トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ ソードワールド2.0 第19話「今宵、白馬に乗って」

ソードワールド2.0 第19話「今宵、白馬に乗って」

「今宵、白馬に乗って」

ちょっとした冒険から無事に帰還し「紅蓮の炎」で祝杯を挙げた冒険者達。
勢いに任せて、他の冒険者も巻き込んで夜を徹して酒盛りが繰り広げられた。
翌朝、二日酔いの頭痛に悩まされる冒険者達に店の主人が声をかける。

グレン
「今日は暇なんだろ?じゃあ依頼を受けないか?」
「依頼というか、俺の個人的な頼みなんだがな。小犬の散歩亭って食堂知ってるだろ?あそこの看板娘を元気付けてやって欲しいんだよ・・・」
「上手くいったら、昨夜の飲み代は俺のオゴリにしてやる。どうだ?」

死と隣り合わせの冒険者稼業。その束の間に訪れた、小さな小さな依頼。
冒険者達は少女の笑顔を取り戻すことが出来るのか?

開催日:2009年1月3日

GM:秋芳さん

秋芳さんのブログのリプレイです。あわせてご覧ください。

 

GM:では、第19回セッションを始めたいと思います。
レオン:お願いします
エルダイト:よろしくお願いします~
シドー:ォー(パチパチ
シェロ:ぱちぱち
エルダイト:拍手~♪
GM:先の小麦防衛戦から1週間ほど経ったある日。ちょっとした冒険から帰還した冒険者達は紅蓮の炎亭で祝杯を挙げました。
シドー:「(O_△_)Oおういえ~(酔っ払い中)」
レオン:「無事に帰ってきた祝いだ。飲みすぎてもうちのやつも何も言わないだろうさ」ゴクゴク
GM:が、勢いに乗って夜通しの宴会に発展。冒険に言ってない冒険者も巻き込んで朝まで宴会。
GM:言ってない→行ってない
レオン:「おっなんだお前新入りか?」お酒薦めてまわる
シドー:大宴会が催された?
GM:ええ、大宴会でしたね。無理やりw 翌朝、床やテーブルには死屍累々のマグロ状態です。
シェロ:なんという大惨事w
エルダイト:いつの間にか混ざって騒いでます!
GM:翌朝、軽い頭痛をこらえつつ、主人のグレンさんが声をかけてきます。
シドー:「(O_▽_)Oぉ、お"ヴいぇえ"~(ドワーフなのでまだ飲んでる)」
エルダイト:「それは、空飛ぶ鮫の卵だったんだよ!あいつは今でも何処か高い空を飛んでるのさ!」昔話に花を咲かせつつ
GM:グレン「あー、今日暇なヤツいるか?冒険じゃなくてちょっと頼みたいことがあるんだが・・」
レオン:「いちおう今日は非番だが、どんな話だ?」
シェロ:「ん~?暇デスよ~」
エルダイト:「うん!僕暇だよ!まだ喋り足りないくらいさ!」(酔って足元フラフラ)
シドー:「んんー?」(酒樽を抱えながらそっちを向くw)
GM:冒険者「うっぷ。今日はムリ・・・」 冒険者「うーん、後5分寝かせて」 冒険者「もう酒はやめよう・・・絶対にやめよう・・・」という中、
GM:名乗りを上げたのが、あなたたち4人です。(自己紹介をどうぞ)
シドー:「これでも神官戦士の端くれじゃ、困りごとなら請け負うぞぃ?」
エルダイト:両親と一緒に探検した「百岐路の迷宮の空飛ぶサメの卵」は、
エルダイト:冒険者や探検家なら聞いたことがあるかもしれない?
エルダイト:「僕の名前はエルダイト・クロース!
シドー:「名はシドーじゃ」(と言いながらグビグビエールを飲んでる)
レオン:「おっ始めてみる顔もあるな。俺はレオン、ザイアの神官戦士だ。いつもは神殿勤めなんだが非番のときは冒険者稼業もしてるってわけさ」
エルダイト:伝説の卵を捜し求めるトレジャーハンターやってるんだ!よろしくね!」元気一杯
GM:グレン「まぁ、依頼というか、個人的な頼み事なんだが・・・「小犬の散歩亭」の看板娘「アニー」を知ってるか?
レオン:「伝説の卵とは豪気な話だな」頭をぽんぽんとなでる
シェロ:「私はシェロデスよー妖精魔法使いデス、妖精姫さんに会って見たくて冒険者やってるデスよ」
シェロ:タマゴというとあの電子レンジに入れると爆発する
レオン:「小犬の散歩亭」のことは知っていていいですか?
エルダイト:「うん!そうなんだよ~!でもね。伝説って言うから凄いんだよ!だから僕も修行中なんだ!」撫でられて嬉しそう
GM:アニーを知ってるかどうかは、「冒険者レベル+知力ボーナス」で判定してください。ボーナスという単語は今後省略します。
レオン:了解
シドー:「ぉぉぅ、同業者が居らしたか。・・・神殿では一度ぐらいあっていたかの?」(と言って挨拶代わりにエールを渡そうとする)
シェロ:了承
シドー:了解
GM:冒険者技能扱いですので、みなさんどうぞ。
レオン:2d+9
エルダイト:了解
シドー:Leon -> 2D+9 = [4,1]+9 = 14
シェロ:2d6+7+4
シドー:syero -> 2D6+7+4 = [6,3]+7+4 = 20
レオン:14です
シドー:2d+7+2
シドー:シドー -> 2D+7+2 = [6,5]+7+2 = 20
エルダイト:2d6+9
シドー:erudaito -> 2D6+9 = [5,4]+9 = 18
シェロ:20、ですわー
シドー:20だ(なんか高いw
GM:一般住民向けの食堂ですが、アニーは評判の娘ですねで、皆さん知っているようです。
エルダイト:18
エルダイト:です
シドー:歳はどれくらい?
GM:長い亜麻色の髪がよく似合う、可愛い系で働き者の少女です。16歳くらいで、ファン多し。
レオン:「たまに昼飯とかやっかいになってるよ。あの娘がどうかしたのか?」
レオン:人間ですよねw
GM:グレン「アニーが飼っていた犬が、最近、酷い死に方をしてなぁ・・・落ち込んでる彼女を元気付けてやりたいんだよ」 アニーは人間です。
シェロ:ニュース風にいえば人間のようなもの
シェロ:ふむ
レオン:「その話は知らなかったな・・・小腹もすいたころだし顔出してみるか」
エルダイト:「アニーちゃんとこの犬君死んじゃった?いい子だったのに」ぐすん
シドー:「ふむ、酷い死に方?」
GM:グレン「あぁ、ジョンって犬だったんだが、夜のうちに鋭い刃物で切り殺されたらしい。惨い話だよな」
エルダイト:「なんて酷いだ!可哀想だよ><」
レオン:「ひどい話だ。犯人はつかまってないのか?」
シェロ:「デスねー・・・犯人はまだ?」
GM:グレン「ああ、まだだ。なにせ犬のことだしな、衛士も熱心に動いてはくれないようだ」
GM:グレン「何とか、元気付けてやってくれないか。様子見てくるだけでもさ。依頼料という訳じゃないが、昨晩の飲み代は俺が奢るから」
エルダイト:「なんて薄情なんだ!僕達でアニーちゃんを励まして!悪いやつもやっつけちゃおうよ!」
レオン:「飲み代は別に構わないが、アニーのことも気になるし顔出してみるよ」
シドー:「なるほど、そういうことなら了解した。・・・が元気付けるにしても具体的にどうするかのぅ(思案中)」
シドー:あー、ちなみに昨晩の飲み代はお幾らにw?>GM
シェロ:「ん、了解デスよー。元気付ける・・・デスかー」
エルダイト:「やっぱり女の子には、お花と人参を持って挨拶に行こうよ」
GM:グレン「何、こんだけ珍妙な連中が行けば、何はなくても笑っちまうんじゃねぇか」 と力ない笑い
シドー:「にんじんはタビット種限定のプレゼントではw」>エルダイト
レオン:「そうだな店にでも飾ってくれといって花でも買っていこうか。エルお前気が利くな」
レオン:ではキャロちゃんあたりが店番してそうなレフィアノさんの花屋で花かっていこう
エルダイト:「えへへ、そうかな?・・・人参は自分用にしとくよ~」
シドー:では移動しますかね?
レオン:いきますか
エルダイト:いくですね~
シェロ:「それじゃいくデスよー」

GM:ではレオンに連れられて、レフィアノの花屋に行きましょう。
レオン:「といってもうちのやつにも花買ったことがないからな・・・どんな花がいいかみんなわかるか?」
GM:レフィアノはちょっと特殊な人物なので、その素性を知っているか、「冒険者+知力」で判定してみてください。
シェロ:2d6+7+4
シドー:syero -> 2D6+7+4 = [4,5]+7+4 = 20
レオン:2d+9
シドー:2d+7+2
シドー:シドー -> 2D+7+2 = [3,5]+7+2 = 17
エルダイト:「こんにっちはー!!可愛い花束下さいな~!!」
シドー:Leon -> 2D+9 = [4,2]+9 = 15
GM:(過去のシナリオでその素性を知っているキャラは、もちろん知っています)
レオン:15です
シドー:17デシタ
エルダイト:2d6+9
シドー:erudaito -> 2D6+9 = [1,6]+9 = 16
シェロ:20ですわ
エルダイト:16です
レオン:キャロちゃんと冒険したことあるし知ってるかも
GM:達成値17以上の方は、彼女が花屋の裏で情報屋を営んでいることを知っています。
シドー:ふむ、なら一度くらいそっちの方で依頼したことがあるかもな。
GM:そして、達成値20以上の方は、彼女がラミアであることを知っています(正確にはラミアと人間のハーフ)
シドー:じゃ、だめだw
シェロ:おー・・・情報聞いたことがあるのかもしれない
レオン:ついでに情報収集できたりするかな?ジョンのこととか
エルダイト:全然しらないですね~「わーい良い匂いがする~お花!お花~♪」(何時も元気一杯です。ちょっと騒がしいかも)
GM:(自キャラがどの程度、素性を知っているかを込みでロールプレイをよろしくー)
レオン:どうしましょうか以前のシナリオで守りの剣強化されてますよね
レオン:本人でなくキャロちゃんがいることにしましょうか
シェロ:「お久しぶりデスよー」
GM:レフィアノ「いらっしゃい。あら大勢で・・・グレンのところの冒険者さんね?花がお入用かしら?」(守りの剣問題、対策済みです)
シドー:じゃあ花を眺めながら、聞いてみようかね。
レオン:「若い女の子に贈りたいんだが、いい感じに見繕ってくれるかい?」
エルダイト:「こんにちはー。落ち込んでる女の子にプレゼントするんだよ!」
GM:レフィアノ「あら。強面の神官戦士さんも隅に置けないわねー彼女は綺麗な方?それとも可愛い方?」とか言いながら花束を作ります。
シドー:「アニーと言う子なんだが、最近なにやら落ち込んでいるらしくてな」
レオン:「どちらかというとかわいいほうかな・・・知ってるだろアニーに贈りたいんだ」
レオン:「最近いろいろあって落ち込んでるときいたんでね」
GM:レフィアノ「ああ、小犬の散歩亭のアニーね。可愛そうなことだわよね。・・・ドワーフさんもファンだったとは知らなかったわ」
エルダイト:「アニーちゃんは。お店の太陽だからね!アニーちゃんが元気じゃないとご飯も美味しくないんだよ!みんなが元気じゃなくっちゃ!」
シドー:「ああ、ヴィッセンに着て最初の頃に世話になった事があってな。」
シェロ:「そうデスねー」
レオン:達成値が届いてないので他の方情報収集ロールプレイよろしくですw
シェロ:っくw
シェロ:情報屋のあれを使用しろとイウコトダね・・・
シェロ:ええと何だったっけ合言葉・・・
GM:あ、まぁ、そこまで行かなくても。情報屋のほうに用事があるとかいえばオーケーで。
シドー:「・・・それで、その子の飼っていた子犬の事件については何か情報を知っていたりはしないかね?」ちょっと小声で聞いてみますヨ。
レオン:「これも綺麗だな」気づかないw
エルダイト:「これ奇麗だねー」レオンさんと一緒に見てる
シドー:合言葉アッタノカw
GM:レフィアノ「あら?お花じゃなくて情報が欲しいってことなのかしら・・・そうねぇ・・・」
シェロ:「そうデスねーソレ聞いておきたかったんデス」小声と
GM:(ここでSUZYさんが合流しましょうか)
シドー:(了解
シルフィア:(了
GM:(合流台詞をよろしく>SUZYさん)
エルダイト:(了解です~)
シェロ:(了承
シルフィア:「あら、あなたがたもここに用があったのですか」
レオン:「おっシルフィア嬢ちゃん。ちょうどいいところにきたな」
エルダイト:「こんにちはー!僕
シドー:「ぉー、シルフィア殿か。お久しぶり」
レオン:「若い子が喜びそうな花ってどれだい?」
エルダイト:エルダイトって言うんだ。よろしくね」
シェロ:「お久しぶりなのデスよー」
GM:かくかくしかじかでグレンの依頼を説明・・・シルフィアも同行することになりました。ってことで
レオン:了解
シルフィア:(了解
シェロ:便利な言葉だ かくかくしかじか
エルダイト:(了解です~)
シドー:(あい
シルフィア:(適当になんかやるつもりだったりもしたw)
GM:(あ、台詞獲っちゃったかな。ごめんなさい>シルフィア)
シルフィア:(時間関係とか考えると問題ないです)
GM:レフィアノ「情報はないこともないけど・・・そうね、久し振りに街中まで来たのに、私ちょっと退屈してるのよね。話し相手になってもらおうかしら」
GM:レフィアノ「この間、こんなことがあったのよ・・・」(以下、長文を張ります)
シェロ:「了解デスよ~」
GM:3人の男性が贈り物の花束ひとつを買いに来たの。見繕ってあげた結果、銀貨30枚だったので1人が10枚ずつ払ったわ。
GM:ところが、私がうっかりして間違っちゃったんだけど、本当は銀貨26枚で良かったのよね。それで、4枚返すわって言ったんだけど、3人で4枚は割れないじゃない。
GM:そうしたらお客さんが、1人1枚ずつ返してくれ、残りの1枚はチップだよって言ってくれたのね。
GM:でもね、1人9枚ずつ払って27枚。私が貰ったチップ1枚を足しても28枚じゃない。銀貨2枚足りないでしょ?
GM:ねぇ、どうしてこうなっちゃったかわかる?
GM:レフィアノは悪戯っぽく微笑んでいます。(長文終わり)
エルダイト:「良いよ!お話しよ!でもアニーちゃんを慰めた後で良い?」
シェロ:30枚の時点では10枚ずつ 4枚返す・・・あれ?
シドー:あー
GM:(上手く答えられたら情報料はタダになります。降参の場合は情報料を500ガメルいただきます)制限時間はリアルで13:05まで。
シェロ:なるほど
GM:ちが。14:05ですね。スミマセン
シェロ:26枚でよかった、で30枚払ったと・・・
エルダイト:「あれれ?最初は10枚ずつ貰って30枚で一枚ずつ返すだけじゃ駄目なの?それで27枚で、1枚得したじゃ駄目なの?」(分かってないです)
シェロ:その時点で1枚ずつ返したら・・・
シェロ:一人だけ1枚足りない
シルフィア:もしくは誰かに返却していないか?
シェロ:まさか・・・最後の時点でもう1枚誰か渡した?
エルダイト:実際には2枚チップになってた。良かったね?ってことかな?
レオン:払ったのは27G、チップは足すと考えずひくから26Gでいいのでは
GM:レフィアノ「あら、トカゲさん。意外と賢いのね」レオンの発想で正解です。
レオン:「これでもマイホームの計算に頭悩ましてるからなw」
GM:9×3=27にチップ1枚を足す、というのはミスリード。チップは支払ったお金の一部なので、27-1=26で代金と正しくなります。
シェロ:やられた==
GM:レフィアノは悪戯っぽく微笑むと、情報を教えてくれました。
レオン:「で、これでお花代がやすくなるのかい?」情報屋を知らない人w
シドー:シラナイノカw
GM:レフィアノ「アニーにはファンが多くて、しょっちゅう言い寄ってる男達が居るけど、誰も相手にされてなかったわね。」
シェロ:ふむふむ
エルダイト:「わーい。レオンさんあったまいいーねー。」
レオン:達成値のせいさw>知らない
シドー:そかw
GM:レフィアノ「最近、目立ってたのは「リカルド」って名前の売れない絵描きだったわ」
シドー:「「目立っていた」と言うと?」
レオン:「そのリカルドってやつがアニーちゃんに言い寄ってたのかい?」会話に入ろう
シェロ:「どんな感じにデス?」
GM:レフィアノ「ただ、リカルドの場合は言い寄るでもなく、店に通いつめてはアニーのことをじぃーーっと眺めてるだけだったから」
シルフィア:「ストーカー!!」
シドー:「変質者じゃないかっΣ( ̄□ ̄|||」
レオン:「リカルドってやつの評判はどうだい?」判定できます?
エルダイト:「えー!?気になるなら話しかければよいのに!」(ストーカーって概念が無いようです)
GM:冒険者+知力ですね。目標値は高いですよ?
シェロ:「んー微妙にデスねー」
シェロ:やってみよう
レオン:「まっ男と女はいろいろ大変なのさ」既婚者w
シェロ:2d6+7+4
シドー:syero -> 2D6+7+4 = [1,3]+7+4 = 15
シドー:2d+7+2
シドー:シドー -> 2D+7+2 = [2,5]+7+2 = 16
レオン:2d+9
シドー:レオン -> 2D+9 = [4,1]+9 = 14
シェロ:ふ・・・ついに目が落ちた・・15です
レオン:14です
シドー:16ダ
エルダイト:2d6+9
シドー:エルダイト -> 2D6+9 = [1,6]+9 = 16
シルフィア:2d+7+4
シドー:シルフィア -> 2D+7+4 = [1,4]+7+4 = 16
エルダイト:16ですねー
レオン:16が最高みたい
シルフィア:同じく16・・・
シドー:コレデハダメカ?
シルフィア:出目が・・・出目がw
GM:ソーサラーとコンジャラーにはボーナスがあるので、シェロとエルは知っていたようです。
シェロ:おや、意外なところで役に
GM:リカルドという名の学生が、賢者の学院に居たことを思い出しました。
エルダイト:私はボーナスあっても駄目だったのかorz
エルダイト:あ エルって私でしたかw
シドー:うむ>エル
GM:後で賢者の学院に聞き込みに行くといいんじゃないでしょうか。そのまえに小犬の散歩亭へいくべきですがw
レオン:ですね。昼ごはんを逃しそう
シェロ:賢者かあ めもめも
シェロ:おっと、散歩テイにイッテミヨウ
シドー:「賢者の学院にはまだ行った事がないが、確かヴィッセン南側だったかな」
シドー:ああ、そうだなw>子犬の散歩亭

GM:では小犬の散歩亭へ。店は街の西側、一般市民用の店が立ち並ぶ一角にありますね。お昼時で繁盛しているようです
シルフィア:とりあえずはごはーん、にしましょ
エルダイト:ではレフィノアさんにお礼を言ってから「小犬の散歩亭」へ行きましょうか
シェロ:そうデスねー
エルダイト:「ありがとうね。お花屋さんのお姉さん!」
シドー:同じく礼を言ってから移動ー
GM:女将「いらっしゃい。あら冒険者さんね?えーっとそっちのテーブルで合席でいいかしら」恰幅のいいおばさんが対応。
レオン:「綺麗はお花ありがとうよ」
レオン:「構わないよ。にぎわってるな」
シェロ:「ええ、問題ないデスよー」
GM:(レフィアノの機嫌がよかったので花代はサービスw)
エルダイト:「うん良いよー!ごはーん!人参とごはーん!」
GM:大きな円テーブルでは、衛士の格好をした青年が一人定食を食べています。
レオン:「エルにはこの、タビットもないて喜ぶサラダがおすすめだ」
シルフィア:(ここは大枚はたいてなんか頼んだほうがいいのかな?)
レオン:「おれはこちらの日替わりで」サラリーマン風w
エルダイト:「おお!!ありがとうレオンさん!!食べる食べる!!お代わりもするよ」
GM:安さと味が売りの定食屋さんですので、そう高いものはありませんが、挑戦者求む!超特大大盛り!とかはあるかも。
シェロ:よし、普通に日替わりでいこう(そんなの挑戦したくないw
レオン:月の小遣い決まってるのでそういう冒険はしないw>挑戦者求む!超特大大盛り
GM:合席になった衛士は傍目にもわかるくらい、そわそわしてます。
シドー:「ではわしはこの超特大大盛り!を頼んでみるか、ああエールも宜しく(ぉ」
シルフィア:「それじゃ、その超特大大盛りとかいうので」(あとでなんかぺなるてぃもらうかな?)
レオン:「シルフィア嬢ちゃんそんな細い身体で頑張るね」
エルダイト:(タビットも泣いて喜ぶサラダを二人前 + 焼き飯かなにかを少し)
GM:奥から、長い髪を結いとめた少女が注文をとりにやってきます。ちょっと虚ろな感じで。
シェロ:「ん?どうしたデスか?衛視さん」
エルダイト:アニーちゃんですか?>うつろ
レオン:花は食後にお客さんが減ってから渡しますか?
GM:アニー「いらっしゃい・・・御注文は、おきまりですか・・・」かなりやつれた感じですね。
シドー:多分そーだろうねぇ>長い髪を結いとめた少女
シルフィア:(ちょいとやつれすぎなんじゃないかねぇ・・・)
エルダイト:それが良いでしょうねー>花食後
シェロ:やつれ方が半端じゃ無いなあ・・・
シドー:かなり体調悪そう?
GM:元気ではないですが、精神的なものが大きいような印象ですね。
レオン:やさしいこなんでしょうね。注文を伝えつつ様子を伺っておこう
GM:皆さんがひとしきり注文するのを、ぼそぼそと復唱して確認すると、奥に戻ろうとします。
エルダイト:「アニーちゃん元気出して。元気出して。」とエプロンの裾(?)を軽く引っ張りながら上目使いに見つめます
レオン:みんなをみながら「これは噂以上に元気がないな・・」
シルフィア:「ちょっと尋常じゃないですね」
GM:衛士「あ、あ、あ、あ、アニー、げ、げ、げ元気出して、ほほほら、綺麗な花束を・・・・」と立ち上がりかけて皿とかひっくり返します。
シドー:「今にも倒れそうな雰囲気だったな」
シェロ:「そうデスねー・・・ちょっとって・・・」
レオン:「おいおい」かけられて立ちます
エルダイト:「可哀想だよ><何とかしなきゃ!」>仲間に
シェロ:凄い噛み方!?
レオン:話に聞いたファンのひとりかな
GM:アニー「ありがとう、ジョン。でも、いまはお花とか見たくないの・・・・・・」といって申し訳無さそうに奥へ。衛士=ジョンは花持ったまま硬直。
レオン:こぼれた皿片付けるの手伝いながら様子を見よう
シェロ:ヨシト、名前判明
シドー:私も、店のおばちゃんに布巾でも借りて手伝うかね
シルフィア:「あーあ、お兄さん玉砕したねぇ」
レオン:犬と同じ名だ
シドー:あ、本当だw
エルダイト:あ!ですね
GM:ジョンはうなだれて、スミマセンとかいいいながら皿を拾ってますね。
エルダイト:僕も手伝う
レオン:さらに思い出して悲しませそうw
シェロ:手伝いますデス
レオン:「気をつけなよ」ジョンに声をかけよう
エルダイト:「お花じゃ駄目かな~」>仲間に
GM:掃除が終わり、ジョンは深いため息をつきます。そしてもう一度スミマセン、とか細い声であやまる。
シドー:「今の状況だと逆効果かもしれないねぇ」>エル
レオン:「まぁ気持ちだ。渡してみるさ」
レオン:「アニーもいろいろあって気落ちしてるんだ。また後日声かけてみな」衛視なぐさめよう
レオン:「何か話しはきいてないのか?」>衛視
GM:ジョン「ありがとうございます。でも、犬が殺されてから次々と犠牲者が出てるので、心配で・・・」
シルフィア:「?」
レオン:「次々と犠牲者が?」話聞きだそう
シドー:「なに?」
シェロ:「ふむ?・・・ソレは気になるデスね」
エルダイト:「どうしたらアニーは元気になるの?太陽になるの?悪いやつを、やっつければいいのかな?」「・・・犠牲者が次々?」
シルフィア:「犬以外にも何かあったので?」
GM:ジョン「(はっとして)いや、なんでもないんです。ええ。連続殺人とかじゃないですから」
GM:もうおなじみの、冒険者+知力で判定。街中の事件を知っているかどうかです。
シェロ:2d6+7+4
シドー:syero -> 2D6+7+4 = [3,4]+7+4 = 18
レオン:2d+9
シドー:レオン -> 2D+9 = [5,5]+9 = 19
シドー:2d+7+2
シドー:シドー -> 2D+7+2 = [6,4]+7+2 = 19
シルフィア:2d+7+4
シドー:シルフィア -> 2D+7+4 = [6,4]+7+4 = 21
エルダイト:「じゃあ連続殺犬なんですか!?」
エルダイト:2d6+9
シドー:エルダイト -> 2D6+9 = [3,4]+9 = 16
シェロ:18っと
シルフィア:21だそうです
エルダイト:16ですね~
シドー:「もしくは人ではないが他の動物?」
レオン:[
GM:21ってw 18以上の方は「2日ほど前の夜、辻馬車が襲われて御者が殺された事件」に思い当たります。
GM:さらに20以上のシルフィは「昨晩、酒場女が路上で惨殺された事件」に思い当たり、連続殺人?と思います。
シドー:それは殺人事件じゃないのか・・>御者
シェロ:ふむふむ・・・
レオン:犬が殺されたのは何日前でしたっけ?
シルフィア:「なにかしらはありそうね」
GM:犬は3日前の夜でした。
レオン:続いてるのか
エルダイト:昨日この町に着たばかりだから知らないって事で(初日から宴会だったw
シェロ:だんだん近い人に対象が移って来てると・・・
GM:ジョン「・・・・・ここだけの話にしておいてください。無駄に恐怖を撒き散らさないよう、緘口令が敷かれているんです」
シドー:(ある意味手荒い歓迎w?>大宴会)
シルフィア:「ということは、今日もなにかあるかもしれないわね」
レオン:「わかった。情報ありがとうよ」
レオン:殺しの手口とか似てたのかな
シェロ:「了解デスよ」(小声で
エルダイト:「ありがとう!悪いやつをやっつけよう!」
シドー:その2人の人物はアニーと知り合いだったりするのかとか、判定必要?>GM
エルダイト:事件現場や犯行時刻などを聞いたでいいのかな?
GM:ジョン「何かわかったことがあったら、衛士の詰め所までお願いします。それじゃあ・・・」昼休みを終え、仕事に戻るようです。
レオン:「何かあったら伝えるよ」
シェロ:夜・・・か
GM:そうですね、犯行時刻は深夜。現場は街の西側にある、通称占い小路というとおりの付近。アニーの家もここにあります。
エルダイト:なるほど
レオン:酒場女さんの事件が一番調べやすいかもですね
シドー:ほお
GM:殺害方法は、鋭い刃物による切り傷と刺し傷。一太刀、という感じではなく、メッタ刺しに近い感じ。
シルフィア:ふむfむm
レオン:なるほど素人くさいかな
シェロ:滅多刺し
GM:さて、そんな話をしていると、奥のほうで「ああ、ゆっくり休んできな。遅れてもぜんぜん良いからー」って女将さんの声がしてます。
エルダイト:では「現場周辺」「酒場女」「御者」関係で聞き込みと「学院でストーカーについて」調べると「夜になったら待ち伏せ」とかかな?
レオン:お昼を食べてアニーちゃんに話を・・・・ききだせるかなー
エルダイト:「現場捜査」もあったかな?
シェロ:ふーむ
レオン:選択肢はそのぐらいかもですね現状は
シェロ:トリアエズ一番近いのはアニーに話を聞く選択かあ
レオン:注文した料理はでてきますかね
シルフィア:とりあえず、料理の処理をしてから行かないと・・・w
GM:はい。ジョン君と話しながら食べたと思ってください。超特大大盛りにチャレンジした方は挙手ー
シドー:
シドー:まさか、罠が!?w
シェロ:罠ダナw-
シルフィア:
シルフィア:罠とわかってて踏みに行ったことだしw
エルダイト:超特大大盛りじゃないけど、沢山食べたので挙手w
シェロ:ガンバレシルフィw シドさんは多分大丈夫だから!(ぉ
GM:やはり、やっとかなきゃいかんでしょーw 冒険者+生命で目標値17。
シドー:よりによって生命かよw
シェロ:意外と低いなあw
シルフィア:生命力低いのにw
エルダイト:2d6+10 生命抵抗
シドー:エルダイト -> 2D6+10 = [3,5]+10 = 18
シドー:2d6+7+3
シドー:シドー -> 2D6+7+3 = [5,3]+7+3 = 18
シルフィア:2d+7+2
シドー:シルフィア -> 2D+7+2 = [4,2]+7+2 = 15
レオン:ガンバレー
シドー:アブナ
エルダイト:18
シルフィア:15といって失敗w
シェロ:シルフィ・・・ムチャシヤガッテ・・・
レオン:「シルフィア嬢ちゃん大丈夫かい」
シェロ:「大丈夫デスか?」
シルフィア:半分ぐらい残して「わかってたことだったけどね」と苦笑をw
シドー:「ふぅ、満腹・・・、むシルフィは大丈夫か?」
GM:成功した方は、上手いものをたらふく食って幸福感に包まれてます。失敗の方は、かなり苦しくなりました。次に行う判定に-1のペナです。
シドー:
シルフィア:
シェロ:恐ろしいトラップw
シドー:ソレハマズイw
レオン:戦闘前に使わないとですねw
GM:さて、先ほどの女将さんの台詞からすると、アニーは休憩に入ったようですが。いま追いかければ間に合うかも?
シェロ:おいかけませう
シドー:様子見にいきますか
レオン:ですね
エルダイト:同じく行く~

GM:では、小犬の散歩亭を飛び出し(代金はシナリオ最後に調整します)、辺りを見回すと、とぼとぼと歩くアニーの後姿が。
シルフィア:追跡かな?
GM:後をつけるなら、尾行判定「スカウト+敏捷」ですね。
レオン:「休憩中にごめんよ」ジョンのお墓まいりかな
レオン:つけるなら先の発言なしで
GM:話しかけるか、尾行するかを決めてください。
シェロ:つけるのなら・・・ダメだ私は絶対に撒かれる自信があるw
レオン:声かけて同行してもいいかも
レオン:どこに行くかによるけど
シェロ:話しかけるに1票いれよう、行く場所に確かによるけれど
GM:相手は一般人ですし、誰か一人が尾行して、その後ろに離れて残りの人がついていくとかで良いですよ。どうします?
エルダイト:流石に鎧とか盾は着てないけど。エル的には声かけちゃうかも、誰かが指示すれば尾行しますよ
レオン:声かけましょうか
シドー:話しかけるでいいかの
GM:了解。
エルダイト:賛成>声かける
シルフィア:それじゃ、話しかけるの方向で
GM:では話しかけた、と。
GM:アニー「(びくっとして)あ、はい。何でしょうか・・・」ちょっと訝しげな感じで。
エルダイト:「アニーちゃん元気出して。元気出して。」とエプロンの裾(?)を軽く引っ張りながら上目使いに見つめます(二度目?
レオン:お花はジョンのお墓にあげたくて買ったことにしませんか?>ALL
レオン:声かけやすそう
シドー:了解>お花
エルダイト:いいですね>お墓
シェロ:ソレがヨサソウダ
シルフィア:了解
GM:アニー「ありがとうございます・・・。あの、私、急ぎますので・・・」といった返答ですね。ジョンの墓に花を、いいですね。台詞どうぞ。
レオン:「ジョン(犬のほう)の話を聞いてね。花あげたくて買ってきたんだけどお墓とかわからなくてね」
レオン:「急に声かけてごめんよ」
GM:アニー「ありがとうございます。お墓は共同墓地に作っていただいてます。私もこれから行くところです。」心なしか嬉しそう
レオン:「じゃあ同行させてもらおうかな」
GM:では一緒に共同墓地へ。墓地の一角に無縁仏敵な合同墓があって、そのそばの茂みの下に小さな塚が。
エルダイト:アニーちゃんは落ち込んでる以外に、そわそわしてたり、何か不審だったりする?
GM:不審な印象はありません。落ち込んでるような感じで、表情にも精彩がないですね。
レオン:「アニーちゃんが作ったのかい?偉かったね」
エルダイト:了解です
レオン:基本的な祈りの言葉ささげます。神官だし
GM:アニー「墓守のボルドーさんたちがよくして下さって・・・本当はダメなんだそうですけど・・・」
シェロ:ふむ
レオン:「こうやって思いだせる場所があるのはいいことだよ」
GM:アニーはバスケットから包みを取り出します。「ジョン、大好きだったおばさんの特性ソーセージだよ......」とすすり泣く。
シルフィア:しばらく様子見中
エルダイト:アニーちゃんが泣くのを見て「ぐすんぐすん」と貰泣き
シドー:じゃ、同じくエルの頭を撫でながら待機中
GM:すすり泣くアニーを見守る一行の方をそっとたたく人がいます。墓守のボルドーさんですね。(NPC参照で。)
シェロ:おおう?
シドー:「む?」(後ろを振り向きますヨ)
レオン:「ボルドー爺さんありがとうよ」お墓的な意味で
GM:ボルドーは一行をアニーから離れたところへ手招きします。
レオン:歳はたぶんあまりかわらないんだけどw
シドー:太陽神の神官さんか
レオン:ついていこう
シルフィア:そちらへいきましょう
シドー:ほい
GM:ボルドー「ちょっと一人で泣かしてやってくれんか。人前で泣くような子じゃないんでな」
シェロ:ついていこう
エルダイト:いきます~
レオン:「爺さんも気を使ってくれたみたいだな。ありがとうよ」
レオン:「墓つくりにたちあったということはジョンの遺体も見たのかい?」
GM:皆さんが離れてしばらくすると、すすり泣きから泣き叫ぶような感じに変わります。
レオン:これは犯人みつけないとですね
GM:ボルドー「おお、惨い有様じゃった。鋭い刃物の刺し傷と切り傷でボロボロじゃった」
レオン:「それはきつかっただろうな・・・」同じ手口ですね
GM:ボルドー「ワシが思うに、凶器は鎌のような形をしているんじゃなかろうかの・・・」
シェロ:鎌・・・?
レオン:「鎌か・・・」
エルダイト:「犯人許せないよ!アニーちゃん泣いてるもん!ジョン(犬の方)可哀想すぎるもん!」ぐすぐす
シドー:「他にもここ最近似たような手口で殺された男性や女性が居たようだが、それもご存知ですかな?」
シルフィア:「珍しい得物・・・でいいのかな?」
GM:そういった話をしていると、アニーがやってきて「もう帰ります。午後の支度をしなくっちゃ・・・」と、力なく笑います。
レオン:これは店まで送り届けたほうがいいのかな?
シドー:ついていった方がいいかねぇ、本人は遠慮しそうだがけども
GM:ボルドー「一人で帰してあげなさいな。涙で泣きはらした顔なぞ見られとうないじゃろうて」と制止。
シェロ:そうですねーつい照ったほうがよさそう
エルダイト:「悲しいけど元気出してねアニーちゃん」涙で濡れた笑顔で
レオン:犯行は夜みたいだし人通りもあるから大丈夫かな?
GM:(ぶっちゃけ、この帰りを襲うようなことはしないので、ご安心をw)
シェロ:なるほど、では安心というかちょっと不安な感じに
レオン:なんとなく安心な気がしたメタ的にw
エルダイト:それは安心w
シドー:了解w
シェロ:情報集めを再会しようw(ぉ
レオン:どこからいきましょうかね
レオン:リカルドかな
シェロ:まず今のとこの第1容疑者リカくんから
シドー:賢者の学院かの
GM:ボルドー「さっきの話じゃが、最近、殺人事件が起きたのは聞いてるが、死体は検死中でまだここにはきておらんからの。」死因は聞いていないようです。
エルダイト:リカルド→現場かな?
レオン:ですね>リカルド→現場
GM:現場?占い小路ですね。
レオン:ですです
エルダイト:です>占い小路
GM:では占い小路へ。
シルフィア:まずはストーカー君(?)じゃないので?
シドー:「ふむ、そうでしたか。」(礼を言って移動
レオン:目撃証言を探してから追い詰めるのもいい気がしてきた
シェロ:移動ですーと

GM:では占い小路へ。時刻は昼下がりから夕刻という感じでしょうか。
レオン:えーと先に現場でいいですかね>ALL
シェロ:OK
エルダイト:いいよー
シルフィア:了解
シドー:
GM:その名の通り、辻占い師がいたり、あやしげな魔術品(エセほれ薬とか)を打っている店があったりしますね。幸運のお守りとか。
レオン:ならお店を物色しながら情報収集かな
エルダイト:じゃあ現場を探索しても良いかな?探索判定
GM:了解。探索判定どうぞ。
レオン:スカウトさんどうぞ
エルダイト:ひらめき眼鏡で+1修正で
エルダイト:2d6+5+3+1
シドー:エルダイト -> 2D6+5+3+1 = [6,2]+5+3+1 = 17
エルダイト:17です
GM:特に怪しいものはみつかりません。血の後とかもあるでしょうが、それがわかるほどキレイな路面ではないようです。
エルダイト:了解です
シェロ:ふむふむ
シルフィア:ふむー
GM:胡散臭い店を回りながら、アニーの家やリカルドについて聞き込んでいきます。
レオン:「昨夜は騒ぎがあったみたいだね?」こんな感じで
エルダイト:私はキョロキョロと探し回ってます(探索判定してたので
GM:そうしていると、「おう、おめぇら。アニーのことを嗅ぎまわってるそうじゃねぇか。流れもんの冒険者風情がでかいツラしてんじゃねぇぞ」とわかりやすいからみが。
シドー:ダレダロ?
シェロ:「どちら様デスか?」
レオン:どんなやつか観察しよう
エルダイト:様子見~
GM:服装は普通ですが、言動と物腰がいかにもチンピラといった男達が3人ほど。
GM:様子をみていると、「ちっ、冒険者がナンボのもんじゃ~」と殴りかかってきました。
レオン:おおーわかりやすいやつらだw
GM:1d6
シドー:GM -> 1D6 = [2] = 2
エルダイト:「僕は流れ者だけど、ただの流れ者じゃな・・・・」(ってとこで戦闘開始
GM:目標はレオンとなりました。回避お願いします。
レオン:2d+9 回避
シドー:レオン -> 2D+9 = [2,5]+9 = 16
レオン:16です
エルダイト:追伸私は鎧着てないです。盾も持ってきてないです。 その他はあります
シェロ:なんという無謀なチンピラ・・・(ぉ
GM:華麗に回避しました。チンピラはたたらを踏んでますが、かろうじて転ばず。
レオン:仕事服みたいなものだからフル装備かな
GM:レオンの反撃をお願いします。出来れば武器なしで。
レオン:「おいおい、話も聞かずにてをだすのか」
レオン:2d+10 命中
シドー:レオン -> 2D+10 = [4,5]+10 = 19
レオン:19 あてみ
GM:当然命中、ダメください。
シェロ:パンチで殺害はダメよ?
レオン:r0+14
シドー:レオン -> Rate0+14 = [6,5:4]+14 = 18
シルフィア:撲殺しちゃだめよ、ってダメ高w
レオン:+14はないか
レオン:12だ
GM:ぐぼっと嫌な音がして拳がめり込みました。残りHPは2ですw
シェロ:ヤリスギダー
シドー:万が一のときはアウェイクンを使うか
シドー:あぶなw
レオン:「アニーを心配していろいろ調べてたんだ話し聞いてもらえないか?」
GM:残り4でしたか。まぁどっちでも一緒ですがw 「おぼえてやがれー!」といいつつ、手下二人に引っ張られて退場します。
レオン:あっ逃げたw
エルダイト:捕まえて良い?
シドー:む、捕まえれない?w
シェロ:逃げおったw貴重な情報源がw
GM:3人は退場ですが、皆さんの後ろからカラカラと高笑いが聞こえてきます。
シェロ:おや?
GM:占い婆「いやいや、痛快じゃった。あのチンピラどもにはいい薬じゃて」
エルダイト:「だ・誰?」
レオン:「アニーちゃんは人気者ってことでしょうよ」ふりかえろう
GM:辻占いのお婆さんですね。マサリエ婆と名乗ります。
シェロ:ふりかえりませう
シルフィア:そちらを見ます
シドー:新NPCかな
GM:マサリエ「最近、騒々しくて睡眠不足じゃったが、いまのは眠気も覚める痛快さじゃったわい」
シルフィア:「ということはやっぱり夜になにかがあったんですか?」
レオン:「大人がない場面みられてしまいましたね」
レオン:大人気ないだ
エルダイト:ガンを懐にしまいつつ「
エルダイト:じゃあアニーちゃんの犬のこととか知ってるの?」
GM:「ここ数日、真夜中になると、犬は吠えるわ馬車が走るわで騒々しくてな。この界隈にジョンの他に飼い犬などおらんのにな」
レオン:おっ新情報だ
シェロ:おばけ?
シェロ:新情報ですなー
レオン:「犬の泣き声は昨夜も?」
シルフィア:へぇ
GM:マサリエ「おお。おばけじゃとも。真夜中に走る馬車は死すべき定めの者を迎えに来るあの世の馬車じゃ。」 鳴き声は昨夜もでした。
GM:セージ+知力で見識判定です。
シェロ:2d6+3+4
シドー:syero -> 2D6+3+4 = [5,2]+3+4 = 14
レオン:2d+3
シドー:レオン -> 2D+3 = [4,5]+3 = 12
レオン:12です
エルダイト:またもや眼鏡で+1で
シドー:2d6+5
シドー:シドー -> 2D6+5 = [1,4]+5 = 10
シェロ:ははは、キットわからない(ぉ
エルダイト:2d6+5+3+1
シドー:エルダイト -> 2D6+5+3+1 = [6,5]+5+3+1 = 20
エルダイト:20です 高いb
シェロ:14ですわ
シドー:全く分からんw
シルフィア:2d+3+4
シドー:シルフィア -> 2D+3+4 = [2,5]+3+4 = 14
GM:みんなセージもちなんだよな。シルフィは食べ過ぎて胃もたれ思考が鈍ってます。-1ね。
シルフィア:てことは13かw
レオン:ここで消費しておくといいかもw-1
シェロ:これで消えてくれたねw
GM:で、14以上の方は、夜走る馬車の伝承を聞いたことがあります。
レオン:「噂だけなら聞いたことあるな」
GM:夜中に走る馬車は、死者を迎えに来る馬車と考えられており、自宅の前に停まった場合、その家の者が間もなく死ぬと言われています。
シェロ:ふむふむ
エルダイト:「それってあれかな?かくかくしかじか(GMの説明内容)」
GM:そのため、大陸の一部には深夜の馬車の音を忌み嫌いタブー視する地域もあり、その地方では夜中に馬車で訪れるのは非礼の極みとされます。
GM:確認ですが、成功者はエルとシャロですね。
エルダイト:ですね
GM:後でボーナスがあるかもです。
レオン:エルはかなり成功
エルダイト:期待してます>ボーナス。達成値は20
シルフィア:「へぇ、そんなのがあるのかぁ」と感心しときます
GM:皆さんはマサリエから情報を入手して、占い小路を離れました。(ちょっと巻きが入ります。)
エルダイト:「ってパパが言ってた」
レオン:次は賢者の学院かな
GM:時刻はすっかり夕刻ですので、学院に急ぎましょうか。
エルダイト:ですねー。
シドー:「ほお、エルのパパは博識なんだな」全く知らなかったので感心しておりますわ。
シェロ:いそぎませうー
シドー:あい>学院

GM:夕暮れの中、賢者の学院の正門に辿り着いた時、ローブ姿の女性と出会います。
エルダイト:「なんせ僕のパパは「百岐路の迷宮の空飛ぶサメの卵」(一流作家のバラード、名誉点40*5=200)の主人公だからね!自慢のパパなんだ!」
レオン:サーシャかな?
シェロ:ローブ姿かあ
GM:おなじみ、有名人チェック「冒険者+知力」でどうぞ。ソーサラー、コンジャラー、セージの方はボーナスがあります。
シドー:200も使ったのかw
エルダイト:使いましたw
シェロ:2d6+7+4
シドー:syero -> 2D6+7+4 = [5,5]+7+4 = 21
レオン:2d+9
GM:(レオンは、当然知っているものとして扱いますので)
シドー:レオン -> 2D+9 = [2,1]+9 = 12
シェロ:21da
エルダイト:2d6+9
シドー:エルダイト -> 2D6+9 = [1,4]+9 = 14
レオン:忘れてそうな出目だw
シルフィア:2d+10
シドー:シルフィア -> 2D+10 = [3,4]+10 = 17
シドー:2d6+7+2
シドー:シドー -> 2D6+7+2 = [1,6]+7+2 = 16
シドー:ごめ、ボーナスってセージスキルレベル分プラスってことかな?>GM
GM:いえ、こちらで技能を見て修正を足してます。この場合(技能持ちの場合)は+2してます。
シドー:了解
シドー:16デシタ
GM:ということで、全員が知っているようですね。サーシャという、女性の賢者(セージです) 
GM:サーシャ「あら、レオンさん。お元気ですか?アルビオスさんたちも息災でしょうか」
レオン:「おっサーシャ嬢ちゃんひさしぶりだな。研究ははかどってるかい?」
エルダイト:「こんいちは~!!」(何時でも、誰が相手でも元気)
シェロ:「こんちわなのデスよー」
GM:サーシャ「ええ、御蔭様で。あら、タビットさん、こんにちは」
エルダイト:訂正「こんにちは」
シドー:「どうも、始めまして」私は会った事はないので始めてな扱いかな
レオン:「みんな元気さ。ところで学院にリカルドというやつがいるときいて訪ねてきたんだけど、どんなやつだい?」
レオン:「ちょっと調べていることがあってね」
GM:サーシャ「皆さん、グレンさんのところの冒険者さんなんですね。いずれ、いずれお世話になると思います。よろしくお願いします」
エルダイト:「僕はエルダイトよろしくね!」
レオン:始めての人は紹介しておこう
GM:サーシャ「リカルド・・・ええ、以前は居ましたが、放校処分になりましたわ」 紹介されつつ
レオン:「放校処分?いつごろの話だい?」
シドー:「シドーと申します。一応神官戦士の端くれd・・・」と簡単な挨拶をしておきますよー
シルフィア:(そんな前からはいないから紹介される側だったのかなぁ・・・)
シェロ:「一体なにやらかしたデスか?」
GM:サーシャ「やらかした・・・そういうわけではないのですが、研究に身が入らないというか、学問を怠けていたというか・・・」
シルフィア:「シルフィアと言います・・かくかくしかじか」で紹介したということで
レオン:「・・・理由はなんとなく想像がつくな。放校されていまはどこに住んでるかわかるかい?」
GM:サーシャ「彼は魔術の才能もあったのですが、ちょっと空想癖と言うか、こう、現実味を欠いたところがあって。いつでも上の空でしたね」
シルフィア:「つまりは、サボッテタからってことかな」
シェロ:ふむふむ
GM:サーシャ「絵が上手かったこともあって、ヴィッセン市内で似顔絵描きの真似事をしているなどと聞きましたが・・・どこに住んでいるかはわかりません」
エルダイト:「僕はトレジャーハンターなんだ!これから学院にお世話になると思うから、よろしくねー。」
GM:サーシャ「放校になったのは、1月くらい前ですね」 
シェロ:1ヶ月前と
レオン:「似顔絵か、そういえばそんな話してたな」
GM:ぶっちゃけ、学費が払えなくなったが放校の理由ですな。
シドー:ほお
レオン:「1ヶ月前ともなると学院の部屋は引き払ってなにもないよな?」
エルダイト:なんと分かりやすいw
GM:パトロンが離れたとか、親が愛想つかしたとか、奨学金が取れないとか。
シェロ:学費かー
GM:サーシャ「ええ、私物はほとんどなくて、スケッチブック数冊と着の身着のままだったと聞いています」
シルフィア:ほほー
GM:金払ってくれるなら、怠惰な学生でも受け入れますよ。世知辛い話。
レオン:となるとここに情報はもうないかな?何の研究をしてたとかわかります?
GM:サーシャ「もうだいぶ前から、研究などは行っていなかったようですし。彼は神話や伝承を見る目に卓抜したものがあったと思っていたのですが・・・」
レオン:なら街で本人を探すしかないか
シェロ:神話と伝承と・・・めもろう
GM:サーシャ「立ち話ですいません。これから師匠の代理で王城に行かなければならないので・・・」
シドー:神話や伝承というと例えば、夜中に走る馬車なんかも知ってそうだな
レオン:「立ち止まらせて悪かったね。ありがとうよ」
シェロ:「ありがとうなのデスよー」
レオン:ですね>、夜中に走る馬車なんかも知ってそう
エルダイト:でも馬車の御者が襲われたんだよね?馬車が襲ったんじゃなくて。関係はありそうだけど
シルフィア:なんかしらはありそうですね
レオン:そういえば襲われた後馬車はどうなったのかな
エルダイト:「急いでたのにお話ありがとう!」
レオン:盗まれたとか

GM:では、移動しましょうか。すでに日は暮れ、夜の帳が降り始めています。
シェロ:移動、ですねー
シドー:さて、どうしよう
GM:待ち伏せするにしろ、リカルドを探すにしろ、装備はどうしますか?
レオン:私フル装備、仕事服だし
レオン:グレンさんとこにもどりますか
シドー:同じくフル装備かな
GM:エルが防具無しと言うのは聞きましたが・・・
シドー:一旦戻って報告かの、一応今回の依頼主だし
シェロ:一応フル装備で行こう
エルダイト:とりあえず占い小路で張り込みかな?その前に「小犬の散歩亭」で晩御飯は?
エルダイト:じゃあ装備取りに帰ります
シルフィア:晩御飯はグレンさんのところでいいのでは?w
GM:では、とりあえず紅蓮の炎亭へ。
エルダイト:アニーちゃんが気になってねー 様子見ついでにご飯とか
GM:グレン「おお、帰ってきたか。どうだった?」
シドー:私は、とりあえず今日一日の出来事を報告しつつエールを頼むかなw
シェロ:かくかくしかじか 出報告を済ませよう(ぉぃ
シルフィア:胃もたれがまだ残ってるので軽いもので(ぇ
GM:グイン「そうか・・・まぁ、ありがとよ。いま飯を出してやるから、待ってな」 フル装備に下ということで。
エルダイト:「アニーちゃん。すっごく落ち込んでた・・・・今ね悪いやつをやっつけようと・・・・・」同じく報告報告
シドー:「正直、旦那が何で気にしていたのか少し疑問に思っていたが、会って納得したよ」
GM:身支度、腹ごしらえをしている一行ですが、スカウトかレンジャー持ちの方はレベル+知力で聞き耳判定をどうぞ。
レオン:「そういえばグレンさんリカルドという絵描き知らないか?」
シドー:ナッシング
エルダイト:2d6+3+5
シドー:エルダイト -> 2D6+3+5 = [6,2]+3+5 = 16
シェロ:ないであります
レオン:ないです
エルダイト:16ですねー スカウトもセージも5レベルだから変わらないです
GM:いや、レンジャーね。シルフィは?
エルダイト:でした>レンジャー
シルフィア:れんじゃか
シルフィア:2d+3+3
シドー:シルフィア -> 2D+3+3 = [2,4]+3+3 = 12
シルフィア:12です
エルダイト:第六感は関係ないよね?
GM:12以上ですのでお二人とも成功です。食事などをしていると、かすかに、皆さんに呼びかけるような声が聞こえてきます。
GM:第六感は今回はナシで。
レオン:「?エル、シルフィア嬢ちゃんどうした?」
シェロ:通信が着たみたいだね
エルダイト:声の方を見てみます「誰か呼んだ?」
シルフィア:声のしたほうに振り返ります
GM:後ろの席には、普通の格好をした男がひとり食事をしています。
GM:男「こいつはどうも。さすがですね。おっと、こっちを見ずに、そのままそのまま。」
シドー:「むぃ?」エール片手に同じ方向に振り返る
エルダイト:ジョーですか?(衛視の方
シェロ:きっと・・・リカちゃん(略すな
GM:男は食事をしながら、顔をあわせずに話しかけています。ジョンではありませんね。
GM:「先ほどは下っ端が勝手な真似をしてすみませんね。あいつらのボスがこアニーにくびったけでして。下の下のチンピラとは言え、手下の教育が行き届かずお恥ずかしい限りで」
レオン:察して食事でも食べておこう
GM:男「あいつらにはこちらの方できっちりお灸を据えときましたから、ご勘弁願えませんか。」
シルフィア:(背中に突きつけられてる感じで嫌ね)とおもいつつ話は聞いておこう
GM:「お詫びといっちゃあなんですが、ウチの頭から伝言があります。「今夜は月のない闇夜で、しかも守りの剣が力を失ってる。妄執で死にきれない不浄な魂が彷徨うには、格好の夜だ。」...だそうですよ。確かに伝えましたぜ。」
シェロ:OK・・・つまり迎えとイウコトダね
シドー:「・・・(無言で肯いておこう
エルダイト:「え?何々!?何の話?」よく聞こえないから男のテーブルに移動して「ありがとー!知らないお兄さん!」空気読めないウサギ
GM:それだけ言うと、「グレンの親父さん、ごちそうさまー」とかいって自然に立ち去ります。あくまで自然に。
シルフィア:あまり最後が自然じゃない空気がしていますがw
シドー:エルの反応をどうすればw
シドー:とりあえず途中からひたくって無理やり自分たちのテーブルに戻します(ぇ
シェロ:キ・・・キット問題な
レオン:エルwww
GM:男はウサギの行動に微塵も動じず、バイバイ、ウサギさんとか言いながら、自然に退場w
レオン:ある意味タビットぽいw
シドー:ウム、ある意味スバラシイ
GM:グレン 
エルダイト:エルは何時も元気だから無視しても平気かも エルは「何でー!?」とか言いつつご飯を再開!
GM:グレン「いまの男、知り合いか?見たことあるようなないような・・・冒険者にいたかな、あんなの。」
エルダイト:「ご飯を食べに来た人じゃない?」(間違っては無いw)
GM:グレン「まぁ、いいや。キルヒア神殿の主任さんがさっき来てな、お前らを探してたんだよ。明日、急なバイトがあるとか。ケーキのために頑張れって言えばわかるとか・・・わかるのか?それで?」
レオン:「べつに変わった様子はなかったけどな」とグレンにいいつつ、エル、シルフィア嬢ちゃんの様子を伺おう
レオン:さっきの話おしえてくださいw
シルフィア:ということで正体不明の男が話した内容を話します
シドー:「まあ、気になるところだが・・・」
エルダイト:食べながら「さっきのお兄さんが かくかくしかじか って教えてくれた」
レオン:「これはアニーを見張っておいたほうがいいかな」
シドー:「・・・守りの剣が力を失ってるとは大事じゃないのか?」
シェロ:かなり大事ですねえ・・・
シルフィア:マギテック協会で今日やってるのかしら?
シドー:そういや、ケーキのためってなんだ?w
GM:グレン「ここ数日、急激に守りの力が弱まっていたらしいが、ついさっき、完全に力を失ったので、急遽儀式をすることになったんだそうだ」
エルダイト:なんだろうケーキ?
シルフィア:ケーキがわからないw
シェロ:ううむ、わからないなー
GM:おっと。やりすぎた。18話参照ということで。
レオン:今回のシナリオとは関係ないと思ってOK?
GM:こほん。つまり、現在王城でてんやわんやで儀式の真っ最中。明日の夜までかかる。主任とかサーシャとかはその件で城に行ってます、と。
シェロ:なるほど、つまり今夜は
シドー:了解
レオン:なるほど時間軸的にそうなるんですね
レオン:了解
エルダイト:じゃあアニーちゃんの家も占い小路にあるし 今夜はそこに行ってみるしかないのかな?
シルフィア:了解
レオン:「守りの剣も気になるがまずはアニーちゃんの件だな」
GM:では、次第に夜も更けてきましたので、占い小路へとフル装備でー
レオン:みはりますか
シェロ:そうですねー いってみませうー
シドー:「そうするかの」といってフル装備準備
エルダイト:同じくフル装備
レオン:はいです

GM:いいかなー?では、真夜中の占い小路。アニーの家の前で待ち構える一行。月はなく、辺りの明かりも消え、闇に包まれています。
レオン:「伝承とおりの夜だな」
GM:しばらくすると、遠くからパカパカと馬の歩く音、ガラガラと車輪の回る音が聞こえてきます。
エルダイト:「真っ暗だねー。シドーさんは暗くても平気なの?」(ドワーフさんだから
シェロ:「なんかきてるデスねー」
レオン:そうか明かりはどうなんでしょう?
シドー:「うむ、暗視があるからな」>エル
エルダイト:盾を準備 ガンに弾を装填
レオン:「お客さんのおでましかな」
シルフィア:さて、きたかな?
シドー:「さて、何が出てくるかな・・・。」(武器を握りなおして警戒)
エルダイト:私は見えません 合図くれたらフラッシュライトしましょうか?
シェロ:私も見えません
GM:音は次第に近づいてきますが、アニーの家から20m付近に近づいたとき、犬のうなり声が聞こえ、吠えたける声が響きます。
レオン:それは割ってはいるかな
GM:皆さんから約20mの距離で、ぼんやりと光る2頭立ての馬車と、それに吠え掛かる犬の姿が見えます。犬もぼんやりと光ってます。
シドー:何かあってからだとあれなのでその位置にフラッシュライトをお願いしちゃいましょうか。
エルダイト:じゃあ私は念のためフラッシュライト
レオン:ですねけん制にもなるかも
エルダイト:発動判定してOK?
シドー:いいかの?>ALL
GM:いいですけど、マギスフィアから半径10mじゃ届かないのでは?
レオン:10mしか照らさないみたい
シドー:ぶw
シルフィア:逆効果の可能性も・・・
レオン:懐中電灯なんだね
シェロ:なんてことだ
エルダイト:フラッシュライト(懐中電灯)は10か・・・・
レオン:どちらにせよ立ちはだからないといけないから飛び出しますか?
GM:吠えたける犬に馬は躊躇していましたが、最終的には、御者の指示で蹴り飛ばしました。
シェロ:そうだねー 不確定名御者つきの馬車
レオン:ジョンが守ってたのかな?
レオン:忠犬だ
シルフィア:しかし、ジョンはもう死んでるのになぜ犬の鳴き声が?
レオン:蹴り飛ばされたのをみたら飛び出してしますかも
シドー:ふむ、いかにも妖しいし突撃するか
エルダイト:じゃあ私も10M近づこうかな 次のターンにフラッシュライトでも・・・って ソーサラーいねいっけ?
シェロ:ふふふ
レオン:いないですね
レオン:いたか
シェロ:ライトは任せてもらおう
シェロ:ソーサラー・フェアリーテイマーだからね!
エルダイト:よろしく>< 懐中電灯じゃだめだw
レオン:フェアリーばかりみてたw
GM:では、彼我の距離20mから戦闘スタート。
シドー:同じくフェアリーしかw
レオン:「招かれざる客には退場願おうか」
GM:馬車の後ろから、もう1頭、骨だけで動いている馬が現われます。それには半透明のローブ姿の男が乗っています
エルダイト:「これ以上アニーちゃんを泣かせないよ1」
GM:とりあえず先制を振っちゃってください。
シェロ:馬車と骨馬と半透明なローブ男と
レオン:魔物が先がいいかも
シルフィア:アンデットとわかった以上は手加減なしでいいかな
エルダイト:2d6+5+2 先制値
シドー:エルダイト -> 2D6+5+2 = [2,2]+5+2 = 11
レオン:魔物判定
エルダイト:すくない・・・11
シェロ:2d6+3+4 魔物判定~
シドー:syero -> 2D6+3+4 = [6,6]+3+4 = 19
GM:魔物判定もしてください。
シドー:2d6+5 魔物判定
シドー:シドー -> 2D6+5 = [6,3]+5 = 14
エルダイト:2d6+5+3 魔物判定
シドー:エルダイト -> 2D6+5+3 = [1,3]+5+3 = 12
シルフィア:2d+6 魔物判定
シドー:シルフィア -> 2D+6 = [3,3]+6 = 12
レオン:2d+3 魔物
シドー:レオン -> 2D+3 = [1,4]+3 = 8
シドー:6ゾロだw>シェロ
シェロ:あ、ゾロッた
レオン:クリがいる
シェロ:ひっくりかえさな(やめんかい
エルダイト:魔物12 ナイスですシェロさん
シルフィア:魔物判定は1回?
GM:と、先の伝承を知っていたエルとシェロは魔物判定に+2のボーナスですよ。
シドー:50点ゲットハムリデスヨーw(天の声
GM:1回で全部行きましょう。
シルフィア:了解
エルダイト:魔物判定12+2で14
シェロ:了解だー
レオン:シェロ嬢ちゃんの21が最高かな
GM:シェロがボーナス足して21ですかね。
シェロ:21ですよー
シェロ:ふふふ、これなら大抵の場合・・・弱点までいけるはず(ぉ
シドー:相手が人間以外ならばw
GM:では、http://www.egao-d.com/sw/cbbs/cbbs.cgi?mode=one&namber=1348&type=0&space=0&no=0 にて。
GM:弱点も看破してますね。
レオン:5体分か
シルフィア:多いなぁw
シェロ:なかなかデカイナー・・・って
GM:データは剣のかけら修正前ですので、これより強いと思ってください。
シェロ:怖い魔法モッテルヨw
レオン:セイクリッドのあとは回復用にMP保存かな
シドー:これは速攻で落とさないとまずいわね。
シェロ:しかも先制取れなかったということは・・・
エルダイト:強いねー
GM:では先行のアンデッド集団から。スペクター「アニーの犬だから、一緒に連れて行こうと思ってたのに邪魔ばかりしやがって・・・」
シルフィア:ちょいときついねぇw
レオン:「勝手な理屈だな」槍構える
GM:まあいいさ。「今夜こそアニーを、花嫁を連れていくんだ。この白馬の騎士が!」
シドー:「確認のために聞くが、貴様がリカルドか?」
シェロ:「白骨の騎士の間違いじゃ無いデスか?」
GM:スペ「今夜は侍女も連れてきてるんだよー」 御者がサモンアンデッドで召喚。
シドー:ちょw
シェロ:よぶなーw
シルフィア:「いいたとえだねぇ、シェロ」
シルフィア:初撃として奇襲でグレネードやっとけばよかった・・・?w
レオン:「酒場女か・・・」
GM:馬車のそばにレッサーバンシーが召喚されました。魔物判定成功ということで、これも弱点看破したとします。
エルダイト:通常武器無効5体ってことは セイクリットウエポン拡大かな?私は拡大できないし
GM:・・・こっちの行動は以上。明かりを用意してくださいね。
シェロ:くっそう・・・
シドー:セクリットは単体扱いだから数かの
レオン:いちおう魔法の武器持ち
GM:レッサーバンシーのデータは、先の掲示板に追加。
シルフィア:ガンの魔法ダメにはセイクリッドのらないでしょう?
エルダイト:バンシーって「18話の歌悲鳴」と同じだっけ?
エルダイト:あれはセイレーンだっけ?
GM:レッサーバンシーのデータは、先の掲示板に追加。
シェロ:ライトって数拡大で片端からかけれるのかな?・・・
レオン:どうしようかなとりあえずばらけないと範囲攻撃が怖い
GM:ライトは空間なので、拡大/範囲でしょうね。数はできそうにない。
レオン:半径10だし中間地点をひからせればいいかも
シェロ:OK
シェロ:では中心点にライトー
GM:判定をどぞー
シドー:これは作戦を考えないとマズイ予感
レオン:魔法攻撃系の方先にどうぞ
シェロ:2d6+11
シドー:syero -> 2D6+11 = [3,3]+11 = 17
エルダイト:とりあえず敵ターンだっけ?先制負けてるし
レオン:敵は召還しておわりみたい
シドー:敵の1ターン目は召還しておわりみたい
エルダイト:なるほど 距離は20mのままだよね
シェロ:17ですわあ
レオン:かなり光ってそう
シルフィア:ふーむ・・・
GM:ライト了解。次の方。
シェロ:何も気にせずゐスパーが打てるなあw
シェロ:アンデットは素晴らしい
レオン:派手な技先にどうぞ
シェロ:うん、どんどん行こう
シルフィア:ちょっと考え中
GM:巻きでおねがーい
レオン:範囲攻撃優先が言いかと
レオン:良いかと
エルダイト:銃も魔法も全て 射程10Mだったりする・・・ 3M制限移動しつつ エンチャントウエポンを誰かにかけるかな?
レオン:ああそういう状況か
エルダイト:魔法の武器じゃない人います?
シドー:
レオン:セイクリッドのほうが命中上がるしいいかも
エルダイト:じゃあ制限移動で3M接近して エンチャントウエポンをシドーさんにでOK?
エルダイト:重ねがけできないっけ?
レオン:カンタマとかがいいかな
レオン:魔法飛んできそう
エルダイト:コンジャラーレベルが1で カウンターマジックは2レベルなの ごめんねプロテクションしとく?
レオン:エンチャントウエポン+セイクリッドはいけるみたい
レオン:でもホーリー続けたほうが良いのか迷う
シルフィア:プロテクション+フィールドとかもできますしね
レオン:マルチするし、いいのか・・・
シルフィア:同じ名前のものじゃなければ効果加算なはず
エルダイト:HPが少ない人教えてー 拡大できないのでその人にプロテクションでも 
レオン:レオンは大丈夫
シェロ:42の防護0 何で近接こな蹴れば大丈夫
シルフィア:計算し直したら51あったからたぶん大丈夫
シドー:HP54 防護8 だからOK
エルダイト:私は HP46の防護11かな
レオン:エルは10mにちかづいてもいいかも
エルダイト:じゃあ回復薬かねてる神官戦士にプロテクション シド-さんの方が良いかな?・・・・じゃあ10Mちかづくかな
エルダイト:10M近づくで ファイナルアンサー
レオン:ですね
レオン:メインアタッカーかと
エルダイト:範囲火力ですしねー
GM:了解。次ー
レオン:魔法制御もちだし
レオン:シルフィア嬢ちゃんどうします?
シルフィア:制限で3m前に移動してショットガンバレットを
シドー:ほい、じゃあシルフィとレオンと自分に
シドー:あれ、ガンにセイクリットは効果なかったかw
シルフィア:範囲ギリギリだけど巻き込めるはず
シルフィア:魔法制御ないので対象はランダムでw
エルダイト:元から魔法ダメージだからOKじゃない?>ガン
レオン:今回だけの大技だw
GM:さきにシドーさんのセイクリッドを解決してくださいな。
シドー:命中+1、ダメ+2になるが
シルフィア:元から魔法ダメだからセイクリッドの効果は乗らないと思ふ
GM:魔法ダメなので、+2はなくて、命中のみ+1ですね。
レオン:命中あがるのはいいかも
シドー:OK,なら先にやらせてもらうよ、OKかの?>シルフィ
シルフィア:了解
シドー:2d6 行使判定
シドー:シドー -> 2D6 = [1,1] = 2
シドー:ちょw
レオン:ええーw
シェロ:むw
エルダイト:あ 1ゾロw
シルフィア:出だしでこけた?w
シェロ:50点どうぞーってやばw
レオン:前回と逆だwダイス目に殺されそうw
シドー:ヽ(`Д´)ノ
GM:50点だー・・・あれ、大丈夫かな(汗
シェロ:ぶっちゃけアンマリ大丈夫じゃ無いぞw
シドー:ごめ、GMこのあと補助動作ってできた?
シドー:無理かw
GM:オーケーですよ。補助
レオン:ならセイクリッドはレオンがかけるか、つっこんで乱戦か・・・・
シドー:じゃあ、自分にビートルスキンをして終了(スマヌ>ALL
シルフィア:それはしかたない
エルダイト:どんまいです シドーさん
GM:甲虫了解。シルフィかな。
レオン:シルフィア嬢ちゃんさきにどうぞ。撃たれるw
シルフィア:
GM:ショットガン使うと射程が半分になるのを注意してね。>シルフィ
シルフィア:制限で3m前審
シルフィア:残り17m時点でショットガン+タゲサ使います
GM:ダイス2回どうぞ
シルフィア:タゲサとショットガンって行使判定必要だっけ・・・?
レオン:星はいらないかな
シルフィア:両方とも補助ですが
GM:判定もいらない?1ゾロあるのでは?
レオン:いるのかな?
シルフィア:新米女神のリプレイでも行使判定してるとこないような・・・<マギテの補助魔法
GM:ええい時間もないので、今回はナシで。後で確認します。
GM:さあ撃ちたまえ!
エルダイト:ルルブ1の134ページ 弾を込めるは自動成功らしい
シルフィア:ですよね・・・
GM:タゲサ分がいるのか。
レオン:もうなくていいかも星は
シルフィア:2d+13 命中判定
シドー:シルフィア -> 2D+13 = [4,6]+13 = 23
GM:とりあえず撃ってー
シルフィア:5体ランダムで23と言ってます
GM:了解。目標決めます
GM:5d6
シドー:GM -> 5D6 = [2,2,4,2,2] = 12
GM:なんだこれ。馬車に4回、馬2に1回命中。
レオン:片寄った?
シルフィア:かたよったね
GM:ダメも1回ふりでお願い。
レオン:まわれー
シルフィア:r20+13@11
シドー:シルフィア -> Rate20+13@11 = [6,5:9][4,6:8]<クリティカル>+13 = 30
レオン:おおー
シルフィア:まわったよ・・・
GM:まわるしー30点ですな。
レオン:まわれーは毎回言おうw
エルダイト:結果オーライですねーナイス偏り+クリティカル
シルフィア:馬車おちたんじゃ?w
シェロ:4回ヒットてことは・・・・
GM:って、馬車に120点ですか。1撃粉砕ですよ。
シェロ:馬車に120点?
シルフィア:120点魔法ダメ
シドー:すげえw
レオン:御者が狙える
GM:次の方ー
エルダイト:瞬殺ですねー
シェロ:どんどん行こう
シドー:ちょっと安心
レオン:では補助で飛んで全力移動前線へ
レオン:そして乱戦宣言
レオン:でおわりかな
GM:全員ですね?
レオン:ですね
エルダイト:私は終わったー
シェロ:私も終わった
シルフィア:おわったー
GM:では、馬がレオンを蹴ります
GM:2回回避0¥でー
レオン:2d+9+1 回避
シドー:レオン -> 2D+9+1 = [4,2]+9+1 = 16
レオン:2d+9+1 回避
シドー:レオン -> 2D+9+1 = [4,5]+9+1 = 19
レオン:よけたかな?
GM:1回当たり。
GM:2d6+8
シドー:GM -> 2D6+8 = [1,6]+8 = 15
GM:15点物理です。
レオン:1点くらい
GM:硬いな。
シェロ:さあて、ここからが恐怖の
シェロ:魔法祭か・・・
GM:バンシーが3m制限移動してレオンに乱戦宣言、ブラストを発動。
レオン:魔法制御はないけど仲間巻き込みつつ派手な技はありえる
GM:精神抵抗をお願い思案す。
レオン:2d+10
シドー:レオン -> 2D+10 = [6,4]+10 = 20
レオン:20です
GM:抵抗成功。
GM:sw30+9@13
シドー:GM -> Rate30+9@13 = [4,4:8]+9 = 17
レオン:9くらいます
GM:半分は切り上げ?まあよいやそれでお願いします。
GM:スペクターが移動せず、エネルギージャベリン。
GM:1d6
シドー:GM -> 1D6 = [5] = 5
シェロ:一番危険な魔法来た
GM:目標はシェロ。抵抗をー
レオン:抵抗してーw
シェロ:2d6+10 よし、無理
シドー:syero -> 2D6+10 = [1,3]+10 = 14
エルダイト:がんばれー
シェロ:はっはhっは
シェロ:素通しだよ
レオン:痛そうだ
GM:sw40+14@10 失敗でダメをー
シドー:GM -> Rate40+14@10 = [1,2:4]+14 = 18
GM:18点魔法です。
レオン:低くてもいたい
シェロ:18点はおもいぜ
シドー:一気に18カ
エルダイト:ですねー
GM:で、こちらは終わりです。
シェロ:24点しか残ってない==
シェロ:さて、どういこうか
エルダイト:プレイヤーターン私ってグレネード以外することないから 先にグレネード撃つ?
レオン:制御ありですよねOK!
シルフィア:制御ないと大変なことにw
エルダイト:制御あります~ 撃つねー
レオン:きけーまわれー
GM:撃てー
エルダイト:対象は敵全体を巻き込むように グレネード
エルダイト:2d6+7
シドー:エルダイト -> 2D6+7 = [5,2]+7 = 14
エルダイト:3
エルダイト:あ+3で 17です
GM:スペクターのみ抵抗。ダメください。
エルダイト:sw30+10+1@10
シドー:エルダイト -> Rate30+10+1@10 = [1,3:4]+10+1 = 15
エルダイト:15
GM:スペクターは半分で8と。
エルダイト:点です マナリング(計算済み)
シェロ:さて、撃ってみようか・・・
レオン:きけーまわれー
シェロ:数3倍拡大 カオスショット 本体3つに
シェロ:2d6+12
シドー:syero -> 2D6+12 = [3,5]+12 = 20
レオン:通った!
GM:ダメくださいな。
レオン:まわれー
シェロ:r20+12@10
シドー:syero -> Rate20+12@10 = [6,2:6]+12 = 18
シェロ:っく、まわらんかった・・・18点ですわ
レオン:いいダメだ
GM:そのまま貰って、馬2が消滅。
レオン:撃たれてたしね
GM:前衛二人はー?
レオン:シルフィア嬢ちゃんどうぞ
シルフィア:回復されるとうざいので御者にバーストショット
レオン:きけーまわれー
シルフィア:2d+12+2 命中判定
シドー:シルフィア -> 2D+12+2 = [2,6]+12+2 = 22
レオン:きた
GM:命中ですよ
シドー:ォー
シルフィア:r30+13@11
シドー:シルフィア -> Rate30+13@11 = [4,5:9]+13 = 22
レオン:まわれー
レオン:おしい
シルフィア:惜しくも回らなかった
GM:かけらのおかげでかろうじて残った。
エルダイト:でも良いダメージb
レオン:ですね
シルフィア:さぁ、あとは欠片分だけ!
シェロ:キット欠片分散して棚w
GM:部位持ちはかけらを均等に割り振るのがデザイナー推奨なんですよねーコアが弱くて困るー
シドー:ではホーリーライト
レオン:とおれー
シドー:2d6+7 ホーリ・ライト
シドー:シドー -> 2D6+7 = [4,5]+7 = 16
シドー:むぅ
GM:キャンセルしてください。
シェロ:ハートを打つんだw
GM:範囲には敵がいないはず。
シドー:ごめ、
GM:対象を宣言してくださいな。>ハート
シドー:じゃあ改めて、3mすすんでから魔法拡大/数を宣言して、3人分(コア狙い)でキュアハート
レオン:とおれー
シドー:でいいかの?>GM
GM:3人は・・・御者、馬1と、あと1つは?
シドー:バンシーがまだいたよね?
GM:了解。ロールどーぞ
シドー:2d6+8
シドー:シドー -> 2D6+8 = [5,3]+8 = 16
シドー:あああw
シドー:ごめ、15
GM:御者とスペクターは抵抗。バンシーのみダメください。
レオン:御者、スペクター本体、バンシーですよね?
レオン:おしい
シドー:そそ、ダメ判定いきま
GM:え15?・・・3対とも抵抗。
シドー:r30+7+3 キュアハート
シドー:シドー -> Rate30+7+3 = [6,5:10]+7+3 = 20
シドー:半分の10ポイント
GM:確認。達成地は15?16?
シドー:ごめ、15
GM:15なら全員抵抗で、抵抗は効果消滅です。
レオン:12ですね。ダメ
シドー:げw
レオン:+3はあとでたすから
レオン:消滅かー
シドー:消滅かいw
GM:効果消滅なので、+3もナシ。
シドー:ホントウダ
レオン:ならマルチアクションでシェロ嬢ちゃんにハート、御者をつく
レオン:あぶない補助でキャッツアイ
GM:どちらからでも判定してください。
レオン:はーと
レオン:2d
シドー:レオン -> 2D = [2,5] = 7
レオン:r30+7
シドー:レオン -> Rate30+7 = [2,6:8]+7 = 15
レオン:15回復
レオン:2d+10+1+1 命中
GM:了解。御者への攻撃を
シドー:レオン -> 2D+10+1+1 = [3,2]+10+1+1 = 17
シェロ:OK 39まで回復
レオン:17
GM:命中です
レオン:r25+16@10 焔刃の長槍片手
シドー:レオン -> Rate25+16@10 = [2,5:6]+16 = 22
レオン:22です
GM:ああ、御者が消滅。コア消滅で馬も消えました。
GM:残りはスペクター・ナイト(2部位)、レッサーバンシー
レオン:「こいつも犠牲者なんだがな・・」
レオン:御者から槍を抜く
レオン:終わり
エルダイト:敵ターンかな?
GM:では、スペクターが3m制限移動でレオンに乱戦宣言。馬が蹴ります。回避を
レオン:2d+9+1 回避
シドー:レオン -> 2D+9+1 = [2,3]+9+1 = 15
レオン:蹴られた
GM:あたり。
GM:2d6+10
シドー:GM -> 2D6+10 = [2,5]+10 = 17
GM:17点です。
レオン:3点
レオン:49HP
GM:スペクターはジャベリンを
レオン:これがw
GM:1d5
シドー:GM -> 1D5 = [4] = 4
エルダイト:当分耐えれますねー 自己回復するし
GM:シルフィですね。精神抵抗を
シルフィア:さぁ、だれにとぶ!
シルフィア:2d+11
シドー:シルフィア -> 2D+11 = [6,4]+11 = 21
GM:抵抗成功ー
レオン:おおー
レオン:まわらないと少し安心
GM:sw40+12@13
シドー:GM -> Rate40+12@13 = [2,3:6]+12 = 18
GM:18点ですー純エネ。
シルフィア:9点もらっときます
GM:そしてバンシーが金切り声ー精神抵抗してください。全員です。
レオン:2d+10
シドー:レオン -> 2D+10 = [3,5]+10 = 18
エルダイト:2d6+11 精神抵抗
シドー:エルダイト -> 2D6+11 = [6,5]+11 = 22
シェロ:2d6
シドー:syero -> 2D6 = [2,4] = 6
GM:目標値16で成功します。
シドー:2d6+10
シドー:シドー -> 2D6+10 = [2,2]+10 = 14
シルフィア:2d+11 精神抵抗
シドー:シルフィア -> 2D+11 = [5,3]+11 = 19
シドー:アレw
シェロ:おっと+10わすれてた
レオン:シドーがw
シェロ:ので16ですわ
シドー:イヤン
レオン:殴られると一番痛そうな人がw
GM:シドーは次の手番、ランダムに近接攻撃してくださいねー
GM:で、GM手番は終わり。
シドー:マヂカー
シェロ:んではいきます
GM:シェロですね、どうぞ。
シェロ:ええと残ってる部位全部に拡大カオスショット
シェロ:今の残り4部位?
GM:2部位+1体で3ですね。
レオン:「すごい魔力の高まりだ」w
シェロ:2d6+12
シドー:syero -> 2D6+12 = [6,5]+12 = 23
レオン:きた
GM:抵抗できないよ、そんなの。
GM:ダメください。
シドー:あと1で6ゾロ
シェロ:r20+12@10
シドー:syero -> Rate20+12@10 = [4,5:7]+12 = 19
レオン:いいダメ
シェロ:19点ですわー
GM:ダメもらってバンシーが消滅。スペと馬は初ダメ。
レオン:魔法組さんお先にどうぞ
エルダイト:では グレネードで 残った敵全員対象になるように撃ちます
GM:ください。
エルダイト:2d6+10 魔法
シドー:エルダイト -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
エルダイト:16です・・・
GM:それは抵抗成功。
エルダイト:sw30+10+1@13
シドー:エルダイト -> Rate30+10+1@13 = [5,2:7]+10+1 = 18
エルダイト:18ダメージ半減です 9点
GM:17の半分=9、マナリングで10もらいます。
レオン:シルフィア嬢ちゃんガンバレー
GM:さあこい。
シルフィア:馬と本体どっちいこう?w
レオン:本体射撃は大きい関係ないし
GM:本体がコアですよー
シルフィア:先に補助でタゲサ使います
シルフィア:2d
シドー:シルフィア -> 2D = [4,3] = 7
シルフィア:本体にクリティカルバレット
シルフィア:2d+13
シドー:シルフィア -> 2D+13 = [5,4]+13 = 22
エルダイト:あ マナリングって抵抗後でしたか・・・失念してました
レオン:当たった
GM:命中。ダメください。
シルフィア:r20+13@10 ダメージ
シドー:シルフィア -> Rate20+13@10 = [6,1:5]+13 = 18
レオン:まわれー
シルフィア:まわらないかぁ
GM:まわらないか。18点もらいます。
レオン:でもいいダメ
GM:次がシドーさん?
シドー:そうじゃな
レオン:そのほうがありがたく
エルダイト:ヘイカモーン!
シドー:じゃあエルに攻撃><ノ
GM:一番近い得るに攻撃。お互いにロールしてくださいな。
レオン:wwwお互いロール
エルダイト:一応回避平目を
レオン:バンシー仕事したなw
シドー:2d6+12 「エルダイト!、よけてくれ!!」
シドー:シドー -> 2D6+12 = [5,2]+12 = 19
シドー:ぶ・・・・・
GM:1ゾロ6ゾロがあるからー
エルダイト:2d6-1
シドー:エルダイト -> 2D6-1 = [3,1]-1 = 3
GM:回避で6ゾロだー
レオン:あたった
レオン:大丈夫金属は回らない
GM:さすがにね。ダメ出してください。クリ+1で。
シドー:こ、攻撃イキマ
シドー:r40+15@11 攻撃
シドー:シドー -> Rate40+15@11 = [1,3:5]+15 = 20
シドー:よかった、マワラナカッタ
GM:低かったですね。HP計算してください。
GM:そしてレオンー
エルダイト:「大丈夫・・・・僕なら大丈夫だから・・・・今は心を強く持って目の前の敵に・・・」(吐血) 9点ダメージ まだまだ平気
レオン:えーと回復欲しい方います?
エルダイト:HP36/45
レオン:いなければ光って殴ろうかと
シドー:大丈夫
エルダイト:攻撃重視でOKですよー
GM:ください。
レオン:了解マルチでホーリー+殴り、補助ターゲット
レオン:2d+7
シドー:レオン -> 2D+7 = [4,3]+7 = 14
GM:ホーライください。
レオン:r20+7
シドー:レオン -> Rate20+7 = [4,1:3]+7 = 10
レオン:8ダメかな弱点で
レオン:馬生きてますよね?
GM:いやいや、抵抗の判定が先。
レオン:そうか回復が弱点か
GM:ホーリーライトの達成値をください。
レオン:14です
GM:あ、これか。了解。では半分で5ダメ。馬も生きてます。
レオン:では馬に
レオン:2d+10+2+1 命中
シドー:レオン -> 2D+10+2+1 = [2,5]+10+2+1 = 20
レオン:20
GM:ダメください
レオン:r25+16@10 焔刃の長槍片手
シドー:レオン -> Rate25+16@10 = [6,1:6]+16 = 22
レオン:22です
GM:あ、馬が消滅した。
レオン:やった
GM:残りはスペクターのみ。
レオン:「これで届くか?」
GM:で、GM手番か。
レオン:ですね
GM:うーん。ダイス振ろう
GM:1d8
シドー:GM -> 1D8 = [8] = 8
GM:結局、ジャベリンかー
GM:1d5
シドー:GM -> 1D5 = [5] = 5
GM:あ、ごめんシェロはナシにして良いですか?
シドー:おk
レオン:シェロ嬢ちゃんは外して欲しい
レオン:OK
エルダイト:OK
GM:1d4
シドー:GM -> 1D4 = [3] = 3
GM:目標は、シドーさん
GM:精神抵抗してください。
シドー:ほい
シドー:2d6+10 精神抵抗
シドー:シドー -> 2D6+10 = [3,1]+10 = 14
シドー:ひくww
レオン:あっ
レオン:シドーさん厄日だ
GM:sw40+12@10 抵抗失敗のダメー
シドー:GM -> Rate40+12@10 = [4,2:7]+12 = 19
シドー:ダメ
GM:19点魔法ですー
シドー:「ふ、この程度!」HP35
GM:さ、トドメを刺してくれ。
シドー:結構痛いワ
レオン:www魔法組さんどうぞ
エルダイト:じゃあグレネード
GM:ください。
エルダイト:2d6+10
シドー:エルダイト -> 2D6+10 = [4,1]+10 = 15
GM:抵抗成功
エルダイト:sw30+10@13
シドー:エルダイト -> Rate30+10@13 = [5,3:8]+10 = 18
エルダイト:18/2+1で 10点です
GM:了解。まだ生きてる。ここからかけら分に入りますw
エルダイト:「僕だってみんなと一緒に・・・戦えるんだ!」
シルフィア:補助でタゲサ使用
シルフィア:2d
シドー:シルフィア -> 2D = [5,2] = 7
シルフィア:クリティカルバレットで本体攻撃しまーす
GM:ください。
シルフィア:2d+13 命中判定
シドー:シルフィア -> 2D+13 = [6,3]+13 = 22
GM:命中。
シルフィア:r20+13@10
シドー:シルフィア -> Rate20+13@10 = [3,3:4]+13 = 17
シルフィア:17ダメです
GM:まだまだー(笑)
シルフィア:なにー!w
レオン:ならセイクリッドをシドーに!
レオン:2d
シドー:レオン -> 2D = [1,1] = 2
シドー:ぶwww
エルダイト:
レオン:あー
GM:ちょw
シルフィア:これは・・・?w
GM:今日の神サマはアンデッドを殺す気がないようだw
シドー:あ、マルチアクションでなく?
レオン:ドラマだw
エルダイト:今日はセイクリット発動しない日ですねー 
シドー:うちが最後か・・・
シドー:ウーム(思案中
レオン:フォースがある
GM:あと3m制限で乱戦に入っていいですよ。
GM:スペクターは前に出てきてたので。
レオン:制限移動マルチセイクリッド殴りだw
シドー:オース柄って
レオン:必殺コンボ
シドー:ああ、そんな距離なのか
シドー:了解
シドー:じゃあ3m移動後、マルチアクション宣言してセイクリットを唱えます
シドー:2d6 行使判定
シドー:シドー -> 2D6 = [4,5] = 9
シドー:よしw
レオン:よかったw
シドー:攻撃行きます!
GM:さもう一度1ゾロ!・・・ではなかったw
シドー:命中は・・・
GM:どぞー
シドー:2d6+12+1+1 命中判定
シドー:シドー -> 2D6+12+1+1 = [2,2]+12+1+1 = 18
シドー:ちょwww
GM:ええーw
レオン:あれw
GM:回避19なんだよね・・・
レオン:これログ信じてもらえるかなw
GM:行動が残ってる人はシェロかー
エルダイト:前回も同じ台詞をw>これログ見て信じてもらえるかな?
GM:誰かブラスと撃ってください。
シドー:あ、まって
シドー:腕輪ブッコワシテもイイノデショウカw>GM
レオン:それだw
エルダイト:その手が!w
シドー:ここらへんのルール分かってないのだが攻撃中は無理かの?
GM:命中上がるのか!
レオン:いいと思いますよ
シドー:ボーナス+2されますw!
シドー:じゃあ腕輪粉砕と同時に命中ボーナス+2!ヽ(`Д´)ノ
GM:ダイス振って外してから、壊すで良いはずです。
GM:命中ー!
レオン:1000Gさようならw
エルダイト:サイコロを振った直後に壊すとって 記述されてるね
GM:ダメください。
シドー:うむ、でも動作的に不思議なんだよねw
シドー:あい
レオン:まわれー
レオン:空気読んで割れるw
エルダイト:あははw
GM:それいいな。>空気読む腕輪
シドー:r40+15+2@10 [
シドー:シドー -> Rate40+15+2@10 = [6,4:11][4,5:11]<クリティカル>+15+2 = 39
レオン:おおー
GM:まわったーー
シドー:「いけええええ!ヽ(`Д´)ノ」
シドー:うお
レオン:「斧の動きがみえない」w
シドー:最後の最後でドラマが(涙
シルフィア:だいぶすごいダメージにw
GM:おーけー。スペクターは淋しげに「アニー・・・・・・」とつぶやきながら消えていきます。
シドー:じゃあ倒し際に一言 「1000G分の思いと共に消え行くがいい!(ぉ」
シドー:・・・台無しなきめ台詞デスナw
レオン:「愛し方を間違っちゃいけないぜ」奥さんのこと思い浮かべながら
GM:スペクターが消えると、おぼろげに光る犬が嬉しそうにキャンキャにいながら、あなたたちの周りを走り回り、すぅーときえていきます。
レオン:ジョンは名犬だ
GM:消え際には、犬が笑ったような気がしますが、たぶん気のせいでしょう。
シドー:後でまたジョンのお墓に餌でも添えておこう。
レオン:「ご主人様を立派に守ったな」祈ろう
GM:すべてが終わり、辺りは静寂につつまれました。やがて夜が明けるでしょう。
エルダイト:「・・・・・・それで良いの・・・・・・?」シドーさんを見ながら 「ジョン・・・本当にいい子だね」
レオン:「アニーにどう伝えたものか・・」夜明けをみながら
シルフィア:「良い忠犬だったんだね」
シドー:「うむ・・・」(と言いながら、エルの頭を撫でながら少し感傷に浸ってますよ。)
エルダイト:「エルさんとりあえず 怪我治して・・・」
GM:これで一応シナリオクリアです。後日談と報酬があるのですが、私の方も時間がなくなってきました。後で掲示板のほうに上げる、で良いでしょうか?
エルダイト:訂正「シドーさんとりあえず怪我治して」
シドー:ああ、そうだった回復しておく
エルダイト:Okですよー
レオン:OKです。かけらだけふりたいから数教えてください
シドー:了解
GM:かけらは10個でしたので、分配して振ってください。
レオン:戦利品は+のあるかたどうぞ
エルダイト:一人離席だからGMあわせて 5人が2D6づつですか?
レオン:それ以外の人でかけらふりましょう
シドー:2d6 シドー分
シドー:シドー -> 2D6 = [2,2] = 4
エルダイト:戦利品+2あるので 欠片はお任せします
GM:了解。代理で振ります。
GM:2d6
シドー:GM -> 2D6 = [6,4] = 10
エルダイト:戦利品 バンシー → アンホリー → スペクターの順で
シルフィア:2d6 欠片
シドー:シルフィア -> 2D6 = [5,4] = 9
エルダイト:2d6+2
シドー:エルダイト -> 2D6+2 = [1,1]+2 = 4
エルダイト:2d6+2
シドー:エルダイト -> 2D6+2 = [1,3]+2 = 6
エルダイト:2d6+2
シドー:エルダイト -> 2D6+2 = [6,6]+2 = 14
GM:欠片は全員ふってくださいね。
エルダイト:極端なダイス目ですね>戦利品
エルダイト:じゃあ欠片 
エルダイト:2d6
シドー:エルダイト -> 2D6 = [5,6] = 11
GM:戦利品はあとで出しておきます。50点になるんでしたっけ?
GM:欠片まだの方ー
レオン:2d
シドー:レオン -> 2D = [6,6] = 12
GM:おお。
シドー:6ゾロ
エルダイト:戦利品で1ゾロって どうなるの?ファンブル?
レオン:反転できるしそうかも
GM:名誉点46ですかね。戦利品1ゾロは確認しておきます。反転ないし、このままで。
エルダイト:じゃあバンシーはファンブル  アンホリー6  スペクター14ですね
GM:では、あわただしくて申し訳もありませんが、ありがとうございましたー
エルダイト:はーい了解です
シルフィア:あいあぃ
シドー:了解
エンディング

冒険者達の活躍により、看板娘アニーを狙っていたスペクターは倒され、死してなお主人を守ろうとした忠犬ジョンも安らかに天に召された。
元賢者の学院生リカルドが怪しいとの結論に至った衛士隊は、地道な捜査によってリカルドの住処を特定、踏み込んだ。
しかし、すでにリカルドは自殺しており、凶器と思われる鎌の様な刃を持つ禍々しい短刀が証拠として押収された。
突入した衛士によると、リカルドの部屋にはところせましとアニーを描いた肖像画やデッサンが貼られ、壁や床が見えない状況だったという。

押収された短刀は賢者の学院とキルヒア神殿によって調査が進められた。
その結果、短刀は第二の剣の古代神"不死神"メディシエの神官が用いる邪悪な祭器であると判明。
しかも、この短刀で命を奪われた者は程度の差があるものの"穢れ"による力を与えられ、アンデッド化するという。
キルヒア神殿の奥深くに封印するとともに、リカルドがどのような経緯でこの短刀を手に入れたのか、今後も捜査を続けることとになった。

衛士ジョン
「・・・というわけで、衛士隊はしばらくこの事件を継続捜査することになりました。皆さんのご活躍に感謝して、内密に護民官から報奨金が出されるそうです」
グレン
「内密にって、要するに余計な事しゃべるなって口止め料だろう」
衛士ジョン
「いや、まぁ、そうストレートに言われると困ります」
サーシャ
「現場検証に立ち会ったうちの師匠によると、リカルドはまず、犬のジョンで短刀が本物か試し、御者で人体実験をしてから、自殺したようね」
「酒場の女性が殺されたのは、行き当たりばったりだったみたい」
グレン
「これでアニーが元気になってくれれば良いんだがな。モノはそう簡単じゃないよなぁ」
衛士ジョン
「いえ!アニーの笑顔は、ぼぼぼ僕が、と、とと取り戻して見せます!そのために吟遊詩人に頼んで歌も作ってもらいました!」
「『亜麻色に輝く髪は~美しい川のよう~美しき流れを涙で曇らせては~いけない♪』この歌を贈って今度こそ!」
グレン
「おや、お客さんだな」
アニー
「あ、グレンさん、こんにちは!これ女将さんがもって行けって。特製お弁当だそうです。皆さんによろしくって」
サーシャ
「アニーさん、その髪・・・」
アニー
「はい。気分転換にばっさり切っちゃいました。似合いませんか?」
「この間、夢にジョンが出てきて・・・・・・ジョンは悲しそうに鳴いていたんです。それで、死んだジョンに心配されるような往き方じゃいけないって思って」
「これからは、長生きできなかったジョンの分まで、一生懸命生きようと思います。じゃあ、またお店にも来てくださいね」
衛士ジョン
「・・・あ、あ、あ・・・・・・アニー・・・・・・」
グレン(うなだれるジョンの肩を叩きながら笑う)
「笑顔が戻ってよかったじゃないか。なぁおい」
グレン
「さてお前ら、実はマギテック商会から、ちと厄介な依頼が来てるんだが、話だけでも聞いてみるか?」
グレンの言葉をきっかけに、冒険者の店「紅蓮の炎亭」はいつもの喧騒に包まれていく。
(第19話 了)

 

2011年7月 3日 19:44