゴブシャーか
ミネ: 魔法ダメ+2ですね。弱点
ナユカ: じゃ、殴りに行きましょう
ミネ: ですね。そして人質助けないと
フェリン: まず範囲ですっとばして殴る、それで終わりだ、伏兵いなければ!(ぉ
ノア: 私は鋭い目あるので+4になるはずだけど前衛にまかせますかぁ
GM: では先制判定どうぞ 
フェリン: とまあ先制行こうか
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [2,4]+11 = 17
ミネ: 2d+9
ミネ: ミネ -> 2D+9 = [3,4]+9 = 16
フェリン: 17と出た、今日は出目がさえない
ナユカ: おおうw
GM: ゴブリンは12だから PC側先行ですね
ミネ: よし
GM: さーかもーん
ミネ: フィストで2発撃ち込もう
ミネ: 先に行きますね。MPかからないし
ミネ: OK?
フェリン: さあ、範囲魔法ぶっぱなしてまずはもぶ8体を
ナユカ: あいあい
フェリン: 消し飛ばすんだw
アーク: OK
フェリン: OK
ノア: アークさんどぞー
ミネ: 2d+12 命中
ミネ: ミネ -> 2D+12 = [2,6]+12 = 20
GM: なんでもこいやー
GM: 避けれませんでした
ミネ: r50+17@10
ミネ: ミネ -> Rate50+17@10 = [4,6:13][6,3:12]<クリティカル>+17 = 42
ミネ: 42です
ミネ: もう1発
フェリン: ・・・一撃必殺?
ナユカ: おおうw
アーク: 42・・・
ノア: クリティカルだ・・・
GM: 一撃で気絶・・・・
ミネ: おー
フェリン: 戦闘が終わったなーw
ナユカ: おわったねーw
GM: はやー
アーク: 雑魚を始末して終わりかな?
ノア: あとは雑魚を退治ですかね
フェリン: んでは退治デスな
アーク: ライトニングで何処まで巻き込めるかな?
GM: では雑魚は始末しました。範囲使って1ターンにしますか?
ナユカ: じゃあとりあえず人質の子を開放しますか
ミネ: 「妹さんは無事ですか」扉には気を使いつつ近づこうかな
フェリン: 扉からなんか出てこないか、警戒しておこう
ノア: 了解>GM
ナユカ: そだねー
アーク: 了解です。
GM: では、ファイヤーボール炸裂かな? ライトニングだとルール的に乱戦内だから
GM: ランダム
ミネ: 魔法制御あれば人質は無事でしょうしね
ミネ: ノアちゃんアークさんよろしく
GM: 1d6で4以上な雑魚が対象ですね>ライトニング
アーク: 制御あるんで、対象は自由に選べるかな?
ミネ: 発動判定とMP消費だけでOK?>GM
GM: 魔法で判定1ゾロ以外で、最大対象数たおせますよ~かもーん
GM: 自由ですね>対象
GM: OK
アーク: んじゃ判定
アーク: 2D6+12
ミネ: アーク -> 2D6+12 = [1,3]+12 = 16
ノア: 2d6+12 行使判定(ファイヤーボール)
ミネ: ノア -> 2D6+12 = [1,2]+12 = 15
アーク: ・・・こわー
GM: 何撃ちました?むしろ何対当たる?w
ノア: あぶなw
アーク: ファイアボールで。
GM: てか2回ならなんでも全滅ですね
ミネ: 今日は3が多いですねw
アーク: ですねぇ。
ミネ: では妹さんを保護しよう
GM: では一掃しました!で奥の部屋から「伏兵か!」って声がして二人のゴツイバンゾクが出てくる。 妹さんは保護できた
ナユカ: お、ボスだな
フェリン: ごついのが2体と
GM: 蛮族一種類が2体。魔物判定可能
フェリン: 「ん、なんか出てきたねー」
アーク: アークは部屋に入ったってコトでいいかな?
GM: いいよー
ミネ: 「カルムくんは妹さんつれて下がって・・」
フェリン: 2d6+9 ライダー魔物判定
ミネ: フェリン -> 2D6+9 = [1,5]+9 = 15
GM: カリム「ああ任せろ!そのつもりだ」戦闘範囲外に後退
アーク: 2D6+5
ミネ: アーク -> 2D6+5 = [1,4]+5 = 10
フェリン: ・・・今日、1度も7より上の目が出ない
アーク: どうしようも無いぜ。
ミネ: ノアちゃん頼みます
ノア: 2d6+14+1 魔物判定(ダイス目よ、我に奇跡をw
ミネ: ノア -> 2D6+14+1 = [5,3]+14+1 = 23
GM: 今のところ分かったけど、弱点は不明
GM:
ミネ: 23きたー
ナユカ: 2d6+5+1
ミネ: nayuka -> 2D6+5+1 = [6,2]+5+1 = 14
フェリン: さすがセージ9w
ナユカ: おおうw
GM: 「その者は偉大なるマナマスターノア、かの者は何でも知っている」
アーク: ノアさんすげぇw
ノア: なんとか体面を保ったw
フェリン: 正体と弱点を教えたまえw
GM: ルルブ2 P237 ダークトロール2体
GM: 弱点:魔法ダメージ+2
ナユカ: ほほう
ノア: 神聖魔法まで使う奴か
フェリン: ダーク君が2体か
ミネ: 先制14か
アーク: ダークが二体かぁ。
フェリン: 先制は...とって見せるさ
GM: ではBOSS戦行きましょうか!泣いても笑っても時間オーバーしまくっても、これが最後!!
フェリン: 2d6+11 先制判定のようだ
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [4,4]+11 = 19
GM: 先制どうぞ
ミネ: 2d+9
ミネ: ミネ -> 2D+9 = [4,6]+9 = 19
フェリン: ということで19 ようやくきたZE
ミネ: とれましたね
GM: PC側先制
ナユカ: おおう
GM: ダークトロールの配置は
GM: 奥の部屋の扉付近1体 部屋の中央まで出て来たのが一体
GM: 別の乱戦になります。
ノア: 巻き込みは不可ね
ナユカ: ふむ
フェリン: ふむ
ミネ: 賢い場所取りだ
GM: 乱戦は別、中間に撃ち込めば範囲魔法は可能そう
ナユカ: じゃあ、行きますか
ミネ: 先に魔法どうぞ
フェリン: ん、魔法チーム先どうぞ―
GM: PC配置は 部屋の中で自由にどうぞ
アーク: アークは窓際で。
ナユカ: じゃあ前衛
フェリン: 前衛で行くしかなかろう
ミネ: 後衛
ナユカ: 中央に出てきたのを迎撃するか
フェリン: キルヒア最終兵器がかかれば多分1キル行けると思う 1体は
ナユカ: 最終兵器て
フェリン: 無論うぃーくさw
ノア: ん、じゃあ私はパラライズを敵2体に行使しましょうか?w
GM: ちなみに夜の室内なので「弱体化」は発動してないです。剣の欠片の個数は不明
ナユカ: まあ言ってみようか、あの魔法も
ナユカ: じゃ、魔法組どぞー
アーク: んじゃ、向こうに居る三人にカンタマかな。ノアさんは要る?
ノア: 私は後衛だからOK
ノア: 多分ナントカナル
アーク: んじゃ、カンタマを向こうに飛ばします。ジャベリンは次のターンで。
アーク: 2D6+6
ミネ: アーク -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
フェリン: おお、奇跡じゃ!
ナユカ: おおう
フェリン: ボス戦で支援魔法が成功するなんて!
アーク: ww
GM: 発動成功!カンタマは フェリン ナルカ ミネだっけ?
アーク: そうです。
ナユカ: はいはい
GM: 了解 次どうぞ~
GM: 訂正:ナユカ
ノア: あい、じゃあパラライズ、 回避ー2でいいかしら?
ミネ: いい感じかと
フェリン: ん、OK
ノア: 2d6+12+1 パラライズ×2 補助で魔法拡大/数を宣言
ミネ: ノア -> 2D6+12+1 = [2,1]+12+1 = 16
フェリン: おーいw
ノア:
GM: 二体とも抵抗成功
ノア: 抵抗されたーw
ミネ: おしい
ナユカ: おおうw
アーク: ・・・ファンブルのほうがよかったようなw
ナユカ: 魔法組終わり?
ノア: どうせなら1ゾロ・・・
フェリン: おわりだね
ノア: orz
ナユカ: じゃ、ナユカ行きます
アーク: 終わりです。
ミネ: では中央に射撃2発
フェリン: よし、ナユカ・・・1キル作戦開始だw(まてぃ
GM: カモーン
ミネ: ナユカちゃん先でもいいですよ
ナユカ: 補助動作でエンハンス、魔晶石3点2個使用、キャッツアイとビートルスキン
ナユカ: そんで目の前のダークトロールに近づき、マルチアクション
ミネ: れんぎはMPでよろしくです
ナユカ: あれ、そだっけ
ノア: うむ>れんぎ
GM: ですね>錬技
ナユカ: じゃMP消費っと
GM: 命中かもん
ナユカ: ウィークポイントを3点魔晶石1個とMP1消費で始動
ナユカ: 2d6+12 行為判定
ミネ: ナユカ -> 2D6+12 = [2,4]+12 = 18
GM: ダイスは振らないので、カモーン
フェリン: おっけぃ
ミネ: 3m以上距離あるならマルチより魔力撃がいいかも
ナユカ: よっしゃぁ
ミネ: 魔法使えないから
ナユカ: じゃあ殴る!!
GM: HIT!ダメージこい!
ノア: ドキドキ
ナユカ: ・・・・・・・・・・・何mはなれてるとか聞いてなかったな、そいや
ナユカ: 問題ない?GM
GM: 部屋の大きさ的に制限移動でも可とします」
ナユカ: じゃあ殴る
ミネ: よかった
ミネ: まわれー
ナユカ: 2d6+11+1 殴り
ナユカ: 2d6+11+1
ミネ: ナユカ -> 2D6+11+1 = [5,4]+11+1 = 21
ナユカ: よっしゃ
ミネ: まわれー
GM: 21-9
ナユカ: sw13+11@8
ミネ: ナユカ -> Rate13+11@8 = [2,3:3]+11 = 14
ナユカ: ちw
ミネ: もう1回ある
GM: でトロールAHPダメージ あ14点か
ナユカ: 2d6+11+1 追撃
ミネ: ナユカ -> 2D6+11+1 = [3,4]+11+1 = 19
GM: 少しいたい
ナユカ: r13+11@8
GM: HIT
ナユカ: sw13+11@8
ミネ: ナユカ -> Rate13+11@8 = [3,4:4]+11 = 15
ミネ: おしい
ナユカ: ぬぬぬw
GM: また少しいたい
フェリン: 回らないねえ
ナユカ: よしファリンいったれ
ミネ: フェリンちゃん先に攻撃します?
フェリン: OK
ナユカ: 道は造った、あとは駆け抜けろ
ノア: ガンバー
GM: フェンサーがいっぱいw
フェリン: さくっといくさー
フェリン: てな訳で中央のダーク君に接近&攻撃いきまする
フェリン: 2d6+11 まず1回目
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [1,6]+11 = 18
GM: HIT
フェリン: r17+15@8
ミネ: フェリン -> Rate17+15@8 = [4,4:5][3,6:6][2,5:5]<クリティカル>+15 = 31
ミネ: まわれー
ミネ: おおー
ナユカ: まわったーw
GM: いてー
フェリン: 2回目!
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [1,4]+11 = 16
ノア:
GM: 16丁度は回避だっけ?
フェリン: ち同値回避か
ミネ: ですね
フェリン: まだまだ!!
ナユカ: 防御側有利だね
GM: よけたー
フェリン: ファスト!
ミネ: フィスト分
フェリン: 3回目!
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [1,2]+11 = 14
ナユカ: おおいw
ミネ: げっw
フェリン: 4回目・・・・
GM: 避けたw
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [2,5]+11 = 18
GM: あたったー
ナユカ: おおう
フェリン: r17+15@8
ミネ: フェリン -> Rate17+15@8 = [4,1:3]+15 = 18
フェリン: はっはっはw今日はだめだめだw
GM: 痛いけど、まだまだー
ミネ: ならミネ2連発で中央に
ミネ: 補助でキャッツアイ(MPから3点)、ターゲットサイト(MPから1点、魔晶石から2点使用)
ミネ: 2d+12+2 命中
ミネ: ミネ -> 2D+12+2 = [3,4]+12+2 = 21
ミネ: あたり
ミネ: r50+17@9
ミネ: ミネ -> Rate50+17@9 = [3,1:6]+17 = 23
ノア: 回れー
ミネ: 2d+12+2 命中
ミネ: ミネ -> 2D+12+2 = [1,3]+12+2 = 18
ミネ: r50+17@10
ミネ: ミネ -> Rate50+17@10 = [4,2:10]+17 = 27
ミネ: 23と27です
ノア: 回らなかったが、ダメージでかいな
フェリン: たおれては
ナユカ: でかいねぇ
フェリン: くれなそうだなあ
ミネ: 魔法がくるかな
ミネ: こちら終了です
GM: トロールA「フム・・・中々やるな冒険者ども!血が騒ぐワイ!」・・・・・・・・・・気絶
ミネ: あれ
ナユカ: 気絶って!!
GM: がんばれトロールB!!!!
ノア: 仁王立ちして気絶かw
フェリン: えw
アーク: 仁王立ちかぁ。
ミネ: 弁慶だw
アーク: ビジュアルは丁度いいかもw
ミネ: 矢で死んだしね
ミネ: Bですね
ナユカ: しんではいないな、気絶いうたし
フェリン: さて、サクサク行こうじゃあないかwB
ナユカ: あと行動してないのは誰かな
アーク: つまりはアウェイクンで起きるのかな?
GM: 移動接近対象はアルに乱戦宣言、魔力撃!
GM: アークね
アーク: OK。
ミネ: そちらにきたか
アーク: 平目で一応振るか。
アーク: 2d6
ミネ: アーク -> 2D6 = [6,6] = 12
ミネ: おーw
GM: あ・・・・・・・・・・
アーク: 避けたw
GM: 回避された!!!!
ナユカ: おおう
ノア: 6ゾロww
ミネ: 奇跡だw
フェリン: 避けたなあw
GM: プレイヤーターン
ナユカ: よし、こっちの行動だ
GM: やばい!避けれん!抵抗できん!
ナユカ: 先にウィークかけよっか?みんな
アーク: ああ、茨のローブのダメージは入るのかな
フェリン: そだねー
GM: (魔力撃で-1)
ミネ: ある意味カウンターw
GM: はいるねー 2dどうぞ
アーク: 2d6
ミネ: アーク -> 2D6 = [2,3] = 5
GM: 5点負傷
ミネ: さされにいったようなものだw
アーク: ww
ミネ: こちらかな?
ナユカ: じゃ、先にウィークかけに行こう、制限で届く?
GM: まさかの展開だw
GM: とどくよ~>制限
ミネ: 乱戦発生してるしいけそう
ナユカ: じゃ、制限移動でbに接近
ナユカ: マルチアクションウィークポイント行きます
ナユカ: 2d6+12
ミネ: ナユカ -> 2D6+12 = [1,3]+12 = 16
ナユカ:
フェリン: だめだったか
GM: 抵抗!
ミネ: おしい
アーク: ダメだったね。
ナユカ: 済まんな、じゃ、殴ります
ナユカ: 2d6+11+1
ミネ: ナユカ -> 2D6+11+1 = [2,4]+11+1 = 18
GM: HITです
ナユカ: sw13+11@9
ミネ: ナユカ -> Rate13+11@9 = [5,2:4]+11 = 15
GM: 負傷したー
ナユカ: 2d6+11+1 追撃
ミネ: ナユカ -> 2D6+11+1 = [1,4]+11+1 = 17
GM: HIT
ナユカ: sw13+11@9
ミネ: ナユカ -> Rate13+11@9 = [2,4:3]+11 = 14
ミネ: 魔法組さんどうぞー
ナユカ: 行動終了、さ、みんなガンバw
フェリン: どぞー
アーク: んじゃお待ちかねのジャベリンで。
ノア: アークさん反撃だw
GM: どんどん削られていくぜ!魔法かもーん
アーク: 2D6+12
ミネ: アーク -> 2D6+12 = [3,5]+12 = 20
ミネ: 通った
GM: 抵抗失敗
ミネ: まわれー
アーク: sw40+12+1@10
ミネ: アーク -> Rate40+12+1@10 = [2,4:7]+12+1 = 20
アーク: ちぃ
ナユカ: おおう
ミネ: でも痛いはず
GM: 弱点込み22点ですね
ノア: まだ倒れないかぁ
ノア: じゃ、2番 ブラストしてみる
GM: 流石にまだですね
ノア: 2d+12+1 行使判定(ブラスト)
ミネ: ノア -> 2D+12+1 = [5,2]+12+1 = 20
ミネ: とおった
GM: 抵抗失敗
ミネ: まわれー
ノア: r30+12+1+2+2@10 まわれーw
ミネ: ノア -> Rate30+12+1+2+2@10 = [5,3:8]+12+1+2+2 = 25
GM: まだだー
ノア: 弱点込みで25ダメージ
ミネ: まだ生きてます?
ミネ: そうか
フェリン: まだ耐えるか・・・
ミネ: フェリンちゃん先に行きますか?
GM: あ込みか でもまで立ってる
フェリン: ん、とどめもらいますか
ナユカ: おおう
ノア: がんばー
フェリン: てな訳で接近攻撃!
GM: かもーん
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [5,3]+11 = 19
GM: HIT
フェリン: r17+15@9
ミネ: フェリン -> Rate17+15@9 = [2,1:1]+15 = 16
フェリン: 2d6+11
ミネ: フェリン -> 2D6+11 = [5,1]+11 = 17
GM: 気絶しました
ミネ: おー
フェリン: なんだってーw
ナユカ: 戦闘終わったー
GM: あとHP3でしたw
フェリン: そこまで減ってるとは・・・
ミネ: 魔法ダメはいたいですからね
ノア: そうだったんだw
GM: うわーんPC無傷だーw
ミネ: 大丈夫MPが減ってる
ナユカ: MP一杯残ってるぜー
GM: 直通+弱点+2ですしね
アーク: MP半分くらい減ったなぁ。
ノア: MPは半分ぐらいになりましたなw
GM: では戦闘終了
ミネ: 「正義完了!」決め台詞ということでw
ナユカ: さて、表はどうなったかな
フェリン: 「表は・・・っと」
ミネ: にーさんもどこにいったのかな?
アーク: 完璧に忘れてたなぁ。にーさん何処行ったんだ?
GM: トロールB「フン!!人質だの脅迫だの姑息な真似はすかんかったからな!最後に貴様らの様な兵と誠心誠意!徹頭徹尾戦えたのなら!それもまた一驚!!」と落雷のような叫びを上げて気絶
GM:
GM: 窓から矢が飛来する
ナユカ: ちょw
ミネ: えw
ノア:
GM: トロールA&B止めを刺されて絶命・・・
アーク: ブリンクやっときゃよかったか・・・
ミネ: 私たちがいることしらないのか
フェリン: まだ何かいるのかw!
GM: 庭の木からの狙撃のようだ
アーク: 狙撃かぁ。
フェリン: そいやいたね...狙撃種
ミネ: 「にーさんか・・」
アーク: 「にーさんだろうなぁ。」
GM: 下ではいつの間にかエルゼが伯爵を援護し雑魚掃討作戦が終焉に向かいつつある
ミネ: 余計なことをしゃべられたくなかったとも解釈できるw
ノア: 何気にエルゼ大活躍?
ミネ: キャラたってきたなー
アーク: それは思ったw>余計なこと
ナユカ: おおう
GM: 範囲攻撃できない騎士立ちを キアウーンズで支援してました
ミネ: 合流しますかね
GM: じゃあ合流で
ノア: 了解
フェリン: 了解だ
ナユカ: あ、グララン兄妹度する?
アーク: 了解です。
GM: 木にたちは 残ったMPで雑魚を蹴散らしカッコ良く合流した!!
GM: 訂正:君たち
GM: グララン兄弟は
ミネ: エレナちゃんに判断してもらいますか、被害者だし
ナユカ: 祖だねぇ、一応協力者って事ではなしとこう
GM: カリム「正直助けられた。感謝の言葉もない・・・・勿論謝罪し罪を償う」
ナユカ: <表の人らには
ミネ: 「エレナちゃんも兄弟いるみたいだし、わかってもらえると思うよ」
ノア: そうだね、私はそれで異議なし
アーク: エレナ嬢の采配に任せましょうか。
フェリン: ん、そだねー
ナユカ: 異議無し
GM: 妹「そんな・・・・お兄ちゃんは私が捕まったら・・・以下略」
GM: では合流して街に帰還し
GM: (間は省略)
GM: エンディングいきまーす OK?
アーク: OK~
フェリン: OK
ノア: OK
ミネ: OKです
ナユカ: OKですー

(GM_) 君たちは翌日 ラッセル伯爵の屋敷に招待され、改めてお礼と感謝の意を伝えられ、歓待を受けています。
ナユカ: はいはい
ミネ: サポート組みもいていいのかな?
GM: ラッセル「ありがとう冒険者諸君。君たちのおかげで全てが上手くいった。民たちも守れ!我が妻子も守れた!賞賛の言葉もないほどだ!」
GM: 呼ばれてるよー>サポート組み
ミネ: よかった
ノア: んー、冒険者の宿屋で使い間の猫と一緒にニンジンでも齧ってるかな?
ノア: ぉぉぅ
GM: ブラちゃんが一部始終報告した
ミネ: 「事情は察しているのですが、お二人と一緒には住めないのですか?」
ミネ: 「またこのようなことがあると・・」
アーク: (・・・正直なところ最後のほうはケニーを護衛してなかったけど結果オーライかな)
ミネ: そうそう
ナユカ: ふむふむ
ノア: (・・・んー、一応使い間はずっと張り付いてたしOKでは?)
フェリン: ふむ
アーク: (まぁ、OKか。最終的に生きてるからいいよね?w)
GM: ラッセル「残念ながら事は公にはできんのだ。一族に反対されているし、妻には仕事もあるし、足の事は知っているだろう?駆け落ちも出来んし、私には民を守る義務もある、勿論妻子含めてな」
ナユカ: ふむふむ
ミネ: 「ヘンリエッタさんもいまの生活をくずしたくないということかな(小さな声で)」
ミネ: 幸せそうな姿見てるし納得しよう
GM: ラッセル「私に出来るのは、月に2~3回お忍びで会いに行く事位だが、こんな不甲斐無い私を、妻もケニーも愛してくれている。私に出来るのは妻子に尊敬されるような騎士でいることだけさ」苦笑
アーク: 「愛か~・・・」と、思い出したように考え込んでみる。
ミネ: 「アークさんはトランプが恋人って感じですからね。そういう私は正義がともだちですがw」
ノア: 「んー、ケイニーちゃんも認めてるのなら特にこれ以上いう事もないかなぁ」
ナユカ: 「ですねぇ」
フェリン: 「そうだね」
GM: ラッセル「本当なら君たちにも、聖十字騎士賞を送りたいくらいだが、内密である以上それもできない。報酬には色を付けさせてもらう、それと今夜はちょっとした宴を開くこととする。是非歓迎させてはくれまいか?」
ミネ: 「それなら甘い弾丸亭で開くのはどうでしょう。ご家族にもあえるのでは?」
GM: ラッセル「そうだ彼も呼ぼう」と言って手を叩くと、使用人の服を着たグララン兄弟が
ミネ: じつはまだケイニーちゃんにも会ってないし
GM: 「それは良い考えだ。では早速甘い弾丸亭に話を付けよう」
ミネ: 「仕えることになったの?」うれしそうにかけよろう
ナユカ: おお、就職したかw
ミネ: 「妹さんに心配かけたら成敗しますよ」w
GM: カリム「エレナさんに言われたんだ。「気にしてませんよ。妹さんが無事でよかったね」ってな」
ミネ: さすがわれらがエレナさんだw
ノア: 「そういやエレナはもう大丈夫なのかな」
GM: カリム「それじゃあ俺の気がすまない!って土下座する俺に何て言ったと思う?」
GM: エレナはラッセルが手配したマギテックに修理中
ミネ: 「?なんてエレナさんいったの?」
ノア: 「「これからも妹を大切にしてあげてください」とか?」
GM: 8割がた回復して、2~3日で回復するそうです
アーク: 「なんていったんだ?」
ノア: ぉー、それは良かった。>エレナ
GM: カリム「罪と言うものには形なんてないんですよ。だから貴方の力を持たざる者を守るために使いなさい」だってさ。あの時は男泣きしたね。追伸エルザも泣いた
ミネ: エルザもいたのかwいいやつなんじゃないw
フェリン: いたのかw
ノア: 付き添ってたのね
ナユカ: いたのか
アーク: エルザもいたのか~
GM: エレナ「主人様の受け売りですけどねw」と微笑むエレナに エルゼ「参ったわね。恥ずかしいところ見せちゃった。本当の聖女は貴女かもね」涙を拭きつつt
GM: てな感じでめでたしめでたしです。ありがとうございましたー
ミネ: おつかれさまでした
GM: グリム「・・・・・・・・・・さて次の・・・・・・・・・・」
GM: 遅くまで参加下さりありがとうございました。

(GM_) 経験点その他は、後日BBSに書き込みますね。
ミネ: 戦利品とかけらはふりますか
ナユカ: はいさー
フェリン: ん、そだねー
ノア: 了解、お疲れ様でした>ALL
GM: そうだねー ちなみに欠片は0個です
ノア: Σ( ̄□ ̄|||
GM: 戦利品ダイスどうぞー
ナユカ: 欠片無しかw
アーク: 欠片無し、そんな日があってもいいじゃないw
ミネ: 戦利品+2のかたは私とフェリンちゃんかな?
GM: トロールA&B ゴブリンシャーマンですね
フェリン: ああ、私は1だー
ノア: ぉー、じゃあお願い
フェリン: 戦利品
ミネ: ならミネだけか
ミネ: 2d+2 A
ミネ: ミネ -> 2D+2 = [1,5]+2 = 8
ミネ: 2d+2 B
ミネ: ミネ -> 2D+2 = [3,2]+2 = 7
ミネ: e-
ミネ: 2d+2 シャーマン
ミネ: ミネ -> 2D+2 = [1,5]+2 = 8
ナユカ: おおう
ミネ: 1d
ミネ: ミネ -> 1D = [4] = 4
ミネ: 1d
ミネ: ミネ -> 1D = [3] = 3
GM: トロールA&Bは 宝石1200G&900Gですね
ミネ: 1d
ミネ: ミネ -> 1D = [6] = 6
ミネ: 900G
ミネ: 3000G
ノア: ぉー
GM: ゴブリンシャーマンは宝石900Gで
ミネ: ひとり600か
ナユカ: だねぇ
GM: ダークトロールの自動の「トロールの血100G」*2もか
ナユカ: 戦利品も終わったし、
ミネ: それもありましたね
ミネ: 640だ
ナユカ: そろそろおいとまいたしますわ、眠りそ
ミネ: おつかれさまです
アーク: お疲れ様です~
フェリン: ん、おわりましたねー 私ももうダメダ・・・
ミネ: ではGMさん掲示板に情報よろしくです
フェリン: おつかれさまなのです
GM: では最終報酬は BBSで 経験点も
ミネ: 了解です
ナユカ: お疲れ様でした、楽しかったです~
ナユカ: ではーノ
フェリン: であー
GM: お疲れ様でした ありがとー
ミネ: おやすみなさい
フェリン: 成長だけ振って寝よう
GM: お休みなさい 良い夜を

2011年7月 3日 19:47