トップSW2.0オンラインセッション設定・過去ログ管理ページ ≫ ソードワールド2.0 第11話前編 『灯台下暗し』

ソードワールド2.0 第11話前編 『灯台下暗し』

『灯台下暗し』

アパートの増築を始めた冒険者の宿「紅蓮の炎亭」で夜な夜な響く怪しげな音。
近隣からは夜中まで工事するなんて非常識だと詰め寄られるが、宿のマスター・グレンのあずかり知らぬところ...
「まさかな...」
グレンが床を踏んでみると、鈍い音ではなく、どこか軽い...
「そんな訳ないよな」
ちょっと嬉しそう。
つるはしまで担ぎ出して。(笑)
「みんな、依頼だ! 新発見の遺跡だぞ!!」
どこへ行けばいいんだ? と目を輝かす冒険者たちを見て、グレンは不敵に笑う。
親指を立てて、下を指す。
「ここ?」
「おうさ!」
グレンは豪快に笑った。

報酬は1人3000ガメル。
遺跡内で宝物が発見された場合、取り分は5分5分。
食料や明かりなど最低限の必要経費は宿持ちなのだから冒険者にとって悪い条件じゃない。

開催日:2008年8月23日

GM:kogさん

 


GM:●オンラインセッション 第11回「灯台下暗し」
ナユカ: 準備OKです
レオン: 今日は神殿も休みなのでグレンさんのところにきてます
モルガナ: こちらも完了です
エル: はーい
GM:それでは始めたいと思います
シェロ: 準備完了っと
GM:キミたちはヴィッセンの冒険者の宿の一つ『紅蓮の炎亭』にいる。
GM:依頼の切れ目というか、1日2日ほど暇にしており、それぞれの生活や余暇を送っていた。
GM:レオンのようにね
ナユカ: 鍛錬してます。
GM:紅蓮の炎亭にいる訳だけど、たまたま宿屋に居合わせたことを幸運と思うべきか、不幸と呼ぶことになるのか...
GM:それはキミら次第だ。
GM:という訳だが、外が騒がしい
モルガナ: 宿の自室で武器と防具の手入れでもしていましょう
ナユカ: のどかですね~
レオン: 「これはうまいな。嫁さんにももって帰ってうやろう」これから起きること露とも思わずすごし中
シェロ: 「なんデスかねー」
レオン: 「なんだ騒がしいな」外覗いています
モルガナ: 「...ん?うるさいなぁ...」
ナユカ: 夫婦喧嘩でしょうか?
エル: 「遺跡探索には斥候の技術が不可欠・・・鍵開けも板についてきたし・・・」
GM:紅蓮の炎亭の裏手が騒がしいんだが、建物が建てられてるのは皆知ってる。
レオン: 「夫婦喧嘩にはまきこまれたくないな・・」我が家のこと思い出し中
ナユカ: 「グレンさんが夫婦喧嘩?」(何
GM:宿の酒場に現場の人たちが飲みに来てるし
レオン: 「工事中なら我慢しないとな」
エル: 「また工事の連中かな?何の騒ぎだろう?」
モルガナ: 使い魔の鴉を窓から飛ばして宿の屋根に止まらせておきます
GM:モルガナの共有する視界に2階建ての建物が見えるよ
モルガナ: 何か変わった様子は?
GM:で、グレンさんが酒場のカウンターの裏に飛び込んでくる
GM:嬉々としてますね
レオン: 「どうしたグレンさん、あわててるようだが」
GM:グレンさん、手につるはしとか持ってるのが気になるかな
ナユカ: 「どーしたんですか?グレンさん」
レオン: バイトかw
シェロ: んー気になるデスねー・・・クロ...下からも見てくるデス、グレンさんについてくデスよ(使い魔の黒猫をカウンター裏に入れてみよう・・・可能なら
ナユカ: 「そんな切羽詰ってたんですか、紅蓮亭って」
ナユカ: <バイト
エル: 「そうなのか・・・ツケばっかりでゴメンよー(泣)」
GM:そうそう、稼ぎが悪くて...
GM:グレン「じゃなくて、出たんだよ!」
シェロ: お化けデスか?
レオン: 「お化けなら、俺の領分だが?」
エル: 「なにが?借金取り?」
ナユカ: 「モンスターですか?(きらきら)」
レオン: グレンさんのこんな感じは珍しいので面白そうにみています
GM:グレン「そう、支払いが...って、そんなの吹っ飛びそうなやつさ! 遺跡だよ、い・せ・い」(噛むな)
ナユカ: 「(グレンさんのとこまで行って)熱はないですね?」
レオン: 「おっ新しい遺跡の情報か。どこから発見されたんだい?」
GM:グレン「モンスターもいるかもしれん。でも、お宝もなー」
シェロ: 遺跡デスかー
モルガナ: 鴉を工事現場上空に飛ばしつつ、鬱陶しそうな顔で下りてくる。「...遺跡?」
GM:グレン「熱はないぞ! 燃えるけどな!!」
GM:グレン「で、見つかったのはー」親指立てて、床下をグッと指してる
ナユカ: 「地下、ですか?
シェロ: ...まさか、ずっと穴掘ってたデスか!
レオン: 「うん?」足元見てみます
エル: 「工事は裏じゃなかったの?」思わず足元を見てしまう。
モルガナ: 「もしかして工事現場が騒がしいのはそのせいか?」
GM:グレン「いやね、先行投資で紅蓮の炎亭を改装してたのさ。隣に建築中の建物は別館」
レオン: 「景気がいいようだな」
ナユカ: 「ツケで払わない人がたくさん出そうですねー」
レオン: 「こらこらナユカ嬢ちゃんw」
レオン: コツンとしておきます
レオン: 「ということは紅蓮の炎亭の地下にもぐるということか?」
GM:グレン「地下室を作ってたんだが、軽い音がしてな。掘ってみたら大当たり」
ナユカ: 「(頭をさすり)なるほど~」
GM:グレン「そう、この真下に遺跡があるのさ。俺はチラッと見ただけだから詳しくは分からんが、お前さんら暇してたんだろ?」
エル: 「僕らに話すということは・・・行ってこいということ?」
モルガナ: 「青い鳥...ならいいんだがな」
ナユカ: 「よく今までわかりませんでしたねー、それ」
シェロ: そうデスねー
レオン: 「俺たちが第一号なら見入りもよさそうだな」みんなをみわたします
ナユカ: わくわくですねー
GM:グレン「探索してみないか? 報酬は俺が出す」(報酬条件は募集スレ参照)
エル: 「(遺跡かー。錠前屋の親方にこっそり習った鍵開けが試せるかも♪)」
モルガナ: 「暇潰しにはちょうどいい、私は異存はないな」
レオン: 「おっエルやる気だな。でもその指の動きは何だ?」
レオン: 「俺も引き受けるぜ」装備を取ってこよう
ナユカ: 「私も問題ないですよー(拳ぎゅっと握りながら」
シェロ: ん、私も行くデスよー
エル: 「えーと、いや、エルフに伝わる幸運を呼ぶおまじないというか・・・ははは」
GM:グレン「ヴィッセン自体、図書館の遺跡跡に建てられたもんだからな。こういうことがあるから止めらんねぇ」
ナユカ: 「エルフにそんなおまじないあったかなー?」<エル
モルガナ: 部屋に戻って装備を整えてからまたやって来るよ
GM:グレン「じゃ、みんな受けてくれるんだな。今日来てなかった奴ら、後で悔しがるかもー」妙にテンション高いです
レオン: そのころのベス「これが伝説のドラゴンフォートレス」
エル: 「(ナユカの方は見ずに)「あー今日のお茶おいしいねー」もちろん依頼は受ける
ナユカ: 「燃えてますねー」
レオン: 「まぁいい話を持ち帰るといいがな」
レオン: いま何時ですか?
ナユカ: その頃のキャロ「ららら~♪(どっかで歌っているらしい)」
レオン: まだ早いようなら準備して出発しましょうか
シェロ: エルフに伝わるおまじないデスかー、覚えとかないといけないデスね
GM:で、少し準備時間があって、消耗品をグレンさんが用意してくれている。
GM:昼前です・
GM:何かしたいなら短めの1アクションだけOK
ナユカ: 消耗品・・・・・・・・お弁当ですねw
レオン: 買い物はとくに無いかな
GM:カレーとかラーメンとか... 汁物ばっか?
シェロ: 大丈夫デスよ、この・・・焦げたお弁当があるデス!
レオン: 「これは食べたらすぐ行けという事かw」
エル: 「しょうがないから行こうかw」
GM:プレイングがあって、入力するまで待っててという方がいれば、
GM:(プレイング待ち)
モルガナ: アイテム類は買い置き分で足りると思うので特に補充はしない
GM:などと入力してもらえれば待ちます。
ナユカ: 特にアリマセンねぇ
エル: 特に無しです
レオン: 私も
GM:今後も長く待ったりしないので、何かあればこの方式でお願いしますね
モルガナ: 「私は準備は済ませたが...皆はもういいのか?」
レオン: ですね
レオン: 発言前後してもいいかと思います
シェロ: ん、準備済みデスよー
レオン: 「さて、みんないくかい?」
エル: 「ええ、準備万端ですよ(スカウト用ツールを忍ばせつつ)」
ナユカ: 「準備おkでーす(袋を背負う)
GM:グレン「頑張ってな。生きて帰れよ」爽やかな笑顔で
レオン: 「こんなに近くの遺跡は始めてだ」
ナユカ: 「じゃあ、いきましょかー」(先頭に立つ」
モルガナ: HP:33 MP:34
GM:てな訳で、別館建築現場。1階の基礎部分は出来上がってる。内装は、まだだけど
レオン: 現場の人に「お邪魔するぜ」といいながら進みます
モルガナ: ランタンに点火、予備の灯りとしてライトを盾にかけて潜る準備
ナユカ: 「お邪魔しまーす」
シェロ: お邪魔するデスよ~
モルガナ: 「邪魔をする...」と上空を飛ばしていた鴉を回収
GM:現場の人「あぁ、グレンさんから聞いてるよ。潜るんだって? 気をつけてな」
レオン: 「いってくるよ」
エル: ありがとー行ってきますよー」
モルガナ: 「ありがとう...吉報を持ち帰るつもりです」
GM:明かりなど用意して、ファミリア回収して、キミたちは地下室へと降りてゆく
シェロ: 「それじゃ行くデスよー、クロ」 (黒猫を持っていきます)
ナユカ: 遺跡内に突入ですね、入り口はどんな感じ?
レオン: 「明かりの準備もしておかないとな。たいまつと・・フラッシュライトも使っておくか」
エル: 「妖精の助力を頼んでおこう。出ておいでー」フェアリーウィッシュを使います。
レオン: それ大事
GM:床には穴が開いてる。グレンさんが泥を払った跡だろうか、穴の外周部分は石造りになってるよ
GM:妖精了解
レオン: 「これは結構立派な遺跡だな」壁コンコン
ナユカ: んーその奥は通路かな?
GM:フラッシュライトは使いますか? モルガナがライト使ってますが
レオン: それなら大丈夫かな
レオン: たいまつは片手開いてる人にお願いしよう
レオン: 魔法の光と自然の光両方あったほうがいいでしょうし
ナユカ: ←両手開いてるけどグラップラー
シェロ: 両手・・・杖が・・・
GM:明かりを照らすとわかりますが、正規の入り口じゃないので真下に床があります。
ナユカ: んじゃあ、除き見て見ましょうか?
GM:で、セージで知識判定どうぞ。平目は後回し
モルガナ: 既に異貌化済みです
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [1,2]+7 = 10
レオン: 2d+2 セージ
ナユカ: Leon -> 2D+2 = [1,5]+2 = 8
レオン: 8です
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [3,5]+4+1 = 13
エル: セージ 2d6+5
エル: 2d6+5 セージ
モルガナ: 2d+5
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [2,6]+5 = 13
ナユカ: Morgana -> 2D+5 = [6,5]+5 = 16
レオン: 発言の前でないと動きません
レオン: 16が一番高いかな
モルガナ: セージで16
ナユカ: でるね
ナユカ: ですね
シェロ: ですねー
GM:詳しくは調べないと分からないけど時代は魔動機文明のようだね。ナユカは、神殿の地下図書館の造りに似てると思った
ナユカ: 地下図書館っぽいですね~魔道機文明時代のものっぽいですよ?
レオン: 「なるほど」わからなかったw
GM:ナユカと、今回はいないけどタビットがいれば危険感知判定お願い
モルガナ: 魔動機文明語は使えない...文字があればトランスレイトの出番かな
ナユカ: 了解
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [1,2] = 3
ナユカ: ダメっぽい~
レオン: 気づかずに進みそうです
GM:キミたちは危険な様子はないと思った。どうする?
ナユカ: 「えースカウトの人に罠探知お願いします」
レオン: 進むしかないかなw
エル: 「進む前に罠が無いか調べるよ」といって前に出る
GM:ちなみに高さは目算で10mほど。調べるには一度降りる必要がある
エル: じゃあ調べられないか。
レオン: 「ここで飛ぶのはもったいないか・・」
シェロ: 「んー、気になるデス...降りたいとこデスが登ってこれない気がするデス」
レオン: たいまつかライト落としてみましょうか
ナユカ: 「じゃあロープをたらしましょうか」
GM:グレンさんの用意してくれたものの中に縄梯子があるよ
レオン: 「おっさすがグレンさんだな」
モルガナ: じゃあハーケンで縄梯子を固定して降りてみる...でいいのかな
エル: いざというときの受身判定があるので、エルが降りましょうか
ナユカ: お願いねー
レオン: 「エル頼むぜ」
エル: 「ちょっと見てくるよ」トーチを借りてハシゴを降ります
シェロ: 「なにがあるデスかねー」
GM:OK、楔とかいいね。降りるのに判定はいらない。プレイングをどうぞ
レオン: 「気をつけろよ」うえから出来るだけ照らす
レオン: 「大丈夫そうだな」おります
エル: じゃあ、そろそろと降りて、床には足をつけず松明を落としてみる
レオン: ぽいですね
GM:地面は土だね
モルガナ: じゃあ続いて降りていきましょう
GM:松明を落としても特にないもおきない
エル: 特に反応が無いとか、問題が無さそうなら足をつけます「大丈夫みたいだよー」
シェロ: 「では、私も降りるデス」おります
GM:特に何もおきない。全員降りますか?
ナユカ: なら、降りてみましょうか
レオン: おりてあたりを警戒中
モルガナ: ライトのかかった盾を前方に突き出して辺りを照らしてみます
レオン: どの位の広さかわかりますか?
GM:足下は全部土のようだね。松明も魔法の明かりも10m、いいとこ20mくらいまでしか見えない。
ナユカ: 暗視だとどの編くらいまで?
GM:その先はボンヤリとしかわからないが、もう少し広いみたい。
レオン: 「これは広いな。いままでよく見つからなかったものだ」
GM:暗視だと一辺20m程度の部屋のように見える
ナユカ: 扉とかはありますか?
レオン: 「とりあえず進める場所さがさないとな」
GM:地下に建物伸ばしてく人って、そうそういないからね >見つからなかった
エル: 「とりあえず、部屋全体を一通り調べてみるよ」おーけー?
ナユカ: OKです~
レオン: 「エル気をつけてな」
エル: 2d6+7 探索判定
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [4,2]+7 = 13
GM:便宜上へ矢を『東西南北』の4エリアに分けます。
エル: はいはい。
レオン: 了解
ナユカ: はいはい
シェロ: ふむふむ
GM:スカウトとレンジャーの双方で探索可能ですが、現状で天井が石造り、地面が土
モルガナ: これでいいかな
GM:いくつか構造物があるようです。北に1個、西の天井に2つ
ナユカ: 構造解析もしますか?
GM:使う技能と場所をしてしてプレイングを確定してください
GM:時間短縮のため、プレイングがあった地点を中心に、そのキャラクターの探索が終了します
モルガナ: 北の構造物に対してセージ技能で解析します
GM:という訳で、どうぞ
モルガナ: 2d6+5
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [6,2]+5 = 13
ナユカ: じゃあ西のエリアを構造解析します
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [6,6]+4+1 = 17
レオン: 私は北を
レオン: 2d+2
ナユカ: Leon -> 2D+2 = [4,6]+2 = 12
レオン: 「あの建物から調べてみるか」
GM:エルとシェル待ち
シェロ: それじゃ北の解析を
エル: えーとじゃあ南。スカウトで探索判定。もう一回振る?>GM
GM:もう1回振ってください >エル
ナユカ: 残りは東側かぁ
エル: 2d6+7 探索判定
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [5,6]+7 = 18
レオン: 高いなみんな
シェロ: って残り東か...ならば東を・・・
シェロ: セージ技能でっと
ナユカ: 何かわかったかな?
GM:シェロ、ダイスをお願いします
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [3,4]+7 = 14
GM:それでは順番に
GM:北の構造物は階段のようだね。でも変な感じ。それが何か分からないのがもどかしい
レオン: 下に進んでいるのかな?
GM:西の構造物は1つが棚だね。何か残ってるのが見える。でも天井の近く
GM:もう1つの西の構造物。これは扉だ。でも、かなり段差がある
ナユカ: どのくらいの段差?
レオン: ここは床が抜けた場所なのかな
GM:南には犬の像が埋もれている。少し掘り返したら出てきた
GM:残る東は特に何もない気がする
エル: 「こんなのが埋まってたよ」掘り掘り
レオン: 「おいおい突然動き出したりしないだろうな?」
GM:エルは魔物知識判定お願い
シェロ: 「なにもなさそうデスよーこっち」
エル: おおっと。
エル: 2d6+5 魔物判定
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [1,4]+5 = 10
エル: +1ありました。11です。
GM:オプシディアンドッグ(ルルブⅢ)の残骸だね。壊れてるのか動かない
GM:ちなみに魔法生物です
ナユカ: 持って帰って売れたりする?
エル: 「黒曜石のゴーレムかな・・・壊れてるみたい」
GM:オブシディアンだ
レオン: 「体力使わずにすんだということか」
GM:持って帰るのは問題ない
GM:ちなみにエル、宝物の2d振って
エル: 2d6 ふりまーす
ナユカ: EL -> 2D6 = [1,1] = 2
エル: なんとw
レオン: wwww
シェロ: おおおw
ナユカ: じゃあ持って帰りましょうか、ペスちゃんが喜びそう
レオン: 50点どうぞ
ナユカ: おおおうw
エル: あーい
シェロ: 50点って名前の宝物だねw
レオン: そのころのベス「なにかお土産が無くなった気がするです」
GM:ひっくり返します?
エル: ここで使うのはもったいないかなーそのままで (ベスには黙っておこう。ばれたらニンジンでなんとか・・・)
GM:ひっくり返さないなら、小さな宝石(100G)をゲット
ナユカ: 袋に入れておきましょう、ゴーレムも
エル: 皆に伝えて回収。
GM:さて、他のところはどうします?
レオン: 「後は棚と階段に扉か」
ナユカ: 西の棚を調べますか?
レオン: 棚調べますか
シェロ: 棚ですね
エル: 罠感知?探索?
GM:犬像は持ち運ぶには重いかな。出口はそこだし、上げる手もある
ナユカ: ならおいていきましょう
シェロ: 「そうデスね、犬とか怖いデスし」
モルガナ: 後で引き上げよう
GM:棚を調べるなら接触できる位置まで行ってください
レオン: では移動しますか
GM:探索判定はスカウトで。知識系ならセージで
ナユカ: そですね
エル: とりあえず警戒しながら棚のほうに集まります。
エル: 2d6+7 スカウトの探索です
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [1,2]+7 = 10
ナユカ: じゃあ知識で構造解析
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [4,1]+4+1 = 10
シェロ: 構造解析ですね
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [2,6]+7 = 15
GM:罠はなさそうだ >エル
GM:変な造りつけだなとナユカが思ってると、据付が逆さなのにシェロが気が付く
シェロ: 「なんか逆になってるデスよ?」
GM:で、シェロはボロボロになった紙片を見つけた
ナユカ: つまり、この建物、まっさかさま?
モルガナ: 何語だろう...
GM:魔動機文明語ですね。ネームレス・ワルツという表題しかわからない
シェロ: 「何書いてあるんデスかねー・・・」
レオン: 「判別できるのはタイトルくらいか・・」
レオン: ネームレス・ワルツという単語に聞き覚えは無いですか?判定できます?
ナユカ: 知識判定してみますか
シェロ: やってみましょうか、知識判定
レオン: GMできますか?
GM: 判定を振ってたら振りなおしてくださいな
レオン: まだだから大丈夫です
シェロ: では知識判定
レオン: 2d+2 知識
ナユカ: Leon -> 2D+2 = [2,3]+2 = 7
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [4,3]+7 = 14
レオン: 7です
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [6,1]+4+1 = 12
エル: 2d6+5 セージで見識判定
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [5,4]+5 = 14
ナユカ: 知識判定12です~
モルガナ: 2d6+5セージで判定
モルガナ: 2d6+5
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [3,5]+5 = 13
レオン: 数値は報告したほうがいいかもです
シェロ: 判定 14です
モルガナ: 知識判定の13
エル: 了解。14でしたー
GM: シェロ、ナユカ、エル、モルガナは聞いたことある。でも、有名なのはネームレス・カルツの方。怖い本らしい
レオン: 「おれももう少し勉強しないとな。ところでどんな本だい?」みんなにきく
ナユカ: どんな本?
モルガナ: 「名前は知っているけれど...」
シェロ: 「きっと怪談とかが乗ってる本デスよ」
GM: 想像としか思えないような神様とか出てくる本だね。実在するのかしないのか? 研究中らしい
ナユカ: ですって
GM: で、紙片から分かるのはそれくらい。他はどうする? プレイルームでは予想が立ってるけど
レオン: 「サーシャ嬢ちゃんあたりが喜びそうだな」
GM: ですね >サーシャ
エル: 棚には、他に何も無いのかな。 何かをすると上下回転するんだろうね。
GM: 仕掛けを調べるなら再判定を。多少時間がかかります
レオン: 「エル他に怪しいところは無いか?」調べてもいいかも
エル: 「安全第一だし、ちょっと時間かかるけど調べて良いかな?」
レオン: OKです
エル: 2d6+7 スカウト探索判定
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [4,4]+7 = 15
シェロ: 「そうデスねー、急ぐ必要もないデスし」
エル: 探索15です
GM: 仕掛けはないように思える
レオン: ひっくりかえるのか、まっさかさまに落ちたのか
エル: 「この棚には、特に仕掛けは無いみたい。他を見てみようか?」
モルガナ: 「扉か階段が怪しいな...調べてもらえないか」
エル: どっち調べましょうか?
レオン: 扉から調べますか
ナユカ: 西にいるわけですし、扉からですね
エル: 2d6+7 探索、扉
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [2,6]+7 = 15
シェロ: んーいい感じの目ですねえ・・・・
GM: 皆の予想通り、天地が逆転してるみたい。そう考えると、さっき階段で違和感覚えたのも得心がいく
レオン: 段差が天井にあるとかそんな感じかな
ナユカ: なるほど
GM: 扉が逆さまに天井を床にするように付いてる  というのが、見た目です
モルガナ: 「部屋ごとひっくり返っているわけか...元に戻す仕掛けがあるのかも知れない」
レオン: ということは10m登らないと扉には入れない?
ナユカ: 「ひっくり返った弾みに、上のほうが崩れたりとか、しないかな?(汗」
シェロ: 「んー・・・なったらまずいデスねー」
エル: 探索の結果、罠や鍵の有無はわかったのかな?
GM: 扉に入るのに10mクライミングは必要ない。扉の下の部分(上の部分)までは3mくらい
エル: はいはい。鍵とかは判らない?
ナユカ: なら誰かに肩車してもらえば届きますかね?
GM: ちょっとした障害ですけどね。罠や鍵の有無は直接近くまで(立ってるとこから8m地点くらいまで)いかないと分からない
ナユカ: 行って見ますか
GM: 肩車では厳しいなー
レオン: 「飛んでみてきてもいいが、そんなにもたないぞ」
エル: 「ちょっと高いな。反転の仕掛けなら、魔法がかかってるか見てみればわかるんじゃない?」
レオン: 「まぁ階段から先に調べるという手もあるつながってる可能性もあるしな」どうしましょう?
エル: 「じゃ、先に階段を見てくるよ」 探索判定で良いですか>GM
GM: どうぞ
エル: 2d6+7 探索
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [1,4]+7 = 12
エル: 探索12です
GM: 部屋が反転してるんじゃないかという予想があるので+2します
エル: お。ラッキー
シェロ: 「ん、気をつけてデスよ」
GM: で、階段は逆さに付いてますね。地下へ登ってゆく感じ。天井の方は上に(下に)行けないので最下層なのかな?と思った
レオン: 「部屋というより建物全体がさかさまなようだな」
レオン: 「2階をしらべてみるか?といっても地下に進むわけだが」
エル: 楔とロープを使って竪穴となってる階段を下りるか、扉を開けてみるか。どうしましょうかね。
モルガナ: 「そうだな...下に進むか」
ナユカ: そうですね、すすみますカー
レオン: たしかに足元はすべりそうですね
シェロ: 進みましょう
レオン: 進むには特殊な判定がいりますか?
GM: 階段部分ですが、下は土に埋まってて行けません。穴がないので下階はないと思ってました
エル: おや。
モルガナ: 「扉しか選択肢が無さそうだな」
GM: 掘り返すことはできるかもしれませんが、どれだけ時間が掛かるのか今のところわかりません
レオン: 扉に進むしかないのか
ナユカ: あらら
エル: 「扉、調べてみるよ
ナユカ: めもっときましょう、一応
エル: 肩車じゃダメなんだったよね。魔法お願いしようかな>モルガナ
GM: さて、ナユカ、冒険者レベル+知力ボーナスください
モルガナ: エルに「ウォール・ウォーキング」をかけておきます
モルガナ: 2d6+8
ナユカ: Morgana -> 2D6+8 = [6,5]+8 = 19
GM: 壁歩きOK
モルガナ: 成功したので3分は壁に張り付けますね
GM: ナユカ、出目いいね。とりあえず、壁歩きはスタック
エル: こちらの時間は止めて、ナユカの方を待ちますよー
エル: 出目良いのはモルガナ。
GM: ですね。見間違い
ナユカ: 2d6+5+4 はいはい
ナユカ: ナユカ -> 2D6+5+4 = [5,6]+5+4 = 20
レオン: 高いな
ナユカ: 20と出ました
シェロ: 20だってw
シェロ: すごい数値だ・・・
ナユカ: 冒険者レベルと知力だけで9あるもん
GM: これまたいいね、ナユカ。地下図書館が発見されたときの逸話を聞いたのを思い出した。
ナユカ: どんな逸話でしたっけ
GM: この都市の図書館には、あちこちにガーディアンが設置されてたらしい。具体的にはゴーレムたちだね。
ナユカ: ふむふむ
GM: ああいう立派な造りの扉の奥には、だいたいゴーレムが...
GM: という都市伝説
ナユカ: と言う都市伝説があるんですが(みんなに語りちう
シェロ: 都市伝説デスかー
レオン: 「いやな都市伝説だなw」
エル: 「遺跡の守護者かぁ。でも開ける帰るかって言われたら、開けるでしょ?」
モルガナ: 「まあ、楽して儲かる仕事は無いさ」
GM: じゃ、壁歩きで近付いて扉の判定どうぞ。
レオン: 「まぁな。」
エル: 2d6+7 探索で扉
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [2,5]+7 = 14
シェロ: 「折角デス、あけてくデスよ」
エル: 探索14です
GM: 罠はない、鍵はないと思う
ナユカ: 何があるか、とりあえず戦闘体制
エル: この思うが不安なんだけどなw「罠は無さそうだよ。鍵も掛かってない」と皆に。
レオン: 戦闘起きたらどうやって参加すればいいのだろう
レオン: 私は飛べるけど
モルガナ: 飛べる人意外全員にウォールウォーキング飛ばすのも手だけど...
エル: ゴーレムもあっちの部屋で天井に落ちてるんじゃない? ともかく、開けていい?
レオン: とりあえずあけてみて怪しければ戻ってきて
エル: では意を決して開けます。
GM: OK、開けたところで小休止。
GM: 11時30分に再開しましょう
ナユカ: 了解です
レオン: 了解。気になるけどw
シェロ: 了解
エル: りょうかーい。
モルガナ: 了解
エル: エルは意を決して扉を開いた・・・・・・(あとはGMにおまかせ)
レオン: さて扉の向こうにはなにが・・・
GM: エルが扉の向こうを除くと部屋をひっくり返したような惨状が(笑)
GM: 人型の脚が地面から突き出てたり...
エル: 「うん、やっぱりひっくり返ってるよ」報告
レオン: 「なにか待ち伏せてるかー」
ナユカ: えーと、じゃあ覗き込みます
エル: 「守護者は逆さまに埋まってる」・・・八墓村?w
レオン: wwww
レオン: 私もうかんだ
GM: 棚が一杯ならんでる。床にはひっくり返された机。床には何冊か本が残ってるね
シェロ: 「みんなで行ってみるデスよ 見た目面白そうデス」
レオン: 縄梯子とロープで登れます?
エル: (担いできたロープをたらそう)「これで大丈夫じゃない?」 部屋に入るだけなら高低差は小さいんだよね?
レオン: 順に登りますか
GM: 障害は3m程度です
ナユカ: なら降りましょうか
モルガナ: 登ろう
ナユカ: 登りますか
シェロ: 登りましょう
エル: 「まだ何かあるかもしれないし、守護者が動くかも。気をつけて」といいながら、壁をぺたぺたと歩いて降りる。
エル: 探索判定しても良いですか?
GM: どこを調べますか?
エル: 部屋全体はダメ、ということですね?
ナユカ: 部屋はどのくらい?
GM: 大きさは10mないくらい。探索は場所や物を指定してください
GM: 10m四方
エル: じゃあ、とりあえず突き出してる人型の足を調べます。
エル: 2d6+7+1 フェアリーウィッシュの妖精に助力を願います。
ナユカ: EL -> 2D6+7+1 = [5,3]+7+1 = 16
ナユカ: 部屋の構造を調べますか
GM: 人型「むぎゅう... 助けて...」声がくぐもって聞えます
シェロ: ...ひっこ抜きたくなるなあ・・・
エル: 「しゃべった・・・」
レオン: 何語ですか?
GM: 人型ですが、所々壊れてますね
ナユカ: 起こしてみますか?
エル: おっと。魔動機文明語は判らないんだった。
GM: 共通語です
シェロ: 「・・・共通語デスか」
レオン: 「おっこいつしゃべるのか」
エル: 「???この守護者、共通語を喋ってるよ!」
レオン: 足だけでは魔物判定できませんよね?
GM: 体格は子供サイズ。なんと、ウサギの足です
モルガナ: タービット?
レオン: 「なんだベス嬢ちゃんかw」
ナユカ: 引っこ抜きますか
エル: 「助けて、と言ってるんだから助けてみようよ」
ナユカ: 足つかんでずぼっと引き抜きます
エル: 掘り出してみる。
レオン: 「手伝うよ」ひっぱります
シェロ: 「掘り出してみるデスよ」
GM: 掘り出しながら引っこ抜きました。
モルガナ: 周りの土砂を取り除いて引き抜く手伝い
ナユカ: やっぱりウサギ?
GM: タビットのような感じですが、明らかに魔動機文明のゴーレムのような。片手がもげてます
レオン: 「こいつはかわいらしいゴーレムだな」
GM: 胴体もつぶれてる部分とかあって、生き物なら死んでるでしょう。埋まってて息も出来ないし
エル: 「大丈夫かい?」
ナユカ: 「大丈夫?(土を払ってあげる」
モルガナ: 「護衛用ゴーレムには見えないな...」
レオン: 「直してくれそうな知り合いならいるが、あそこに預けるのは不安だな」>主任w
GM: ウサ「大丈夫...じゃないですー。部屋をひっくり返し...ような有様じゃないですか...」
ナユカ: いつから埋まってたの?
レオン: 「まぁ実際ひっくり返ってるのだが」
エル: 「いや、ホントにひっくり返ってるんだと思うよ?」
GM: ウサ「? 長い間埋まってたから目が赤くなっちゃってません?」
レオン: 「最初から赤いんじゃないのか?」いちおう覗いてみるがレーザーとかうつなよw
シェロ: 「んー緑色になってるデスよキット」
エル: 「そういうデザインじゃないの、君?」>赤い目
ナユカ: とりあえず名前はあるのかな?
モルガナ: 「それはさておき、ここは何処で君は誰なんだ」
レオン: 「そうだそこをきかないとな」
ナユカ: 「あ、名乗るんならこっちが名乗らなきゃ。私はナユカ、アナタの名前教えてくれるかな?」
GM: ウッサー「ここ...御主人様の書庫... 私の名前はウッサー...」(「記憶回路にエラー...」と棒読み音声が付いてくる)
シェロ: 「そのまんまな名前デスねー」
レオン: 「ウッサーかわかりやすい名だな」
ナユカ: 「そうだねぇ~」
GM: ウッサー「ナユ... 本を直さなきゃ」
ナユカ: 「本?」
モルガナ: 「私はモルガナだ、この書庫の主はどんな方なんだ?」
エル: 「彼は、本の修繕をするゴーレムなのかな?」
ナユカ: 多分整理用のゴーレムなんじゃないんですかね?
レオン: そんなかんじかな
シェロ: 「この紙なんか関係あるデス?」ちょっと前に拾ったネームレスワルツって中身を見せてみようか
ナユカ: 「司書ゴーレムってところでしょうか?」
GM: ウッサー「御主人様は御主人様ですよ? ここの本を整理整頓...しなきゃ...なのです」
ナユカ: えーと、とりあえず部屋の構造解析してみていいですか?
エル: リペアじゃなくてプットアウェイの「直す」なのか。
レオン: 「といってもこの状況じゃな・・」
ナユカ: 何かわかるかもしれない
GM: ウッサー「記憶にありません」棒読み <ネームレスワルツ
GM: 構造解析どうぞ
--2008/08/24 00:00:00 ログを開始
ナユカ: 了解
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [5,3]+4+1 = 13
ナユカ: 13と出ました
モルガナ: 「何かの縁だ、手伝おう」と言って本を片付けつつどんな本があるか調べてみます
エル: 同じく、本を対象に見識判定してみましょうか。
モルガナ: 2d6+5
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [4,6]+5 = 15
GM: 個人の書庫だと、このくらいの規模だろうか...とナユカは思った
モルガナ: セージで15>見識判定
シェロ: ん、では本を探してみましょう 「んーなんか面白いものないデスか」
ナユカ: 床には本が一杯?
シェロ: 本対象に見識その3と・・・
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [6,1]+7 = 14
エル: 2d6+5 見識判定、本
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [1,1]+5 = 7
エル: ぐわっ
シェロ: オメデトウ 50点を
レオン: ww
ナユカ: 本に関しても見識してみますか
エル: 2回目だよ・・・
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [4,6]+4+1 = 15
レオン: ナユカ嬢ちゃん優秀だ
ナユカ: 15とで増したー
GM: モルガナが表題を見た限りでは歴史とかですね。詳しく調べるには時間がかかる
GM: 本は床いっぱいに落ちてます。
モルガナ: 「史書のようだな...じっくり読むには時間が足りない」
GM: ナユカもモルガナと同じ感じ
ナユカ: なるほど
レオン: 「持ち帰ってみたいが、ウッサーに止められるかな」
ナユカ: 「それじゃあ整理しましょうか。あとでここのこと伝えておけばいいでしょう」
GM: ウッサー「なくなったら困りますぅ」
GM: で、1ゾロのエル
エル: (内容はわからないや・・・。とりあえず本棚に並べておこう)
エル: はい。
ナユカ: 本棚はやっぱ天井からひっくりかえってる?
レオン: 「ナユカ嬢ちゃんのいうとおりだな。図書館に報告しておこう」
エル: はーい?
GM: 本のページを開くと、そこには歯が付いています。で、噛まれました
レオン: www50点はもらえるようですw
エル: 「あいたっ!この本生きてるよっ!」
シェロ: 「おー、最近の本は≠゛んデスねー」
ナユカ: 「呪いの本!?」
GM: 2d+11点のダメージを振ってください
エル: 2d6+11 でかいなー
ナユカ: EL -> 2D6+11 = [6,1]+11 = 18
レオン: でか
シェロ: ここはぜひ6ゾロを
エル: 18点。防護点は無効ですか?
モルガナ: 「さりげに凶悪なトラップだな」
GM: 防護点OKです
ナユカ: 一応開かないように縄で縛って危険物って張り紙しましょう
レオン: 「おいおい大丈夫か?」キュアウンーズ
エル: 18-3で15点ダメージ。残り18点。
GM: ナユカ、戦士系技能で命中判定を
レオン: r10+5
ナユカ: Leon -> Rate10+5 = [2,1:1]+5 = 6
レオン: 6点回復
エル: 「ありがとう、レオンさん」
レオン: 「水も飲んどけw」
レオン: ヒールウォーターよろしく
ナユカ: 2d6+7 はいはい
ナユカ: ナユカ -> 2D6+7 = [2,2]+7 = 11
シェロ: 「んー一応もう少し回復しとくですよ」
ナユカ: 低い!!(汗
エル: (自分の手番で回復魔法使いますよー自前で)
レオン: そうかナユカ嬢ちゃんのほうが回復する
GM: ジタバタ暴れてたけど何とか縛ることができたよ。で、暴れてると...
ナユカ: 縛り終えたか回復しますか
レオン: あと9点かな
GM: ナユカの回復の前に戦闘です。それ以前の行動は採用
レオン: 了解
ナユカ: 了解
モルガナ: 了解
レオン: というか誰と戦うのだ
シェロ: 了解と
エル: 本でしょうかね?
シェロ: うさぎ?
ナユカ: 壊したらまずいかなと思ったんですけど
GM: ウッサー「書庫では静かにするもんですよー。書庫が怒ってるじゃないですかー」
ナユカ: ・・・・・・・・・書庫?
エル: 部屋かー
レオン: 「書庫が怒る?」
シェロ: ・・・・この部屋まさか・・・
GM: 床から錐が! そして壁がグニョグニョ動き始める
モルガナ: 「まさか部屋ごとゴーレムなのか!」
ナユカ: えー魔物判定OK?
シェロ: ...魔物知識判定!いってみましょう
GM: 魔物知識判定どうぞ
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [1,1]+4+1 = 7
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [6,3]+7 = 16
モルガナ: 2d6+5
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [6,6]+5 = 17
ナユカ: 50点くださいw
GM: ナユカ50点あげよう
レオン: 2d+2
ナユカ: Leon -> 2D+2 = [1,5]+2 = 8
エル: 2d6+5+1 魔物判定
ナユカ: EL -> 2D6+5+1 = [1,5]+5+1 = 12
モルガナ: 魔物判定17
エル: 魔物判定12
レオン: それが最高かな
シェロ: 50点おめでとうございますw
シェロ: 判定16と
モルガナ: というか6ゾロだ
レオン: というかクリだ
レオン: ですね
ナユカ: ですねぇ
シェロ: さて、何が出てくるか・・・
GM: モンスターはレベル8のシンカーハウス(ルルブⅡ-277頁)、弱点看破で物理ダメージ+2点
レオン: モルガナ嬢ちゃんに教えてもらいます「槍が利くなら戦えるか」
GM: 先制どうぞ
GM: ください
レオン: エルかな
エル: 2d6+7 先制
ナユカ: EL -> 2D6+7 = [5,1]+7 = 13
エル: 13です
ナユカ: こっちの先制ですかね?
モルガナ: 「奴の弱点は武器だ、魔法よりは効く」
レオン: かな
シェロ: よ・・・よかった、さすがに先制はいけたかあ・・・
GM: そちらから、どうぞ
レオン: フィールドプロテクションかけますね
レオン: 補助動作で飛行 主動作フィールドプロテクション
レオン: 2d
ナユカ: Leon -> 2D = [4,6] = 10
ナユカ: 補助動作でビートルスキン行きます。
レオン: 発動ダメー1です
レオン: 全員
エル: 「ありがとう!」
ナユカ: 「ありがとうです」
シェロ: 「ありがとうデスよ」
レオン: 「これで少しは持つか!」
エル: 妖精魔法ホバリングを使用して、床からの影響をカットします。
シェロ: 床にいたら危ないデスね・・・
エル: 2d6+9
ナユカ: EL -> 2D6+9 = [4,1]+9 = 14
ナユカ: 防御点+2っと
エル: 発動。床から浮き上がりまーす。
シェロ: 同じく、ホバリング使用
レオン: みんないろいろできるなw
シェロ: 2d6+10
ナユカ: シェロ -> 2D6+10 = [3,4]+10 = 17
シェロ: 発動ですと
モルガナ: 部屋回転が地味に痛いので自分とナユカ、レオンに「ウォール・ウォーキング」使います
モルガナ: 2d6+8
ナユカ: Morgana -> 2D6+8 = [6,1]+8 = 15
レオン: 私飛んでるので大丈夫です
モルガナ: 発動、これで部屋回転の効果は受けません
ナユカ: ありがとうです
レオン: モルガナ嬢ちゃんナユカ嬢ちゃんだけでOK
ナユカ: じゃあ攻撃行きますか
モルガナ: 効果がリルドラケンの飛行の3倍なので長期戦になった時は要ると思うので
レオン: ならもらっておきます
レオン: 攻撃できるのはナユカ嬢ちゃんだけですね
ナユカ: 攻撃OK?
GM: で、ナユカの攻撃が主行動が残ってるのかな?
レオン: ですね
ナユカ: はい
GM: 攻撃OKよ
モルガナ: 残りMP27
ナユカ: じゃあパワーリストで攻撃
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [5,1]+8 = 14
GM: 命中、ダメージください
ナユカ: sw13+8@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [6,6:7][1,5:3]<クリティカル>+8 = 18
ナユカ: うお、まわった
レオン: おお
ナユカ: 追加攻撃パワーリスト
エル: ゴーゴー
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [3,2]+8 = 13
レオン: さらに弱点ですね
シェロ: がんばれー
ナユカ: 弱点プラスで20点か(1回目
GM: 命中、ダメージください
ナユカ: sw13+8@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [4,2:3]+8 = 11
ナユカ: 13点っと
レオン: 結構減ったはず
ナユカ: 合計33点
GM: で、そちらは終了ですね。ところで、エル、残りHPは?
ナユカ: 防護点引いても結構ダメージか
エル: 24点ですー
GM: OK。こちらの番です
レオン: さぁなにをしてくるか
ナユカ: どきどき
GM: こちらは部屋回転です
ナユカ: はいなー、判定は、ないかな
レオン: ウォール・ウォーキングはどう扱います?
シェロ: ...ホバリングだと矢橋落ちるかな・・・
レオン: 飛んでる人3人、張り付く人2人かな
GM: 天地が逆転して床に積もった土砂が落ちてきます!
エル: なるほど、それがGMの狙いだったか!
ナユカ: 回避判定?
GM: 当たり所がよかった(かわせたかどうか)か回避してください。
レオン: 2d+8+1 回避
ナユカ: Leon -> 2D+8+1 = [3,2]+8+1 = 14
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [4,1]+8 = 13
シェロ: ...ひらメカ・・・
レオン: 14です
モルガナ: 2d6+5 回避
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [4,5]+5 = 14
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [4,5] = 9
モルガナ: 14です
GM: 2d+5 こちらの1no
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [4,1]+5 = 10
エル: 2d6+5
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [5,6]+5 = 16
シェロ: 9デス
ナユカ: 回避成功
エル: 回避16w
GM: シェロだけ命中かな
シェロ: なんとー
レオン: 回避の固定値大事ですね
ナユカ: ですねぇ
GM: 2d+5 ダメージ
ナユカ: GM_ -> 2D+5 = [4,1]+5 = 10
シェロ: ふ...さすが回避0・・・
レオン: まんま10うけるのか
レオン: あっ1へりますよ。フィールドプロテクション
エル: おお。その1点が大事だ。
シェロ: 「痛いデスよー」(残りHP24)
GM: 防護点無効、フィールドプロテクションは有効です
GM: で、
GM: 1d
ナユカ: GM_ -> 1D = [6] = 6
(taguchan) それはきつい>防護点無効
GM: ひっくり返った土砂の中から6体の本が動き出す
ナユカ: 6本!?
GM: 先に魔物知識判定を処理しましょう
シェロ: 魔物知識
シェロ: 2d6+7
ナユカ: シェロ -> 2D6+7 = [3,2]+7 = 12
レオン: 2d+2
ナユカ: Leon -> 2D+2 = [5,4]+2 = 11
ナユカ: 2d6+4+1
ナユカ: ナユカ -> 2D6+4+1 = [4,5]+4+1 = 14
シェロ: 12ですわ
エル: 2d6+5+1 魔物判定
ナユカ: EL -> 2D6+5+1 = [2,4]+5+1 = 12
エル: 12です。
モルガナ: 2d6+5 魔物判定
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [4,5]+5 = 14
レオン: 14が最高かな
モルガナ: 14です
ナユカ: 14です
GM: レベル5のデックチェストトラップです。ナユカの弱点看破で命中+1
ナユカ: よしよし
ナユカ: 向こうの手番は終わってないかな?
レオン: 多いな
シェロ: それが6対!?
GM: ですね。シンカーハウスだけ行動します
GM: 1d4
ナユカ: GM_ -> 1D4 = [4] = 4
ナユカ: 行動は何かな?
シェロ: よし、シェロは生死判定覚悟しておこう
GM: 床氷結化です。でも埋もれてるので効果はなしです
ナユカ: じゃあこっちの手番?
GM: 次、そちらです
レオン: 名前順にしますか
ナユカ: 魔法からかな?
レオン: ではシェロ嬢ちゃんをかばう宣言 主動作カ バーリング 鉄壁
レオン: 2d
ナユカ: Leon -> 2D = [1,6] = 7
GM: ちなみに襲ってきた本は、見た目結構ボロボロですよ
レオン: はつどう
レオン: レオン終了です
シェロ: 半径3m・・・だれがいたっけか・・・
モルガナ: 制限移動してできるだけ多くのチェストトラップを直線上に狙います、何体巻き込めますか>GM
シェロ: 自分中心にウィスパーヒール発動
GM: 1d6体としましょう。加えてシンカーハウスに当たります
モルガナ: 1d6
ナユカ: Morgana -> 1D6 = [2] = 2
ナユカ: 2対か
レオン: まぁあたればでかい
モルガナ: じゃあ2体+シンカーハウスにライトニング発射します
モルガナ: 2d6+8
ナユカ: Morgana -> 2D6+8 = [2,2]+8 = 12
GM: どうぞ
モルガナ: うわ...
GM: ダメージ半分でいただきます
レオン: まぁ抵抗しても半減だから
モルガナ: sw20+8
ナユカ: Morgana -> Rate20+8 = [1,6:5]+8 = 13
レオン: 7点か
モルガナ: 7点ずつですね
ナユカ: あとは・・・・・・・・私だけ?
シェロ: 2d6+10 と
ナユカ: シェロ -> 2D6+10 = [5,5]+10 = 20
モルガナ: 残りMP21
レオン: そうか魔法生物に利かないからいい感じだ
エル: おかえりー
シェロ: おかえりですわ
GM:ダメージいくらでした?
ナユカ: えー現在のみんなのhpまずい人いる?
レオン: 13点です
レオン: 抵抗よろしく
レオン: エルかな
GM:半分して13点?
レオン: いや半分は7点
エル: 24点はあります。>HP
モルガナ: 満タン33点
GM:ダメージ了解
ナユカ: 攻撃するか、回復魔法するか
レオン: 攻撃でいいかもしれない
ナユカ: なら攻撃しましょう
シェロ: ん・・・?使っちゃっていいんだろうか...ウィスパーヒール・・・
レオン: エルはどうします?
エル: では、ここが撃ち時。カオスショット7倍消費。MP残り3w
レオン: 男前だ
レオン: 殴れるのか
シェロ: なんてことをw
レオン: フェンサーで
ナユカ: 男前だなぁ
エル: 2d6+9 カオスショット
ナユカ: EL -> 2D6+9 = [5,3]+9 = 17
GM:カオスショットどうぞ
エル: 達成値17どうだろ?
レオン: きけー
GM:シンカーハウスは抵抗ですね
エル: ありゃダイス振ってるのかー
GM:ダメージください
エル: じゃあダメージ。
レオン: まわれー
GM:振らなくても抵抗17ですよ
シェロ: ここできっと5回転!
*GM_ quit (Ping timeout)
エル: sw20+9@10 クリなしの分。
ナユカ: EL -> Rate20+9@10 = [5,4:7]+9 = 16
レオン: 8点か
レオン: GM落ちた?
GM:落ちてないです
ナユカ: じゃあ、私攻撃行きますか
レオン: よかったお部屋は8点です
ナユカ: パワーリストで殴ります
エル: あ、ありでふっちゃった。デックチェスの分もこの数字でおけ?
レオン: @ついてますね
レオン: 9とはおしい
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [4,5]+8 = 17
GM:いいですよ >エル
エル: 了解。
レオン: 本減るといいな
GM:今のでライトニングくらった2体が落ちた
レオン: 残り部屋と4体
ナユカ: あ、シンカーハウスにね
ナユカ: <攻撃
GM:残った本もボロボロで動くのがやっとです
ナユカ: 命中は17
GM:ハウスに攻撃命中、ダメージください
レオン: まわれー
ナユカ: sw13+8@9 ではダメージ
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [2,4:3]+8 = 11
ナユカ: 2回目パワーリスト
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [6,5]+8 = 19
GM:命中、ダメージどうぞ
ナユカ: sw13+8@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [2,3:3]+8 = 11
ナユカ: どちらも13点です
ナユカ: 12点かー、防御引いて
GM:受けました。残りの方どうぞ
レオン: こちら終了かな
レオン: ですよね
シェロ: ん・・・
シェロ: 終了でいいはず・・・
レオン: シェロ嬢ちゃんの回復の対象
GM:OK
レオン: エルさんもはいるのかどうか
レオン: はいってOK?
エル: 3mでは、はどうでしょうね?
レオン: ウィスパーヒール
シェロ: 3m...微妙なところかあ・・・
GM:1dで3以上ならOK
レオン: がんばれシェロ嬢ちゃん
レオン: 3以下ー
シェロ: 1d6
ナユカ: シェロ -> 1D6 = [2] = 2
レオン: おお!
シェロ: 以下が来たね
エル: 以上ってGMはいってますよw
モルガナ: ぅぁー
シェロ: つまりダメということw!
レオン: 以上かw
レオン: www
レオン: ではこちら終了です
ナユカ: うむー
エル: 「なーに、これくらいの傷じゃ死なないよ!」<死亡フラグw
レオン: www
レオン: 死にそうw
シェロ: 「私、この探索が終わったら・・・」
GM:では、ハウスから
GM:1d4
ナユカ: GM__ -> 1D4 = [4] = 4
レオン: また氷か
GM:また土の下の床が凍った
シェロ: 氷好きだなあw
GM:本たち
エル: 助かったー
レオン: 冷蔵庫かw
GM:4d5
ナユカ: GM__ -> 4D5 = [1,4,1,3] = 9
ナユカ: 本たちも凍ったか?
レオン: いや対象では
レオン: 1は誰だw
シェロ: 1は一体誰だろうw・・・・
GM:ナユカに2体、レオンとモルガナに1体ずつね
レオン: エルっぽい
シェロ: よかった・・・
シェロ: 1がシェロだったら死んでた・・・
GM:回避お願い。固定値っす
ナユカ: 回避しますね
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [4,2]+8 = 14
レオン: よけろー
ナユカ: 14と出ました
モルガナ: 2d6+5 回避
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [6,6]+5 = 17
GM:こちら命中14です
モルガナ: クリティカル回避
レオン: 両方よけた
エル: む。戦闘系技能が高いほうに偏った。ラッキー。
レオン: アクロバット避け(それはガープス)
レオン: 2d+8+1 回避
ナユカ: Leon -> 2D+8+1 = [4,2]+8+1 = 15
レオン: レオンも避けた
GM:あと、ナユカが1回
シェロ: これなら攻撃に行けるなあ・・・次ターン
ナユカ: も一回か
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [6,6]+8 = 20
ナユカ: あ、避けたw
GM:で、それぞれ双撃分がもう1回ずつ
モルガナ: 2d6+5 もう一回回避
ナユカ: Morgana -> 2D6+5 = [5,5]+5 = 15
レオン: 2d+8+1 回避
ナユカ: Leon -> 2D+8+1 = [5,6]+8+1 = 20
レオン: よけた
ナユカ: ナユも?
モルガナ: 回避15
レオン: ですね>ナユカ
GM:当然です
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [1,1]+8 = 10
レオン: 2回ふる
レオン: ああ
ナユカ: ちょ!!
シェロ: 50点どぞーw
ナユカ: ダメくださーい
GM:2d+6
ナユカ: GM__ -> 2D+6 = [3,3]+6 = 12
GM:12点物理です
レオン: フィールドプロテクション分お忘れなく
ナユカ: ーっと、防御6点引いて6点ダメージ
GM:最後の回避
ナユカ: じゃあ5点か
レオン: 後回避1回
ナユカ: あと一回?
GM:です
レオン: ですね
ナユカ: 2d6+8
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [5,4]+8 = 17
レオン: よけた
GM:こんなによけられるとは
GM:そちらの手番です
シェロ: よっ社、この減り具合なら行ける...攻撃行ける・・・
レオン: モルガナ嬢ちゃん大技いけます?
レオン: シェロ嬢ちゃんも
シェロ: シェロで、部屋に...アイスボルトを
モルガナ: 呪文使うより殴った方がダメージ出そうなので今回は殴ります
レオン: ではシェロ嬢ちゃんどうぞ
シェロ: 発動 2d6+10
シェロ: あ、逆だった
レオン: ですね
シェロ: 2d6+10
ナユカ: シェロ -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
GM:まずはアイスボルトどぞ
シェロ: ...ダメダ・・・
モルガナ: あー惜しい、足りない
レオン: まぁ半分ダメいくし
GM:抵抗です。ダメージください
シェロ: r10+10@10
ナユカ: シェロ -> Rate10+10@10 = [5,1:3]+10 = 13
シェロ: 7点です
レオン: 回せばいいのでは
エル: 数を減らそう。本にウィンドカッター
レオン: 遅かった
エル: mp残り1!
レオン: www
エル: 2d6+9 対象は本ならどれでも。
ナユカ: EL -> 2D6+9 = [2,2]+9 = 13
GM:ウィンドカッターダメージ下さい
エル: sw10+9 の半分
ナユカ: EL -> Rate10+9 = [6,1:3]+9 = 12
GM:1体落ちました
エル: 6点ですー よっしゃ
レオン: あと本3体か
レオン: へらしたほうがいいかな
ナユカ: こっちは部屋を確実にしとめに行こう
モルガナ: 自分に来た本を殴ります
シェロ: これで3d5が全部3がでるとかきっと
レオン: シェロ嬢ちゃんとナユカ嬢ちゃんをかばう宣言 主動作 本を刺す
レオン: 2d+7+1 命中
ナユカ: Leon -> 2D+7+1 = [2,1]+7+1 = 11
レオン: 命中11は・・・
モルガナ: 2d6+6 命中
ナユカ: Morgana -> 2D6+6 = [5,4]+6 = 15
GM:11は当たりません
レオン: あああ
モルガナ: 命中15
レオン: 部屋殴ろう
レオン: 今度から
ナユカ: じゃあ部屋に攻撃行きます
GM:モルガナ命中、ダメージ下さい
ナユカ: モルガナ待ち
モルガナ: sw18+6+2
ナユカ: Morgana -> Rate18+6+2 = [1,5:4]+6+2 = 12
モルガナ: あー、間違えた
モルガナ: 本に10点
GM:本は撃沈です。残り2体
ナユカ: ンじゃ、部屋に攻撃行きます
GM:どうぞ
ナユカ: 2d6+8 パワーリスト
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [1,3]+8 = 12
ナユカ: うわ低い
シェロ: それでもあたる
GM:命中、ダメージ下さい
シェロ: 不思議な部屋w
ナユカ: sw13+8@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [3,6:5][6,3:5][4,2:3]<クリティカル>+8 = 21
レオン: おお
ナユカ: 23点w
エル: きたー
モルガナ: おお
シェロ: 回ったアw
ナユカ: 2d6+8 追撃パワーリスト
ナユカ: ナユカ -> 2D6+8 = [6,5]+8 = 19
GM:命中、ダメージ下さい
ナユカ: sw13+8@9
ナユカ: ナユカ -> Rate13+8@9 = [6,6:7][4,4:4]<クリティカル>+8 = 19
レオン: おお
エル: おおおー
モルガナ: よしよし
レオン: 23と21
シェロ: 出目大暴走w
ナユカ: 21点w
ナユカ: 2連ちゃん回ったw
シェロ: みやび先生が...降りてきたw
レオン: www
GM:これでぴったりというか、動きが止まりました
レオン: おおやった!本は?
GM:部屋の天地は現在、正常な状態。部屋の外に出ると逆転してますが...
GM:本は残り2体
レオン: 帰りやすくなったw
レオン: では本になぐられましょう
GM:2d5
ナユカ: GM__ -> 2D5 = [3,2] = 5
シェロ: お、本の攻撃かー
GM:エルとレオン、回避どうぞ
エル: 2d6+5 回避ー
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [4,4]+5 = 13
レオン: 2d+8+1 回避
ナユカ: Leon -> 2D+8+1 = [6,4]+8+1 = 19
エル: 13ですー
レオン: よけた
レオン: 2回目
レオン: 2d+8+1 回避
ナユカ: Leon -> 2D+8+1 = [6,5]+8+1 = 20
レオン: よけた
GM:2d+6
ナユカ: GM__ -> 2D+6 = [6,2]+6 = 14
エル: 2d6+5 2回目ー?
ナユカ: EL -> 2D6+5 = [5,1]+5 = 11
GM:14ダメージ
エル: 2回目は11-
シェロ: っく、1体位はおとさないと・・・・
GM:2d+6
ナユカ: GM__ -> 2D+6 = [3,2]+6 = 11
GM:14点と11点、ギリギリ生きてますよね?
エル: 14-4=10、11-4=7、計17ダメ。残り7。
レオン: フィールドプロテクション忘れずに
エル: 了解。
レオン: こちらかな
GM:流石に最後っぺですかね。そちらどうぞ
レオン: 魔法組みが攻撃したら落ちそう
レオン: シェロ嬢ちゃんモルガナ嬢ちゃんかな
シェロ: 「では落としてみるデスよ」
シェロ: ウインドカッターを本に
モルガナ: 「ならばとどめだ」
エル: 「まかせたよー」
シェロ: 2d6+10
ナユカ: シェロ -> 2D6+10 = [1,5]+10 = 16
GM:2人同時でもOKですよ
モルガナ: 本にブラスト
GM:シェロ、ダメージ下さい
ナユカ: ガンバレー
レオン: ブラストかよw
モルガナ: 2d6+8
ナユカ: Morgana -> 2D6+8 = [2,2]+8 = 12
シェロ: r10+10@10
ナユカ: シェロ -> Rate10+10@10 = [2,1:1]+10 = 11
GM:ウィンドカッターで撃沈
シェロ: 危なかった...片方1だったら・・・
モルガナ: sw30+8
ナユカ: Morgana -> Rate30+8 = [4,4:8]+8 = 16
レオン: これは死んだでしょう
GM:これで全て撃沈。ウッサーは、また八墓村の状態で刺さってます
シェロ: つまりうっさーを抜くと
シェロ: 部屋が襲ってくるということ!
レオン: そうか反転したからw
エル: 凍ってるんじゃないか?w
レオン: www
モルガナ: 壊れたんじゃないかな...
ナユカ: 抜いておきますか、あと本を戻しましょう
エル: 「ウッサー君、大丈夫?」聞いてみよう
GM:そんなこんなで、書庫の怒りは収まった、というか、止めました
レオン: 「とんでもない場所だなここは」
GM:ウッサー「大丈夫... 本を直さないと」
ナユカ: まぁ整理しますか、
レオン: 手伝うか
シェロ: デスね
エル: 「エライな、君はー」ウッサーの泥を拭いてあげよう
モルガナ: 本を整理しつつどんな本があるか覚えておこう
GM:で、整理していると、剣のかけらを10個発見。
レオン: この部屋に他に出口は無い?ひっくり返って発見できたりは?
レオン: おお、てつだったかいが
ナユカ: 宝物判定かな?
レオン: 戦利品は最後にしましょうか
GM:シンカーハウスとチェストトラップ7体分の宝物判定を
レオン: 人間さんどうぞ
レオン: ひっくりかえせますし
GM:1時半を超えましたので落ちる方は御疲れ様です。スレに余談を残しておきますので
レオン: 私はまだ大丈夫
モルガナ: まだ平気ー
GM:御付き合いいただける方は剣のかけらと宝物を振ってください
ナユカ: そですね
エル: 「結局、探索できそうなのは、ここまでかな?」
シェロ: ん、では振ってみましょうか トラップの方を
ナユカ: じゃあ私は剣のかけら振りましょう何個かな?
シェロ: 2d6 トラップ1
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [3,4] = 7
レオン: 10個です>剣
GM:探索できそうなのは、この部屋までです。
シェロ: 2d6 トラップ2
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [5,6] = 11
シェロ: 2d6 トラップ3
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [1,2] = 3
ナユカ: なら、5個振りますか
シェロ: で反転っと
ナユカ: 2d6 1・2個目
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [4,1] = 5
シェロ: 5・6の11に変化 この3つでストップします
エル: じゃ、私はシンカーハウスのドロップを。
ナユカ: 2d6 3・4個目
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [4,1] = 5
ナユカ: ・・・・・・・・・・・・・
レオン: これ大事。高い目
エル: 2d6 シンカーハウスのドロップ
ナユカ: EL -> 2D6 = [3,4] = 7
ナユカ: 1d6 じゃあ5個目
ナユカ: ナユカ -> 1D6 = [6] = 6
レオン: ひっくりかえせないw
エル: はんてんのいみがなーい
GM:トラップ3回分、剣のかけら10個分残ってますよ
エル: すまない・・・
ナユカ: 最後に6かよー!!
ナユカ: 残り五個だれかお願い(涙
レオン: ではわたしが
レオン: 5d
ナユカ: Leon -> 5D = [3,6,3,1,2] = 15
シェロ: なんという平均の出目w
レオン: ですね・・・
GM:剣のかけらに反転は使えませんよ
ナユカ: 16と15か・・・
モルガナ: トラップ4振っていいですか
レオン: どうぞ
モルガナ: 2d6
ナユカ: Morgana -> 2D6 = [2,2] = 4
エル: 4~6の分、お願いします。
モルガナ: 2d6 トラップ5
ナユカ: Morgana -> 2D6 = [6,3] = 9
モルガナ: 2d6 トラップ6
ナユカ: Morgana -> 2D6 = [6,2] = 8
モルガナ: 魔材2つかー
レオン: どうなったかな
エル: ドロップまとめ。トラップが、7、11、11、4,9,8.シンカーは7.(ごめん・・・)
レオン: いえいえww
レオン: 3100Gも違うけどw
GM:さて、全員2d振ってみてください
レオン: 2d
ナユカ: Leon -> 2D = [2,6] = 8
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [4,5] = 9
レオン: 8です
モルガナ: 2d6
ナユカ: Morgana -> 2D6 = [3,3] = 6
エル: 2d6 なんだろ?
ナユカ: EL -> 2D6 = [6,2] = 8
シェロ: 9ですねえ
エル: 8-
モルガナ: 6かー
ナユカ: 2d6
ナユカ: ナユカ -> 2D6 = [5,3] = 8
ナユカ: 8ですねー
GM:ひっくり返された土の中からアイテム発見です
レオン: おお
ナユカ: おおー
エル: おっ
モルガナ: おおぅ
シェロ: なんとお
レオン: ひっくりかえすものですね
GM:魔晶石6点、8点、8点、8点。で、9だったシェロは、もう1回2dください
シェロ: 2d6
ナユカ: シェロ -> 2D6 = [3,1] = 4
シェロ: ん、4ですねえ
GM:魔晶石13点を追加
レオン: おお
シェロ: おおお・・・mpが尽きない
モルガナ: 美味しいなぁ
ナユカ: 私は8点の魔昌石かぁ
GM:分配は後ほどどうぞ
レオン: 了解です
ナユカ: 了解です
モルガナ: 了解です
シェロ: 了解
GM:で、忘れそうなウッサーですが、動作不良のようですね。メンテナンスとか必要かも
レオン: 「一度直すためにもつれて帰るか・・」
ナユカ: 「んー連れて行きますか?」
エル: 「どこに届ければ?マギテック商会?」
モルガナ: 「そうだな、直せば貴重な情報が得られるかもしれない」
シェロ: 「たぶんマギテック協会デスね」
GM:連れられても抵抗できない状態です。辛うじて話せますが、語彙はかなり少ない
レオン: 「グレンさんに相談してみてもいいかも、主任もいるしな」
エル: (主任は改造しちゃいそうだな・・・エルは面識無いんだけど)
レオン: 「まぁ両手使えたほうが作業もやりやすいだろう」連れて帰りましょう
ナユカ: 「そうですね」
GM:OK。グレンさんに報告すると階段を掘る気満々です
ナユカ: 掘る気満々ですか(汗
レオン: 「あの階段の奥は後日調べることになりそうだな」
シェロ: そして階段を掘っているときっと・・・
GM:です
ナユカ: グレンさーん、気をつけて掘ってくださいねー
GM:次のシナリオに続く...と。
レオン: 了解です。おつかれさまでした
シェロ: お疲れ様でしたー
モルガナ: お疲れ様でした
エル: おつかれさまでしたー
レオン: さてログの整理をしよう
ナユカ: お疲れ様でしたー
エル: あれ?経験点聞いて無いような?
GM:皆様、御疲れ様でした。残りはロビーとスレにて失礼します
レオン: 経験点やお金、名誉点はいくらかな
エル: 後でまとめがあるか。
エル: ではーノシ
ナユカ: 了解でーす
ナユカ: では落ちる
シェロ: ん。ではーおやすみなのですよ
モルガナ: それではこれにて

2011年7月 3日 19:36