トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ ソードワールド2.0 第13話 「リボルテック追究」

ソードワールド2.0 第13話 「リボルテック追究」

「リボルテック追究」

冒険者の宿「紅蓮の炎亭」別館建築現場の地下室は様変わりを遂げていた。
倉庫になるはずだった場所は完全に地下遺跡への入り口と化しており、まだ仮設ながら階段まで設置されている。
地下1階部分の土砂は掘り返され、建設中の別館のバルコニーに使われたり、屋上の日差し避けとされたり...
「おいおい、部屋の中まで土間になっちまうんじゃないのか?」
とは建設現場のドワーフたちの笑い話だが、この調子で2階、3階と下層が土砂に埋もれていた場合、笑い話では済まない。
ただ、この土砂の中に重要な物が埋もれている可能性は否定できないため、簡単に捨てることもできないのが現実である。
現場のドワーフたちは、慎重に1層部分の土砂を取り除き終えようとしていた。

さて、折りしも『守りの剣と盟約の鞘』に関する件でヴィッセンの歴史を紐解く作業も急務であった。
キルヒア神殿の地下図書館などにも歴史関連の調査が依頼されたという。
グレンは、宿の紋章を持つ冒険者たちで知識豊富なレアなどを中心に、入手した史書を読み解く作業を進めている。

レア 「以前にベスが迷子になった遺跡。あれはリボルテックのラボの1つだったみたいね...」
ベス 「あんなのが他にもあるですか? 興味津々ですよ」
グレン「確かにリボルテックって結構有名な操霊術師だもんな。遺跡が、たったあれだけの規模とは思えん」
ベス 「この模様、見たことあるですよ」

ベスが指差したのは、以前に踏破したリボルテックの遺跡の入り口にあったフィギュア盤。地下への鍵となっていた、あれだという。

レア 「魔晶石を盤上において『開け試練場への扉』と唱えよ。困難を排しても知識を得たき者を歓迎す...ですって」
グレン「こらこら、また迷子になるぞ」

グレンは、じたばたするベスの耳を掴んで苦笑いした。

開催日:2008年9月6日

GM:kogさん

GM; ●第13回「リボルテック追究」
ナユカ: ぱちぱちぱちー
シェロ: ぱちぱちぱちー
ベス: おおー
GM: 放っておけば、また迷子になりかねないベスと一緒にナユカとシェロはリボルテックの遺跡へとやってきました
シェロ: 「なんかみんなで迷子になりそうデスねー」
ベス: 「ナユカちゃんシェロちゃん早くいくです。道は私の後ろにできるです」
ナユカ: 「とうちゃーく、着いたよー(ペスを背負いつつ)」
GM: ここは魔動機文明時代の遺跡で、レアやベスが調べた史書によると、リボルテックのラボの1つだったらしいですね
GM: ベスにとっては懐かしい思い出の地
ベス: 「前回は行けなかったら楽しみです。下調べはばっちりです」
ベス: 「こつはひとりで遺跡に行かないことです」
ベス: 「ナユカちゃんシェロちゃんと一緒なので心強いです」
シェロ: 「いや、調べてから行くことじゃないデスか?」
ナユカ: 「そうだねー。前衛破られたらごめんね?w」
ベス: 「シェロちゃんは難しい子というです」
GM: ベスの調査によると魔晶石を入り口の部屋のフィギュア盤に置いて、コマンドワードを唱えると何か起きるようですが
シェロ: 「んー点数とか関係あるんデスかねー・・・」
ナユカ: 「魔昌石・・・・・・・・・私もってないよw」
ベス: 魔晶石を買い忘れた
GM: 誰も持ってなければグレンさんが渡してくれてたでいいですよ
シェロ: 「別の遺跡から持ってきた」
ベス: 了解です
ベス: そうかシェロちゃんは前回いたから
シェロ: 「この秘蔵の13点魔晶石があるデス」
ナユカ: 「おおー」
ベス: 「高そうな魔晶石です」
GM: 使いますか? シェロ
シェロ: 「きっと、このときのために入手した気がするデス、使用するデスよ"」
ナユカ: 「その前に、コマンドワードってどんなの?
GM: レア 「魔晶石を盤上において『開け試練場への扉』と唱えよ。困難を排しても知識を得たき者を歓迎す...ですって」
ベス: 「シェロちゃん『開け試練場への扉』と唱えるです」
ベス: セッション告知スレ参照です
GM: とレアが言ってたのを思い出す
シェロ: 『開け試練場への扉』
シェロ: デスね
ナユカ: 「試練場?何の試練だろ」
GM: 4点ほど消費して盤が光りだします
ベス: 「反応があったです!」
シェロ: 「おー、光ってるデスねー」
ベス: まわり見渡します
GM: レア「試練場か... ええと...」(紅蓮の炎亭にて)
GM: 光はフィギュア盤に吸い込まれて階下で薄い光が灯ったようです
ナユカ: 「おおー」
ベス: 「さっそくいくです」
シェロ: 「外したらダメそうデスねー、そのままにしていくデス」
ナユカ: 「私が先頭に立つね、後ろから明かりよろしく
GM: ベス、危機感知お願い
ベス: はい
ベス: 2d+12
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [3,1]+12 = 16
ベス: 16です
シェロ: ついでに一応持ち歩きライト使用しとくデスよー
GM: 以前来たときと比べて違和感はないね
シェロ: 杖にでもかけて持ち歩こう・・・ ライト発動、mp1使用っと
ベス: 「大丈夫そうな気がするです」
シェロ: 2d6+9
ナユカ: シェロ -> 2D6+9 = [4,2]+9 = 15
GM: ライトOK
ベス: 「気をつけて進もうです」
GM: 階段を降りてゆきます。足下に部屋が見えてきますが、床が薄く光ってますよ
ナユカ: 「よっし、慎重にすすもー」
シェロ: 「そうデスねー...怪しいにもほどがある床デス」
ベス: 「どんなしくみですかね。光ってます」
ベス: 明るいということは室内の様子がわかる?
GM: すこし暗いですね。魔法陣が光ってます。
シェロ: 転送装置っぽい気がするなあ・・・
ナユカ: どんな魔法陣かな?暗視持ちなら割とわかる?
GM: ちなみに一度来たことあるキャラは冒険者レベル+知力ボーナスでちょうだい
ナユカ: はい
ベス: 2d+12
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [4,5]+12 = 21
ベス: 21です
シェロ: ふ...来たことなどない・・・さ・・・
ナユカ: 2d6+5+4
ナユカ: ナユカ -> 2D6+5+4 = [5,1]+5+4 = 15
GM: 来たことないキャラは真語or操霊+知力ボーナスで
ナユカ: 15ですー
シェロ: となると・・・ 2d6+8
シェロ: 2d6+8
ナユカ: シェロ -> 2D6+8 = [6,3]+8 = 17
シェロ: 17デス
ベス: 前回とは11回かな
ベス: それでも21です
GM: 魔法文明語で書かれてますね。魔法生物を生成する補助儀式の術式といったとこですか
ナユカ: なるほど
GM: 少し言い方が悪かったですね。この遺跡に以前に来たことある方です
ベス: 「こ、これはめずらしいものですよ!」女の子型魔法生物がつくれるのかな
ナユカ: 「とりあえず降りてみましょうか」
GM: で、ベスは前回来た時にあった魔法陣とは少し違うように思います。記憶とは違うような...
シェロ: 「そうデスねー、ちかよってみるデスよー」・・・作れたらいいなあw
ベス: 「ちょっと変わってるかもです。詳しく調べてみるです」
ベス: 魔方陣の部屋へはふつうにいけますか?
GM: 遮るものはありません
ベス: 罠は調べようも無いからいきましょう
ナユカ: そだね
シェロ: 行きますかー
GM: 近付くと術式の一部が刻々と変化してます。魔法文明語で10、9、8...
ベス: スカウトいないのはどきどきです
ナユカ: とりあえず危険感知だけはしておこう
GM: 危険感知どうぞ
ベス: 「・・・これはカウントダウンというです。本で読んだことあるです」
ナユカ: ベスちゃんおねがーい(危険感知w
ベス: 2d+12危険感知
シェロ: 「お願いするデスよー」
ベス: 2d+12
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [2,1]+12 = 15
ベス: 15です。目が低い
ベス: 背中の毛が逆立つ感じあるかな?
GM: ちょっと違うかな。3、2、1‥‥ 目の前にウサギが現れてビックリ
ナユカ: 「......ベスちゃんのお友達?」w
シェロ: 「むしろ本人デスか?」
ベス: 「?幼馴染にはいないタイプです」
GM: ベスの言うとおり。ウッサーに似てる
ナユカ: 「ウッサー2号?」
ベス: 「あれ?ウッサー君そっくりです」壊れた箇所はない?
ベス: 同型くんかな?
ナユカ: 「多分パワータイプなんだ<力の2号」
GM: でも両手にはガントレット付けてるし、ターミネーター風のサングラスつけてて、ちょっち格好いい
ベス: www「なんですか?かっこいいウッサー君ですw」
シェロ: 「なんか腕が飛んだりとかしそうデスね」
ナユカ: 「サングラス取るとビームが出るんだw」
ベス: 「えーと始めましてです。言葉わかりますか?」
GM: ラウンドガールならぬラウンドバニーという雰囲気で棒のついたプラカードを持ってるよ
ベス: いろいろな言葉で話しかけてみる
ベス: wwwいよいよおもしろいw
シェロ: なんて書いてあります?w
ベス: 魔動機文明語読めないのか私たちはw
GM: 魔法文明語が分かる人は、ところどころ聞き取れる
ナユカ: 魔道機文明語ならわかるよ
ベス: よかった
ナユカ: 魔法文明語はわからないけど
GM: 魔動機文明語が分かる人は聞き取れる
ナユカ: あ、なら話しかけてみようか「うん、わかるよ、君は誰?」
シェロ: 魔道機文明語...読めるわ...あと魔法文明語もあったりする・・・
GM: ウッサーG「試練が始まる。逃げ帰ったら不戦敗だよ」
シェロ: G!?
ベス: 「試練?君は案内役ですか?」
GM: プラカードには魔動機文明語で「軽ーく試練いってみる?」
ベス: www軽いのかなw
シェロ: 「軽いノリデスね~」
ナユカ: G?!
ナユカ: つまりは真がどこかにいるんだw
ナユカ: 「軽いノリだなぁ」
ベス: ウッサーはいいなネタになりそう
GM: ウッサーG「うんにゃ、試練役。受けてみる?」
シェロ: 「どんなんデスか?」
ベス: 「君と戦うですか!?」
ナユカ: 「なんか魔法生物でてるの?」
ベス: ウッサーGくんはやるきまんまんですか?
GM: ウッサーG「そうだよ。僕は試練役」「難しいことわからない <なんか魔法生物でてるの?」
ベス: ウッサーGくんに魔物判定とかできますか?
GM: 史書のウッサーとは違って欠損部分はないね。プラカードから片手を放してファイティングポーズをとってる
GM: 魔物知識判定いいですよ。どうぞ
ベス: 2d+9 魔物判定
ナユカ: ベス -> 2D+9 = [1,6]+9 = 16
ベス: 16です
シェロ: 2d6+7 魔物判定っと
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14
ベス: 違う17だ
シェロ: むう、14・・・
ナユカ: 魔物判定ベネトレイトしよう
ベス: ぼうしもってた
ナユカ: 補助動作だから行為判定いらないか
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [1,5]+4+1 = 11
ナユカ: がーんw
ナユカ: 13ってw
ベス: 最高は17かな
シェロ: ですねー
ナユカ: ですね
GM: ウッサーGはセッション告知スレを参照。弱点まで看破
シェロ: よし、うまくいけば1ターンで方がつくかもしれない!(ぉ
ナユカ: おおうw
ナユカ: 「じゃ、何はともあれ、やる気のようだし、言ってみる?」
GM: で、どうします?
ベス: 「レアちゃんが困難を排しても知識を得たき者を歓迎すといってたです。挑戦うけるです」
シェロ: 「よし、やるデスよー!」
GM: ウッサーG「それじゃ、戦闘開始だー」
ベス: 先制は6ゾロ意外無理みたい
シェロ: 「壊してバラして腕持って帰って修理材料にするデス!」
ナユカ: ダメ元でやりますか
ベス: 命中は+1
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [4,5] = 9
ベス: みんな平目OKですか?
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [1,6] = 7
GM: と言ってる側から術式の一部がカウントダウン。2個ですね
GM: 1d
ナユカ: GM_ -> 1D = [3] = 3
シェロ: ...なにカウントダウン!?
GM: で、先制はそちらは3足してください
ベス: 「また魔方陣に反応ありです」
ベス: 2d
ナユカ: ベス -> 2D = [1,6] = 7
ベス: 最高12です
ナユカ: 12だ
シェロ: ですねー
GM: ならPL優先。そちら先行です
ベス: よかった
シェロ: そういえば距離はどうなって?
GM: どうぞ
ベス: 魔方陣の反応は何?
ナユカ: なら行きますかー、
ベス: この後演出かな
GM: 演出で結構です。ただ、乱戦する場合は部屋の大きさを10m四方で扱います
ベス: 了解です
シェロ: OK、10m四方ですね
ベス: なら3m移動して、ダークミスト
ベス: もちろん離れる方向で
ベス: さきにいいですか?
ナユカ: 魔法お先にどぞ
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [4,2]+12 = 18
ベス: 18です
ベス: 魔法制御でウッサーくんだけに
GM: もらっておきましょう。回避-2ですね
シェロ: ならば私はアイスボルトいこう
ベス: です
シェロ: 2d6+11 抵抗されませんように
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [2,3]+11 = 16
GM: やりますね。普通にダメージ下さい
シェロ: r10+11@10
ナユカ: シェロ -> Rate10+11@10 = [2,6:4]+11 = 15
ベス: いい感じ
シェロ: 15点、さらに防護点ー2です!
ベス: 魔力撃使えばおちるかも
GM: ウッサーG「凍った毛が...」
ナユカ: じゃ、行きますか、宣言、魔力撃
ベス: 「いい感じです。でもウサギ仲間として微妙な気分です」
ナユカ: ウッサーGに接近、殴ります
ベス: 命中+1ですよ
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [4,2]+9 = 15
シェロ: ・・・これで終わったなあ・・・
ナユカ: 命中16です
GM: ダメください
ナユカ: クリ+1かぁ
ナユカ: じゃ、行きます
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [1,4:3]+9 = 12
ベス: まぁ固定値でかいから
ナユカ: 21点ダメージです
ナユカ: 続いて追撃パワーリスト
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,4]+9 = 15
GM: 15ダメか
GM: それも避けられない
ナユカ: 命中16、なら攻撃
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [6,2:4]+9 = 13
ナユカ: 22点ダメージですな
シェロ: うっさーG!!生きてるか~!
GM: 流石に落ちましたね。でも、敵の手番で2体ウッサーGが現れる。で、キミたちの手番
シェロ: 増えた!?
ナユカ: 増殖!!(ぉ
ベス: 2体にダークミスト。はいりますかね?
シェロ: きっと同時に倒さないといけないんだw
GM: カウントダウンが終了したんですって <増殖
ベス: ですね。カウントダウン
GM: 2dで期待値以上なら2体入るでいきましょう
ベス: はい
ベス: 2d
ナユカ: ベス -> 2D = [2,1] = 3
GM: 1体で
ベス: だめだ
ベス: では1体だけ
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [5,1]+12 = 18
ベス: 18です
GM: 流石に抵抗できませんね。回避-2で
ベス: 「あっちをねらうといいです!」
シェロ: 今度は・・・うっさーGの回避減ってない方に!カオスショットいきます
GM: 1が回避-2、2が無傷とします
GM: カオスショットどうぞ
シェロ: 2d6+11
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [4,4]+11 = 19
ベス: 了解
シェロ: 19です!
GM: 抵抗できない。ダメージくださいな
シェロ: r20+11+10
ナユカ: シェロ -> Rate20+11+10 = [4,1:3]+11+10 = 24
シェロ: matigatta
シェロ: r20+11@10
ナユカ: シェロ -> Rate20+11@10 = [4,2:4]+11 = 15
ベス: なかなかいいかんじ
シェロ: 15点っと
ベス: ナユカちゃん2を落としてもいいかも
シェロ: 「これ倒すと4体でてきそうデスよ」
ナユカ: なら2を落としにいきますか
GM: GMとしては一矢くらい報いたいとこ。固定値を解除するね
ベス: ふりますかw
ナユカ: まぁその前に、ビートルスキン行きます
GM: ナユカ、行動どうぞ
ナユカ: ビートルスキンで防御+2にして
シェロ: ナユカー!1ゾロは駄目だぞーw
ベス: 目標は集中したほうがよかったですね
ナユカ: じゃ行きます、宣言、魔力撃
GM: それ痛い
GM: どぞ
ナユカ: 殴ります
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [6,5]+9 = 20
ベス: おっ
ナユカ: 21w
GM: 2d+5 避けてやるー
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [6,6]+5 = 17
シェロ: おおwゾロ以外よけれなw!
ベス: えええー
シェロ: って何をするw!!
GM: ほんとに避けたよ
ベス: www
ナユカ: なんとーw
ナユカ: 仕方ない、追撃行きます
GM: 追撃どうぞ
ベス: これ信じてもらえるかなw
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,1]+9 = 12
ベス: ああ
ナユカ: うわ今度は低い13
シェロ: 今度は1ゾロ出るんだよw
GM: 2d+5
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [2,5]+5 = 12
ナユカ: あったりーw
ベス: 弱点ありがとうw
シェロ: 弱点がなければよけられてたなあw
GM: 弱点凄いや。ダメくださいな
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [4,2:3]+9 = 12
ナユカ: 9点プラスで21点、
ベス: このラウンド回避が下がるのがきついね
GM: くらいました。で、そちらは終了ですね
ベス: はい
ナユカ: そのためのビートルスキンです
シェロ: 大丈夫 ナユカなら避けてくれると信じている
ナユカ: そちらどぞー
GM: 前衛はナユカだけでいいんだよね?
ナユカ: ですね
シェロ: ん?・・・まてよ・・・まさか
シェロ: 後衛に攻撃がく・・・
GM: 2d+7 命中
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [1,5]+7 = 13
ベス: よけてー
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [3,2]+9 = 14
ベス: おお
ナユカ: 同点だー
GM: ナユカが乱戦宣言すれば2体まで止められますよ
ベス: 受動有利だからOK
GM: で、外れたんで2回目
ベス: ですね>乱戦
GM: 2d+7
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [2,2]+7 = 11
ナユカ: そだね、しておきます、乱戦
シェロ: ほ・・・なら大丈夫
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [1,2]+9 = 12
ナユカ: また同点w
ベス: すごいぎりよけw
GM: 低い... 回避の自動成功がピークだったな
ナユカ: 「あ、あぶなかった・・・・・」
GM: 2d+7 じゃウッサーG2の1撃目
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [6,5]+7 = 18
シェロ: 解除するのが早かったねw
シェロ: ってすごい眼来たー
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [4,3]+9 = 16
ベス: きましたね
ナユカ: 当たったw
ナユカ: ダメください
GM: 2d+7 物理ダメージ。ナユカへ
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [6,2]+7 = 15
ナユカ: 6点引いて9点ダメですね
GM: 2d+7 命中残り1回
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [4,6]+7 = 17
シェロ: 9点か...回復優先するか攻撃優先するか悩むところだ・・
GM: 回避どそ
ベス: ベスが回復しますよ
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [3,6]+9 = 18
ナユカ: 今度も同点、避けた
GM: いい戦いだ。こちらの番は終了
ベス: ベスはナユカちゃんにアースヒール
シェロ: よし、ならこっちは攻撃優先でいこう
ベス: 回復させますね
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [6,3]+12 = 21
ナユカ: 「お願いねー」
ベス: はつどう
ベス: r0+12 アースヒール
ナユカ: ベス -> Rate0+12 = [5,3:2]+12 = 14
ベス: 14てんかいふく
ベス: 「ナユカちゃんだいじょうぶですか」
ナユカ: 全快
ナユカ: 「ありがとー、だいじょぶだよー
シェロ: 「なら、一応攻撃を優先しておくデス!」
ベス: シェロちゃんは2かな
ベス: 落ちるはず
GM: よっしゃ、カモーン
シェロ: 2に、カオスショット!
シェロ: 2d6+11
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [2,2]+11 = 15
シェロ: きゃあ
シェロ: 低い・・・
ベス: ダイス目次第
GM: 抵抗しちゃった。てへ。
GM: いや、振ろう
GM: 2d+8
ナユカ: GM_ -> 2D+8 = [3,2]+8 = 13
ベス: www
シェロ: おお、振ってくれたw
ナユカ: おおー
GM: という訳で抵抗失敗だ。都合よく切り替えるのは良くない
シェロ: 「なんか振ってくれたとかそんな気がします!これでいくデスよ!」
シェロ: r20+11@10
ナユカ: シェロ -> Rate20+11@10 = [3,1:2]+11 = 13
ベス: そんなメタのことをw
シェロ: とまあんまいいダメージは出ないw
ベス: 落ちたかな?
GM: 落ちてはいません。流石に
GM: ダメージはもらいました
ナユカ: じゃ、とどめ行きますか、
シェロ: っく・・・15・13の28じゃ10点足りないか!
ナユカ: またもや魔力撃!
ベス: ですね
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
シェロ: 「おお、全力全開というやつデスね!」
GM: それ痛いのよ <魔力撃
ナユカ: 15!!
GM: 2d+5 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [1,6]+5 = 12
ベス: 成長は大変だけど魔力撃は強い
GM: ちゃぶだい
シェロ: おおw1ゾロが出ない限りは落ちるw
ナユカ: その通り、じゃあダメージね
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [5,3:4]+9 = 13
シェロ: な、ナユカが別人だ!
ナユカ: 22点~
シェロ: こういうときの魔力撃で1ゾロ出すのが今までの・・・:だったのにw
GM: ウッサーG2「きゅう」
ナユカ: 「これでどうだー!!
ベス: 「すごい一撃です!」
GM: 残るはウッサーG1のみ。こちらの手番いきます
ベス: はい
ナユカ: 残りは、ウッサーG1だけ
シェロ: 「おお!すごいデスよ!」
シェロ: はいな
ナユカ: いいですよー
GM: 2d+7 命中を。ナユカに
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [6,4]+7 = 17
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [6,6]+9 = 21
ナユカ: よけたーw
シェロ: うわあw
ベス: 今日のナユカちゃんは違うなー
GM: ウッサーG1「やるな...」
シェロ: 絶対なんか置きそうw
ナユカ: 不吉な事いわんといてw
GM: 2d+7 残り1回の命中
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [2,3]+7 = 12
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [6,2]+9 = 17
ベス: いい声でしゃべってそうw
ナユカ: 回避16、避けた
GM: そちらです。どぞ(涙
ナユカ: はーいw
シェロ: よーし、1キル狙い行くかあw
ベス: MP温存先にどうぞ
ナユカ: じゃ、私から行くか
ベス: 落ちなかったらスパークします
ナユカ: 宣言、またまたまた魔力撃ー
シェロ: あ、まって
GM: こいやー(泣
ナユカ: ん?何かあった?
シェロ: アイスボルトかけとくよ先にw
ナユカ: あ、いいよー
シェロ: 2d6+11
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [4,2]+11 = 17
ベス: おお防御がさがる
GM: 2d+8 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+8 = [2,4]+8 = 14
シェロ: 「ふ、防御さげてさしあげるデス!」
GM: 防護点-2
シェロ: r10+11@10
ナユカ: シェロ -> Rate10+11@10 = [1,2:1]+11 = 12
シェロ: ダメージ12ですわ
GM: ダメージもらいやした
GM: 次、どぞ
ナユカ: じゃあ、一気に行きます、覚悟ーw
ナユカ: 2d6+9
シェロ: さあ、これで2回ともアタレバダメージ4点上がったも同然w
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [1,4]+9 = 14
ベス: 「ナユカちゃん決めるです!」
GM: 2d+5 回避ーーー
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [6,3]+5 = 14
シェロ: 「一気にやっちゃうデスよ!」
シェロ: おおw命中プラスは素晴らしいw
ベス: 弱点であたる
GM: 弱り目に祟り目ですな
ナユカ: 弱点とダークミスと分が聞くねぇ
ナユカ: じゃあ、ダメ行きまーす
シェロ: 回しちゃえw
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [1,2:1]+9 = 10
ナユカ: 19点
ナユカ: 次殴りますね
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [5,2]+9 = 16
シェロ: 12・13 あと13点だー!
GM: 2d+5
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [1,2]+5 = 8
GM: ウッサーG1「機能低下...」
ナユカ: ンじゃ攻撃
ナユカ: sw13+9@10
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@10 = [2,6:4]+9 = 13
ナユカ: よし、22点!
GM: 落ちましたー
ナユカ: 「落としたー!!」
シェロ: 「ふう、つぎ4体同時に出てくるとか勘弁デスよ」
ベス: 「ふぅー試練には勝てたですかね」魔法陣など見渡します
GM: ウッサーたちは機能停止。魔方陣から光が伸びて、以前、ベスが隠れていた一画へとレールのように伸びてゆきます
ナユカ: おおー
シェロ: 「そっちに行けってことみたいデスねー 行ってみるデスよ」
ベス: 「ここは思い出の地です。偉大なベス伝説の第一歩です」
ナユカ: 「次は何かな~~?」
GM: 光が壁に届いた瞬間、光の線が扉の形になります
ベス: 「こんなしかけがあったですか!」
ナユカ: 「隠れてたんだよね<偉大なペス伝説」
ベス: 「身を隠していたんですw」
シェロ: 「へー、そんなことあったデスかー」
GM: 男の声「ベスと申すか。偉大なる兎の末裔よ...」
シェロ: 「って何か来たデスよ!?」
ベス: 「声が聞こえるです!」
ベス: 「もしかしてリボルテックさん?」
ナユカ: 「なになに!?」
ベス: ベスに萌えたかなw
ナユカ: ウサギ萌なんだ
GM: 光の扉の向こうから聞えてくる気がしますね。さすがにリボルテックの声を聞いたことないので、声の主まではわかりませんが
ベス: 「扉の向こうにいってみるです」ナユカちゃんシェロちゃんに声かけます
ベス: 敵意は無い感じですよね?
GM: さて、全員2dください
シェロ: 「そうデスねー、これは行くしかないデス」
ベス: 2d
ナユカ: ベス -> 2D = [3,6] = 9
ナユカ: 行って見よー
GM: 敵意は感じませんね <声
ベス: 9です
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [3,6] = 9
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [3,2] = 5
シェロ: 9ですわ
ナユカ: 5だー
GM: 魔動機械のパーツ(100G)、ウッサータイプの腕、アーム・ガントレットを手に入れました
GM: アーム・ガントレットの宝物鑑定をしてみましょう
ベス: 2d+9 セージ
ナユカ: ベス -> 2D+9 = [6,6]+9 = 21
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [1,6]+7 = 14
ベス: クリだ
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [4,5]+4+1 = 14
ナユカ: 14かー
シェロ: 14ですわ...ってべスすご!
ベス: 「こっこれは!」とかいってみるw
GM: アイテム内容はスレッド参照
シェロ: おお、ナユカ用だ
GM: 確認OK? 先行くよ
シェロ: 了解
ベス: OKです
ナユカ: オkですー
GM: で、光の扉の向こうから聞える声からは敵意は感じない。
ベス: 「どきどきするけど扉にふれてみたいです」
ベス: 触れます?
ナユカ: ふむふむ
GM: 線画以外の部分は元々あった石壁なんで、向こう側は見通せません
ベス: ああ
ベス: なるほど
ベス: 不思議だ
GM: どうします? 触りますか? ドアノブのように立体的に光ってる部分はありますが...
シェロ: 「とりあえずドアノブ触ってみるデスよ」
ベス: 「開くかな?」シェロちゃんみておくw
ナユカ: とりあえず見ておこう
シェロ: んではドアノブに手を触れてと
GM: 男の声「好奇心の扉は開かれた。欲する知識が得られるかは、キミら次第だ」
GM: 誘われるように扉は開きます
ベス: 「開いたです!好奇心はいっぱいです」
ナユカ: 「(わくわくどきどき)」
シェロ: 「さて、どんなとこデスかねー」
GM: 扉をくぐると、そこは、ど○でもドアの出口のような感じ。
ベス: 空間に扉だけある感じ?
GM: 風景は... セージ+知力ボーナスいってみよー
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [5,2]+7 = 14
ナユカ: りょうかいだー
ベス: 2d+9 セージ
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [4,2]+4+1 = 11
ナユカ: ベス -> 2D+9 = [2,5]+9 = 16
GM: ですね <空間に扉だけある感じ
シェロ: 14ですわ
ベス: 16です
ナユカ: 11だー
GM: 魔動機文明らしき意匠の建物だ。だが、少し違和感がある。
GM: 魔法文明が混じってる感じ
ベス: なるほど
ベス: 「これは不思議な空間です」扉触ったりあたり見渡しながら
シェロ: 「不思議デスねー」
ナユカ: 増築したのかな?
ベス: なにか目立つものありますか?
GM: 扉は部屋の真ん中に立ってますね。周囲には棚が造りつけてある
ベス: 前面棚?本とかがあるのかな
GM: 色んな装置が置いてあります。ベスは知識判定
ベス: えーとコンジャラー?
ベス: セージ?
ベス: 2d+9 セージかな
ナユカ: ベス -> 2D+9 = [1,5]+9 = 15
ベス: 15です
GM: 塊ですね。本は朽ちている
GM: すみません。高い方で結構です。ちなみに15あれば十分
ベス: ならOKです
シェロ: ふむふむ 朽ちてると
ベス: 棚で不思議な装置をみつけたのかな
ナユカ: 触ると自爆するとか
ベス: そんなマギテックな感じはいやだ
シェロ: 棚が回転するとか
GM: 魔材ですね。魔化肉1、魔化石3を発見
ベス: おおこれはー
ベス: 「ちゃんと魔力のこもった材料です」
シェロ: 「おー、そんなんあったデスかー」
ベス: 「ここは研究しつだったですかね?操霊魔法の材料がみつかったです」
GM: 他にも魔法生物の部品とかありますが、壊れているものばかり。持ち帰るなら合わせて100Gで
GM: 部屋の奥には書斎机がありますね。何かの塊が積もってる
ナユカ: おおー
ベス: 「これも売ればお金になりそうです」まとめておきます
シェロ: 「書斎調べてみるデスよー」
ベス: 判定ですかね?
ナユカ: 「それじゃあ袋につめていこう」
ベス: 「これはなんですかね?」書斎机をみてみます
GM: 書斎机に近付いた方はSANチェック... というのは嘘で、人ですね。誰か倒れてる
ベス: 「えっ!」
ナユカ: 「・・・・・行き倒れ?」
GM: 座っている状態で前のめりに亡くなってます
シェロ: 「・・・死後何日くらいデスかねー」
GM: 白骨の暗い眼窩は...という文面から連想できるくらい古い
GM: カサカサですね
ベス: 「・・・リボルさんですかね」
シェロ: となると蘇生は不可っと
ベス: 机に身元がわかりそうなものないですかね?
ナユカ: 調べてみますか
GM: 兎の置物とかありますが... 皆さん、探索判定を
ベス: 探索は平目かな
GM: スカレンジャーどちらでも
ナユカ: もってないやー
シェロ: ・・・ないなあ
ベス: 2d+6 レンジャー
ナユカ: ベス -> 2D+6 = [1,1]+6 = 8
ベス: ぶはw
GM: 凄いぞベス
ナユカ: おいしい事をw
ベス: 50点です
シェロ: 2d6 秘儀!ヒラメw
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [1,3] = 4
ベス: 大事なものをこわしたかもw
シェロ: べスw
ナユカ: 平目ー
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [1,5] = 6
ナユカ: だめだ、くさってやがるw
シェロ: すごいw技能もちで1ゾロで他みんな1個は1でてるw
ベス: www
シェロ: ここに来るのは早すぎたんだw
ベス: いいシーンになりそうなのにダイスがじゃまする
GM: 皆で色々探してると、ベスが服に触った時に白骨がバラバラと崩れ落ちた
ベス: 「あああぁごめんなさいですー」
シェロ: あ・・・
GM: 頭冠だけがコロコロ転がっていきますね
シェロ: 「わわわわわ、な、なんか崩れたデスよ!?」
ベス: 頭冠を拾って元に戻そうとする
ベス: 何かに気づきます?
GM: 頭冠の裏に魔動機文明語が刻まれてます。「我が弟子、インアクションに贈る。リボルテック」と
ナユカ: 「インアクション、お弟子さん?」
シェロ: 「つまりこの人・・・弟子さんデスか?」
ベス: 「これ読めますか?」ナユカちゃんに渡す
ベス: きいたことにする「やっぱりリボルさんだったですね」
ナユカ: ほかに何か書いてあります?
ベス: インアクションという名前に聞き覚えはありますか?
GM: 他には何も... 皆さん、危機感知どうぞ
シェロ: げ・・・
ベス: 2d+12
シェロ: 2d6 ヒラメ・・・
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [3,6] = 9
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [2,5]+12 = 19
ベス: 19です
GM: インアクション:リボルテックの弟子。魔法生物の製作に長けていたという伝承が残っている
GM: インアクションに関しては、こんな感じ
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [1,5] = 6
シェロ: 9デスわ・・・きっと危険に気がつかない
GM: で、危機感知は流石にベスが高いか
ナユカ: 6かー鈍感すぎるw
ベス: 冒険者+知力でできるのはいいですね
GM: 書斎机の上から強烈なマナの気配... 悪寒がします
ベス: 「背中の毛にびびっときたです!」
ベス: 「みんな机からはなれるです!」
シェロ: あああwやっぱ骨ばらばらにしたからw
ナユカ: 「えーと、ガーディアンさんかな?」
ベス: 「リボルさん怒ったですかーごめんですー」
シェロ: 「え・・・インアクションさんデスかね?」
GM: 邪悪な声「馬鹿なやつらめ。ようやく出られるわ!」
ナユカ: 「あとで骨を使ってちゃんと元に形の戻せば大丈夫だよw」
シェロ: 「あー、語らないで出てけば確実に出れたデスのに」
ナユカ: ・・・・・・・cv若本?
ベス: 「邪悪な声です!」
GM: 「これのことか?」書斎机の上に現れた存在は、頭蓋骨を蹴飛ばします
ベス: 「なにするですか!」毛を逆立てておこります!
ナユカ: どんな姿です?
ベス: 魔物判定いいですか?
シェロ: 「で、べたな台詞で悪いデスが・・・名を名乗るデスよ! と言ってみたかったデス」
GM: 真っ赤な人影。翼が生えてる。  魔物知識判定どぞ
ベス: 2d+10 魔物判定
ナユカ: ベス -> 2D+10 = [6,4]+10 = 20
ベス: 20です
ナユカ: 了解、2d6+4+1
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [2,2]+4+1 = 9
ナユカ: だめだーw
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [5,3]+7 = 15
シェロ: 一応っと!15ですわ
GM: くそー、ベスめー。弱点まで看破や。レベル6ザルバード(Ⅰ-374)
ベス: 「この帽子はだてじゃないです!」
ベス: 命中+1です
ナユカ: 「魔神かー」
シェロ: 「おー、魔神さんデスかー」
GM: 邪悪な声「俺の名前はオケコンドル! ザルバードなんて十派一からげな名前で呼んだら殺ーーす!!」
シェロ: 「名前長いデスねー、ならオケドルに改名してくださいデスよ」
ナユカ: 「ながいねーそれっじゃーオコドさんと呼びましょう
GM: 邪悪な声「勝手に名前を変えるんじゃねーーー」 (怒
シェロ: 「むー、カルシウムとか言う物体が足りてないみたいデスねー」
ベス: 「どうせリボルさんに封じられたなんちゃって魔力です」
シェロ: 「別の遺跡にもっと凄い魔神さんいたらしいデスしねー 問題ないデスよきっと」
ナユカ: 「倒しちゃったほうがいいかな~?」
GM: オケコンドル「何年、この男に封じられてたと思ってやがる! ウサ晴らしじゃー!!」
シェロ: 「まあ話くらい聞いてみるデスかー」
ベス: 「リボルさんを足蹴にしたことゆるせないです。こらしめるです!」
シェロ: 「1年くらいデスかね?」
ナユカ: 「ところで一つ聞きたいのですがー、何で封印されたんです?」
GM: オケコンドル「ちょっとお茶目してヴィッセンの動力を暴走させただけなのに!」
ベス: 「それはだめですw」
ベス: 「って動力!?」興味津々
ナユカ: 「動力!?」
シェロ: 「もしかして浮いたりするかもしれないデスね!」
ベス: 「詳しい話は聞きたいけど、はなさないですよね?」
GM: オケコンドル「んなことは、どうでもいい! うりぃぃいい!」
ベス: 「やっぱりか!」
シェロ: ・・・DIO!?
ベス: 先制がふあんだ
ナユカ: 「とりあえず、自業自得ですので反省させます!!
シェロ: 気をつけろw ロードローラーが降ってくる
ナユカ: 一応振りますか
シェロ: 「デスねー」
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [3,2] = 5
GM: 先制どうぞ
シェロ: 2d6 ヒラメのー先生!
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [4,5] = 9
ナユカ: 5~
シェロ: ふ・・・6ゾロ以外無理さ・・・
ベス: 2d
ナユカ: ベス -> 2D = [2,3] = 5
ベス: だめそう
ナユカ: だめだーw
シェロ: うんwきっとだめだ
GM: オケコンドルの先制ねー。こちらはヴァイス・ウェポンを使用。
GM: ちなみに飛んでますのでー
ベス: そんな魔法をw
シェロ: げほw
シェロ: 攻撃力が2も上がったw
ナユカ: なんとーw
ベス: それより命中がきつい
ベス: こちらですよね
GM: はいなー。命中1上がりましたんで
GM: そちらどうぞ
シェロ: うあ・・・命中9か
ベス: 3m 移動して離れる そしてフォビデゥンマジック
ベス: 神聖魔法
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [6,5]+12 = 23
ベス: 23はむりだろう
シェロ: 私も3m移動してはなれて・・・アイスボルト~
ベス: GM振ります?
GM: 2d+9 精神抵抗ーーー(悲痛
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [4,5]+9 = 18
GM: 無理だって
GM: くださいな
シェロ: はっはっはw回復は封じたねw
シェロ: 2d6+11
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [3,3]+11 = 17
ベス: 「もう悪い神様へのいのりは届かないです!」
ナユカ: 私も命中対策にビートルスキン
シェロ: っく、これはさすがにダメか
ナユカ: 防御2点+
GM: 2d+9 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [2,3]+9 = 14
ベス: きいた!
GM: 利いちゃったー
シェロ: よっしw
ナユカ: なんとーw
シェロ: r10+11@10
ナユカ: シェロ -> Rate10+11@10 = [3,6:5]+11 = 16
ベス: おしい
シェロ: 「こんな感じでどうデスか?」
ベス: まわらない
ナユカ: じゃ、私か
シェロ: きっと剣のかけらがいっぱい入ってるんだ
ベス: 「ナユカちゃん回復は任せるです!ぶっとばすです!」
GM: オケコンドル「殺す気かーー」防護点-2
ナユカ: いっくよー!!宣言!!!魔力撃!!
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,2]+9 = 13
ナユカ: どわはw
シェロ: あ、もう防護点残り2なんだw
ベス: もともと4です
ベス: あたるかなー
GM: 2d+9 回避!
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [3,6]+9 = 18
ベス: 命中+1です
シェロ: さすがに避けられたー
ナユカ: それでもあたらんw
ベス: これは回避下げないときつそうだ
GM: 流石にね
ナユカ: 追撃ー!!
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,1]+9 = 12
ナユカ: しくしくw
シェロ: なーゆーかw
ベス: ナユカちゃんが普段の感じにw
GM: 2d+9 回避。当たらんだろうと高をくくってると
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [2,3]+9 = 14
ベス: おしい
シェロ: 本当に当たらない
GM: 何とか避けたか
ナユカ: あたらないーw
ベス: 乱戦宣言よろしくです
ナユカ: 乱戦宣言!!後ろにはいかせない!!
GM: ほいな
GM: 2d+10 では、こちらは「炎の吐息」! ナユカに!
ナユカ: GM_ -> 2D+10 = [3,5]+10 = 18
ナユカ: 耐えろ3分、だぁ!!
ベス: 抵抗しろ
GM: 生命抵抗でどぞ
ナユカ: 了解
ナユカ: 2d6+7
ナユカ: ナユカ -> 2D6+7 = [2,6]+7 = 15
ベス: ああ
ナユカ: だめだーw
GM: deha
シェロ: なゆかーw
ベス: まわらないからまだましかな
ナユカ: 絶えれるかな?
GM: 2d+8 では、炎!
ナユカ: GM_ -> 2D+8 = [2,2]+8 = 12
GM: ちぃ...
ナユカ: 舌打ちしないでw
GM: 炎の魔法ダメージね
シェロ: 全快にするか、それともー
ベス: シェロちゃんなら全快できるかも
ナユカ: HP20だw
ベス: 回復したほうがいいかも
シェロ: うん、ウィスパーヒールだけでほぼ全快いけるよ
ベス: こちらかな
シェロ: 全快のがいいなら、1段↑つかうわ
GM: ですねー
ベス: また3m移動 ダークミスト
ナユカ: ウィスバーヒールでいいです、無駄遣いは避けて
ベス: 2d+12 操霊魔法高い目でろー
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [2,2]+12 = 16
ベス: うわ
シェロ: OK なら3mさらに下がってウィスパー!をナユカって・・・
ベス: 16です
シェロ: 範囲じゃんあの魔法!・・・・
GM: 2d+9 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [3,1]+9 = 13
GM: ダメダメだ...
ベス: よかった
ベス: 回避ー2です
ベス: 「ナユカちゃん目がくらんでいるうちに!」
シェロ: 乱戦だともしかして・・
ベス: 魔法収束ないのか
ナユカ: 了解、ですー
シェロ: 誘導はあるんだけどね・・・
シェロ: 仕方ない、プライマリーヒーリング
シェロ: 2d6+11
ナユカ: シェロ -> 2D6+11 = [4,5]+11 = 20
ナユカ: 全快
シェロ: まだシェロのmpは31+9あるZE
ナユカ: 「ありがとう、シェロちゃん。よし、行くぞ!!」
シェロ: 「ふう、安全第一 デスね」
ベス: 魔法拡大系とってもいいかもしれませんね
ナユカ: 今度こそ当てる!!宣言、魔力撃
ベス: 「ナユカちゃんいくです!」
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,3]+9 = 14
シェロ: うん、7レベルになったら...数拡大をとらないと
ナユカ: 14~~
GM: 2d+7 回避下がったの痛いな...
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [3,3]+7 = 13
GM: 下がってなかったら避けれてたのに...
ナユカ: てことは15か
GM: ダメください
ナユカ: らじゃー
ナユカ: sw13+9@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@9 = [5,1:3]+9 = 12
ナユカ: 21点!!続けていきます
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [1,2]+9 = 12
ナユカ: 13かい~
GM: 2d+7 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [5,2]+7 = 14
GM: 流石に避けたか
ベス: おしい
シェロ: うわ、いじめだw 19点の16・・・まだ35点かーw
シェロ: ナユカがナユカだw
ナユカ: うわーん(涙
ベス: ナユカちゃんぽくなってきた
シェロ: つまりナユカらしい出目が続き始めているw
ベス: GMどうぞ
GM: ほいほい
GM: 2d+9 それではナユカに鉤爪
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [2,3]+9 = 14
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [6,2]+9 = 17
ベス: よけてー
ベス: おお
ナユカ: 16!!
シェロ: おおおw
シェロ: 避けるとはw!
ナユカ: 避けたー!!
GM: くそー、そちらだー
ベス: スペルエンハンスをシェロちゃんとベスに
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [4,4]+12 = 20
ベス: はつどう
ベス: 魔力+1です
GM: 2d+9 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [6,3]+9 = 18
GM: 出目はいいのに...
GM: あ、スペルエンハンスか
GM: ごめん
シェロ: さて、では上がった魔力で・・・
シェロ: ぱららいーずw!
ベス: いえいえ
ベス: 「シェロちゃんきめてね!」
シェロ: 2d6+10
ナユカ: シェロ -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
ナユカ: 「いっけーシェロちゃん!!」
ベス: 微妙だ
シェロ: 16...ちょっと出目悪かったな・・・
GM: 2d+9 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [5,4]+9 = 18
ベス: ああ
ナユカ: あああw
GM: 抵抗やー
ベス: 出目はしょうがない
ナユカ: よし、行きますか、宣言またもや魔力撃
シェロ: 「っく・・・真言魔法はまだあんま覚えてないデスよ」
ナユカ: 殴ります!!
ベス: あてろー
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [2,5]+9 = 16
シェロ: お、久々の出目7だ
ナユカ: 命中17
GM: 2d+7 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [1,1]+7 = 9
ナユカ: 50点あげます~
GM: あぁ、50点欲しい...
シェロ: コンドル君、50点差し上げます
ベス: ww
シェロ: ぜひこの50点でレベルを上げて、上位魔神にw
ベス: www
ナユカ: 生きてればか、んじゃ行くよー
GM: (笑)
ナユカ: sw13+9@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@9 = [2,5:4]+9 = 13
ナユカ: 22点と
ナユカ: 追撃~
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [5,4]+9 = 18
シェロ: 55点まで来たかw現在・・
ナユカ: 19!!
GM: 2d+7 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [3,5]+7 = 15
GM: えぐ
ナユカ: sw13+9@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@9 = [6,3:5][1,5:3]<クリティカル>+9 = 17
シェロ: きたーw!
ベス: おお
ナユカ: クリッた、さすがパワーリスト
ナユカ: +9で26点!!
GM: オケコンドル「まだまだじゃー!!」見ればあちこち剣のかけらが刺さってる
シェロ: 合計ダメージ79点・・・
シェロ: うおw5個以上刺さってるぞw!
ベス: そういうふうに使うんだw
シェロ: 痛そうだなぁw
ナユカ: 「ドーピングだー!!」
ベス: GMどうぞ
シェロ: 「ドーピングは危険デスよ!!」
GM: 1d3 ベス、ナユカ、シェロで
ナユカ: GM_ -> 1D3 = [1] = 1
ベス: えーw
ナユカ: なんと^w
GM: 2d+10 炎の吐息!
ナユカ: GM_ -> 2D+10 = [1,4]+10 = 15
ベス: 火か火なのかw
シェロ: 大丈夫、半減できなくても
ベス: 2d+10
ナユカ: ベス -> 2D+10 = [2,2]+10 = 14
ベス: おしい
シェロ: ダメージ18までなら1ターンで回復して差し上げようw
ナユカ: おしいなぁ
シェロ: あ、20までなら行けるのか、円はんすで
GM: 2d+8 炎の魔法ダメージ
ナユカ: GM_ -> 2D+8 = [6,6]+8 = 20
ベス: 最高ダメかーw
GM: ...
シェロ: 悪いね、GM
シェロ: それでも1ターンで全快だw
ベス: 黒焦げです
ナユカ: 「だいじょーぶ?ペスちゃん?」
ベス: 「ひどいことするです」服の火消してます
GM: 当然、こちらはこれで終了
ナユカ: じゃ、こちらかー
シェロ: 「今治すデスよ」
GM: オケコンドル「けっ! 兎なんて嫌いやー!!」
シェロ: ということで、アドバンスドヒーリング!をべスに
ベス: 発動してw
シェロ: 2d6+11+1
ナユカ: シェロ -> 2D6+11+1 = [6,3]+11+1 = 21
GM: オケコンドル「インアクションの奴、兎を一杯けしかけやがって!!」
シェロ: のこりmpは22+9!
ベス: GMが伏線をはったw
ベス: 「シェロちゃんありがとうです!」
ベス: ではナユカちゃんにファイヤウェポン
ナユカ: 「ウサギの物量に負けたんだねー」
GM: 伏線は 死んじゃう前に 忘れずに
シェロ: 「全力の炎も。。。このくらいで回復できるものなんデスねー」
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [2,1]+12 = 15
シェロ: おおうwそれは重要だ
ベス: 発動。危ない
ベス: ダメ+3です
シェロ: 覚えておかないと、自分のGM時に
ベス: ww>伏線は 死んじゃう前に 忘れずに
ナユカ: じゃ、いきますかー宣言、魔力撃
ナユカ: 殴りまーす
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [1,3]+9 = 13
GM: 2d+7 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [2,6]+7 = 15
ナユカ: 14!!
シェロ: いじめだw
ナユカ: 追撃!!
ナユカ: 2d6+9
ナユカ: ナユカ -> 2D6+9 = [3,6]+9 = 18
ナユカ: 19!!
シェロ: お、今度はまともな出目だなあ
ベス: あててー
GM: 悪役の鑑だ。足掻きまくって死ぬ
GM: 2d+7 回避
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [2,1]+7 = 10
ナユカ: ナンテヤツダw
ベス: www
ナユカ: ダメージ行きまーす
シェロ: さいごHP1残るんだよw
GM: 痛いのどぞ
ナユカ: sw13+9@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+9@9 = [4,1:3]+9 = 12
ナユカ: 21の3で24点~
GM: ボロボロだけど生きてるよー
シェロ: なにぃw
ベス: おしい
ナユカ: 生き残ったー!!
GM: まだ死んでないから(笑)
ナユカ: じゃ、そちらどぞーw
ベス: 「さすがにしぶといです」
ベス: GMどうぞ
シェロ: 「痛そうなかんじに刺さってるのにまだ立ってるデスよ!?」
ベス: 魔法的な何かなんでしょうね>
ベス: 剣のかけら
シェロ: コンドル君、がんばれw
ナユカ: 鍵爪化なー
シェロ: 最後の行動をw
シェロ: いや、もしかしたらなんか・・・データにない行動とってくるかも
GM: 出目とクリティカルに期待やー
ベス: この沈黙が怖いw
ナユカ: なにがくるかな
シェロ: !?い、いったい何を!
GM: 1d
ナユカ: GM_ -> 1D = [4] = 4
GM: 1d3
ナユカ: GM_ -> 1D3 = [3] = 3
シェロ: な、何をする気だ!?
GM: シェロにフォース!!
ベス: そうか3ラウンドすぎたのか
GM: オケコンドル「邪悪の神よ! あいつらなんか嫌いだー!!」
ベス: www
GM: 2d+7 魔力
ナユカ: GM_ -> 2D+7 = [6,2]+7 = 15
ベス: 抵抗すれば大丈夫
シェロ: 2d6+9
ナユカ: シェロ -> 2D6+9 = [6,4]+9 = 19
ベス: おお
シェロ: 抵抗19です
GM: r10+7
ナユカ: GM_ -> Rate10+7 = [4,3:3]+7 = 10
シェロ: 「その神様に貴方は嫌われてるようデスよ?」
ナユカ: 抵抗したー
シェロ: ダメージ5点っと
GM: しくしく
シェロ: のこりHPは32
GM: そちらですね
ベス: シェロちゃんにアースヒール
ベス: 2d+12 操霊魔法
ナユカ: ベス -> 2D+12 = [1,4]+12 = 17
シェロ: んじゃあ、一気に行こう...ダメージ出してみるかあ!
ベス: はつどう
ベス: r0+12 アースヒール
ナユカ: ベス -> Rate0+12 = [3,5:2]+12 = 14
シェロ: うん、全快だ
ベス: 14回復
シェロ: 「ありがとうデスよ~」
GM: オケコンドル「桶がまずかったのでしょうか? 神様...」
ベス: 「シェロちゃんナユカちゃん決めるです!」
シェロ: それでは、本気でとどめになるかもしれないカオスショットを!
シェロ: 発動!
ナユカ: 「いったれー!!」
シェロ: 2d6+12
ナユカ: シェロ -> 2D6+12 = [2,6]+12 = 20
ベス: 「オケコンドルのオケは棺おけのおけです!」
GM: 2d+9 精神抵抗
ナユカ: GM_ -> 2D+9 = [6,4]+9 = 19
ベス: 高い!
GM: おしい...
ベス: おおGMも気を吐いた!
シェロ: 「ふふふ、、とどめはもらいます!」
シェロ: r20+12@10
ナユカ: シェロ -> Rate20+12@10 = [2,5:5]+12 = 17
GM: ん、それで倒れます
GM: そして、男の霊が彼を虚空へと引きずりこんでゆきます。
ベス: 「シェロちゃんやったです!」
ナユカ: おおー
ナユカ: 「やったー!!」
シェロ: 「やったデス!ってあれは・・・インアクションさんデスかね?」
ベス: うさぎもいたりしてw
ベス: フランダース的にw
シェロ: うさぎ天使w?
GM: 男「兎ちゃん(はあと)...」
ベス: www
ベス: 「なんとなく微妙な気分ですw」
GM: 彼の頭冠には見覚えがありますね。インアクションではないでしょうか...
ナユカ: 「だいなしだー」w
GM: ベス、2dだ!
ベス: 「あの頭冠は・・」頭冠をみつめながらつぶやく
シェロ: 「・・・ウサギ好きが高じて・・・魔神にまで手を出しはじめたと」
ベス: 2d
ナユカ: ベス -> 2D = [1,4] = 5
ベス: 5です
シェロ: 「いうことデスね」
ナユカ: 「とりあえず、お墓は立てておきましょうか」
GM: 男「ウッサーたちで溢れる...ヴィッセンにしてくれ...」
ベス: 「・・・・えーと一応がんばるですw」
ベス: 操霊魔法をきわめればw
シェロ: 「とりあえず墓碑銘は ウサギ狂いの魔法使い、ここに眠る でいいデスね」
GM: 3人の頭に何かイメージが浮かんだけど、思い出せない...
シェロ: 何のイメージなんだーw
ベス: 「・・・何か不思議な体験をした気がするです」
GM: 何でしょうね? (ここでの情報は得られなかったので適当に伏線に使ってください)(笑)
ナユカ: 「とりあえず、ウサギは大事にしようか」
ベス: はいw>伏線
シェロ: 了解w
ナユカ: 了解
ベス: 頭冠を持ち帰って埋葬しましょうかね?
ベス: 人形といっしょに飾っておくかな
GM: さて、剣のかけらは10個でございます。誰かオケコンドルの宝物振ってくださいな
シェロ: んでは桶コンドルのを振っておくので他2名はぜひ
シェロ: 5個ずつ振ってくださいなw
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [4,3] = 7
ベス: 反転のあるシェロちゃんがいいかも
ベス: 反転できないw
シェロ: ぐはw反転しても変わらんw
ベス: 5d
ナユカ: ベス -> 5D = [6,4,1,3,2] = 16
ベス: 16です
ベス: ナユカちゃんも5dどうぞ
GM: アイテムは悪魔の血(100G)と悪魔の耳飾り(260G)っす
ナユカ: 5d
ナユカ: ナユカ -> 5D = [2,3,5,4,5] = 19
ベス: 合計35です。なかなかいいかも
ナユカ: こんなんでましたけどーw
シェロ: おお、いい感じだ
GM: では、名誉点は35と
GM: で、あと何かしますか?
ベス: ウッサー君に兄弟を紹介したり、頭冠をかざったりするシーンしましょうか
GM: 書斎机、探索済みの棚、頭冠... アプローチ掛けるなら、パッと見この辺ですが
シェロ: 机調べてないんだ、そういえば
ナユカ: とりあえずウッサーG3体持っていきましょう
GM: Gたちの残骸を持ち帰るですね。了解
ベス: 主任ならなおしてくれるでしょう
シェロ: 3体...ちょうどいいし一人1体ずつ持って帰らないとw
ベス: ウッサーがこれで4体。やくそくをはたそうw
ベス: 街をうさぎでいっぱいにw
GM: 簡単じゃないでしょうが <主任さんが修理
ベス: そうか
ベス: まぁ置き去りにはしたくないので頭冠とともに持ち帰りましょう
ナユカ: 「修理と言う名目の、改造が待ってるんだろうなぁ(とおいめ)」
GM: 色々試す価値はあるでしょうね。残骸を持ち込んで調査・研究を頼むとか
シェロ: そして気がつくとウサギに
シェロ: 町が占領されるんだw
ベス: 机はなにかありますかね?
GM: 何もなければ、帰還。終了という流れになります。
GM: 後日談のミニリプレイをお楽しみに
ベス: はい。
ベス: おつかれさまです
GM: 机ですか
GM: 実験器具とかありましたが、戦闘で落ちたりして壊れてますね
ベス: 自分のシナリオの伏線用に書物を持ち帰ったことにしていいですか?
ナユカ: おつかれー
シェロ: 「この机でうっさーをいっぱい作ってたんデスねえ・・・」
ベス: 内容はこれから考えます
シェロ: お疲れさまですわー
GM: そうですね。魔動機文明の記録板アイテムがありましたよね。
ナユカ: おつかれですー
ベス: バーサタイルですかね
GM: あんな感じのでよければ部分的にデータが残ってる感じでどうぞ >ベス
GM: ナユカ、シェロ、御疲れ様。成長などはロビーでどうぞ
ベス: ありがとうございます。ネタに使わせてもらいます
ナユカ: 了解です~
シェロ: 了解ー
GM: ですね < バーサタイル
ベス: 報酬系はどう分けましょうか
ベス: グレンさんにも渡すですよね
シェロ: はwしまった
シェロ: 魔晶石回収し忘れたw
GM: ウッサーの腕はグレンさんに
GM: シェロの魔晶石はフィギュア盤が作動した直後に回収してたでOK
シェロ: 了解
ベス: ゴーレムの材料は半額でベスが買ってお二人に払おうかと思うのですが
ベス: これは全体に反映させなくてもいいですかね
ナユカ: ガントレッド度ーする?
GM: アーム・ガントレット(1200G)、魔化肉(500G)×1、魔化石(1000G)×3、現金360Gなんで
ナユカ: 売っていいかも
ベス: 売値は半額ですよね?魔化系は
ベス: それは私が半額で買いたいかも
ベス: 召還するか微妙だけど
シェロ: ふむふむ
GM: 端数はグレンさんの好意で、1人頭850G入手。アイテムを買うなら半額補填すればゲットという形で
ベス: 了解です
ベス: 半額で買えるとうれしい
GM: 売れ残りはグレンさんの宿屋の品揃えに置いておきましょう。欲しい方が買う形で
ベス: ですね。サイトにデータ転載しておきます
ベス: 経験点は?
GM: グレンさんが総額の半額は取ってますから、この形なら宿は損しないです
シェロ: ふむふむ、合計すると3850・・・になるのかな
GM: 経験点は1240点+1ゾロ分ですね
ベス: 了解
GM: 所持金増加は3850で合ってますね
ベス: 経験点は1240点 3850G 35名誉点で書いておきます
ナユカ: 了解~低い目多かったのに1ゾロなかったw
ベス: ではここでログしめますね
ベス: 投稿して寝よう
GM: 皆様、楽しいセッションをありがとうございました。
ベス: おつかれさまでした
ナユカ: おつかれさまでしたー
ベス: ベスは遊びやすい。
シェロ: お疲れさまでしたー
ベス: 設定もひろっていただいてうれしかったです>インアクションw
シェロ: ではこっちは出ますー

■エンディング■
「返ってきたですよ~♪」
  意気揚々と帰還したベスとシェロとナユカ...
「グレンさん、これ戦利品ね」
「うん、有意義な宝探しだったよー」
  ナユカがタビットを2羽、シェロが1羽... もとい3人のタビットの耳を掴んでぶら下げている。
「おいおい、揉め事はマズいだろ...って、これ... もしかしてウッサーか?」
  グラサンが割れてたり、ポイントガードのように各所にメタル部分が覗いているが、確かにウッサーの面影がある。
  そう...と、ナユカらはウッサー3体を机の上に置く。
「ウッサーのG1くん、G2くん、G3くん、なのです」
「どこかの連邦って国の化け物の名前みたいね」
「そうなの? ね、どんな化け物?」
  好奇心旺盛なベスに、レアは笑いながら詩を歌う。
「襲ってきたから倒しちゃったけど、これウッサーに使えそう。この部品は壊れてないってベスが言ってた」
「成る程...って派手に壊したな」
「《魔力撃》って手加減なしだから」
「何とか弱点突けたのも大きかったけど、ナユの活躍が凄かったー」
  八面六臂の殴り合いの様子を話し出すシェロに、ナユカは少し顔を赤らめている。
「ボッコボコだったです。伝説のヘカトンケイレスと互角だったですよ」
「どんなんか知らんけど、絶対かなわんて」
  ベスとナユカの掛け合いに店内は大受け。しばし、冒険談義に花が咲いた。
「そういえば、あれからリボルテックについて記述が見つかったの」
  レアは思い出したように、書物に付けられた付箋のページを開く。
  そこには、こう記されていた。

『ヴィッセン評議員であるリボルテックの弟子たちは、試練場で研究や鍛錬に打ち込んでいる』

「えー。あんなのが、まだまだあるってこと?」
「そうなるかー」
「1人は名前が分かったです。インアクションて名前ですよ。これが、その人の頭冠。他のは風化してダメになってたです」
  3人を試練場へ誘った声... あれは何だったのか?
  彼女ら3人の意見が合致したウサギ狂のインアクションとは、少なくとも違う人に思えたし...
  あのふざけた名前の魔神オケコンドルが起こしたという『ヴィッセンの動力炉の暴走』も気に掛かる...
「リボルテックとタビットとの関係も気になるな」
「ベス、偉大なる兎の末裔って呼ばれたです。褒められて照れたですよ」
  謎は深まるばかり。

  ...と、そこへ護衛任務からアルビオスたちが帰ってきた。
「ただいま。グレンさん、連れてきたよ」
  アルビオスの足下には赤髪の幼い少女の姿がある。
  ビン底メガネ、白衣姿、大事そうに抱えられた工具箱...
  可愛らしいが、可憐とかいう言葉には縁がなさそうな...
「アル、そういうのが趣味だったの...」
「やっぱりロリコンだったか」
「そういうことはハッキリ言うと角(かど)が立つです」
「馬鹿! 違うっつーの。今回の依頼で護衛してきたの」
「そして恋に落ちる2人♪」
「同じマギテック使いとしては興味あるけど。どちらかと言えば、ウチはこっちの方が気になる」
「彼女はメカフェチなのね。多難な恋だけど、ガムばって」
  ナユカに肩を叩かれて溜息をつくアルの隣では、少女がウッサーを見つめて瞳をキラキラさせている。
「ルナだ。みんな、よろしくな」
  グレンさんの説明によれば、キルヒア神殿地下の大図書館の技術室長に紹介された魔動整備士らしい。
  ま、キルヒア神殿は剣と鞘の盟約の調査で忙しいし、紅蓮の炎亭の発掘現場にはドワーフが多いから同じドワーフの方がいいだろうと。
  それにウッサーが魔動機文明時代の魔法生物であることはわかっているんだし、マギテックの専門技師がいいに決まっている。
「あわわ、ドワーフのマギテック技師さんだったですか。初めましてです」
「そういや、ヴィッセンにはドワーフの冒険者少ないもんな」
「ですねー。そういえば意外に見ない」
  ベスと挨拶を交わすルナに、グレンとシェロは顔を見合わせて頷く。
「という訳でルナだ。彼女にはウッサーや発掘品の修理とか解析をやってもらおうと思ってる」
「よろしくしてねー」
  ルナは紅蓮の炎のエムブレムを貰って胸に付けた。
  とりあえず本館に宿屋暮らしするようだが、グレンが言うには別館の1室を彼女の工房兼住居に提供するらしい。
「これ、遺跡で見つけたですけど動かないです。重要そうな気がするです。ビビッと背中の毛が立ったですよ」
「バーサタイルみたいだけど。微妙に違うんだ。修理してみる」
  興味深げに身を乗り出して覗きこむベスを他所に、早速ルナは机の上に工具を広げて埃などを落とし始めた。

2011年7月 3日 19:38